秋田内陸縦貫鉄道で行ける人気観光スポットまとめ!温泉やおすすめグルメもあり!

2019年10月8日 (2019年10月9日最終更新)

秋田内陸縦貫鉄道は温泉やグルメ、自然などを存分に楽しめるおすすめ鉄道です。人気の観光スポットを巡りながらのんびりと秋田旅行を楽しむには最適でぜひおすすめ。秋田内陸縦貫鉄道で秋田観光を楽しむ方法とおすすめの観光スポットを詳しくご紹介します。

目次

  1. 秋田内陸縦貫鉄道に乗って出かけよう
  2. 秋田内陸縦貫鉄道とは
  3. 秋田内陸縦貫鉄道の基本情報
  4. 秋田内陸縦貫鉄道で行くおすすめ観光スポット<角館駅>
  5. 秋田内陸縦貫鉄道で行くおすすめ観光スポット<松葉駅>
  6. 秋田内陸縦貫鉄道で行くおすすめ観光スポット<阿仁マタギ駅~阿仁合駅>
  7. 秋田内陸縦貫鉄道で行くおすすめ観光スポット<阿仁前田駅~鷹巣駅>
  8. 秋田内陸縦貫鉄道に乗って秋田の観光やグルメを満喫しよう!

秋田内陸縦貫鉄道に乗って出かけよう

東北・秋田県の魅力をたっぷりと堪能できる秋田内陸縦貫鉄道は魅力がいっぱいの人気の鉄道です。鉄道好きはもちろんですが、そうでない方でも存分に電車の旅を満喫できるスポットが揃っていて、美味しいグルメや温泉、自然を同時に楽しむことができます。秋田内陸縦貫鉄道に乗って秋田の旅に出かけてみませんか?

秋田内陸縦貫鉄道とは

秋田内陸縦貫鉄道とは一体どんな鉄道なのでしょう。四季折々の自然いっぱいの景色も美しく、マニアの間では人気がある秋田内陸縦貫鉄道について詳しくご紹介していきましょう。普段は観ることのない景色や風景がきっと楽しめる秋田内陸縦貫鉄道は、ぜひおすすめです。

秋田県の北部を走る第三セクターの鉄道

人気の秋田内陸縦貫鉄道は秋田県の北部は走る第三セクターの鉄道です。秋田県北秋田市に本社を置き、角館線、阿仁合線と秋田県及び沿線自治体が出資しています。

全長94.2km、29駅の鉄道で公式サイトでは1日ごとの定期外利用者数を乗車実績として公開しています。

「スマイルレール秋田内陸線」の愛称で親しまれるローカル線!

秋田内陸縦貫鉄道はスマイルレール秋田大陸線の名前で親しまれ、地元の人たちの足となっています。

味のあるレトロな車両がのんびりと自然の中を駆け抜ける様子は電車ファンから多くの指示を集めている路線でもあります。

001秋田市観光スポットおすすめランキング・ベスト15!グルメ情報も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
秋田市までは新幹線もでき、気楽に出かけられるようになりました。ところで秋田市の人気観光スポッ...

秋田内陸縦貫鉄道の基本情報

地元の人や鉄道ファンからも愛されているローカルな秋田内陸縦貫鉄道についてさらに詳しくご紹介していきましょう。

走行距離、所要時間、運賃、お得な切符情報など詳しくご紹介します。秋田旅行を検討する時にはぜひ参考にしてみてください。

走行区間と走行距離

秋田内陸縦貫鉄道の走行区間は94.2kmです。鷹巣駅 - 角館駅まで全部で29の駅を通過して走行します。

鷹巣駅 - 角館駅間の主な駅として、合川駅、米内沢駅、阿仁前田駅、阿仁合駅、比立内駅、阿仁マタギ駅、上桧木内駅、松葉駅、西明寺駅などがあります。

始発駅から終点までの所要時間

秋田内陸縦貫鉄道の始発駅は鷹巣駅もしくは角館駅で、それぞれの始発は6時57分と6時半です。

全区間の所要時間は各駅停車の普通車で約2時間40分程、快速は2時間20分ほど、特急は2時間ほどです。

運賃

秋田内陸縦貫鉄道の運賃に関して、西明寺 - 角館間は下表に関わらず210円の特定運賃になっています。

後は距離に応じて170円~1670円までで、その他窮境料金は50キロ以下が160円、51キロ以上が320円です。

お得な切符

秋田内陸縦貫鉄道にはホリデーフリーきっぷやウィークデーフリーきっぷ、さらに片道寄り道きっぷや湯けむりクーポンなどがあります。いずれのきっぶも乗車日の1か月前から販売されていて、それぞれとてもお得です。ホリデーフリーきっぷは全線乗車可能なタイプで大人2000円、小人1000円とかなりお得でおすすめです。

