江戸政の焼き鳥はやみつきの美味しさ!短い営業時間に人が押し寄せる人気店

2019年5月19日 (2019年5月20日最終更新)

『江戸政』は東日本橋にある超人気の焼き鳥屋さんで、営業時間が長い時でも3時間ほどしかないことから「幻のお店」とも言われています。ここ『江戸政』は基本的にはコース料理がメインで、来店と同時に美味しい焼き鳥が次々と出てくるので食べることに集中できます。

目次

  1. 江戸政は営業時間が3時間しかない幻の焼き鳥屋さん
  2. 江戸政とは?
  3. 江戸政の魅力・特徴
  4. 江戸政おすすめ人気メニュー
  5. 江戸政の食レポ
  6. 江戸政の基本情報
  7. 江戸政の注意点
  8. 東日本橋で人気のグルメスポット情報
  9. 美味しい焼き鳥を食べに江戸政へ行こう!

江戸政は営業時間が3時間しかない幻の焼き鳥屋さん

ビールのお供として絶大な人気を誇っているのが焼き鳥です。リーズナブルな値段でいろいろな味を楽しめることからサラリーマンだけではなく最近では女性からの人気も高いです。東京には大小さまざまな焼き鳥屋さんがありますが、そのなかでも圧倒的な人気を集めて「幻の名店」とも呼ばれる東日本橋『江戸政』を今回はご紹介します。

江戸政とは?

東日本橋『江戸政』は焼き鳥が大好きな人なら全員が知っていると言っても過言ではないほど人気の焼き鳥屋さんです。

営業時間が何と3時間ほどしかないかなり特殊な焼き鳥屋さんで、毎日オープン前から行列ができることでも有名です。

東京都中央区東日本橋にある焼き鳥屋さん

『江戸政』のある東日本橋は東京でも下町風情の残るエリアのひとつで、昔ながらの飲食店も数多く見られます。

そんななかでも『江戸政』は歴史が長く、創業はいまから100年近く前と言う東京屈指の老舗の焼き鳥屋さんです。

最寄駅は東日本橋駅・馬喰駅・馬喰横山駅

『江戸政』の最寄り駅は都営浅草線の東日本橋駅で、両国橋西の交差点から浜町河岸通りへ入るとすぐの場所にあります。

隅田川沿いのあるお店で東京スカイツリーを望むこともでき、最近では観光ついでによるお客さんもちらほら見られます。

Original日本橋(東京)は焼き鳥屋の激戦区!老舗やおすすめの人気店をランキングで紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京の日本橋は、さまざまな飲食店が勢揃いしているグルメな街です。今回はそんな日本橋でおすすめ...

江戸政の魅力・特徴

東京にはいろいろな個性を持ったお店が数多く見られますが、そのなかでも東日本橋『江戸政』は特に変わっています。

しかしながらそんな東日本橋『江戸政』の独特な部分も魅力のひとつで、だからこそ連日多くの人でにぎわうという側面もあります。

両国橋のすぐそばにある

東日本橋『江戸政』は両国橋のすぐそばにある焼き鳥屋さんで、真っ黒な外壁がひと際目を引くので初めてでも迷わず行けます。

ただし外観以上にほぼ100%と言っていいほど行列ができているのでそれを目印にするのもひとつの手でしょう。

大正13年創業の老舗

東日本橋『江戸政』は大正13年に創業された東京でも屈指の老舗焼き鳥屋さんで、100年近く愛され続けている名店中の名店です。

東京には本当に数多くの焼き鳥屋さんがあるのですが、そのなかでもファンなら知らない人はいない大人気のお店です。

スタンディングスタイル

ここ東日本橋『江戸政』はスタンディングスタイルのお店となっており、お客さんの回転率はかなり早めです。

お酒を飲みながらゆっくりおしゃべり等をすることを目的に焼き鳥屋さんへ行く方もいるでしょうが、ここ東日本橋『江戸政』はモクモクと食べる感じのお店です。

歴史を感じるカウンター

東日本橋『江戸政』は座席がすべてカウンター席のみで、座席はすべてあわせても14席しかありません。

本当に目の前で大将が焼き鳥を焼いてくれるのでにおいがダイレクトに座席まで届き、それだけで食欲が刺激させられます。

限定的な営業時間

東日本橋『江戸政』の最大の特徴とも言っていいのが営業時間です。具体的な営業時間は後述しますが何と1日に開いているのは3時間ほどです。

そのため焼き鳥ファンのなかではなかなか食べられないことから東日本橋『江戸政』を「幻の焼き鳥屋さん」と評する人もいます。

追加の注文は1度だけ!

