【最新版】キャンピングカーの内装おすすめ13選!おしゃれで豪華に満喫!

2019年10月16日 (2019年10月18日最終更新)

アウトドア好きの方におすすめのキャンピングカーのおしゃれな内装についてご紹介します。キャンピングカーの内装は車種によっても異なり、豪華におしゃれにアレンジして自分好みにカスタマイズを楽しみましょう。内装のデザインを参考にしてみましょう。

目次

  1. アウトドア好きの方必見!おしゃれなキャンピングカーの内装
  2. キャンピングカーがあればどこでも快適にアウトドアが楽しめる
  3. キャンピングカー車種の内装特徴1:キャブコン
  4. キャンピングカー車種の内装特徴2:バスコン
  5. キャンピングカー車種の内装特徴3:バンコン
  6. キャンピングカー車種の内装特徴4:トラキャン
  7. キャンピングカー車種の内装特徴5:軽キャンパー
  8. キャンピングカーの内装の広さや利便性は車種で決まる
  9. キャンピングカーのおしゃれな内装1:ナチュラル
  10. キャンピングカーのおしゃれな内装2:高級シート
  11. キャンピングカーのおしゃれな内装3:DXシートカスタム
  12. キャンピングカーのおしゃれな内装4:モノトーン
  13. キャンピングカーのおしゃれな内装5:オールドアメリカン
  14. キャンピングカーのおしゃれな内装6:リムジン風
  15. キャンピングカーのおしゃれな内装7:ホテルテイスト
  16. キャンピングカーのおしゃれな内装8:ホワイトベース
  17. キャンピングカーのおしゃれな内装9:ウッド
  18. キャンピングカーのおしゃれな内装10:デザイナーズハウス
  19. キャンピングカーのおしゃれな内装11:釣り仕様
  20. キャンピングカーのおしゃれな内装12:和室
  21. キャンピングカーのおしゃれな内装13:タイニーハウス
  22. おしゃれで快適な自分だけの空間で楽しめるキャンピングカーの内装

アウトドア好きの方必見!おしゃれなキャンピングカーの内装

アウトドア好きの方必見のおしゃれなキャンピングカーについてご紹介します。アウトドアをあまりしない方でも憧れている方も多いのではないでしょうか。

いつでもどこでも好きな場所に訪れて快適なアウトドアが楽しめるキャンピングカーは特に内装の重要度が高いです。

自分好みに自作をしてアレンジするのがおすすめです。キャンピングカーの車種によっても自作アレンジの幅は異なりますが、おしゃれに豪華な内装でチャレンジするのがおすすめです。

キャンピングカーのおしゃれな内装をまとめてピックアップしてみます。気になる自分好みの内装になる様に参考にしてみましょう。

20e8d3408c25368037f128a976cea54a sキャンピングカーで旅行!季節ごとにおすすめのスポット紹介!レンタルも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
キャンピングカーで季節ごとに四季折々の大自然を感じながら旅をしてみたくはありませんか。日本に...

キャンピングカーがあればどこでも快適にアウトドアが楽しめる

国内でもアウトドアを楽しむ方が近年多くなり、たくさんの方がアウトドアを満喫する習慣が増えています。

そんな中でも本格的にテントを張りキャンプを楽しむのもおすすめですが、アウトドアが苦手な方でも快適に楽しむ事ができるキャンピングカーはとてもおすすめです。

キャンピングカーがあればオートキャンプスポットの他でも、寒い季節でも快適に過ごせる空間を確保する事ができます。

また長期休暇が取れれば、キャンピングカーで好きな場所に訪れてアウトドアを満喫する事もできます。

キャンピングカーの車種にもよりますが、好きなパーツを組み合わせて自作を楽しむのが醍醐味となります。

そんな中でキャンピングカーの車種のジャンルをチェックして、内装をどれだけアレンジしたり自作できるのかを参考にしてみましょう。

キャンピングカーの内装が広ければ広い程、大人数でも活用しやすく機能性も充実しています。キャンピングカーの車種は大きくて機能性が充実している程お値段も高額になります。

キャンピングカーを低予算で取り入れたい方は軽自動車のキャンピングカーのチョイスをしてみましょう。また内装を全て業者に任せる事も可能ですが、費用が高くなるので出来る範囲は自作でアレンジするのがおすすめです。

