ファイヤースターターおすすめ17選!初心者から人気のアイテムも!

2019年8月7日 (2019年9月1日最終更新)

キャンプなどアウトドアで持っていると便利なアイテム「ファイヤースターター」。着火アイテムとして人気があり、初心者でも使い方さえわかれば簡単に使用することができます。ファイヤースターターは種類も多く、アウトドア好きな方から注目されています。

目次

  1. ファイヤースターターの基礎知識
  2. ファイヤースターターは100均でも購入できる
  3. 1:ファイヤースターター 火打石アルミ マグネシウム 棒【kizence】
  4. 2:火打ち石 ファイヤースターター マグネシウム メタルマッチ【SURVIVE(サバイブ)】
  5. 3:ファイヤースターター マグネシウム 小型 防水加工収納袋付き【Natural Frequency】
  6. 4:ファイヤースターター アルミ マグネシウム【LIBERTA(リベルタ)】
  7. 5:オリジナル ファイヤースチール2.0 (メタルマッチ) 【Bush Craft(ブッシュクラフト)】
  8. 6:サバイバルブレスレット 多機能 パラコードブレスレット ファイヤースターター【Lixada】
  9. 7:ファイアースチールスカウト2.0【LIGHT MY FIRE(ライトマイファイヤー)】
  10. 8:大きいサイズ 火打ち石+ホイッスル ファイアスターター マグネシウム 着火具【Chileeany】
  11. 9:メタルマッチ:ファイアスターター オレンジ ストライカー付属版【Bush Craft(ブッシュクラフト)】
  12. 10:フェロセリウムロッド ファイアースターター & パラコード キーチェーン セット【The Friendly Swede】
  13. 11:ベア・グリルス ファイアスターター【ガーバー GERBER】
  14. 12:フェロセリウム ファイアスターター+ボトルオープナー【The Friendly Swede】
  15. 13:ブルー デニム【Bark River Custom Firesteel (バークリバー カスタム ファイアースチール)】
  16. 14:マグネシウムファイヤースターター【ReFaXi】
  17. 15:ファイヤースターター【ビッグマン】
  18. 16:ファイヤースターター 440C【AURORA】
  19. 17:ファイヤースターター【プロフォース】
  20. ファイヤースターターは自作もできる?
  21. 自作するよりも安心!ファイヤースターター初心者にもおすすめ人気モデルをご紹介!

ファイヤースターターの基礎知識

ファイヤースターターとはファイヤースチールとも呼ばれており、コンパクトなどで持ち運びにも便利なアイテムです。アウトドアであると便利なアイテムでもあり、100均で購入や自作で作っている方もいます。

今回はそんなファイヤースターターとは何か、使い方やコツなどもまとめてご紹介していきます。初心者におすすめの情報を提供しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ファイヤースターターって何?

ファイヤースターターとは火打石のような役割があり、キャンプやバーベキューなどいざという時の着火器具として利用されています。ヘラでマグネシウムの棒を削って火花を散らすので、初心者でも簡単に使用できます。

ファイヤースターターでは種類も多く販売されており、見た目が可愛いものも販売されています。ネックレスなどで持ち運ぶことができ、邪魔にならないのでとても便利なアイテムです。自作でも簡単に作ることができます。

ファイヤースターターの使い方とコツ!

ファイヤースターターの使い方は、まず燃えやすい新聞紙やティッシュを用意しましょう。マグネシウムをナイフで削りながら粉末状にしていき、ナイフの背で棒を素早くこすり、粉末状に火花を引火させましょう。

火が引火しやすいものから入れていき、自作でどんどん火を大きくしていきましょう。火がつきにくいものだと火が消えてしまう可能性があります。火種であるマグネシウムの粉末は多めにちらばしておくのがおすすめです。

ファイヤースターターの選び方の秘訣!