ここ東日本橋『江戸政』は基本的にはコース料理がメインで、来店すると特に注文しなくても焼き鳥のメニューが出てきます。

ただしすべてのコース料理が出終わった後に一度だけ好きな焼き鳥を追加注文することができ、ここで何を頼むかを考えながら食べるのも楽しみのひとつです。

焼き鳥それぞれの値段が安いので迷った時には頭のなかにある選択肢の串をすべて注文してしまうのも手でしょう。

江戸政おすすめ人気メニュー

東日本橋『江戸政』には美味しいメニューが目白押しですが、そのなかでも看板メニューとなっているのが「タタキ」です。

ここ東日本橋『江戸政』では来店するとまず女将さんに「タタキ」を生にするや焼きにするかを聞かれます。

名物のタタキ

どちらも美味しいのですが断然おすすめなのは生の「タタキ」で、鮮度等の関係からめったにお目にかかれないものだからです。

ただなかには「どっちのタタキも食べたい」という方もいるでしょう。そんな時は最後の追加オーダーで別の「タタキ」を注文するのもありです。

江戸政の食レポ

東日本橋『江戸政』には来店する前にぜひ押さえておきたいルールがいくつかありますので簡単にご紹介します。

そこまで厳格なルールではないのではありませんが「気持ちよく食事をする」というのを考えると覚えておいた方がいいです。

ドリンクだけは注文と同時にお金を払うシステム

まず東日本橋『江戸政』では入店と同時にドリンクを聞かれて注文することになります。この時ドリンクだけは先払いとなります。

ほかの焼き鳥のメニューは食べ終わった後にまとめて会計ですが、ドリンクだけはキャッシュオンシステムとなっています。

ドリンクは生ビール(値段470円)と黒ビール(値段400円)とウィスキー水割り(値段570円)と烏龍茶(値段200円)とコーラ(値段200円)です。

事前に自分の飲みたいドリンクの値段を把握して小銭を用意しておき、お釣りが出ないようにすると大将に喜んでもらえます。

たたきの生を食す!

東日本橋『江戸政』のコース料理は基本的には「タタキ」からスタートです。先ほども少し触れましたが最初に焼き加減を聞かれます。

ふわっと滑らかな「タタキ」はほかのお店ではなかなか味わえないような逸品で、これだけを目当てに来るお客さんもいるほどです。

コース料理からスタート!

