モナコGPを生で観たい!コースやチケット・観戦ツアーをチェック!

2019年5月12日 (2019年5月15日最終更新)

モナコGPはモナコのモンテカルロ市街地の中に張り巡らされたコースで行われるF1世界選手権レースで、インディ500、ル・マン24時間レースと並び、世界3大レースの1つに数えられています。モナコ市街を縦横に駆け巡るモナコGPは、モナコを代表する名物レースです。

目次

  1. モナコGPを体験しよう!
  2. モナコGPとは?
  3. モナコGPの特徴
  4. モナコGPのチケットの値段
  5. モナコGPを手軽な金額で見る方法とは?
  6. モナコGPの料金傾向
  7. 憧れのモナコGPへ行こう!

モナコGPを体験しよう!

モナコのモンテカルロで行われるモナコGPは、1度は生で観戦してみたいとF1フアンの誰もが憧れるF1レースです。華やかで優雅な雰囲気を持つこのレースは世界的にも知られる伝統あるレースで、市街地の一般公道が封鎖されてコースとなります。

ここではそんなモナコGPについて、観戦ツアーやチケットの予約方法、値段、コースなどの情報を交えて紹介します。

0cadf0afabe301f67c19662836bd0e34 mモナコ公国の観光ポイントや行き方は?高級リゾートの魅力を解説! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
地中海沿岸にあるモナコ公国はフランスとイタリアの間にある世界で2番目に小さな国ですが、モナコ...
B786f9bcc29699df7c539f54fff64fff m ニース観光のおすすめは名物のサラダやビーチ!旧市街の散策も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
コートダジュールの空港から車で約20分のニースは南仏の小さな港町で、人気のリゾート地でもあり...

モナコGPとは?

モナコGPは、数々のF1レースが行われる中で最も人気の高いレースの1つで、モナコが国を挙げて取り組む1大イベントでもあります。この伝統あるレースは、モンテカルロの市街を閉鎖して行われる華麗なグランプリレースで、トロフィーの授与が皇室によって行われることでも知られています。

世界的に有名なF1のレース

モナコGP(グランプリ)は世界3大レースにも数えられ、21戦あるF1(フォーミュラーワン)レースの中でも最も注目度の高いレースです。モナコGPは、F1が世界選手権に制定される以前の1929年に最初の大会が開催された過去を持つ、長い歴史と伝統を誇る有名なグランプリです。

一般公道を封鎖して開催

地中海に面し、南フランスのニースやカンヌからもほど近いモナコは、世界有数の観光地としても知られていますが、モナコGPの開催期間中はわずか2.02キロ平米という小さな国目指して、20万人もの観客が訪れます。

一般公道を封鎖して開催されるこのレースは、曲がりくねった斜面や坂道の連続するコースレイアウトが人気で、一般のF1サーキットではあり得ないトンネルがあったり、F1マシンが速度を落とさざるを得ないローズヘアピンの旋回コースなど、見どころに溢れています。

優雅な雰囲気を持つレース

F1マシンがゆったり旋回するローズヘアピンがあったり、坂の下に地中海の美しい景色が眺望できるなど、モナコGPは優雅な雰囲気に満ちたレースですが、F1マシンが狭い市街地を猛烈な音とスピードで駆け抜ける迫力を間近で観戦してみたいと憧れる人も多いようです。

モナコGPの特徴

モナコGPはF1レースの中でも最も人気のあるグランプリレースで、モナコが国を挙げてコース造りをする国家イベントでもあります。コースは1周3340メートルほどで、このコースの設営には6週間の準備作業と2週間の撤去作業が必要となります。モナコGPは、この狭くて曲がりくねったコースを約78周する2時間弱のレースとなります。

最も注目を集める世界3大レースのひとつ

F1はインディ500、ル・マン24時間レースと並ぶ「世界3大レース」の1つに数えられる世界的に知られたレースですが、モナコGPはF1の中でも最も人気のあるレースです。

このレースは、政財界の協力の元に行われる国家規模の観光イベントでもあります。多くの観客を集めるため、キリスト昇天祭の祝日である5月の第2週か3週の木曜日から始まるように日程が調整されています。そして他のグランプリでは初日に当たる金曜日が、モナコGPでは休息日になります。

長い歴史を持つグランプリ

モナコGPは1929年に第1回大会が催され、第二次世界大戦前後の1938年から1947年までの中断と1950年代前半の中断を除き毎年開催されてきました。そして1950年のF1世界選手権発足時から、イギリスGP、イタリアGP、ベルギーGPと並び、F1のシリーズに組み込まれ今日まで来ています。その中でも同じコースで催され続けているのはモナコGPだけです。

過去のグランプリの中で、最多の優勝を勝ち得ているのが伝説のレーサーとなったアイルトン・セナの6回で、最多勝利を挙げているコンストラクター(マシン製造者)がマクラーレンの15回となっています。

