ビアンキのクロスバイクおすすめ17選!女性・初心者から人気のアイテムも!

2019年10月19日 (2019年10月19日最終更新)

ビアンキのクロスバイクは女性や初心者でも乗りやすいサイズ展開をしている人気のブランドです。定番のシリーズだけでなく、女性におすすめのcスポーツシリーズなどビアンキのクロスバイクについて詳しくご紹介していきます。クロスバイク初心者の方も必見です。

目次

  1. かっこいいビアンキのクロスバイク
  2. ビアンキってどんなメーカーなの?
  3. クロスバイクって何?
  4. 1:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【CAMALEONTE1(カメレオンテ1)】
  5. 2:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【CAMALEONTE2(カメレオンテ2)】
  6. 3:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【CAMALEONTE3(カメレオンテ3)】
  7. 4:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【CAMALEONTE4(カメレオンテ4)】
  8. 5:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【CAMALEONTE E(カメレオンテイー)】
  9. 6:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【CIELO(チェーロ)】
  10. 7:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【C-Sport 1】
  11. 8:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【C-Sport 4】
  12. 9:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【KUMA 27.4】
  13. 10:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【LECCO-E(レッコE)】
  14. 11:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【LUPO】
  15. 12:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【Minivelo-10(ミニベロ-10)】
  16. 13:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【ROMA(ローマ)】
  17. 14:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【ROMA2(ローマ2)】
  18. 15:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【ROMA3(ローマ3)】
  19. 16:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【ROMA4(ローマ4)】
  20. 17:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【VIA BRERA( ヴィアブレラ)】
  21. cスポーツシリーズなどおすすめしたいビアンキのクロスバイクモデルをご紹介!

かっこいいビアンキのクロスバイク

皆さんはビアンキというブランドの自転車をご存知でしょうか。自転車好きなら誰もが即座に反応してしまうビアンキはロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクなど幅広い自転車を展開している人気のブランドです。

女性にも嬉しい一台もあり、アクティブに自転車で動き回りたい女性にもぴったりです。今回はそんなビアンキの人気のクロスバイクをご紹介しましょう。有名なシリーズだけでなく、おすすめしたいcスポーツシリーズなど盛りだくさんにお届けします。

ビアンキってどんなメーカーなの?

自転車好きなら誰もが知っているcスポーツシリーズもおすすめのビアンキとは一体どんなメーカーなのでしょう。日本でも多くの人が載っているビアンキ。独特の色合いが特徴的で、ブランドを知らなくてもどこかで一度は目にしたこともあるかもしれません。そんな日本人も多く愛用しているビアンキブランドについて詳しくご紹介していきましょう。

ビアンキはイタリアの老舗自転車メーカー

cスポーツシリーズもおすすめのビアンキは1885年にイタリアのミラノで誕生した歴史の長い老舗ブランドです。

現存する自転車メーカーの中でも最も伝統のある名門と言われていて、エドアルド。ビアンキによって立ち上げられました。有名なライダー、ファウスト・コッピやフェリーチェ・ジモンティなどに愛され、彼らの活躍もあって大きく成長したブランドです。

cスポーツシリーズビアンキの歴史は自転車の歴史と言っても過言ではないほどのブランド。現在はロードバイクからミニベロ、シティサイクルまで幅ひろく色々なタイプの自転車を作っています。ビアンキブランドを象徴するカラーチェレステはイタリア語で緑がかった青空を意味していて、チェレステを盛跡ったモデルも世界的に人気です。

おしゃれなデザインと高い品質で女性や初心者からも人気

cスポーツシリーズビアンキの自転車は今回ご紹介するクロスバイクだけでなく、とてもおしゃれでデザイン性に優れています。自転車好きでなくても思わず傍に置いておきたくなるような高い品質と品のあるデザインは女性からもとても人気があります。

また、女性でも乗りやすいようなサイズ展開や初心者でも乗りやすいデザインなども展開しているので、幅広い年齢層の方に人気です。

クロスバイクって何?

