糸仙(京都)は予約必至の人気中華料理店!春巻などおすすめメニュー紹介

2019年7月7日 (2019年9月1日最終更新)

京都にある北野天満宮の近く、上七軒にある有名な中華料理店が糸仙です。舞妓さんたちも多く通っており予約をしておかないと満席で入れないことも多いほどの人気店です。リーズナブルな価格で絶品の中華料理がいただけるという糸仙についてご紹介します。

目次

  1. 京都の中華料理店・糸仙についてご紹介!
  2. 糸仙とは?
  3. 糸仙の特徴や魅力
  4. 糸仙おすすめ人気メニュー
  5. 糸仙の食レポ
  6. 糸仙の基本情報
  7. おいしい中華料理を食べに京都・糸仙へ行こう!

京都の中華料理店・糸仙についてご紹介!

観光地としても人気が高い京都。和食や洋食、カフェなど様々なジャンルの飲食店があり、どこにしようか迷ってしまうという方も少なくないでしょう。そんな京都でメディアにも多数紹介されており予約必須の人気の中華料理店が「糸仙」です。舞妓さんも多く通っているという糸仙についてご紹介していきましょう。

Original京都・上七軒を観光!舞妓さんも立ち寄る美味しいランチや老舗の和スイーツも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
京都上七軒は上京区の北野天満宮の東、千本釈迦堂の西にある花街で京都の五花街で最初に出来た、一...

糸仙とは?

それでは、ますは糸仙の概要についてご紹介します。京都では中華料理店も数多くあり、庶民的で気軽に入れるお店やチェーン店から高級店まで幅広く揃っています。そんな中で糸仙は家庭的な味付けの中華料理店でリーズナブルな値段で食べられるということもあり、老若男女問わず常に賑わっているお店なんです。

京都府京都市上京区真盛町にある中華料理店

糸仙は、京都府京都市の中でも上京区に店舗があります。もともとは組紐屋さんであったというご主人が30年前に創業したのが糸仙であり、創業以来地元の方はもちろんのこと、遠方からもう美味しいという噂を聞きつけて訪れるお客さんがいるほどの人気の中華料理店です。

糸仙の最寄り駅と駅からの距離:北野白梅町駅から706m

糸仙の最寄り駅は、京福電鉄北野線の「北野白梅町駅」です。北野白梅町駅からは徒歩で10分ほどであり、上七軒の細い路地を入っていったところに店舗があります。

バスを利用される場合には、京都市バスで「上七軒」停留所から徒歩で4分ほどで到着します。車で行かれた場合には専用の駐車場はありませんので近隣の有料駐車場をご利用ください。

糸仙の周辺ってどんな街なの?

糸仙は、京都市上京区、北野天満宮の東にある上七軒に店舗があります。上七軒ですが、京都に5つある花街の中の一つであり、5つの中で最も歴史が古い花街です。

花街ということで、石畳の通り沿いに町屋が立ち並んでおりその中に糸仙はあります。京都の風情が感じられる街では、舞妓さんと出会うこともあり華やかさもある街で歩いているだけでも楽しいです。なかなか観光でメインになることは少ないですが、京都らしさを感じられるおすすめの観光スポットでもあります。

糸仙の特徴や魅力

そんな人気の糸仙ですが、それほど多くのお客さんが訪れるということで一体どんな特徴や魅力があるのでしょうか。有名人も訪れることがあり、メディアでも多数紹介されている名店でありわざわざ遠方から訪れる方もいるほどの糸仙の魅力に迫っていきましょう。

予約することをおすすめ

糸仙を訪れる際には、前もって予約をしておくことをおすすめします。というのも、糸仙は常に予約でいっぱいであり満席で断られてしまうというケースも非常に多いです。

お食事をしている間でも予約の電話がひっきりなしでかかってくるというほどであり、特に週末や連休などには早い時期に予約で席が埋まってしまっているということもあるようです。糸仙に行かれる予定が立ったらすぐに予約の電話をすることをおすすめします。

店舗レイアウト:カウンター席・テーブル席

店内は、1階と2階を利用できるようになっており、1階はカウンター席と座敷席となっています。1階にはカウンター席が6席あり、目の前で料理を作っている姿を見ることができるアットホームな雰囲気のお店です。奥の座敷席は小上がりになっておりレトロな雰囲気を醸し出しています。

個室もあるのでデートや女子会にもおすすめ

2階には個室として利用できる部屋もあります。テーブルの中央にはターンテーブルも置いてあり中華料理という雰囲気が出ていて人気です。ターンテーブルで美味しい中華料理を食べると会話も弾むことでしょう。個室を利用したいという場合には早めの予約がおすすめです。個室は10名ほどまで利用することができます。

