車中泊におすすめの軽自動車17選!フルフラットにできる人気の車種も!

2019年10月8日 (2019年10月9日最終更新)

キャンプや登山などアウトドア好きな方に人気あるのが「車中泊」になります。最近では軽自動車で車中泊するのがブームになっており、おしゃれに改造する方もいます。軽自動車にも車中泊向きの車種が多く、フルフラット機能で快適に過ごすことができます。

目次

  1. 車中泊におすすめの軽自動車をご紹介
  2. 車中泊にむいている軽自動車とは?
  3. 1:車中泊におすすめの軽自動車【スズキ:エブリィワゴン】
  4. 2:車中泊におすすめの軽自動車【スズキ:ジムニー】
  5. 3:車中泊におすすめの軽自動車【スズキ:ハスラー】
  6. 4:車中泊におすすめの軽自動車【スズキ:ワゴンR】
  7. 5:車中泊におすすめの軽自動車【スバル:サンバーバン】
  8. 6:車中泊におすすめの軽自動車【ダイハツ:アトレーワゴン】
  9. 7:車中泊におすすめの軽自動車【ダイハツ:ウェイク】
  10. 8:車中泊におすすめの軽自動車【ダイハツ:タント】
  11. 9:車中泊におすすめの軽自動車【ダイハツ:ハイゼットカーゴ】
  12. 10:車中泊におすすめの軽自動車【トヨタ:ピクシスバン】
  13. 11:車中泊におすすめの軽自動車【日産:NV100 クリッパーリオ】
  14. 12:車中泊におすすめの軽自動車【ホンダ:N-VAN】
  15. 13:車中泊におすすめの軽自動車【ホンダ:NBOX+】
  16. 14:車中泊におすすめの軽自動車【ホンダ:アクティバン】
  17. 15:車中泊におすすめの軽自動車【ホンダ:バモスホビオ】
  18. 16:車中泊におすすめの軽自動車【マツダ:スクラムワゴン】
  19. 17:車中泊におすすめの軽自動車【三菱:ミニキャブバン】
  20. 車中泊におすすめの軽自動車を厳選!おしゃれに改造するのもあり!

車中泊におすすめの軽自動車をご紹介

キャンプなどアウトドア好きな方から注目を集めている「車中泊」。最近では軽自動車で車中泊を行うのが人気を集めており、おしゃれに改造している方も多くいます。今回はそんな車中泊におすすめの軽自動車の種類をはじめ、フルフラット機能など便利な情報をご紹介していきます。

車中泊にむいている軽自動車とは?

最近流行りの軽自動車の車中泊は改造や車種によって、快適に過ごすことができます。日本だけでも軽自動車は種類豊富に販売されており、ハイスペックの軽自動車が人気を集めています。

今回はそんな販売されている軽自動車の中でも、車中泊に向いている車種の選び方をご紹介していきます。車中泊で必須とも言われているフルフラットなど快適に過ごせる機能を確認しておきましょう。

フルフラットにできるシートがある軽自動車

車中泊目的で軽自動車を探している方は、まずフルフラットなのか確認しておくのが重要です。車中泊向きの軽自動車を探すため、快適に睡眠のとれる空間が必然になります。人数によって異なりますが、大人でも足を延ばせる空間がおすすめです。

それぞれ軽自動車のメーカーのカタログを確認し、フルフラットと記載されているのがおすすめです。人気車種ならフルフラットでも凸凹ならないように、専用のマットも販売されています。

軽自動車でスペース効率が高い車種は車内泊に最適

軽自動車でも車種によって、車内スペースがとても広く設置されていると、車中泊を快適に過ごすことができます。軽自動車はどうしても狭いイメージが強くなりますが、近年の軽自動車はどの車種も車内空間が広くなっています。

運転席、助手席も倒してフルフラット状態にすると、大人2人くらい余裕で寝転ぶことができます。車中泊で搭載されている荷物が多い場合も考えて、車種を選ぶのがおすすめです。

Original軽バンで車中泊をするなら?DIYでのベッド自作や改造もおすすめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
最近、車中泊で注目されているのが大型の車ではなく、「軽バン」になります。ベッドやマットを改造...

