しんとろの湯(鳴子)で日帰り入浴を楽しもう!営業時間や口コミは?

2019年9月5日 (2019年9月6日最終更新)

宮城県の鳴子にある『しんとろの湯』は水を使って一切薄めない源泉かけ流しのお湯が評判で、濃度の濃いとろとろお湯には美肌をはじめとするさまざまな効能があると言われます。鳴子『しんとろの湯』はアクセスしづらい位置にありながら人気で、連日多くの日帰り客でにぎわいます。

目次

  1. しんとろの湯は若い女性に口コミで大人気の名湯
  2. しんとろの湯とは?
  3. しんとろの湯が人気の理由
  4. しんとろの湯の温泉情報
  5. しんとろの湯の口コミ情報
  6. しんとろの湯のアクセス情報
  7. しんとろの湯の基本情報
  8. 「しんとろの湯」周辺のグルメスポット情報
  9. 「しんとろの湯」と併せて行きたいおすすめ温泉地情報
  10. 名湯で有名な「しんとろの湯」でリフレッシュしよう!

しんとろの湯は若い女性に口コミで大人気の名湯

普段働いていて疲れがたまってくるとふと行きたくなるのが温泉です。日本は形成された地理的な理由から全国に数多くの温泉地があり、基本的にはどの都道府県にも有名な温泉街が1つや2つはあります。そんな数多くある温泉地のなかでいま若い女性を中心に話題沸騰中なのが今回ご紹介する宮城県鳴子の『しんとろの湯』です。

126655326361516405168 100219 01鳴子温泉に行こう!日帰りOKや観光情報やおすすめをご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
千年の歴史を誇る鳴子温泉は、古から湯治場として栄えた町。東北の観光の要になる絶好のアクセスと...

しんとろの湯とは?

東北地方には今回ご紹介している鳴子『しんとろの湯』以外にも温泉がたくさんあり、それこそ全国的に有名な温泉地も少なくありません。

そんな温泉の超激戦区である東北においても鳴子『しんとろの湯』は圧倒的な人気を誇っており、それには当然理由があります。

しんとろの湯は宮城県大崎市鳴子温泉星沼にある天然温泉公衆浴場

ちなみに鳴子『しんとろの湯』は具体的には宮城県大崎市鳴子温泉星沼という場所に施設が作られています。

スマートフォンの地図アプリ等で見るとわかりますが鳴子『しんとろの湯』はかなりの山奥にある温泉施設です。

日帰り入浴が可能な人気の観光スポット「しんとろの湯」

鳴子『しんとろの湯』の近くにはホテルや旅館などの宿泊施設もいくつかありますが、多くは日帰りのお客さんです。

鳴子『しんとろの湯』は日帰り入浴も可能で、気軽に楽しめる共同浴場として年齢や性別に関係なく大人気です。

Yusaya02鳴子観光人気スポットを徹底紹介!温泉情報あり!秋と冬おすすめの季節は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
宮城県大崎市にある鳴子温泉郷は日本百名湯にも選ばれている温泉郷です。鳴子の紅葉といえば知る人...

しんとろの湯が人気の理由

日帰り客が殺到している鳴子『しんとろの湯』が人気なのには温泉のお湯に秘密があり、全国のほかの温泉地とは一線を画します。

多くの温泉地が自分たちの温泉のお湯の良さを全力でアピールしていますが、鳴子『しんとろの湯』のお湯はレベルが違います。

水を一切加えない源泉100%かけ流しが魅力の「しんとろの湯」

鳴子『しんとろの湯』が大人気である最大の理由が厳選かけ流し100%の温泉です。ちなみに「源泉かけ流し」を売りにしている温泉地はたくさんあります。

そういった施設は普通は水を加えてお湯を冷ますのですが、鳴子『しんとろの湯』では冷ます時にお湯を一切使いません。

しんとろの湯は「美人の湯」「美肌の湯」として有名な

水を使うと簡単にお湯の温度を下げることができますが、その一方で当然温泉が薄まってしまって効果も下がってしまいます。

鳴子『しんとろの湯』では水をまったく加えないので成分が薄まる心配がなく、それ故に強力な美肌効果があると女性に大人気です。

しんとろの湯の温泉情報

多くの女性が日帰りで押し寄せる宮城県鳴子の『しんとろの湯』は科学的に見てもお肌にいい効能がいっぱいです。

鳴子『しんとろの湯』は美肌効果の効能にばかり目がいきがちです。しかしほかにも体に嬉しい効能が得られます。

しんとろの湯の効能は?

