ハリケーンランタンおすすめ11選!使い方や手入れの仕方もご紹介!

2019年10月10日 (2019年10月12日最終更新)

おしゃれでアウトドアでも利用が出来る人気のハリケーンランタンのおすすめ商品をピックアップします。使わない時にはお部屋のインテリアにもなるハリケーンランタンの機能性や使い方やお手入れ方法までをまとめてご紹介しますのでチェックしてみましょう。

目次

  1. アウトドアシーンで大活躍なおしゃれなハリケーンランタン
  2. ハリケーンランタンとは?
  3. ハリケーンランタンの使い方
  4. ハリケーンランタンの手入れの仕方
  5. ハリケーンランタンの選び方
  6. ハリケーンランタンのメリットとデメリット
  7. ハリケーンランタンおすすめ11選
  8. ハリケーンランタンおすすめ人気モデルと基礎知識をご紹介!日本製以外のものもデザインがいい!

アウトドアシーンで大活躍なおしゃれなハリケーンランタン

アウトドアシーンでも大活躍してくれるおしゃれなランタンを探している方はハリケーンランタンがおすすめです。

温かみのある明るさで雰囲気をよくしてくれるハリケーンランタンは機能性が高いランタンも人気がありますが注目されています。

ハリケーンランタンのおすすめの商品の中でも日本製や外国製の種類もまとめてピックアップしてみます。更に燃料が必要なハリケーンランタンの使い方やお手入れの仕方もチェックしておきましょう。

話題のハリケーンランタンを選ぶ理由や自分に合ったランタンなのかを確認して、自分好みのハリケーンランタンを見つけてみましょう。

ハリケーンランタンとは?

まず初めにハリケーンランタンについてご紹介します。ランタンはたくさんの種類が販売されていますが、それぞれランタンには特徴があります。

最近ではアウトドアシーンに重宝されているのがLEDランタンで、その中でも電池式や充電式が登場しています。

またその他にもガスタイプのランタンも登場しています。アウトドアで便利に利用できるランタンはたくさんありますが、使い方によってランタンを選ぶのがポイントとなります。

気になるハリケーンランタンとはどの様な種類で使い方ができるランタンなのかを事前にチェックしてみましょう。

ハリケーンランタンは灯油を使うランタンの代表的なモデル

ハリケーンランタンの燃料は灯油を使うタイプのランタンとなります。特にハリケーンランタンは100年以上の歴史を誇る代表的なランタンのモデルとなります。

ハリケーンランタンはアンティークの様な見た目で、特にデザインがお好みの方が多いランタンなのがポイントとなります。

また燃料は灯油となりますので、使用は少し注意が必要となります。ハリケーンランタンは使い方やお手入れ方法は事前にマスターしておきましょう。

Original灯油ランタンおすすめランキングTOP13!使い方やメンテナンス方法は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
キャンプをする時に欠かせないアイテムのひとつが灯油ランタンです。ただ単に灯油ランタンといって...

ハリケーンランタンの使い方

続いてハリケーンランタンの使い方についてご紹介します。ハリケーンランタンは見た目もとてもレトロでおしゃれでデザインで選ばれる方も多いです。

しかしハリケーンランタン見た目だけでなく、1台3役の使い方もできる優秀なアイテムとなります。あえてハリケーンランタンを購入される方も多いです。

そんなハリケーンランタンのおすすめの使い方ポイントを3つピックアップしてみますので、購入の際の参考にしてみましょう。

アウトドアでテントの目印や虫よけになるハリケーンランタン

まず初めにハリケーンランタンのおすすめの使い方1つ目はアウトドアで使用する際にはテントの目印や虫よけ用として役立ちます。

暗い夜間にテントから少し離れて戻る際にはハリケーンランタンでテントの場所を示す役割を果たしてくれます。

オートキャンプ場やたくさんのテントが並ぶスポットでテントを張っていると、特徴的なハリケーンランタン付けているので目印になります。

ハリケーンランタンおすすめの使い方として虫よけとして活用ができます。虫よけとして利用したい場合は燃料に天然ハーブを配合したオイルを使用する使い方がおすすめです。

夏場のアウトドアでは虫がとても多いので明るい場所によってきますが、天然ハーブオイルで虫を撃退できるので快適なアウトドアを満喫する事が出来ます。

ハリケーンランタンを使わない時はインテリアとしても

次にハリケーンランタンは使わない時にはインテリアとしてディスプレイする使い方ができるのでおすすめです。

実際にアウトドアや野外での利用以外に、ランタンの使い道は限られてしまいます。そんな時に見た目がおしゃれなハリケーンランタンであればお部屋のインテリアで置いていてもおしゃれです。