キャンピングカー車種の内装特徴1:キャブコン

キャンピングカーの車種の内装の特徴についてご紹介します。キャンピングカーのベースとなる車種ですが、種類によって大きく内装が異なります。

キャンピングカーの車種や内装の特徴からチェックしてみましょう。まず初めにキャンピングカーの人気車種としてキャブコンに注目してみましょう。

キャンピングカーのキャップの特徴は車の運転部分(キャブ)はそのまま、車の後ろ部分をキャンピングカー仕様となっているのがキャブコンです。

車体がとても大きくて、内装スペースも大人が立って移動できる程の充実したスペースが確保されています。

キャブコンは住居スペースとしても充分で、キッチンスペースやリビングスペース寝室スペース等が確保されています。

広々とした充実な空間を確保する事ができますので、キャンピングカーを夢見ている方がチェックしてみたい車種となります。

またキャンピングカーのキャブコンは内装がとても広く、自分好みにアレンジもしやすいのが魅力的です。

キャブコンの中でもキッチンスペース等の自作するのが難しい場所はそのままで、リビングや就寝スペースを豪快にアレンジする事も可能です。

キャンピングカーのキャブコンの購入を検討の際には費用や維持費は高額になってしまうので、長く愛用する為に購入の際には念入りな内装を選ぶのがポイントとなります。

キャンピングカー車種の内装特徴2:バスコン

続いてキャンピングカーの代表的な車種バスコンの特徴や内装についてご紹介します。バスコンの特徴はマイクロバスをベースにした車種となります。

マイクロバスはそもそも10人以上や20人以上の人を乗せて移動する大きな車となります。その為車内もとても広くて、キャンピングカーとしても十分なスペースを確保する事ができます。

バスコンはその大人数での乗車目的に使用するスペースに様々な内装を工夫しています。キッチンやリビングスペース。寝室スペースをジャンル別に分けています。

マイクロバスの広い内装を最大限に活用して、ベッドもクイーンサイズ等のスペースを豪華に利用する方も多いです。

バスコンの車内は広さだけでなく、高さにも充分な空間を確保する事ができるので自分好みに棚やソファ等を持ち込み自分好みに自作を楽しめます。

またバスコンは外装までにこだわると大きな出費となってしまいます。予算と相談しながら手を加えられる内装から始めてみるのがおすすめです。

またバスコンはとても車内が広い事で、キャンピングカーと言うよりは移動できる部屋として快適に過ごす事ができます。

工夫次第でオリジナリティ溢れる素敵なキャンピングカーになるので、広くて快適なキャンピングカーをお探しの方は参考にしてみましょう。

キャンピングカー車種の内装特徴3:バンコン

次にキャンピングカーの人気車種バンコンの特徴や内装についてチェックしてみましょう。通常の乗用車のバンをベースにしたキャンピングカーがバンコンとなります。

ファミリーカーとして購入を検討される事も多いバンはお手軽なミニバンまで大人気の車のジャンルとなります。

キャブコンやバスコンとは違い、比較的にキャンピングカーとして購入もしやすいのでおすすめです。

バンコンは内装のデザインはお好みのインテリアにもする事ができますが、キッチン等の機能性は多少制限されてしまいます。

バンコンをキャンピングカーとして活用する際にはオートキャンプ等で、テントやタープを活用しながらアウトドアを満喫する際には必要最低限の設備で十分です。

また逆にバンコンを充実した機能で利用したい場合は多少出費が必要となります。例としてバンコンの空間を最大限活用できる様に、運転席と助手席を回転式にカスタマイズができます。

そうする事によって、リビングや就寝スペースを通常のスペースよりも広く活用する事ができます。またコンパクトな冷蔵庫を設置したり、便利な設備を搭載する事も可能です。

普段はファミリーカーとして活用し、アウトドアを楽しみたい場合はバンコンのキャンピングカーとして利用できるのでシーンで使い分けしやすいタイプです。

またバンコンとして大きなバンも含め、コンパクトなミニバンも人気です。キャンピングカーを最大限に活用できるバンコンに注目してみましょう。

キャンピングカー車種の内装特徴4:トラキャン

次にキャンピングカーの車種トラキャンの特徴や内装についてご紹介します。トラキャンの特徴は車両スペースと住居スペースが完全に分離をしたタイプのキャンピングカーとなります。

