キャンプ用フライパンおすすめ11選!鉄やアルミなど使いやすいのはどれ?

2019年6月2日 (2019年9月1日最終更新)

自宅とは異なる条件となるアウトドアでの料理にはキャンプ用フライパンが欠かせません。そこでこのページでは、キャンプ用フライパンおすすめ11選と題し、アルミ素材や鉄素材のフライパン、焚き火フライパン等も含め、11個の選りすぐりのキャンプ用フライパンをご案内します。

目次

  1. おすすめのキャンプ用フライパン11選を大特集!
  2. キャンプ用おすすめフライパンを探そう!
  3. 1:キャンプ用おすすめフライパン【MSR ALPINEフライパン 39611】
  4. 2:キャンプ用おすすめフライパン【Esbitアルミフライパン 18cm ESP185HANS】
  5. 3:キャンプ用おすすめフライパン【LODGEロジック8インチ スキレット フライパン L5SK3】
  6. 4:キャンプ用おすすめフライパン【エバニューUltra Light パン#18 ECA147】
  7. 5:キャンプ用おすすめフライパン【ユニフレーム ちびパン 2×2 666401】
  8. 6:キャンプ用おすすめフライパン【エバニューチタンフライパン18 セラミック ECA442】
  9. 7:キャンプ用おすすめフライパン【ホットサンドメーカー はさもっか】
  10. 8:キャンプ用おすすめフライパン【スノーピークチタン トレック 1400 SCS-009T 】
  11. 9:キャンプ用おすすめフライパン【LODGEロジック10 1/4インチスキレット フライパン L8SK3】
  12. 10:キャンプ用おすすめフライパン【キャプテンスタッグキャンプ バーベキュー用 フライパン 3層鋼】
  13. 11:キャンプ用おすすめフライパン【Bush Craft焚き火フライパン 10-03-orig-0002】
  14. 料理する場合に必要なキャンプ用のフライパンを買おう!

おすすめのキャンプ用フライパン11選を大特集!

アウトドア料理で欠かせない調理器具のキャンプ用フライパンは、現在、豊富な種類の商品が出回っており、鉄やアルミの素材でできているキャンプ用フライパンをはじめとして、焚き火を利用して料理することを想定したキャンプ用フライパン等もあります。そこで、このページでは、おすすめのキャンプ用フライパン11品を厳選してご紹介していきます。

Originalアウトドア用ガスコンロおすすめ17選!キャンプ料理に役立つおしゃれアイテムも | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
このページでは、キャンプ料理などに役立つおすすめの人気アウトドア用ガスコンロをおしゃれなアイ...

キャンプ用おすすめフライパンを探そう!

アウトドア料理は、焚き火などを利用して料理を行う方も多いことから、自宅での料理よりも火加減が難しいことなどもありますので、自宅で使用しているフライパンとは異なる機能を備えているキャンプ用フライパンが欠かせません。自分の用途やキャンプ料理のスタイルに合ったお気に入りのキャンプ用フライパンをぜひ、見つけてみてください。

キャンプ用フライパンを選ぶ場合の4つのチェックポイント

現在、様々なアウトドアブランドから豊富な種類のキャンプ用フライパンが発売されていますので、キャンプ料理にもおすすめのキャンプ用フライパンを初めて購入する方はもちろんのこと、どれを購入すればよいのか分からない方も多いいことでしょう。そこで、キャンプ用フライパンを購入する際にも役立つ4つのチェックポイントをご案内していきます。

(1)素材(鉄やアルミなど)

キャンプ料理に最適なフライパンは、焚き火を利用して料理することも考慮して、焚き火の火が弱くても調理できるような熱伝導率が優れた素材のキャンプ用フライパンがおすすめです。

キャンプ用フライパンの主な素材には、鉄、アルミ、ステンレス、チタン等がありますが、熱伝導率の優れた素材は、鉄やアルミですので、こうした素材を利用したキャンプ用フライパンがおすすめです。

(2)重さ

特にソロキャンプや登山などで焚き火などを利用したキャンプ料理用のフライパンを購入したい方は、キャンプ用フライパンの重さも重視して、できるだけ軽量な素材のものをセレクトしたいものです。重さを第1条件としてセレクトする場合、軽量な素材は、アルミやチタンですので、こうした素材を利用したキャンプ用フライパンがおすすめです。