秋田内陸縦貫鉄道で行くおすすめ観光スポット<角館駅>

秋田内陸縦貫鉄道で行くおすすめ観光スポットとして角館駅主変のスポットをご紹介しましょう。自然に囲まれた角館周辺は江戸時代当時の面影を感じられる建物も残されている人気の観光スポットです。秋田の自然と歴史を堪能するには最適なエリアでぜひおすすめです。

みちのくの小京都【角館武家屋敷】

みちのくの小京都とも言われる角館武家屋敷は角館が江戸時代の初め1620年頃に佐竹北家の城下町として栄えたころの建物です。武家屋敷が立ち並んでいる通りは内山とも言われていて当時の雰囲気がそのまま楽しめます。表通りや国の重要で党的建造物群保存地区の指定も受け、みちのくの小京都ともいわれている人気のスポットです。

角館武家屋敷の基本情報

角館武家屋敷は角館駅から徒歩約20分程のところにあります。営業時間は特になく、どの時間帯に行っても眺めることができます。

秋田角館の雰囲気を楽しみながら駅からふらりと散歩するのがおすすめです。屋敷は点在しているので色々な建物を楽しめます。

住所 秋田県仙北市角館町表町上丁
電話番号

国指定天然記念物【角館のシダレザクラ】

角館武家屋敷の周辺には枝垂桜の木がたくさん植えられていて、春になると見事な美しさで咲き誇ります。冬は白く雪化粧をした黒板塀とのコントラストが美しく、インスタ映えもばっちりです。国の天然記念物にも指定されている角館必見の自然が美しいおすすめの観光スポットです。

角館のシダレザクラの基本情報

角館のシダレザクラは約400本植えられています。例年の見頃は4月下旬で、毎年桜まつりが4月の下旬から5月上旬にかけて行われます。日没から22時半まではライトアップされた妖艶なシダレザクラを楽しむことができます。場所はJR田沢湖線角館駅から徒歩20分程です。約500台ほど駐車できる駐車場も完備されています。

住所 秋田県仙北市角館町表町上丁
電話番号

400年の歴史をもつ名家【角館歴史村・青柳家】

角館の武家屋敷群の中にある青柳家は母屋・門・蔵が秋田県指定史跡にもなっている由緒ある建物で、中を見学することができます。およそ3000坪の敷地内には6つの資料館があり、当時の貴重な武具や美術品が展示されていて、タイムスリップしたかのような時間を過ごすことができます。

青柳家の基本情報

角館の青柳家へは角館駅から徒歩20分程でアクセス可能です。営業時間は夏期が9時から17時までで、冬期は9時から16時までです。

青柳家の資料館に定休日はなく、年中無休で営業しています。入館料金が一律で500円かかります。

住所 秋田県仙北市角館町表町下丁3
電話番号 0187-54-3257

東北の耶馬渓と称される【抱返り渓谷】

角館にある抱返り渓谷は田沢湖と角館を流れる玉川中流に続く約10kmほどの自然の渓谷です。東北の耶馬渓とも称される美しい渓谷で深く青い皮の色と紅葉のコントラストが見事な光景を生み出しています。遊歩道も設置されているので森林浴を楽しむこともできます。

抱返り渓谷の基本情報

抱返り渓谷へは角館駅から車で約15分程で、タクシーを利用して観光に訪れる人も多いようです。遊歩道多くにある回顧(みかえり)の滝や神の岩橋と言われる県内最古の全長80mのつり橋もおすすめスポットです。なお、神代駅からは徒歩45分程かかりますが自然を楽しみながらのんびり歩くのもおすすめです。

住所 秋田県仙北市田沢湖 卒田字黒倉
電話番号

秋田内陸縦貫鉄道で行くおすすめ観光スポット<松葉駅>

秋田内陸縦貫鉄道で行くおすすめ観光スポットの松葉駅周辺は有名な田沢湖があります。秋田観光では外せない有名観光スポットで一度は観ておきたい場所。東北の自然をたっぷりと堪能できるおすすめのスポットです。松葉駅周辺の観光スポットをいくつかご紹介します。

