ナッツのはちみつ漬けが美味しい!作り方や日持ち・アレンジ方などを知ろう!

2019年7月17日 (2019年7月18日最終更新)

近年メディアで人気になっている美容効果の高いナッツのはちみつ漬け。ナッツは抗酸化作用や豊富な食物繊維からダイエットや美容に有効な食材で、そのナッツをはちみつ漬けにすることにより、より一層の美味しさと美容効果を見込める食材になります。

目次

  1. ナッツはちみつ漬けを美味しく食べよう!
  2. ナッツのはちみつ漬けとは何?
  3. ナッツのはちみつ漬け:美肌効果を生み出す配合成分は?
  4. ナッツのはちみつ漬け:用意する材料と分量は?
  5. ナッツのはちみつ漬け:作り方と注意したいポイントは?
  6. ナッツのはちみつ漬け:どのように保存すれば日持ちするの?
  7. ナッツのはちみつ漬け:工夫して食べてみよう!
  8. ナッツのはちみつ漬け:アレンジレシピをご紹介!
  9. 美肌効果で女性におすすめ!ナッツのはちみつ漬けを試してみよう!

ナッツはちみつ漬けを美味しく食べよう!

ダイエットや美容に関心のある方はナッツのはちみつ漬けはもう食べていることでしょう。自然の恵みを豊富に受けたナッツや、はちみつは合わせて漬けることにより、より美味しくお子さんにもおやつ代わりに食べられるものへとなります。

はちみつとナッツの良い効果が合わさって、美容と健康にいい美味しいナッツのはちみつ漬けとなります。そんなはちみつ漬けについてご紹介いたします。またその美味しい作り方や手作りした際の日持ちも見てみましょう。

ナッツのはちみつ漬けとは何?

ナッツのはちみつ漬けとは、その名の通りはちみつとナッツ類を混ぜ合わせて瓶詰めしたものです。健康的な食材のナッツとはちみつを合わせることにより、より美味しくアレンジのしやすい1品へと変化します。とっても簡単に普段の生活に取り入れることができる、ナッツのはちみつ漬けですので、ぜひ毎日の食生活に美容と健康の為に食べてみましょう。

そして清潔な瓶にはちみつ漬けすることにより日持ちのする保存食にもなります。美味しいはちみつ漬けはどの世代でも食べられるグルメになります。

美味しいし美肌効果があると話題になっているナッツのはちみつ漬け

ナッツ類はみなさんどのように食べられるでしょうか。ダイエット効果があるのでおやつに置き換えて、そのまま食べているでしょうか?

またお酒のあてに塩味になったナッツ類を食べているでしょうか?ナッツは美容効果も期待できる栄養価の高い食品です。またはちみつも栄養豊富な甘さが人気の食品。

独特の美味しさがあるナッツのはちみつ漬け

その2つの食品を合わせることにより、ナッツが少しっとりとして、そのまま食べるより柔らかくなり食べやすくなります。

はちみつに浸かっていますので、本来はちみつをかけて食べるメニューにそのまま使うことによりナッツをより、自然に食べることができはちみつにナッツの香ばしさが加わり美味しさアップになります。

お子さんにもおやつ代わりに食べて頂いても安心安全なおやつになることでしょう。しかしはちみつですので小さなお子さんに挙げる時は年齢にご注意ください。

ナッツのはちみつ漬けは自分でも簡単につくれるのでブームになっている

そんな美容と健康効果の高いナッツのはちみつ漬けは市販のものも沢山あります。おしゃれな瓶に入って、贈答用で販売されているものもたくさんあります。そんなはちみつ漬けは少々お値段が上がる傾向にあります。

しかし手軽に手に入れることができる材料で作ることができますので、お家で手作りをして色んな料理にアレンジしやすいものにもなっています。簡単に作れますのでその作り方もしっかりと見ておきましょう。

ナッツのはちみつ漬け:美肌効果を生み出す配合成分は?