cスポーツシリーズビアンキでもおしゃれなタイプを多く展開しているクロスバイクですが、そもそもクロスバイクトはどんな自転車のことをいうのか知らないという人のために、クロスバイクについて詳しくご紹介していきましょう。

シティサイクル以外の自転車に乗ったことがないという方も必見です。次に買う自転車はぜひ乗っていることが楽しくなるようなビアンキのクロスバイクにしてみてはいかがでしょう。

ロードバイクとマウンテンバイクの長所を合わせて作られた自転車のこと

そもそもクロスバイクはロードバイクでもなく、マウンテンバイクでもない、両方の長所をうまく組み合わせて作られた自転車のことを言います。ロードバイクほどタイヤは細くなく、全体的な調整もロードバイクほど繊細ではありません。

整備されたサイクリングロードを走る目的で造られたロードバイクは段差を想定して造られていないので衝撃にも弱いという弱点があります。ロードバイクでは見事にその弱点が克服されています。

また、マウンテンバイクは山道を果敢に攻めたりといったオフロード向けのバイクです。全体的に安定性があり、タイヤもしっかりと太いのが特徴です。

ガタ凹道や段差なども得意としていますが、通常の道路を走っている時は地面との摩擦が強いためスピードを出して走ることができません。その点クロスバイクはマウンテンバイクほどタイヤが太くなく、スムーズに通常の道路を走ることができます。

つまり、クロスバイクはロードバイクとマウンテンバイクの両方の長所を合わせて作られた自転車なのです。

クロスバイクはメーカーによって呼び方が違うことも

クロスバイクはメーカーによっては様々な呼び方があります。クロスバイクの歴史的背景からコンフォート、シティーパス、トレッキング、トランスポートなどと呼ばれることもあり、あまり自転車に詳しくない方は混乱してしまいそうです。

メーカーだけでなく、販売店によっても呼び方が違う場合がありますが、近年ではクロスバイクという呼び方が一般的になってきていることも事実です。

1:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【CAMALEONTE1(カメレオンテ1)】

ビアンキのクロスバイクおすすめモデルのカメレオンテ1はカメレオンテシリーズの中では比較的購入しやすいタイプのクロスバイクです。ビアンキの中ではローマと並んで人気のあるモデルになっています。スタンダードなデザインでカメレオンテ1は2018年のモデルです。マウンテンバイク寄りのクロスバイクです。

基本スペック&このビアンキクロスバイクの魅力

ビアンキのクロスバイクおすすめモデルのカメレオンテ1のタイヤは700×28mm、ギアはMTBコンポを使用しています。価格は60000円程度で、街乗りに向いています。人気のローマモデルと比べるとスピード感は劣りますが、フレームやサドルが段差やオフロードの衝撃を吸収するように設計されているので自由自在に街中を走り回ることができます。

2:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【CAMALEONTE2(カメレオンテ2)】

ビアンキのクロスバイクおすすめモデルのカメレオンテ2は2017年のモデルでカラーバリエーションも豊富で発売当初の価格は80000円程度でしたが、現在は60000円程度で購入することができます。乗り心地が良く、通勤や通学、街乗り、週末のサイクリングなどにおすすめで、女性でも乗り降りしやすいサイズも展開さえています。

基本スペック&このビアンキクロスバイクの魅力

ビアンキのクロスバイクおすすめモデルのカメレオンテ2はシマノ製ALTUSを装備しています。サイズ展開は43、47、51、55で発売当初の2013年のカラーはマットホワイト、マットネイビー/ピンク、マットブラック、シトラス、チェレステがありました。カメレオンテ2はカメレオンテ1の上位モデルになります。

3:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【CAMALEONTE3(カメレオンテ3)】

ビアンキのクロスバイクおすすめモデルのカメレオンテ3は2012年~2017年まで発売された人気のクロスバイクです。

ロードバイクとマウンテンバイクのいいとこどりのバランスの取れた一台でデザインもとってもおしゃれです。

基本スペック&このビアンキクロスバイクの魅力

カメレオンテ3の2017モデルは身長150~165cmに対応している女性にも嬉しいサイズ43と、47、51、55があり、カラー展開は 、チェレステ、マットブラック、マットホワイト、 MattVerdeAcido、Brush_Finishがあります。タイヤは700×28cで27段変速です。通販サイトでは86000円ほどで販売されています。

4:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【CAMALEONTE4(カメレオンテ4)】

カメレオンテ4の2017年は本格的にスポーツバイクを始めたい人に特におすすめのクロスバイクです。

デザインもおしゃれで発売したと同時に高い人気を得たモデルでした。発売当初の値段は100000万円ほどの上位モデルです。

基本スペック&このビアンキクロスバイクの魅力

カメレオンテ4はマウンテンバイクに使われることの多いシマン製DEOREと前後にディスクブレーキを装備しています。街乗りに多いストップ&ゴーなども楽々できるクロスバイクで、乗り心地も抜群です。女性でも乗り降りしやすいサイズも展開していておすすめです。

5:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【CAMALEONTE E(カメレオンテイー)】

ビアンキのクロスバイクおすすめモデルのカメレオンテEは電動アシスト付きのクロスバイクです。ビアンキで人気のクロスバイク、カメレオンテの電動アシストモデルです。

街乗りはもちろん、週末サイクリングも幅広く楽しめる1台で、価格は170000円ほどで販売されています。

基本スペック&このビアンキクロスバイクの魅力

ビアンキのクロスバイクおすすめモデルのカメレオンテEは2018年に発売されたモデルで43サイズでマットチェレステ、ダークグレイの2種類を展開しています。

日本仕様にストッパーがかかるようになっていて、充電回数は500~700回、充電時間は約2.5時間です。

6:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【CIELO(チェーロ)】

ビアンキのクロスバイクおすすめモデルのチューロはカメレオンテよりもさらにマウンテンバイクよりのクロスバイクです。2017年モデルですが、2018年にもラインナップされていて仕様変更はほとんどありません。マウンテンバイクをより都会的にデザインしてあり、女性にも人気で販売当初の価格は60000円ほどでした。

基本スペック&このビアンキクロスバイクの魅力

ビアンキのクロスバイクおすすめモデルチェーロは700×32cの太めのタイヤを使っていて、抜群の安定感があります。24段変速でフロントサスペンションとクッション性の高いサドルで段差もほとんど気になりません。街乗りからポタリングなど路面状況を気にせず走ることができるクロスバイクです。

7:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【C-Sport 1】

ビアンキのクロスバイクおすすめモデルのcスポーツ1はカメレオンテをフルモデルチェンジしたニューモデルのクロスバイクです。変速機のケーブルがフレームに内蔵されていて、見た目にすっきりとしたデザインに仕上がっています。2018年に発表されたモデルですが2019年にのcスポーツシリーズにはより女性にも乗りやすいサイズも展開しています。

基本スペック&このビアンキクロスバイクの魅力

cスポーツ1の2018年モデルのタイヤは700×32c、2019年モデルは700×35cを使っていて、より安定下走行が楽しめるようにバージョンアップされています。カラー展開はマットチェレステアイボリー、マットブラックの3色で、価格は60000円程度とかなりお手頃なのも嬉しいポイントです。

8:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【C-Sport 4】

ビアンキのクロスバイクおすすめモデルのcスポーツ4はcスポーツシリーズの最上位cスポーツモデルです。下位モデルと比べるとタイヤが700×28cとスピードに適したサイズに変更されています。街乗りだけでなく週末のサイクリングも楽しめるクロスバイクで、価格は90000円ほどで販売されていましたが、2019年にはラインナップされていません。

基本スペック&このビアンキクロスバイクの魅力

ビアンキのクロスバイクおすすめモデルcスポーツ4は乗り心地も良く軽量で安定したハンドリング性能を持っています。

シマノ製のクラリスを採用しているので、ギアチェンジもスムーズで、スピード感も抜群です。

9:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【KUMA 27.4】

ビアンキのクロスバイクおすすめモデルのKUMA27.4 はビアンキのMTBモデルの中でも本格的すぎないデザインと構成が魅力の一台です。マウンテンバイクですが、街乗り用のクロスバイクとしても快適です。山で遊ぶ感覚で利用するのがおすすめの一台で価格は68000円程度です。