狭い国に約20万人もの観客が訪れる

モナコGPは国を挙げてのイベントとなり、その期間中には、人口3万人の小国ながら20万人余りの観客が訪れます。5月の2週目か3週目の木曜日からスタートするため、日本のゴールデンウイークより1、2週間遅い開催となりますが、1度は観戦ツアーに出かけてみることをおすすめします。

レースの舞台となる場所は、モンテカルロ区とラ・コンダミーヌ区の公道を閉鎖して造られる1周3340メートルの市街地コースとなります。総走行距離は約260キロで、そのためには78周ほど周回することになります。

コースレイアウトが独特で人気

モナコGPは市街地内の道路を利用して設けられるため、そのコースレイアウトは独特です。コース幅が大変狭く、カーブが多いため、追い抜きが難しく、無理な追い抜きをするマシンがしばしば前のマシンと接触する場面が見られます。また、ポールポジションを獲得したドライバーがそのまま優勝することも多いようです。

このコースでは、追い抜きが難しくトップの車が優位になるため、スタート順となるグリッドの決め方は、不公平感を無くすため、予選タイムの速い順に設定されています。

モナコ皇室から直接トロフィーが授与される表彰式

モナコGPは、大会で優勝すると、その表彰式ではモナコの皇室から直接トロフィーが授与されるという格式の高いグランプリでもあります。モナコ皇室と言えば、古くはハリウッド女優から公妃に迎えられた美貌の公妃・グレース・ケリーが有名ですが、モナコ公国は小国だけに、皇室と言えども気さくに一般市民と接して頂く機会が多いようです。

通常のF1レースの表彰台はF1の主催者側によって用意されたものが使用されますが、モナコGPの表彰台には特別なものが使われます。

モナコGPでは皇室の関係者が列席するため、彼らより高い位置に立たないよう、入賞者3名はロイヤルボックスの床と同じ高さでトロフィーを授与する形になります。また、優勝者と優勝チームを讃える国家の生演奏が行われ、シャンパンかけはロイヤルボックスの下で行われます。

モナコGPでの個人最多勝記録保持者は6回の優勝を誇るアイルトン・セナですが、歴代のF1レーサーの中で最も広く愛された彼は、不幸にもレース中の事故で亡くなっています。

モナコGPのチケットの値段

モナコGPを観戦する価格は、通常3日間込みのパッケージとなっており、観戦エリアによって値段が変わってきます。高額なものでは20万円を超えるパッケージがあり、パドッククラブパスは土日の2日間で5109ユーロ、日本円で約63万円もするパスがとなります。3日間のパッケージで最安値のものでも9万円前後の値段となります。

日本からは観戦ツアーの予約ができるため、早めに予約を入れて観戦ツアーを利用する方法がおすすめです。

観戦エリアによって金額が違う

モナコGPを観戦する場合の値段は観戦エリアによってチケットの値段に差が付けられています。観戦エリアは、スタート直後のカーブ・グランドスタンドAから始まり、ゴール直前のグランドスタンドZまで、幾つものエリアに分かれています。
 

木曜日、土曜日、日曜日の3日間通し券の値段は次の通りです。ちなみに、1ユーロの対円レートは、2019年5月13日現在で1ユーロが123.06円となっています。

最も高価な値段のグランドスタンドB・ゴールドパッケージは1665ユーロ(約21万円)、グランドスタンドB・シルバーパッケージは1429ユーロ(約18万円)の他、グランドスタンドK、L、Oがいずれも1429ユーロ(約18万円)から869ユーロ(約11万円)まで、グランドスタンドTが1189ユーロ(約15万円)から705ユーロ(約9万円)までとなっています。

3日間込みのパッケージの場合、最安値のスタンドでも9万円の値段となり、1日当たり3万円という世界でも最も高価な金額となっています。

モナコGPの場合は世界各国の富裕層のファンが集まってくるため、高い値段設定になっていますが、実はもっと安い値段でモナコGPを楽しむ方法があります。

モナコGPを手軽な金額で見る方法とは?

モナコGPは木曜日、土曜日、日曜日の3日間に渡って開催されます。2回のフリー走行が行われる木曜日と本戦となる土曜日、日曜日では全くチケットの値段が変わってきます。穴場の曜日は木曜日で、単日券の値段は1万円前後と大変格安な値段でF1レースを鑑賞することができます。逆に、決勝が行われる日曜日は信じられないほど高額の値段となります。

フリー走行が行われる木曜日を狙う!

