キャンプにおすすめのランタン37選!初心者でも使いやすい種類もあり!

2019年6月21日 (2019年6月26日最終更新)

アウトドアでは定番のキャンプですが、テントやシート、チェアなど準備しなければならない用具はたくさんあります。キャンプではテント泊など周囲が暗くなると灯りの必要性からランタンを準備することになります。ランタンは選び方によって機能が大きくことなります。

目次

  1. キャンプにおすすめの人気ランタンを探そう!
  2. ランタンを購入できるお店や方法
  3. キャンプにおすすめのランタン「特におすすめしたいランタン」5選
  4. キャンプにおすすめのランタン「おしゃれさんにおすすめランタン」3選
  5. キャンプにおすすめのランタン「テント全体を照らすランタン」9選
  6. キャンプにおすすめのランタン「テーブルで使いたいランタン」10選
  7. キャンプにおすすめのランタン「寝るときに使いたいランタン」10選
  8. キャンプで便利なお気に入りのランタンを選ぼう!

キャンプにおすすめの人気ランタンを探そう!

キャンプは本格的なアウトドアとして大変人気があります。テントをはじめたくさんのキャンプ用具を準備しなければなりませんが、暗い自然の中での灯りの重要性からランタンを準備しておく必要があります。アウトドア関連のメーカーから様々なタイプのランタンが販売されていますので、その用途や性能、選び方を紹介していきます。

選ぶポイント・選び方は?

ランタンにもたくさんの種類がありますが、キャンプでの用途やランタンの性能、灯りとなる燃料の違いなど、ランタンを選び方が重要になってきます。キャンプによっては光源を含め十分に設備の整った場所もありますが、非常に暗い場所でのキャンプではランタンの役割が大きくなります。

(1)種類

ランタンの選び方を考える際に、キャンプではテントの中、テーブル上、そして全体の3か所の灯りを確保しておくことが重要になります。

ランタンには灯りの大きさ持続性など、用途や種類によって灯りを発生させる燃料や光源に違いがあります。大きく分けてガソリンや灯油など燃料が必要になるもの、蛍光灯やLEDなど乾電池を使用するものになります。

燃料系のランタンについては、非常に明るくより全体を照らしておきたい場合に良く使用されます。逆に乾電池系のランタンについては、少しの灯りが必要な場合に使用されることが一般的です。近年ランタンの性能の向上により乾電池を使用したランタンであってもより光を発生させるものも増えてきています。

(2)明るさはどの程度必要

キャンプを楽しむ上で灯りの加減は安らぎを与えることや、場を盛り上げる要素として重要であり、ランタンの選び方の一つの基準になります。

キャンプをおこなうスペース全体であれば、ある程度の明るさを確保しなければなりません。しかし他のキャンプ利用者との状況や、テント内でのランタンの使用などぼんやりとした明るさで十分な場合もあります。

ランタンの明るさはルーメン(lm)と表示された光量が表示されています。各メーカーからはそれぞれ実際にランタンを使用した場合のルーメンの値は違い、その値が大きいほどランタンの明るさはより大きいものとなっていきます。選び方として安全性や光量を考慮したランタンの購入がおすすめです。

ランタンを購入できるお店や方法

ランタンの選び方が理解できた上で、実際にランタンを購入する方法ですが、ますキャンプ用品などの品揃えが豊富なアウトドア関連の専門店が挙げられます。あらゆるメーカーの商品やランタンを含めキャンプに必要な道具を細部に渡り購入することができることや、専門店ならではの詳しい知識を得ることができるメリットがあります。

ランタン購入の方法は、他にもスポーツ用品を取り扱う店舗においてアウトドア専用のコーナーを設けている場合や、お住いの近隣にアウトドア関連のお店がない場合においては、インターネットでの通販サイトでもランタンを含め数多くのキャンプ用品を購入することが可能です。

キャンプにおすすめのランタン「特におすすめしたいランタン」5選

キャンプなどで必須アイテムとなるランタンには、様々なアウトドアメーカーからあらゆる種類のランタンが発売されています。実際のキャンプの規模や設備、キャンプ場までの輸送方法などを考慮した選び方が必要になってきます。ここでは中でも特におすすめしたいランタンを紹介していきます。