(3)コンパクトさ

キャンプ用フライパンの中には、フライパンの取っ手が外れるものや取っ手がコンパクトに収納できるようになっている工夫がされたモデルもあります。また、同じブランドのシリーズで揃えることで積み重ねてコンパクトにスタッキングできるモデルもあります。コンパクトさを重視したい方は、スタッキング収納もできるキャンプ用フライパンがおすすめです。

(4)手入れの簡単さ

火力が調整しづらいキャンプでの焚き火料理では、焚き火の炎が強すぎることで焦げ付きが出来てしまいやすいのもキャンプ料理の悩みのタネの1つです。

しかし、キャンプ用フライパンの中には、焦げ付きを防止するようなフッ素加工などの特殊コーティングが施されているているフライパンもありますので、こうしたフライパンを利用しますとお手入れも簡単です。

1:キャンプ用おすすめフライパン【MSR ALPINEフライパン 39611】

まず、最初にご案内しますおすすめのキャンプ用フライパンは、MSRというアウトドアブランドから販売されていますALPINEフライパン 39611というキャンプ料理にもおすすめのフライパンです。このキャンプ用フライパンは、丈夫でサビつきにくいステンレス製となっています。

このキャンプ用フライパンの特徴

MSRというアウトドアブランドから販売されていますALPINEフライパン 39611というキャンプ用フライパンは、取っ手の部分が取り外し可能となっていますので、収納時に取り外しますとコンパクトになり持ち運びにも非常に便利です。

また、ALPINE2ポットセットを別途、購入しますと、スタッキング収納もできますので、さらに持ち運びにも便利で、キャンプ料理の幅も広がります。

ワンポイントアドバイス

MSRというアウトドアブランドから販売されていますALPINEフライパン 39611というキャンプ用フライパンは、素材がステンレスとなっていますので、頻繁にアウトドアで料理をする方などには、丈夫で長持ちするこのキャンプ用フライパンがおすすめです。重さは323グラムありますので、車でキャンプ地まで移動する方などに特におすすめです。

また、スタイリッシュな外観もこのキャンプ用フライパンの魅力の1つですので、おしゃれなインテリアで統一したいグランピングを行う方にもおすすめです。

2:キャンプ用おすすめフライパン【Esbitアルミフライパン 18cm ESP185HANS】

2番目にご案内しますおすすめのキャンプ用フライパンは、Esbitというアウトドアブランドから販売されていますアルミフライパン 18cm ESP185HANSというキャンプ料理にもおすすめのフライパンです。このキャンプ用フライパンは、軽量で熱の伝導率の良いアルミ製となっています。

このキャンプ用フライパンの特徴

Esbitというアウトドアブランドから販売されていますアルミフライパン 18cm ESP185HANSというキャンプ用フライパンは、熱の伝導率の良いアルミ製ですが、さらに熱の伝導率を向上させるために独自技術で刻まれている溝ががありますので、焚き火の弱い火であっても料理を短時間で行うことが可能です。

また、このフライパンの内側は、焦げ付きを防ぐ特殊加工もされていますので、油なしでもお肉などを焼くことも可能ですし、使用後のお手入れも楽チンです。

ワンポイントアドバイス

Esbitというアウトドアブランドから販売されていますアルミフライパン 18cm ESP185HANSというキャンプ用フライパンは、取っ手部分が別売りとなっていますが、取っ手は取り外しができますので、収納時もコンパクトになり、アルミ素材で軽量ですので、持ち運びも楽です。

また、取っ手を外せば、お皿代わりにもなり、調理後は、取っ手を外してそのまま作った料理をいただけますので、洗い物も減り、まさにアウトドアにおすすめの機能的なフライパンです。

3:キャンプ用おすすめフライパン【LODGEロジック8インチ スキレット フライパン L5SK3】

3番目にご案内しますおすすめのキャンプ用フライパンは、LODGEというアウトドアブランドから販売されていますロジック8インチ スキレット フライパン L5SK3というキャンプ料理にもおすすめのフライパンです。このキャンプ用フライパンは、熱伝導率や蓄熱性が優れている鋳鉄製のスキレットです。

