ウズベキスタンの物価は安い?通貨スムの情報や旅行費用を調べよう!

2019年5月10日 (2019年5月13日最終更新)

ヨーロッパにあるウズベキスタンは近年女子旅に人気のスポットとなっています。ウズベキスタンの旅行の時に気になる物価や通貨や旅行費用について今回ご紹介させていただきます。ウズベキスタンへの飛行機代やホテル代、その他の飲食費用等の物価をチェックしてみましょう。

目次

  1. ウズベキスタン旅行の物価や費用
  2. ウズベキスタンってどんな国?
  3. ウズベキスタンの通貨はスム!
  4. ウズベキスタンの物価は高い?安い?
  5. ウズベキスタンの物価情報
  6. ウズベキスタンの旅行にかかる費用
  7. ウズベキスタンのおすすめの観光都市
  8. 物価が安くて美しいウズベキスタンは観光旅行におすすめ!

ウズベキスタン旅行の物価や費用

ヨーロッパのウズベキスタは近年特に女子旅で人気を集めている国となっています。ウズベキスタンの美しい建造物やエキゾチックな雰囲気の街並みは日本では味わえない別世界となっています。

更に日本からの飛行機の直行便が運航しているので、気軽にアクセスする事も出来ます。長期休暇が取れる時には旅行計画を立ててみましょう。

ウズベキスタンの文化はイスラム教となりますが、料理は意外にも日本人でも合う米料理等が充実しています。

今回ウズベキスタン旅行の費用や物価、ウズベキスタンの通貨でもあるスムについてまとめてご紹介させていただきます。

ウズベキスタンってどんな国?

まず初めにウズベキスタン国についてご紹介させていただきます。近年話題となっているウズベキスタン旅行は2018年以降、ビザなしで旅行ができるようになりました。

気軽に訪れる事が出来る様になって、更に日本からウズベキスタンに旅行としてアクセスする方も急上昇しています。

ヨーロッパ圏のウズベキスタンの旅行計画をする前に事前にチェックしておきたいウズベキスタンの基本情報を把握しておきましょう。

ウズベキスタンの地理

ウズベキスタンの地理についてご紹介させていただきます。ウズベキスタン共和国は中央アジアのアフガニスタンとトルクメニスタンの北部にある国です。

中央アジアの全ての国と国境に面していて、世界に2つしかない二重内陸国となります。二重内陸国は最低でも2つの国境を越えなければ海に出れません。

世界には海に面していない内陸国は48国ありますが、二重内陸国はとても珍しくウズベキスタンの他にはリヒテンシュタイン国のみとなります。

ウズベキスタン国の面積は447400平方キロメートルで、日本の約1.2倍の面積を誇ります。人口は中央アジアの中では最も多い2700万人が暮らしています。

ウズベキスタンの歴史

続いてウズベキスタンの歴史についてご紹介させていただきます。シルクロードの中継地として一時は大帝国を築き上げたウズベキスタンはこれまでに様々な侵略や、戦争が勃発していました。