ナッツのはちみつ漬けには色んな種類のナッツ類が入っています。その中のどれを入れても美味しいはちみつ漬けになります。

はちみつとそのナッツ類の栄養成分を少し見てみましょう。改めて知るとさらに意識的に取りたい食品になることでしょう。美肌効果も健康効果、さらにはダイエットにも有効に働くナッツのはちみつ漬けになります。

1:はちみつ

はちみつ漬けのメインの食材であるはちみつは、健康効果の高いものです。しかし摂取する前に1つ注意があります。はちみつは生の食品になります。よって1歳未満のお子さんには与えないようにしましょう。このはちみつ漬けもそのまま食べるものになります。1歳未満のお子さんが食べると乳児ボツリヌス症になる可能性があります。

はちみつのパッケージにも1歳未満のお子さんには与えないように注意書きがされています。その点はしっかりと守るようにしておきましょう。

ビタミン・ミネラル・ポリフェノールなどお肌を健康にしてくれる成分を含む

はちみつは、天然美容液と言われるほど美肌効果の高化粧品と混ぜてはちみつを使用する人もいるほどです。

ビタミン10種類ほど、27種類ほどのミネラルに、ポリフェノール等まだまだたくさんの栄養素が豊富に含まれています。

そんなはちみつは生で食べるのがおすすめで、熱を加えることにより壊れる栄養素もなかにはあります。

Originalはちみつのおすすめランキング完全版!スーパーで買える市販品から取り寄せまで | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
はちみつは健康と美容に良いことでも人気がある食品です。はちみつにはいろいろな種類があり、採取...

2:アーモンド

アーモンドも美肌効果の高い食品として有名です。アーモンドを毎日25粒食べ続けるとダイエットに効果が期待できるというのも有名です。ナッツをおやつ代わりに食べることにより、その豊富にある食物繊維や固さが満腹感を与え、空腹を感じにくいと言われます。

しかしアーモンドには、ダイエット効果に加えて、美肌につながる栄養素を豊富に持ち合わせているものになります。美味しくい上に栄養満点で、ダイエット効果もある優れた食品になります。

抗酸化作用があるビタミンEを豊富に含む

アーモンドの中にある数多くの栄養素の中で注目すべきはビタミンEになります。ビタミンEはアーモンドに含まれる栄養素の中で1番多くの割合を占めています。

ビタミンEには抗酸化作用があるので、体を活性酸素の害から守り生活習慣病を予防する効果が高いとも言われています。血行を良くして、血の巡りをよくすることにより、冷え性を緩和し、肌の調子を若々しくする美肌効果も期待できます。

3:ピーナッツ

ピーナッツもアーモンド同様に血行を良くして生活習慣病を改善し、ダイエット効果や美肌効果が期待できる食品と言われています。

ダイエットに有効なピーナッツの半分は脂肪です。しかしその脂肪は動物性ではなく植物性の脂肪になっています。これは血中のコレステロールを下げて生活習慣病を予防するものです。

ビタミンEが豊富

ピーナッツにも多く含まれる抗菌作用のあるビタミンEは、体の細胞を元気にし癌や心筋梗塞のリスクを下げて、老化を予防するものでもあります。

またピーナッツの薄皮に含まれるポリフェノールも抗酸化作用の多きものです。ぜひ薄皮付きのピーナッツを選ぶようにしましょう。

4:マカダミアナッツ

チョコレートにコーティングさたイメージのあるマカダミアナッツ。こちらに豊富な栄養価があり美肌効果や健康増進につながる栄養素を持ち合わせています。

こちらも毎日マカダミアナッツを食べることにより、冷え性や便秘改善へつながり、それが美肌効果に結びつくマカダミアナッツになっています。女性は特に毎日続けて摂取したいナッツ類です。

オレイン酸を含みお肌のバリア機能を高める

マカダミアナッツに含まれるうれしい栄養素に、オレイン酸があります。こちらはアボガドやオリーブオイルにも含まれる栄養素で、血行を改善し血液をさらさらにするいい油と言われています。

オレイン酸は肌の皮脂を構成している脂肪酸の中で一番多く含まれるものと言われます。そんなオレイン酸をマカデミアナッツで摂取することにより、美肌の薬として体内から効果を期待できるナッツになっています。美味しく食べて美肌効果をアップさせましょう。

5:くるみ

秋に豊富に実るナッツ類の中でも人気のクルミは、質のいいオイルや美肌効果が高いナッツとして知られています。

くるみも主な成分の70%が脂質です。しかしこの脂質も良質な脂質で体にはとっても栄養価のある健康アップにつながる栄養素になっています。もちろん美肌効果も高くぜひ摂取したいいい油を含んでいます。

血液の流れをスムーズにするオメガ3脂肪酸が配合

そんな脂質の中には不飽和脂肪酸の1つであるオメガ3という良質な脂が含まれています。オメガ3は魚や甲殻類に多く含まれる栄養素で、その中に含まれるリノール酸やαリノレン酸が血液の流れをスムーズする助けをしてくれます。

ナッツのはちみつ漬け:用意する材料と分量は?

