スペインのコンセント・プラグの形状タイプ・電圧をチェック!変圧器は必要?

2019年6月11日 (2019年6月12日最終更新)

スペインは見るものも食べるものも多く、世界中から観光客が集まる魅力的な観光国です。楽しい観光の際に忘れがちなのがコンセントの問題です。スペインで使われているコンセントは日本とはタイプが違うため、プラグの形状によるタイプの違いや電圧に気をつける必要があります。

目次

  1. スペイン観光の前に知りたいコンセント状況!
  2. スペイン観光で忘れてはいけないのがコンセントの問題
  3. スペインのコンセントを使うときに気をつけるのは2箇所
  4. 変換プラグとアダプターの違いは?
  5. スペインのコンセントで使われているのはCタイプとFタイプ
  6. プラグの形状を合わせないとどうなる?
  7. スペインのコンセントに使える変換プラグはネットでも買える
  8. スペインのコンセントを使うときは電圧にも気をつけて
  9. スペインのコンセントの電圧と日本の電圧の違い
  10. スペインのコンセントを使う場合は変圧器を使う必要がある
  11. スマホやPCの電圧はスペインのコンセントと合っているか確認
  12. 外国で買った電化製品は日本で使える?
  13. スペインのコンセントに使うとき電圧にも気を配るべき電化製品
  14. ホテルで変換プラグや変圧器の貸し出しはない
  15. スペインのコンセントに使う変圧器は結局必要?
  16. スペインのコンセントのプラグ形状と電圧に気をつけよう!

スペイン観光の前に知りたいコンセント状況!

情熱の国スペインには見るべき観光名所が多くあります。アルハンブラ宮殿やサグラダファミリアなどヨーロッパらしい文化を反映させた建物は私たち日本人の目には特に新鮮に映ります。

スペイン料理もまたスペインに観光する人にとっては見過ごせないコンテンツです。エビのアヒージョやボカディージョなど、スペイン料理の本場の味を楽しめるのも観光の魅力です。

楽しい観光も、コンセントの違いという些細な問題にイライラしてしまってはもったいないです。ここではスペインにおけるコンセントのタイプやプラグの形状、日本との電圧の違いやスマホは充電できるのかなどをまとめました。

Originalスペインとの時差とサマータイムをチェック!冬時間になるのはいつから? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ヨーロッパの中でも人気の高いスペインは特に有名なのがサグラダファミリアです。素晴らしい建造物...

スペイン観光で忘れてはいけないのがコンセントの問題

スペインのみならず、海外ではコンセントのプラグの形状や対応している電圧の違いで日本で買った電化製品が使えないということがよくあります。コンセントの問題は人に言われたり、ネットの海外旅行談を見なければ気付くことすらない、思いがけない問題と言えます。

普段使っている電化製品は海外でも使用頻度の高いものです。中でもパソコンやスマホなどは、勝手の知らない海外だからこそいつも以上に役立つものでもあります。

「スペインのコンセントには日本の電化製品はそのままだと使えない」と言われるとなんとなく納得できます。しかし実際はどんな理由でコンセントが使えず、何を変更すれば日本の電化製品が使えるようになるのでしょうか。

スペインのコンセントを使うときに気をつけるのは2箇所

スペインのコンセントに、日本の電化製品を使いたい場合は注意するべきことが二つあります。どちらか片方が大丈夫でももう片方が適合していない場合、充電できなかったりショートしてしまうこともありえます。

「海外は今まで行ったことがあるから大丈夫」と思う人もいるでしょうが、コンセントはアジアやオセアニアヨーロッパなどでそれぞれ規格が違うため、他の外国では大丈夫でもスペインでは駄目だということもあります。

コンセントのタイプ

スペインのコンセントを使う際に気をつけるべき一つ目のポイントはコンセントのタイプです。世界の全てのコンセントのタイプは大きく分けて8種類、あるいは12種類に分けられます。

もちろん全てのコンセントのタイプを覚える必要がありません。ここで大切なのは「日本の家電製品はAタイプ」ということと、「スペインで使われているコンセントはCタイプとFタイプ」であるということです。

コンセントのタイプが一致していればプラグの形状が一致していることになります。台湾やアメリカなど他の外国でも日本と同じAタイプが使用可能なのはこういった理由によるものです。

電圧の違い

スペインのコンセントを使う際に気をつけるべき二つ目のポイントは電圧の違いです。どちらかと言うとコンセントのタイプよりもこちらの電圧の方が大きな問題になりやすいです。

プラグの形状が合わない時は一目で分かりますが、電圧の違いは事前にチェックしないと充電や使用ができないばかりかショートしてその時点で使えなくなってしまうことがあるからです。

日本の家電製品を使う際は、コンセントのタイプと電圧の違い、この二つに注意して利用することが大切です。両方を満たしていれば「日本の家電製品だからそもそも使えない」というようなことはありません。

変換プラグとアダプターの違いは?

