焚き火用タープは難燃性に優れている人気アイテム!おすすめ商品11選!

2019年7月9日 (2019年7月20日最終更新)

屋外のキャンプではテントが必要ですが、より快適な居住空間を創り出す為にタープを使用します。直接の日差しや雨風を防ぐことができます。しかし焚き火を起こす場合に通常のタープの下では火災の危険がありますので、素材の異なる焚き火用タープの使用がおすすめです。

目次

  1. 焚き火用タープ商品をチェックしよう!
  2. 人気がある焚き火用タープの特徴
  3. 焚き火用タープの形状と種類
  4. 1:焚き火用タープ人気商品【タトンカタープ1TC】
  5. 2:焚き火用タープ人気商品【ビジョンピークスTCタープ】
  6. 3:焚き火用タープ人気商品【ファイアプレイス TC ヘキサタープ】
  7. 4:焚き火用タープ人気商品【Takibi-Tarp TC wing】
  8. 5:焚き火用タープ人気商品【Takibi-Tarp Cotton Hexa】
  9. 6:焚き火用タープ人気商品【REVO TARP Lコットン】
  10. 7:焚き火用タープ人気商品【ノルディスク カーリ Kari 20】
  11. 8:焚き火用タープ人気商品【チーズタープ】
  12. 9:焚き火用タープ人気商品【オクラタープ】
  13. 10:焚き火用タープ人気商品【ヘーキサタープ】
  14. 11:焚き火用タープ人気商品【ヘキサゴンタープTC470】
  15. 焚き火用タープ人気商品を11種類厳選!

焚き火用タープ商品をチェックしよう!

屋外でのキャンプは空の下で開放的な気分を満期することができます。しかし天気が良く日差しが強い場合や突然の雨風に見舞われる時、タープを設置することで解消されます。ただしタープの下で焚き火を起こす場合には焚き火用のタープが必要になります。ここでは難燃性に優れた焚き火用タープのおすすめ商品を紹介していきます。

人気がある焚き火用タープの特徴

キャンプでは焚き火やバーベキューなどで火を使用する場合が多いですが、特に焚き火の場合火の粉によっる危険が生じてしまいます。特にタープを設営した状態での焚き火は、タープに穴が開いてしまったり火災を発生させてしまいます。焚き火用のタープであればタープの下でも焚き火を起こすことができます。

(1)難燃性に優れていること

焚き火用タープと通常のタープを比較すると、見た見目に区別することは難しいですが、実際に使用される材質に大きな違いがあります。

キャンプで焚き火をおこなう上で、やはり火の粉がタープに燃え移る可能性があります。その点焚き火用タープは難燃性に優れた非常に燃えにくい性質があり、通常のであればすぐに燃え移ってしまう状況であっても、なかなか燃え広がることがないことが特徴です。

(2)ソロキャンプでも使いやすいコンパクト性があること

焚き火用タープを設置する場合に、基本的にタープは天井部分になる布と支柱となるポールによって組み立てることになります。

タープには大きさや布部分の形状など種類によって異なってきますが、家族や友人同士でタープを設置するのであれば大き目の商品を選び、協力してタープやテントを組み立てることができますが、今流行の一人の時間を楽しめるソロキャンプが問題です。

ソロキャンプのように一人でも簡単に組み立て可能なタープが販売されています。タープ自体のサイズも小さく、テントの代用としても使用できるものや、テントと一体となった形状などがあり、タープ本体の重量も軽くツーリングなどで持ち運びのしやすさも特徴です。ソロキャンプで活躍できるタープとして人気があります。

(3)安い価格でコスパが良いこと

焚き火用タープの特徴として、安い価格でも購入できることが挙げられます。販売されるメーカーやタープの大きさによって価格は異なりますが、2万円程度で購入できる焚き火用タープも多く、難燃性にも優れたタープが安い価格で購入できるのでコストパフォーマンス的にもおすすめです。

一般的にの価格としては、5万円前後で購入できるタープが多いですが、丈夫な素材による耐久性の向上からも何シーズンにも渡って使用できることから、コストパフォーマンスとしてタープとして安い価格となっています。もちろんソロキャンプや大人数など使用方法によってタープを選ぶ必要があります。

(4)デザインがおしゃれなこと

焚き火用タープの購入に際して、難燃性が良質なものや安い価格で購入できる点などが重要になりますが、キャンプで落ち着いた雰囲気を演出できるようなデザインのおしゃれさも購入ポイントです。自然に溶け込むような爽やかな色合いの商品が多く、タープを設置した際に満足感を得られます。

(5)コットン素材であること

難燃性が持ち味の焚き火用タープですが、通常のタープとの違いとして使用されている素材が異なります。

通常のタープはポリエステルやナイロンを使用した素材であり、軽さや持ち運びやすさが利点となりますが、対して焚き火用タープには難燃性に優れたコットン生地を100%使用したものや、コットンとポリエステルを組み合わせた両方の素材を十分に活かした商品があります。

Originalワンタッチタープでキャンプを快適に!人気のおすすめ商品17選&選び方を紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
タープは、即席のリビングになりプライベート空間が出来上がります。ワンタッチタープは、一人で組...

