ハンガリーは英語が通じる?会話に使える公用語のフレーズもご紹介!

2019年5月10日 (2019年5月15日最終更新)

公用語がハンガリー語のハンガリーは英語の浸透率が低く、英語が通じない場所も結構あります。そこでこのページでは、ハンガリーでの英語事情を大特集。ハンガリーで英語が通じる場所と通じづらい場所のご案内をメインに、ハンガリー語の挨拶や基本会話フレーズ等もご案内します。

目次

  1. ハンガリーでの英語事情を大特集!
  2. ハンガリーってどんな国?
  3. ハンガリーの公用語はハンガリー語
  4. ハンガリーでは英語が通じる?
  5. ハンガリーで英語が通じるスポット
  6. ブダペストでも英語があまり通じないスポット
  7. ハンガリー語の挨拶を覚えて現地の人と会話しよう!
  8. 観光でよく使うハンガリー語の便利なフレーズ
  9. 英語でOKなハンガリー観光!現地の言葉でもっと楽しもう!

ハンガリーでの英語事情を大特集!

公用語がハンガリー語であるハンガリーで、どのぐらい英語が通じるのかご存知ですか。そこで、このページでは、ハンガリーでの英語事情に注目し、ハンガリー人の英語能力、ハンガリーで英語が通じるスポット、英語があまり通じないスポット等のご紹介を中心に、観光でも役立つハンガリー語での挨拶や簡単な会話のフレーズ等もご紹介します。

ハンガリーってどんな国?

ハンガリーを訪れたことはありますか。ハンガリーは正式な国家の名称がハンガリー語でマジャロルサーグといい、実は、「ハンガリー」は英語名に基づく日本語表記で使用される読み方にすぎません。

そこで、このセクションでは、ハンガリーの英語事情のご案内を始める前に、ハンガリーについてあまりご存じない方のためにも、まずは、ハンガリーとはどんな国であるのかについてご紹介していきます。

ハンガリーの地理

ハンガリーは、東ヨーロッパにある国で、日本と比べても国土の面積が小さいコンパクトな国です。ハンガリーの首都は、ブダペストです。ハンガリーは、ルーマニア、チェコ、スロバキア、オーストリア等の隣接国に囲まれていますので、ハンガリーへ観光に訪れた際には、こうした隣国も含めた観光をするのもおすすめです。

また、ハンガリーは、ヨーロッパ全土の中でも有数の温泉大国としても有名な国となっています。

ハンガリーの歴史

ハンガリーの歴史は古く、マジャール人ことハンガリー人が、現在の土地を征服して得たのは、今から時代をさかのぼること9世紀ごろの出来事です。そして、建国されたのは、この地を征服して得た年の西暦896年となっています。

その後も幾度となく領土争いや戦争があり、領土の一部を失ったり、他国に統治された時代などを経て、1989年10月23日には、ハンガリー共和国となり、現在に至ります。

ハンガリーの人口

ハンガリーの人口は、日本の東京の人口とほぼ同じくらいの人口で、およそ1000万人ほどです。

このハンガリーの人口のうち、ハンガリー人の割合は96.6パーセント、ドイツ人の割合は1.6パーセント、スロバキア人の割合は1.1パーセント、ルーマニア人の割合は0.2パーセント、南スラブ人の割合は0.3パーセント、その他の民族の割合は0.2パーセントほどです。

ハンガリーの言語

ハンガリーの言語は、ハンガリーの人口のかなりの割合を占めるマジャール人ことハンガリー人が圧倒的に多いこともあり、ハンガリー語となっています。そして、ドイツ系の民族もハンガリーの地方によってはハンガリー人と比較すれば少数ですが、多く住んでいるエリアもありますので、こうしたエリアではドイツ語が話されています。

ハンガリーの治安

ハンガリーの治安は、ハンガリーの首都ブダペストも含めて、全体的に治安は良いです。ただし、観光客が多い人気観光スポットや繁華街、公共交通機関内では、スリや置き引き、偽物の警官による詐欺事件、ぼったくり事件なども報告されていますので、こうした点にも気をつける必要があります。

特にブダペストの23区は、スリや置き引きが多く発生している地域ですので、このエリアに行く予定がある方もあらかじめ注意が必要です。

Originalハンガリーの治安情勢まとめ!ブタペストでトラブルに合わないためには? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ヨーロッパのハンガリーへ旅行に行く予定がある皆さん。旅行前にきになるのは、ハンガリーの治安の...

ハンガリーの公用語はハンガリー語

ハンガリーの公用語は、ハンガリーの人口のかなりの割合を占めるマジャール人ことハンガリー人が圧倒的に多いこともあり、ハンガリー語となています。ハンガリーは、EUの加盟国でもありますが、言語事情は一般的なEUの加盟国とは大きく異なっています。

EU圏内でも最も多く話される英語や英語に次いで話されるドイツ語などはインド・ヨーロッパ語族に属しています。しかし、ハンガリー語は、日本語に近い性質があるウラル・アルタイ語族に属しています。

ハンガリー語の文法は日本語に似ている!

