燻製のおすすめ食材17選!定番から意外なものまで厳選してご紹介!

2019年6月16日 (2019年6月19日最終更新)

燻製は難しそうですが、コツをつかめば家庭で簡単に作ることができます。スパイスや塩味をお好みで調整するのもおすすめです。ここではベーコンや鮭など人気の食材から、豆腐やスナック菓子など変わった食材まで燻製におすすめの食材を紹介しましょう。

目次

  1. 燻製を手作りして旨みを味わおう!
  2. 燻製をする場合にどの食材がいいのかな?
  3. 燻製の種類
  4. 1:燻製のおすすめ食材【トマト】
  5. 2:燻製のおすすめ食材【ベーコン】
  6. 3:燻製のおすすめ食材【ホタテ】
  7. 4:燻製のおすすめ食材【ソーセージ】
  8. 5:燻製のおすすめ食材【かまぼこ】
  9. 6:燻製のおすすめ食材【たまご】
  10. 7:燻製のおすすめ食材【豚バラ肉(ベーコン)】
  11. 8:燻製のおすすめ食材【鮭】
  12. 9:燻製のおすすめ食材【豆腐】
  13. 10:燻製のおすすめ食材【チーズ】
  14. 11:燻製のおすすめ食材【ちくわ】
  15. 12:燻製のおすすめ食材【ミックスナッツ】
  16. 13:燻製のおすすめ食材【タコ】
  17. 14:燻製のおすすめ食材【イカ】
  18. 15:燻製のおすすめ食材【たくあん】
  19. 16:燻製のおすすめ食材【ししゃも】
  20. 17:燻製のおすすめ食材【ポテトチップス】
  21. まだあります!燻製のおすすめの食材
  22. チップを使った燻製料理にチャレンジしよう!

燻製を手作りして旨みを味わおう!

燻製とは食材を木材から出る煙でいぶして香気をつけたもの、あるいはその作り方のことをいいます。もともと燻製は冷蔵庫などがなかった時代に長期保存ができるように考えだされたものですが、現在では保存食というよりは風味付けされた食べ物として親しまれています。

チップと呼ばれる木材には、香りがいいサクラやおが屑、ブナ、ヒッコリーなどが使われます。チップによって香りが異なり、様々な風味の違いが楽しめます。

燻製をする場合にどの食材がいいのかな?

燻製というと難しそうですが、実は家庭でも意外と簡単に作ることができます。また燻製は大きな器具が必要なイメージがありますが、家庭にあるものを利用して作ることができます。

基本をマスターすれば意外とシンプルに作ることができ、生の食材になかった風味や味が楽しめます。家庭で燻製を作って楽しんでみませんか。

食材を選ぶポイント

燻製に使う食材には下準備が必要なものと、下準備がいらずそのまま使うことができる食材があります。ベーコンやハムを作る際には、生肉をまず塩漬けにする必要があります。塩漬けすることによって余分な水分を覗き、食材の旨みを高めることができます。

塩漬けにした食材をそのまま燻製にすると塩分が効きすぎて食べることができないので、塩抜きをしてから燻製にします。手間がかかるため、慣れないと面倒と感じるかもしれません。下処理が必要な食材は、中・上級者向けといえるでしょう。

一方、下処理の必要がなく、思い立ったらすぐに作れる食材があります。チーズやナッツ、たくあん、半熟卵などはその一例で、いろいろな食材を燻製にすることができます。こちらは簡単に作れるので、初心者におすすすめの作り方です。

作り方が簡単で入手しやすいもの

燻製を初めて作る方は、入手しやすい食材から始めるのがおすすめです。簡単に作れる食材としては、チーズやゆで卵などがあげられます。

また、意外なものでは、ちくわやたくあん、豆腐などがあげられます。ポテトチップスの燻製もおすすめです。

定番なものが無難で人気

初めて燻製にチャレンジするときは、定番のものから始めましょう。燻製というと、スモークサーモンやベーコンなどが思い浮かびますが、これらの食材は家庭でも簡単に美味しく作ることができます。

何回か作ってみて、燻製の作り方に慣れて来たら下処理が必要な食材などにチャレンジするといいでしょう。

慣れてきたら意外なものに挑戦するのもあり!