旧ソ連のロシア帝国がウズベキスタンの首都のタシケントを占領し、ソ連の構成国の1つとなっていました。

実はウズベキスタンは日本とは親日国でもあります。第二次世界大戦後にタシケントのナヴォイ劇場の建設に日本人が携わっています。

日本の文化が好きなウズベキスタン人も多く、ウズベキスタンの歴史上に日本人も関わっているので少し親近感も沸いてしまいます。

ウズベキスタンの言語

続いてウズベキスタンの言語についてご紹介させていただきます。ウズベキスタンの主用語はウズベキスタン語となります。

ウズベキスタンは旧ソ連と構成国でもあった事で、ロシア語が話せたり言語が通じる人が多いです。

そのためウズベキスタンでは英語よりもロシア語が通じたり、街の看板にはウズベキスタン語の他にロシア語が明記されている事もあります。

ウズベキスタンの治安

続いてウズベキスタンの治安についてご紹介させていただきます。ウズベキスタンの入国はとても厳重で、セキュリティチェックが厳しくなっています。

空港の入り口や商業施設の入り口等でもチェックが行われています。観光振興には治安維持を徹底に行われているのが特徴となっています。

以前に比べてもウズベキスタンの治安はどんどん良くなっています。海外からの凶悪犯や難民等の入国は厳重にされています。

ウズベキスタンの旅行中は必要最低限のスリや置き引き等には注意が必要となりますが、基本的な凶悪犯罪に巻き込まれる心配は低くなります。

Originalウズベキスタンの治安まとめ!テロの心配は?国の基本情報や情勢など! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
中央アジアに位置するウズベキスタンは、ブルーグリーンのモスクなど麗しい世界遺産を有する美しい...

ウズベキスタンの通貨はスム!

続いてウズベキスタンのの通貨についてご紹介させていただきます。ウズベキスタンの通貨はスムとなります。

済むの通貨コードは「UZS」の表記となりますので、ウズベキスタンに旅行の際には把握しておきましょう。

ウズベキスタンでは現金での支払いが基本となっていますので、旅行の際にはスム通貨に換金をしてショッピングや食事をするようにしましょう。

ウズベキスタンの通貨の種類

続いてウズベキスタンの通貨のスムの種類についてご紹介させていただきます。スムの通貨は紙幣と硬貨の2種類があります。

スムの通貨の紙幣は1スムから3スム、5スム、10スム、25スム、50スムで、100スムから500000スムまでの13種類のスム紙幣があります。

次にスムの通貨の硬貨は1スムから5スム、10スム、25スム、50スム、100スムの6種類のスム通貨があります。

近年ではスムの紙幣や硬貨の通貨は100スム以下はあまり流通されていない様子なので、旅行の両替の際も覚えておきましょう。

両替は円よりドルからの方がスムーズ

続いてウズベキスタンのスム通貨の両替は日本円よりもドルからの方がスムーズに換金する事が出来ます。

ウズベキスタンの国内では円で両替してくれる場所がとても少ないです。また円の両替場所がたまにあっても、実際に両替する際に断られる事もあります。

なのでウズベキスタンの旅行をする際には円をドル通貨に両替をしてから、スム通貨に両替をするのがおすすめです。

またウズベキスタンでドルを使用する事もできますが、お店のレート設定がされている事も多いので高いレートになってしまう事もあります。

少し手間ではありますがウズベキスタン旅行の際には日本円をドルに両替をしておいて、ウズベキスタン内でドルからスム通貨に両替をするのが1番おすすめです。

ウズベキスタンの通貨の為替レート

最後にウズベキスタンの通貨の為替レートについてご紹介させていただきます。現在のスムの通貨の為替レートは100スムで1.4円程となります。

またウズベキスタン市内ではたくさんの両替スポットがあります。空港や銀行での両替は基本レートは高くなります。

ウズベキスタンのバザール付近でも両替スポットがあり、空港よりもレートが高い場所も多く旅行中にレートの良い場所を探して両替しましょう。

ウズベキスタンの物価は高い?安い?

続いてウズベキスタンの物価についてご紹介させていただきます。ウズベキスタンで旅行する際には物価を把握しておくのがおすすめです。

ヨーロッパのウズベキスタンは物価が高いのか安いのかによって旅行費用が大きく変わってきます。近年ウズベキスタンの旅行者はどんどん増え続けています。

旅行前の費用や予算の参考にウズベキスタンの物価の高い安いを事前に確認しておいてチェックしておきましょう。

ウズベキスタンの物価が安い理由

まず初めにウズベキスタンの物価はとても安いので旅行中の費用はリーズナブルに済ます事ができます。

様々な国ではそれぞれの物価に大きな違いが出てきます。日本を基準とした物価を参考に旅行計画前には観光費用を算出しておけば安心です。

ヨーロッパ圏であり、近年では旅行者数がどんどん多くなってきているウズベキスタンですがどうして物価が安いのかについてご紹介させていただきます。

日本と比べてもウズベキスタンは驚くほど物価が安い国となっています。またジャンルによっては物価が安いものと高い物の差もありますのでチェックしておきましょう。

国民の40%が貧困層

続いてウズベキスタンの物価が安い理由は国民の40%が貧困層なのが大きな理由となっています。旧ソ連からの独立後(1992年)から急激なインフレを起こし、約2年間は大不況となっていました。