ハンガリーは公用語がハンガリー語となっていますが、このハンガリー語は前述でも触れましたが、日本語に近い性質があるウラル・アルタイ語族に属しています。これをもっと詳しく見ていきますと、ハンガリー語は、日本語と膠着語が同じですので、文法が日本語に近いこともあり、日本人でもマスターしやすい言語の1つでもあります。

ハンガリーでは英語が通じる?

ハンガリーはヨーロッパに位置しながらも英語が通じづらいという言葉もよく耳にしますが、公用語がハンガリー語となっているハンガリーで、はたして英語はどれくらい通じるのでしょうか。そこで、このセクションでは、ハンガリーの英語事情の調査として、ハンガリーではどの程度、英語が通じるのか、まずは、ご案内していきます。

英語を話せる人の割合は人口の20%ほど

公用語がハンガリー語となっているハンガリーですが、日本と比較しますと、ハンガリーは英語が通じやすいです。しかし、EUの加盟国でもあるハンガリーをEU諸国の中で見てみますと、英語を話すことができる人の比率は2割ほどと低く、EU諸国の中でも英語を話すことができる人の比率が1番低いという結果も判明しています。

英語よりもドイツ語の方が通じるエリアもある

また、公用語がハンガリー語となっているハンガリーでは、EU圏内の中で英語の次に多く話されているドイツ語の方が英語よりも通じるハンガリーのエリアもあります。こうしたエリアは、前述でも触れましたように、ドイツ系の民族の方が多く集まって暮らしているエリアでもあります。

ブダペストでは問題なく英語で観光できる

公用語がハンガリー語となっているハンガリーですが、首都のブダペストは、世界の様々な国からやってくる観光客の数も多いスポットでもあることから、大抵の場所ではどこでも英語が通じます。中でも、特に若い世代の人々のほとんどは、英語も話せるようになってきています。

また、ハンガリーは歴史的な背景からもロシア語を使用していた時代もありますので、こうした歴史的背景からも、特に年配者はロシア語は話せても英語を話せない人が多いのも事実です。

ハンガリーで英語が通じるスポット

公用語がハンガリー語となっているハンガリーは、EU圏内にありながら英語が通じづらいと言われていますが、前述でもご案内しましたように、ハンガリーには、英語が通じるスポットも色々とあります。

そこで、このセクションでは、ハンガリーで英語が通じるスポットの情報をまとめましたので、これからそれぞれご紹介していきます。ハンガリー観光などの際にもお役立てください。

観光地のレストラン

公用語がハンガリー語となっているハンガリーですが、前述でも触れましたように、世界中からの観光客も訪れる人気観光地にある大きなレストランなどでも、たいてい英語は通じます。こうしたレストランでは、英語で書かれたメニューも別に用意されていることが多いので、現地のハンガリー語が分からなくても英語で注文できますので安心です。

ただし、小規模経営のお店や日替わり料理などの掲示板などは、ハンガリー語のみの表記となっている場合も多いようです。

公共交通機関やタクシー

公用語がハンガリー語となっているハンガリーにおいても、ハンガリーの首都ブダペストの公共交通機関の路面電車のトラム、バス、地下鉄などにおけるチケット売り場などでは英語が通じますので、観光客でも安心です。

また、ハンガリー国内で走る正規のタクシーは、車の屋根にTAXIと英語の表示がされており、ナンバープレートが黄色に統一されていますので、観光客でも分かりやすいです。

ただし、流しのタクシーを拾いますと、法外な料金をふっかけてくる悪徳タクシーもいますので、英語で操作できるタクシー専用アプリなどを使って、前もって料金が分かる安心できるタクシーを呼ぶことをおすすめします。

大都市のホテル

公用語がハンガリー語となっているハンガリーであっても、ハンガリーの大都市にあるホテルでは、英語が必ずと言っていいほど通じますので安心です。田舎にあるホテルであっても、大きなホテルであれば、ホテルのフロントでの受付などは、大抵の場合は全て英語でやり取りすることが可能となっているとのことです。

大きな商業施設

公用語がハンガリー語となっているハンガリーですが、スーパーマーケットなどの大きな商業施設などでは、英語を話せる人がいることが多いです。何か探し物があったりした際には、こうした店員に、英語で尋ねると良いでしょう。

しかし、地元の人々を対象とした市場や小規模なお店等には、英語を話さない人も多いです。こうしたた状況では、簡単なハンガリー語の会話を少しでも知っていると便利です。

観光スポット

公用語がハンガリー語となっているハンガリーでも、様々な観光スポットの情報を網羅している観光案内所では、英語も使用でき、様々な情報を英語でも入手できます。地図や観光案内のパンフレットなども英語で書かれているものも用意されていますので安心です。また、観光スポットにある入場券のチケット売り場も英語が通じるスポットです。

File2471312490360ハンガリーの観光旅行スポット!ブタペストの世界遺産やドナウ川の夜景は見事 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東欧の国ハンガリーには世界遺産、数多くの温泉、美味しいものが揃っています。そしてドナウ川沿い...