1:車中泊におすすめの軽自動車【スズキ:エブリィワゴン】

軽自動車で人気のある「スズキ」。スズキの軽自動車の中でもビジネスモデルとして知られており、後方の空間がとても広いので快適に車中泊を楽しめます。

4人乗ってもゆとりのある空間に仕上げており、とくに改造なしで車中泊に利用することができます。フルフラットで少し凸凹なる可能性があるので、マットなどあると安心です。

この軽自動車の基本スペック・車中泊におすすめの理由

エブリィワゴンの良さは、なんといっても広さにあります。ビジネスモデルの軽自動車でもあるので、サーフボードや自転車など大荷物でも多彩なシートアレンジで積むことができます。荷物の出し入れも簡単で、女性にもおすすめです。

カタログにもフルフラット状態の車中泊について紹介されており、おしゃれな空間でのんびりと過ごせます。大人2人は余裕で車中泊を楽しめ、キャンプなどにもよく利用されている軽自動車です。

2:車中泊におすすめの軽自動車【スズキ:ジムニー】

軽自動車唯一の本格オフロード車として知られており、キャンプや車中泊を行う方から絶大な人気を誇ります。整備されていない道路でも進むことができ、自然豊かな場所で車中泊を行いたい方におすすめです。

ジムニーは人気の車種になるので、改造できるDIY用品が種類豊富に販売されています。デザイン次第では、とてもおしゃれに改造できるので女性にもおすすめです。ハスラーは運転しやすいように運転席にもこだわりを感じられます。

この軽自動車の基本スペック・車中泊におすすめの理由

軽自動車初のオフロード車になるので、足場の悪い場所でも進むことができ、安心して車中泊を楽しめます。車内の空間がとても広いので、のびのびと過ごすことができます。

残念ながらシートをフルフラットにすることができませんが、別で販売されているアイテムを使用するとフルフラットで車中泊を楽しめます。車中泊で改造など楽しみたい方にもおすすめの車種です。

3:車中泊におすすめの軽自動車【スズキ:ハスラー】

スズキの軽自動車の中でも、見た目もおしゃれになっている女性に人気の車種になります。カラーバリエーションが多く、街中でもよく見かける車種になり、車中泊しやすいと言われています。

外観がとてもおしゃれなのでデートにも最適になり、カップルで車中泊を楽しみたい方にもおすすめです。とくに改造がほとんど必要なく、カーオブザイヤーも受賞しています。

この軽自動車の基本スペック・車中泊におすすめの理由

スズキのハスラーは車中泊に必要なカーテン、ベットクッション、シェードなど必須アイテムが正規アクセサリーとしてそのまま使用することができます。フルフラットではありませんが、大人1人横になるのは充分なスペースがあります。

フルフラットにしたい場合は、前席のシートを完全に倒すのがおすすめです。自分で角度を調整できるので、車中泊でもしっかりと身体を休めることができる車種です。ハスラーはとても人気のある車種なので、DIYで個性を出すのもおすすめです。

4:車中泊におすすめの軽自動車【スズキ:ワゴンR】

軽自動車で1番の人気を誇る車種が「ワゴンR」になります。ワゴンRは車中泊にもおすすめになり、おしゃれなスタイルと走行性能の良さが人気を集めています。

ワゴンRは車内の空間が広々としているので、圧迫感がないことでも知られています。改造もすることができ、おしゃれな車内にして車中泊を楽しみたい方にもおすすめです。

この軽自動車の基本スペック・車中泊におすすめの理由

ワゴンRは助手席側をフルフラットにすることができ、運転席側もクッションになっているのでフラット状態に倒すことができます。フルフラットでも凸凹が気になる方は、マットを使用するのがおすすめです。

マットを使用したとしても、ワゴンRは高めなので全く圧迫感が生まれないことでも人気があります。そのため、車中泊で少し荷物が多くなっても大人2人の場合は快適に過ごすことができます。

5:車中泊におすすめの軽自動車【スバル:サンバーバン】

SUBARUでビジネスモデルとして販売されている軽自動車になり、荷室が広いことで人気があります。荷物を出し入れしやすく、低燃費で力強い走りが特徴的です。

おしゃれなデザインの車種も多く販売されており、改造次第ではキャンピングカーなみの過ごしやすさを手に入れることができます。フルフラットにできますが、基本的にはマットを敷くのがおすすめです。