基本スペック&このビアンキクロスバイクの魅力

ビアンキのクロスバイクおすすめモデルのKUMA27.4には堅牢なアルミフレームが使用されています。サスペンションと太めのタイヤは安定感があります。サイズは38、43、48でカラーはMatt Black/CK16/Mamba、Matt Black/Acid Green、Matt CK16、Matt Military Green、Yellowの5色展開です。

10:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【LECCO-E(レッコE)】

ビアンキのクロスバイクおすすめモデルのレッコEはビアンキの2019年ニューモデルのミニベロクロスバイクです。電動アシスト付きのクロスバイクで、通勤通学や街乗り、サイクリングにも出かけることができます。電動アシスト自転車ですが洗練されたデザインで女性にもおすすめです。

基本スペック&このビアンキクロスバイクの魅力

ビアンキのクロスバイクおすすめモデルのレッコEはチェレステ、マットブラック、マットホワイトの3色展開で、価格は300000円程度です。サイズは43で1充電当たりで走る距離はエコモードで100km、ツアーモードで65km、スポーツモードで56km、ターボモードで51kmです。

Originalビアンキのミニベロ紹介!街乗りにピッタリのおしゃれ・可愛いおすすめモデル! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ビアンキのミニベロ!ミニベロのファンにとって相当甘美に響くであろうこの自転車、女性にも嬉しい...

11:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【LUPO】

ビアンキのクロスバイクおすすめモデルLUPOはマウンテンバイクとロードバイクを合体させクッション性とスピード性を両立させたシクロクロスタイプのクロスバイクです。ドロップハンドルで通常のクロスバイクとは違う乗り心地が体感できます。街乗りにはあまり向かず、100km以上のロングライドなどを想定している方におすすめです。

基本スペック&このビアンキクロスバイクの魅力

ビアンキのクロスバイクおすすめモデルLUPOはドロップハンドルによってかなり前傾姿勢になります。

2017年モデルのLUPOのタイヤは700×40cとかなり太めでフレームはクロモリを使い細身でスタイリッシュなクロスバイクです。価格は130000円程度です。

12:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【Minivelo-10(ミニベロ-10)】

ビアンキのクロスバイクおすすめモデルのミニベロ10はビアンキの中でも人気のある特別なクロスバイクです2017年からメインパイプにColumbusのクロモーを採用し、クラシックな雰囲気の一台になっています。パイプの他にも随所にクラシックな要素を詰め込んでいて、昔からのビアンキファンにもたまらないクロスバイクになっています。

基本スペック&このビアンキクロスバイクの魅力

ビアンキのクロスバイクおすすめモデルのミニベロ10の魅力はコンパクトなので街中を自由自在に走り回れることです。また、街中だけでなくサドルバックや前後のフルフェンダーなど郊外まで行動は荷を広げるにも安心です。変速は後ろが10段、フロントは20段あります。価格はドロップによって大きく違いますが60000円~120000円ほどです。

13:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【ROMA(ローマ)】

ビアンキのクロスバイクおすすめモデルローマはシリーズの中のハイエンドモデルでフレームとフォークはアルミ製を採用しています。2019年モデルとしてはローマDisc1が同じものになり、2018年と比較するとロゴデザインがおしゃれになり、女性でも楽しく乗れるように変化しています。街乗り、週末のサイクリングなど幅広く楽しめる一台です。

基本スペック&このビアンキクロスバイクの魅力

ビアンキのクロスバイクおすすめモデルローマは油圧式のディスクブレーキを採用しています。フロント2段、リヤ10段のギアチェンジもとてもスムーズで、まるでロードバイクのハンドルをフラットにしたようなイメージで走ることが可能です。上級者向けの一台で価格は118000円ほどです。

14:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【ROMA2(ローマ2)】

ビアンキのクロスバイクおすすめモデルローマ2はスピード感あふれる走りをしたい方におすすめのクロスバイクです。女性でも乗りやすいサイズもあり、デザインもとてもおしゃれなのでぜひおすすめです。街乗りはもちろん週末のサイクリングにも最適です。2019年モデルは2018年モデルよりもさらにロゴデザインがおしゃれになっています。