アウトドアシーン以外で有効活用できなければ、年に数回の役割となります。使わない時の事を考慮してハリケーンランタンを購入してみるのもおすすめです。

ハリケーンランタンはテーブル周りを照らす程度の明るさ

次にハリケーンランタンのおすすめの使い方のテーブル周りをテラス程よい明るさで利用した時に役立ちます。

アウトドア用のランタンはたくさん販売されています。例えば真っ暗な野外での使い方をしたい時にランタンは広範囲を照らしてくれるLEDランタンを使用したりするのがおすすめです。

テーブルの上での使い方をしたい場合は強すぎる明るさは不向きで、ハリケーンランタンの優しい明るさが丁度良いです。

またハリケーンランタンの明るさは小さな火の明かりとなりますが、半径1メートル程で暗すぎず明かる過ぎない明るさが魅力となります。

アウトドアが好きなキャンパーはハリケーンランタンをシーンによって使い分ける方がとても多いので参考にしてみましょう。

Originalキャンプに虫よけ対策は必須!最強のスプレーやランタンなどおすすめ紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
キャンプをするうえで欠かせないのが虫対策です。キャンプ場のある山には数多くの虫が生息しており...

ハリケーンランタンの手入れの仕方

続いてハリケーンランタンのお手入れ方法についてチェックしてみましょう。ハリケーンランタンのは燃料を使用したランタンとなりますので、日々のお手入れが必要となります。

ハリケーンランタンのお手入れは少々面倒と感じてしまうかもしれません。しかし燃料を使用するランタンなので誤ると危険にもなります。

アウトドアで利用する際には車で帰宅する前にハリケーンランタンのお手入れをしてから持ち帰る様にしましょう。

お手入れをする事によって、綺麗に長持ちしてくれるのでハリケーンランタンを購入した際には適切なお手入れ法をマスターしておきましょう。

オイル(燃料)が余った場合はキッチンペーパーなどを使って吸い取って捨てる

まず初めにハリケーンランタンのお手入れ方法のオイル(燃料)が余った際にはキッチンペーパー等の吸水性のある物で綺麗に燃料を吸い取って捨てましょう。

アウトドアでハリケーンランタンを使用する際には燃料を使いきる様に、燃料を調整しながら補充するのがおすすめです。

方法はとても簡単で、ハリケーンランタンの燃料タンクに吸水性のあるキッチンペーパーなどを入れて燃料を綺麗に吸い取るだけです。

またこの時に燃料が外に漏れない様にしましょう。タンクに燃料が多く残っている場合はしっかり蓋を締めて持ち帰る事は可能ですが、気になる方は特に燃料を使いきって綺麗にふき取る様にしましょう。

ハリケーンランタンの芯先の焦げている部分はカット

次にハリケーンランタンお手入れ方法2つ目のランタンの芯先の焦げ部分は綺麗にカットして捨てましょう。

ハリケーンランタンの芯先は焦げていると火が付きにくくなってしまいます。芯の先端を1ミリ~2ミリ程度ハサミ等でまっすぐカットして、更に両端をカットして台形型にカットしましょう。

芯先を台形型にカットする事で、火が付きやすくなります。また芯先が無くなってしまえば別売りで販売している芯先を取り換えれば、何度でもハリケーンランタンを利用する事が出来ます。

ハリケーンランタンの選び方

続いてハリケーンランタンの選び方についてご紹介します。ハリケーンランタンの中でもたくさんの種類があります。

まずハリケーンランタンを選ぶ際には日本製であるか、海外製の物なのかがあります。ハリケーンランタンは海外発祥のアイテムですが、製品の安心な日本製をチョイスしてみるのもおすすめです。

その他にも様々なデザインや明るさ等、自分に合った使い方ができるハリケーンランタンが販売されていますので参考にしてみましょう。

ハリケーンランタンのタンク容量で燃焼時間が決まる

まず初めにハリケーンランタンのタンクの容量の違いで選ぶのがポイントとなります。タンクの容量が大きいか小さいかによって、燃焼時間が決まります。

当然タンク容量が大きければ燃料時間が長くなります。お好みの燃焼時間、利用するシーンによってタンク容量を選ぶようにしましょう。

ハリケーンランタン340mlのタンクで約20時間、500mlで約24時間、930mlで約25時間の燃焼時間で利用する事ができます。

大きい倍以上の燃料タンクになっても倍以上の燃焼時間にはなりません。しかし、利用したい時間を目安にハリケーンランタン選びをまず行いましょう。

芯の太さでハリケーンランタンの明るさを判断

次にハリケーンランタンの明るさをも購入の際の選ぶポイントとなります。ハリケーンランタンの明るさはLEDランタンよりも広範囲には効果的ではありません。

ハリケーンランタンの明るさが決まるポイントは芯の大きさです。小さなタンクか大きなタンクによっても芯の大きさが異なります。小さいランタンと大きなランタンの双方を比較しても燃焼時間が想像以上に違いが出るのが、明るさが違うのが関係しています。