では美肌にも健康増進にもダイエットにも有効に働くナッツのはちみつ漬けを、手軽に手作りして自宅に常備しておきましょう。

作りやすい材料や分量を少し見ておきましょう。お近くのスーパーで手に入るものばかりで手作りのナッツのはちみつ漬けを作ることができます。

1:ナッツ類

ナッツは色んな種類が販売されていますが、お好みのナッツを混ぜて作って大丈夫です。そんな数種類のナッツでも、1種類でも大丈夫ですのでお好みのナッツを用意しましょう。

おすすめのナッツとしては、アーモンド、くるみ、ヘーゼルナッツに、マカダミアナッツ、ピーナッツも手に入りやすいのでおすすめです。他にもヘーゼルナッツ、皮を向いたピスタチオなども入れることができます。またレーズンやドライフルーツを一緒に入れて色んなアレンジのはちみつ漬けを作ってみましょう。

2:はちみつ

ナッツ類も同様ですが、はちみつにもいろんなものが販売されています。国産の物や外国産の物もお手頃価格で販売されています。

はちみつは生で食べる食品です。その為信頼のある原産国のはちみつを選んで材料としてみましょう。またはちみつと言っても色んな花から採取されています。よってはちみつのどの花からできているかも見てみましょう。

おすすめで日本人の口に合うのが、レンゲのはちみつです。くせが無く日本人に好まれる種類になります。あまたアカシアのはちみつはブドウ糖が少ないのでかたまりにくいと言われます。トチノキの八見るも冬でも固まりにくくアカシアに次いで冬場におすすめの種類です。

ナッツのはちみつ漬け:作り方と注意したいポイントは?

では次ははちみつ漬けを作る際に気を付けたいポイントと作り方を見て行きましょう。とっても簡単にできますので、衛生面にしっかりと注意して作れば、長期間日持ちのする美味しいはちみつ漬けができることでしょう。

1:ナッツのはちみつ漬けの作り方

ナッツのはちみつ漬けの作り方はとっても簡単です。材料はお好みのナッツ50gほどが作りやすい分量ではないでしょうか。それとはちみつはナッツを瓶に入れてかぶるぐらいの分量です。

はちみつを購入する際にどれぐらいの量を買えば分らない場合は50gほどあれば大丈夫です。ナッツにかぶるぐらいの分量を容器に入れてナッツのはちみつ漬けが完成します。そして作り方と共に衛生面にも注意した点を少しご紹介いたします。

2:ナッツのはちみつ漬けを作る時のポイント

ナッツのはちみつ漬けの作り方はとっても簡単です。しかしこの簡単な作り方の中でも、しっかりと押さえておきたいポイントは少しあります。

自宅で手作りのはちみつ漬けを日持ちするものにするためには少し気を使って作ってみましょう。

(1)瓶を煮沸消毒

ナッツのはちみつ漬けを入れておく瓶に気を付けて見ましょう。使用するのは煮沸消毒の出来るもので、しっかりと密閉できるものであれば何でも大丈夫です。しかしおすすめはジャムなどの空き瓶です。

この瓶をしっかりと洗ってから、お鍋にお湯を沸かせて、ぐつぐつと煮えた中で煮沸消毒をしておきましょう。航することによってわずかに残っている菌も死滅し、はちみつ漬けが日持ちするものになります。

煮沸後の瓶は清潔な付近の上で自然乾燥をさせましょう。間違ってもふき取ったりしないようにしてください。せっかく滅菌されている瓶にふきんの菌が付着することになります。

(2)ナッツを加熱する

そしてはちみつ漬けにするナッツもローストしておきましょう。フライパンで色づくまで15分程じっくりと火にかけます。そうすることによって香ばしいナッツになります。

そしてこの材料のナッツ類は塩味の付いていないものでオイルコーティングされていないものがおすすめです。

ナッツのはちみつ漬け:どのように保存すれば日持ちするの?