ファイヤースターターは種類によって使い方も少しずつ違ってくるので、選び方も重要になっていきます。初心者の方はファイヤースターターのロッドが長い物がおすすめです。100均で材料を揃え、自作のアイテムを作る方もいます。

ファイヤースターターの中にはフェロセリウム製を採用している種類もあり、初心者でもすぐ大きな火花を出せる種類になっています。100均でも気軽に購入でき、自作で作ってみるのもおすすめです。

Originalアウトドア用ガスコンロおすすめ17選!キャンプ料理に役立つおしゃれアイテムも | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
このページでは、キャンプ料理などに役立つおすすめの人気アウトドア用ガスコンロをおしゃれなアイ...

ファイヤースターターは100均でも購入できる

ファイヤースターターは日本全国に店舗を構えている100均でも購入することができます。100均に販売されているファイヤースターターは1つ100円になり、100均と思えないほど丈夫に作られています。100均の中でも「Seria」が人気を集めています。

ファイヤースターターは高額な種類もあるので、災害用として持っていたいだけなら100均で購入するのがおすすめです。100均のファイヤースターターもネックレスとして持ち運ぶことができます。100均のは人気があるので、在庫確認をしておきましょう。

1:ファイヤースターター 火打石アルミ マグネシウム 棒【kizence】

専用袋がセットになっているおすすめのファイヤースターターになり、マグネシウム部分も長いので初心者から人気があります。チェーンもついているので、ネックレスとしても利用できます。

おしゃれなデザインのファイヤースターターになるので、女性からも人気があります。使い方も簡単になり、チェーンや紐など100均でも購入できるアイテムを追加して自作し、持ち運びも便利です。

基本スペック&このファイヤースターターのおすすめポイントは?

kizenceはわずか10秒で引火するほど火花が強いことで人気があり、水に濡れても安心して使用することができます。そのため、災害時でも役に立つファイヤースターターです。

日本語の説明書が同封されているので、使い方も簡単に学ぶことができます。バーベキューやキャンプでも使用することができ、自作のものよりも火花がつきやすいです。

2:火打ち石 ファイヤースターター マグネシウム メタルマッチ【SURVIVE(サバイブ)】

サバイバルでも使用できるおすすめのファイヤースターターになり、災害時にとても役に立ちます。マグネシウム棒、摩擦棒がセットになっているので、とても便利です。

100均や自作のファイヤースターターよりも丈夫に作られており、アウトドア初心者にも人気があります。コンパクトサイズになるので、持ち運びもとても楽です。

基本スペック&このファイヤースターターのおすすめポイントは?

扱いやすいサイズになっているので、初心者でも簡単に使用することができます。シンプルな作りになっていますが、使い方もわかりやすく、100均などでチェーンをつけるのもおすすめです。

災害時に役立つように、笛もセットになっています。遭難してしまった場合でも笛はとても役に立ち、災害用としてファイヤースターターを用意したい方に人気があります。

3:ファイヤースターター マグネシウム 小型 防水加工収納袋付き【Natural Frequency】

小型のファイヤースターターになり、初心者からも人気がある種類になります。チェーンが付いているので、ネックレスとして持ち運ぶことができます。

防水加工されている収納袋もついているので、家でも幅を取らずに収納することができます。価格も900円程度と安い値段で販売されており、手に入れやすい種類になります。

基本スペック&このファイヤースターターのおすすめポイントは?

ファイヤースターターに付属している摩擦スティックでこすりながら火花を散らす使い方になり、他のファイヤースターターと使い方はほとんど同じになります。

マグネシウム棒を勢いよく削っていくと火花が大きくなっていくので、力加減で火種を変えることができます。アウトドアではもちろん、災害時でも使用することができます。

4:ファイヤースターター アルミ マグネシウム【LIBERTA(リベルタ)】

LIBERTAはファイヤースターターでも抜群の火花で知られている人気の商品です。あまり力を入れなくても火花を起こすことができるので、アウトドア初心者にも人気があります。

コンパクトなサイズになっており、キャンプでも災害時でも利用することができます。価格も比較的安い値段で販売されているので、手に入れやすい種類です。

基本スペック&このファイヤースターターのおすすめポイントは?

