柳川氷室は鹿児島で美味しいと話題のかき氷屋!おすすめメニューや人気の理由は?

2019年6月10日 (2019年6月11日最終更新)

鹿児島で地元の方からも愛されている「柳川氷室」(やながわひょうしつ)では、鹿児島で名水として知られている、大重谷水源の水を使用して作られたふわふわのかき氷が大人気です。今回はそんな「柳川氷室」の美味しいかき氷の秘密をご紹介いたします。

目次

  1. 柳川氷室とは?
  2. 柳川氷室の特徴や魅力・人気の理由
  3. 柳川氷室おすすめ人気メニュー3選とお値段
  4. 柳川氷室の食レポ
  5. かき氷にはミルクは必要不可欠!
  6. 柳川氷室の基本情報
  7. 美味しいかき氷を食べに鹿児島へ旅行しては?柳川氷室に行きたい!

柳川氷室とは?

鹿児島にある人気の「柳川氷室」は、ふわふわの美味しいかき氷が人気です。かき氷を販売する時期ともなると、多くの人たちが行列を作って美味しいかき氷を求めにやってきます。そんな美味しいかき氷を食べることができる「柳川氷室」は、オシャレなカフェでも、スイーツ店でもありません。では「柳川氷室」は一体どんなお店なのかご紹介していきます。

鹿児島県鹿児島市堀江町にあるかき氷店

今回ご紹介するかき氷が人気の「柳川氷室」は、鹿児島県鹿児島市堀江町にあります。かき氷店とはいっても、専門はかき氷ではありません。

飲食店などに氷を卸す「氷屋さん」なのです。その氷のプロが一から作るかき氷が多くの人のハートを射止めているのです。

鹿児島県民が毎年心待ちにする「柳川氷室」は、南九州で随一の繁華街と言われる「天文館」からほど近い場所にあり、観光がてらに立ち寄る観光客も多く見受けられます。

鹿児島県民は、行列が嫌いと言われているそうですが、その鹿児島県民たちが「どうしても食べたい」と、行列に並んでまで「柳川氷室」のかき氷を買いに来るのです。地元の人に愛されているということは、間違いのない美味しさ、といっても過言ではないでしょう。

柳川氷室の最寄り駅:いづろ通駅

鹿児島で人気のかき氷が食べられる「柳川氷室」は、いづろ通駅という駅が近くにあるので、電車で訪れる際には、こちらの駅を利用するのがおすすめです。

こちらの「いづろ通駅」からは、おおよそ200mくらいの場所にありますので、電車を降りて「ドルフィンポート方面」に歩いていくと見つけることが出来ます。

読み方:やながわひょうしつ

今回ご紹介している、鹿児島県で人気のかき氷屋さん「柳川氷室」ですが、読み方は「やながわひょうしつ」と読むのだそうです。

改めて言われてみれば特に難しい読み方ではありませんが、「柳川氷室」という文字を見ただけだと、「やながわひょうしつで合ってるのかな?」と心配になる方もいるかもしれません。

3a6936b7鹿児島天文館の居酒屋ランキング21!おすすめの安いお店や個室! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
鹿児島の天文館アーケード通りのお安い居酒屋、または個室ダイニングのおすすめをランキングで紹介...

柳川氷室の特徴や魅力・人気の理由

では続いて、「柳川氷室」がなぜ人気なのか、何がそんなに魅力的なのかなど気になる特徴をご紹介いたします。

氷のプロが作ったかき氷ならではの魅力、美味しさは、どこでも味わえるものではありません。では、鹿児島の地元民も心待ちにしている「柳川氷室」のかき氷について、ご覧ください!

