善福寺公園へのアクセス・駐車場をチェック!犬の散歩やピクニックにおすすめ!

2019年10月23日 (2019年10月24日最終更新)

善福寺公園は杉並区にある人気の公園!犬の散歩やピクニックにもおすすめの善福寺公園の魅力をたっぷりとご紹介しましょう。年間を通して色々なイベントも開催されている善福寺公園へのアクセス方法や駐車場情報など気になる方は要チェックです!

目次

  1. 善福寺公園に行こう!
  2. 善福寺公園は杉並区にある人気の都立公園!
  3. 善福寺公園の見どころ<善福寺池>
  4. 善福寺公園での遊び方
  5. 善福寺公園の四季折々の楽しみ方
  6. 善福寺公園の基本情報
  7. 善福寺公園でボートやピクニックを満喫しよう!

善福寺公園に行こう!

善福寺公園には年間を通してたくさんの人が訪れています。電車やバスでもアクセスも便利で、週末をのんびり過ごすにはぴったり。桜の季節のお花見やピクニックにもおすすめの善福寺公園についてたっぷりご紹介していきます。駐車場情報やアクセス方法、人気のイベントなども必見です。

善福寺公園は杉並区にある人気の都立公園!

善福寺公園は杉並区にある人気の都立公園です。善福寺池を中心に周辺には遊具や遊歩道が整備され、杉並区の住民たちがのんびりと過ごせる場所になっています。バスを使えばアクセスも便利で、駅からも散歩がてら立ち寄るにはぴったりの距離。良い季節を選んでのピクニックや桜も楽しめるおすすめのスポットです。

四季折々の自然や野鳥を楽しめる癒しのスポット!

善福寺公園は四季折々の自然や野鳥を楽しめる癒しのスポットです。春の桜はもちろんですが、初夏には池に咲く水連が見事で、秋から冬には紅葉や紅葉、イチョウなどが園内を綺麗に彩り、池に映る色鮮やかな様子も絶景です。

さらに池の中では鯉が泳ぎ、ゴイサギやバン、カイツブリなども訪れます。周辺の木々の間からも沢山の野鳥たち声が響き、1年を通して五感を刺激する要素がたっぷり詰まっています。

Original東京でピクニックを楽しもう!おすすめの公園やスポットを一挙紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京でピクニックにおすすめのスポットの情報を詳しくご紹介していきます。東京にはピクニックにお...

善福寺公園の見どころ<善福寺池>

桜をはじめ四季折々の自然を満喫することができる善福寺公園の見どころはまだまだあります。年間を通してたくさんの人が訪れる善福寺公園の見どころをもう少し詳しく説明していきましょう。かつて地域の人達の生活を支えてきた背景が今もなお地元の人たちに愛される理由にもなっている善福寺公園。見どころをたっぷりご紹介です。

井の頭池や三宝寺池と並ぶかつての武蔵野三大湧水池

善福寺公園は1961年に都立公園として開園しました。公園の名前はかつて池のほとりに善福寺という寺があったことにちなんでいます。公園の面積の約半分を善福池が占めていて、池を囲むように遊歩道が続いています。

善福寺池は渡戸橋を挟む上の池と下の池の2つの池からなり、そのうちの上の池は井の頭恩賜公園にある井の頭池と石神井公園の三宝寺池と並ぶ武蔵野三大遊水地でした。日本最初の上水道である神田上水の補助水源として利用され、江戸の暮らしを支えてきました。

善福寺池の水は豊富でしたが、宅地化などに伴い途中二度の渇水の危機も経験しています。現在は深さ120mもの井戸から水をくみ上げることで穏やかな水面を保っています。

池の西側には約800年前に源頼朝が奥州征伐に向かう時に飲み水を求めて立ち寄ったと言われている湧水もあったが、現在は滝として復元されています。

風情の異なる2つの池

善福寺公園には2つの異なる風情の池が存在していて、訪れる人たちを楽しませています。風情の異なる2つの池の魅力をそれぞれご紹介しましょう。桜の時期に限らず、訪れるとその時々の楽しみ方ができる善福寺公園の池。天気の良い紅葉の季節には思わず見とれてしまうような光景が広がります。

貸しボートが楽しめる【上の池】

上の池では貸しボートが行われ、池の周辺にも広い遊歩道がありジョギングをする人や犬の散歩をする人などが行き交っています。とても賑やかな雰囲気のする池で、池の北側には先ほども紹介下滝があり、滝のそばでは鯉に餌を上げることもできます。まるで湖のような池です。