その後は徐々にIMFの助力のおかげで経済の安定と成長を遂げています。またウズベキスタンは天然ガスとウラン等の資源が豊富なので、多くの投資を受けています。

1995年から2000年、更に現在まで早期経済を遂げている事から、世界一経済成長率が高い国としてウズベキスタンは話題になっています。

しかしウズベキスタン国民の40%が貧困層なのが現状となっています。物価が安い理由は国民が生活水準に合わせているので、商品が低価格で売買されています。

失業率が高い

続いてウズベキスタンの物価が安い理由についてウズベキスタン国民の失業率がとても高い事が影響されています。

インフレを経験して約25年以上経過していますが、国民の貧困層は現在でも40%と言われています。その背景には失業率が大きく関わっているのも理由の1つとなっています。

ウズベキスタンの首都を始め近年は経済成長がどんどん発展していき、都市化が進んでいます。都市化が進んでいるスポットの就業率は高いものの、失業率は国民の20%以上となっています。

ウズベキスタンの総労働人口の30%が実は農業労働者でもあります。都市エリアは就業率が高くてもウズベキスタンの地方は就業率が圧倒的に多いのが問題となっています。都市部は家賃相場も高く、地方の国民は仕事がないのが現状となっています。

外国製品の輸入の規制

続いてウズベキスタンの外国製品の輸入の規制についてご紹介させていただきます。上記でもご紹介したようにウズベキスタンの国民の40%の貧困層、また失業率が20%以上となっています。

この事からウズベキスタン政府は地方の生産品を守るために、とても高い税金を課せられています。

輸入時の関税を高く設定したり、ウズベキスタン国内の生産性を上げるために海外製品の輸入を極力制限しています。

ウズベキスタンの旅行中にも実際に感じますが、ウズベキスタンの製品は物価が安いのに比べて海外製品の物価はとても高いです。貧困層や失業率を回復させるための手段となっています。

ウズベキスタンの物価情報

続いてウズベキスタンの物価情報についてご紹介させていただきます。ウズベキスタンの物価は基本的にはとても安いです。

日本に比べると驚くほどの物価が安いですが、商品や物によっては高い物もあります。高いと言っても日本の物価に比べると安いですが、旅行費用で欠かせれない物価をジャンルごとにご紹介させていただきます。

ウズベキスタンの物価:食べ物・飲み物

まず初めにウズベキスタンの食べ物や飲み物の物価についてご紹介させていただきます。旅行中には欠かせれない食べ物やの飲み物は必要な費用となります。

ウズベキスタンの観光中はレストランや食堂を利用しても、他の場所で飲み物やお酒や食材を購入するシーンもあります。

また外食よりも食材や飲み物を購入する方がリーズナブルな費用で済みます。ウズベキスタン民も利用するので基本物価が安いのでチェックしておきましょう。

お水

まず初めにウズベキスタンのお水の物価についてご紹介させていただきます。現地の人は水道水をそのまま飲むのが習慣となっています。

旅行先なので水が合わない場合もありますので、ウズベキスタン観光中はミネラルウォーターを購入して飲むのがおすすめです。

ウズベキスタンで販売しているミネラルウォーターは1リットルで約3000スム(日本円で約40円)で販売されています。とても低価格なので気軽に購入しましょう。

お酒

続いてウズベキスタンで購入ができるお酒の物価についてご紹介させていただきます。ウズベキスタンで販売しているお酒は国産と海外産のビールが販売されています。

ウズベキスタン産の国産ビールは500mlで4000スム(日本円で約50円)で購入する事ができます。また海外の輸入ビールは330mlで日本円で約160円程になります。

