スタバはsuicaが使える!その他の支払方法や使えない店舗もご紹介!

2019年6月22日 (2019年6月25日最終更新)

長らくコーヒーショップとして人気のスターバックスコーヒー、通称スタバですが実はスタバではsuicaを使って支払いをすることができます。suica以外の支払い方法やメニュー、そもそも使える店舗と使えない店舗の違いなど、スタバとsuicaの関係をまとめました。

目次

  1. スタバの支払いにsuicaは使える?
  2. スタバ店舗でsuicaチャージはできない
  3. スタバでsuicaが使える店舗
  4. スタバでsuicaが使える実際の店舗をご紹介
  5. スタバでsuicaが使えない店舗
  6. スタバでsuicaが使えない実際の店舗をご紹介
  7. スタバでsuicaが使えない時の支払い方法
  8. 使える場所をチェック!スタバはsuicaでの支払が便利

スタバの支払いにsuicaは使える?

スタバなどのコーヒーショップで買い物をする時にsuicaで購入できたらとても便利です。suicaは交通系のICカードとして有名で、関東のみならず全国で使うことができるとてもお得なカードです。

メリットはいくつかありますが何よりも現金を持ち歩く必要がないということが第一に浮かぶでしょう。スタバではsuica支払いに使えるのでしょうか。ネットを見ているとスタバでは使えるという意見と、使えないという意見が両方あることがわかります。

suicaは支払いに便利

suicaでスタバの支払いをすることは基本的に可能です。コーヒーを飲む時だけでなく、サンドイッチを楽しみたいときなどスタバはメニューに汎用性がある店舗です。もしsuicaを支払いに使えるなら今すぐ使いたいという人もいるでしょう。

もちろん各店舗でsuicaが使えるか使えないか、これはスタバのメニューなどに依存せず、各店舗に依存しています。使える店舗ではどのメニューを注文してもまとめてsuica一枚で支払いできるため非常に便利です。

suicaの使い方をおさらい

ここで簡単にsuicaの使い方をおさらいしておきましょう。suicaの入手方法は複数あり、駅の券売機やみどりの窓口で購入することができるほか、キオスクやニューデイズでも購入することができます。モバイルsuicaに至ってはアプリをインストールするだけでOKです。

なおキオスクやニューデイズで購入できるsuicaは、無記名のものに限られています。もちろんスタバで使うぶんには問題ありません。どこでも簡単に手に入るsuicaでスタバの支払いはどれだけ簡単になるのでしょうか。

スタバ店舗でsuicaチャージはできない

いろいろと便利なキャッシュレス支払いですが、残額にも気をつけておきたいところです。残念ながらスタバ店舗ではチャージができないため、suica内に残額がない場合は利用することができません。

あらかじめ充分な金額をチャージしておく他、一定金額を下回ったら自動的にsuicaにオートでチャージされるシステムを利用するのもよいでしょう。スタバに来店してから残額がない場合は、現金やクレジットカードなど別の支払い手段を使うことになります。

普段suicaで買い物できる場所に行くときは、財布の中にいくら現金があるかあまりチェックしない人もいるかもしれません。suicaも使えず現金もないという状況に陥らないように、普段からチェックしておきましょう。

スタバでsuicaが使える店舗

続いてはスタバでsuicaが使える店舗についてチェックしていきましょう。スタバの中でも使える店舗と使えない店舗があると聞くと、自分が行く可能性のある店舗は使えるのか使えないかはっきりさせておきたいものです。

もしスタバでの支払いにsuicaが使える店舗に共通点があるのであれば、自分のよく行く店舗が使えるか使えないか判断もしやすくなるでしょう。スタバの中でもsuicaが支払いに使えるのは以下のようなタイプです。