モナコGPでは、エリア別、3日通し券、単日券など幅広い種類のチケットが販売されています。これをうまく利用することによってチケットを安く手に入れる方法があります。最もおすすめの方法は計2回のフリー走行が行われる木曜日の単日券を購入する方法です。公式レースが行われない木曜日は土日と比較するとはるかに安い値段のチケットが入手できます。

木曜日の単日券は、グランドスタンドA1、B、C、K、L、N、O、P、Tのどの場所でも89ユーロ(約11000円程度)の値段で購入できます。また、グランドスタンドX1、X2では83ユーロ(約10200円強)で、グランドスタンドZ1は60ユーロ(約7400円)で入手できます。

木曜日の単日券で本戦を観戦することはできませんが、眼前を多くのマシンが猛スピードで疾走する姿を目の当たりにすることができるため、F1レースの醍醐味は十分堪能することができます。

観戦ツアーを予約するには?

モナコGPの観戦ツアーを予約する場合は、旅行会社・WSTの観戦ツアーの予約がおすすめです。このツアーに参加すると170000円プラス観戦券の予約ができます。

この観戦ツアー予約においては、観戦券の値段が別途になりますが、希望の曜日とエリアを指定すれば旅行会社が手配をしてくれます。

観戦ツアーの宿泊ホテルは3つ星のスタンダードクラスの場合、2名1室が基本となり、ホテル代を含むツアー代金が170000円から、4つ星のスーペリアクラスの場合185000円からとなります。早めに予約をするとかなりの割引特典があります。

また、土曜日か日曜日の観戦券があれば、金曜日の午後にオープンとなるピットウオークに参加することができます。ピットでは、打ち合わせに来るドライバーたちを見ることができ、パドックエリアにも出入りができます。

この観戦ツアーでは、フライト着後、南フランスのニースからサーキット会場まで列車に20分ほど乗ってモンテカルロにアクセスしますが、日本人の係員もいるため、言葉ができなくても問題ありません。

このツアー予約のモデルプランの1例を挙げると、成田を木曜日の午前中に出発し、夕方、ニース空港に集合後、専用車に乗ってホテルに到着します。翌日金曜日にはモナコピットウオークや市内観光などができます。土曜日または日曜日にモナコGPを観戦し、月曜日午前中にニースへ移動後、飛行機で成田に向け帰途につきます。

ニースから成田までは機中泊となり、翌日火曜日の昼前に成田に到着します。このツアー予約のモデルプランは、機中泊を含め5泊6日の行程となります。

モナコGPの料金傾向

モナコGPの場合、木曜日の後、金曜日が休息日となり、土曜日からチケットの値段が単日券であっても2倍から3倍に跳ね上がります。どのG1レースでもウイークデイは本戦が無くスタンドも空いており、運営側も値段を下げる傾向にありますが、土曜日以降は観客の増加により、チケットの値段も一気に高騰します。

土曜日からチケット代が高くなる傾向

本戦の始まる土曜日からチケットの値段が数倍に上がります。そして決勝が行われる日曜日には、さらにその数倍の値段に高騰します。

土曜日の1日券の値段は、スタンドにもよりますが、だいたい2万2000円から4万6000円ぐらいの値段となります。ただし、土曜日にはローカルエリアと呼ばれる自由に観戦できるエリアのチケットが販売されます。

その値段は71ユーロ、約8800円とリーズナブルで、木曜日のレースよりも安価な値段で観戦できます。ローカルエリアの観戦場所は最終コーナー近辺の崖上のため、高台からモナコの街並みも眺望できるというメリットがあります。

ただ、このローカルエリアチケットは、安価ではありますがスタンドと比べマシンが見えにくい上にサーキットビジョンが設置されていないため、レース状況が掴みにくいというディメリットがあることを知っておいた方が良いでしょう。

日曜日は最も高いので周辺の観光がおすすめ

日曜日はF1レース決勝が行われることもあり、更にスタンド席は高騰します、単日のチケットでも、安いエリアで5万円以上、高いエリアでは10万円を超える場所も出てきます。しかも比較的安いチケットはすぐ売り切れてしまうため、日曜日のF1観戦はむずかしいものとなります。できれば、日曜日は周辺の観光に時間を費やした方が得策でしょう。

モナコの観光スポットとしておすすめの場所は、美しく華麗なモナコ宮殿やモナコ大聖堂、モナコ海洋博物館、カジノ・ド・モンテカルロなどです。

小さな国のため、どの場所にもすぐにアクセスできます。カジノでルーレットやスロットマシンをしてみるのも楽しい経験になるのではないでしょうか。

憧れのモナコGPへ行こう!

モナコGPはモナコのモンテカルロ市街地コースで行われる世界3大レースの1つ・F1世界選手権レースの中の1戦です。モナコGPはFという1レースの中でも最も人気の高いレースで、地中海を眼下に見ながら市街地を疾走するマシンを間近で観戦する醍醐味を味わうことができます。

ここではそんなモナコGPについて、レースのコースや観戦ツアー、チケットの値段、予約方法などの情報を取り入れながら説明してみました。

関連記事

Original
この記事のライター
南真州

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する