日本一の水深を誇る景勝地【田沢湖】

日本一の水深を誇る田沢湖は秋田を代表する湖です。周囲や約20kmほどで水深は423.4mと言われていて、水が綺麗で透き通った青い湖は思わず見とれてしまうほどの美しさです。遊覧船も出ているので観光にはおすすめで、一人でも十分に楽しめるスポットになっています。

田沢湖の基本情報

田沢湖は田沢湖駅からバスで約12分程、田沢湖畔停留所を下車しすぐのところにあります。田沢湖遊覧船の乗り場は田沢湖レストハウス停留所で下車し、徒歩1分程のところにあります。船は定員110人ほどの高速艇たざわと定員58人ほどの高速みどり丸があり、一周すると料金は1220円です。

住所 秋田県仙北市田沢湖田沢字春山148(田沢湖遊覧船)
電話番号 0187-43-0274

田沢湖に伝わる【たつこ姫伝説】

田沢湖畔に建っているたつこ姫お像は田沢湖が田沢潟と呼ばれていたころにいたとされる美しい娘の像です。永遠に若さと美貌を保ちたいと大蔵観音に百日百や願いをかけ、満願の夜に北に沸く泉の水を飲めば願いが叶うというお告げを信じて泉の水を枯れるほど飲み続け、気が付くと龍になり田沢潟の主となって湖底深く沈んでいったと言われています

たつ子姫を祀る御座石神社

御座石神社はたつこ姫を祭っている神社で田沢湖の湖畔に建っている朱色の鳥居が目印です。社名は慶安3年(1650年)に秋田藩主佐竹義隆公が田沢湖を遊覧した際、腰をかけて休んだことに由来しています。

1本の木から7種の木が生えたと言われる七色木やたつこが飲んで竜になった潟頭の霊泉、たつこが自分の姿を映した鏡石などの名所があります。

住所 秋田県西木町桧木内字相内潟
電話番号 0187-43-2111(田沢湖観光情報センター)

田沢湖の湖神とされるたつこ像

田沢湖の湖神とされるたつこ像はブロンズ色の乙女の像で昭和43年に建立されました。伝説の乙女であるたつこの沐浴姿をイメージして作られていて、田沢湖駅からバスで35分程、潟尻停留所下車後すぐのところにあります。天気の良い日には青色の湖にブロンズがよく映えます。

住所 秋田県仙北市西木町西明寺字潟尻
電話番号

田沢湖ハーブガーデン【ハートハーブ】

田沢湖ハーブガーデンは日本一深い田沢湖の間近にある四季折々の花々が美しいスポットです。田沢湖畔からの心地よい風を感じながら自然いっぱいの中で多種多様なハーブを楽しむことができます。園内にはレストランやショップなどがあり、体験教室なども実施しています。

田沢湖ハーブガーデン ハートハーブの基本情報

田沢湖ハーブガーデン、ハートハーブは基本的に入場無料です。4月中旬から11月上旬は年中無休で営業していて平日は10時から16時まで、土日祝日は9時から17時までが営業時間です。冬期間は11月中旬から4月上旬までで、土日祝日のみ10時から16時までの営業となっています。

住所 秋田県仙北市田沢湖田沢字潟前78
電話番号 0187-43-2424

地元ならではのメニューがテイクアウトできる【あろまじろ】

田沢湖ハーブガーデンの中にはルレストランあろまじろはテイクアウトも可能なメニューが揃っているおすすめのグルメスポットです。地元ならではのメニューが充実していて、秋田グルメをたっぷり堪能できます。みそたんぽ、ジャンボ焼き鳥、ハートハーブ名物のカレーパンなどおすすめです。

田沢湖名物みそたんぽ

テイクアウトもできるあろまじろの田沢湖の名物グルメ、みそたんぽは1本300円で販売されています。みそたんぽは割りばしにご飯を巻き付けた秋田名物のきりたんぽで、甘じょっぱい味噌ダレが癖になる美味しさです。気軽に食べられる食べ歩きグルメとしてもおすすめです。

あろまじろの基本情報

あろまじろの営業期間は4月中旬から11月上旬の土日祝日のみで平日は定休となっています。営業時間は10時から16時までで、そばやうどんは15時半までです。駐車場も完備されているので車でふらりと立ち寄るのもおすすめです。秋田のグルメを食べておきたい方はぜひ立ち寄ってみてください。

