中目黒公園でピクニックや自然を楽しもう!子供も喜ぶおすすめの憩いの場所!

2019年9月9日 (2019年9月11日最終更新)

東京都心から程近い洗練された街・中目黒には、意外にも2.2ヘクタールもの広大な土地が広がる中目黒公園があります。中目黒公園は中目黒駅から徒歩10分ほど行ったところにある公園で、水遊びやスポーツなど、大人も子供も共に楽しめる憩いの場所となっています。

目次

  1. 中目黒公園で遊ぼう!
  2. 中目黒公園は大人の街・中目黒で子供も喜ぶおすすめの公園!
  3. 中目黒公園の楽しみ方①<遊ぶ>
  4. 中目黒公園の楽しみ方②<自然と触れ合う>
  5. 中目黒公園の楽しみ方③<スポーツをする>
  6. 中目黒公園のその他の施設
  7. 中目黒公園の詳細情報
  8. 中目黒公園は大人も子供楽しめるおすすめレジャースポット!

中目黒公園で遊ぼう!

中目黒公園は中目黒駅近くの目黒川沿いに位置する公園で、平成14年に区立公園としてオープンしています。広大な園内には種々の花々や生き物が見られ、区民の憩いの場となっています。ここではそんな中目黒公園について、子供にもおすすめの「じゃぶじゃぶ池」やピクニック、アクセス、駐車場などの情報を盛り込みながら紹介します。

Original中目黒の観光スポット19選!人気のグルメや絶対外せないおすすめの場所は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
中目黒は、東西東横線で2つめの場所にあります。都会にありながら、緑がいっぱいの公園があり、流...
Original中目黒のおすすめデートスポット特集!夜まで楽しめる人気コースなど! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
都内で楽しめるデートスポット、たくんあります。ここ近年では渋谷区や目黒区の開発が進み、おしゃ...

中目黒公園は大人の街・中目黒で子供も喜ぶおすすめの公園!

中目黒公園は東京都心に近い場所にありながら、木々や花々といった植物や昆虫などの生物など、多くの自然に触れることのできる広い公園です。この公園では、子供たちが楽しめる「じゃぶじゃぶ池」や虫取り、遊具などで遊べる他、散策やピクニックを堪能できる芝生広場やお花見スポットもあります。

更には、サッカーやバスケットボールなどのスポーツを存分に満喫できる広場もあり、大人も子供も十分楽しめる場所となっています。

ピクニックも楽しめる地元住民の憩いの場

中目黒公園は、目黒川沿いにある広大な公園で、園内には芝生が広がりピクニックも楽しめる「いこいと展望の広場」やサッカーなどができるスポーツ広場などがあり、豊かな緑に触れながら楽しく遊べ、また健康作りができるという、区民からも広く愛されている施設です。

その他にも「花とみどりの学習館」で、読書をしたり花や緑について学ぶイベントや、園芸の手法を学ぶイベントなどに参加することもできます。また、「じゃぶじゃぶ池」で遊んだり、花見や紅葉を見物したりと、季節に応じて種々の楽しみ方があります。

中目黒公園の楽しみ方①<遊ぶ>

中目黒公園は広いのみでなく、いろいろな広場や目的に合った施設が設けられており、様々な遊びを満喫することができます。ピクニックやお花見が楽しめる「いこいと展望の広場」や、水遊びが楽しめる「じゃぶじゃぶ池」、子供が夢中になって遊べる「児童遊具」など、遊ぶ場所や方法には事欠きません。

ピクニックも楽しめる芝生の広場【いこいと展望の広場】

「いこいと展望の広場」は、目黒川口から公園に入ったところから左手に見える芝生の広場で、「健康とスポーツの広場」に次いで大きなスポットです。広場の中央には2本の大きな木が生えている他、広場の端にはアカシデの木があり、紅葉時には色鮮やかな黄色に染まった美しい姿を見せてくれます。

この広場では、天気の良い日には芝にシートを広げてピクニックやランチを楽しめます。野球などのボール遊びが禁じられているため、子供連れのファミリーでも安心して遊びやピクニックに興じることができます。

春は人気のお花見スポット

春のお花見の時期には満開の桜が訪れる人々を楽しませてくれます。桜は公園のみでなく、目黒川沿いにも川面一面に咲き乱れるため、この付近を散策すれば、至るところで存分に花見を満喫することができます。

公園内での飲食は可能ですが、売店やレストランが無いため、飲み物などは近くのコンビニで調達する必要があります。また、テントなどの設営は禁じられているので、ピクニックをしたり休憩をする場合は木陰を利用することをおすすめします。

