仲洞爺キャンプ場で北海道の自然を満喫しよう!温泉など場内の設備も充実!

2019年9月9日 (2019年10月1日最終更新)

北海道の豊かな自然を満喫するにはキャンプがおすすめです。ここでは北海道の人気観光地、洞爺湖畔にある「仲洞爺キャンプ場」について紹介しています。仲洞爺キャンプ場の見どころを始め、設備や料金、そしてアクセス方法などの情報をまとめました。

目次

  1. 北海道の自然を満喫できる「仲洞爺キャンプ場」ガイド!
  2. 仲洞爺キャンプ場とは?
  3. 仲洞爺キャンプ場の魅力
  4. 仲洞爺キャンプ場の施設・設備
  5. 仲洞爺キャンプ場の利用料金
  6. 仲洞爺キャンプ場の基本情報
  7. 仲洞爺キャンプ場は北海道の大自然を満喫できるおすすめの人気アウトドアスポット

北海道の自然を満喫できる「仲洞爺キャンプ場」ガイド!

北海道の魅力は何といっても雄大な自然。そんな北海道の自然を満喫するにはキャンプがおすすめです。

そこで今回は、北海道の数あるキャンプ場の中から「仲洞爺キャンプ場」をピックアップ。仲洞爺キャンプ場のおすすめポイントや設備、料金などをご紹介します。

仲洞爺キャンプ場とは?

仲洞爺キャンプ場のある洞爺湖周辺にはキャンプ場がたくさんあり、特に夏には多くのキャンパーたちで賑わいます。

そんな洞爺湖エリアにある仲洞爺キャンプ場とはどんなキャンプ場なのでしょうか。まずは、仲洞爺キャンプ場についてざっくりとご紹介しましょう。

仲洞爺キャンプ場は北海道有珠郡壮瞥町仲洞爺にあるキャンプ場

仲洞爺キャンプ場は、北海道の道央、有珠郡壮瞥町にある公営のキャンプ場です。壮瞥町は、ロープウェイからの景色が人気の有珠山や、昭和18年に火山活動によってできた昭和新山が有名な町です。

そして、ドーナツの形をした洞爺湖も壮瞥町で人気の観光スポット。仲洞爺キャンプ場は、その洞爺湖の湖畔という自然たっぷりの立地が人気となっています。

Toya gaiyo北海道・洞爺湖の観光スポットおすすめ9選!ドライブにもピッタリ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
北海道は観光スポットも多く、観光をするにはもってこいの場所です。いくつもある観光スポットの中...

仲洞爺キャンプ場の魅力

北海道にはたくさんのキャンプ場がありますが、そのなかでも仲洞爺キャンプ場はリピーターも多い人気のキャンプ場です。

多くのキャンパーたちに「また来たい」と思わせる、仲洞爺キャンプ場の魅力をご紹介しましょう。

洞爺湖の湖畔でキャンプができる仲洞爺キャンプ場

仲洞爺キャンプ場の大きな魅力のひとつが、美しい洞爺湖に面したロケーションです。仲洞爺キャンプ場は、円形をした洞爺湖の東側にあります。

洞爺湖のほとりは砂利になっていて、湖面ぎりぎりのところまでテントやタープを張ることができます。洞爺湖を眺めながらバーベキューを楽しめるとあって、洞爺湖のほとりのサイトは特に人気があります。