このキャンプ用フライパンの特徴

LODGEというアウトドアブランドから販売されていますロジック8インチ スキレット フライパン L5SK3というキャンプ用フライパンは、既にシーズニングが済まされていますので、面倒なフライパンの慣らし作業を行わなくても済むのも嬉しいポイントです。

このキャンプ用フライパンは、焼く、炒めるだけではなく、煮る、蒸す、揚げるなどの様々な調理方法も行える万能さも魅力です。また、IH機器でも使用できますので、キャンプなどで使用しない時には家庭での使用も可能です。

ワンポイントアドバイス

LODGEというアウトドアブランドから販売されていますロジック8インチ スキレット フライパン L5SK3というキャンプ用フライパンは、重さが1.5キロ近くもあり、取っ手の部分も外れませんので、車でキャンプ地まで移動する方をはじめ、おしゃれなグランピングで本格的なアウトドア料理を楽しみたい方等に特におすすめです。

鉄製のフライパンは、使い込んでいけばいくほど、熱伝導率なども向上していきますので、頻繁に使い込んでいく方にもおすすめです。

4:キャンプ用おすすめフライパン【エバニューUltra Light パン#18 ECA147】

4番目にご案内しますおすすめのキャンプ用フライパンは、エバニューというアウトドアブランドから販売されていますUltra Light パン#18 ECA147というキャンプ料理にもおすすめのフライパンです。このキャンプ用フライパンは、軽量なアルミ素材にチタンプラズマ加工が施されているフライパンです。

このキャンプ用フライパンの特徴

エバニューというアウトドアブランドから販売されていますUltra Light パン#18 ECA147というキャンプ用フライパンは、同社の既存製品よりも4割以上もの軽量化に成功した重さわずか152グラムの超軽量モデルです。

このフライパンは5センチもの深さがあり、容量も1.2リットル入りますので、フライパンとしてはもちろんのこと、鍋としても利用できるのも嬉しいポイントです。

チタンプラズマ加工が施されているフライパンの内側は、焦げ付くのを防ぎますし、ハニカム状の加工が施されているフライパンの底は、優れた熱伝導率を発揮しますので、焚き火の小さな炎でも効率的に料理ができます。

ワンポイントアドバイス

エバニューというアウトドアブランドから販売されていますUltra Light パン#18 ECA147というキャンプ用フライパンは、持ち手が取り外し式となっていますので、収納時もコンパクトになり、しかも軽量ですので、ソロキャンパーなどの方にもおすすめです。

また、アルミ素材にチタンプラズマ加工が施されているフライパンですので、焦げ付きづらく、料理後のお手入れも簡単ですので、キャンプ料理が初心者である方にもおすすめです。

5:キャンプ用おすすめフライパン【ユニフレーム ちびパン 2×2 666401】

5番目にご案内しますおすすめのキャンプ用フライパンは、ユニフレームというアウトドアブランドから販売されていますちびパン 2×2 666401というキャンプ料理にもおすすめのフライパンです。このキャンプ用フライパンは、熱伝導率が優れている黒皮鉄板を素材に使用しているミニサイズのふた付フライパンです。

このキャンプ用フライパンの特徴

ユニフレームというアウトドアブランドから販売されていますちびパン 2×2 666401というキャンプ用フライパンは、ちょっとした小皿料理を作るのにおすすめのフライパンで、料理をした後に、そのまま器として使用できることも想定されて作られている便利なフライパンです。

2つセットとなっているフライパンですので、異なるメニューを同時に作ることもできますので、ソロキャンパーにもおすすめです。また、蓋が付いてますので、蓋をしますと冷めづらくなるのも嬉しいポイントです。

ワンポイントアドバイス

ユニフレームというアウトドアブランドから販売されていますちびパン 2×2 666401というキャンプ用フライパンは、熱伝導率が優れている黒皮鉄板を素材に使用していますので、鉄のフライパンと同じメンテナンスが必要となります。このフライパンを最初に使う際には、シーズニングを行う必要があります。