大重谷水源の水で作られる透明な氷を使ったフワフワのかき氷

鹿児島で人気の「柳川氷室」のかき氷は、大重谷水源の天然水が使用されています。その美しい天然水を6日間もかけてゆっくりと氷にすることで、この上ない透明度の美しい氷が完成するのだそうです。

その、透けて向こうが見えるほどに透明で美しい氷を削って作られるかき氷は、まさに絶品と言えるでしょう。

そんな「柳川氷室」で販売されるかき氷は、普通の氷では味わうことが出来ない、ふわふわとした食感と、どんなにかき込んでも頭がキーンと痛くならない不思議なかき氷です。

ゴールデンウイーク時期から11月初旬頃まで限定販売

かき氷が美味しい季節といえば、やはり暑い時期と言えます。そのため、日本が暑くなるゴールデンウィークの季節から販売が開始されて、通年11月初旬までは販売が続けられるのだそうです。

一年の内、約半年間の期間限定発売の「柳川氷室」のかき氷は、やはり暑い時期が人気のピークでもあります。しかし、冬も目の前に差しかかる11月でも多くの人が訪れる、魅力の詰まった人気のメニューなのです。

テイクアウト専門

鹿児島で人気の「柳川氷室」のかき氷は、テイクアウト専門のメニューです。何しろ「柳川氷室」はカフェではありませんから、店内にイートインスペースがあるわけではないのです。

そのため、基本的に店頭で販売されているかき氷を購入したら、持って帰って食べるというシステムになっています。

イートインスペースとして店の前にイスやベンチが用意されている

しかし、かき氷は氷で出来ていますし、暑い日に食べるとなると、非常に溶けやすいので遠くまで持ち帰って食べるのは至難の技です。

美味しいかき氷をその場で食べたい!という方のために、店頭にベンチや椅子が設置されています。もしもその場で食べていきたいという方は、ぜひそのベンチなどを利用して美味しいかき氷を堪能するのがおすすめです。

ピーク時は行列ができる

鹿児島の「柳川氷室」は人気店ですので、行列が出来るというのは予想がつきます。しかし、最も忙しい季節のピーク時には店頭に40〜50人の人が行列を作るというのです。

もちろん毎日毎時間ではありませんが、暑い季節の土日ともなると、その風景は地元の方にとっては「風物詩」とも言える光景なのだそうです。

暑くなって「柳川氷室」の店頭に多くの人が行列を作ることで、「夏がきたな」と感じる方も多いかもしれません。

Dsc 2645鹿児島の名物ランキングTOP21!お土産にもベストな食べ物や料理! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
鹿児島と聞くと黒豚やさつま揚げなどの名物グルメをたくさん思いつきますね。実は鹿児島は食の宝庫...

柳川氷室おすすめ人気メニュー3選とお値段

では続いて、「柳川氷室」で人気でおすすめのかき氷メニューを値段と一緒にご紹介いたしましょう。

氷のプロが、「天然水を使用して6日間もかけて凍らせた氷を使用するかき氷」と聞くと、値段も高いのではないか、と感じる方も多いでしょう。

しかし、メニュー表に書かれている値段を見ると、全くそんなことはありません。どこにでも売っているかき氷の値段となんら変わらない安い値段が書かれています。

多くの人を魅了する美味しいお手頃な値段のかき氷が「柳川氷室」には、約30種類ものメニューが揃っています。その中でも特に人気でおすすめなメニューを下記でご紹介いたしましょう。

1:ベリーしろくま

アイスクリームなどの氷系スイーツが好きな方はご存知の方も多い、かき氷の白くまアイスですが、こちらは鹿児島県鹿児島市発祥のスイーツです。

そんな鹿児島発祥の白くまかき氷を、「柳川氷室」かき氷バージョンで食べてみたい方におすすめなのがこちらの「ベリーしろくま」です。

ふわふわの美味しい氷の中には、キンキンに凍らせたベリーがふんだんに入っています。ふわふわの氷にたっぷりの甘いミルク、そして甘酸っぱいフローズンベリーの組み合わせは、申し分ない美味しさです。

そしてこちらの気になるお値段をご紹介いたします。ベリーしろくまのお値段は、550円と非常にお手頃な値段設定となっています。本場の白くまかき氷を、「柳川氷室」で試して見るのがおすすめです!