ハリケーンランタンの平芯の幅と明るさの目安をご紹介します。小さなランタンで芯幅が6mm程の場合は約4w(ワット)、15mm程の芯幅の場合は約8w、21mm程の芯幅の場合は15wとなります。

ちなみに読書ができる明るさは15w程度となります。夜のアウトドアで使用したい場合大きなサイズのハリケーンランタンがおすすめです。

ハリケーンランタンのデザインが気に入るかどうか

次にハリケーンランタンを選ぶポイントで多くの方が注目するお好みのデザインで気に入るかどうかになります。

アンティークでおしゃれなデザインだからこそ、ハリケーンランタンを選ぶ方が多いので見た目や一目惚れで選ぶ方がほとんどです。

また販売しているブランドによってもハリケーンランタンのデザインは異なります。日本製でも見た目重視なデザインで販売されているのでおすすめ商品もチェックしてみましょう。

ハリケーンランタンは使わない時にはディスプレイするだけでもインテリアになります。また使えば使いこむ程に味が出るので、その点も含めデザインにこだわってみるのもおすすめです。

ハリケーンランタンのメリットとデメリット

続いてハリケーンランタンのメリットやデメリット点についてご紹介します。ハリケーンランタンの購入前には知っておきたいメリットとデメリット店をチェックしておきましょう。

ハリケーンランタン以外のランタンでも、同様にメリットな部分やデメリットに感じてしまう部分があります。

メリットもデメリットも含めて、ハリケーンランタンは使用時に自分に合うかどうかを検討して購入してみるのがおすすめです。

ハリケーンランタンのメリット

まず初めにハリケーンランタンのメリット点についてチェックしてみましょう。ハリケーンランタンだからこその機能も充実しています。

ハリケーンランタンのデメリット部分を考慮しても、それより勝るメリット点があればあれば購入を決意する事もできます。

100年以上の歴史があるハリケーンランタンは、現在もキャンパーに愛されるアイテムとなっています。魅力的なメリットを参考にしてみましょう。

(1)風に強く安定した灯りが得られるハリケーンランタン

まず初めにハリケーンランタンのおすすめポイント1つ目はアウトドアや野外での使用の際には風に強く、安定した灯りで利用する事ができます。

ランタンの中でも火の明るさを利用した物は、風は大敵です。しかしハリケーンランタンは野外での使用目的として製造されているので、ランタンの側面は360度ガラスにガードされています。その為、強風が吹いても火は消えずに安心して使用する事ができます。

ハリケーンランタンの大きなメリット点となりますので、アウトドアで使用する際には参考にしてみましょう。

(2)ハリケーンランタンは無音なので静かに揺れる炎を楽しめ

続いてハリケーンランタンのおすすめできるポイントは無音で静かに炎が揺れるのでおすすめです。火で明かりを灯す際に音がですのではないか、と想像してしまいます。

しかしハリケーンランタンはとても静かで気にならなずに空間を楽しむ事ができます。購入の際にも音の心配はないので参考にしてみましょう。

(3)レトロ感のあるおしゃれなデザインがステキなハリケーンランタン

次にハリケーンランタンの魅力でもあるレトロでおしゃれなデザインが素敵なポイントがメリットとなります。

アウトドアや野外で優雅に雰囲気を楽しみたい方はハリケーンランタンはおすすめのアイテムとなります。

機能性も重視したいですが、見た目がおしゃれだとそれだけでも気分も変わるので見た目で選ぶ方が多いのもハリケーンランタンの人気の理由となります。

(4)暖房効果が期待できるハリケーンランタン

次にハリケーンランタンは燃料で火を灯すランタンとなりますので暖房効果が期待できるのもおすすめポイントとなります。

少し寒いアウトドアで利用する際には暖房器具は必須です。焚き火やストーブ等の暖房器具に比べると効果は少ないですが、手を当てて温めるならハリケーンランタンでも充分に効果的です。