夏に水遊びが楽しめる【じゃぶじゃぶ池】

中目黒公園には夏の期間だけオープンする「じゃぶじゃぶ池」があります。暑い夏の日差しを受けつつも、池に入って水の中でじゃぶじゃぶしながら遊ぶのは、子供たちにとって最高の喜びとなります。「じゃぶじゃぶ池」は浅いため、大人たちは周りで見守っていさえすれば、子供たちだけで遊んでいても十分安全です。

水の流れの運転期間

「じゃぶじゃぶ池」の水の流れの運転期間は、7月初旬から8月下旬にかけての午前9時30分から午前11時30分までと、午後14時から午後16時までの1日2回となります。

子供たちが「じゃぶじゃぶ池」で水遊びを満喫した後は、「いこいと展望の広場」の木陰で、家族みんなでゆっくり昼食を取ったり休憩することをおすすめします。

小さい子供も安心して遊べる【児童遊具】

中目黒公園の中央口を入ってすぐ左側には「ちびっこ広場」があります。この広場は1つの小さな公園のようになっており、中には滑り台やブランコなどの遊具や砂場があります。滑り台はオーソドックスなスタイルですが、階段と滑り台がワイドなため、使い易い遊具となっています。

ブランコは2台ありますが、場所が狭いため、幼児が乗る場合には大人のサポートが必要です。また、子供用の小さなベンチも備わっており、疲れた時にすぐ休めるようになっています。

中目黒公園の楽しみ方②<自然と触れ合う>

中目黒公園には種々の生き物が生息しています。シジュウカラなどの小鳥やキリギリス、蝉、蝶、カブトムシなどの昆虫類などを観察したり、虫取りをすることができます。また、ビオトープと呼ばれる目黒地区に生息するいきものを保全するための「いきもの池」もあります。

虫取りを楽しめる【原っぱ】

「いこいと展望の広場」の横にある「はらっぱ」には、種々の木々や植物が植えられています。その中で一番大きいのがソメイヨシノです。この桜の木は幹が太く立派な木で、春には素晴らしい桜の景色が見られます。

また、秋にはきれいな紅葉が見られます。中でも赤い葉をつけるヤマモミジは特に一目を惹きます。その他にも「はらっぱ」では、ススキなど様々な木々や植物、生き物が育っており、その中に、蝉やバッタ、蝶、トンボなど、種々の昆虫を探すごとができます。

生き物を守るビオトープ【いきもの池】

「いきもの池」はビオトープと呼ばれ、目黒川や目黒公園内で育った鳥や虫、植物などの生息場所を保全するために造られています。このおすすめの「いきもの池」の飛び石を渡りながら、カマキリやキリギリス、小鳥たちの生態を観察してみましょう。

いきもの池には、日時こそ限られますが実際に入ることもできます。主に土曜日の昼過ぎの数時間内に、池に入ることができますが、前もって管理人の許可が必要となります。

中目黒公園の楽しみ方③<スポーツをする>

中目黒公園ではスポーツを楽しむことができる施設があります。「ポケット広場」にはストリートバスケットができるバスケットコートがあり、ボールを無料で借りることもできます。また、「健康とスポーツの広場」では、子供サッカーや、レクレーション、イベントなどができるスペースが確保されています。ただし、広場の利用時間が限られており予約が必要なため、注意が必要です。

バスケットが楽しめる【ポケット広場】

「わんぱく広場」の横にある「ポケット広場」には、バスケットコートがあります。この場所では、ボールが無料で借りられ、ストリートバスケットボールが楽しめます。

ただし、この「ポケット広場」には近隣の住宅に迷惑がかからないよう、禁止事項がいくつかあります。夜間は、音の出る花火やスケートボード、音の出る遊び、バスケットコートの使用などは禁じられているため、マナーを守って利用することをおすすめします。

サッカーコートが2面入る【健康とスポーツの広場】

「健康とスポーツの広場」では、少年サッカーなどのスポーツやレクレーションができます。また、イベントなどにも利用可能な公共の広場となっています。この場所は公園内で最も広いスペースが確保されており、サッカーコートが2つ入るほどの広さを誇っています。

この広場の利用時間は、11月から3月までが午前6時から午後5時まで、4月から10月までが午前6時から午後6時までとなっており、事前の申し込みが必要となります。

足つぼ健康舗道で足裏を刺激【ウォーキングコース】

「足つぼ健康舗道」は「はらっぱ」の隣にあるスポットで、コースの地面に埋め込まれた、先端の尖った玉石の上を歩くことにより、足裏のつぼを刺激できる健康的なウオーキングコースです。

公園内には園路を利用した340メートル、540メートル、2つのウオーキングコースが造られており、周辺のの自然の景色を眺めながら気持ち良く健康作りをすることができます。「足つぼ健康舗道」はそのウオーキングコースの一部に組み込まれており、靴を履いたまま歩いても十分に足裏を刺激する効果がありおすすめです。

