「ヒポポパパ」はトイレが水族館?海が見える人気のカフェをご紹介!

2019年7月11日 (2019年9月1日最終更新)

まるで水族館のような美しいトイレが設置されているカフェ「ヒポポパパ」。ヒポポパパは人気のメニューをはじめ、明石で美しい海を眺めながらのんびりと過ごすことができます。ヒポポパパは人気のメニューも多く、女性だけが体験できる貴重な時間を過ごせます。

目次

  1. 明石で人気のカフェ「ヒポポパパ」をご紹介
  2. ヒポポパパは明石市にあるトイレが話題の人気カフェ!
  3. ヒポポパパは女性トイレがすごい!
  4. ヒポポパパの素敵なトイレの見えない苦労
  5. ネーミングもかわいい!ヒポポパパのおすすめメニュー
  6. ヒポポパパの店舗情報
  7. ヒポポパパで美味しい料理と水族館トイレを満喫しよう!

明石で人気のカフェ「ヒポポパパ」をご紹介

ヒポポパパは明石で有名なカフェになり、とくにトイレが美しいと評判が高いです。まるで水族館のような光景が広がっており、海の近くなのでのんびりと過ごすことができます。美味しいメニューも多く、地元の方をはじめ多くの観光客を魅了しています。今回はそんなヒポポパパのおすすめメニューや見どころをご紹介します。

ヒポポパパは明石市にあるトイレが話題の人気カフェ!

ヒポポパパは明石市のカフェとして有名なお店になり、トイレが美しいことで知られています。女性用トイレのみとなりますが、まるで海の中に迷い込んだような幻想的な世界観が広がっています。すぐに話題を呼び、今では明石の名物カフェとなっています。

今回はそんなヒポポパパの魅力や特徴をご紹介していきます。かつては店名が違っていたため、一緒のお店だと関連付ける方も少ないですが、休日には多くの人々で賑わっています。ヒポポパパに訪れる前に目を通してみてください。

かつては「ムーミンパパ」の店名で知られていた

ヒポポパパは明石でも32年目を迎える老舗カフェとして知られており、かつては「ムーミンパパ」という名でカフェを営んでいました。数年前にカフェの名前を現在の「ヒポポパパ」に変えており、地元の方から厚い信頼を得ています。

ヒポポパパは海の近くに設置されているカフェになり、特別なカフェとしても知られています。ヒポポパパは覚えにくい名前ではありますが、明石のパンフレットなどにも紹介されている人気のお店です。最近は観光客からも注目されているカフェです。

オーシャンビューの絶景はデートにも最適!

ヒポポパパはトイレも魅力的ですが、なんと言ってもオーシャンビューの絶景が多くの人々を魅了しています。カフェの目の前には明石の海が広がっており、大きな窓が設置されているので席に座りながら海の絶景を見渡すことができます。

立ちこぎサーフィンや海で遊んでいる人々を見渡すことができ、ロマンチックな時間を過ごすことができます。海風や波の音を聞きながらのんびりと過ごすことができるので、1人でもカップルでも家族連れでも利用することができます。

ヒポポパパにはカップルに人気のある仕切りの付いたカップルシートが設置されています。カップルシートは海の見える窓際のカウンターにあり、仕切りがついているので2人だけの空間でのんびりと景色だけを楽しむことができます。

Original明石観光のおすすめスポットは?定番の名所やグルメ・周辺情報もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
兵庫県の観光地といえば、神戸や城崎温泉などが真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。しかし、...

ヒポポパパは女性トイレがすごい!

ヒポポパパ最大の見どころと言えば、やはり女性用トイレになります。今までにないトイレになり、幻想的な風景が広がっています。トイレでとてもリラックスすることができ、女性はヒポポパパのトイレを目的に来店する方も多くいます。

今回はそんなヒポポパパで自慢のトイレを詳しくご紹介していきます。女性用トイレですが、条件付きで男性も見ることができるので、訪れる前に確認してみて下さい。地元の方からも有名なカフェのトイレなので、日々多くの人々で賑わっています。

トイレはまるで海の中の水族館!

