名古屋の金時計と銀時計は待ち合わせにおすすめ!場所や行き方も紹介!

2019年5月19日 (2019年9月1日最終更新)

待ち合わせ場所を決めるには、何か特別な目標物を指定します。名古屋駅には、金時計と銀時計という待ち合わせに格好の場所があります。名古屋の金時計と銀時計の周りには、人通りも多く待ち合わせする人も多くいます。そんな名古屋の金時計と銀時計の場所や行き方を紹介します。

目次

  1. 名古屋の金時計と銀時計の特徴
  2. 名古屋の金時計の場所
  3. 名古屋の銀時計の場所
  4. 名古屋の金時計への行き方
  5. 名古屋の銀時計への行き方
  6. 名古屋の金時計と銀時計の違いは?
  7. 名古屋の金時計と銀時計周辺の見どころ6選
  8. 名古屋の金時計と銀時計以外の待ちあわせスポット
  9. 名古屋で待ちあわせをするなら金時計と銀時計がおすすめ!

名古屋の金時計と銀時計の特徴

名古屋駅は、中部地方最大のターミナル駅で新幹線やJR在来線各線更には、私鉄各社が乗り入れています。名古屋駅構内には、中央コンコース北通路と南通路がありそこでは多くの人が行きかい、目的の電車への連絡通路として毎日何千何万という往来があります。

このように中部地方最大の鉄道ターミナル機能を果たす名古屋駅では、待ち合わせをする大変さがあります。名古屋駅には、金時計と銀時計という待ち合わせには格好の場所があります。そんな名古屋の金時計と銀時計の場所や行き方を紹介します。

待ち合わせのスポットの定番

名古屋で待ち合わせをしたい。しかし、地理的に不案内な人にはどこが待ち合わせに適した場所なのか、巨大化したターミナル駅では右往左往してしまいます。そんな人たちは、名古屋の金時計や銀時計を待ち合わせ場所に選んだりしています。

また、通いなれた名古屋の人たちの待ち合わせ場所にも金時計と銀時計が利用されています。そのように名古屋の待合場所に定番化した金時計と銀時計です。

名古屋の金時計の場所

名古屋で待ち合わせに格好の金時計の場所は、どこにあるのかですが慣れてくると名古屋駅のどの方向からも行きやすい場所にあるようです。しかし、初めての人などにはこれだけ広い名古屋駅で、一体全体金時計はどこにあるのかということです。

金時計は、名古屋駅の中央コンコース桜通口に近い方にあります。こうしてみると非常に分かりやすい場所ですが、大阪方面から北通路・中央コンコース・中央通路と南通路というように連絡通路があり、初めての人には大変わかりにくい様です。

名古屋駅構内の中央コンコースの桜通口の近く

改めて金時計の場所を確認すると、金時計のある名古屋駅の中央コンコースは、JRハイウエイバス乗り場側の「太閤口」から反対側の「桜通口」につながる名古屋駅構内のメインの連絡通路です。

中央コンコースは、名古屋駅では最も通路幅が広くて人通りの多い通路です。その中央コンコースを太閤口から桜通口に向かっていく先の、桜通口側に近い場所に金時計はあります。そこは、待ち合わせの人や通り過ぎる人で溢れています。

名古屋の銀時計の場所

もう一つの名古屋で格好の待ち合わせ場所の銀時計があります。銀時計は、太閤口にあります。と言っても、初めての人は太閤口の場所が右なのか左なのかという不安があります。

それほどに広い名古屋駅の構内で、出入り口の多さに方向感覚がずれてしまうようです。しかし、太閤口の場所がわかれば銀時計の場所は、すぐにわかります。

中央コンコースの太閤通口の近く

名古屋の銀時計は、中央コンコースの太閤通口のすぐ近くにあります。JRハイウエイバス乗り場側が太閤通口です。そこには太閤通口南口もありますが、中央コンコース太閤通口は新幹線南口と北口に挟まれた場所です。そこの入り口近くに銀時計があります。