中目黒公園のその他の施設

中目黒公園にはその他に「みんなの花壇」という施設があります。この花壇は足つぼ健康舗道の横にありますが、種々の植物が鑑賞用として栽培されており、だれでも自由に観ることができます。

植物の種類としては、ゲンノショウコやコモンタイム、メキシカンブッシュセージ、ノコギリソウ、カラミンサなど、多くの種類の植物が植えられています。また、それぞれの植物には植物の持つ意味や特性、効能などの説明も施されています。

中目黒公園のその他の施設としては、「わんぱく広場」があります。「わんぱく広場」は、目黒川口の入口から入ってすぐ右側にあります。この広場は縦長の敷地にベンチや水飲み場が備わり、この広場だけでも1つの公園と言えるほどの広さがあります。

この広場には大きなカエデの木があります。このカエデの木は、紅葉の時期には色鮮やかな黄色に色づき、訪れる人々を楽しませてくれます。

「花と緑の学習館」では、花や緑についての学習ができます。この施設では、園芸や身近な自然に親しむ経験を通じて自然環境の理解を深めるという目標をかかげ、いくつかの学習イベントが組まれています。またこの学習館は、公園ボランティア活動の拠点とも言える施設となっています。

中目黒公園の詳細情報

最後に、中目黒公園の詳細情報について説明します。ここでは、公園の開園時間や休園日、入園料やアクセス、駐車場といった情報について説明していきます。

下記の情報により、中目黒公園は、都会の真ん中にあり、中目黒駅からも近いといった好条件下にありながら、使い勝手が良く、いつでも気軽に来られて安らげる公園であることがわかります。

開園時間・休園日

中目黒公園の開園時間は24時間いつでも開園しています。ただし、健康とスポーツの広場は、4月から10月の期間は、午後7時から午前6時まで閉鎖しており、11月から3月までの冬季は、午後5時から午前6時まで閉鎖しています。

また、園内にある「花とみどりの学習館」の開館時間は9時から17時までで、休館日が月曜日及び年末年始となっています。

入園料

中目黒公園の入場料は無料です。ピクニックやお花見が楽しめ、子供たちはじゃぶじゃぶ池や遊具で思いっきり遊ぶことができ、虫取りもできます。更にはサッカーやバスケットなどのスポーツも堪能できるこの公園が無料で提供されているのは、近隣の住民にとって、いつでも行ける大変便利な癒しのスポットと言えます。

アクセス

中目黒公園へ電車でアクセスする場合は東急東横線中目黒駅下車後、徒歩で山手通りを目黒川に沿って五反田方面に進み、川の資料館の先で田楽橋を渡り、共済病院の手前を右折すれば、駅から10分ほどでアクセスできます。

渋谷からバスでアクセスする場合は、大井町行きのバスで東京共済病院前下車後、徒歩5分でアクセスできます。また、渋谷から洗足行きのバスで、正覚寺前下車後、徒歩7分で現地にアクセスできます。

新宿方面から車でアクセスする場合は、明治通りで渋谷方向に走り、山手通りに入ればすぐ公園にアクセスできます。

住所 東京都目黒区中目黒2-3-14

駐車場

中目黒公園には駐車場が無いため、車利用の人は近隣の有料駐車場に駐車する必要があります。公園から最も近い駐車場は「タイムズ東京共済病院第1駐車場」で、公園から徒歩2分程度でアクセスできます。

駐車場には52台の車が駐車可能で、料金は平日、土日・祝日ともに終日、20分毎に200円となっており、土日・祝日は、1日の上限料金が1500円となっています。

その隣にある「タイムズ東京共済病院第2駐車場」も公園から徒歩2分程度でアクセスできます。駐車場には79台の車が駐車可能で、駐車料金のシステムは第1駐車場と同様になっています。

その他にも中目黒駅と公園の中間にある「パークメイト中目黒第一駐車場」と「パークメイト中目黒第二駐車場」が、公園から徒歩5、6分のところに隣接しており、全日8時から20時までが30分毎に200円、最大料金1800円、全日20時から翌朝8時までが60分毎に100円、最大料金500円で営業しています。

中目黒公園は大人も子供楽しめるおすすめレジャースポット!

おしゃれな街として今脚光を浴びている中目黒に、中目黒公園という大きな自然に恵まれた公園があることは、地元の人以外にはあまり知られていません。この公園では、ピクニックやウオーキングを楽しんだり、「じゃぶじゃぶ池」や「いきもの池」で遊ぶこともできます。

ここではそんな、中目黒公園について、おすすめのピクニックスポットや「じゃぶじゃぶ池」、アクセス、駐車場などの情報を取り入れながら説明してみました。

関連記事

Original
この記事のライター
南真州

広尾・白金・目黒の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

広尾・白金・目黒の新着のまとめ