このファイヤースターターは重さが100gととても軽量なのが特徴的です。付属には首から下げられるチェーンも提供されているので、持ち運びもとても楽です。

ファイヤースターター専用の収容袋もセットになっているので、家でも保管もとても楽です。ナイフで削りやすい構造になっているので、簡単に火おこしを行うことができます。

5:オリジナル ファイヤースチール2.0 (メタルマッチ) 【Bush Craft(ブッシュクラフト)】

コンパクトで持ち運びできるファイヤースターターになり、キャンプやバーベキューではもちろん、本格的なサバイバルでも使用できます。防水加工されており、とても長持ちします。

ファイヤースターターの中でも高スペックになっており、価格は3000円程度になります。本格的なファイヤースターターになりますが、初心者でも使用することができます。

基本スペック&このファイヤースターターのおすすめポイントは?

Bush Craftは本格的なサバイバリストがナイフと一緒に持ち歩くほど人気のある商品になり、ファイヤースターターと使い方は同様です。ストライカーに軽くバリがあるので、しっかりと火花を出せます。

約12000回繰り返し使えるとファイヤースターターの中でも丈夫な作りになっており、長い期間利用したい方にも人気があります。力を入れなくても削ることができ、災害時でも利用できます。

6:サバイバルブレスレット 多機能 パラコードブレスレット ファイヤースターター【Lixada】

ファイヤースターターの中でも珍しいブレスレット型になり、おしゃれに使用できるファイヤースターターになります。パラコードブレスレットと火打石、ファイヤースターターがセットになっています。

価格も500円程度で販売されており、手に入れやすいファイヤースターターです。中でも女性から多くの人気を集めており、普段でもブレスレットとして使用できます。

基本スペック&このファイヤースターターのおすすめポイントは?

普段はブレスレットとして、いざというときはファイヤースターターとして使用できます。突然の災害時でも身に着けていればとても役に立つアイテムになっています。

留め金の部分がスクレーパーとファイヤースターターになっており、シンプルな作りになっています。使い方は他のファイヤースターターと一緒なのでわかりやすいです。

7:ファイアースチールスカウト2.0【LIGHT MY FIRE(ライトマイファイヤー)】

LIGHT MY FIREはスウェーデン製の火打石を使用しているファイヤースターターになります。コンパクトに持ち運ぶことができ、キーホルダーとしても使用できます。見た目はとてもシンプルなので、幅広い年代から人気を集めています。

ファイヤースターターはナイフやカッターでも着火することができ、初心者や女性でも簡単に使用することができます。使い方も簡単になり、初めてファイヤースターターを利用する方にもおすすめです。

基本スペック&このファイヤースターターのおすすめポイントは?

ファイヤースターターの中でもストライカー部分が短くなっています。ですが、手持ち部分が長いので、安心して火付けを行うことができます。

着火が簡単にできる設計になっているので、初心者の方でも付きやすいです。1500円程度で購入することができ、長持ちするのでキャンパーからも人気があります。

8:大きいサイズ 火打ち石+ホイッスル ファイアスターター マグネシウム 着火具【Chileeany】

ファイアスターターの中でも大きなサイズとして人気のある種類になります。コンパクトなサイズでは使いづらいという方に人気があり、初心者の方にもおすすめです。

価格は1000円程度で販売されており、色合いもさまざまあるのでおしゃれに使うことができます。大きなサイズなので女性や子供でも使用することができ、使い方も簡単です。

基本スペック&このファイヤースターターのおすすめポイントは?

ファイアスターター、メタルマッチと使い方は同じになります。大きなサイズなのでロッドが長いことが特徴的でもあり、充分な火花を出せるのですぐに火おこしできます。

防水機能が採用されているので、急な雨や悪天候でも使用することができます。紐が付属されているので、ストラップとして持ち運ぶことができ、アウトドアでも使用することができます。

9:メタルマッチ:ファイアスターター オレンジ ストライカー付属版【Bush Craft(ブッシュクラフト)】

従来の短いファイアスターターだと使いづらいという方におすすめの種類になります。火花が良く出て使いやすいことでも知られており、使い方もとても簡単です。

マグネシウムのファイアスターターの中でも価格が高いことでも知られており、価格は7000円前後と言われています。ネットでも購入でき、長持ちするのでアウトドア好きな方におすすめです。

基本スペック&このファイヤースターターのおすすめポイントは?

