登別伊達時代村の口コミや料金は?忍者体験ができるおすすめスポット!

2019年8月25日 (2019年9月9日最終更新)

北海道の登別市には、江戸時代の街並みを再現した登別伊達時代村があります。村内には忠実に再現した屋敷の数々や、忍者を中心としたショーやアトラクションなどを満喫できる他、貸衣装を身にまとい当時の雰囲気が口コミでも話題の登別伊達時代村は人気テーマパークです。

目次

  1. 登別伊達時代村とは
  2. 登別伊達時代村で江戸時代の歴史を学ぶ
  3. 登別伊達時代村の楽しみ方①<観る>
  4. 登別伊達時代村の楽しみ方②<遊ぶ>
  5. 登別伊達時代村の楽しみ方③<着替える>
  6. 登別伊達時代村の楽しみ方④<食べる>
  7. 登別伊達時代村の楽しみ方⑤<買う>
  8. 登別伊達時代村の施設データ
  9. 登別伊達時代村で江戸時代の雰囲気を満喫しよう!

登別伊達時代村とは

テーマパークや遊園地と言えば、絶叫マシンやアトラクションなど近代的で幻想的な空間を楽しむことができるイメージですが、日本古来の文化を体験できるテーマパークとして登別伊達時代村があります。村内の見どころやアクセス方法、料金やお得なクーポンの利用までたっぷりと紹介していきます。

江戸時代の町並みや文化を再現したテーマパーク

登別伊達時代村のテーマは江戸時代。北海道登別市に開村し、広大な村内には江戸時代の町並みが忠実に再現されています。

登別伊達時代村では、建物の外観ばかりでなく江戸時代当時の文化についても深く掘り下げ、歴史を学ぶことができるテーマパークとして高い人気を博しています。村内入り口から商家街が並び、奥へ進むにつれて武家屋敷や忍者屋敷を見ることができます。

「タイムスリップ気分を味わえる」と口コミでも評判!

登別伊達時代村の醍醐味は村内の雰囲気を楽しめるばかりでなく、実際に江戸時代当時の衣装に着替えての写真撮影や、大人から子供まで幅広く満喫できる忍者ショーなどのイベントも開催され、その場の屋敷の情景と合わさることで江戸時代へタイムスリップしたかのような感覚を味わえます。

登別伊達時代村で江戸時代の歴史を学ぶ

江戸時代の文化をテーマにした登別伊達時代村では、史実に基づいた歴史上の人物であり、有名な武将である伊達政宗に軍師とした仕えた片倉小十郎にスポットを当て詳しい解説やその時代背景を学ぶことができる他、武士や忍者が実際に使用していた刀や手裏剣などの武具も忠実に復元しています。

登別伊達時代村の楽しみ方①<観る>

登別伊達時代村でのおすすめの楽しみ方の一つとして、まずは演目を観覧することになります。村内には営業時間内において上映スケジュールに沿って毎日各種演目が上映されています。上映される演目は全部で4つあり、人気の高い忍者や花魁の伝統芸能など登別伊達時代村の役者が見事に演じています。

忍者ショー【忍者かすみ屋敷】

村内奥の忍者かすみ屋敷で上映される演目である忍者ショーがおすすめになります。戦国武将である伊達政宗の軍師片倉小十郎から命令を受けた二人の忍者に焦点をあて、ある人物の護衛を任されることになった二人の忍者にせまりくる敵や困難の数々に立ち向かっていきます。

上演スケジュール

忍者ショーの一回の上映時間は20分となっています。一日を通じて計4回上映され、午前中に2回、午後から2回とに分けられています。午前の部において4つある演目の中では最も早い9時30分が1回目の上映開始となっています。なお劇場内における混雑が発生してしまった場合には入場制限がかかってしまう可能性もあります。

花魁ショー【日本伝統文化劇場】

江戸時代から現代まで続く日本文化としてお座敷遊びがあります。登別伊達時代村の日本伝統文化劇場において吉原の花魁である高尾太夫にスポットを当て、天下の将軍を座敷にてもてなし見事な宴を演じています。当日観覧者から希望者一人限定でお座敷にて一緒に演じることができることもおすすめのショーとなります。