1:ロゴス ロジックランタン

創業90年の老舗アウトドア商品を手掛けるロゴスのロジックランタンがおすすめです。数種類からなるランタンの取り扱いがある中でも、ロジックランタンにおいては、一般的なランタンの形状とは違い見た目のシンプルさや多機能性、安全性などあらゆる要素を取り入れた魅力があります。

おすすめポイントや基本スペック

ロジックランタンの最大の特徴ですが、ランタン本体を2つに切り離しそれぞれ1つのランタンとして使用できます。

それぞれランタンは備え付けの金具で吊り下げたり、本体マグネットで固定できる便利さが魅力です。アルカリ乾電池を使用したLEDにおいて、約362ルーメンの明るさになります。切り離した1つのランタンは390gと軽量と手軽なランタンとなります。

2:コールマン 2マルチパネルランタン

キャンプなどアウトドアブランドとして有名なコールマンですが、ランタンの種類も非常に多く取り揃えています。その中の一つ2マルチパネルランタンになりますが、キャンプにおける様々な状況にも対応することができる多様性のある商品になります。本体価格も6000円程度とコスト面からもおすすめです。

おすすめポイントや基本スペック

2マルチパネルランタンの特徴はLED光源を採用し、アルカリ乾電池を使用します。側面の2つのLEDの発光部分が着脱可能であり、そのまま手持ちのライトとしても使用することができます。400ルーメンの明るさであり、USBポートも備え付きでありスマートフォンなどの充電も可能となっています。

3:コールマン シーズンズランタン 2019

アウトドアブランドであるコールマンが2005年から販売を開始した日本独自のランタンになります。毎年シーズン毎にランタンの配色やロゴデザインを変更し、現在2019年度版としてシーズンズランタンとして販売されています。キャンプ愛好家にとっては、一つのコレクションとなっています。

おすすめポイントや基本スペック

シーズンズランタンはガソリンを燃料として、最大で約15時間の使用が可能となっています。1.4㎏と若干の重量感がありますが、スチール素材のランタンの雰囲気を演出するお洒落なデザインとなっています。明るさについては130ワット相当で約190キャンドルパワーを発揮します。

4:BRISIE LEDランタン

多様性に優れ、かつ持ち運びもしやすいランタンとしてBRISIE LEDランタンがおすすめになります。ランタンは主にキャンプで使用する場合がほとんどですが、BRISIE LEDランタンは普段の室内での使用や、災害などの非常時における照明としても利用することができます。

おすすめポイントや基本スペック

BRISIE LEDランタンは2800㎃hの大容量のバッテリーが内蔵され、長時間照明として利用できます。明るさは5段階の調節ができますが、最も明るい状態で196ルーメンの灯りをともします。USBの充電ケーブルが内蔵され、スマートフォンなどの充電にも対応することが可能となります。

5:ルーメナープラス

キャンプなどで使用するランタンを選ぶ基準の中で、明るさや安全性が重要になりますが、十分な性能を兼ね備えつつ持ち運びのしやすさも一つの重要な要素になります。そこで登場したおすすめのランタンがルーメナープラスです。長方形のコンパクトなデザインながらランタンとしての機能は抜群の商品になります。

おすすめポイントや基本スペック

ルーメナープラスはLEDランタンであり、4段階の明るさの調節が可能となっています。しかも最大の明るさにおける光量は1800ルーメンにも達します。コンパクトながらキャンプ全体を照らし出すことができる優れたランタンです。また大容量のバッテリーにて駆動し、最大出力で12時間連続で使用することができます。

Originalランタンスタンドの自作方法をチェック!簡単に作れるコツを覚えよう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
キャンプに置いて必須アイテムランタン。夜のキャンプで焚火と共にランタンの灯りに癒される方も沢...