上記でもご紹介しましたがウズベキスタンは輸入規制がかかっていますので、ウズベキスタン産か海外輸入品かで関税が高くなっています。値段も約3倍以上のの値段になるので、旅行中はウズベキスタン国産のお酒を楽しみましょう。

食品

続いてウズベキスタンの食品の物価についてご紹介させていただきます。ウズベキスタンの国民も日々利用するバザール等では日本とは比べ物にならない程安い価格で販売されています。

バザール等では基本的には量り売りで販売されているので欲しい分だけを購入する事ができます。例えば大きなパンを1つ購入する場合3000スム(日本円で約40円)程で購入ができます。

バザールやコンビニを旅行中でもよく利用するスポットとなりますので、食品系はほとんど物価が安いのでチェックしておきましょう。

レストラン

続いてウズベキスタンのレストランの物価についてご紹介させていただきます。ウズベキスタンの観光スポットでは観光者向けのレストランと、地元民が利用するローカルなレストランがあります。

当然観光者向けのレストランは高いので、リーズナブルな外食を楽しみたい方はローカルな食堂で楽しみましょう。

観光者向けのレストランでも平均50000スム(日本円で約650円)と高いと言っても、日本と比べても安い価格で堪能する事ができます。低価格レストランでも260円程でお腹がいっぱいになります。

バザール食堂

続いてウズベキスタンのローカルなバザール食堂の物価についてご紹介させていただきます。ウズベキスタン観光に訪れた際には現地のローカル食堂もおすすめです。

またリーズナブルなレストランよりも更に安い価格でお腹いっぱいにバザール食堂を楽しむ事ができます。

バザール食堂はそれぞれ屋台の様な出店で販売されています。1つのメニューは約3000スム(日本円で約42円)と驚きの価格で楽しむ事ができます。

ウズベキスタンの物価:宿泊

続いてウズベキスタン旅行で欠かせれない宿泊施設の物価についてご紹介させていただきます。ウズベキスタンのホテルは大きく分けて3パターンで料金が大きく変わります。

通常の一般的なホテルであれば日本とあまり変わりません。基本的に観光者向けのビジネスクラスホテルは物価が高いと言えます。またハイアットリージェンシー等の高級ホテルの宿泊になれば一泊20000円程となりますので更に高額です。

また海外旅行者の多くが利用するゲストハウスはクオリティも高く1人一泊で約1000円前後で宿泊する事ができます。

朝食付きでWi-Fi完備等場所によっては様々なサービスが付いている事もあります。また家族経営のアットホームなゲストハウスがとても多いです。

ウズベキスタンの物価:交通機関

続いてウズベキスタンの交通機関の物価についてご紹介させていただきます。旅行中の際には必ずと言っていいほど利用するので、交通機関の相場を把握しておきましょう。

ご紹介するのはウズベキスタン内の交通機関の相場となりますので、観光中の移動の参考にしてみましょう。

電車

まず初めにウズベキスタンの交通機関の電車の物価についてご紹介させていただきます。ウズベキスタンでは日本で例えるなら新幹線の様な特急列車(アウラシャブ号)が運行しています。

電車の利用は1番リーズナブルで発車時間や到着時間が安定しているのでおすすめです。タシケントからサマルカントの観光スポットまで直通で移動が可能となっています。

料金は片道エコノミー席でも65000スム(日本円で約910円)で利用ができます。購入時はパスポートが必要となります。また人気なので、当日に購入できない場合もありますので、事前に予約購入をするのがおすすめです。