2:プレミアムマンゴー

続いてのおすすめメニューは「プレミアムマンゴー」です。かき氷のフレーバーで人気のトップ3には入るのではないか、というマンゴーは、夏にもってこいのおすすめフレーバーです。

しかもこちらのプレミアムマンゴーは、「プレミアム」と言うだけあって、濃厚なマンゴーの甘みを堪能することが出来ます。

こちらのプレミアムマンゴーのお値段は550円で、こちらもとてもお手頃な値段設定になっていておすすめです。マンゴー好きにはたまらない美味しさを味わうことが出来るでしょう。

3:「梅の初恋」ミルクかけ

そして最後は、ネーミングセンスにも惹かれてしまうメニュー「梅の初恋ミルクがけ」です。こちらはノンアルコールですが、南高梅のシロップが使用されていて、独特の風味を味わうことが出来ます。

甘いものが得意ではなく、梅の風味だけでさっぱりと食べたいと言う方はミルクなしで食べるのも夏にぴったりの美味しさです。しかし、ミルクをかけた方が美味しいと言う方が多いので、ミルクがけの方が甘みが増しておすすめです。

梅には夏バテに効く成分もふんだんに入っていますし、「ちょっと暑くて疲れてしまったな」と言う時にもおすすめのメニューと言えるでしょう。こちらのお値段は、ミルクがけが550円で、ミルクなしのメニューの値段が500円となっています。

240?1494656180鹿児島のしろくまアイスはどこがおすすめ?本店『むじゃき』のかき氷が有名! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
鹿児島の白くまは、大きなかき氷にフルーツがたっぷりのったスイーツです。最近では白くまのように...

柳川氷室の食レポ

では、続いては、実際に「柳川氷室」へ足を運んで美味しいかき氷メニューを楽しんだり、お店の様子を目の当たりにした方達の食レポをご紹介いたしましょう。

鹿児島は観光スポットとしても人気の場所ではありますが、九州の一番下と言うこともあって、かき氷を気軽に食べにいける場所では無いと言う方の方が多いでしょう。

そんな方達にも、イメージがしやすいように食レポをご紹介いたします。食べてみたい!と感じたら、ぜひ今後の観光スポット候補に加えてみてください。

外観の特徴や店内の様子

美味しいかき氷で人気の「柳川氷室」は、昔ながらの氷屋さんといった外観をしています。大きく「氷」と書かれた看板が目を引くのでお店の場所はすぐにわかるでしょう。

氷屋さんの店頭に、ちょっとしたかき氷販売スペースがあり、かき氷を注文するとその場でかき氷を作って提供してくれます。

氷のプロが作るかき氷は、非常に手際も良く、大きな塊だった氷があっという間に美味しいかき氷に変身します。その様子をみているだけでも楽しいと言う人も少なくありません。食べる以外にも楽しみがあるのは飽きないですし、観光の思い出にも色を添えてくれるでしょう。

くろず(福山の黒酢)

では、続いてかき氷の食レポをご紹介いたします。まずは福山の黒酢を使用したかき氷「くろず」のご紹介です。

そもそもかき氷で黒酢を使用すると言うのも珍しいメニューでしょう。黒酢とかき氷はいったいどんな味になるのか気になるところです。

ふわふわのかき氷にたっぷりとかけられた黒酢、そしてミルクの相性が意外にもぴったりとマッチしていて、不思議と美味しくて、少し面白いもの好きな方にもおすすめのメニューです。かき氷が溶けて液体になってくると今度はまるで黒酢ドリンクを飲んでいるような気分になれます。

ベリーしろくま

鹿児島県で人気の「柳川氷室」で、やはり外せないメニューといえば、ご当地かき氷である「ベリーしろくま」でしょう。

こちらはまず何と言っても、その真っ白なふわふわのかき氷に乗せられたブルーベリーが、可愛いしろくまの顔を見立てていると言うのがポイントです。

つぶらな瞳でしろくまに見つめられながら食べるかき氷は、崩してしまうのがかわいそうになってしまうかもしれませんが、そう感じるのは一瞬だけですので、美味しいふわふわのかき氷を楽しめるうちに急いで食べてしまうのがおすすめです。

ベリーしろくまのかき氷は、ミルクの甘みをたっぷりと感じることが出来ます。そしてそのミルクの甘みとベリーの酸味がマッチして、極上の美味しさを感じられます。

かき氷にはミルクは必要不可欠!