住所 秋田県仙北市田沢湖田沢字潟前78
電話番号 0187-43-2424

秋田内陸縦貫鉄道で行くおすすめ観光スポット<阿仁マタギ駅~阿仁合駅>

秋田内陸縦貫鉄道で行くおすすめ観光スポットの阿仁マタギ駅周辺は自然に囲まれ、マタギの生活を垣間見ることができる珍しいエリアです。普段感じることのないマタギの生活を目の当たりにすることができるととても人気があります。ぜひ秋田の自然と共に生きたマタギたちの様子を覗いてみてはいかがでしょう。温泉も必見です。

マタギ文化を伝える秘境の温泉宿【打当温泉 マタギの湯】

秋田の阿仁合駅の近くにあるマタギの湯はマタギ文化を伝える秘境の温泉宿です。マタギは秋田県北を中心に活動していたマウンテン侍ともいえる存在で集団生活を行いクマを狩って暮らしていました。マタギの湯はそんなマタギたちの生活や雰囲気を楽しめる温泉宿です。

マタギの文化や秋田の自然を学ぶマタギ学校

マタギの湯ではマタギの話を聞いたり、マタギと一緒に野山を歩くことができます。マタギの話は通年で聞くことができますが、かんじき歩きや雪中鍋は冬場のみ、マタギ滝歩きは6~10月の現t寧コースになっています。マタギ語りは約1時間のお話で6000円の基本料金がかかります。

日帰り入浴プランも人気!

マタギの湯では日帰り入浴プランも人気です。日帰りプランは食事の他に入浴料、休憩料金などがセットになっているお得なプランでマタギの里の伝統料理と源泉かけ流しの湯を満喫することができます。オプションとして飲み放題プランなどを追加することもできるので団体での利用にもおすすめです。

打当温泉マタギの湯の基本情報

打当温泉マタギの湯へのアクセスは角館駅から秋田内陸縦貫鉄道で約1時間半ほどの阿仁マタギ駅から送迎車で約3分程です。車の場合は大曲ICから2時間ほど、小坂JCTからは約1時間ほどで到着です。チェックインの時間は15時から22時まで。チェックアウトは10時です。

打当温泉 マタギの湯

5127.original
住所:
秋田県北秋田市阿仁打当仙北渡道上ミ67
アクセス:
車/国道341号→角館街道→国道105号→中沢方面へ~秋田自動車道「大曲IC」~国道105号→角館街道→国道341号→北秋田市方面へ 車以外/★秋田内陸縦貫鉄道・鷹巣行(電車ファン人気車両!)で56分
料金の目安:
8,650円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 16:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供: Jws 88 50 blue

阿仁マタギの里内にあるクマ牧場【くまくま園】

阿仁マタギの里内にあるくまくま園は1990年に開園したくま牧場でツキノワグマとヒグマを間近で楽しめる施設です。

こぐまの保育園があり1日2回子熊たちが保育園で遊ぶ様子も楽しめます。ひぐま舎ではガラス越しにヒグマを観察することもでき、迫力満点です。

くまくま園の基本情報

くまくま園の開園期間は4月下旬から11月上旬まで年中無休で、開園時間は9時から16時までです。冬期間の見学は予約が必要になります。入園料金は大人700円、小人200円、幼児無料です。アクセスは角館駅から約1時間、鷹巣駅から焼く1時間半で、阿仁マタギ駅からは送迎もあります。

住所 秋田県北秋田市花園町19番1号
電話番号 0186-62-1111(代表)

馬肉シチューが名物【レストランこぐま亭】

阿仁合駅構内にあるレストランこぐま亭葉里山のカフェ&レストランで秋田のグルメも堪能できる人気のスポットです。東京の老舗レストランで料理長を務めたシェフが手掛ける馬肉シチューが人気で、本格的な洋食を木のぬくもりあふれる開放的な空間でリーズナブルに楽しむことができます。

レストランこぐま亭の基本情報

レストランこぐま亭の営業時間は11時から15時まで、カフェは9時から16時半までで定休日はHPからチェックすることができます。レストランのラストオーダーは14時45分、カフェのラストオーダーは16時15分です。コーヒーや軽食、ソフトクリームなどの提供もあります。

住所 秋田県北秋田市阿仁銀山字下新町41-1
電話番号 0186-82-3231

Originalくまくま園は秋田のふれあいスポット!入場料やアクセス方法などをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
くまくま園は秋田県北秋田市にある熊の動物園で、秋田県で最も人気のある動物園です。くまくま園の...