上演スケジュール

花魁ショーの上映スケジュールとしては、一日4回上映され一回につき30分の演目を楽しむことができます。1回目の上映時間は午前中の10時5分開始であり、次いで12時30分開始、14時5分開始、4回目の上映16時15分が最終となっています。いずれも始まる10分前には入場可能となります。

ニャンまげコメディ【大江戸劇場】

江戸時代の庶民の暮らしを舞台に、女ねずみ小僧と登別伊達時代村のキャラクターニャンまげが演じるコミカルなショーがおすすめです。ひょんなことからニャンまげと女ねずみ小僧が遭遇し、盗んだ小判を巡って迫りくる追手とのドタバタ劇を引き起こします。笑いあり涙ありの人情劇場です。

上演スケジュール

園内の大江戸劇場で開催されるニャンまげコメディの上映スケジュールとしては、こちらも一日4回となっています。一回で25分間の上演となり1回目が10時10分、2回目が11時40分、3回目が13時15分、最後の4回目が15時5分からになります。お子様連れのご家族に好評の演目としておすすめです。

野外アクションショー【忍者砦】

村内一番奥の片倉小十郎屋敷の手前にある野外劇場が設置されていますが、剣豪として名高い柳生十兵衛に書状を届ける役目を担った伊賀の忍者を主人公として、立ちふさがる数々の刺客である忍者と相対しながら目的を果たすために立ち回りを演じます。野外ならではの臨場感は口コミでも話題になっています。

上演スケジュール

野外アトラクションショーは午前と午後のそれぞれ一日2回だけ開演されます。上演時間は1回15分間であり、一回目は午前の10時45分、二回目が午後の14時40分スタートになります。また屋外での演目であるため天候により中止される場合がありますが、雨天や強風時は手裏剣教室が代替として用意されています。

登別伊達時代村の楽しみ方②<遊ぶ>

体験型のテーマパークとして登別伊達時代村では、江戸時代の風景を思い起こさせるような様々な仕掛けが用意されています。遊ぶことををテーマに庶民的な人形や、自分自身が忍者になったかのような武具を使用した体験場、からくりいっぱいの迷宮など大いに楽しむことができます。

江戸時代の玩具に絵付け体験【江戸屋】

江戸時代において独楽の文化を独自に発展させた江戸独楽ですが、曲芸としての使用から庶民の間に広がり江戸の文化を代表する玩具として知られています。

登別伊達時代村にある江戸屋では江戸独楽をはじめ、伝統的なこけしの販売を手掛け、それぞれから生まれるキーホルダーなどの派生商品も多数取り扱っています。江戸屋では独楽やこけしに絵付けを施すことでオリジナルの作品を手にすることができます。

料金

江戸屋で販売されている江戸独楽や伝統こけしは、登別伊達時代村のお土産品としても最適であり、おすすめとして他では手に入れることができない自分だけの商品であることが魅力です。絵付け体験にかかる料金としては、独楽とこけしどちらも1000両(1000円)にておこなうことができます。

忍者修行や家族で楽しめる遊びも【体験道場】

テレビや映画の世界で誰もがその存在に魅了される忍者。登別伊達時代村においてもいくつかのショーや展示物の中で忍者を取り扱っていますが、口コミでも話題の体験道場では自分自身が忍者として実体験できる場所として人気があります。忍者が使う手裏剣を実際に投げてみることができる他、弓矢にも挑戦することが可能です。

料金

手裏剣も弓矢もそれぞれに的が準備されていますので、安全上の配慮が整えられた環境において挑戦することができます。手裏剣投げが5回、弓矢も5射連続で可能となっていますが、1セットでどちらも500両(500円)の料金が必要になります。またハズレなしのガラポンくじも500両(500円)の料金で挑戦できます。

昔ながらの縁日の遊びを体験【遊戯館】

今も昔も縁日にはたくさんの屋台が立ち並び、昔ながらのゲームに夢中になります。登別伊達時代村でも縁日遊びを楽しむことができるように遊戯館にておこなっています。輪投げや空くじはもちろんのこと、吹き矢の体験をすることができます。的に向かって矢を放つ時代村ならではの遊びは必見です。