焚き火用タープの形状と種類

焚き火用に限らずタープには布の形状によってそれぞれに名称があります。また大きさも2mから大きくて6mまで種類も様々です。

タープの主な形状としては、ヘキサゴン型と呼ばれる六角形タイプや、少し縦長の長方形タイプのレクタタープ型、ひし形や正方形タイプのウイング型に大きく分けられます。形状によってポールやペグを使用した組み方や、安い価格から高いものまで異なってきます。

Originalタープの張り方を覚えれば一人でも楽々!ロープの結び方やアレンジ法は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
アウトドアに必要なタープは色んな張り方があります。そんなタープの張り方はまず基本をまずターし...

1:焚き火用タープ人気商品【タトンカタープ1TC】

正方形のウイング型タイプの人気商品としてタトンカタープ1TCがおすすめになります。タトンカタープは現行1TCから4TCまでの用途に応じた各種モデルを取り揃えていますが、中でも取り扱いがしやすくかつ軽量であり難燃性に優れた1TCモデルはソロキャンプでもおすすめのタープです。

この焚き火用タープのおすすめポイント

タトンカタープ1TCに使用されている素材は、コットンとポリエステルの両方を使用しそれぞれぞの特性を活かした使い勝手の良さが魅力です。

タトンカタープ1TCは縦横約4mの正方形の布に重量は約3㎏となっています。ゆったりとした大きさから家族向けにも十分に機能するタープであり、付属品のロープを使用しタープを設置する際に様々なアレンジを施すことができます。

2:焚き火用タープ人気商品【ビジョンピークスTCタープ】

日本国内において、スポーツ全般からアウトドア用品まで幅広いをるヒマラヤでは、キャンプ用品専門のブランドとしてビジョンピークスの名で展開しています。ビジョンピークスのアウトドア用品は安い価格で購入できるコストパフォーマンスの良さが魅了であり、かつ品質の良さも一押しの商品を販売しています。

価格の安い焚き火用タープとして、ビジョンピークスのTCタープがおすすめになります。正方形のウイング型のコットン素材を使用した難燃性に優れたタープであり、風通しの良さや長く使用しても安心にお耐久性にも抜群の焚き火用タープになります。また専用袋を使用した持ち運びのしやすさも魅力です。

この焚き火用タープのおすすめポイント

TCタープはその大きさからも、ソロキャンプのような小人数でも使用できることができるタープであり、やはり難燃性に優れた品質の高さの上に、2万円程度の安い価格で購入できるコストパフォーマンスの良さがの特徴となっています。また突然の雨風にも安心の特徴はっ水加工を施したタープとなっています。

3:焚き火用タープ人気商品【ファイアプレイス TC ヘキサタープ】

ビジョンピークスの焚き火用タープの中でも、人気の高い商品の一つとしてファイアプレイス TC ヘキサタープがおすすめになります。ポリコットンによる素材により難燃性と風通しの良さである通気性を併せ持ったタープであり、2万円以内の安い価格で購入できるコストパフォーマンスの良さも際立つ商品になります。

この焚き火用タープのおすすめポイント

ヘキサゴンタイプの焚き火用タープであり、4m60㎝から4m35㎝の大きさからソロキャンプでも活躍できるタープになります。2本のポールとロープを使用したタープの設営も自由自在にアレンジし、非常に簡単に組み立てることができます。重量4㎏以下と専用の収納袋に入れた持ち運びのしやすさも魅力です。

4:焚き火用タープ人気商品【Takibi-Tarp TC wing】

総合アウトドアブランドのWILD-1がオリジナルキャンプブランドとして展開するテンマクデザインから、安い価格で販売する焚き火用タープとして、Takibi-Tarp TC wingがおすすめとなります。コットン素材の難燃性とポリエステル生地の軽量感を融合させ、キャンプでの使い勝手の良さが人気の商品となっています。

この焚き火用タープのおすすめポイント

5m四方の大きさによって、大人数でもゆったりとしたキャンプを楽しむことができる焚き火用タープであり、コットン素材の通気性の良さを生かした風通りで快適に過ごすことができます。別売りの専用の難燃性シートを購入することで、タープ内での焚き火をより安心して楽しむことができます。

5:焚き火用タープ人気商品【Takibi-Tarp Cotton Hexa】

テンマクデザインの優れた焚き火用タープから、5m70㎝から5m60㎝の大型タープであるTakibi-Tarp Cotton Hexaも人気の高い商品となっています。表面はコットンを使用した難燃性に優れた加工を施し、風通しの良い通気性も抜群でありキャンプでの快適な空間を演出できる逸品です。

この焚き火用タープのおすすめポイント

ヘキサゴンタイプのTakibi-Tarp Cotton Hexaは、ロープやポールの組み合わせによって自由自在の設営が可能であり、家族連れや大人数での使用でも十分にくつろげる大きさが特徴となっています。Takibi-Tarp TC wingと同様に別売りの難燃性シートを購入することで安全に焚き火を使用することが可能です。