燻製は意外なものから作ることができます。タコやイカなどからも作ることができます。簡単なものから初めて、作り方をマスターしたらいろいろな食材を燻製にして楽しんでみましょう。

工程の家庭でお酒を加えたり、チップの種類を変えたり、お好みのハーブをブレンドしたりと、自分好みの作り方を工夫してみるのもおすすめです。

燻製の種類

燻製は、燻製にする温度によって冷燻、温燻、熱燻の3つに分類されます。家最も一般的なのが温燻で、スモーカーの内部の温度を50~80℃に保つ方法です。

温燻は温度管理が難しいので本格的なスモーカーを使うのがおすすめです。熱燻は家庭でも簡単にできる作り方で、80度以上の高温でスモークします。温度管理が比較的簡単で、中華鍋や土鍋などでも代用することができます。

熱燻で作る燻製は保存性があまり高くないので、燻製を作ったらできるだけ早く食べきるようにしましょう。保存食というよりは、風味や香りを楽しみたい時におすすめの方法です。

1:燻製のおすすめ食材【トマト】

トマトは燻製のビギナーにおすすめで、簡単に作ることができる人気の食材です。野外でも簡単に作れるため、キャンプやバーベキューにもおすすめです。

トマトを燻製にしても、しなしなにならず、見た目は生のトマトとあまり変わりません。しかし、チップの香りがしっかりとトマトに付き、美味しくなります。チップは香りが高いサクラのチップがおすすめです。

ポイントや特徴

トマトの燻製の作り方は、水分を拭き取ったミニトマトをスモーカーにセットし、そのまま10分間いぶします。

ポイントは5分経った時にフタを開け、水分をよく拭き取ることです。こうすることによって、トマトのエグミが残らず、美味しくできあがります。少し冷ましてから食べると、一層美味しさが感じられます。

2:燻製のおすすめ食材【ベーコン】

ベーコンはもともと燻製されているのですが、家庭でさらに燻製することができます。生で食べても美味しい食材ですが、10分間燻製にするだけで劇的に美味しくなります。

市販のベーコンはもともと味が付いているので、特に味付けは必要ありません。お好みでブラックペッパーなどで味付けをしてもいいでしょう。

ポイントや特徴

市販のベーコンの燻製の作り方は簡単です。チップは香りが高いサクラがおすすめです。厚切りのベーコンを用意し、スモーカーにセットし10分間燻製にします。ポイントは3分くらい経ったら一度フタを開け、水気を拭き取ることです。

ベーコンの燻製はビールのつまみにもなる人気の食材です。冷めてしまったら、フライパンで少し温めると、出来上がりの美味しさが楽しめます。

3:燻製のおすすめ食材【ホタテ】

ホタテも燻製におすすめの人気の食材です。ホタテの燻製は下処理が必要なので、初心者には少し難しいかもしれません。手間をかけた分、美味しくできるので、丁寧に仕上げるようにしましょう。

下処理が面倒な方は、干し貝柱を使えばそのまま簡単に燻製にできます。ホタテ以外にもカキやアサリなどの貝類も同じ作り方でできます。

ポイントや特徴

生のホタテは塩漬けにし、一晩寝かせます。次に水気を取り蒸し器に並べ、5分間蒸します。その後、パットに並べ日が当たらない場所で24時間乾燥させます。

乾燥したホタテは1~2時間かけて燻製にします。おすすめのチップはピートで、スモーキーな味わいが楽しめます。

4:燻製のおすすめ食材【ソーセージ】

ソーセージは燻製におすすめの人気の食材です。市販の燻製を使って簡単に燻製にすることができるので、キャンプやバーベキューなどにもおすすめです。

ソーセージはもともと味が付いているので、特に味を付ける必要はありません。上で紹介したベーコンと同じように、スパイスなどで味付けしてもいいでしょう。

ポイントや特徴

ソーセージの燻製の作り方は簡単です。まず、市販のソーセージを冷蔵庫から出して常温にしておきます。鏡面の水気をよく拭き取ったら、スモーカーにチップを入れソーセージを約10分間、燻製にします。サクラのチップを使うといいでしょう。