料金

遊戯館では安い料金で、様々な縁日遊びを楽しむことができます。人気の吹き矢に関しては一回で5発撃つことができ500両(500円)の料金、童心に帰って夢中になって遊ぶことができる射的においても5発で同じく500両(500円)といずれの場合もお祭り気分を満喫することができます。

カラクリを攻略して脱出を目指す【忍者怪々迷路】

忍者と聞くと連想する事柄として、手裏剣や数多くの忍術、人並外れた身のこなしなどがありますが、忍者屋敷においても様々な仕掛けが施されたカラクリが有名です。忍者怪々迷路ではあらゆる場所にカラクリを設置した迷宮に挑戦することができます。見事にゴールまで到達できるかを楽しむアトラクションになります。

伝説の化け猫が住む見世物小屋【おにゃんこ寺】

登別伊達時代村の中に設けられた正面に祀られた金の猫が手招きをするかのように、鮮やかな印象を放つおにゃんこ寺になります。一見すると可愛らしいたくさんの猫えお配置したお寺ですが、実態は伝説の化け猫が住み着いているとされ、小屋へ入っていくと少々恐怖を体験することができます。

日本古来の妖怪たちが勢揃い【妖怪びっくり小屋】

江戸時代においてもお化けに恐怖する風習があり、一つ目小僧や化け狐などあらゆる妖怪が生まれ、現在にに至っても全国のお化け屋敷でも見ることができます。登別伊達時代村では妖怪びっくり小屋として、古来から語り継がれ、人形で造られた妖怪の数々が登場することになります。

登別伊達時代村の楽しみ方③<着替える>

登別伊達時代村では江戸時代の町並みを再現し、現代社会とは違った世界観を体感できることが魅力ですが、今や口コミでも広がっている江戸時代当時の衣装を身に着ければより一層時代を遡ることができます。村内では貸衣装を多数用意していますので、忍者や侍、お姫様など希望に応じた衣装の数々を楽しむことができます。

村内を着て歩ける貸し衣装

口コミでも話題の貸衣装に着替えての村内散策になります。侍や武家娘もしくは忍者の衣装が用意され終日利用することができます。夏場シーズン限定として女性用の浴衣も用意しています。なお村内散策用の貸衣装については、写真撮影の対象ではありませんので注意しましょう。

料金

貸衣装の利用料金については、忍者については小学生以下の子供用が1050両(1050円)、中学生以上の大人用であれば3150両(3150円)となっています。次いで町娘が3500両(3500円)、侍と武家娘であれば4500両(4500円)になります。浴衣については2100両(2100円)が必要です。

お殿様やお姫様に変身して記念撮影

貸衣装として村内を歩き回ることはできませんが、写真撮影のサービスとしてお殿様やお姫様、侍に舞妓姿での記念撮影は大変人気があります。江戸の情景をバックに思い出の一枚を映し出します。写真サイズを自由に選択することが可能で、撮影後すぐに現像してくれます。

料金

写真撮影がついた貸衣装の利用料金としては、Lサイズで一人3500両(3500円)、さらに大きい六切サイズになると一人4500両(4500円)からとなっています。衣装は他にも新撰組などの特別衣装もありますが500両(500円)の割増料金が必要です。また複数現像の場合も一枚当たり1000両(1000円)程度の割増となります。

登別伊達時代村の楽しみ方④<食べる>

登別伊達時代村でショーやイベントを存分に楽しみ、忍者や武士に扮して江戸の町並みでたっぷりと遊んだ後は、ゆっくりと食事処や茶屋でのひと時を楽しむことができます。お昼ご飯にボリュームたっぷりの食事や、お茶と美味しい和菓子で小休止など様々な味わいでもてなしてくれます。

和食のお食事処【満腹亭】

登別伊達時代村でしっかりとお昼ご飯を楽しみたい方には満腹亭がおすすめです。村内を歩き疲れた空腹感に和食メニューを豊富に取り揃えたお食事処として人気があります。そばやうどんなど麺類や丼ものなどお腹一杯に満たしてくれると同時に美味しさも満点のメニューばかりです。