ヒポポパパのトイレは別名を「海の中の水族館」と呼ばれています。厳重な扉を開いていくと、思わず歓声を上げてしまう海の絶景が広がっています。優雅に魚が泳いでおり、360度ガラス張りで海の中の光景を楽しむことができます。

水族館よりも魚を身近に感じることができ、トイレを水槽で囲んで作り上げています。かなり近い距離で魚が泳いでいるので、用を足している間は魚からの目線を感じます。クセになる感覚になり、少しのんびりとトイレをする方が多くいます。

SNSでも話題を集めているトイレになり、海が大好きなオーナーによって作られたトイレになります。残念ながら男性用はノーマルトイレになりますが、トイレに行きたくなくても魚に会いに訪れる方もいます。

サプライズで女性を連れてくるお客さんも

トイレの水族館に住む魚は全部で200匹を超えており、掃除の時期以外は幻想的な世界観を楽しめます。そのため、カップルや夫婦で女性にトイレの件を内緒にして訪れる方が多く、トイレに行くと驚きの声があがっています。

ヒポポパパでは誕生日や記念日などのサプライズにもおすすめのお店になり、ワクワクできる空間が広がっています。オーナーはとても気さくな方になるので、演出も楽しむことができます。ぜひ、女性に内緒でカフェに訪れてみてください。

男性も条件付きで入れる!

トイレの水族館は女性用トイレなので、男性は条件付きでないと見ることができません。どうしてもトイレを見たいと言う男性は、女性同伴という条件でトイレを見に行くことができます。見に行く前にスタッフに声をかけるようにしてください。

カップルや夫婦で訪れれば一緒にトイレの水族館を楽しむことができます。その際はトイレで用を足すことができないので注意してください。男性1人で訪れている場合は、女性のスタッフが同伴してくれるので気軽に声をかけてみてください。

ヒポポパパの素敵なトイレの見えない苦労

ヒポポパパの美しいトイレですが、実はオーナーの並みならぬ努力が募った結果になります。かつて、トイレのない場所で用を足したくなったオーナーが、仕方なく海の中で用を足した際に覚えた感動を伝えたいとトイレ開発がはじまりました。

ヒポポパパのトイレに生息している魚はすべて生きている魚になるので、掃除やエサ、メンテナンスなどさまざまな苦労があります。美しいおすすめのトイレですが、オーナーがそこまでして見せたい光景が広がっています。

完成まで2カ月!水族館トイレの誕生秘話

水族館トイレは、完成まで約2か月の時間を費やした大作になります。最初、いくつもの建築業者に話を持ち掛けましたが、前例がなく、ことごとく断られたそうです。それでも実行したいオーナーは技術職の友人を集めてトイレを完成させていきます。

最初は水槽の周りで強度を高めるためにベニヤ板を用いていましたが、どうしても今のような幻想的な光景にはなりませんでした。完璧を求めたオーナーは京都に住む造形美術の専門家に依頼し、本物の岩で型をとっているグラスファイバー製の岩を使用します。

このように試行錯誤を繰り返しながら今のような人気のあるトイレを生み出し、計画してから2か月で完成させました。それぞれ友人の技術者、専門家と相談しながら完成させていき、世界に1つの水族館トイレが生まれました。

掃除は1日半がかり!メンテナンスも一苦労

ヒポポパパのトイレは完成までも大変でしたが、意地していくのも並大抵の努力ではありません。まず、魚の飼育に関して素人だったオーナーはメンテナンスを業者に頼みます。メンテナンス光景を見ながら学び、今では自分でもメンテナンスできます。

水槽の中は生きている魚が生息しているので、どうしても時間が経つと汚れていきます。そのため、掃除は必須になりますが、毎年4月と10月に行っています。オーナー自ら足を入れて水槽を洗っていき、ろ過作業など作業は全部で1日半かかります。

30年以上魚の成長を見守るオーナー

水槽内に暮らしている魚は全部で200匹おり、当初は種類も多かったと言われています。30年以上成長を見守り続け、自然淘汰されていった結果、今では強く生き残った魚だけが残されています。

水槽が完成してから入れたスッポンの赤ちゃんなども今では約50cm以上にまで成長しており、オーナーからすれば子供のような存在です。魚の厳しい世界を目の当たりにでき、海の中で繰り広げられる命のやり取りを体験できます。

水槽には時折新しい魚も加わっていきます。その際はオーナー自ら宣伝していくので、カフェに訪れる前に最新情報を確認しておくのがおすすめです。ヒポポパパのトイレはさまざまな歴史を辿り、今のような光景を生み出しています。

ネーミングもかわいい!ヒポポパパのおすすめメニュー

ヒポポパパはカフェとして明石の美味しいグルメを味わえることでも人気があり、モーニングやランチでさまざまなメニューを楽しむことができます。それぞれ昔から味が変わらず、ボリューム満点なので男性にもおすすめです。

今回はそんなヒポポパパでおすすめのメニューをご紹介していきます。どれも美味しいメニューばかりになり、季節限定のメニューもあるので、1度確認しておくのがおすすめです。初めて訪れる方はぜひ参考にしてみてください。

グランドムーミン(牛ロースステーキ)