もちろん人それぞれ趣味も好みも違いますから、一概には言えませんが、「柳川氷室」のかき氷には、ミルクをたっぷりとかけるのが最も美味しい食べ方と言えるでしょう。

むしろ、ミルクしかかけないという方も多いのだそうです。ふわふわのかき氷に美味しいミルクをたっぷりかけて、甘いかき氷をぜひ堪能してみてください。

柳川氷室の基本情報

では続いて「柳川氷室」の基本的な情報をご紹介いたしましょう。「柳川氷室」の営業時間や駐車場の有無、アクセス方法など気になることが沢山あるはずです。

電車で行く場合は駐車場の有無は気にならないかもしれませんが、レンタカーなどを借りて観光を楽しもうと考えている方は、駐車場情報はチェックしておくと何かと便利でしょう。

最寄り駅からのアクセス

ではまず、駐車場の必要がない電車やバスでのアクセス方法をご紹介いたします。まず電車でのアクセスですが、鹿児島市電1系統を利用した場合は、いづろ通駅で下車して徒歩4分でアクセス可能です。

次に、鹿児島市電1系統を使用して、朝日通駅で下車した場合は、徒歩5分、そして鹿児島市電1系統で天文館通駅で下車すると、徒歩7分でアクセス可能です。

続いては、バスでのアクセス方法をご紹介いたします。まずは、いわさきバスネットワークを利用して、鹿児島駅から千年団地・花野団地行きに乗車した場合、泉町で下車して徒歩3分でアクセス可能です。そして、いわさきバスネットワークドルフィン150を利用した場合、いづろで下車して徒歩3分、また、金生町下車だと徒歩4分でアクセス可能です。

電話番号・営業時間&定休日

続いてお店の電話番号、営業時間、そして定休日のご紹介です。まずは電話番号ですが、「柳川氷室」の電話番号は「099-222-4609」となっています。

特に予約などが出来るわけではないのですが、遠方から訪れる際に問い合わせなどをしたい場合があるかもしれませんから、チェックしておくのも良いでしょう。

続いては営業時間ですが、こちらは11:00~18:00となっています。特に休憩時間などもありませんので、都合の良い時間帯で訪れることが可能です。

最後に定休日ですが、「柳川氷室」には定休日がありません。基本的に不定休となっていますので、もしも事前に休みかどうかを確認したい場合は、電話などで確認するのがおすすめです。

駐車場情報

では、最後に車でアクセスを考えている方に必要な情報「駐車場」のご紹介です。結論から言ってしまうと、「柳川氷室」には車を停める専用の駐車場はありません。

車でのアクセスを考えていた方には、駐車場がないのは残念かもしれませんが、近隣にはコインパーキングなどが点在していますから、そう言った駐車場を利用して「柳川氷室」へ足を運ぶのがいいでしょう。

幸い、「柳川氷室」は駅から近い場所にありますので、駅周辺で駐車場を探せば「駐車場が全く見つからない」ということはないでしょう。専用の駐車場ではありませんが、自分で停めやすい駐車場を見つけてそこから徒歩で向かうといいでしょう。

住所 鹿児島県鹿児島市堀江町19-6

美味しいかき氷を食べに鹿児島へ旅行しては?柳川氷室に行きたい!

美味しいかき氷は、夏の間何度でも食べたくなる魅惑のスイーツです。しかも天然水で作られたかき氷は、頭もキーンと痛くなることもないので、勢いよく食べることが出来るのもおすすめのポイントです。ふわふわで口どけの良い美味しいかき氷をぜひ味わってみてください。かき氷をメインに、鹿児島観光旅行を計画するのもいいのではないでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
小鉄

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

鹿児島・桜島の新着のまとめ