ブダペストでも英語があまり通じないスポット

公用語がハンガリー語となっているハンガリーでは、前述にご紹介しましたように英語が通じるスポットも色々とありますが、首都のブダペストであっても英語が通じづらい場所も色々とあるのも事実です。そこで、このセクションでは、ハンガリーで英語が通じづらいスポットの情報をまとめましたので、これからそれぞれご案内していきます。

警察署・役所・郵便局などの公共施設

公用語がハンガリー語となっているハンガリーで首都のブダペストであっても英語が通じづらい場所は、警察署、役所、郵便局などといった公共施設や機関です。

こうした施設は、地元のハンガリー人が使うことを前提にある施設でもありますので、公用語がハンガリー語となっているハンガリーにおいて、首都のブダペストであっても英語が通じづらいスポットとなっています。ただし、人によっては、特に若い世代の方は英語を話す方もいますので、こうした人に出会えることもあります。

ローカルな市場や露店

公用語がハンガリー語となっているハンガリーで地元にいるハンガリー人のお客さんが大半であるようなローカルな市場や露店なども、首都のブダペストであっても英語が通じづらいスポットとなっています。特に、ローカルな市場や露店などは、年配の店員も多いので、なおさら英語が通じづらい状況になっています。

ハンガリー語の挨拶を覚えて現地の人と会話しよう!

このセクションでは、英語が通じない場所で大活躍すること間違いなしのハンガリー語の会話にも役立つ挨拶のフレーズや、観光中にハンガリー語で簡単な会話もできるように基本フレーズをご紹介していきます。

コミュニケーションの基本は挨拶とも言われていますので、挨拶だけでも最低限覚えておくと現地でのコミュニケーションもしやすくなること間違いなしです。

おはよう

ハンガリー語の会話にも役立つ挨拶のフレーズの「おはよう」は、覚えておいて損はない基本的な挨拶のフレーズの1つです。ハンガリー語で「おはよう」の挨拶は、「Jó reggelt kívánok.」と綴り、発音は、ヨー レゲッルト キーヴァーノクとなります。

このハンガリー語を直訳しますと、「あなたにとって良い朝でありますように」という意味になります。

こんにちは

ハンガリー語の会話にも役立つ挨拶のフレーズの「こんにちは」も覚えておいて損はない基本的な挨拶のフレーズの1つです。ハンガリー語で「こんにちは」の挨拶は、「Jó napot kívánok.」と綴り、発音は、ヨー ナポット キーヴァーノクとなります。このハンガリー語を直訳すると、「あなたにとって良い日でありますように」という意味になります。

私は~です

ハンガリー語の会話にも役立つ挨拶のフレーズの「私は~です」は、ハンガリー語でén=「私」、vagyok=「~です」となり、発音は、「エン ~ヴァジョク」となります。このハンガリー語は、「私の名前は~です」という意味も持っていますので、自己紹介の挨拶でも使える覚えておいて損はない基本的な挨拶のフレーズの1つです。

ありがとう

ハンガリー語の会話にも役立つ挨拶のフレーズの「ありがとう」は、ハンガリー語で「Köszönöm」と綴り、発音は、クスヌムとなります。このハンガリー語は、現地でも頻繁に使うであろう覚えておいて損はない基本的な挨拶のフレーズの1つです。言葉も短くて覚えやすいので、是非、覚えてしまいましょう。

はい/いいえ

ハンガリー語の会話にも役立つ挨拶のフレーズの「はい/いいえ」は、ハンガリー語で「Igen」=「はい」、「Nem」=「いいえ」となり、発音は、「イゲン/ネム」となります。

このハンガリー語は、意思表示の基本としても頻繁に使用する言葉ですので覚えておいて損はない基本的なフレーズの1つです。言葉も短くて覚えやすいので、この言葉もぜひ、覚えてしまいましょう。

ごめんなさい

ハンガリー語の会話にも役立つ挨拶のフレーズの「ごめんなさい」は、ハンガリー語で「Elnézést」と綴り、発音は、「エルネーゼーシュト」となります。このハンガリー語は、謝る際にも使用しますが、英語の「Excuse Me」の表現にに相当する意味も持ちます。