キャブコンと少し混雑してしまいますが、キャブコンは車両スペースと住居スペースが一体化になっているタイプなので別です。

トラキャンのキャンピングカーは基本的に輸入モデルが一般的で、国内キャンピングカーでトラキャンはとても少ないです。

トラキャンのキャンピングカーの魅力はアウトドアで利用する場合は広いスペースで快適に過ごす事ができます。また普段使いの際には住居スペースを乗せずにトラックとして利用する事ができます。

トラキャンのデメリット点を挙げると、大人数での利用の際になります。トラキャンでの走行中は住居スペースには人は乗れません。

なので本体でもある車両部分の定員数のみでしか移動ができない点です。2人乗りのトラックであれば2人、更に2列シートのダブルキャンプタイプであれば5人の乗車が可能ですが、その分費用や維持費は高額になってしまいます。

またトラキャンを選ぶ際には住居スペースを普段置いて置けるスペースの確保も必要となります。自宅に庭等のスペースがあればおすすめです。またトラキャンの場合はトラックが軽でも利用可能なので、維持費等はリーズナブルに活用する事ができます。

トラキャンはおしゃれで豪華なキャンピングカーなので、アウトドア好きの方は注目されている方も多いので気になる方はチェックしてみましょう。

キャンピングカー車種の内装特徴5:軽キャンパー

最後のモデル車種のキャンピングカーの軽キャンパーの特徴や内装についてご紹介します。軽キャンパーとは軽自動車をベースにしたキャンピングカーとなります。

キャンピングカーの車種の中でも1番コンパクトで内装費用や維持費等のトータル的な費用面に関してはリーズナブルなので取り入れやすいのがポイントです。

軽キャンパーは他のタイプのキャンピングカーに比べて内装はやはり狭くなってしまいます。限られたスペースを有効活用する事が重要となります。

自分が1番こだわるポイントを厳選しましょう。キッチンスペースに重点を置くのか、就寝スペースに重点を置くのかを決めておきましょう。

コンパクトスペースを外せば、軽キャンパーは小回りもきくので、どこでも気軽にアクセスができます。少人数でのキャンプであれば軽キャンパーでも問題ありません。

また軽キャンパーでも充分な機能や内装設備も想像以上に行えます。最近では機能性を考慮して様々な便利な設備が人気を集めています。

大きなキャンピングカーであれば、費用や維持費が高くなってしまいます。しかし軽キャンパーはリーズナブに費用や維持費を抑える事ができるので、初心者の方にもおすすめのモデルなので注目しておきましょう。

キャンピングカーの内装の広さや利便性は車種で決まる

キャンピングカーの内装の広さや利便性は車種によって大きく異なります。上記でご紹介したキャンピングカーの5つの車種を参考に選ぶのがおすすめです。

キャンピングカーの車種は利用する人数や利用方法によって大きく異なります。家族や大人数で利用したい場合は内装がある程度の広さを確保する必要があります。

大人数で快適にアウトドアを楽しみたい方はキャブコンやバスコンやバンコンがおすすめの車種となります。

また少人数でのアウトドアのおすすめ車種はバンコンやトラキャンや軽キャンパーがおすすめです。バンコンはバンの大きさによって様々なシーンで活躍してくれます。

好みや利用用途によって自分に合ったキャンピングカーを決めて、内装は豪華に自作する事も可能です。

自作ではできない設備等もありますが、内装のデザインやオリジナリティは自作で行うのがおすすめです。

キャンピングカーの内装をおしゃれに豪華に自作できるおすすめのデザインを13選でご紹介しますので参考にしてみましょう。

Originalキャンピングカーおすすめ人気車種11選!初心者から人気のメーカーもご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
アウトドアシーンで大活躍してくれるおすすめのキャンピングカーについてご紹介させていただきます...

