磊々峡はハートの石や遊歩道・紅葉が魅力の観光スポット!アクセス・駐車場は?

2019年9月9日 (2019年9月10日最終更新)

磊々峡は遊歩道や駐車場が完備されている魅力の観光スポットです。歴史ある秋保温泉も近くにあり、温泉と一緒にのんびりと楽しむには最高の場所。ハートの石や悲しい民話の残る妖艶なスポットもある磊々峡についてアクセスやライトアップの情報などたっぷりご紹介します。

目次

  1. 磊々峡に出かけよう
  2. 磊々峡は秋保温泉にある人気の観光スポット!
  3. 磊々峡の見どころ
  4. 磊々峡は秋に訪れたい紅葉の名所!
  5. 磊々峡へのアクセス
  6. 磊々峡とあわせて訪れたい!周辺のおすすめ観光スポット
  7. 磊々峡を散策して四季折々の風景を楽しもう!

磊々峡に出かけよう

宮城県仙台市の外れにある秋保町にある磊々峡は見どころいっぱいのスポットです。有名な温泉街である秋保でのんびりとお湯につかりながら綺麗な景色を楽しむにはぴったりの場所で紅葉狩りにはぜひおすすめです。

仙台に出かけたら、そんな磊々峡にちょっとだけ足を延ばしてみてはいかがでしょう。仙台中心部からのアクセスも便利、冬の景色も美しい磊々峡についてたっぷりとご紹介していきます。

磊々峡は秋保温泉にある人気の観光スポット!

駐車場や遊歩道もあり、冬の景色も美しい磊々峡は仙台の外れ、古墳時代にはすでに存在していたという説もある歴史ある秋保温泉にある人気のスポットです。

かつて伊達家の藩主の御殿湯が整備されていた秋保温泉は現在でも自然豊かな趣のある温泉街にあり、弱塩泉の泉質はリューマチや神経痛、皮膚病や婦人病などに効果的とされています。そんな秋保温泉と一緒に楽しみたい磊々峡を詳しくご紹介です。

約650mに渡って整備された遊歩道の散策が人気

磊々峡は宮城県の仙台市と隣町の名取市を流れる一級河川、名取川が秋保石を侵食したことによってできた2kmほども続く奇岩奇勝の渓谷で、昭和6年に命名されています。

秋保温泉街には650mにわたって遊歩道が整備され、温泉客や観光客にとても人気がある観光スポットになっています。

秋の紅葉や冬の雪景色など四季折々の風景を楽しめる

磊々峡は紅葉の時期はもちろん、新緑や桜の時期、白一色の雪景色も綺麗で、年間を通し、四季折々の美しい風景を楽しむことができます。

また磊々峡では、力強い岩の姿も魅力があり、秋には恒例のイベントであるライトアップも行われ、見どころもいっぱいです。

Original秋保大滝(宮城)の滝つぼや不動尊で観光を楽しもう!アクセス・駐車場は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
宮城県にある秋保大滝は、迫力ある滝つぼや、美しい紅葉風景、そして秋保不動尊など、見どころ満載...
F0236151 21144151秋保温泉の観光スポット特集!おすすめのお土産や周辺エリア情報も | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
秋保温泉は1400年以上続く仙台の名湯です。仙台観光の温泉地として定着しています。市内から車...

磊々峡の見どころ

歴史ある仙台の温泉郷、アクセスも便利な秋保温泉街にある冬の景色も美しい磊々峡の見どころを具体的にご紹介していきましょう。

駐車場や遊歩道完備の磊々峡の人気のスポットは時期になると沢山のカメラを構えた人たちでにぎわいます。恋人の聖地とも言われたスポットなど4つのスポットを詳しくご紹介します。

恋人の聖地に認定されたハートの石【覗橋ハート】

冬の景色も美しい、遊歩道もある磊々峡の覗橋ハートは2014年にNPO法人地域活性化支援センターの恋人の聖地に選ばれた人気の観光スポットです。覗橋は秋保温泉の入口、名取川に架かるアーチ型の橋で長さ32m、幅6m、高さ16mあります。覗橋ハートはちょうどこの橋の上から見下ろすようになっており、岩に自然にできたハート型のくぼみです。

秋のライトアップ時には、ハートマークが光の反射でより赤く染まって見え、そのタイミングがプロポーズのチャンスとも言われています。覗橋からすぐの秋保・里センターには恋人たちの聖地認定プレートも飾られています。

名取川を覗き込む人面岩【奇面巖】

冬の景色も美しい磊々峡の奇面巌は磊々峡の遊歩道を入ってすぐのところにある名取川をのぞき込む巨人のように見える岩です。見ようによっては2つの顔が川をのぞき込んでいるように見えます。