また、しまう前にフライパンの表面に油を塗りシーズニングを行っておくことで、錆を抑制することができます。

6:キャンプ用おすすめフライパン【エバニューチタンフライパン18 セラミック ECA442】

6番目にご案内しますおすすめのキャンプ用フライパンは、エバニューというアウトドアブランドから販売されていますチタンフライパン18 セラミック ECA442というキャンプ料理にもおすすめのフライパンです。このキャンプ用フライパンは、軽量で丈夫なチタン素材を使用しているフライパンです。

このキャンプ用フライパンの特徴

エバニューというアウトドアブランドから販売されていますチタンフライパン18 セラミック ECA442というキャンプ用フライパンは、持ち手の部分がシリコンのチューブで保護されていますので、フライパンを熱しても持ち手の部分が熱くなりづらいのも嬉しいポイントです。

また、持ち手部分は、コンパクトに折りたたむことができるようになっていますので、持ち運びにも便利です。さらにフライパンの内側は、セラミック樹脂加工がされていますので、耐久性や耐熱性の向上も実現しています。

ワンポイントアドバイス

エバニューというアウトドアブランドから販売されていますチタンフライパン18 セラミック ECA442というキャンプ用フライパンは、軽量で丈夫なチタン素材を使用していますので、重さは、わずか138グラムとなっています。可能な限り荷物を軽量化したい登山家やソロキャンパーなどにもおすすめのフライパンです。

7:キャンプ用おすすめフライパン【ホットサンドメーカー はさもっか】

7番目にご案内しますおすすめのキャンプ用フライパンは、i-wanoというブランドから販売されていますホットサンドメーカー はさもっかというキャンプ料理にもおすすめのフライパンです。ホットサンドメーカーとして売られていますが、Amazonのアウトドア用フライパンの人気ランキングで上位にランクされているアウトドアにも人気がある商品です。

このキャンプ用フライパンの特徴

i-wanoというブランドから販売されていますホットサンドメーカー はさもっかというキャンプ用フライパンは、上下のフライパンがつながっている部分を外しますと2枚のフライパンに大変身する優れものです。

また、フライパン部分はフッ素加工されていますので、焦げ付きづらく、お手入れも簡単です。さらに、ガスや焚き火などでの料理はもちろんのこと、IH機器でも利用可能ですので、キャンプで利用しない時には、自宅でも利用できます。

ワンポイントアドバイス

i-wanoというブランドから販売されていますホットサンドメーカー はさもっかというキャンプ用フライパンは、重さが661グラムもありますので、キャンプ地などまで車で移動する方にはおすすめです。

しかし、ホットサンドというおしゃれメニューもキャンプで味わえたり、2種類のちょっとした料理を1度に作れたりと便利ですので、重さにこだわらない方には便利でおすすめです。

8:キャンプ用おすすめフライパン【スノーピークチタン トレック 1400 SCS-009T 】

8番目にご案内しますおすすめのキャンプ用フライパンは、スノーピークというアウトドアブランドから販売されていますチタン トレック 1400 SCS-009Tというキャンプ料理にもおすすめのフライパンです。この製品には、チタン製のフライパンと深さのあるクッカーに加えて、収納袋も付いています。

このキャンプ用フライパンの特徴

スノーピークというアウトドアブランドから販売されていますチタン トレック 1400 SCS-009Tというキャンプ用フライパンは、収納時には、フライパンが深さのあるクッカーの蓋となり、フライパンの持ち手やクッカーの持ち手も折りたためてコンパクトになりますので、持ち運びにも便利で非常に機能的です。

また、この深さのあるクッカーの中に同ブランドの燃料缶を収納することもできるようになっています。

ワンポイントアドバイス

スノーピークというアウトドアブランドから販売されていますチタン トレック 1400 SCS-009Tというキャンプ用フライパンは、フライパンと深さのあるクッカーを全て合わせても、重さがわずか210グラムと軽量でコンパクトで機能的ですので、登山をする方やソロキャンパーにもおすすめです。

9:キャンプ用おすすめフライパン【LODGEロジック10 1/4インチスキレット フライパン L8SK3】

9番目にご案内しますおすすめのキャンプ用フライパンは、LODGEというアウトドアブランドから販売されていますロジック10 1/4インチスキレット フライパン L8SK3というキャンプ料理にもおすすめのフライパンです。このキャンプ用フライパンは、優れた熱伝導率や蓄熱性を発揮する鋳鉄製のスキレットです。