ファイアスターターの中でもロッドが長く、フェロセリウム素材のメタルマッチを採用しています。充分なストロークを確保することができるので、簡単に着火することができます。

他のファイアスターターの中でも火花が多いので、扱いには注意が必要です。強くこすりすぎると火花が散らばり、いきなり火が大きくなるので注意しましょう。

10:フェロセリウムロッド ファイアースターター & パラコード キーチェーン セット【The Friendly Swede】

北欧スウェーデン発に作られたThe Friendly Swedeは、初心者から上級者まで人気のあるファイアスターターです。おしゃれで落ち着いたデザインなので、贈り物としても人気があります。

The Friendly Swedeはしっかりと梱包されているので、プレゼントとして贈る方も多くいます。価格は2500円程度になり、気軽に購入することができます。ネットでも販売されているので、1度価格をチェックしてみましょう。

基本スペック&このファイヤースターターのおすすめポイントは?

ファイアスターターはフェロセリウム素材で出来ており、初心者でも簡単に着火することができます。ファイアスターターは2個セットになっており、お得に使用することができます。

専用のギフトボックスに入っており、パラコードのキーチェーンもセットになっています。キーチェーンを利用して持ち運びも楽になり、使いたいときにファイアスターターを使用することができます。

11:ベア・グリルス ファイアスターター【ガーバー GERBER】

アウトドアナイフで人気のあるGERBERが提供しているファイアスターターになります。ファイアスターターは使い方も簡単になり、力強い火花が出ることで知られています。

ファイアスターターの中でも価格が2000円前後と割高でもありますが、その分ハイスペックなので上級者からも注目されている種類になります。ネットでも気軽に購入できる種類でもあります。

基本スペック&このファイヤースターターのおすすめポイントは?

使い方は火種の上にマグネシウムの粉末をまき、そのまま火花で着火させていく使い方になります。専用のケースも付属されており、首から下げることができるので持ち運びも楽です。

全長が12cmと少し大きめになりますが、持ちやすいサイズとなっています。マグネシウム棒が保護されているので、バックの中で傷ついてしまう心配もありません。

12:フェロセリウム ファイアスターター+ボトルオープナー【The Friendly Swede】

把手がウッド製で質感も良く、ファイアスターターの中でも使いやすいと人気の高い商品になります。口コミでの評価も高いことで知られており、多くの人々が利用しています。

勢いよく火花が出ることでも知られており、着火しやすい構造になっています。1400円程度で販売されており、ネットでも気軽に購入することができます。

基本スペック&このファイヤースターターのおすすめポイントは?

マグネシウムよりも火花が出やすいことで人気のあるフェロセリウムが採用されています。そのため、ファイアスターター初心者の方でも簡単に火花を出すことができます。

コンパクトに収納することができ、付属で紐がついているので持ち運びもとても楽です。持ちやすい構造になっており、男性でも女性でも手にフィットしてくれるので長年愛用している方もいます。

13:ブルー デニム【Bark River Custom Firesteel (バークリバー カスタム ファイアースチール)】

アウトドアナイフなので有名なBark Riverが手掛けているファイアスターターになります。アウトドア用に作られており、初心者でも使いやすい構造になっています。

フェロニウム制を採用しており、火花を起こしやすいので女性でも簡単に使用することができます。パラコードでストラップを自作する方が多く、少し高めの10000円程度で販売されています。

基本スペック&このファイヤースターターのおすすめポイントは?

Bark River Custom Firesteelは見た目はもちろん、使いやすさにこだわりを感じることができます。カイデックスファイアスチールホルダーに収まるサイズにあり、持ち運びも楽です。

重量もとても軽く、ネットでの口コミも評価が高いことで知られています。多くのキャンパーからも注目されており、とても丈夫で長持ちすることでも人気があります。

14:マグネシウムファイヤースターター【ReFaXi】

キャンプやバーベキューなどアウトドアでファイアスターターを使用したい方におすすめの種類になります。ナイフなしでも着火させることができ、ハイキングやドライブでも持ち運びできます。

重量が約50gととても軽いことで知られており、女性でも簡単に持ち運びすることができます。使い方もとても簡単になり、説明書もしっかりと同封されています。

基本スペック&このファイヤースターターのおすすめポイントは?