キャンプにおすすめのランタン「おしゃれさんにおすすめランタン」3選

キャンプでランタンを使用する場合に、しっかりと明るさを確保できるランタンは重要な要素になります。しかし機能性を重視した選び方と合わせて、キャンプ全体を和ませてくれるようなおしゃれなランタンを購入することの基準に入れることも、ランタンの選び方の選択肢の一つになります。

6:UCO キャンドルランタン

LEDの近代的な照明や、燃料系のしっかりとした明るさをもたらすランタンとは異なり、ろうそくの灯りを主体としたキャンプの雰囲気を演出するUCOのキャンドルランタンがおすすめになります。180gとコンパクトなランタンでありながら、ろうそくを使用する安全面にも十分に配慮した商品です。

おすすめポイントや基本スペック

UCOのキャンドルランタンは赤や黄色など全部で4つのカラーを用意し、ランタン購入時において、ろうそくが1本付属品として入っています。火をともしてから約9時間使用することが可能であり、ろうそくを灯すガラス部分をアルミで作られた本体に収納することで、消火することができるよう安全設計がなされています。

7:キャプテンスタッグ 電池式 アンティーク暖色LEDランタン

キャンプやカヌー、サイクリング自転車などアウトドア全般を取り扱うキャプテンスタッグのランタンになります。いくつかのランタンの中でも、レトロなイメージが特徴のおしゃれな商品としてアンティーク暖色LEDランタンがおすすめです。乾電池式であり安全面にも十分に配慮しています。

おすすめポイントや基本スペック

アンティーク暖色LEDランタンは光源にを使用し、レトロな外観においてオレンジ色の灯りを演出します。単三型の乾電池4本を使用し、最大の明るさにおいて約24時間持続できます。ランタン上部には鉄製の取っ手がつけられ、持ち運びも便利なランタンです。価格は4000円程度とおすすめのアンティークランタンです。

8:タカショー ゴルト ランタンソーラーライト

キャンプはもちろん、ご自宅の玄関先の照明としても利用できるタカショーのゴルトランタンソーラーライトがおすすめになります。乾電池やガソリンなどの燃料を使用する必要のないソーラーパネルでの充電を使用したランタンであり、オレンジの暖色系の灯火がおしゃれな雰囲気をつくります。

おすすめポイントや基本スペック

ゴルトランタンソーラーライトには、テーブルにも置けるようなスタンドと、高い位置にも備えつける2がつのスタンドがあります。ニッケル水素の充電池が内蔵され、LEDによるオレンジ色の光を放ちます。明るさのセンサーによる自動点灯の切り替えが可能であり、無駄な電力消費を回避することができます。

OriginalLEDランタンおすすめ商品17選!電池式・充電できるおしゃれなアイテムも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
アウトドアや非常時用におすすめのLEDランタンがおすすめです。機能性に特化したLEDランタン...

キャンプにおすすめのランタン「テント全体を照らすランタン」9選

ランタンには使用する用途によって、購入する商品の選び方に注意しなければなりません。ランタン自体に明るさの調節機能は付いていますが、特にテントやキャンプ全体を明るく照らす必要がある場合には、より強力な明るさを重視したランタンの選び方が重要になります。

9:コールマン クアッドマルチパネルランタン

2つの発光パネルを取り外し可能な2マルチパネルランタンの同一シリーズであり、さらに2つの発光パネルを取り外すことができるランタンであり、側面に設置された全部で4つのパネルすべて取り外し携帯用のライトとして使用することができます。もちろんテント全体を照らし出す十分な光量を備えています。

おすすめポイントや基本スペック

テント全体を照らし出すクアッドマルチパネルランタンの光量は、全てのパネルを装着した状態で約800ルーメンの明るさになります。アルカリ乾電池によるLEDを採用し、最も明るい状態で約20時間の使用が可能になります。2マルチパネルと同様にUSBポート付きでスマートフォンなどが充電をすることができます。

10:ジェントス EX-000R

テント全体を照らし出すためには、光量がより高い性能を持つランタンが必要になります。そこで紹介するランタンとしてジェントスのEX-000Rがおすすめになります。最大の特徴としては、1000ルーメンにも及ぶ明るさを演出するパワーが持ち味であり、耐久性にも優れたランタンになります。