基本スペック&このビアンキクロスバイクの魅力

ビアンキのクロスバイクおすすめモデルローマ2の2019年モデル、ローマ2Discは油圧式ディスクブレーキ、シマノ製SORA、タイヤは同じく700×28cを装備していて、ロングライドも可能です。価格は113000円程度で、カラーはメタルルックとマットチェレステの2色展開です。サイズは43、46、50、54、57でグレードとしてはシリーズのセカンドグレードモデルになります。

15:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【ROMA3(ローマ3)】

ビアンキのクロスバイクおすすめモデルローマ3の2018年モデルは雨の日でも確かな制動力を発揮するクロスバイクです。通勤通学はもちろん、街乗りやサイクリングなどでも楽しめます。シンプルなデザインも魅力的で値段もお手頃なのでぜひ安いクロスバイクを探している方にはおすすめです。

基本スペック&このビアンキクロスバイクの魅力

ビアンキのクロスバイクおすすめモデルのローマ3の2019年モデルはローマ3Discでフレームとフォークはアルミ製、コンポーネントはシマノ・クラリスを搭載しています。機械式のディスクブレーキが装備されていてながら価格が安いのが魅力的です。

タイヤサイズは700×28cで佐渡津にはVelo社製を採用しています。サイズは43、46、50、54、57でカラーはチェレステ、マットブラック、マットブラック×ピンク、マットミリタリーグリーンの4色です。価格は80000円程度です。

16:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【ROMA4(ローマ4)】

ビアンキのクロスバイクおすすめモデルのローマ4はリーズナブルな価格で高い人気があるクロスバイクです。ビアンキのエンブレムがフロントフォークやエンブレムにプリントされていてデザインも素敵でかっこいいスポーツ自転車。ブレーキはディスクブレーキではありませんがカメレオンと人気を2分するモデルです。

基本スペック&このビアンキクロスバイクの魅力

ビアンキのクロスバイクおすすめモデルのローマ4はクロスバイクによく使われるシマノ製TOURNEYを装備し、タイヤは700×28cです。2019年モデルはローマ4Discがこのモデルに該当し、女性にものりやすいサイズを展開しています。

サイズは43、46、50、54、57でカラーは2018年モデルよりは少ないもののチェレステ、マットブラック、マットグレイ×ピンク、ネイビーブルー、ホワイトと6色展開していて、値段は80000円程度です。

17:ビアンキのクロスバイクおすすめモデル【VIA BRERA( ヴィアブレラ)】

ビアンキのクロスバイクおすすめモデルヴィアブレラは街の風景にしっくりと溶け込むクラシックデザインのクロスバイクです。フラットバーロードに近いクロスバイクで、2018年モデルではフロントギアを1段に下ことで軽量化も図られてより街乗りに適した自転車になりました。

基本スペック&このビアンキクロスバイクの魅力

ビアンキのクロスバイクおすすめモデルのヴィアブレラは47、51、55のサイズ展開でカラーはラスターグレイ、チェレステ、ライトメタリックブルーの3色あります。他のモデルとは違ったビアンキのデザインなので人とは違うビアンキが欲しいという方に追ってはとても魅力的な一台になっています。

cスポーツシリーズなどおすすめしたいビアンキのクロスバイクモデルをご紹介!

いかがでしたでしょうか。ビアンキのクロスバイクは女性にも嬉しいサイズやカラーが展開されていておすすめです。

cスポーツシリーズなどビアンキで定番のシリーズの他にもおすすめしたい沢山のシリーズが展開されているので、ぜひビアンキのクロスバイクをチェックしてみてください。かっこいいビアンキのクロスバイクで街乗りをエンジョイしましょう。

関連記事

関連するキーワード

1848.thumb
この記事のライター
nyaokaka
札幌在住のnyaokakaです。旅行やアウトドアなど、経験を活かしたわかりやすい記事をお届けできるよう心掛けています。どうぞよろしくお願いします!

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