また、仲洞爺キャンプ場は洞爺湖周辺で登山やツーリングを楽しむときの拠点としてもおすすめです。ソロキャンプで訪れる人も多いそうです。

洞爺湖の楽しみ方1【とうや湖ぐるっと彫刻公園】

洞爺湖の湖畔沿いは、一周まるごと「とうや湖ぐるっと彫刻公園」となっています。一周43kmの洞爺湖には彫刻が点在していて、その数は58作品にも及びます。

彫刻は、オブジェから人物像まで多くの作家による様々な作品があります。洞爺湖の自然と調和したアート作品巡りが楽しめます。

洞爺湖の楽しみ方2【水遊び】

洞爺湖では、夏になるとほとりの浅瀬で水遊びを楽しむことができます。湖面は穏やかで水もきれいなので、子どもも安心して遊べるとファミリーに人気となっています。

なお、洞爺湖は8月でも水温は低めとなっています。また、洞爺湖で水遊びをするときは安全のためにライフジャケットの着用をおすすめします。

洞爺湖の楽しみ方3【カヌー】

カヌーは洞爺湖で人気のアクティビティです。自分でカヌーを持ち込むことも可能で、カヌーを持っていない場合はカヌー体験に参加します。

カヌー体験は、保護者同伴なら4歳から参加できるツアーもあり、ファミリーで楽しめます。また、中島へ上陸して島内を散策することもできます。

洞爺湖に浮かぶ中島には巨木の森が広がっています。島内は遊歩道が整備されていて、子どもも歩きやすい足元となっています。また、島内ではエゾシカに会えることもあるそうです。

洞爺湖の楽しみ方4【釣り】

洞爺湖では、ヒメマス、サクラマス、ニジマス、ワカサギなどの釣りが楽しめます。なかでも、洞爺湖のヒメマスとサクラマスは日本最大級の大きさで知られています。

洞爺湖の魚釣り遊漁期間が設けられていて、洞爺湖漁業協同組合から遊漁券を購入すると釣りができます。釣り場は洞爺湖のほとりや、レンタルボートからの船釣りも可能です。

また、仲洞爺キャンプ場の周辺には小さなエビが生息していて、夜や早朝には湖のほとりでエビ釣りも楽しめます。網ですくうとたくさんのエビが獲れるので、子どもたちにも簡単にできると人気です。

仲洞爺キャンプ場には源泉かけ流しの天然温泉浴場がある

仲洞爺キャンプ場の敷地内には、天然温泉施設「来夢人の家」があります。来夢人の家の温泉は、加水や循環濾過をしていない源泉かけ流しとなっています。

温泉は男女別の内湯が1つずつあります。壮瞥町はフィンランドのケミヤルヴィ市と交流しており、フィンランド産のアカマツを壁材に使用しているのだとか。自然の温もりが感じられるログハウスの温泉は、心身共にリフレッシュできます。

お風呂がなくシャワー設備のみのキャンプ場も多い中、仲洞爺キャンプ場では源泉かけ流しの贅沢な温泉があるので女性にも人気です。来夢人の家には休憩所や売店もあり、キャンパーだけでなく地元の人たちの憩いの場となっています。

サンセットが綺麗な仲洞爺キャンプ場

仲洞爺キャンプ場は洞爺湖の東側にあり、夕日がきれいに見られるスポットとして人気となっています。洞爺湖の中央にある中島に夕日が沈むにつれて湖面が赤く染まっていく光景は幻想的です。

自然いっぱいの洞爺湖は空気が澄んでいるので、夕日だけでなく夜も星がきれいに見えます。大きなカメラを持ち込んで、星空観測を楽しむ人もいるそうです。

また、キャンプサイトの場所によっては、毎年4月下旬から10月下旬まで開催される洞爺湖名物のロングラン花火大会を鑑賞することもできます。

テントから夕日や花火を見られたり、満天の星空を見上げてゆっくり過ごしたりできるのは、洞爺湖畔にある仲洞爺キャンプ場ならではの贅沢な楽しみです。

Toya kohantei02洞爺湖温泉の日帰り入浴がおすすめ!人気スポットを紹介!景色に満足! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
北海道の洞爺湖温泉は洞爺湖や有珠山といった自然の雄大な景色を存分に楽しむことができる観光地で...
Main img02洞爺湖の観光スポット特集!自然が美しい景色を紹介!ドライブにもピッタリ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
洞爺湖は北海道・南西部にある日本で9番目に大きい湖です。「日本百景」「美しい日本の歩きたくな...