では上記の作り方で美味しいナッツのはちみつ漬けが出来上がった後は、どこで保存しておけばいいのでしょうか。はちみつですので冷蔵庫では固まってしまいます。そして作ってからどれぐらい日持ちするのかも気になります。そんなはちみつ漬けは、正しい作り方で作ったものは長期間保存が可能なはちみつ漬けになっています。

1:ナッツのはちみつ漬けのおすすめ保存期限方法は?

正しい作り方で完成したはちみつ漬けは、ナッツ類から染み出る水分が少ないので冷蔵庫に入れてしまうと固まってしまいます。

手づくりの物がなるべく冷蔵庫で保存しておいた方が安心感があります。しかしナッツのはちみつ漬けは保存場所が冷蔵庫ではありません。

(1)ナッツのはちみつ漬けを常温で直射日光があたらない場所で保存

冷蔵庫では保存しないナッツのはちみつ漬けは、直射日光の当たらない常温で保存しましょう。正しく保存して長く日持ちするはちみつ漬けを最後まで楽しんでみましょう。

ご家庭のキッチンの戸棚の中やパントリーの中で十分保存が可能なはちみつ漬けになります。特に日持ちがするように保管する必要のないはちみつ漬けです。

(2)高温多湿の場所をさけてナッツのはちみつ漬けを保存

もちろん長期間の日持ちを期待する時は、高温多湿の場所は避けましょう。近年夏が熱くなっています。室内でも高温になる場合は少し涼しい所で保管するように心がけましょう。

ふつうのはちみつでも高温多湿の場所を避けて保管すれば、1年ほどの賞味期限が表記されています。常温で保存が可能なはちみつです。ナッツのはちみつ漬けも保存方法ははちみつの時と同じです。

2:ナッツのはちみつ漬けの保存期限はどれくらいなの?

そんな手作りのナッツのはちみつ漬けはどれぐらいの保存期間を見ておけばいいのでしょうか。手作りの食品は作ったその日が賞味期限になるお菓子やお惣菜があります。

しかしナッツ類もはちみつも単体では長期保存が可能な食品です。はちみつ漬けにすることにより賞味期限はどうなるのでしょうか。長期間の日持ちは可能でしょうか。

(1)市販品のナッツのはちみつ漬けの賞味期限は1年程度

手づくりで作ったはちみつ漬けとは違って、市販のナッツのはちみつ漬けは賞味期限が1年ほどとされています。

これは衛生面がしっかりと管理された市販のものであるからです。しかし家庭で手作りしたものは少々この衛生面が市販品と比べて劣ります。

(2)手作りのナッツのはちみつ漬けは極力早めに食べること

その為手作りのナッツのはちみつ漬けはなるべく早めに食べ切るようにしましょう。1年も日持ちしないと考えておくのが無難です。

しかしとっても美味しいナッツのはちみつ漬けは50gのナッツの材料の手作りの物では、すぐになくなってしまいそうです。

ナッツのはちみつ漬け:工夫して食べてみよう!

そのまま食べても美味しいはちみつ漬けは日持ちがするかも気になります。そんな時は色んな料理にアレンジして美味しい状態の時に早めに食べ切るようにしましょう。

はちみつをかけて食べるスイーツや、食事にもアレンジの効くはちみつ漬けは、普段の色んなレシピにアレンジをして美味しいメニューに変化させることができます。では少しレシピの紹介をいたします。

トーストにナッツのはちみつ漬けをのせて食べる

まずはちみつを食品にかけるように、ナッツのはちみつ漬けもはちみつのようにかけて楽しんでみましょう。

トーストにバターを塗ったら、ナッツのはちみつ漬けを刻んだものをトッピングしてみましょう。ジャムのように塗って、香ばしいナッツと甘いはちみつをたのしむことができます。

まるでピーナッツバターを塗っているような見た目になります。しかしよりナッツの香ばしさを感じるもので、はちみつのさらっとした甘さも美味しいメニューになります。

ヨーグルトの上にナッツのはちみつ漬けをのせる

ヨーグルトにグラノーラやシリアルをかける人は、それをナッツのはちみつ漬けに置き換えてみましょう。

はちみつとナッツだけでできた自然の優しい甘さと香ばしさがより引き立つヨーグルトトッピングです。ヨーグルトにナッツの歯ごたえがアップされて満足度が増します。

人気のパンケーキのトッピングとしてナッツのはちみつ漬けを利用

ご自宅でパンケーキを焼いたら、こちらもはちみつの代わりにナッツのはちみつ漬けをかけてみましょう。ナッツを刻んで食べやすくするのも、そのままナッツの少し柔らかくなった食感とパンケーキを一緒に楽しむのもおすすめです。

バニラアイスのオン!アクセントにもなるナッツのはちみつ漬け!