奇面巌から少し進んだ先、時雨滝の右側には八間岩と呼ばれる岩屋、時雨滝と言われる滝もあり、さらに進むと3本筋になって流れる三筋滝、猪が飛び越えていくという猪飛巌と呼ばれる巌もあります。

斧で割ったような巨大な岩【天斧巖】

冬の景色も美しい遊歩道もある磊々峡の奇面巌からいくつかの滝や巌などみながら進むとまるで斧で割ったような巨大な岩、天斧巌が登場します。
 

偶然ではありながら、きれいに真っ二つに割れている様子は美しく、自然の力に圧倒されます。

悲しい民話が語り継がれている【お粂が淵】

冬の景色も美しい磊々峡のお粂が淵は悲しい民話が語り継がれている淵で磊々峡の人気の観光スポットのひとつになっています。

その民話とは江戸浅草蔵前反物問屋の一人娘と思われるお粂いう10代後半の娘とその店で働いている新助を名乗る20代半ばの男が駆け落ちをして秋保温泉まで逃げ、疲れたお粂が逃走資金である50両を新助に渡し、磊々峡を見ていたところ、新助が後ろからその背中を押し、50両を奪って逃走したというもの。

お粂は翌日水死体として発見され、以来恨みを残したお粂は若い男性がここを通るたびに出現し、追いかけてくるのだとか。秋保温泉街きっての観光スポットになっているお粂が淵は悲しくも見惚れるほどの美しい景色で必見です。

磊々峡は秋に訪れたい紅葉の名所!

秋保温泉街にある磊々峡では四季折々が美しいスポットです。特に秋の紅葉の時期の景色は見事で、静かな川のせせらぎと共に豊かな時間を過ごすことができます。

仙台からのアクセス便利な秋保温泉と一緒にたのしむのもおすすめな秋のライトアップ時期におすすめの磊々峡のスポットについて詳しくご紹介していきます。

ライトアップされた紅葉が美しい【もみじのこみち】

秋のライトアップシーズンには磊々峡のもみじのこみちがとても美しく、おすすめです。もみじのこみちは全部で12のライトアップスポットがあり、それぞれとても風情豊かな見どころスポットになっています。

12のライトアップスポットを順にご紹介していきましょう。はじめに竹筒から流れ落ちる水ともみじが風流な「水の輪」と言われるスポットがあります。続いて紅葉した落ち葉をイメージしたライトアップが素敵な「色葉散る」があり、稲の実りをイメージしてライトアップされた「富草実りて」があります。

さらに進むと磊々峡の岩がライトアップされた「悠久の時」が現れ、昼間とは違った逞しくも妖艶な美しさを醸し出します。れんげ畑や花園をイメージしてライトアップされた「春うらら」、磊々峡にぴったりの輪の雰囲気を和傘で演出した「傘の華」。

光の強弱で流れる水を表現した「水の旅」と兎が雪遊びをした様子がかわいらしい「六花」も見事です。続いて色の変化で幻想的なライトアップが楽しめる「虹の彼方」と漁に使う網を干した網干がデザインされた「海の幸」があり、最後に月明りに照らされた風を銀色の光で表現した「月夜の風」で幕を閉じます。

どれもが派手さはありませんが、ネーミングと共にしっとりと楽しめるスポットになっていて、秋の夜をゆっくりと歩くには最適です。

紅葉ライトアップを見ながら入浴できる【足湯】

観光スポット磊々峡近くには紅葉のライトアップをみながら入浴できる足湯もあります。受付などなしで無料で利用することができ、このスポットでパンフレットをゲットすることも出来ます。

足湯傍には嬉しいホットドリンクのサービスもあり、期間中19時半まで営業しています。傍に置かれているアンケートに答えると仙台のゆるキャラむすび丸タオルもプレゼントされます。

紅葉ライトアップの開催時期

秋保にある磊々峡の秋の紅葉ライトアップの開催時期はその年によって違ってきます。2019年のライトアップ時期は未定ですが、例年10月半ば過ぎから11月中旬頃の17時から19時半となります。天候によっては中止になる日もあるので、天候が怪しい時にはあらかじめ問い合わせてから出かけるのがおすすめです。

磊々峡へのアクセス

冬の景色も美しい磊々峡は一度は訪れたい秋保の名勝です。仙台の中心部からのアクセスも便利なので、仙台観光のついでに足を延ばすにもぴったりの観光スポットです。

四季折々を通して美しい景色が楽しめる磊々峡へのアクセス方法を詳しくご紹介していきましょう。

バスを利用の場合

冬も楽しめる磊々峡へのアクセスでバスを利用する場合はJR仙台駅前西口バスプールの8番乗り場から宮城交通バス秋保温泉方面行きで約55分程です。「のぞき橋」停留所下車すぐで、「秋保・里センター」停留所からは徒歩3分程になります。