仲洞爺キャンプ場の施設・設備

ここからは、そんな魅力いっぱいの仲洞爺キャンプ場の施設や設備についてご紹介します。キャンプのプランを立てる前に、仲洞爺キャンプ場にある施設や設備をしっかりチェックしておきましょう。

なお、仲洞爺キャンプ場にはバンガローのような屋内施設はなく、すべてテントを張ってのキャンプとなります。

仲洞爺キャンプ場の設備・施設(1)芝サイト

仲洞爺キャンプ場はサイトの区画が区切られておらず、チェックインしてから自分のサイトの場所を自由に決めることができます。

仲洞爺キャンプ場には、第1キャンプ場と第2キャンプ場という2つのエリアがあります。第1キャンプ場は、主に木々に囲まれた芝生のエリアが広がり、湖畔にも出やすい立地です。

第1キャンプ場にある設備は、炊事棟が3棟、トイレが2ヶ所となっています。第2キャンプ場はやや規模が小さく、炊事棟が1棟あります。第2キャンプ場にはトイレ設備がないので、第1キャンプ場または温泉施設のトイレを利用します。

また、第1キャンプ場のメインとなるトイレの横にはごみステーションがあります。仲洞爺キャンプ場では、ごみは持ち帰るのが原則となっていますが、ごみステーションを利用する場合はごみの種類で分別して捨てるようにしましょう。

仲洞爺キャンプ場にはかまどの設備がありません。焚火台やバーベキューコンロなどがあると、料理がしやすくおすすめです。

仲洞爺キャンプ場の設備・施設(2)土サイト

第2キャンプ場は、芝が少なく土の地面が多いエリアとなります。メインエリアからは奥まった場所にあり、静かにキャンプを楽しみたい時におすすめです。また、第2キャンプ場にはペットを連れて行くことができます。

第2キャンプ場から第1キャンプ場へは、小川にかかった橋を渡って行きます。トイレに行くのもこの橋を渡ることになり、静かな森の中を散策しながらの移動となります。

第1キャンプ場、第2キャンプ場共に、湖畔に近い場所にテントを張ることもできます。湖畔は特に夏場に人気のエリアで、暑い日には湖畔にずらりとテントが並ぶ光景が見られます。

反面、湖畔は傾斜がある場所が多く、またペグを打ち込みにくくなっているので、テントを張る時は注意が必要です。

仲洞爺キャンプ場の設備・施設(3)キャンピングカーサイト

仲洞爺キャンプ場では、第1キャンプ場には車の乗り入れはできず、第2キャンプ場のみでオートキャンプができます。キャンピングカーの入場も可能です。

車の乗り入れができない第1キャンプ場にはリアカーが用意されていて、駐車場に車を停めてリアカーに荷物を積んでキャンプサイトまで運ぶことになります。なお、第1キャンプ場、第2キャンプ場共に電源の設備はありません。

なお、仲洞爺キャンプ場の周辺にはスーパーマーケットのような食料を調達できる場所が少ないため、食材や飲み物など必要なものはあらかじめ準備しておくことをおすすめします。

仲洞爺キャンプ場の利用料金

続いては、仲洞爺キャンプ場の利用料金をチェックしてみましょう。仲洞爺キャンプ場は公営のキャンプ場なので、料金が安いのも人気のポイントです。

仲洞爺キャンプ場に泊まりでキャンプする場合の料金やデイキャンプの料金、そして機材などをレンタルするときの料金をご紹介します。

仲洞爺キャンプ場に宿泊する場合

仲洞爺キャンプ場の宿泊料金は、大人1泊450円、中学生までの小人は1泊340円となっています。テントの料金は5名用1張につき、1泊850円です。

料金は季節や曜日で変動せず、いつも同じ料金です。夏休みのハイシーズンでも特別料金となることがないので、安い料金でキャンプができると人気です。

仲洞爺キャンプ場の日帰り利用

仲洞爺キャンプ場をデイキャンプで利用する場合の料金は、大人220円、小人120円となっています。

日帰りでも安い料金設定の仲洞爺キャンプ場は、家族やグループで洞爺湖を満喫するのにおすすめのキャンプ場です。

仲洞爺キャンプ場のレンタル用品

キャンプにはテントやタープ、調理の機材など様々な持ち物が必要です。仲洞爺キャンプ場では、以前はテントなどのレンタルをおこなっていましたが、現在では実施していないようです。