電池式のランタンであれば安心ではありますが、暖房効果などはありません。多様に活用できるハリケーンランタンのメリットを参考にしてみましょう。

ハリケーンランタンのデメリット

次にハリケーンランタンのデメリット点についてご紹介します。たくさんのメリットや魅力的な部分もあるハリケーンランタンですが、デメリットも付きものです。

購入を検討されている方は、事前にデメリットな部分を知らなければ損をしてしまいます。メリットな部分がありながらも、やはりデメリット点がどうも引っかかってしまう場合は他のランタンを選ぶのも選択の1つです。

特に初めてハリケーンランタンを購入する際には、どんなシーンで利用するのかや実際に店頭で展示品の確認や口コミ情報を参考にしてみるのもおすすめです。

(1)ほかのランタンと比べてハリケーンランタンは光量が少ない

ハリケーンランタンの大きなポイントとして他のランタンに比べても光量が少ないのがデメリットとなります。

真っ暗い野外では少し明るさの広範囲が狭くなってしまいます。宿泊を兼ねたキャンプの場合はサブランタンとして利用するのがおすすめです。

(2)手元を照らし文字が読める程度の明るさのハリケーンランタン

次にハリケーンランタンの明るさは手元を照らして文字が読める程度となります。上記でもご紹介しましたが、販売されている大きなランタンでも読書ができる程の明るさの15wとなります。

大人数での利用の際には明るさが足りないと感じる事もあります。1人で少しの明るさで使用したい場合はおすすめですが、広範囲で利用したい場合にはおすすめできません。

ハリケーンランタンのおすすめのメリットや少し気になるデメリットを踏まえて、購入の際の参考にしてみましょう。

ハリケーンランタンおすすめ11選

続いてハリケーンランタンのおすすめ商品を11アイテムを厳選してご紹介します。人気のハリケーンランタンを販売しているブランドや、日本製等たくさんのハリケーンランタンが登場しています。

アンティークでレトロな雰囲気のおしゃれなランタンや、機能性にも特化した優れたハリケーンランタンをチェックしてみましょう。

これからハリケーンランタンを購入しようとお考えの方も、アウトドアで使えるアイテムを揃えようとしている方も人気のハリケーンランタンに注目してみましょう。

1:ハリケーンランタン人気モデル【キャプテンスタッグ:オイル ランタン 小】

まず初めに日本製のアウトドア商品を展開しているキャプテンスタッグのオイルランタンをご紹介します。

キャプテンスタッグは日本製で使い勝手が良くて、とても人気のアウトドアブランドとなります。見た目もハリケーンランタンらしいレトロ感が漂います。

キャプテンスタッグのオイルランタンは日本製でありながらもお値段は1000円台で購入できる事から、とてもお手頃に入手できます。

小さなサイズで燃焼時間は10時間程となりますが、少し野外でバーベキュー等を楽しむ際には重宝します。また別売りで燃料や替え芯が販売しているので、セット購入しておくのがおすすめです。

2:ハリケーンランタン人気モデル【キャプテンスタッグ:オイルランタン】

続いて同じくおすすめのハリケーンランタンは日本製のキャプテンスタッグのオイルランタンをチェックしてみましょう。

上記でご紹介したコンパクトな小さなサイズよりも少し大きくなりますが、燃焼時間が約14時間持続して利用できます。

お値段も少し上がりますが1300円前後と、比較的にリーズナブルなお値段で購入できるのがポイントです。

日本製のアイテムを選びたい方はキャプテンスタッグのオイルランタンがおすすめなのでチェックしておきましょう。

3:ハリケーンランタン人気モデル【ギルアード:オイルランタン】

次に大人気フランスデザインが大人気のギルアードのオイルランタンをご紹介します。こちらのハリケーンランタンはとてもシンプルでおしゃれなデザインで人気です。

カラーはホワイトとブルーの2色で販売されていますが、少し高級なハリケーンランタンとなりますのでお好みの色を見つけましょう。

ギルアードのオイルランタンのオイル容量は250ml程ので、約10時間の連続燃焼となります。使えば使う程味が出てくるギルアードはキャンパーからも人気のブランドとなります。

日本製のハリケーンランタンでなく海外製にこだわっている方はギルアードをチェックしてみましょう。またお値段は9900円程となりますので、少し高級なランタンとなります。

4:ハリケーンランタン人気モデル【デイツ:デイツ20】

続いてハリケーンランタンで有名なアメリカの老舗メーカーのデイツから販売しているデイツ20をご紹介します。

1番コンパクトで使いやすいタイプとなります。お値段も比較的にリーズナブルな価格で販売されています。

デイツ20はタンク容量2260mlで燃焼時間は約12時間程となります。特に人気のカラーはレッドタイプがおすすめです。

5:ハリケーンランタン人気モデル【デイツ:デイツ30】

次に同じくデイツから販売している人気モデルのハリケーンランタンはデイツ30の中型サイズとなります。

デイツ30はタンク容量510mlで燃焼時間は約23時間となります。シックなブラックカラーが人気となっています。お値段も3500円前後で購入ができるのでおすすめです。