また、JR仙台駅前の青簿通り沿い63番乗り場からはタケヤ交通の「秋保・川崎。仙台西武ライナー」が運行されていて、所要時間は約40分です。「秋保・里センター」で下車します。さらにJR仙石線の愛子駅前から仙台市営バスの「上の原」「野尻町北」「二口」行ののいずれかに乗車し、約15分、「秋保・里センター」停留所から徒歩3分です。

車を利用の場合

車で磊々峡へアクセスする場合には仙台駅から国道48号線(仙台西道路)、県道132号経由で約30分程です。東京から車の場合は東北自動車道「仙台南IC」から国道286号、県道62号経由で秋保方面へ約15分。

また、仙台空港からは仙台東部道路「仙台空港IC」から仙台南部道路「山田IC」へ進み、「山田IC」から国道286号、県道62号経由で秋保方面へ約15分程は知ります。さらに、山形方面からは山形自動車道「宮城川崎IC」から国道286号、県道62号経由で秋保方面へ約25分です。

駐車場

磊々峡には覗橋から道路を挟んで反対側に大きな無料駐車場があります。また、直線距離で西に100mほどの場所にある「秋保・里センター」の駐車場にも駐車することができます。イベント時やハイシーズン時の土日などは臨時駐車場が設けられる場合もあり、車でも安心してアクセスすることができます。

住所  宮城県仙台市太白区秋保町湯元
電話番号

磊々峡とあわせて訪れたい!周辺のおすすめ観光スポット

遊歩道や駐車場もあり、冬の景色も美しい磊々峡と合わせて訪れたい秋保周辺のおすすめ観光スポットをご紹介しましょう。

秋保温泉にゆったりと浸かりながら、磊々峡と一緒に情緒あふれる秋保をたっぷりと楽しんでみてはいかがでしょう。

日本三名瀑布のひとつ【秋保大滝】

日本三大名瀑布のひとつにも指定されている秋保大滝は灰岩を割って高さ55mの高さから、名取川全水量が幅6mの瀑布となって落ち込む豪壮雄大な見ごたえ十分な滝です。川沿いには遊歩道もあり、涼しい風を受けながらすぐ近くで豪快な眺めを楽しむことができます。また、近くには秋保大滝植物園もあり、おすすめです。

秋保大滝へのアクセス

秋保大滝へのアクセスは仙台駅の西口バスプールより宮城交通バス「秋保大滝行」終点下車約70分程、また東北自動車道仙台南ICから車で30分程です。

秋保大滝には大型車6台、普通車100台が駐車できる駐車場が完備されているので車でのアクセスも安心です。

住所 宮城県仙台市太白区秋保町馬場字大滝
電話番号 022-398-2323

国指定名勝の巨大岸壁【磐司岩】

秋保の磐司岩は国指定の名勝にもなっている、まるで屏風を縦に巡らせたような地形の磐司岩です。多数の岩野侵食で現れた柱状節理は高さ80~150mにもなり、長さも約3kmと圧巻のパノラマです。美しすぎる造形美は一見の価値あり!ぜひおすすめの観光スポットです。

磐司岩へのアクセス

秋保にある磐司岩へのアクセスはJR仙山線愛子駅か仙台市営バス「二口行」終点下車後徒歩45分ほどです。

車でのアクセスする場合は東北自動車道仙台南ICから車で45分程です。駐車場は完備されていません。

住所 宮城県仙台市太白区秋保町馬場
電話番号

新緑や紅葉時期のハイキングが人気【二口峡谷】

秋保にある二口峡谷は二口温泉から山形県との県境にある約8kmにわたる渓谷で、遊歩道が整備されハイキングコースもある人気のスポットです。

初夏にはオオルリやキビタキの鳴き声も響き渡り、秋の紅葉は見事で周辺の奇岩怪石の間には綺麗な水も流れています。

二口峡谷へのアクセス

二口峡谷へのアクセスはJR仙山線愛子駅から市バス二口温泉行で約1時間ほどです。終点の停留所からは徒歩すぐのところにあります。

二口渓谷周辺には無料の駐車場もあるので車でのアクセスもおすすめです。夏は水遊び、秋は紅葉狩りで賑わいます。

住所 宮城県仙台市太白区秋保町馬場岳山
電話番号

磊々峡を散策して四季折々の風景を楽しもう!

いかがでしたでしょうか。遊歩道が整備され、駐車場も完備されている磊々峡は紅葉の時期にはライトアップされる人気の観光スポットです。歴史ある秋保温泉に泊まりながらゆったりとした時間を過ごすには最適なスポットです。また磊々峡は冬の景色も捨てがたく、秋保温泉のお湯と共に風情豊かな雪景色もぜひおすすめです。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
nyaokaka

仙台の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

仙台の新着のまとめ