おすすめポイントや基本スペック

EX-000Rにおいては、ランタン正面のスイッチを長押しすることで明るさの強弱を無限に調節することが可能になります。そのため最大の明るさで約3時間の持続ですが、調節により200時間前後まで使用することが可能です。EX-000R専用のリチウムポリマー充電池もしくは単一型乾電池3本が必要になります。

11:コールマン ノーススター チューブマントルランタン

テントやキャンプ全体を照らし出す強力なランタンとしては、充電式や乾電池よりも燃料を使用したランタンの明るさは特別です。キャンプ初心者にとっても燃料を使用するランタンには憧れもあります。そこで紹介するコールマンのノーススター チューブマントルランタンがおすすめになります。

おすすめポイントや基本スペック

約940㏄の容量を備えたノーススター チューブマントルランタンはホワイトガソリンを使用し、最大で約14時間燃焼させることができます。火がともるマントルはチューブ型であり、より明るく照らし出すランタンになっています。ランタン外部に点火装置が備え付けられ安全に着火することが可能となります。

12:スノーピーク ギガパワー BFランタン

テントでより大きな照明を放つランタンとして、スノーピークのギガパワーBFランタンがおすすめになります。専用のガスを使用した強力な明るさを生み出すランタンですが、明るさは170w相当にも及び、少離れた場所からでもランタンの輝きがはっきりと見えるほどの威力を発揮します。

おすすめポイントや基本スペック

ギガパワーBFランタンには専用のガスを使用しますが、スノーピークで販売されている金缶と銀缶と呼ばれるガス缶の購入がおすすめです。燃焼の時間や季節の状況に応じてガス缶を使い分けることになります。ランタンには専用のケースも付属しており、持ち運びにも大変便利な商品です。

13:SOTO フォールディングランタン

大きな灯りを生み出しながら、キャンプ時に安全に使用できるように配慮した商品です。テント全体を照らし出すパワーと、持ち運びもしやすい簡易さが持ち味のランタンとして、SOTOのフォールディングランタンがおすすめになります。専用のガス缶を使用したランタンです。

おすすめポイントや基本スペック

フォールディングランタンは1.25㎏と軽量であり、持ちやすい形状になっています。燃料として専用のガス缶であるパワーガスを使用し、約4時間程度の燃焼させることが可能となっています。ガスランタンの「使用が初めての方にとっても着火しやすい構造であり、安全面にも十分考慮したランタンとなっています。

14:ペトロマックス HK500

いくつもの種類のランタンが販売されている中で、キャンプ愛好家に大変人気があり、古くから愛されてきたペトロマックスHK500がおすすめです。ランタンはキャンプにおいて必需品であり、現在性能に優れた商品が販売されていますが、ペトロマックスHK500は細部に渡り洗練されたパーツが組み合わさった一級品です。

おすすめポイントや基本スペック

ペトロマックスHK500は圧力式による灯油を使用したランタンになります。灯油の容量は1リットルであり、約8時間にわたって燃焼させることが可能になります。洗練された美しいデザインが持ち味のランタンですが、約400wもの大きな明るさを生み出すランタンとなっています。

15:ジェントス EX-1000C

EX-000Rと同様に最大で1000ルーメンもの明るさを発揮することができるランタンとして、ジェントスEX-1000Cがおすすめの人気商品となります。単一型のアルカリ電池を使用しキャンプにおいても安全に使用することができます。約5時間以上の連続使用が可能となっています。

おすすめポイントや基本スペック

EX-1000Cについては、暖色、白色、昼白色の全部で3種類の明るさを調節することが可能で、ランタン中央のダイヤルによって明かりの強弱を無限に変えることができます。明かりの強弱によって連続使用時間は異なります。また自動で明るさの調節や消灯までをスイッチ一つで切り替えすることもできます。

16:コールマン ワンマントルランタン

ガソリンを使用した定番のランタンとして、コールマンのワンマントルランタンがおすすめです。昔ながらの本格的なランタンとして、コールマンの数ある種類のランタンの中でも人気商品となっています。収納ケースが付属しており、移動時の持ち運びにも大変便利です。