6:ハリケーンランタン人気モデル【デイツ:デイツ80】

次に同じくデイツから販売しているデイツ80のハリケーンランタンをチェックしてみましょう。こちらは少し大きめのサイズで500mlのペットボトルよりも高さがあります。

デイツ80のタンク容量は930mlで燃焼時間は約27時間で利用する事ができます。重さも1kg程に少しずっしりとしか感じも出ます。お値段も4000円台で購入する事ができます。

7:ハリケーンランタン人気モデル【デイツ:デイツ90】

次に同じくデイツから販売しているデイツ90のハリケーンランタンをご紹介します。こちらはデイツ80と同じ内容量の930mlで燃焼時間が25時間となります。

違いに関してはホヤの大きさで細長いベーシックスタイルのデザインに対してデイツ90は丸みのあるホヤが特徴的となります。お値段はデイツ80と同様か前後程で購入ができます。

8:ハリケーンランタン人気モデル【フェアーハンド:ハリケーンランタン 276】

次にドイツ人の創業者でもある灯油ランタンメーカーのフェアーハンド社のハリケーンランタン276をご紹介します。

シンプルなシルバー亜鉛タイプのハリケーンランタンで、風速80kmでも炎が消えない特殊構造で製造された無敵のランタンとなります。

タンク容量は340mlで20時間程燃焼時間ああります。消耗時間が少ない素材で作られた芯を使用して、火力を強めて使用する事も可能です。お値段も3000円台で購入ができるので、替え芯とセットで購入してみましょう。

9:ハリケーンランタン人気モデル【ホルムガード:ハリケーンランタン】

続いてハリケーンランタンのイメージを覆すホルムガードのおしゃれ過ぎるハリケーンランタンに注目してましょう。

個性的でスタイリッシュなデザインのホルムガードのハリケーンランタンは女性からも大人気となっています。吹きガラスにレザーのハンドルを組み合わせたデザインで、また違ったハリケーンランタンとして楽しめます。

ホルムガードのハリケーンランタンはデンマークで設立されたガラスブランドとなります。ガラスが主役のハリケーンランタンで、お値段は22000円と少し高級なアイテムとなります。

10:ハリケーンランタン人気モデル【ペトロマックス:HL1ストームランタン】

次にドイツ製のアウトドアブランドのペトロマックスから発売しているHL1ストームランタンも大人気です。
 

日本製にはないデザイン性でニッケメッキを施しています。タンク容量は150mlで燃焼時間は約20時間程となります。5wなので少しほんのりとした明るさが特徴となります。

11:ハリケーンランタン人気モデル【ロゴス:ブロンズランタン】

最後に日本製のアウトドアブランドで大人気のロゴスから販売しているブロンズランタンをご紹介します。

近年では日本でもアウトドアが人気となっていて、日本製のアウトドアブランドも大注目となっています。日本人が使うものだからこそ、日本製のアウトドア用品が使いやすく利用できるのがポイントとなります。

ロゴスのブロンズランタンはアンティークカラーのブロンズがとても綺麗で、おしゃれなアウトドアも実現してくれます。タンク容量は360mlで約20時間の燃焼時間となります。

ハリケーンランタンおすすめ人気モデルと基礎知識をご紹介!日本製以外のものもデザインがいい!

おしゃれで人気のハリケーンランタンのモデルやアウトドアブランドの商品をまとめてピックアップしてみました。

機能性の高いLEDランタンもアウトドアにはおすすめですが、明るさが丁度良いハリケーンランタンも大活躍してくれます。

ハリケーンランタンを購入する前に使い方やお手入れ方法等は事前に確認しておくのがおすすめです。また燃料によって明るさが変わります。

見た目もとてもおしゃれなハリケーンランタンが人気となっています。アウトドアシーンだけでなく、使わない時にはインテリアとしてもおすすめです。

ハリケーンランタンをどの様に利用したいのかを参考に自分に合ったハリケーンランタンのモデルを探してみましょう。

関連記事

858.thumb
この記事のライター
LOOK
関西在住のLOOKです!長期休みが取れれば旅行がするのが趣味で、気軽に行ける国内旅行をメインに夢の海外旅行まで計画しています。関西のおすすめの場所素敵な旅行スポット情報を発信していけたらと思います。

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