外国のコンセントの問題を扱う時に必ず出てくるのが「変換プラグ」や「アダプター」といった単語です。日本の家電製品で使われているのがAタイプでスペインのコンセントはCタイプあるいはFタイプということでした。

このコンセントの差込口の形状に合うようにAタイプからCあるいはFタイプに変換してくれるものが変換プラグです。こちらは名前の通りなのでわかりやすいです。

一方のアダプターも実は全く同じ物をさしています。つまりアダプターというのはあくまでもプラグの形状に関わるものであって、「アダプターがあるから海外でも必ず使える」というわけではありません。

スペインのコンセントで使われているのはCタイプとFタイプ

次にスペインのコンセントに使われているプラグの形状をもう少し細かく見ていきましょう。変換プラグを購入したい場合は日本で使われているAタイプを差込口に挿入し、スペインで使われている形状にアウトプットされればOKです。

スペインで使われているコンセントの形状はCとFということでしたが、実はこれらにも少し違いがあります。どっちを使えばいいのかわからないという人は以下の点を参照してください。

スペインのコンセントのCタイプは丸形の差し込み口が2つある形状

スペインのコンセントのうち、Cタイプは丸型の差込口が二つある形状をしています。日本のコンセントは長細い長方形の形をしているのに比べ、スペインで使われているコンセントは丸いのが特徴的です。

比べてみると日本の電化製品に使われているAタイプのコンセントは長すぎてスペインのCタイプにはそもそも入らないことが分かるでしょう。Cタイプのコンセントはスペインでは古くからあり旧型と言われています。

ヨーロッパのほとんどの国で使われているのがこちらのCタイプのプラグです。ユーロプラグと呼ばれることもあり、日本からの変換プラグを持っていればスペインだけでなく他のヨーロッパ諸国でも使用可能です。

スペインのコンセントのFタイプはCタイプにアースがついた形状

スペインのコンセントで使われているプラグの形状、二つ目はFタイプです。FタイプはCタイプのコンセントにアース極がついた形状をしています。このアース極は上下についており、Cタイプより後に出てきました。

Cタイプがユーロプラグと呼ばれていたのに対し、こちらのFタイプは「シュコー」と呼ばれています。現在ではスペインで使われているコンセントの多くがこちらのシュコーとなっています。

Cタイプとは互換性があるため、Cタイプの物をFタイプのコンセントに挿してもショートなどの問題はありません。コンセントのプラグの形状を一つとっても、日本と外国では大きく違うことがわかります。

プラグの形状を合わせないとどうなる?

コンセントに使われているプラグの形状が違う場合、どのようなトラブルが起こるのでしょうか。まず簡単に想像できるのは「かたちが違うためそもそも入らない」ということです。この場合は物理的に使えないことが分かりやすく、それ以上のトラブルはないでしょう。

次にアメリカなどによくある「コンセントのタイプは違うけど、日本のプラグの方が小さいから入るには入る」という場合です。一見危険なように見えますが実は問題なく使うことができます。

「変換プラグ」や「アダプター」という単語を聞くと電気周りも何か変更しているのかなと考えてしまいがちですが、実はそんなことはありません。差込口の形状が違うだけであり、電圧が一致していればスマホの充電や電化製品の使用は問題なくできます。

スペインのコンセントに使える変換プラグはネットでも買える

スペイン旅行に欠かせない変換プラグですが、どこで購入することができるのでしょうか。日常生活ではあまり見ることがないため、入手するのは難しそうに見えますがインターネットの通販サイトで簡単に購入することができます。

実際に物を見て買いたいという人は100円ショップなどにもおいている可能性が高いため、一度立ち寄ってみることをお勧めします。100円ショップに置いてあることからもわかる通り、値段は安いものであればせいぜい数百円といったところです。

200カ国以上のすべての国々に対応しているマルチプラグというものも販売されています。こちらはUSBなどにも対応しており、どの国に旅行する際も使うことができますが値段は2000円以上と少し値が張ります。

スペインのコンセントを使うときは電圧にも気をつけて

スペインのコンセントを使う場合はプラグの形状に加えて、電圧を気にする必要があります。家電製品を使う際はコンセントに挿して使うため必ず電圧が生じます。

この電圧が家電製品とコンセントで違うと充電などができないばかりかショートして使えなくなってしまいます。家電製品そのものが駄目になってしまうという点ではプラグの形状よりも大切な問題といえるでしょう。

スペインのコンセントの電圧と日本の電圧の違い

具体的に日本の家電製品で使われている電圧とスペインの電圧はどう違うのでしょうか。日本で使われている製品は多くが100Vとなっています。一方で多くの海外では110Vから130V、 あるいは220Vから240Vの電圧が採用されています。