おすすめポイントや基本スペック

ホワイトガソリンを使用し、ランタンの燃料タンクとしては590㏄の容量となっています。7時間から最大でも15時間程度燃焼させることが可能であり、130w程度の明るさを演出してくれます。ランタンの本体価格としては15000円程度で購入することができますので、初めて燃料系のランタン購入にもおすすめです。

17:コールマン 2500ノーススターLPガスランタン

ガスによって燃焼させるタイプのランタンにも多くの種類がありますが、初めてガスランタンを購入する場合コールマンの2500ノーススターLPガスランタンがおすすめです。10000円台で購入することができる価格の割安さと、マントルに燃焼させる際の取り掛かり易さが人気の理由にもなっています。

おすすめポイントや基本スペック

2500ノーススターLPガスランタンは、専用のガス缶を使用し約4時間から8時間程度の燃焼時間を生み出します。燃焼させるマントルは内部のクリップで簡単に取り外しすることが可能で、外部には安全に使用できる点火装置が備え付けてあります。光量1500ルーメンに及ぶ明るさが特徴のガスランタンです。

キャンプにおすすめのランタン「テーブルで使いたいランタン」10選

キャンプでは、美味しい食事を楽しむことが大きな醍醐味となっています。家族や友人達と共にテーブルを囲むことになりますが、テント全体を照らす大きな照明ばかりでなく、テーブルの上の食事を照らし出すランタンの選び方では柔らかい明かりが必要です。ここではテーブルで使いたいランタンを紹介していきます。

18:ジェントス EX-777XP

テーブルで使用するランタンでは、大きすぎる明かりでは食事の妨げになってしまいます。Explorerシリーズから発売されているジェントスEX-777XPのランタンがテーブルではおすすめになります。ほどよい明かりの光量である280ルーメンであり、最大72時間の連続使用が可能です。

おすすめポイントや基本スペック

単一型アルカリ電池を使用した暖色系のLEDの明かりが、テーブルの雰囲気を和らげる演出効果をもたらします。ランタンにストライプのトップカバーを採用し、テーブル全面を一定にした明かりを届けるよう設計されています。ランタンを逆さまに吊り下げても使用できるようフックが取り付けられています。

19:フュアー ハンドランタン 276

テーブル上に暖色系のランタンとしてフュアーハンドランタン276が使いがっての良さと、シンプルでおしゃれなデザインから人気を得ています。ドイツ製のランタンは発売当初から変わらない確かな性能と、灯油を使用した安心で安全なランタンとして多くのキャンプ愛好家から購入されています。

おすすめポイントや基本スペック

フュアーハンドランタン276には、340mlのタンク容量を兼ね備え、灯油の燃焼時間については20時間以上もの連続使用を可能にしています。5w程度の緩やかな明かりによってテーブル上の食事がより一層映える商品となっています。また価格も4000円程度と大変お買い得なランタンです。

20:スノーピーク リトルランプ ノクターン

ガスを利用したランタンとして、最も簡単で長時間使用することができる経済的にも優れたスノーピークリトルランプノクターンがおすすめです。小さな炎が特徴的であり、静寂した夜のテーブルにおいては幻想的な雰囲気を演出してくれる人気のランタンとなっています。

おすすめポイントや基本スペック

スノーピークリトルランプノクターンについては、本体である100gほどの小さなランタンを専用のガス缶に直接セットします。ガス缶着火部分に点火するだけで明かりを得ることができるので、初心者でも簡単に利用できるメリットがあります。また実際に消費するガス量についても非常に少ないことも特徴になります。

21:ジェントス SOL-016B

Explorerシリーズからテーブルで使いたいランタンとして、ジェントスSOL-016Bの購入がおすすめです。光量は600ルーメンと暗すぎず、明るすぎないほど良い明るさが持ち味の人気商品になります。最大の出力でのランタンの使用において、約37時間の連続使用が可能です。