他のファイアスターターと同じようにマグネシウムを粉末にして、火花を起こしていきます。徐々に火が大きくなっていくので、初心者の方でも安心して使用することができます。

ファイアスターターには紐が付属でついているので、持ち運びもとても楽です。シンプルな見た目ですが、わかりやすくてどんな場面でも役に立ちます。1つ持っているだけでとても便利です。

15:ファイヤースターター【ビッグマン】

ビッグマンのファイアスターターは初心者から人気のある種類になり、ブレードと本体を紐で繋げているのでどちらかを無くす心配がありません。安心して持ち運びすることができます。

着火剤よりも安全に火をつけることができ、手にフィットしやすい作りになっています。アクセサリーとして持ち運べるので、アウトドアにも最適です。

基本スペック&このファイヤースターターのおすすめポイントは?

重量は約14gととても軽く、家に置いても邪魔にならないコンパクトなサイズになっています。ティッシュを火種にすると簡単に火をおこすことができ、バーベキューでも使用できます。

とても軽いので災害時でも荷物の邪魔にならず、必要な時に火おこしができます。1つ持っているだけでとても便利なので、ぜひ試してみてください。

16:ファイヤースターター 440C【AURORA】

AURORAはファイアスターター上級者の方に人気のある種類になり、丈夫でとても長持ちすることで知られています。単純なツールのみとなっていますが、しっかりと火おこしを行うことができます。

ファイアスターターの中でも火花を散らすのにコツが入りますが、コツさえ掴めば数秒で火を起こすことができます。あまりに火花が出ない場合は、一度ステンレスピースを外して付け直すのがおすすめです。

基本スペック&このファイヤースターターのおすすめポイントは?

AURORAのファイアスターターはステンレスブレードとマグネシウムロッドを一体にできる作りになっています。そのため、収納時は持ち運びの際にコンパクトにすることができ、とても楽に使用することができます。

一体化してくれるので、パーツを無くしにくい構造にもなっています。キャンプやバーベキューなどアウトドアはもちろん、本格的なサバイバルでも使用できるので多くの人々から注目されています。

17:ファイヤースターター【プロフォース】

スウェーデンの軍でも採用されたことのある実績を持ち、ファイアスターター上級者の方からも人気がある種類になります。シンプルな構造ですが、とても使いやすいです。

ファイアスターターには紐が付属されているので、持ち運びもとても楽です。自作でチェーンを作る方も多く、ネックレスにして運ぶこともできます。丈夫でとても長持ちするファイアスターターです。

基本スペック&このファイヤースターターのおすすめポイントは?

プロフォースのファイアスターターは防水機能に優れており、雨の中はもちろん雪の中でも使用することができます。そのため、冬キャンプや雪山でも愛用されており、キャンプ上級者からも注目されています。

ファイアスターターの中でもハイスペックな種類になりますが、比較的安い値段で購入することができます。口コミでの評価も高く、初めてファイアスターターを利用する方にもおすすめです。

ファイヤースターターは自作もできる?

ファイヤースターターは自作でも作ることができます。自作で作る際、100均でも道具を購入することができ、自作は自分のデザインによって形も変えられるのでおすすめです。

自作部品はネットや100均で簡単に手に入れることができ、マグネシウム素材やナイフがあるだけで自作のファイヤースターターを作ることができます。ぜひ、自作でもファイヤースターターを作ってみてください。

自作するよりも安心!ファイヤースターター初心者にもおすすめ人気モデルをご紹介!

キャンプやバーベキューなどアウトドアではもちろん、災害時にも役立つアイテム「ファイアスターター」。100均や自作でも作ることができますが、ファイアスターターは多くの種類が販売されています。簡単に火おこしすることができ、持ち運びもとても楽です。ぜひ1度、ファイアスターターを試してみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
mdn

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