この軽自動車の基本スペック・車中泊におすすめの理由

サンバーバンはビジネスモデルだけあり、車内がとても広いことで知られています。大人2人が寝転がっても余裕のある空間が広がり、車中泊、そして走行も楽しみたい方におすすめの車種です。

大小さまざまな収納場所が設置されているので、荷物の多い方もしっかりと収納することができます。改造できるスペースも多く、シンプルながらもおしゃれに仕上げることができます。

6:車中泊におすすめの軽自動車【ダイハツ:アトレーワゴン】

軽自動車でもおしゃれな車種として知られる「アトレーワゴン」です。外観はもちろん、内装もとてもおしゃれなので女性の車中泊にもおすすめの車種になります。

改造を自在に楽しめる広々とした空間があり、大人2人でも寝返りできるような広さがあります。落ち着いた色合いが多いので、大人の方から注目されている車種でもあります。

この軽自動車の基本スペック・車中泊におすすめの理由

アトレーワゴンのシートはフルフラットにすることができます。多少凸凹が出てきてしまうので、クッションやマットなど敷いて対応しておくのがおすすめです。

アトレーワゴンの魅力でもあるラゲッジスペースは、とても広くて車中泊でも利用することができます。普段のドライブや旅行でも荷物置き場として利用することができ、アウトドア好きな方におすすめです。

7:車中泊におすすめの軽自動車【ダイハツ:ウェイク】

軽自動車でも高さのあるハイトワゴンとして知られる人気の車種になります。高さがあるので広々とした空間で車中泊を楽しむことができ、スペースの効率にこだわりを感じる設計になっています。

ウェイクは自転車2台を折りたたまずに乗せることができ、アウトドア好きな方からも注目を集めています。視野がとても広くなるので、長距離の運転も疲れにくい軽自動車です。

この軽自動車の基本スペック・車中泊におすすめの理由

ウェイクは前席の背もたれを倒している「ロングソファーモード」、そして後方の席を前に倒した「フルフラットモード」を選ぶことができます。人数や用途によって車中泊のしやすさを再現できます。

フルフラットでも凸凹が少ないので、比較的快適に車中泊を楽しむことができます。最近では、アウトドアブランドとして知られているモンベルと、コラボされている車中泊向きの車種もあります。

8:車中泊におすすめの軽自動車【ダイハツ:タント】

乗り降りが簡単なことで知られるダイハツの人気車種になります。とくに改造しなくても快適に車中泊を楽しむことができ、おしゃれなデザインも販売されているので男女問わず人気があります。

タントならではのミラクルオープンドアを使用することができるので、外の風を感じながら車内でのんびりと過ごすことができます。車内でも移動しやすい広い空間があり、子供連れの方でも車中泊を楽しめます。

この軽自動車の基本スペック・車中泊におすすめの理由

タントではさまざまなシートアレンジに挑戦することができ、フルフラットも使用することができます。多少凸凹になってしまうので、クッションなどあると快適に睡眠をとることができます。

高さもゆとりがあるので、マットを敷いても圧迫感を感じないのも人気の理由の1つです。何もしなくてもおしゃれに過ごすことができますが、空間が広いので改造も自由自在です。

9:車中泊におすすめの軽自動車【ダイハツ:ハイゼットカーゴ】

ダイハツでビジネスモデルとして開発された軽自動車になり、快適に車中泊を楽しめる広々とした空間が広がっています。普段でもかなりの量の荷物を積むことができ、旅行好きな方からも人気があります。

優れた燃費性能で維持費も安くすますことができ、長距離運転でも疲れにくいです。最近ではおしゃれなカラーバリエーションも増えていき、女性からも注目されています。改造次第では完全な車中泊専用の車へと仕上げることができます。

この軽自動車の基本スペック・車中泊におすすめの理由

ハイゼットカーゴの魅力は、なんといっても車内の広さになります。後部座席が広いフルフラットになるので、助手席を倒さなくても大人が就寝できるスペースを確保することができます。

旅楽のモデルも用意されているので、ベットマット、キャビネット、テーブルなど車中泊に欠かせないアイテムを装備しています。子供連れの方でも快適に車中泊を楽しめるので、家族旅行を企画している方におすすめです。