東日本橋『江戸政』では「タタキ」が提供されたのを合図に次々といろいろなコース料理が卓上に届きます。コースの値段は1420円です。

焼き鳥はどの部位も厳選したお肉を使用しており絶品で、注文できない点に不安を感じる方もいるでしょうがそこは大丈夫です。

レバー

また東日本橋『江戸政』には隠れた人気メニューがあり、それが「レバー」です。ここ東日本橋『江戸政』の「レバー」はとにかく肉厚です。

あまりの分厚さから1人前に串を2本も使っているほどで、串から外さずにそのまま豪快にかぶりつくのが東日本橋『江戸政』流です。

ピーマンの肉詰め

東日本橋『江戸政』のメニューでは「ピーマンの肉詰め」も大人気です。みずみずしいピーマンのなかに鶏肉がギッシリ詰まったメニューです。

ピーマンの苦みが鶏肉の旨味や甘辛い焼き鳥のタレと相性抜群で、後味もスッキリなのであっという間に完食してしまいます。

ハートスタミナ

東日本橋『江戸政』には少し変わったメニューもあり、それが「ハートスタミナ」です。この「ハートスタミナ」はねぎまのネギがハツになった面白いメニューです。

弾力があって噛み応えのあるお肉と東日本橋『江戸政』自家製のタレが相性抜群で、こちらも大人気の串となっています。

江戸政の基本情報

東日本橋『江戸政』は本当に小さなお店なのでお客様専用の駐車場はありません。そのため来訪する場合は電車やバスでのアクセスをおすすめします。

もちろん東京という土地柄からコインパーキング等は周りにたくさんありますので車でのアクセスが不可能というわけではありません。

アクセス

東日本橋『江戸政』は両国橋西側の交差点のすぐそばにあります。一応最寄り駅は東日本橋駅で、店舗までの距離はだいたい350mほどです。

ただし東日本橋『江戸政』は徒歩圏内にほかにも多くの駅があり、浅草橋駅や馬喰横山駅や浜町駅なども東日本橋『江戸政』までは10分以内で行けます。

住所 東京都中央区東日本橋2-21-5
電話番号 03-3851-2948

電話番号・営業時間&定休日

東日本橋『江戸政』の営業時間は平日が午後17時から午後20時までとなっており、さらにその日の分の食材が終わるとその時点で閉店です。

さらに土曜日の営業時間は午後17時から午後18時30分までとさらに短くなります。定休日は毎週日曜日と祝日です。

また東日本橋『江戸政』の電話番号は「03-3851-2948」ですが事前に問い合わせて予約をすることはできません。

美味しい焼き鳥に舌鼓を打ちたい場合には東日本橋『江戸政』に足を運び、場合によっては並ぶしかありません。

江戸政の注意点

東日本橋『江戸政』へ行く際にはメニューや値段以外にもいろいろとあらかじめ注意しておきたい部分があります。

例えば東日本橋『江戸政』は全席喫煙がOKです。店内は焼き鳥の煙があるので気になりにくいとはいえ苦手な人は気を付ける必要があります。

東日本橋で人気のグルメスポット情報

東日本橋が『江戸政』をはじめとした美味しいグルメスポットが目白押しの東京屈指のディープスポットとしても人気です。

そこでここでは東日本橋で人気のお店をいくつかご紹介しますので、例えば『江戸政』の営業時間後等にハシゴしてみるのもおすすめです。

東日本橋で人気のグルメスポット情報1:一亀

東日本橋の『一亀』は営業時間が午前中からの居酒屋で、美味しい料理と美味しいお酒を味わえる人気のお店です。

ここ『一亀』は名物料理が多く、例えば値段が100円の「いかげそ天ぷら」やボリュームたっぷりの「ジャンボメンチカツ」が人気です。

住所 東京都千代田区岩本町1-8-5
電話番号 03-3862-1709

東日本橋で人気のグルメスポット情報2:Nico Chelsea

東日本橋にある『Nico Chelsea』はジビエを得意としているお店で、鹿肉をはじめとして珍しい料理が味わえます。

ジビエと言うと臭みが気になる方もいるでしょうが丁寧に血抜きされたお肉はクセがなく、また値段設定も抑えめなのでいろいろなシーンで使えるお店です。

住所 東京都中央区日本橋茅場町3-3-3
電話番号 03-5643-7799

東日本橋で人気のグルメスポット情報3:Jack37Burger

東日本橋の『Jack37Burger』はジューシーなハンバーガーメニューが大人気のお店で、国産とオーストラリア産のお肉を使ったパテは噛むと肉汁が飛び出てきます。

バンズやほかの具材とのバランスも絶妙で、営業時間も午前11時30分から午後20時30分までと長いのも嬉しいです。

住所 東京都中央区日本橋小伝馬町16-16
電話番号 03-6884-1541

東日本橋で人気のグルメスポット情報4:目と鼻の先

東日本橋にある『目と鼻の先』はリーズナブルな値段の飲み放題プランがあるなどいろいろなシーンで活躍するお店です。

営業時間は午後18時から深夜24時までで、事前に電話をすることで予約も可能ですし貸切もOKとなっています。

住所 東京都中央区東日本橋2-12-1(TKビル1F)
電話番号 03-5823-4157

美味しい焼き鳥を食べに江戸政へ行こう!

東日本橋『江戸政』の焼き鳥は営業時間の関係からなかなか簡単には味わえませんが、その味はオープン前に何時間並んででも食べる価値があります。こだわりの詰まった焼き鳥は私たちがこれまでに食べてきたものとはレベルが違い、焼き鳥に対する考え方が変わると言っても過言ではないのでぜひ一度チャレンジしてみてください。

関連記事

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
おまあす

東京駅・日本橋・大手町の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

東京駅・日本橋・大手町の新着のまとめ