キャンピングカーのおしゃれな内装1:ナチュラル

キャンピングカーのおしゃれな内装モデルを厳選して13選まとめてご紹介します。まず初めに素敵な内装で人気の高いナチュラルデザインが人気です。

内装にナチュラルテイストな雑貨を取り入れたり、カラーを統一させたりすることでおしゃれな部屋を自作する事ができます。

ナチュラルな内装はキャンピングカーのどんな車種でも取り入れやすく、流行りもないので長く利用する事ができます。

キャンピングカーのおしゃれな内装2:高級シート

続いてキャンピングカーの豪華な内装でおすすめの高級シート仕様に注目してみましょう。ハイエースのバンコンの内装で提供されているのが高級シートです。

ハイエース専門店が提供しているのがアルヴェルエースです。快適な高級シートは車内がとても豪華な内装空間になります。

またカスタムで高級シートはマッサージ機能も搭載できるので、気になる方はチェックしてみましょう。また自作で高級シートにカスタマイズも可能です。

キャンピングカーのおしゃれな内装3:DXシートカスタム

続いてキャンピングカーのおしゃれな内装でおすすめのDXシートカスタムに注目してみましょう。ハイエース等のバンコンの場合車内の空間が広く利用できます。

DXシートカスタムデザインは車内のベースを残しながら、おしゃれに豪華に改造する事も可能です。

座席を全て外して(倒して)フルフラットにして、お好みのソファやクッションをセッティングすれば素敵な内装でアウトドアを楽しむ事ができます。

キャンピングカーのおしゃれな内装4:モノトーン

続いてキャンピングカーのおしゃれな内装でおすすめのモノトーンに統一する事で素敵な空間になるので注目してみましょう。
 

近年インテリアとして取り入れる方も非常に多く、シンプルで上品なモノトーンは取り入れやすくおしゃれな内装に仕上がります。

清潔感のあるデザインで、キャンピングカーの車種全般にモノトーンデザインの内装はおすすめとなります。初心者にもおすすめのデザインで内装を豪華に自作してみましょう。

キャンピングカーのおしゃれな内装5:オールドアメリカン

次にキャンピングカーのおすすめの内装はオールドアメリカン風のデザインがおすすめとなります。古きアメリカンのデザインが日本でもとても好きな方が多いです。

最近注目を集めているブルックリンデザインは男前インテリアとしても人気です。アウトドアを楽しむキャンピングカーだからこそ、デザインにもマッチします。

キャンピングカーの内装をウッド調にしたり、渋めのデザインで男女兼用で素敵な内装に仕上がります。

キャンピングカーのおしゃれな内装6:リムジン風

次にキャンピングカーのおすすめの内装を豪華にリムジン風にアレンジしてみるのもおすすめです。アウトドアキャンピングカーからリムジン風のリッチで豪華な雰囲気のギャップもあります。

キャンピングカーをリビングスペースをメインにして、座席は高級感のあるレザーカバーで中心部にはテーブルをセットしましょう。

社内のライトも工夫をして自作をすれば豪華な雰囲気のリムジン風の内装が仕上がります。少し大きめのキャンピングカーであれば、どんな内装にもチャレンジしやすいのでおすすめです。

キャンピングカーのおしゃれな内装7:ホテルテイスト

次にキャンピングカーのおしゃれな内装で人気のホテルテイストのデザインに仕上げてみるのもおすすめです。

居心地がよく、快適な空間でアウトドアを楽しみたい方はホテルの様な清潔感のあるおしゃれな内装にこだわってみましょう。

必要の設備を搭載して、就寝スペースをメインに内装にこだわるのがポイントとなります。子供から大人まで快適に過ごす事が出来るので、アウトドア初心者の方にもおすすめの内装なのでチャレンジしてみましょう。