10:車中泊におすすめの軽自動車【トヨタ:ピクシスバン】

ビジネスモデルの軽自動車になり、広さはもちろん、収納スペースが多いことでも人気があります。車中泊だけでなく、普段でも使い勝手の良い車種として知られています。

見た目もおしゃれになり、カラーバリエーションもあるので女性からも注目されています。安心サポートも採用されており、座り心地の良いシートを使用しているので長距離運転でも疲れにくい設計になっています。

この軽自動車の基本スペック・車中泊におすすめの理由

車中泊にピクシスバンを使用している方も多く、後部座席はフルフラットで対応することができます。軽自動車の中でも高さがあることで知られているので、圧迫感なくのんびりと過ごせます。

ピクシスバンで人気のあるグローブボックスは、宿泊に持参する小物などを収納しておくのにとても便利です。どこに何を収納したか一目でわかるので、快適に過ごすことができます。

11:車中泊におすすめの軽自動車【日産:NV100 クリッパーリオ】

軽自動車の中でも、自由自在なシートアレンジが人気を集めている車種になります。車内の空間がかなり広いことでも知られており、通常のドライブでも大人4人乗ってもゆったりとした空間が広がっています。

フルフラットにできるので子供連れの方でも快適に車中泊を楽しむことができ、宿泊に必要な荷物も収納することができます。力強い走りも人気を集めており、運転しやすいことでも知られています。

この軽自動車の基本スペック・車中泊におすすめの理由

この車種には電動オートステップが採用されているので、子供連れの方から注目されています。乗り降りしやすい車種でもあり、改造次第では何日でも車中泊で過ごせます。

車内には細かい場所まで装備が充実しており、日産のこだわりを感じることができます。普段使いもとても良く、おしゃれな見た目なので女性からも人気があります。

Original車中泊をする場所はココ!おすすめ道の駅ランキング!マナーや注意点も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
自由に旅をするには車中泊が便利です。そこで、最近ではニーズの増加にともない、車中泊を前提とし...

12:車中泊におすすめの軽自動車【ホンダ:N-VAN】

車中泊できる軽自動車として瞬く間に注目されたホンダの「N-VAN」。ホンダで人気のある「N-BOX」をベースにして開発された車種でもあり、車内のスペースに強いこだわりを感じることができます。

N-VANであれば改造なしで快適な車中泊を楽しむことができ、大人2人でもゆったりとした空間が広がっています。普段使いでも快適に使用することができ、荷物が多く入るので軽自動車とは思えない便利さに出会えます。

この軽自動車の基本スペック・車中泊におすすめの理由

N-VANは車中泊を想定して設計されているので、純正オプションが種類豊富に用意されています。後部座席、助手席を床下に収納できる設計となっているので、凸凹しないフルフラットを作り出すことができます。

N-VANは車中泊で少し大きめのマットを敷いても、圧迫感が全くないので家にいるような感覚で就寝することができます。また、サーフボードや自転車などアクティビティに必要なアイテムを運ぶことができます。

13:車中泊におすすめの軽自動車【ホンダ:NBOX+】

ホンダで有名なNBOX+は、車中泊に向いている車種としてアウトドア好きな方から注目されています。快適な運転を楽しむことができ、フルフラットになるので車中泊でものんびりと夜を過ごすことができます。

スマホなど充電できるシステムも搭載されており、車中泊好きな方からも人気のある車種です。通常のN-BOXよりも広さに重視して設計されており、フルフラットでも凸凹ならないのでマットを敷かなくても就寝できます。

この軽自動車の基本スペック・車中泊におすすめの理由

スロープが設置されているので、自転車を運ぶのもとても楽です。また、車中泊に必要なカーテンや専用のシェードも設置されているので、とくに改造しなくても車中泊を楽しめる車種になります。

フルフラットにすれば、身長が190cmの方でも足を延ばして寝られる空間が広がります。そのため、家族連れで車中泊を楽しみたい方におすすめの車種でもあり、寝袋だけでも充分快適に過ごすことができます。

14:車中泊におすすめの軽自動車【ホンダ:アクティバン】

ホンダでビジネスモデルの軽自動車になり、助手席を倒さなくてもゆったりと寝られる広い空間が広がっています。ビジネスモデルなので大きな荷物でも楽に収納することができ、大人2人でも広々使用することができます。