ヒポポパパで定番の人気メニューが「グランドムーミン」になります。グランドムーミンとは牛ロースステーキになり、サラダやライス、スープもセットになっているのでボリューム満点です。また、ステーキはとても柔らかいです。

野菜もしっかりと接種することができ、海を眺めながら食べるお肉は絶品です。1つ1680円という値段になり、ドレッシングやタレにもお店のこだわりを感じることができます。子供から大人まで人気のあるメニューです。

ムーミンパパ(ハンバーグ)

ヒポポパパで多くの人々から注目されているのがムーミンパパになります。ムーミンパパはハンバーグメニューをさしており、風味から楽しめるメニューとなっています。ステーキ同様、サラダやスープ、ライスがセットになっています。

ランチで人気のあるメニューでもあり、とてもジューシーな肉汁を味わうことができます。口に入れるだけで肉の旨味が広がっており、明石の海風を感じながら味わうことができます。焼き加減も絶妙になり、クセになる味わいになります。

ムーミンママ(えびフライ)

ヒポポパパのムーミンママはえびフライになります。えびフライはサクサクとした食感を楽しむことができ、とても大きいのでボリュームもあります。えびはプリプリとした食感を楽しむことができ、子供から大人まで人気のあるメニューです。

ヒポポパパにはセットメニューとして、先ほどのハンバーグとえびフライが一緒になったメニューも存在しています。男性から注目されているメニューでもあり、ムーミンパパ、ムーミンママを同時に味わうことができます。

おすすめのランチメニュー

ヒポポパパにはおすすめのランチメニューが多く提供されています。中でも人気あるのがレディースランチにあり、美味しいサンドウィッチとグラタン、サラダがセットになっています。女性でもお腹いっぱいになれるメニューです。

カフェの王道であるパスタランチもあり、美味しいパンと一緒に味わうことができます。また、時期によって期間限定のランチメニューなども提供されているので、ヒポポパパに訪れる前に調べておくのがおすすめです。

ヒポポパパの店舗情報

明石でも人気のある話題のカフェ「ヒポポパパ」。美味しいメニューをはじめ、幻想的なトイレの水族館、オーシャンビューなど見どころあふれるカフェでもあります。海好きにはたまらないカフェでもあり、多くの人々で賑わっています。

今回はそんなヒポポパパの基本情報についてご紹介していきます。住所や電話番号をはじめ、営業時間や気になるアクセス方法までお伝えしていきます。初めてヒポポパパに訪れる方は、目を通してみてください。

住所・電話番号

ヒポポパパは兵庫県明石市松江に位置しているカフェになり、海や緑豊かな自然に囲まれている観光地になります。透明度の高いビーチが設置されており、海水浴を楽しみながらカフェにアクセスすることができます。

電話番号は「078-923-0253」となっており、休日は多くの人々で賑わっているので事前に予約しておくのがおすすめです。とくに人気のある窓側の席はすぐに埋まってしまうので、絶景を楽しみながらカフェを堪能したい方は予約しておきましょう。

営業時間

ヒポポパパの営業時間は10時から22時までとなっています。夜もカフェとして利用することができるので、夜の海の景色も楽しむことができます。夜はトイレの水族館も幻想的になっていくので、会社や学校帰りに立ち寄るのもおすすめです。

1番混み合う時間はランチタイムとなっているので、10時ころならあまり人がいません。混雑を避けたい方は、少し時間帯をずらすのがおすすめです。

アクセス

ヒポポパパは電車でもマイカーでもアクセスすることができます。山陽電鉄線の林崎松江海岸駅が最寄り駅となっており、駅からは徒歩3分でアクセスすることができます。海沿いを散策がてら立ち寄ることができます。

ヒポポパパには駐車場も設置されているので、明石をドライブがてら気軽に立ち寄ることができます。バスでもアクセスすることができ、自分の行きやすいアクセス方法を調べておきましょう。

住所 兵庫県明石市松江60
電話番号 078-923-0253

ヒポポパパで美味しい料理と水族館トイレを満喫しよう!

多くの見どころがある明石の人気カフェ「ヒポポパパ」。ヒポポパパには美味しいメニューをはじめ、海の中の水族館とも呼ばれているトイレに魅了される人々が多くいます。ヒポポパパは地元の方はもちろん、観光客からも注目されているカフェでもあります。ぜひ、明石を観光の際はヒポポパパへ足を運んでみてください。

関連記事

関連するキーワード

612.thumb
この記事のライター
mdn
一眼レフ片手に散歩や旅行、カフェ巡りをするのが好きです。みなさんにおすすめの観光地やカフェ情報をお伝えしていきたいです。よろしくお願いします。

明石・舞子・須磨・加古川の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

明石・舞子・須磨・加古川の新着のまとめ