でき立ての熱々を食べても美味しいのですが、少し時間を置いて落ち着かせてから食べるのがおすすめです。

5:燻製のおすすめ食材【かまぼこ】

意外にもかまぼこも燻製におすすめの食材です。簡単に作ることができ、できあがった燻製かまぼこは、ビールのおつまみにも人気があります。

そのまま食べても美味しいのですが、マヨネーズを付けて食べると一層美味しさを感じます。キャンプなどの際に作って楽しみましょう。

ポイントや特徴

かまぼこの作り方は簡単です。ポイントは、燻製にするときにかまぼこの水分が出るので、しっかりと水気を拭き取ることです。まず燻製にする前にかまぼこを振り、水気が出たところを拭き取ります。スモーカーにチップを入れ、3分経った頃フタを開けて水分を拭き取ります。

水分をしっかりと拭き取らないと、酸っぱいかまぼこの燻製になってしまうので、注意してください。

6:燻製のおすすめ食材【たまご】

卵も燻製におすすめの食材です。最近は「くんたま」という名前で、スーパーやコンビニでも見かける人気商品です。

燻製玉子は、家庭でも簡単に作ることができます。醤油味だけではなく、カレー味、塩麹、麺つゆなど、味のバリエーションが楽しめます。

ポイントや特徴

美味しい燻製玉子を作るポイントは、漬け汁にしっかり漬け込むことです。市販のめんつゆや角煮のもと、キムチ鍋のもとなどでも代用できます。卵は半熟でも固ゆででも大丈夫です。

卵の殻を剥いて1晩漬けこんだら、2時間ほど風乾燥させ、チップを使って10分ほど燻製にします。すぐに食べても美味しいのですが、1日経つとさらに美味しくいただけます。

7:燻製のおすすめ食材【豚バラ肉(ベーコン)】

燻製といえば真っ先にベーコンが思い浮かぶほどですが、ベーコンは家庭で作ることもできます。工程には手間がかかりますが、自分で作るベーコンの味は格別です。

自分で作れば塩加減も調整できます。またスパイスやチップによって味や香りが変わるので、いろいろ試してみるといいでしょう。

ポイントや特徴

ベーコンの燻製は豚ばら肉のブロックから作ります。作り方はまず下味を付け、3日間ほど冷蔵庫で漬け込んだ後、水に浸けて塩抜きをします。

風通しのよいところで乾燥させたら、スモーカーにセットし1時間から1時間ほど燻製します。最後に冷蔵庫で寝かせ、熟成させます。

8:燻製のおすすめ食材【鮭】

鮭の燻製は「スモークサーモン」と言われ、たいへん人気があります。そのまま食べても美味しく、サラダや寿司などいろいろな料理に利用できます。

スモークサーモンは、ベーコンと同じように少し手間がかかる燻製ですが、一度はチャレンジしてみたい食材です。

ポイントや特徴

スモークサーモンは、生食用の新鮮な鮭を使うことです。キングサーモンがおすすめですが、簡単に作るなら刺身用のトラウトサーモンがおすすめです。また、生ものを扱う際には衛生面には十分に気を付けましょう。

作り方は、味付け、塩漬け、塩抜き、風乾燥の後、30度の低温で2時間ほど燻製します。サクラのチップがおすすめですが、手に入ればピートを使うと香ばしさが感じられます。