水生植物や野鳥の観察が楽しめる【下の池】

一方下の池は池の半分近くが足などの水生植物で覆われています。しかし、善福寺川寄りに葉ピンク色の水連が咲き、緑一色の池に彩りを与える時期もあります。池の周辺には生きた化石と言われるメタセコイアの大木が並ぶ一角もあり、野鳥観察も楽しめるようになっています。

善福寺公園での遊び方

東京の杉並区にあり、年間を通してたくさんの人たちが訪れる善福寺公園ですが、具体的にどんな楽しみ方があるのでしょうか。

大きな池があることでどこかのんびりとした雰囲気のある善福寺公園。善福寺公園での遊び方を詳しくご紹介していきましょう。

①貸しボートで遊ぶ

善福寺公園にある2つの池のうち、上の池では2種類の人気の貸しボートを楽しむことができます。

営業している日が少なく、いつでもというわけにはいきませんが、週末をカップルや親子でのんびりボート遊びをするにはぴったりです。

ローボート

ローボートは大人3人まで乗ることができる手漕ぎのボートで、お父さんの腕のみせどころ!疲れたら漕ぐのをやめて、のんびりとした時間をボートの上で過ごすのも悪くありません。陸を離れ、池の上に浮かんでいるというだけで、ゆったりとした気持ちになれます。

サイクルボート

サイクルボートは大人2人、小人1人まで乗ることができる足でこぐタイプのボートです。親子や家族で乗ることもできておすすめです。乗った人がみんなでこぐことも出来るので家族連れなら盛り上がること間違いなしです。ただし、体力に自信のない場合はあまり遠くまでいかないようにしましょう。

営業日・営業時間

善福寺公園の上の池の人気の貸し出しボートの営業日は土日祝日ですが、冬季は休業になるので注意が必要です。

さらに、営業時間は9時から17時ですが、時期や状況により営業時間は変更になることもあります。

料金

ローボートの利用料金は1時間700円ほどで、1時間以上利用する場合は30分ごとに300円の料金がかかります。

サイクルボートは30分600円で貸し出しをしています。台数が少ないためか基本的には30分の利用時間となっています。

②子供広場で遊ぶ

善福寺公園には子供広場と言われる遊具で遊べるエリアがあります。植物や野鳥など、四季折々の自然を感じながら思い切り体を動かすにも最適です。公園自体は東京ドーム1.5倍ほどの面積があるので散歩しながら子供広場にたどりつくまででもかなりの運動になります。

遊べる遊具

子供広場は貸しボートもある上の池に接しています。滑り台やアスレチック、ブランコ、鉄棒があり、さらに砂場も完備されています。

滑り台は複合遊具になっていて、アスレチックしながら登っていくことができるのでとても人気です。自然の中に溶け込むような色合いやデザインも魅力的です。鉄棒は2段の高さがあるので小さい子供でも楽しめます。

③ピクニックを楽しむ

杉並区にある自然豊かな善福寺公園ではピクニックを楽しむのもおすすめです。まるで山奥に迷いこんでしまったようなエリアもある広々とした善福寺公園ですから、子供連れなら遠出しなくてもちょっとしたピクニック気分を味わうのには十分です。

ボートや子供広場、さらに森林浴なども楽しみながら野鳥の声をバックミュージックにのんびり過ごせます。

④犬と一緒に散歩を楽しむ

善福寺公園はワンちゃんたちの散歩コースとしてもメジャーなスポットです。杉並区の区の公園は全て犬が禁止になっているので、公園でお散歩を楽しむなら都立の善福寺公園が絶対おすすめです。休日になるとワンちゃん連れも多く訪れています。

ワンちゃんたちも自然の匂いや生き物たちの音など普段はお家の中では受けられない刺激をたくさん受けながらお散歩することができるので、とても刺激的でおすすめです。

⑤桜のお花見を楽しむ

善福寺公園にある2つの池の周辺では春に桜を楽しむことができます。公園内には200本のソメイヨシノやヤマザクラ、八重桜が植えられていて、池のほとりで満開に咲き誇る様子は見事です。

満開の桜の時期でも特にライトアップや屋台などがでる大がかかりなイベントは開催されないので、あるがままの桜の姿を静かにのんびりと楽しむことができるのも魅力的です。

善福寺公園の四季折々の楽しみ方

東京杉並区にありながら、生きた化石と言われる植物や山奥に入りこんでしまったようなエリアがある駅やバス停からのアクセスも便利な善福寺公園。そんな善福寺公園の四季折々の楽しみ方をもう少し詳しくご紹介していきます。