例えば鳴子『しんとろの湯』には筋肉痛や関節痛などの体の痛みを和らげる効能があります。年配の方には嬉しい効能です。

ほかにも鳴子『しんとろの湯』の効能は糖尿病などの疾患にもよく効き、この効能を求めて遠方から日帰りで来る人も少なくありません。

しんとろの湯の温泉成分

鳴子『しんとろの湯』の泉質はph9.4ほどの弱アルカリ性のお湯です。硫黄やナトリウムを含む塩化物泉です。

美肌効果以外にも疲労回復など嬉しい効能が満載で、もちろん男性にも鳴子『しんとろの湯』はおすすめです。

しんとろの湯の口コミ情報

鳴子『しんとろの湯』に限らずこれから行こうとする温泉がどんな効能なのか等を調べる上でいい参考になるのが口コミです。

日帰り客が殺到するだけに鳴子『しんとろの湯』は口コミの数も多いです。口コミを見るとアクセス前に大まかに概要を把握できるでしょう。

シンプルな造りの温泉・しんとろの湯

鳴子『しんとろの湯』の造りに関する口コミで多いのが「シンプル」というフレーズです。実際口コミの通りで鳴子『しんとろの湯』は内湯1つのみです。

またこの点から鳴子『しんとろの湯』は「手足を伸ばすのは難しい」という口コミも見られます。日帰りで行く際は混雑具合には注意です。

「とろーり」と濃厚なお湯のしんとろの湯

ほかにも鳴子『しんとろの湯』の口コミには「とろーり濃厚」という表現も多いです。それこそほぼすべての口コミにこの単語が含まれているほどです。

前述したように鳴子『しんとろの湯』は水で薄めておらず、それだからこそ口コミのようにとろとろの湯質になるのです。

2種類の温泉卵が食べられるのが「しんとろの湯」の特徴

ちなみに日帰り客の口コミにはちらほら温泉卵という文字も書かれています。鳴子『しんとろの湯』には「蒸したまご」と「温泉たまご」という2種類の温泉卵があります。

効能たっぷりのお湯で作っていることから風味も豊かで、鳴子『しんとろの湯』の温泉卵は「お土産にぴったり」という口コミもあります。

しんとろの湯のアクセス情報

鳴子『しんとろの湯』は宮城県の山あいにあるのでアクセスする場合には基本的には車を使うのがおすすめです。

しかしすぐ近くに電車も走っているので鳴子『しんとろの湯』は公共の交通機関でアクセスすることも可能です。

住所 宮城県大崎市鳴子温泉字星沼18-9
電話番号 0229-87-1126

(1)JRを使ってしんとろの湯へ行く場合

仙台から鳴子『しんとろの湯』へアクセスする場合は最寄りの中山平温泉駅までJRを乗り継いで行きます。そしてそこから15分ほど歩いてアクセスします。

具体的にはJR東北本線で仙台駅から小牛田駅までアクセスし、さらにJR陸羽東線で中山平温泉へとアクセスします。

(2)マイカーを使ってしんとろの湯へ行く場合

車を使って鳴子『しんとろの湯』へアクセスする方法はとても簡単です。ひたすら国道47号線を走っているとアクセスできます。

ただし鳴子『しんとろの湯』は日帰り温泉で混雑することも多く、渋滞の可能性もあるためアクセスする際は時間に余裕を持つといいです。

(3)しんとろの湯の駐車場

鳴子『しんとろの湯』へアクセスする際は駐車場情報にも目を通しましょう。一応日帰り客向けに施設内には無料の駐車場が用意されています。

ただしピーク時には数え切れないほどの日帰り客で賑わうのが鳴子『しんとろの湯』で、満車になることも少なくありません。

しんとろの湯の基本情報

鳴子『しんとろの湯』はとろとろの効能たっぷりのお湯以外にも魅力的なポイントがいっぱいで、いざアクセスしてみると口コミで評判なのもすぐ納得です。

宮城県の郊外に鳴子『しんとろの湯』はありながら営業時間は長めですし、アメニティーも充実していて日帰りには最適です。

しんとろの湯の営業時間や入浴料金

鳴子『しんとろの湯』の営業時間は午前9時から午後9時30分までで、入浴料金は大人が420円で子どもが210円です。

ただし子どもの扱いになるのは小学生以上で、小学生よりも年齢が下のお子さんに関しては無料となります。

しんとろの湯のアメニティーや貸し出し・販売用品

鳴子『しんとろの湯』の口コミによると無料のアメニティーはボディーソープとリンスインシャンプーとドライヤーです。

これに加えて有料ではありますがタオルやバスタオル、男性向けのカミソリなども置かれているので日帰りにありがたいです。

「しんとろの湯」周辺のグルメスポット情報

『しんとろの湯』に限らず少し遠出をした時にワクワクする要素となるのが「美味しい食べ物」の存在です。

鳴子『しんとろの湯』の周辺にも数はそこまで多いわけではありませんが美味しいグルメスポットが目白押しです。