スイーツではアイスクリームにかけてみましょう。ナッツの食感とアイスクリームがとっても美味しい一品です。いつものアイスがちょっと贅沢なスイーツに早変わりするメニューになります。ぜひ色んなものにかけてナッツのはちみつ漬けを楽しんでみてください。

ナッツのはちみつ漬け:アレンジレシピをご紹介!

ではお次はかけるだけではなく料理の1つの調味料としてはちみつ漬けをアレンジしてみましょう。

普段の料理にもはちみつは使用されます。はちみつの自然な甘さが合うアレンジメニューがたくさんあります。

ナッツのはちみつ漬けで赤キャベツのマリネ

こちらは赤キャベツの色鮮やかな見た目とマリネ液のさわやかな酸味がとっても美味しいアレンジメニューのです。

作り方のポイントは、しっかりとマリネ液をキャベツにしみこませて、ナッツのはちみつ漬けをかけることにより、酸味が和らぎお子様でも美味しく頂けます。

りんごとナッツのサラダ

リンゴもサラダにして食べてみましょう。その際にはちみつ漬けのナッツを入れてみましょう。リンゴの甘さと蜂蜜の甘さが美味しく、ナッツの食感が面白いサラダになります。ちょっとした箸休めやおやつにもうれしいアレンジメニューになっています。

ハニーナッツのパンプキンサラダ

パンプキンサラダにはナッツ類を入れることにより、香ばしさと食感の違いが楽しめるメニューになります。かぼちゃが苦手な方もナッツのはちみつ漬けを入れることにより、パサつきの少ない香ばしいサラダにアレンジされます。

作り方は柔らかくしたかぼちゃにマヨネーズを適量入れてください。お好みで黒こしょうを入れると少し大人同じになります。そこにこれもまた適量のナッツのはちみつ漬けを入れてみましょう。甘味がありますので、入れるはちみつの量を調整して作り方を工夫してみましょう。

トマトとナッツのはちみつ漬けサラダ

こちらはトマトのはちみつ漬けをナッツのはちみつ漬けでアレンジしたメニューになります。たくさんトマトを頂いたら、湯向きして、はちみつとレモン汁と塩を一つまみ入れてみましょう。その際のはちみつをナッツのはちみつ漬けに変更してください。

暑い夏にもさっぱりと美味しく食べられるアレンジメニューで、作り方も簡単。トマトにナッツの豊富な栄養価がアップされたメニューになります。

フローズンアボカドのハニーナッツがけ

続いてはおつまみに最適なアボカドのアレンジメニューになります。作り方は簡単。アボカドをまず半分に切って種を取ります。そして1時間から1時間半程冷凍庫で凍らせます。

カチカチに凍らせるのではなく、スプーンですくって食べられる程度にしましょう。そして種のあったくぼみにたっぷりとナッツのはちみつ漬けを入れます。

おやつにおつまみに、ちょっとした軽食に最適な栄養価の高いアレンジメニューになります。アボカドは栄養の優等生と言われるほど栄養価の高い食べ物です。そんなアボカドと一緒にナッツのはちみつ漬けをかければより美肌効果の高いメニューになります。

はちみつナッツでひと口タルティーヌ

フランスの朝食の定番。バケットにバターやコンフィチュールを塗って食べる習慣があります。この上にトッピングするものをぜひはちみつ漬けにしてみましょう。

ナッツのはちみつ漬けののったタルティーヌとカフェオレで優雅に朝食を楽しんでみましょう。

美肌効果で女性におすすめ!ナッツのはちみつ漬けを試してみよう!

いかがだったでしょうか。美肌効果がたっぷりあるナッツのはちみつ漬けは手作りができる日持ちのするものです。沢山作って、色んなメニューにアレンジしてみましょう。きっと普段のメニューがより一層おいしいメニューに早変わりします。

またしっかりと作る時に容器の煮沸消毒をしておけば日持ちもするものです。美味しいのですぐに無くなってしまうことが心配なくらいおすすめなナッツのはちみつ漬けになります。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
zasxp

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