名古屋の金時計への行き方

名古屋の金時計の場所は、大体の位置関係が分かったとは思います。では、そこまでの行き方はどんな風にしていくと迷わずに行けるのかということです。

名古屋駅には、東海道新幹線からJR在来線や私鉄各社が乗り入れています。そして、それぞれにホームの場所や改札口が異なり、金時計の場所にたどり着くには右往左往してしまいます。そこで、各線から金時計までの行き方を紹介します。

名鉄から

名古屋鉄道(名鉄)名古屋駅は、桜通り口方向のJR広小路口側にあります。どちらかというと金時計の場所には近い場所が名鉄名古屋駅です。名鉄からの行き方は、西口改札から行くとわかりやすいです。

名鉄西口改札から金時計への行き方は、JR線・新幹線方向に向かうと横断歩道の先に広小路口入り口があります。広小路口を入ってすぐ右方向にしばらく行くとJR全線切符売り場が右側にあります。そこから地下鉄東山線方向を目指していくと正面に金時計があります。

近鉄から

近畿日本鉄道(近鉄)名古屋駅は、中央コンコース広小路口通路辺りにあります。場所的には、広小路口通路から中央コンコース右側に金時計はあります。近鉄からは、比較的近い場所にあります。

しかし実際歩くとそこまでの行き方は、地下改札からJR線方向に向かいます。JR線の案内板に沿ってひたすら歩きます。JR線・あおなみ線の案内板が出てきます。これを右に向かうとJR全線切符売り場の案内板があり、地下鉄東山線方向の正面に金時計があります。

JRから

JR在来線各線や東海道新幹線から金時計への行き方は、単純に改札を出て中央コンコースを真っすぐ歩くと金時計に行くことができます。JR各線から金時計への行き方は、きわめて単純です。

JR在来線中央口の改札を出ると中央コンコースです。新幹線も北口・南口改札を出ると中央コンコースです。それぞれ、改札口を出ると太閤通口が近いのですが、その反対方向桜通口に向かって行きます。真っすぐそのまま行くと金時計が正面にあります。

名古屋の銀時計への行き方

名古屋駅の待ち合わせ場所は金時計が人気ですが、もう一方の待ち合わせ場所に「銀時計」があります。太閤通口にある銀時計は、意外にわかりやすい場所にあります。

中央コンコースの入り口で東海道新幹線改札に近い場所にある銀時計は、金時計同様に待ち合わせには格好の場所です。銀時計への各線からの行き方を紹介します。

名鉄から

名鉄から銀時計への行き方は、名鉄西口改札口から行くと便利です。金時計との距離感はあるのですが、中央コンコースを目指した行き方をすると、意外に簡単に銀時計に着きます。

名鉄西口改札を出るとJR線・新幹線の案内板がありますから左に向かいます。横断歩道を渡り広小路口からすぐ右に行くとJR線案内板があります。そこを右にJR全線切符売り場を目指します。そして、中央コンコースを新幹線方向に進むと、その先に銀時計があります。

近鉄から

近鉄から銀時計への行き方は、地下改札から広小路口通路を利用すると便利です。広小路口と金時計の間の階段を上って中央コンコースに出る行き方があります。

近鉄地下改札を出るとJR線の案内板があります。そこを左に向かいます。その先のJR線の案内板を左に階段を上がります。JR線・あおなみ線方向に進み、JR全線切符売り場から新幹線方面に真っすぐ中央コンコースを行くと、その先に銀時計があります。

JRから

JRから銀時計への行き方は、すこぶる簡単で中央コンコースを金時計と反対方向に進むと、銀時計はあります。

JR在来線各線からは、中央改札口を出ると中央コンコースです。新幹線北口・南口改札口から出ると、在来線同様に中央コンコースです。ここから太閤通口側に銀時計があります。方角的には金時計とは反対側の行き方になります。

名古屋の金時計と銀時計の違いは?