個室の場合は周りの目を気にすることなくのびのびとお食事ができますので、デートや女子会にもおすすめです。お料理は体に優しい味わいに仕上がっているので女性にも人気が高いお店です。

リーズナブルなお値段

糸仙の人気の理由の一つに「リーズナブルなお値段」ということが挙げられます。上七軒の中にある中華料理店ということで、なんとなく値段が高いイメージがあるのではないでしょうか。初めて行かれる場合は、一見さんお断りなのではないかと心配されるかもしれませんが、糸仙はそういったイメージとは正反対のお店です。

料理はどれもリーズナブルな値段です。たくさん食べて飲んだとしても3000円程度ですむという口コミも多く、値段に関しては心配いりません。また、一見さんお断りということもなく、初めてのお客さんでも女将さんの優しい口調にすぐに溶け込むことができます。

糸仙おすすめ人気メニュー

それでは、糸仙でのおすすめ人気メニューをご紹介していきましょう。糸仙では様々な定番の中華料理のメニューが揃っており、どれにしようか迷ってしまうという方も少なくないでしょう。そこで糸仙に行かれるときにぜひ注文してほしいおすすめのメニューをご紹介します。

人気のベスト5はコレ!

糸仙には様々なメニューがある中でも、人気のメニューベスト5をご紹介します。メニューに迷ったらこれらを注文すると間違いありません。ぜひ糸仙に行かれる際には参考にしてください。一度食べるとやみつきになってしまうというメニューばかりです。

No.1:春花捲

糸仙おすすめの人気メニュー、第一位は「春花捲」、いわゆる春巻です。糸仙に訪れるお客さんの大半が注文するというこちらのメニューは800円です。二本提供され、一本がそれぞれ四等分されています。そのため非常に食べやすく、大きな口を開けずとも食べることができるため舞妓さんからも人気です。

糸仙では春巻の皮も手作りです。中はたっぷりのタケノコが入っており薄味となっています。外側の皮はパリパリの食感、中の具材はぎっしりで皮もあんも美味しいと評判です。

No.2:古老肉

糸仙のおすすめ人気メニュー、第二位は「古老肉」です。こちらはいわゆる酢豚です。糸仙では古老肉も春花捲に並んで注文するお客さんが多いメニューであり、750円です。

糸仙の酢豚の特徴といえば、具材が豚肉とパイナップルのみだということです。一般的に酢豚といえば人参や玉ねぎ、ピーマンなどの野菜が入っており色とりどりなものが多いですが、糸仙の酢豚はシンプルな具材であっさりとした見た目です。

入っている豚肉はしっかりと下処理がされている豚もも肉で、脂身の部分はカットされていますが非常に柔らかいです。たっぷりとかかっている餡は甘さが控えめで、パイナップルの酸味が良いアクセントになっています。シンプルながらも美味しさが引き立つ酢豚はなかなか他では食べることができない味です。

No.3:鳳凰蛋

糸仙のおすすめ人気メニュー、第三位は「鳳凰蛋」です。こちらはメニュー名だけ見てもどういったものなのか想像つかないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。鳳凰蛋はかしわたまご焼きのことであり、値段は650円です。

かしわたまご焼きとは、鶏肉と卵を炒めたものに餡がかかっているものであり、広東料理の一つです。かに玉のカニが鶏肉に変わったようなものであり、糸仙のかしわたまご焼きは、ほんのりと甘い味付けの餡がたっぷりかかっており、京都らしい中華料理に仕上がっています。

鶏肉は柔らかく、一緒に入っている玉ねぎはシャキシャキした歯ごたえです。そこにたまごが加わって三位一体の美味しさが口の中に広がっていきます。

No.4:炒麺

糸仙のおすすめ人気メニュー、第四位は「炒麺」です。炒麺とは焼きそばのことであり、糸仙ではあんかけ焼きそばが人気です。値段は700円です。

炒麺で使用されている麺は自家製であり、自家製の麺を素揚げしてその後一日寝かせています。その素揚げした麺と茹でた麺を両方合わせてあるため、食べる時には揚げてある麺のパリッとした歯ごたえと茹で麺の柔らかい部分の食感の違いを楽しむことができます。

かかっている餡の中には豚肉とたくさんの種類の野菜が入っています。上品な味付けで、細目の自家製麺によく絡んで非常に美味しいと〆に注文される方も多いメニューです。

No.5:又焼麺

糸仙のおすすめ人気メニュー、最後は「又焼麺」です。こちらはやきぶた汁そばのことであり、値段は600円です。あんかけ焼きそばと同様に〆に注文される方が多い人気メニューです。

又焼麺の麺ももちろん自家製であり、非常に細い麺でスープによく絡んでいます。スープもあっさりとした味付けで、チャーシューにはしっかりと味が染み込んでおり全体のバランスがうまく取れています。