「しんとろの湯」周辺のグルメスポット1:鳴子峡レストハウス

鳴子『しんとろの湯』周辺のグルメスポット1つ目が『鳴子峡レストハウス』です。この『鳴子峡レストハウス』は焼き団子が名物です。

炭火で焼いた団子はシンプルながら癖になる美味しさで、これを食べにわざわざ遠出してくる人も多いです。

営業時間は午前8時30分から午後5時までです。営業時間も朝早くから空いているので温泉巡りのお供にはもってこいと言えます。

住所 宮城県大崎市鳴子温泉星沼13-5
電話番号 0229-87-2050

「しんとろの湯」周辺のグルメスポット2:藤治朗

鳴子『しんとろの湯』周辺のグルメスポット2つ目が『藤治朗』です。お食事どころを探すなら『藤治朗』が一押しとなります。

ここ『藤治朗』は温泉水を使って作るお蕎麦が名物で、普段食べているものとは違った独特の歯ごたえが魅力です。

『藤治朗』の営業時間は午前11時から午後2時までで、毎週火曜日が定休日となっています。駐車場もあります。

住所 宮城県大崎市鳴子温泉星沼6-16
電話番号 0229-87-2322

「しんとろの湯」と併せて行きたいおすすめ温泉地情報

今回ご紹介している『しんとろの湯』以外にも東北地方には魅力的な温泉地がかなり数多く存在しています。

せっかくアクセスするのなら営業時間が許す限りいろいろな場所を回って自分好みの温泉を探してみるのも趣があります。

「しんとろの湯」と併せて行きたいおすすめ温泉地1:秋保温泉

鳴子『しんとろの湯』と併せてアクセスしたいおすすめの温泉地1つ目が『秋保温泉』です。ちなみに秋保(あきう)と読みます。

奥州の3名湯の1つにも数えられる『秋保温泉』は1000年以上の歴史を誇り、営業時間の長い日帰り温泉などもたくさんあります。

住所 宮城県仙台市太白区秋保町湯元
電話番号 022-398-2251

秋保温泉の一押しスポット『市太郎の湯』

例えば秋保温泉にある『市太郎の湯』は営業時間が午前10時から午後5時30分までで、食事処も用意されています。効能は神経痛や皮膚病です。

広大な敷地で大自然を感じながら温泉につかれる『市太郎の湯』は都会の喧騒を忘れたい時にこそ最適でしょう。

住所 宮城県仙台市太白区秋保町湯元源兵衛原10
電話番号 022-398-2111

「しんとろの湯」と併せて行きたいおすすめ温泉地2:遠苅田温泉

鳴子『しんとろの湯』と併せてアクセスしたいおすすめの温泉地2つ目が『遠刈田温泉』です。『遠刈田温泉』は2014年に温泉100選にもなりました。

蔵王エコーラインや苅田岳へも『遠苅田温泉』はほど近く、観光の際に一緒にアクセスするといった使い方もできます。

住所 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉仲町33番地
電話番号 0224-34-2725

遠苅田温泉の一押しスポット『神の湯』

遠苅田温泉の『神の湯』はちょうど温泉街の真ん中にある共同浴場で、値段も安くて営業時間は午前9時から午後9時30分までです。

癒しを与えてくれる効能も『神の湯』の特色で、点検日を除いて休みがないのも遠方からアクセスする際には大きなポイントです。

住所 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉仲町34
電話番号 0224-34-1990

「しんとろの湯」と併せて行きたいおすすめ温泉地3:作並温泉

鳴子『しんとろの湯』と併せてアクセスしたいおすすめの温泉地3つ目が『作並温泉』です。この『作並温泉』はグルメも魅力のエリアです。

『作並温泉』にはあんこ入りのお饅頭を豪快に揚げた「作並駅の揚げまんじゅう」というご当地菓子があり、疲れた身と心を癒してくれます。

住所 宮城県仙台市青葉区作並字元木16
電話番号 022-395-2211

作並温泉の一押しスポット『ゆづくし Salon 一の坊』

『ゆづくし Salon 一の坊』は作並温泉の人気スポットで、いろいろなお風呂が用意されているので家族連れでも楽しめます。

営業時間は午前9時30分から午後1時までと短めです。効能は美肌効果に加え、リウマチや動脈硬化にも効果があると言われます。

作並温泉 ゆづくしSalon一の坊

4788.original
住所:
宮城県仙台市青葉区作並字長原3
アクセス:
車/東北道~仙台宮城IC~国道48号を山形方面へ30分
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 11:00 (OUT)
提供: Jws 88 50 blue