おすすめポイントや基本スペック

単一型アルカリ電池を6本使用した暖色系のLEDを14個配置することで、ほど良い明るさを生み出しています。通常の明るさの他にも、ろうそくを灯すようなキャンドルモードへの切り替えが可能であり、静かな明かりのゆれを再現することができます。キャンドルモードでは450時間もの時間使用可能です。

22:SOTO プラチナランタン

通常ガスやガソリンを使用するランタンでは、火をともすマントルやそれを保護するためのホヤが必要になりますが、SOTOプラチナランタンにおいては、マントルやホヤを使用せず装備したプラチナを発行体としたランタンになります。使用頻度による劣化や、外部からの衝撃にも強いことが特徴です。

おすすめポイントや基本スペック

SOTOプラチナランタンは、専用のガス缶によって着火させることになります。連続で最大6時間の使用が可能ですが、とにかく安全に長時間使用できることが持ち味のランタンです。プラチナの発光により外部からの風の影響を受けることなく安定した明かりを届けることができる人気商品です。

23:コールマン CPX(R)6レトロLEDランタン

テーブルでの食事に最適な暖色系のランタンとして、アウトドアブランドのコールマンから発売されているCPX(R)6レトロLEDランタンがおすすめです。LEDによる明るさにおいては、スイッチ一つで無段階にて調節することができますので、テーブル以外のあらゆる状況でも利用することが可能です。

おすすめポイントや基本スペック

CPX(R)6レトロLEDランタンは重量が750gと軽量で持ち運びにも便利です。単一型の乾電池もしくは専用の充電式カートリッジのどちらでも使用することができますが、カートリッジであればコンセント二差し込んで使用できるので、点灯時間においては大きな違いが生じてきます。

24:ジェントス EX-136S

Explorerから耐久性や防水機能を兼ね備えた人気のジェントスEX-136Sがおすすめになります。暖色系のLEDを10個配置したランタンは、大きさやデザイン、明るさの度合などテーブルで使いたいランタンとして最適です。単三型アルカリ電池を6本を使用することになります。

おすすめポイントや基本スペック

ジェントスEX-136Sは耐久性に非常に優れ、さらに十分な防水機能によりテーブル以外において、水面に浮かせた状態でもランタンとして使用することができます。ろうそくのようなキャンドルモードや、ランタン上部のフックを利用して逆さまの状態で天井から吊るして使用することができます。

25:ジェントス SOL-013C

Explorerシリーズの種類の中で、テーブルに使いたいランタンの一つとしてジェントスSOL-013Cがおすすめになります。3色のライトを自在に調節することが可能であり、キャンプでの雰囲気や気分に合わせて演出することができます。約530ルーメンのほど良い明るさのランタンになります。

おすすめポイントや基本スペック

ジェントスSOL-013Cにおいては、単一型のアルカリ電池を3本使用であり、3色の色合いや省エネモード、キャンドルモードの使用など条件によって違いが生じます。本体スイッチを長く押し続けることで明るさを調節することができます。また逆さまに吊るして配置できるフックも備えついています。

26:コールマン ルミエールランタン

揺れる炎がまるでろうそくのように優しく照らすランタンとして、コールマンのルミエールランタンがおすすめです。専用のガス缶に210gと軽量のランタンを取り付けた簡易的な商品となっています。ランタン本体は6000円程度と購入しやすく、初心者にとっても使いやすさが人気の理由です。

おすすめポイントや基本スペック

コールマンのルミエールランタンは、わずかなガスの使用で効率的に燃焼できるので経済的にも優しく、最大で38時間まで使用することができます。ランタン下部の調節つまみによって明るさを調節することが可能であり、テーブル上でレトロな雰囲気を演出できる逸品です。

27:ジェントス SOL-036C

ジェントスSOL-013Cと同様に、テーブルでの使用がおすすめのExplorerシリーズとしてジェントスSOL-036Cがあります。ジェントスSOL-013の装備は全て兼ね備えたランタンであり、白色と暖色系のLEDをそれぞれ4個ずつ配置することで380ルーメンの明るさを生み出します。