満腹亭のおすすめメニュー

江戸時代の食の文化として、そばを食べる習慣が根強く町のあちらこちらにそば屋が立ち並んでいたとされていますが、満腹亭においてもそばは代表的なメニューとして人気があります。中でも大きな海老天が三尾も入った海老天そばや山菜うどんなど粋な江戸文化を味わうことができます。

人気のラーメン店【北京亭】

登別伊達時代村で本格的なラーメンを楽しめるお店として北京亭がおすすめです。ラーメンが食文化として日本に広まった歴史は古く、江戸時代においても水戸黄門で有名な徳川光圀も食したとされるラーメンを定番メニューとして高い人気を誇っています。口コミでも広がる美味しさは村内でしか味わえないメニューが豊富です。

北京亭のおすすめメニュー

北京亭のおすすめメニューとしては、あっさりとした醤油ベースのだしのシンプルな味わいの光圀公ラーメンになります。さらに登別伊達時代村ではご当地の代表的なラーメンとして閻魔ラーメンがおすすめです。ピリッとくる辛さが自慢であり、他にも北海道ならではのメニューも楽しむことができます。

時代村名物の大団子【わらじ屋】

江戸時代の庶民の暮らしのイメージの中で、茶屋でゆっくりと腰を下ろして団子を頬張るような風景を思い起こさせますが、そんなイメージが登別伊達時代村で再現されたお店がわらじ屋になります。村内を歩き疲れた体には甘い団子をたっぷりと頬張り疲れを癒してくれます。

わらじ屋のおすすめメニュー

わらじ屋のおすすめのメニューは何といってもたっぷりと並べられた大団子になります。一皿250両(250円)で全部で5種類に味付けされた団子が並んでいます。定番のみたらしやあんこの味付けと、ごまやきなこ、さらには梅あんを配し大団子にピンク色の華を添えています。

登別伊達時代村の楽しみ方⑤<買う>

登別伊達時代村でたっぷりと江戸時代の町並みや雰囲気を楽しんだ後は、自分自身や身近な方へのお土産の購入も登別伊達時代村の楽しみの一つとなっています。村内だけのオリジナルのお土産や、登別を代表するようなお菓子やグッズの数々を取り揃える店舗が軒を連ねています。

総合お土産店【福得屋】

村内への入り口をくぐり抜けると、商家街として江戸時代の庶民の町並みを再現したような家屋が軒を連ねています。お土産を購入できるお店が3つあり、その内の一つに総合お土産店として福得屋があります。大手門そばの販売や登別伊達時代村でしか手に入れることができないグッズを多数取り揃えています。

おすすめのお土産

おすすめのお土産として、江戸時代の武士や忍者グッズの数々を取り揃え、人気商品として模造刀があり有名あ戦国武将や、京の町に名をはせた新撰組の隊士などがあります。もちろん忍者グッズも定番の人気お土産の一つです。また登別伊達時代村キャラクターのニャンまげ関連のグッズもおすすめです。

限定品が揃う御菓子司【七万石】

登別伊達時代村のキャラクターであるニャンまげをあしらった御菓子がおすすめの七万石になります。お土産品として品数の多さが自慢のお店であり、和菓子から洋菓子まで幅広い分野の御菓子を取り揃えています。登別伊達時代村でしか手に入れることができないことからお土産としておすすめです。

おすすめのお土産

ニャンまげの愛らしいキャラクターがいずれも商品のパッケージを彩り、御菓子に華やかなイメージを演出しています。串だんごやきんつばなどの和菓子や、クッキーやチョコクランチなどの洋菓子など大人から子供まで幅広い人気を得ています。お土産として喜ばれる商品となっています。

名物の手焼きの味せんべい【宝来屋】

登別伊達時代村の時代背景である江戸時代には、お煎餅が非常食として大変重宝されてきた歴史がありますが、現在では手焼きせんべいとして日本の伝統菓子として各地で販売されています。登別伊達時代村では宝来屋において限定品の手焼きせんべいが販売されています。

おすすめのお土産

宝来屋で販売されている登別伊達時代村限定の手焼きせんべいは、口コミでも話題になるほどに様々な風味を楽しむことができます。定番の醤油やザラメをはじめ、ピリッとした味わいの七味や、しっかりとした風味のねぎみそなどお好みに合わせて購入することができます。