アクティバンは人気の車種でもあり、中古が多く出回っています。使い勝手も良く、運転がしやすいので年配の方からも人気のある車種です。改造次第ではおしゃれにすることができ、DIYを楽しみたい方にもおすすめです。

この軽自動車の基本スペック・車中泊におすすめの理由

アクティバンは車両価格も安く、銀マットを敷けば冬でも暖かく寝ることができます。オプションパーツが種類豊富に販売されており、フルフラットにして改造すれば大荷物でも場所を取ることなく過ごすことができます。

レイアウト次第ではキャンプの道具をうまく収納することができ、何度でも車中泊を楽しみたい方にもおすすめです。また、普段でも買い物の荷物など簡単に収納できるので、とても便利な車種でもあります。

15:車中泊におすすめの軽自動車【ホンダ:バモスホビオ】

軽自動車でもハイルーフ仕様になっているので、天井が高いことでも知られています。フルフラットにすることができますが、凸凹なってしまうのでクッションやマットがあると快適に就寝することができます。

天井が高く、広い空間が広がっているので改造したい方にもおすすめの車種でもあります。燃費が良いことでも知られており、ホンダでも歴史の古い車種でもあるので、幅広い年齢層から人気を集めています。

この軽自動車の基本スペック・車中泊におすすめの理由

自由自在にカスタマイズできるので、女性からも人気があります。おしゃれに仕上げることもでき、スペースの使い方によっては、大荷物でも小物でも収納スペースを増やすことができます。

ホンダではオプションアイテムも種類豊富に販売されているので、用途に合わせて購入していくのがおすすめです。マットを高く敷いても圧迫感が全くないので、のびのびと過ごすことができます。

16:車中泊におすすめの軽自動車【マツダ:スクラムワゴン】

マツダで人気のある軽自動車になり、キャンパーからも注目されている車種になります。ハイルーフ車仕様になるので、天井がとても高く設置されていることでも知られています。

普段のドライブで大人4名乗車しても、荷物をしっかりと収納することができます。パワフルなターボエンジンを採用しているので力強い走りを楽しむことができます。電動のスライドドアなので、手が塞がっていても開け閉めできます。

この軽自動車の基本スペック・車中泊におすすめの理由

フルフラットにすることができますが、多少凸凹になってしまうのでマットやクッションを使用するのがおすすめです。荷物の出し入れも簡単に行うことができ、長いサーフボードなども収納できるスペースがあります。

運転しやすく、視界も広くなっているので長距離運転でも疲れにくい設計になっています。助手席、リアシートと繋いでフルフラット状態にしても後ろに大きな荷物を収納することができます。収納スペースが多いので、家族連れにもおすすめです。

17:車中泊におすすめの軽自動車【三菱:ミニキャブバン】

三菱でビジネスモデルとして人気のある軽自動車になり、広い空間が人気を集めています。キャンプ用品も種類豊富に積むことができるので、大荷物で訪れたい旅行などにもおすすめです。

完全にフルフラット状態にすることができるので、助手席を倒さなくても就寝することができます。大人はもちろん、子供連れの方でも広い空間で就寝することができ、家族で車中泊を楽しみたい方にもおすすめです。

この軽自動車の基本スペック・車中泊におすすめの理由

天井がとても高いので、普段でも高い荷物から大きな荷物まで簡単に収納することができます。フルフラット状態でも凸凹が少ないので、マットを敷かなくても快適に過ごすことができます。

シンプルなデザインとなっているので、改造次第でおしゃれに仕上げることができます。また、車内がとても広いのでさまざまなDIYを楽しむことができます。完全に車中泊専用の改造をしている方も多くいます。

車中泊におすすめの軽自動車を厳選!おしゃれに改造するのもあり!

車中泊で人気のある「軽自動車」。車中泊に向いている軽自動車は紹介されている以外にも種類豊富に販売されており、快適にアウトドアを楽しむことができます。軽自動車の車種によっては家族連れでも車中泊を楽しむことができ、のんびりと大自然を満喫することができます。ぜひ、車中泊に挑戦する方は軽自動車を確認してみてください。

関連記事

612.thumb
この記事のライター
mdn
一眼レフ片手に散歩や旅行、カフェ巡りをするのが好きです。みなさんにおすすめの観光地やカフェ情報をお伝えしていきたいです。よろしくお願いします。

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