9:燻製のおすすめ食材【豆腐】

豆腐は意外な食材と思われがちですが、燻製にするとチーズのような食感になり、お酒のお供におすすめです。

豆腐を燻製にすると香ばしさがプラスされ、美味しくなります。作り方が少しむずかしいので初心者向きではありませんが、チャレンジしたい食材です。

ポイントや特徴

豆腐の燻製の作り方のポイントは、しっかり水切りすることです。豆腐の厚さが半分になるまで、冷蔵庫で1晩ほど水切りをします。

その後、自然に表面を乾燥させ、ヒッコリーやサクラなどのチップを使って1時間ほど燻製にします。チーズのようなねっとりとした食感が楽しめます。

10:燻製のおすすめ食材【チーズ】

チーズの燻製は「スモークチーズ」と呼ばれ、人気の食材です。スモークチーズは市販のものも多くありますが、自分で作ると美味しさも格別です。

スパイスやチップを変えたり、いろいろな種類のチーズを使って試してみるのもいいでしょう。チーズの燻製の作り方は簡単です。

ポイントや特徴

チーズの作り方のポイントは、加熱しても溶けないタイプのチーズを使うのがおすすめです。中でも雪印の6Pチーズが燻製に人気があります。スモーカーにチップをセットし、30分間弱火で燻製にします。10分間ごとにフタを開け、水気を拭き取るのを忘れないようにしましょう。

ピートを使うと、濃厚なスモーキーなスモークチーズになります。ビールなどにもよう合う大人の味になります。

11:燻製のおすすめ食材【ちくわ】

ちくわは意外な食材ですが、ちくわの燻製の作り方は簡単です。燻製のちくわは、そのまま食べても美味しく、またマヨネーズや大葉、黒こしょうなどをトッピングしても美味しくいただけます。

いろいろなトッピングを試してみるのもおすすめです。ちくわの他、さつまあげやかまぼこでも同様に作れます。

ポイントや特徴

ちくわの燻製は下処理も味付けも不要で、とても簡単に作ることができます。燻製にする前に風に1時間ほど当てて乾燥させるのがポイントです。

スモーカーにチップをセットし、ちくわを乗せ弱火で約10分燻製にしてできあがりです。少し冷めたら、好きな大きさに切っていただきます。お酒のお供におすすめです。

12:燻製のおすすめ食材【ミックスナッツ】

ミックスナッツも燻製の人気の食材です。ミックスナッツはもともと塩味が付いているので味付けも不要で、簡単に燻製にすることができます。

燻製にすると香ばしさが加わります。また、ナッツの余分な油が取り除かれるのでヘルシーで、さっぱりとした味になります。ミックスナッツは初心者にもおすすめの食材です。

ポイントや特徴

ミックスナッツの燻製の作り方は簡単です。スモーカーにサクラのチップをセットし、市販のミックスナッツを乗せます。ポイントは、ナッツは脂分が多いので、できるだけ弱火にして焦がさないようにすることです。

燻製を始めて2分くらい経ったら上下を返し、さらに8分燻製にして出来上がりです。すぐに食べても美味しいのですが、1時間ほど置いて落ち着かせるといいでしょう。

どんなナッツでお美味しくできますが、脂分が多いマカデミアナッツを加えると、たいへん美味しく出来上がります。

13:燻製のおすすめ食材【タコ】

タコの燻製はコンビニでも売られているほど、人気の食べ物です。タコの燻製というと難しそうですが、比較的簡単に作ることができます。

家庭で作るタコの燻製の味は格別で、スモーキーな味わいが楽しめます。燻製の作り方に慣れたら、ぜひチャレンジして欲しい食材です。

ポイントや特徴

タコは丸ごと購入すると下処理が必要なので、スーパーの刺身コーナーなどに並んでいる茹でダコの切り身がおすすめです。タコに下味を付け漬け込み、1晩経ったら塩抜きをします。

その後、風に当てしっかりと乾燥させるのがポイントです。スモーカーにセットしたら、中火で2時間くらい燻製にします。魚介類の燻製には、生臭さを消すためにチップにピートを加えるのがおすすめです。

出来上がったらそのまま食べても美味しいのですが、冷蔵庫で12時間ほど寝かせると味がしみて美味しくいただけます。

14:燻製のおすすめ食材【イカ】

イカもタコと並んで人気がある食材です。タコと同じように造れますが、塩漬けの時に醤油を加えても美味しくなります。またハーブやスパイスを加えると、洋風の味付けとなり、ワインにもよく合う燻製が出来上がります。いろいろなスパイスを試してみるのもおすすめです。