季節ごとで全く違った楽しみ方ができる善福寺公園は季節が変わるごとに出かけてみるのがおすすめ。東京にいながらしっかりと四季の移り変わりを感じることができます。

春の善福寺公園の楽しみ方

200本の桜も綺麗に咲き誇る善福寺公園の春はやはり植物たちの芽吹きと次々に咲く花々を楽しむ季節です。花をつける植物だけでなく、色々な生き物たちが春の訪れを待ちわびるかのように活動が活発になる季節でもあります。東京の杉並区に生きる生き物たちをじっくり観察してみてはいかがでしょう。

見頃を迎える花

駅やバス停からのアクセスも便利な善福寺公園で春に見頃を迎える花としては桜意外にもツツジ、トサミズキ、ハコネウツギ、コブシ、ハクウンボク、ジンチョウゲ、トチノキ、ユリノキ、シャクナゲがあります。コブシの花を皮切りに次々と咲く花を順番に楽しめるのでいつ行っても何かしらの花に出会える楽しい時期です。

見られる野鳥

善福寺公園の池では年間を通してみられるカルガモやバン、カイツブリ、アオサギ、ゴイサギ、カワセミ、コサギなどの姿もあります。

また、木々の間にはモズ、メジロ、コゲラなどの野鳥が活発に動き回る様子も見ることができます。

イベント情報

善福寺公園で春に開かれるイベントとしては5月のこどもの日前に鯉のぼりがあり、上の池に渡したロープに沢山の鯉のぼりが付けられ、子供たちの成長を祝ってくれます。鯉のぼりの下をボートでくぐっていくこともできるので、子供たちと一緒にボート遊びに出かけるのもおすすめです。

夏の善福寺公園の楽しみ方

夏の善福寺公園は緑が濃くなる季節です。木々の作る日陰はひんやりと涼しく、池の水の存在もどこか涼し気に感じます。夏に咲く花もどこか心を和ませてくれるので、暑さに疲弊した時こそ散歩に出かけてみるのはいかがでしょう。また子供たちはセミなどの昆虫を探しに出かけるのもおすすめです。

見頃を迎える花

夏に見頃を迎える花としてはアジサイやスイレン、ムクゲ、フヨウがあります。緑一色だった池にスイレンの花が咲き始め、ボート遊びも楽しくなります。ちょうど梅雨の時期に咲くアジサイもうっとうしいジメジメした気分を吹き飛ばしてくれる爽やかさで、夏にしかない楽しみを与えてくれます。

イベント情報

夏のイベントとしては7月に行われる七夕飾りがあります。園内の3か所に七夕の飾りが設置され、七夕気分を味わえます。差0ビスセンター入り口やサービスセンター前上の池園路や上の池遊具前には短冊に願いごとを書いて飾れるように短冊やペンが用意されてます。

ボートからも七夕飾りを楽しめるようになっていて、参加費も無料なので子供たちと一緒に出掛けて願いごとを書いてみてはいかがでしょう。さらに七夕の風景をスケッチするイベントなども開かれるのでぜひおすすめです。

秋の善福寺公園の楽しみ方

杉並区にあるピクニックも楽しめる人気の善福寺公園の秋は自然の美しさと実りを実感できる季節です。

緑色だった景色がどんどん色づく様子や1年の終わりを迎え、植物たちが葉を落としていく様子などどこかロマンティックな雰囲気も感じることができます。

見頃を迎える花・紅葉

善福寺公園の秋はモミジやメタセコイヤの紅葉が見事です。池に映る紅葉の様子もとても綺麗で、思わずスケッチしたくなる様な風景が広がり、いつもの散歩もちょっと違った雰囲気を楽しめます。キンモクセイやヒガンバナ、カッシアなどは秋に見頃を迎えるのでそちらも楽しみのひとつです。

イベント情報

善福寺公園では10月にドングリのイベントが開かれます。小学生までを対象としたドングリイベントで、材料や道具は全て用意されているので手ぶらで出かけて参加することが可能です。公園に落ちている木の実や小枝などを使ってオリジナルのオブジェを作ることができます。さらにドングリラリーや秋の善福寺公園探検隊などのイベントも開かれます。