こってり濃い味の汁そばではなく、あっさりとしていて体に優しい味わいの汁そばです。〆にいただくと、中華料理を食べた後なのに口の中がさっぱりとしているということに気づくでしょう。

糸仙の食レポ

予約で満席になっていることが多いほど人気の糸仙ですが、口コミでも多くの情報が寄せられています。上七軒の裏路地にあるため、知る人ぞ知る中華料理の名店でしたが、ここ数年では多くの方が訪れているお店になりました。そこで、糸仙の食レポをご紹介していきましょう。

糸仙の外観の特徴

糸仙は、上七軒の中でもさらに裏路地に入った場所にあります。初めて行かれる場合には本当にここの道で合っているのかと不安になられるかもしれませんが、進んでいくと糸仙の看板が見えてきます。

知らない方は絶対にたどり着かないだろうといった場所にある糸仙は、町屋が並んでいる静かな場所に立っています。風情がある外観で、青地の暖簾に赤い文字で糸仙と書いてあり、大きなちょうちんもあるため周囲と比べると目立つ外観をしています。

糸仙の店内の様子

店内に入ると、カウンター席と座敷席が広がっています。糸仙はカウンター席以外はもともと以前のお茶屋さんの作りのまま利用されていますので、風情が感じられます。花街にある中華料理店なので、なかなか入りずらいかもしれませんが中は落ち着いた雰囲気でついつい長居をしたくなってしまいます。

オーダーしたメニューの感想など

糸仙で外せないメニューといえばやっぱり春巻きです。春巻きは1本を4つにカットされているため非常に食べやすく、大きな口を開けなくていいのも女性には嬉しいポイントです。薄味ながらも何もつけずに食べても美味しく、タケノコの歯ごたえと皮のパリパリ感が絶妙です。

そして中華料理の定番であるエビチリも外せません。エビはぷりぷりで、チリソースはほんのりと辛くそれでいてうま味がしっかりと出ています。

そしてかしわたまご焼きは、そのまま食べても美味しいですが白ご飯に乗せて丼のようにして食べるのもおすすめです。ほんのり甘いあんがご飯に絡んで絶品です。和食の親子丼とはまた違った味わいで、中華料理の奥深さが感じられます。

〆のデザートで人気なのが杏仁豆腐です。女性には特に人気が高い杏仁豆腐ですが、クリーミーな味わいで満腹であってもついつい食べ進んでしまいます。甘いものがあまり得意ではないという方でも糸仙の杏仁豆腐なら食べられるということも多いです。

糸仙の基本情報

最後に糸仙の店舗基本情報についてご紹介していきましょう。予約なしでは入店できないほどの人気がある糸仙。上七軒という花街の中にあり、初めての方はなかなか入りずらい雰囲気を醸し出していますが入店してみるとアットホームな雰囲気にすぐ馴染めます。ぜひ初めて行かれる場合にはしっかりと基本情報をチェックしていきましょう。

最寄り駅からのアクセス

まずは最寄り駅からのアクセス方法についてです。糸仙は京福電鉄北野線「北野白梅町駅」から徒歩で10分ほどです。上七軒の通りから細い路地を入っていった先に店舗があります。初めて行かれるという方は戸惑われるかもしれませんのでしっかりと地図でチェックしてから行くことをおすすめします。

バスや車で行かれる場合には、上でご紹介した通りです。どちらの場合でも店舗の場所のチェックが必須になります。

電話番号・営業時間&定休日

続いて、糸仙の電話番号・営業時間・定休日についてです。糸仙の電話番号等は下記の通りです。予約ですぐに満席になってしまうほどの人気店ですので、前もって行く予定の日が決まっているという場合にはぜひ予約をしておくのがおすすめです。

営業時間は17時半から21時まで、ラストオーダーは20時半となっています。定休日は毎週火曜日と第三水曜日です。

住所 京都府京都市上京区真盛町729-16
電話番号 075-463-8172

おいしい中華料理を食べに京都・糸仙へ行こう!

いかがでしたか。京都の上七軒にある人気の中華料理店・糸仙についてご紹介しました。予約をしないと入れないほどの人気店である糸仙。花街の中にあるお店ですが、気軽に入りやすくそれでいてリーズナブルで美味しいと最高のお店です。ぜひ京都に行かれる際には糸仙に足を運んでみてはいかがでしょう。

関連記事

関連するキーワード

180.thumb
この記事のライター
reiko
九州出身、北海道在住6年目のreikoです。 美味しいものを食べることと、旅行に行くことが大好きです。 転勤族なので、次はどこに行って何ができるのかを想像してワクワクしています。

京都市の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

京都市の新着のまとめ