秋田内陸縦貫鉄道で行くおすすめ観光スポット<阿仁前田駅~鷹巣駅>

秋田内陸縦貫鉄道で行くおすすめの観光スポット阿仁前田から鷹巣駅の周辺は自然もグルメも満喫できるおすすめエリアです。東北ののんびりとした雰囲気を感じながら秋の実りの田んぼアートを楽しんだり、ギネス記録に登録されている太鼓を観たりと秋田らしい旅が楽しめます。

秋田内陸線が展望台に!【田んぼアート】

秋田内陸線沿線の5か所で毎年行っている田んぼアートは秋田内陸線の列車に乗りながらそれぞれのアートが楽しめる人気の観光スポットです。5か所のスポットは角館~羽後太田間、上桧木内駅ホーム、阿仁合駅~小淵駅間、前田南駅~阿仁前田駅間、そして小ヶ田駅ホームとなっています。

田んぼアートの基本情報

秋田内陸線沿線楽しめる田んぼアートの見頃は例年7月~9月上旬で期間中は弘南鉄道のコラボ企画なども実施されています。詳しい情報は秋田の田んぼアート見頃情報サイトでチェックするのがおすすめです。ぜひ秋田内陸線に乗ってゆっくりアートな旅を楽しんでみてはいかがでしょう。

 

住所 秋田県北秋田市阿仁銀山字下新町41-1
電話番号 0186-82-2114(北秋田市総務部内陸線再生支援室)

駅にある温泉施設【クウィンス森吉】

阿仁前田駅に併設されているクウィンス森吉は宿泊も可能できる温泉人気の施設です。トレインビューという内陸線の車両が観られる部屋もあり、鉄道好きにはたまりません。温泉は地元の人たちの利用も多く、秋田弁が飛び交う中ゆったりとした気持ちで温泉のお湯を楽しむことができます。

クウィンス森吉の基本情報

人気の温泉、クウィンス森吉は源泉かけ流しで館内にはお土産コーナーなどもありちょっとした秋田グルメを楽しむことができます。宿泊料金は1泊2名1室で5500円からで、チェックインは15時、チェックアウトは10時となっています。アクセスは阿仁前田駅すぐです。

住所 秋田県北秋田市小又堂ノ下21-2
電話番号 0186-60-7000

ギネス認定された世界一の大太鼓【大太鼓の館】

秋田内陸縦貫鉄道で行くおすすめ観光スポットの阿仁前田駅周辺にある大太鼓の館はギネス認定された世界一の大太鼓が展示してある施設で、世界各国の太鼓の展示を楽しむこともできる太鼓の博物館です。ギネス認定された大太鼓は直径2mもの大きさがあり大迫力で必見です!

大太鼓の館の基本情報

大太鼓の館の営業時間は9時から17時までで休館日は12月31日と1月1日です。入館料金は大人420円、高校生300円、小学生200円です。

アクセスは鷹巣駅から車で約15分程で車いす対応のトイレや車いす対応のスロープも完備されています。

住所 秋田県北秋田市綴子大堤道下62-1
電話番号 0186-63-0111

秋田の味覚を堪能できる【レストランどんどん】

秋田内陸縦貫鉄道で行くおすすめ観光スポットのレストランどんどんは秋田の季節のグルメを堪能できる人気のレストランです。また、隣接している「大太鼓の里ぶっさん館」では、特産品やお土産も販売しています。どんどんでは秋田比内地鶏の親子丼、きりたんぽなどのグルメがおすすめです。

レストランどんどんの基本情報

レストランどんどんはテーブル席や小上がりが72席ほど完備されていて、駐車場も道の駅たかのすの170台ほどの駐車場を利用できます。営業時間は4~11月が10時から18時で、12時~3月が10時から17時です。定休日は1月1日のみで子供の入店ももちろん可能です。

住所 秋田県北秋田市綴子大堤道下62-1 道の駅たかのす
電話番号 0186-63-2233

秋田内陸縦貫鉄道に乗って秋田の観光やグルメを満喫しよう!

いかがでしたでしょうか。秋田内陸縦貫鉄道で楽しめる自然や温泉、秋田のグルメなどをたっぷりご紹介してきました。秋田内陸縦貫鉄道は味わいのある列車で途中の景色をのんびりと楽しむには最適です。お得な切符を利用してぜひ秋田内陸縦貫鉄道で秋田の観光やグルメを楽しんでみてはいかがでしょう。

関連記事

1848.thumb
この記事のライター
nyaokaka

秋田県の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

秋田県の新着のまとめ