JR駅構内のスタバ

まず最もわかりやすいものとしてJRの駅構内にあるスタバが挙げられます。駅構内にあるスタバのメニューは間違いなくsuicaで支払いができます。スタバのみならず駅構内にあるお店はほとんどでsuicaを利用することができます。

suica自体の入手も券売機やみどりの窓口が手近にあるため、非常に簡単となっています。駅構内にあるスタバをよく利用するという人で、何らかの理由でsuicaを今現在持っていないという人は作っておいて損はないでしょう。

JRの隣接したビルのスタバ

JRが隣接したビル構内にあるスタバのメニューもsuica支払いが出来ます。これもJRがすぐ近くにありビル自体がJRと提携関係にあるためと言われています。駅構内の店舗や隣接したビルの中にあるスタバ店舗は、suicaの支払いに対応する必要があります。

これはJRのみに限らず、ショッピングモールや自社ブランドのクレジットカードを持っている場所ではよくあることです。駅構内や駅に隣接しているスタバを使う人は非常に多いでしょう。

「スタバではsuicaが使える」と多くの人が考える理由ともなっており、人がよく集まる店舗は駅ナカか駅チカである可能性が高いため対応しているイメージが強いです。

大型ショッピングパーク

また大型ショッピングパークもsuicaでの支払いに対応している場所が多いです。どこからが大型ショッピングパークなのか、判断に悩む人もいるかもしれませんが、基本的に商業施設内に設置されているスタバ店舗はsuicaが使えると思って間違いありません。

駅ナカ駅チカに加えて大型ショッピングモールもsuicaでの支払いに対応していることから、「自分の立ち寄るスタバの店舗もsuicaには対応しているんだな」と確認できる人もいるのではないでしょうか。 この三つだけでも相当数の店舗が当てはまります。

Originalスタバメニュー人気ランキング!ドリンクとフード・口コミも一挙紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
今回はスタバのメニューランキングです。皆さんはスタバに行くとどんなメニューを注文しますか?毎...

スタバでsuicaが使える実際の店舗をご紹介

ここからはよりわかりやすい一例として、suicaが支払いで使えるスタバの実際の店舗を紹介していきます。どれも前述の駅ナカ駅チカの施設、あるいは大型ショッピングモール内に出店している店舗といえます。

スタバはお台場など都市部にも多くの店舗を持っています。ショッピングモールにもスタバの店舗を見かけることはよくあります。suicaが実際に使える店舗はスタバ以外の面でも利用価値が高いです。

特にショッピングモール内にある店舗は買い物のついでにちょっと一息つきたいという人にも抜群の効果を発揮します。煩わしい現金での支払いがキャッシュレスで済ませられるならそれに越したことはありません。

お台場周辺

アクアシティお台場やダイバーシティお台場などの中にある店舗はスタバの中でもsuicaの使える、代表的なお店です。アクアシティお台場自体は2000年4月に複合商業施設としてオープンしました。港区台場という立地からも日頃から混雑していることが窺えます。

グルメなメニューやショッピングを一箇所で楽しめるため家族や友達、もしくは恋人なのと一緒に訪れてみるのもありでしょう。アクアシティお台場のような大型ショッピングモールにスタバのような休憩できる施設があるのは非常に相性が良いです。

ららぽーと系列

ららぽーと系列店のスタバもsuicaを使うことができます。ららぽーとは三井ショッピングパークと言う名称からも推測できる通り、三井不動産商業マネジメント株式会社によって全国に展開されているショッピングモールです。

ららぽーとも全国的に店舗を持っており、豊洲や横浜に柏の葉など関東圏には特に集中しています。近所にららぽーとがある、普段からららぽーとに行く頻度が多いという人は、スタバのレジの前にsuicaのシステムがあることから確認できるでしょう。

コレド系列

またコレド系列店もsuicaが問題なく使える店舗と言えます。コレド室町やコレド日本橋などが例として挙げられます。コレド系列店もららぽーと系列店と同じく、三井不動産商業マネジメント株式会社による大型ショッピングモールです。

ショッピングモール自体の名前は違っても、親会社が同じであればsuicaによる支払いに対応しているためららぽーとでもコレドでも、全店で問題なく支払いを済ませることができます。