かしこまった表現ですので、親しい人の間柄で謝る際には、カジュアルな表現の「Bocsánat」を使用します。

すみません

ハンガリー語の会話にも役立つ挨拶のフレーズの「すみません」は、ハンガリー語で「Legyen szíves!」と綴り、発音は、「レジェン シーヴェシュ」となります。このハンガリー語は、英語の「Please」の表現に相当する意味も持ちます。文末につけて使用すると「どうぞ」といった意味の表現になります。

さようなら

ハンガリー語の会話にも役立つ挨拶のフレーズの「さようなら」も覚えておいて損はない基本的な挨拶のフレーズの1つです。ハンガリー語で「さようなら」の挨拶は、「Viszontlátásra」と綴り、発音は、ヴィソントラーターシュラとなります。

このハンガリー語を直訳すると、別れ際に再び会う約束が込められていることから「再会のために」という意味になっています。

観光でよく使うハンガリー語の便利なフレーズ

このセクションでは、英語が通じない場所で大活躍すること間違いなしの観光でよく使うハンガリー語の便利なフレーズをご案内していきます。

ハンガリーには、大都市であっても英語が通じないスポットもありますので、最低限のこうした基本フレーズを覚えておくと行動の場も広がり、充実した観光を楽しむことができることでしょう。

これをください

観光でよく使うハンガリー語の会話の便利なフレーズの1つの「これをください」は、ハンガリー語で、「これ」=「ez」、助詞の「を」=「t」で「ezt」と綴り、英語の「I want」に相当するハンガリー語が「kérem」となりますので、「Ezt kérem.」となります。発音は、「エスト ケーレム」となります。

これはいくらですか?

観光でよく使うハンガリー語の会話の便利なフレーズの1つの「これはいくらですか?」は、ハンガリー語で、「Ez mennyibe kerül?」と綴り、発音は、「エズ・メンニベ・ケルル?」となります。ローカルな市場や露天などのショッピングでも頻繁に使用する覚えておいて損はない便利なフレーズの1つです。

お会計をお願いします

観光でよく使うハンガリー語の会話の便利なフレーズの1つの「お会計をお願いします。」は、ハンガリー語で、「kérem a számlát.」と綴り、発音は、「ケーレム ア サームラート」となります。「számlát」は、ハンガリー語で会計をするための伝票を意味しています。食事を終えて、勘定をお願いする時に、このフレーズを使用しましょう。

クレジットカードは使えますか?

観光でよく使うハンガリー語の会話の便利なフレーズの1つの「クレジットカードは使えますか?」は、ハンガリー語で、「Lehet kártyával fizetni?」と綴り、発音は、「レヘト・カールチャーヴァル・フィゼトニ?」となります。

「Lehet」は英語の「can」に相当し、「kártyával」=「クレジットカード」、「fizetn」は英語の「pay」に相当するハンガリー語です。

~に行きたいです

観光でよく使うハンガリー語の会話の便利なフレーズの1つの「~に行きたいです」は、ハンガリー語で、「~szeretnék menni.」と綴り、発音は、「~セレトネーク メンニ」となります。

「Szeretnék」は英語の「want to doや、 would like to do」に相当し、「menni」はハンガリー語で「行く=megy」の不定形になっているハンガリー語です。

~はどこにありますか?

観光でよく使うハンガリー語の会話の便利なフレーズの1つの「~はどこにありますか?」は、ハンガリー語で、「Merre van ~?」と綴り、発音は、「メル ヴァン~?」となります。「merre」は英語の「where」に当たる言葉で、「van」は英語の「be」動詞に当たる言葉です。

写真を撮ってもいいですか?

観光でよく使うハンガリー語の会話の便利なフレーズの1つの「写真を撮ってもいいですか?」は、ハンガリー語で、「Lehet itt fényképezni?」と綴り、発音は、「レヘト・イット・フェーニケズニ?」となります。ハンガリー語で「Itt」=「ここで」、「Fényképezni」=「写真を撮影する」の不定形の動詞です。

助けてもらえますか?

観光でよく使うハンガリー語の会話の便利なフレーズの1つの「助けてもらえますか?」は、ハンガリー語で、「Elnézést, tudna nekem segíteni?」と綴り、発音は、「エルネゼスト トゥードゥナ ネカム シェギテニ?」となります。

tudnaは「~していただけますか?」、「Nekem」=「私に」、「segit」 は、英語の「help」に相当するハンガリー語です。

英語でOKなハンガリー観光!現地の言葉でもっと楽しもう!

公用語がハンガリー語のハンガリーは、英語が通じない場所もありますが、都市、観光スポット、公共交通機関やタクシー等は英語でOKです。ハンガリー語の挨拶や基本会話フレーズなども少しはマスターしておくと、現地で更に楽しむことができ、おすすめです。英語に加えて、多少のハンガリー語も使用しながら、ハンガリーの滞在をぜひ満喫して下さい。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
TabiNeco

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する