登別伊達時代村の施設データ

登別伊達時代村の敷地内は大変広く、村内はショーやお食事処、お土産を購入できるお店など多くの建屋が並んでいます。料金価格やクーポンの利用の仕方など村内の詳細を十分に理解しておく必要があります。また口コミによる人気の高さにより遠方からの来場者にとってはアクセス方法についても事前にチェックしておきましょう。

営業時間・定休日

登別伊達時代村は原則として年中無休となっています。ただし村内点検などで臨時休村になる場合がありますので事前確認が必要です。また営業時間については午前9時からのオープンですが、閉村時間が夏季4月から10月までが17時、冬期11月から3月までが16時となっています。

料金

登別伊達時代村へ入村するための料金プランとして、通行手形と称した村内フリーパスを購入することになります。

通行手形は村内施設の有料区分を除き無料で出入り自由のフリーパスとなります。中学生以上の大人が2900円、小学生で1500円、4歳から未就学児で600円。ただし3歳以下であれば通行手形は無料です。

割引・クーポン

通行手形の購入に際して、割引やクーポンを利用することでお得に入村することが可能です。クーポンの発行はwebから印刷できます。

割引として65歳以上で2200円、障がい者割引で大人1900円、子供1000円、幼児で500円になります。どちらも本人の証明書は必要です。また8名以上であれば団体割引の制度の利用がおすすめです。

クーポンを利用する方法としては、割引手当として登別伊達時代村のwebクーポンや旅行会社によるお得なクーポン券、さらにはJAF会員の優待クーポンなど通常価格よりもクーポンの利用で安く通行手形の購入が可能となっています。ただしクーポンと割引を併用できないのでクーポン使用時は注意しましょう。

アクセス

登別伊達時代村は北海道南部の登別町にあります。登別町は温泉街としての知名度も高く、口コミによって広がったたくさんの観光スポットを有し、登別伊達時代村もその一つとなっています。自家用車や公共機関でのアクセスが容易であり、市外や地方からも多くの観光客が訪れます。

登別東ICから

登別市や近隣の室蘭市を縦断する主要な高速道路として道央自動車道があります。登別伊達時代村へ向かうための一つのルートとして登別東ICにて高速を下りることになります。さらに中登別町の交差点を左折し道道2号線を進み約3分程度の時間で到着することができます。

JR登別駅から

道央自動車道からさらに海岸沿いを走るJRの室蘭本線があり、最寄の駅であるJR登別駅からのアクセス方法もあります。駅か登別伊達時代村までは自家用車やタクシーを利用した場合約5分程度の時間で到着することができます。公共機関であるバスであれば道南バスを利用し約10分程度を要します。

登別温泉から

登別市は温泉街として登別温泉が有名です。宿泊施設もあり地方からの観光客も大変多く訪れています。登別温泉と登別伊達時代村を含めた観光客も多く、温泉地からのアクセスとしては、自家用車やタクシーであれば5分程度であり、路線バスを利用することもできますが約10分程度で到着します。

駐車場

登別伊達時代村では駐車場を完備しています。自家用車もしくはバイクに関してそれぞれ収容スペースが設けられ、自家用車で一日500円で800台駐車可能であり、バイクでは一日200円で20台収容できます。観光バスも1500円で30台の駐車となっています。混雑時においては台数に制限がありますので注意が必要です。

12568 1登別市・温泉周辺観光スポットおすすめランキングTOP9!穴場情報あり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
登別市の観光周辺温泉スポットのオススメランキングです。登別には、有名な温泉だけでなく、水族館...

登別伊達時代村で江戸時代の雰囲気を満喫しよう!

登別伊達時代村はいかがでしたでしょうか。いまではSNSなど口コミでも話題のテーマパークとして各地からも数多く来場しています。自分自身が江戸時代にタイムスリップしたかのような不思議な体験ができるとともに歴史を学ぶことができる場として、この機会に訪れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
asiasi

洞爺・苫小牧・室蘭・えりも・ニセコの人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

洞爺・苫小牧・室蘭・えりも・ニセコの新着のまとめ