仲洞爺キャンプ場でキャンプをする時は、キャンプ用品の忘れ物がないように準備して行くのがおすすめです。仲洞爺キャンプ場では直火は禁止されているので、焚火台は持って行くようにしましょう。

なお、仲洞爺キャンプ場には売店があり、調味料、お菓子、飲み物、酒類、氷、洗剤、薪、炭といった消耗品を販売しています。

仲洞爺キャンプ場のキャンピングカー料金

仲洞爺キャンプ場にはキャンピングカーの乗り入れが可能です。キャンピングカーの入場料金は、1台300円です。

キャンピングカー以外の普通の乗用車の場合は、駐車料金はかかりません。車の乗り入れができるのは、第2キャンプ場のみとなっているのでご注意ください。

仲洞爺キャンプ場日帰り入浴:仲洞爺温泉 来夢人の家

仲洞爺キャンプ場に併設されている日帰り温泉「来夢人の家」の入浴料金は、大人420円、小人140円、幼児70円、3歳以下は無料となっています。

毎月26日の「ふろの日」には、大人の入浴料金が300円となるサービスもあります。なお、館内設備のドライヤーは無料で利用でき、タオルやシャンプーはレンタルではなく販売となっています。

仲洞爺キャンプ場の基本情報

ここからは、仲洞爺キャンプ場の基本情報についてご紹介します。寒さが厳しい北海道にある仲洞爺キャンプ場は、どれくらいの期間営業しているのかも気になるところです。

まだ洞爺湖周辺を訪れたことがない人のために、仲洞爺キャンプ場へのアクセス方法もしっかりチェックしておきましょう。

仲洞爺キャンプ場の営業時間・定休日

仲洞爺キャンプ場の営業期間は、毎年4月下旬から10月上旬までとなっています。期間中は定休日はありません。

宿泊キャンプの場合の営業時間は、チェックインが10時、チェックアウトが14時となっています。なお、夏休みシーズンの7月下旬から8月下旬までは9時にチェックインが可能です。日帰りキャンプの場合は、10時チェックイン、17時チェックアウトとなります。

日帰り温泉施設の来夢人の家の営業時間は、4月から10月までの期間は10時から21時です。なお、受付終了は20時30分となっています。来夢人の家は毎週火曜が定休日となっていますが、7月および8月は休まず営業するそうです。

仲洞爺キャンプ場のアクセス情報

仲洞爺キャンプ場は、道央自動車道「伊達IC」から車で約30分、約20kmの場所にあります。伊達ICから道道519号線で壮瞥町方面へ向かい、「壮瞥市街」の案内板に従って国道453号線へ入ります。

セイコーマートを過ぎたら左折して道道2号線へ入り、洞爺湖方面へ向かいます。旅館きらく前の分かれ道で右の道道132号に入り、洞爺湖畔を反時計回りにしばらく進むと仲洞爺キャンプ場へ到着します。

住所 北海道有珠郡壮瞥町字仲洞爺30番地11
電話番号 0142-66-3131

仲洞爺キャンプ場は北海道の大自然を満喫できるおすすめの人気アウトドアスポット

北海道の洞爺湖畔にある仲洞爺キャンプ場についてご紹介しました。仲洞爺キャンプ場は、洞爺湖の雄大な自然を間近に味わえるだけでなく、温泉でのんびりすることもできるおすすめのキャンプ場です。北海道でキャンプを計画している人は、仲洞爺キャンプ場を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

Thumb
この記事のライター
LiberoSE
旅に出たり美味しいお店を発掘したりするのは楽しいですね!

洞爺・苫小牧・室蘭・えりも・ニセコの人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

洞爺・苫小牧・室蘭・えりも・ニセコの新着のまとめ