スペインの電圧は230Vとなっており、日本の電圧とは全く互換性がありません。そのため変換プラグでコンセントに合うタイプにしたとしても、日本で買った電化製品の中には使えないものも多くあります。

スペインのコンセントを使う場合は変圧器を使う必要がある

日本で買った電化製品とスペインのコンセントの電圧が違う場合、変圧器を使う必要が出てきます。変圧器は安いもので1000円ちょいから購入することができ、こちらもネットの通販サイトを使えばすぐに購入することはできます。

USB対応の変圧器もあり、こちらはやはり2000円を少し超えるくらいの値段となっています。自分の使おうとしている家電が変換プラグだけで良いのか、変圧器も必要なのかしっかりと確認する必要があります。

スマホやPCの電圧はスペインのコンセントと合っているか確認

スペインの観光旅行中にコンセント周りの問題で最も気になるのが、「スマホやパソコンは電圧が日本と違うのではないか」ということです。せっかくプラグを購入しても、変圧器を購入することを忘れてしまうかもしれません。

そもそも変圧器を使うことに抵抗がある人もいるでしょう。「電圧を変えて本当にパソコンへの負担は大丈夫なのか」と考える人もいるようです。しかし意外にも最近のパソコンやスマホは変圧器を使う必要がほとんどありません。

というのも現在購入することのできるパソコンやスマホはほとんどが100Vから240Vまで対応しているためです。これは実質世界中のどこでも変圧器が不要でプラグさえあれば使えるということになります。

外国で買った電化製品は日本で使える?

逆に海外に旅行に行った時に現地でしか買えないような限定ものの電化製品を見つけることがあるかもしれません。スペインで買ったスマホやパソコンなどの電化製品は日本で充電や使用はできるのでしょうか。

こちらも日本に帰った後問題なく使うことができます。100V-240Vまで対応しているのは日本で買ったパソコンやスマホだけでなく、世界中のどこで買っても同じように対応している電圧の範囲が広いです。

電圧の問題はありませんが、プラグの形状はスペインで使われているコンセントの形となっています。そのため変圧器は要りませんが変換プラグは別途で買う必要が出てきます。

スペインのコンセントに使うとき電圧にも気を配るべき電化製品

最も気になるパソコンやスマホなどの充電ができると分かったところで、他の家電製品の電圧についてです。スペインに観光旅行や長期滞在で向かう際に持っていく可能性のある電化製品はドライヤーや電気シェーバーなどでしょう。

普段使いしている電化製品のほとんどは100Vにしか対応していません。そのため日本で購入したドライヤーや電気シェーバーは変圧器を通す必要があります。パソコンやスマホが特別と考えた方が良いでしょう。

ホテルで変換プラグや変圧器の貸し出しはない

変換プラグ変圧器を持っていくことを忘れてしまうと、現地で充電ができなくなってしまいます。しかしスペインの多くのホテルでは変圧器や変換プラグの貸し出しは行なっていません。スマホなど充電の頻度が高い製品では致命傷になってしまいます。

現地に着いた後でコンセントの問題に気づいた場合、アジアンショップや電気街など家電製品のパーツを扱っている店舗に行く必要があります。貴重な観光中の時間を取られてしまうのは避けたいものです。

日本で事前に注文するのと比べて手間がかかってしまうため、どうしても使いたい電化製品がある場合は日本にいるうちに、スペインに着いた後で充電できるようしっかり準備しておきましょう。

Originalスペインで英語が通じる?旅行前の準備と心得!これだけは覚えたい! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
マドリッドやバルセロナなど人気の観光地として多くの人が訪れているスペイン。そんなスペインでは...

スペインのコンセントに使う変圧器は結局必要?

スペインのコンセントに対応する変圧器は結局購入する必要はあるのでしょうか。どういった家電製品を日本から持ち込みたいかにもよりますが、面倒な場合はスマホやパソコン以外の電化製品を持ち込まないのも一つの解決方法です。

ドライヤーなどは荷物に入れるだけでもかさばりますし、変圧器も別途必要となります。ホテルに備え付けのものも多くあるため、まずは変圧器を購入する前に持って行きたい電化製品が現地で借りられないか聞いてみるのが最良の選択肢でしょう。

スペインのコンセントのプラグ形状と電圧に気をつけよう!

スペインのコンセントについてプラグのタイプや電圧の違い、パソコンやスマホが充電できるかどうかについてまとめました。いつも使っている家電が充電、使用できないのはそれだけでストレスがたまるものです。

ましてや情報の乏しい海外では特に必要なツールと言えるでしょう。旅行に行く際はまず何を持っていくかリストアップし、家電製品が対応している電圧をチェックすることを忘れずに行いましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Daisuke.U

スペイン全都市の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

スペイン全都市の新着のまとめ