おすすめポイントや基本スペック

ジェントスSOL-036Cでは、定番の3色を使い分ける機能や、キャンドルモード、スイッチ長押しによる明るさの調節機能など装備しています。もちろん逆さまに吊るした状態でも使用することが可能です。ただし使用電池について通常単三型のアルカリ電池の他に、エネループも使用することができます。

キャンプにおすすめのランタン「寝るときに使いたいランタン」10選

キャンプにおいて、日中はたくさん遊び、美味しい食事を満喫し、夜になれば備え付けたテントで就寝することになりますが、全ての明かりが消えてしまうと真っ暗になってしまいます。そのためここではテント内で寝るときに使うことができるランタンを紹介していきます。

28:Goal Zero LIGHTHOUSE micro

テントでの就寝時にはできる限り最小限の照明に人気が集まりますが、多くの種類の中でGoal ZeroのLIGHTHOUSE microがおすすめです。最大でも150ルーメン程度の明るさのため、就寝の妨げにならないほど良い明るさとなっています。小さいながら明かりを調節することも可能です。

おすすめポイントや基本スペック

LIGHTHOUSE microの性能については、手のひらに十分収まる大きさであり持ち運びにも大変便利です。ランタン内部にリチウムイオン電池を装備し、一回の充電で最大170時間使用することができます。別売り対応によって専用の太陽パネル式の充電器を利用することも可能です。

29:スノーピーク ほおずき ゆき

キャンプにおいてテント内で就寝用のランタンとして購入するなら、おしゃれなデザインにこだわりたい方にはスノーピークのほおずき ゆきがおすすめになります。丸みを帯びたデザインが自然とも調和した心地良さを与えてくれます。据え置きタイプや専用のコードで天井から吊り下げるなど雰囲気に沿って配置することができます。

おすすめポイントや基本スペック

単三型のアルカリ電池を使用して100ルーベンの明かりを生み出します。充電池パックを使用すればUSBポートからの充電が可能であり、約10時間連続して使用できます。風や音に反応するセンサーを内蔵し、周辺の状況をランタン本体が感知することで光の加減を調節してくれます。

30:Solight Design ソーラーパフ ウォームライト

太陽の光を利用したエコタイプのおしゃれなランタンとしてSolight Designのソーラーパフ ウォームライトがおすすめです。簡単に点灯することができる上に持ち運びにも大変便利な人気のランタンであり、ソーラーパネル装備のため電池やUSBポートによる充電の必要はありません。

おすすめポイントや基本スペック

ソーラーパフウォームライトは、ソーラーパネルによって約8時間充電すると最大で12時間連続使用することができます。最大の特徴は通常サイコロ状で点灯し、厚さ1.5㎝まで畳むことで消灯します。コンパクトに畳むことで幅を取らず持ち運びのしやすさが挙げられます。

31:コールマン CPXクアッドLEDランタン

アウトドアブランドのコールマンからはバラエティーに富んだ種類のランタンが発売されていますが、寝るときに使いたい商品としては、CPXクアッドLEDランタンがおすすめです。本体側面において、4つのLEDランタンが設置され、本体を充電台として4台それぞれ同時に使用することが可能です。

おすすめポイントや基本スペック

CPXクアッドLEDランタンは切り離し前の状態でも一つのランタンとして使用することができます。LEDライトを分割して使用した場合においては、枕元において点灯させることや、キャンプでの夜間移動したい場合などに手持ライトとしても利用することができます。

32:キャプテンスタッグ NEWグロリアアルミLEDランタン&ライト

寝るときに使いたいランタンとしては、軽量でかつ簡易的なものが一般的ですが、キャプテンスタッグのNEWグロリアアルミLEDランタン&ライトは、コンパクトで明るさも十分なランタンとしておすすめです。100gの重量でランタンとしてばかりでなく、懐中電灯としても使用できるメリットがあります。

おすすめポイントや基本スペック

NEWグロリアアルミLEDランタン&ライトはアルミ製のランタンのため、小さい本体ながらも耐久性にも優れた商品となっています。単四型の乾電池を3個使用し最大で約16時間の点灯が可能です。価格も5000円以下にて購入することができる多機能な上にお財布にも優しいランタンになります。