このように名古屋の待ち合わせ場所の好適地の金時計と銀時計ですが、それでも多くの人が待ち合わせに利用する場所は、金時計が多い様です。実際、中央コンコースの一番人通りの多い場所にある金時計は、待ち合わせする人が多くいます。

反対に銀時計は、新幹線の近くで太閤通口側で意外に分かりやすい場所ですが、中央コンコースの外側に近い場所ということなどから金時計と違い待ち合わせは少ないようです。そんなところに金時計と銀時計の待ち合わせ場所の違いがあります。

名古屋の金時計と銀時計周辺の見どころ6選

名古屋の金時計と銀時計の周辺には、見どころがたくさんあります。ある意味、ターミナル駅化した名古屋を核とした一大観光商業ゾーンが出来上がっています。

名古屋駅の何千何万という人の流れは、駅利用以外の観光やショッピングで名古屋に来たという人たちも行き来しています。そんな名古屋の金時計と銀時計周辺のおすすめの見どころ6選紹介します。

1:ゲートタワー

名古屋の金時計と銀時計周辺のみどころに「ゲートタワー」があります。2017年にオープンした地下2階地上46階の複合ビルで、地下1階から地上8階までをJRタカシマヤゲートモールとして出店しています。

タカシマヤ以外にも三省堂やビックカメラやユニクロなどの商業施設やレストラン街やホテルなど一大観光商業ゾーンを形成しています。名古屋の観光ショッピングゾーンとして多くの人が訪れているゲートタワーはおすすめの見どころです。

2:名古屋高島屋

名古屋の金時計と銀時計周辺の見どころに「名古屋高島屋」があります。高島屋ゾーンと東急ハンズゾーンがあり、地下2階から地上13階まで観光ショッピングの人で賑わっています。

12階13階のレストラン街は、和食から洋食・アジア料理更に無国籍料理などのレストランやスイーツなどが楽しめるカフェ&デリがあります。更に、51階のパノラマサロンからの名古屋の眺望の迫力に感動します。名古屋高島屋はおすすめの見どころです。

3:KITTE名古屋

名古屋の金時計と銀時計周辺の見どころに「KITTE名古屋」があります。名古屋駅に直結しているJPタワーにあるKITTE名古屋は、2016年にオープンしています。

KITTE名古屋は、JPタワーの地下1階から地上3階まで36店舗が出店している商業施設です。名古屋らしさをアピールする施設は、食をテーマにしたテナントが大半です。また、バスターミナルとも直結するなどして使い勝手の良いKITTE名古屋はおすすめの見どころです。

4:エスカ地下街

名古屋の金時計と銀時計周辺のみどころに「エスカ地下街」があります。エスカ地下街には、グルメのお店が多く、ナゴヤメシが食べられるお店があります。

名古屋駅の近くで、それも銀時計に近いエスカ地下街は名古屋グルメの他にも、名古屋のお土産が買える場所でもあります。新幹線などの時間調整や観光などの最終地点として、名古屋グルメやお土産を楽しむには、エスカ地下街はおすすめの見どころです。

5:ミッドランドスクエア

名古屋の金時計と銀時計周辺のみどころに「ミッドランドスクエア」があります。ミッドランドスクエアとは、中部地方を意味した名前と言われています。そんなミッドランドスクエアは、地下6階地上47階の複合商業ビルです。

名古屋駅でブランド物が楽しめると人気のミッドランドスクエアです。トヨタ自動車のショールームや14スクリーンのあるミッドランドシネマや44階と46階のスカイプロムナードなど名古屋駅近くのミッドランドスクエアはおすすめの見どころです。

6:大名古屋ビルヂング

名古屋の金時計と銀時計周辺のおすすめの見どころに「大名古屋ビルヂング」があります。名古屋では歴史のある大名古屋ビルヂングです。一昔前の名古屋を知っている人にはなじみのある名前です。そんな大名古屋ビルヂングが生まれ変わったのです。