冬の善福寺公園の楽しみ方

杉並区にある人気の善福寺公園の冬はうっすらと雪が降ることもあり、静かな時間を過ごすのにぴったりの時期です。冬でもワンちゃんたちの散歩を楽しむ人は多く、冬ならではの植物や鳥たちに出会える季節でもあります。野鳥をじっくり観察するにもピッタリの季節です。

見頃を迎える花

善福寺公園で冬に見頃を迎える花としてはソシンロウバイやサザンカがあります。ソシンロウバイは上の池の北側に咲いていて、黄色い可愛らし花をつけ、清々しい香りを楽しむことができます。また春に咲く準備をしている冬芽たちが少しずつ膨らんでいる様子なども楽しむことができ、春への思いを膨らませるにはぴったりの季節です。

見られる野鳥

善福寺公園では冬にしか見ることができない冬鳥たちを観察することもできます。オオガガモ、キンクロハジロ、ツグミ、シメ、アカハラ、シロハラなどの鳥たちは皆冬にしか出会うことができない鳥で、この時期ならではの池の様子を楽しむことができ、おすすめです。

イベント情報

バスや電車でのアクセスも便利な善福寺公園では12月にクリスマスのイベントが開かれます。クリスマス工作教室では公園で取れた木の実やドングリなどを使ってオリジナルのクリスマス飾りを作ることができます。また、子供たちを対象としたクリスマスパーティーなども開かれ、ビンゴゲームやジャンケン大会などでも盛り上がります。

さらに、冬は野鳥の観察会も行われます。野鳥に詳しい専門家を講師に招いた観察会は1月頃に開催され、普段何気なく目にしている野鳥たちの様子を詳しく知ることができると人気のイベントです。

善福寺公園の基本情報

1年を通してたくさんのイベントや四季折々の自然を楽しむことができる東京杉並区にある善福寺公園。

ピクニックもでき、バスや電車でのアクセスも便利な善福寺公園の基本情報についてもご紹介しておきましょう。

開園日

杉並区の善福寺公園の開園日は1年中で年中無休です。いつでもだれでも入ることができるオープンなスペースになっています。

東京都の運営する公園で、AEDなどもしっかり設置されていて、ペットもお散歩も可能です。ただし、サービスセンター及び各施設は年末年始は休業になります。

入園料

ピクニックも楽しめる人気の善福寺公園の入園料は無料です。ボートの使用料金はかかりますが、それ以外で料金がかかることはありません。

子供広場の遊具も無料で使うことができますし、車いすの貸し出しも無料、イベントなども無料で開催されることが多いのも嬉しいポイントです。

交通アクセス

杉並区の善福寺公園へのアクセスはJR荻窪駅から関東バス南善福寺行きで「善福寺公園前」停留所下車、JR西荻窪から関東バスあるいは西武バス上石神井駅行き「善福寺」停留所下車徒歩5分、西武新宿線「上石神井」停留所から関東バスあるいは西武バス西荻窪駅行き「善福寺」停留所下車徒歩5分です。

駐車場

ピクニックも楽しめる善福寺公園に駐車場はありません。基本的にはバスもしくはJRでの利用がおすすめです。ただし周辺には近くて安い駐車場も沢山ありますので、車でアクセスする場合は有料の駐車場を利用して下さい。特Pを使うと近くて安い駐車場をすぐ予約できます。

タイムズ善福寺第2駐車場は善福寺公園から192mほどの距離にある駐車場で公園まですぐですが、15分110円の料金がかかります。公園でたっぷり遊ぶなら特Pを利用して公園まで徒歩10分程でも2時間200円や16時間700円といった駐車場がおすすめです。

善福寺公園でボートやピクニックを満喫しよう!

いかがでしたでしょうか。杉並区にあるピクニックも楽しめる善福寺公園はボートや野鳥観察もできる人気のスポットです。1年を通して色々な楽しみがある善福寺公園へぜひデートやお散歩で出かけてみてはいかがでしょう。駐車場はありませんが、たまにはバスや電車でふらりと出かけてみるのもおすすめです。

関連記事

関連するキーワード

1848.thumb
この記事のライター
nyaokaka
札幌在住のnyaokakaです。旅行やアウトドアなど、経験を活かしたわかりやすい記事をお届けできるよう心掛けています。どうぞよろしくお願いします!

新宿・大久保・高田馬場・早稲田の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

新宿・大久保・高田馬場・早稲田の新着のまとめ