33:コールマン CPX 6リバーシブルLEDランタン3

キャンプでのテント内においては、暖色系の灯りが非常に落ち着いた雰囲気をもたらします。コールマン からはCPX6リバーシブルLEDランタン3がおすすめになります。暖色効果としてランタン上部にクリアベンチレーターを装着し、広範囲に明かりを行きわたらせることができます。

おすすめポイントや基本スペック

コールマンCPX6リバーシブルLEDランタン3は、単一型の乾電池もしくは専用の充電式カートリッジにて発光させることができます。電源の違いによって連続点灯時間は異なりますが350ルーメンの明るさを発揮します。据え置きや天井部分から吊り下げた状態でも使用可能です。

34:キャプテンスタッグ キャンドルランタン

キャプテンスタッグがキャンプの雰囲気をレトロに演出するキャンドルランタンがおすすめです。その名の通りキャンドルを光源とするシンプルな設計のランタンであり、約150g程度の非常に軽量化された商品となっています。吊り下げ用の金具とホヤの部分からなるおしゃれなランタンです。

おすすめポイントや基本スペック

キャンドルランタンには専用のキャンドルが1本同封されていますが、おおよその燃焼時間は4時間程度となります。テント内において使用する場合にキャンドルの種類を変えれば、雰囲気が変わり虫よけ対策にもつながります。また価格が1000円以下で購入できる点も魅力の一つです。

35:スノーピーク たねほおずき

ランタンとは思えないおしゃれなデザインが人気のスノーピークほおずきシリーズから、さらに小型化されたスノーピークのたねほおずきと呼ばれるランタンがあります。通常のほおずきシリーズよりも100g程度軽量化され、手のひらにすっぽりと収まる小さなランタンとして人気があります。

おすすめポイントや基本スペック

たねほおずきの機能については、ランタン上部に小さなフックが取り付けられ、据え置きや天井部分に引っ掛けてぶら下げることも可能です。ランタンを点灯させるスイッチが底面部分につけられ簡単に灯りをともすことができます。単四型のアルカリ電池を3本で最大で100時間まで使用できます。

36:ジェントス SOL-144S

Explorerシリーズから寝るときにつかいたいランタンとしてジェントスSOL-144Sがおすすめです。就寝用にほど良い150ルーメンの明るさであり、単四型アルカリ電池4本で最大の明るさにおいても約8時間の使用が可能になります。160g軽量のランタンは持ち運びもしやすい人気商品です。

おすすめポイントや基本スペック

Explorerシリーズではお馴染みのキャンドルモードや、明るさの調節や消灯を自動でおこなうスローライティングスイッチ、天井に逆さまに吊るしても使用できるフックなど装備しています。防水機能を搭載し水面に浮かすことができるフローティング機能まで備わった遊び心満載のランタンです。

37:コールマン CPX 6トライアゴ LEDランタン

コールマンの多機能型ランタンの種類の中の一つCPX6トライアゴ LEDランタンになります。約30㎝程度の高さのランタンであり、総重量も1.4㎏と小型の商品です。注目は側面に取り付けられた3つのLEDライトが取り外し可能であり、それぞれランタンや手持ちライトとして使用できます。

おすすめポイントや基本スペック

 CPX6トライアゴ LEDランタンの性能においては、全体の光量が約400ルーメンとなり、単一型の乾電池が4本もしくは専用の充電式カートリッジで発光させることができます。LEDライトをは本体そのものが充電台となっていますので、それぞれ使用後は本体へ戻すことで充電することができます。

キャンプで便利なお気に入りのランタンを選ぼう!

キャンプにおすすめのランタンはいかがでしたでしょうか。明かりを生み出すエネルギーの違いや、キャンプで使用する用途によってのランタンの選び方にもたくさんの種類があります。キャンプを計画する場合においては、ランタンをはじめじっくりとキャンプ道具の選び方を考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
asiasi

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