バス

続いてウズベキスタンのバスの物価についてご紹介させていただきます。首都のタシュケントから観光スポットのサマルカントまでは電車同様に、バスも運行しています。

また長距離だけでなく短距離での移動も可能となっています。バスの利用料金は約1000スムから2000スム(日本円で約15円から25円)相場となります。

但し長距離移動の場合はバスは時間がかかり、到着時間は電車よりも正確ではありません。タイムスケジュールがある場合は電車か国内便の飛行機等を利用するのがおすすめです。

タクシー

続いてウズベキスタンのタクシーの物価についてご紹介させていただきます。海外旅行中にはとても安心で役立つ交通手段はタクシーです。

電車やバスに比べるとタクシーは高いですが、待ち時間に関係なく気軽に利用できて快適です。タクシーの相場は1キロで約2000スム(日本円で約150円)で利用ができます。

日本よりも4分の1の料金で利用ができるのでおすすめですが、ぼったくり等も多いので注意が必要です。目的地までを説明して値段交渉をしてから利用する様にしましょう。

ウズベキスタンの物価:お土産

最後にウズベキスタンのお土産の物価についてご紹介させていただきます。観光に訪れた際にはお土産も購入しましょう。

ウズベキスタンのお土産を購入する際には工芸品のハンドメイドの布スザは日本円で600円、可愛いカラフルなお皿はバザールだと100円以下で購入する事ができます。

その他にもハンドメイドの靴下や手袋等も約100円程で購入する事ができます。どれもカラフルでおしゃれなお土産で、クオリティが高い物ばかりなのでおすすめです。

ウズベキスタンの旅行にかかる費用

続いてウズベキスタンの旅行にかかる予算の目安についてご紹介させていただきます。日本からウズベキスタンへの飛行機のアクセスから、滞在中の費用等をまとめてピックアップしてみます。

ウズベキスタンに訪れる際の旅行費用の目安として参考にしてみましょう。飛行機代が1番高くなりますが、観光中の費用はリーズナブルに抑える事ができます。

今回ウズベキスタン旅行5泊6日の旅行プランとして費用の目安を簡単にご紹介します。どこにお金をかけるかによっても費用が前後するので計画をしてみましょう。

航空券

まず初めに日本からウズベキスタンへの航空券についてご紹介させていただきます。ウズベキスタン旅行で最も大きな費用がかかるのが飛行機代となります。

シーズンや時期、また直行便や経由便等で航空券の料金が大きく変動してしまいます。平均的な飛行機代は約100000円となります。

大型連休等の利用の場合は往復120000円から200000円程に値上がりする場合もありますので、航空料金をチェックする事から始めましょう。

宿泊代

続いてウズベキスタン旅行中の宿泊費用についてご紹介させていただきます。一般的なホテルに一泊5000円ホテルで5泊宿泊するのであれば25000円が宿泊代となります。

宿泊代は旅行費用を大きく変動させる項目となりますので、ローカルなゲストハウスであれば一泊1000円程で利用する事もできます。

一般的なホテルが25000円で、ゲストハウスを利用すれば5泊で5000円に節約する事ができるので旅行計画をする際には早い段階で決めて、すぐに予約をしなければお部屋が取れない場合もあるので注意しておきましょう。

食費

続いてウズベキスタン旅行の食費についてご紹介させていただきます。高級レストランと言わずともカジュアルなレストランでも1食600円、バザール食堂であれば300円程度で済ます事ができます。

1日3食をリーズナブルに済ませても食事代は1000円で済ませれますので、5泊滞在にかかる食事費用は5000円で充分です。

交通費

続いてウズベキスタン旅行中の交通費をご紹介させていただきます。首都でもあるタシュケントから観光スポットのウルゲンチまでは電車でも20時間以上かかります。

この様に長距離を移動する場合は時間も大切なので国内線の飛行機を利用するのがおすすめです。シュケントからスポットのウルゲンチの飛行機代は片道6000円程で2時間で到着します。
 

またウズベキスタンのタシケントからサマルカントまでは片道電車で900円程となりますので、交通費は5泊で約15000円程を想定しておきましょう。

その他

最後にウズベキスタン旅行のその他の費用はお土産代や旅行中の通信SIMをご紹介します。お土産は購入する人数にもよりますが、約10000円で充分に購入する事ができます。