キャンピングカーのおしゃれな内装8:ホワイトベース

つぎにキャンピングカーのおしゃれな内装はホワイトベースにアレンジする方法です。ホワイトをメインに内装デザインにこだわる事で、高級感のある豪華な空間になります。

ホワイトベースにした内装はキャンピングカーの天井から座席、その他にもホワイトの雑貨を加えて素敵な内装にしてみましょう。

ホワイトは少し汚れやすく綺麗に保つ事も多少難しいです。しかしホワイトは社内を広く見せてくれる効果もあるので、綺麗に保ちながらシンプルにアレンジしてみましょう。

キャンピングカーのおしゃれな内装9:ウッド

次に大人気のキャンピングカーの素敵な内装でおすすめのウッド調デザインを取り入れる方法をご紹介します。

キャンピングカーで有名なAtoZから登場しているアンソニーの内装も同じく、ウッド調をメインにしたおしゃれな内装にこだわっています。

キャンピングカーらしい高級感のあるウッド調は車内もとても明るく、また使えば使うほどに味が出てくるのも魅力の1つです。

ウッド調にもたくさんの種類があり、明るいウッド調をベースにすれば新築の様な清潔感のある空間になります。また濃い目のウッド調をベースにすればクラシカルなカッコイイデザインになるので、お好みの空間をイメージしてみましょう。

キャンピングカーのおしゃれな内装10:デザイナーズハウス

続いてキャンピングカーのおしゃれな内装のデザイナーズハウス風にしてみるのが人気となっています。

キャンピングカーの内装とは思えないおしゃれで素敵な空間で楽しめます。素敵な雑貨をディスプレイしたり、おしゃれなカフェの様な空間にアレンジしてみましょう。

キャンピングカーの車種に関係なく内装は自分好みのデザインにカスタマイズする事が出来ます。少しの工夫で自分だけの空間を楽しむ事が出来ます。

キャンピングカーのおしゃれな内装11:釣り仕様

続いてキャンピングカーのおすすめの内装は釣り使用にアレンジするのも人気です。釣りを趣味にしている方は特にこちらの内装にカスタマイズしてみるのがおすすめです。

キャンプで釣りを楽しみたい方にも利便性が高く、タックルやそのほかの釣り具の収納を考えて設計するのがポイントとなります。

コンパクトな軽キャンパーでも取り入れやすく、車内にスペースが少ない場合は車のボディにタックルを固定する設備を搭載する事も出来ます。

キャンピングカーはアイデア1つでとても便利に実用的にカスタマイズする事も可能です。釣り好きの方は参考にしてみましょう。

キャンピングカーのおしゃれな内装12:和室

続いてキャンピングカーを古風で更に落ち着く空間に内装を和室にしてみるのはいかがでしょうか。

キャンピングカーの内装の想像を超える発想で内装を和室にアレンジする事も可能です。キャンピングカー内に畳3畳を敷いて障子やふすまを設置すれば、そこは異空間です。

床は底上げをして和室に再現する事が出来ます。少し工夫を凝らせば自作で内装をカスタマイズができるので和好きの方は注目してみましょう。

キャンピングカーのおしゃれな内装13:タイニーハウス

最後にキャンピングカーの内装でおすすめのタイニーハウス風にアレンジするのがおすすめです。近年人気急上昇しているタイニーハウスとは移動式ハウスです。

海外ではタイニーハウスを専門に取り扱う業者も多く、実際にタイニーハウスを利用している方も多いです。国内ではまだまだ少ないですが、雑誌やメディアでも注目しているので今後たくさん普及する可能性もあるかもしれません。

タイニーハウスに車輪が付いていれば税金の課税は必要ありません。タイニーハウスは国内でも取り扱う店舗は少なからずありますので、探してみるのがおすすめです。

おしゃれで快適な自分だけの空間で楽しめるキャンピングカーの内装

おしゃれで快適な自分だけの空間で楽しめるキャンピングカーがおすすめです。内装は自分好みに自作をしてアレンジする事で、他にはないオリジナルのキャンピングカーを満喫する事ができます。

最近では自宅のDIYがとても話題になっています。マイカーをこれから購入しようとお考えの方も、休日にアウトドアを楽しみたい方もキャンピングカーとして活用できるのかを参考にしてみましょう。

キャンピングカー専門で購入をすれば利便性が高くて車内もとても豪華ですが、実際に費用はとても高額になってしまいます。

車の維持費の事を考慮しても、大型のキャンピングカーでなく軽自動車でもキャンピングカーもおすすめです。素敵な内装にこだわって楽しいアウトドアを満喫してみましょう。

関連記事

858.thumb
この記事のライター
LOOK
関西在住のLOOKです!長期休みが取れれば旅行がするのが趣味で、気軽に行ける国内旅行をメインに夢の海外旅行まで計画しています。関西のおすすめの場所素敵な旅行スポット情報を発信していけたらと思います。

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