このキャンプ用フライパンの特徴

LODGEというアウトドアブランドから販売されていますロジック10 1/4インチスキレット フライパン L8SK3というキャンプ用フライパンは、鉄製のフライパンに必要なシーズニングが既に済まされていますので、面倒なフライパンの慣らし作業を行う必要もありません。

様々な多彩な調理方法にも使用できる万能なフライパンですが、特にお肉料理を焼くのにもおすすめです。

ワンポイントアドバイス

LODGEというアウトドアブランドから販売されていますロジック10 1/4インチスキレット フライパン L8SK3というキャンプ用フライパンは、鉄素材であることから重さが2.6キロ ほどもありますので、車でキャンプ地などまで移動する方や、グランピングなどで本格的なキャンプ料理を行う方などに特におすすめです。

10:キャンプ用おすすめフライパン【キャプテンスタッグキャンプ バーベキュー用 フライパン 3層鋼】

10番目にご案内しますおすすめのキャンプ用フライパンは、キャプテンスタッグというアウトドアブランドから販売されていますキャンプ バーベキュー用 フライパン 3層鋼というキャンプ料理にもおすすめのフライパンです。このキャンプ用フライパンは、軟鉄がステンレス素材でサンドされている3層鋼のフライパンです。

このキャンプ用フライパンの特徴

キャプテンスタッグというアウトドアブランドから販売されていますキャンプ バーベキュー用 フライパン 3層鋼というキャンプ用フライパンは、3層鋼の構造により、優れた熱伝導率と耐久性を発揮します。

火の力が強力なガスバーナーの炎や焚き火の炎等にもしっかり耐えることができますので安心です。持ち手部分は取り外しもできますので、収納時にはコンパクトにもなります。

ワンポイントアドバイス

キャプテンスタッグというアウトドアブランドから販売されていますキャンプ バーベキュー用 フライパン 3層鋼というキャンプ用フライパンは、鉄のフライパンのような優れた耐久性と熱伝導率を持ちながらも、ステンレス製で錆びづらいので鉄製のフライパンよりもメンテナンスが楽です。

また、重さも380グラムほどで一般的な鉄製のフライパンよりも軽いのも嬉しいポイントです。

11:キャンプ用おすすめフライパン【Bush Craft焚き火フライパン 10-03-orig-0002】

最後にご案内しますおすすめのキャンプ用フライパンは、Bush Craftというアウトドアブランドから販売されています焚き火フライパン 10-03-orig-0002というキャンプ料理にもおすすめのフライパンです。

このキャンプ用フライパンは、商品名でも示されていますように焚き火の炎を利用したキャンプ料理を想定して作られているユニークな鉄素材のフライパンです。

このキャンプ用フライパンの特徴

Bush Craftというアウトドアブランドから販売されています焚き火フライパン 10-03-orig-0002というキャンプ用フライパンは、最初からあえて持ち点の部分がついておらず、現地で拾った木などを持ち手として差し込めるようなデザインになっています。

また、持ち手に現地で拾った木の長い棒などを使用することで、焚き火の炎から距離が取りやすくなるため、火力調整もしやすくなりますので安全な調理をすることができます。

ワンポイントアドバイス

Bush Craftというアウトドアブランドから販売されています焚き火フライパン 10-03-orig-0002というキャンプ用フライパンは、鉄製ですので重さが505グラムありますが、一般的な鉄製のフライパンとは異なり、持ち手部分がありませんので、コンパクトには収納できます。

鉄製のフライパンを探している方は、このユニークなフライパンも検討してみると良いでしょう。

料理する場合に必要なキャンプ用のフライパンを買おう!

おすすめのキャンプ用フライパン11選のご紹介はいかがでしたか。特に火加減が難しいるアウトドアでの料理には、様々な特殊機能も兼ね備えているキャンプ用フライパンが欠かせません。アルミ素材や鉄素材のフライパン、焚き火フライパン等、色々とありますので、自分の調理スタイルにあったお気に入りのキャンプ用フライパンをぜひ見つけて下さい。

関連記事

関連するキーワード

1708.thumb
この記事のライター
TabiNeco
旅と猫が大好きです。

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