「しんとろの湯」と併せて行きたいおすすめ温泉地4:中山平温泉

鳴子『しんとろの湯』と併せてアクセスしたいおすすめの温泉地4つ目が『中山平温泉』です。風情ある温泉地の街並みも『中山平温泉』の良さです。

ちなみに『中山平温泉』では温泉の熱を利用してサボテンなどの熱帯の作物を育てており、それらを鑑賞することも可能です。

住所 宮城県大崎市鳴子温泉字星沼18-9
電話番号 0229 -87-1126

中山平温泉の一押しスポット『あすか旅館』

中山平温泉の『あすか旅館』は「飲むことのできる温泉」として有名な宿で、まったりとした喉越しが癖になります。

営業時間を気にせず日帰り温泉ができるのもグッドで、お土産に温泉水60リットルを持ち帰ることも可能です。

住所 宮城県大崎市鳴子温泉字星沼68-1
電話番号 0229-87-2131

「しんとろの湯」と併せて行きたいおすすめ温泉地5:松島温泉

鳴子『しんとろの湯』と併せてアクセスしたいおすすめの温泉地5つ目が『松島温泉』です。『松島温泉』は日本三景が一望できる風光明媚な温泉地です。

1500mもの地下から湧き上がる『松島温泉』のお湯はさまざまな効能を持っており、地元の人や観光客で常ににぎわっています。

住所 宮城県松島町松島字町内98-1
電話番号 022-354-2618

松島温泉の一押しスポット『松島一の坊』

松島温泉の『松島一の坊』は日帰り入浴も可能で、営業時間は正午12時から午後3時までです。営業時間内なら予約は不要です。

露天風呂からは松島の絶景が拝め、日頃の疲れを癒したい時には『松島一の坊』はかなり一押しのスポットです。

松島一の坊

4803.original
住所:
宮城県宮城郡松島町高城浜1-4
アクセス:
車/ホテルより車で15分~松島海岸IC~車で15分 車以外/東北新幹線仙台駅経由東北本線松島駅よりタクシー5分
料金の目安:
14,364円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 11:00 (OUT)
提供: Jws 88 50 blue

「しんとろの湯」と併せて行きたいおすすめ温泉地6:鎌先温泉

鳴子『しんとろの湯』と併せてアクセスしたいおすすめの温泉地6つ目が『鎌先温泉』です。『鎌先温泉』は知る人ぞ知る秘湯です。

温泉地にある宿の数は5つと少なめで、昔から「傷に鎌先」と言われるように湯治の効能が高い人気を誇っています。

住所 宮城県白石市沢目137
電話番号 0224-26-2042

鎌先温泉の一押しスポット『すゞきや旅館』

明和元年創業という非常に歴史ある温泉宿であるのが『すゞきや旅館』です。気持ちのいい温泉と美味しい料理が旅の疲れを癒してくれます。

『すゞきや旅館』の営業時間は午前11時から午後3時までで、日帰りプランも用意されているのでふらっといって楽しむのもOKです。

鎌先温泉 すゞきや旅館(すずきや)

4977.original
住所:
宮城県白石市福岡蔵本字鎌先1-38
アクセス:
車/東北自動車道~白石IC~国道4号線を福島方面へ5つ目の信号を左折し道なりに約10分 車以外/東北新幹線白石蔵王駅下車。駅よりタクシーで20分。
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 14:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供: Jws 88 50 blue
Akiu 2宮城の温泉・秘湯ランキング!おすすめの温泉郷やアクセス方法などをご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
宮城県には歴史ある温泉がたくさんあります。気軽に子連れで行ける温泉から、秘湯とも言える温泉ま...

名湯で有名な「しんとろの湯」でリフレッシュしよう!

宮城県にある鳴子『しんとろの湯』はほかの温泉地では味わえないようなとろとろのお湯をしており、成分が肌に浸透しやすくいろいろな効能を期待できます。また鳴子『しんとろの湯』はシンプルながらアメニティーが充実しているなど痒いところに手が届くサービスも魅力で、1回行くと癖になって何度も日帰りでリピートしたくなること必至です。

関連記事

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
おまあす

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する