また通信費は旅行中には地図アプリや通訳アプリ等の機能が便利なので通信SIMをレンタルするのがおすすめです。現地のユーセルの通信SIMであれば5日滞在で約650円でレンタルができます。

今回ご紹介した航空券やホテルや食事代や交通費やその他費用をウズベキスタン旅行5日滞在の合計金額は約150000円から160000円となります。

ウズベキスタンのおすすめの観光都市

最後にウズベキスタン旅行でおすすめの観光スポットをまとめてご紹介させていただきます。ウズベキスタンに訪れたら是非訪れたいおすすめスポットがたくさんあります。

ウズベキスタンの旅行予算も含めてアクセスしたい人気スポットも計画しておきましょう。どこも魅力的で人気なので気になるスポットに大注目しておきましょう。

中央アジアの大都市【タシケント】

まず初めにウズベキスタンのおすすめの観光スポットをご紹介させていただきます。首都でもあるタシュケントは中央アジアの中でも大都市となりますのでチェックしておきましょう。

タシケントはチルチク川の流域にあるオアシス都市として人気のスポットとなります。歴史的建造物も多く、多くの旅行者を魅了するスポットとなります。

初めにウズベキスタンに訪れる際には1番注目しておきたい首都ウズベキスタンにアクセスしてみましょう。

590a3967b3ac44afa7d5a9d961c9cce5 lタシケントの観光スポット!中央アジア最大の都市!飛行機情報も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ウズベキスタンの首都である「タシケント(タシュケント)」は、世界で一番古い都市で、中央アジア...

城砦都市【ヒヴァ】

続いてウズベキスタンのおすすめ観光スポットの城砦都市のヒヴァをご紹介させていただきます。ヒヴァが20世紀の初めまでは首都だった場所です。

ブラハと並ぶウズベキスタンの宗教都市となりますので、素晴らしいユネスコ世界遺産に登録された見どころいっぱいのスポットとなります。

美しいオアシス都市【ブハラ】

続いてウズベキスタンのおすすめ観光スポットのブラハをご紹介させていただきます。ブラハは美しいオアシス都市として有名なスポットとなります。

1993年には旧市街地がユネスコ世界遺産に登録されています。古代中心都市でもあったブラハも圧倒される歴史的建造物が魅力的です。

世界遺産の青の都【サマルカンド】

最後にウズベキスタンのおすすめ観光スポットのサマルカンドをご紹介させていただきます。こちらのサマルカンドは世界遺産の青の都として有名な場所です。

ウズベキスタンの国に訪れたら必ず訪れてほしい素晴らしいスポットです。世界からの旅行者が訪れる人気スポットです。レギスタン広場のマギラスの神学校はフォトジェニックです。

夜にはライトアップもされます。様々な文化が共同している素晴らしいサマルカンドの世界遺産を堪能してみましょう。

Paul morris 183941サマルカンド観光旅行の魅力!サマルカンドブルーは青の極み!治安は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
サマルカンドのおすすめ観光スポットをご紹介!ウズベキスタン最大の観光都市であり、モスクや歴史...

物価が安くて美しいウズベキスタンは観光旅行におすすめ!

ウズベキスタンの旅行では物価が安く、美しいウズベキスタンの建造物や魅力的な街並みを楽しむ事が出来ます。

物価が安いので旅行中は安い費用で存分に楽しむ事ができます。飛行機代は安い予算で済ますのは難しいですが、ショッピングやグルメ等の物価は安いのでおすすめです。

またウズベキスタンの通貨はスムで、旅行す瑠際には日本円をドルに両替をしてからスム通貨に両替するのがおすすめです。

ウズベキスタンは2018年にビザが不要となってパスポートのみで旅行できるようになったので気軽に観光に訪れてみましょう。

関連記事

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
LOOK

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する