イカも少し手間がかかりますが、比較的簡単に燻製にすることができます。燻製作りに慣れて来たら、チャレンジしてみましょう。

ポイントや特徴

イカは丸ごと買うと下処理をする必要があるので、刺身用の切り身を使うのがおすすめです。タコと同じように、下味を付け1晩、冷蔵庫で塩漬けにします。1晩経ったら、水に1~2時間浸け塩抜きをします。

風通しのいいところで乾燥させます。この時、しっかりと乾燥させるのがポイントです。スモーカーにスモークウッドをセットし、1~2時間中火で燻製します。チップにピートを加えると、生臭さがなくなるのでおすすめです。

出来上がったら、そのまま食べてもいいのですが、冷蔵後で1晩落ち着かせるとさらに美味しくいただけます。

15:燻製のおすすめ食材【たくあん】

たくあんの燻製とは珍しいと思われていますが、実は秋田の名産品「いぶりがっこ」はたくあんを燻製にしたものです。

たくあんを燻製にすると香ばしさが増し、お酒のつまみにも人気があります。市販のたくあんを使って、簡単に作ることができます。

ポイントや特徴

たくあんの燻製の作り方はとても簡単です。たくあんには味が付いているので、下味を付ける必要はありません。まず市販のたくあんをペーパータオルの上などに乗せ、しっかりと水切りをします。

水をしっかりと切らないと、香ばしくできないので注意しましょう。スモーカーにチップをセットしたら、たくあんを乗せ、10分ほど燻製にします。シンプルな味ですが、ご飯と一緒に食べるのもおすすめです。

同じように梅干しも燻製にすることができます。梅干しを燻製にする時は、しっかりと水気を切らないと酸味が強くなるので気を付けましょう。

16:燻製のおすすめ食材【ししゃも】

ししゃもの燻製は、燻製に使える食材の中でもおすすめの食材です。ししゃもの干物には味が付いているので、した味を付ける必要がなく、簡単に燻製にすることができます。

特に子持ちししゃもの場合は、プチプチとした食感を味わうことができ、お酒のお供にも人気があります。

ポイントや特徴

干物のししゃもは軽し塩を振って風に当てて乾燥させます。ここでしっかりと乾燥させるのがポイントです。スモーカーにチップを乗せ、乾燥させたししゃもを乗せて弱火で20分ほどいぶして出来上がりです。

でき立てをすぐに食べてもいいのですが、冷蔵庫で1晩寝かせるとさらに美味しくいただけます。

17:燻製のおすすめ食材【ポテトチップス】

スナック菓子も美味しい燻製にすることができます。ポテトチップスは塩味が効いているので、燻製にすると香ばしさが増しとても惜しくなります。

ポテトチップスの燻製は簡単に作ることができるため、燻製の作り方に慣れていない初心者にもおすすめの食材です。

ポイントや特徴

ポテトチップスの他、プリッツでも美味しくできます。ポテトチップスには、いろいろなフレーバーがありますが、お好みの物を使ってください。ポイントは、燻製にするとき、煙でポテトチップスを湿らせないことです。

もし湿ってしまったら、オーブンで軽く焼くとパリッとした食感が楽します。作り方は簡単で、高温で10分ほどいぶせばできます。出来上がったら、1~2時間乾燥させるといいでしょう。

まだあります!燻製のおすすめの食材

お手軽に燻製を楽しみたいときは、すでに下味が付いている食材を選ぶのがおすすめです。サラダチキンは約60〜90分燻製にすることで、香ばしさが増し、しっとりとした味わいが楽しめます。お酒のお供にぴったりです。

魚介類はひと手間かかりますが、美味しい燻製ができます。少し慣れたらチャレンジしてみましょう。おすすめはサンマ、牡蠣、サバ、アジなどです。干物は味が付いているので、下味を付けずに簡単に燻製にすることができます。

チップを使った燻製料理にチャレンジしよう!

チップを使った燻製料理について紹介しました。ベーコンやサーモンの他、卵や豆腐、練り物など意外な食材でも美味しい燻製を作ることができます。特に味が付いている食材は、簡単に燻製にすることができるので、初心者におすすめです。

家庭で作る燻製は、トッピングやスパイスを変えてお好みの味にすることができます。いろいろな燻製を作って楽しんでください。

関連記事

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
Momoko

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