キャッシュレスであればショッピングモールで他の買い物をしてても、小銭を出すために手が塞がることもないでしょう。スタバでは支払いの際に後ろに多くのお客さんが待っていることもあるため、迅速に支払いを終わらせられるのはありがたいです。

その他

この他にもエルミやラゾーナ、ランドマークタワー横浜やサンシャインシティ池袋など多くの施設の中にあるスタバ店舗でsuicaによる支払いができます。suicaの導入やショッピングモールの密度などから関東圏では特に対応している店舗が多いと言えるでしょう。

こうして見てみると親会社がどこであるかということはほぼ関係なく、大型ショッピングモールであればたいていどこでも問題なくsuicaが使えることがわかります。スタバのホームページでもどの店舗がsuicaに対応しているかまでは書いていません。

スタバでsuicaが使えない店舗

逆にスタバでsuicaが使えない店舗にはどのような種類があるのでしょうか。上記でまとめた「suica支払いのできるスタバ店舗」以外のお店ではsuicaが使えない店もまだまだ多くあります。

全てのショッピングモールでsuicaが使えるわけではなく、ショッピングモール内にあるスタバでもsuica支払いができない場所も存在します。以下のようなスタバ店舗には気をつけておきましょう。

スタバの単独店

スタバの店舗の中でもテナントとして入っておらず、単独の店舗として営業しているところはsuicaによる支払いができません。単独店の方がスタバ側でいろいろと自由に決済方法を選べるように感じてしまうかもしれませんが、実際は逆なことが分かります。

単独店ではこちらもほぼ例外なくsuicaを利用することができません。普段キャッシュレス支払いに慣れていたり、いつも行く店舗がsuicaに対応している場合でも、他の単独店を利用しようとするときは注意が必要です。

駅ビルや駅ナカ以外

駅ビルや駅ナカの店舗はsuicaとの提携ができているため、多くのテナントでsuicaが利用できるとのことでした。逆に駅ビルや駅ナカ以外の店舗はsuicaに対応していないことも珍しくありません。

あくまでも「suicaが使えるのは駅ビルや駅ナカ内にある一部の店舗」という風に捉えておけば間違いありません。駅周辺にスタバの店舗がある場合は使える、ない場合は使えないと考えてよいでしょう。単独店でsuicaが使えないこととも合致します。

suicaが使えないショッピングセンター

また、suicaが使えないショッピングセンターはスタバの場合も同じく利用できない可能性が高いです。ショッピングモールはモールごとにsuicaなどの交通系電子マネーに対応するかどうか決められています。

そのため「他のお店では使えるのにスタバでだけ使えなかった」ということはありません。逆に他のお店でsuicaが使えない場合はスタバでも使えないため、ショッピングモールは使える場合と使えない場合両方があると言えます。

スタバでsuicaが使えない実際の店舗をご紹介

では実際にsuicaによる支払いができない店舗にはどのような場所があるのでしょうか。中でもショッピングセンター、ショッピングモール内にあるスタバは数も多く、ららぽーとやダイバーシティお台場などは使えるため判断が難しそうです。

見分け方としては店先に貼ってあるシールが目印になります。suicaのマークである緑色のステッカーが貼られていればそのお店ではsuicaによる支払いができます。周りを見てどこのお店にも貼られてない場合はスタバでも使えない可能性が高いです。

渋谷TSUTAYA店

suica支払いができないスタバの例として、渋谷TSUTAYA店があります。渋谷駅から徒歩2分という、抜群のアクセスですが残念ながらsuicaには対応していません。人通りも多い場所ですし、使えたらもっと便利になりそうですが仕方ありません。

このことから「客足がよいorわるいから」という理由でsuica支払いができるスタバの店舗が決まるわけではないことも分かります。お客さんが多い店舗では回転数上昇のためにsuicaも使えるだろうと思ってしまいがちですが、渋谷TSUTAYA店でも使えません。