地下1階から地上3階までは、ISETAN HAUSなどが出店しているショッピングゾーンで、5階はカフェなどがあるショップ&レストランゾーンがあります。この階には、スカイガーデンがあり緑に囲まれた癒しの空間になっています。大名古屋ビルヂングは、おすすめの見どころです。

8996?1493265950名古屋駅・地下街の歩き方!ランチやグルメもマップを見れば迷わない! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京と大阪に挟まれ、独自の文化を発展させてきた名古屋。その最も象徴的なものの一つが、地下街だ...

名古屋の金時計と銀時計以外の待ちあわせスポット

名古屋の金時計と銀時計は人気の待ち合わせ場所ですが、ここ以外でもおすすめの待ち合わせ場所があります。

中部地方では最大級の規模を有する名古屋駅には、新幹線やJR在来線そして私鉄各社が乗り入れていてビジネスに観光になどと大勢の人が往来しています。そんな名古屋駅での待ち合わせに、各エリアでここという場所があります。待ち合わせに最適な場所を紹介します。

桜通口エリア

名古屋の待ち合わせ場所は、金時計と銀時計以外にもおすすめの場所がいくつかあります。中央コンコースの片方の出入り口「桜通口エリア」にもおすすめの場所があります。

桜通口エリアには、JRセントラルタワーズの1階などがおすすめですが金時計同様に混雑ありきの場所です。目立つ目標物があるところなら待ち合わせ場所には困らないのですが、桜通口エリアでは、名古屋駅観光案内所前などはおすすめの場所です。

桜通口北エリア

名古屋の待ち合わせ場所には、金時計と銀時計以外にもおすすめの場所がたくさんあります。桜通口北エリアは、JRゲートタワーやJPタワーなどのビルがある場所ですが、おすすめの待ち合わせ場所はいくつかあります。

桜通口エリアには、ディズニーストア前や時計広場やGOLD FISHといった場所があります。それぞれゲートタワーモールやJPゲートタワー内などにある場所ですが、名古屋での待ち合わせにはおすすめの場所です。

太閤通口エリア

名古屋の待ち合わせ場所には、金時計と銀時計以外にもおすすめの待ち合わせ場所がいくつかあります。中央コンコースのもう片方の出入り口の「太閤通口エリア」です。JRハイウエイバス乗り場などのある場所です。

ここの場所でのおすすめの待ち合わせ場所は、銀時計はもとより中央コンコースに少し入った新幹線北口や南口もおすすめの待ち合わせ場所です。新幹線利用の人やJR在来線利用の人との待ち合わせには最適な場所です。

桜通口南エリア

名古屋の待ち合わせ場所には、金時計と銀時計の他にもおすすめの待ち合わせ場所がいくつかあります。「桜通口南エリア」にもおすすめの待ち合わせ場所があります。

名鉄百貨店などがあるエリアですが、ここにはナナちゃん人形があります。ナナちゃん人形は、名鉄百貨店ヤング館前に普通の人の3から4倍くらいあるマネキンです。以前は、名古屋定番の待ち合わせ場所でした。今でもナナちゃん人形前は、おすすめの待合場所です。

名古屋で待ちあわせをするなら金時計と銀時計がおすすめ!

名古屋で待ち合わせをするには金時計か銀時計が、おすすめの待ち合わせ場所です。名古屋駅の中央コンコースに接してある金時計と銀時計は、人通りの多さもあるのですが待ち合わせには格好の場所です。

巨大化した名古屋駅には、たくさんのJRなど複数の鉄道が集中して乗り入れています。そして、そこには全国各地から人が集まり、通いなれた人でも初めての人でも待ち合わせをします。そんな名古屋で待ち合わせをするなら金時計と銀時計がおすすめです。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
柄目木036

名古屋の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

名古屋の新着のまとめ