6:焚き火用タープ人気商品【REVO TARP Lコットン】

総合アウトドアブランドであるWILD-1から、独自のキャンプブランドとして生み出されたテンマクデザインが、同じくキャンプ用品を多数取り扱うブランドであるユニフレームとのコラボレーションとして登場した焚き火用タープがREVO TARP Lコットンであり、キャンプ愛好家からも高い人気を得ています。

この焚き火用タープのおすすめポイント

REVO TARP Lコットンはヘキサゴンタイプのタープではありますが、左右非対称の形状のタープであり設置した際にすっきりとした空間を生み出します。

難燃性の焚き火用タープとして、布本体に100%コットン生地を使用し直接の日差しを遮る効果を生み出します。コットン素材の特徴を活かすことにより防水性にも優れたタープであり、約5m四方の大きさや重量の軽さも魅力です。

7:焚き火用タープ人気商品【ノルディスク カーリ Kari 20】

デンマーク発祥のキャンプ用品を取り扱うノルディスクワークスでは、品質に優れた様々な商品を取り揃えていますが、その中で難燃性に優れたコットン素材のタープを販売しています。おすすめの焚き火用タープの品揃えの中でもカーリ Kari 20は日本国内でも高い人気を得ています。

この焚き火用タープのおすすめポイント

カーリ Kari 20はコットン素材と共に人工ポリエステの糸を使用井することによって、難燃性に優れている部分と、重量に軽さやはっ水加工による雨風にもしっかりと対応した焚き火用タープとなっています。約5m四方の大きさで10人程度の大人数で使用できるほど、ゆったりとした空間を演出します。

8:焚き火用タープ人気商品【チーズタープ】

キャンプでの必需品を幅広く取り扱うDODから販売されているウイングタイプのチーズタープがおすすめです。5m四方の正方形によるポリコットン生地のタープであり、難燃性に優れ焚き火から発生する火の粉に対しても穴が空く心配を軽減してくれます。ポリエステルの重量の軽さも魅力となっています。

この焚き火用タープのおすすめポイント

タープそのものが大きめの正方形のため、配置の仕方にも様々な工夫を凝らすことが可能となります。タープ生地に全部で16カ所のループが施されていることからも、テントと連動させた設置の仕方など自由に設営することが魅力です。持ち運びに便利な専用の収納袋でソロキャンプでも活躍できる商品となっています。

9:焚き火用タープ人気商品【オクラタープ】

難燃性には特に優れた焚き火用タープとしてオクラタープがおすすめです。キャンプ特化したDODが販売タープの中でも大きな面積を誇る商品であり、大家族でのキャンプでもゆったりと包み込んでくれるタープとなっています。六角形のヘキサゴンタイプであり組み立てのしやすさも魅力です。

この焚き火用タープのおすすめポイント

縦横それぞれ5mにも及ぶ大きなタープはポリエステル生地とコットン生地を合わせたポリコットン素材であり、難燃性と合わせて風が通り抜けやすい構造であり、大きな風にも耐えうるタープとなっています。ポールやロープの組み合わせで自由自在の設営ができることも特徴となっています。

10:焚き火用タープ人気商品【ヘーキサタープ】

第一に安い価格帯であること、さらにファッショナブルなデザイン、充実した機能的なアウトドアブランドDODが販売するヘーキサタープがおすすめです。六角形のヘキサゴンタイプのタープであり、六ケ所のループから付け替え自由にグロメットを配置するだけで様々なバリエーションのタープの設置が可能です。

この焚き火用タープのおすすめポイント

コットンとポリエステルの素材を使用し、難燃性と使いやすさを兼ね備えたタープであり、カラーバリエーションはベーシックなブラックとベージュを取り揃えています。縦横それぞれ4m20㎝の大きさですが、重量は3㎏と収納袋も付属して、ソロキャンプでも持ち運びのしやすさも魅力となっています。

11:焚き火用タープ人気商品【ヘキサゴンタープTC470】

充実したアウトドアライフを演出するブランドであるテントファクトリーからヘキサゴンタープTC470がおすすめです。キャンプ用品を取り扱う専門ショップであることからも品質に優れたタープであり、大人数での使用でも十分にスペースを確保できる上に耐久性も抜群の商品になります。

この焚き火用タープのおすすめポイント

ヘキサゴンタープTC470はポリエステルとコットンの両素材そ使用し、難燃性に優れた上にポリエステル生地がタープ設置の際に、風通しの良さをもたらします。横幅の長さが470mと大きさも特徴であり、付属品としてキャリーバッグに収納できるのでソロキャンプでも使用できる持ち運びのしやすさも魅力です。

焚き火用タープ人気商品を11種類厳選!

厳選された焚き火用タープはいかがでしたでしょうか。ファミリー向けやソロキャンプなど多種多様なシーンで使用される焚き火用タープの使い勝手の良さや、おしゃれさなどキャンプには絶対に欠かせない必需品と言えます。キャンプを計画されている方はこの機会に焚き火用タープの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
asiasi

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