渋谷マークシティ店

渋谷マークシティは渋谷区道玄坂一丁目にある複合施設です。2棟のビルから構成されており、イーストとウェストに分かれています。複合施設のため、先ほどのように渋谷マークシティ内にあるスタバでも使えると考えてしまいますが、ここでは使うことができません。

なお渋谷マークシティでは他のテナントでもsuicaによる支払いには対応していません。複合施設という体裁上、若干ややこしいですが渋谷マークシティはsuicaを使うことができない店舗となっています。ビルやモール単位で決まっていることがポイントです。

スタバでsuicaが使えない時の支払い方法

スタバでsuicaが使えないとき、他にはどのような支払い方法があるのでしょうか。現金で支払うのはもちろんのこと、それ以外にもまだ豊富な支払い方法が残されています。

ここでは現金以外にも確実に使える方法を5種類まとめました。suicaが使えない店舗でも以下の支払い方法であればOKのため、店舗によってはこちらを優先してもよいでしょう。

電子マネー

スタバでは電子マネーを利用することができます。特に1番おすすめなのは自社ブランドでもあるスターバックスカードです。これはスタバ全店で利用することができるため、確実性も高いです。スタバのメニューにお気に入りがある人はこちらをどうぞ。

suicaなども交通系電子マネーのため、どの電子マネーに対応しているかはこちらも店舗によって異なると言えます。suicaが対応しているところはPASMOなど、他の交通系電子マネーも確実に使えます。

クレジットカード

クレジットカードはキャッシュレスの中でも最も信頼性が高い支払い方法です。どの店舗でも使えるため、スタバのメニューを注文する際は現金以外にまずクレジットカードを持っていないかどうか確認しましょう。

クレジットカードの中でもJCB CARD Wとスターバックスカードとの併用がおすすめされています。JCB CARD Wからスタバカードにチャージすると還元率が5.5%もあるため、ヘビーユーザーには特におすすめと言えます。

QRコード決済

QRコードによる決済も2018年からじょじょに導入が進められています。QRコード決済の中でもスタバで使えるものは「LINE Pay」になります。東京を中心として、既に多くの店舗で導入済みです。

今月のLINE Pay利用額によって来月のランクが決まり、それによって還元率も変わるという方式をとっています。現金で払うよりもお得な部分も多いため、LINE Payを既に使っているという人にはおすすめです。

デビットカード

スタバではクレジットカードと同じく、デビットカードも問題なく支払いに利用することができます。クレジットカードとの違いは、デビットカードは支払い後即時に銀行口座から引き落としがされる点です。

使いすぎてしまう現象が起こらないため、毎月決まった額だけ使いたいという人はデビットカードを利用するとよいでしょう。デビットカードは既に残額がない場合、クレジットカードと違ってその場で支払いが完了しません。

商品券・ギフトカード

スタバのメニューを注文する際は、商品券やギフトカードも使用することができます。1番推奨されるのはスターバックスギフトカードですが、各クレジットカード会社が発行しているギフトカードも問題なく利用することができます。

suicaと現金以外にも、かなり幅のある支払い方法を選べることが分かります。クレジットカードやデビットカードなど汎用性の高いものも選べるため、スタバのメニューを注文する際にも支払いで困ることはなくなりそうです。

Originalスタバはクレジットカードが使える!お得なスターバックスカードについてもご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
スタバではクレジットカードでの支払いが可能ですが、それを知らない人が多く、スタバでカード払い...

使える場所をチェック!スタバはsuicaでの支払が便利

スタバでのsuica支払いについて、使える場所や使えない場所、suica以外での支払い方法についてまとめてきました。suicaは使える場所も多いですが、同時に独立型の店舗など使えない場所も多くあります。

大型ショッピングモールや駅チカ、駅ナカの店舗であれば間違いなくsuicaを使うことができます。スタバのメニューを頼む際は、suicaのロゴステッカーが貼られているかどうかをしっかり確認して会計時に慌てることがないようにしましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
Daisuke.U

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