【種類別】テント用ペグおすすめ人気ランキング21選!キャンプに必須!

2019年12月2日 (2019年12月6日最終更新)

テントに欠かせれないおすすめのペグをご紹介します。テントのペグはテントを購入した際に付属でついてきます。しかしペグは場所によっても使い分けが必要なアイテムとなりますので、おすすめのペグを種類別でまとめてピックアップしてみます。

目次

  1. キャンプ用のテントの必需品のおすすめのペグをご紹介
  2. テント用のペグの種類をチェック
  3. テント用ペグ人気ランキング:21位~20位【プラペグ】
  4. テント用ペグ人気ランキング:19位~18位【ネイルペグ】
  5. テント用ペグ人気ランキング:17位【スティックペグ】
  6. テント用ペグ人気ランキング:16位~15位【V字ペグ】
  7. テント用ペグ人気ランキング:14位~12位【U字ペグ】
  8. テント用ペグ人気ランキング:11位~10位【Y字ペグ】
  9. テント用ペグ人気ランキング:9位【X字ペグ】
  10. テント用ペグ人気ランキング:8位~5位【ピンペグ】
  11. テント用ペグ人気ランキング:4位~1位【鍛造(スチール)ペグ】
  12. テント用ペグの変わり種アイテムにも注目【番外編】
  13. テント用のペグの打ち込み方
  14. テント用のペグは場所や環境によって使い分けよう!

キャンプ用のテントの必需品のおすすめのペグをご紹介

キャンプに欠かせれないテントはペグが必要不可欠な存在です。天気が良くても風が弱くてもテントの設営をする際にはペグでしっかりと固定をします。

テントを購入した際にテントに付属されているペグを使用するのもおすすめですが、場所によっての選び方も必要です。

付属のペグ以外にも、種類によってたくさんのペグが別売りで販売されていますのでおすすめのペグや種類の選び方をご紹介します。

Originalキャンプをおしゃれに楽しむ人気グッズ&小物まとめ!テントや料理にも工夫! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
キャンプをおしゃれに楽しむおすすめのグッズや小物などの情報を詳しく挙げていきます。キャンプだ...

テント用のペグの種類をチェック

まず初めにテント用のペグの種類からご紹介します。テントを設営する際に必要なペグはたくさんの種類で登場しています。

そんな中でもそれぞれのペグの特徴やどんな場所でどの種類のペグが最適なのかについてチェックしておきましょう。

ペグ種類の選び方を参考に、テントの購入の際には別売りで販売しているおすすめのペグを参考にしてみましょう。

プラペグ

まず初めにテント用のプラペグの種類からご紹介します。プラペグはテントを購入した際にも付属で付いてくるペグとなります。プラペグは軽量で持ち運びも便利でお値段も比較的にリーズナブルに購入する事ができます。

プラペグは基本的に芝生や地面が柔らかい場所でのテントの設営におすすめとなります。地面が硬かったり、砂利道の場合はプラペグは割れてしまう可能性も高いので選び方には注意しておきましょう。

テントを張る場所によってプラペグを使い分けましょう。プラペグを使用する際にはペグを破損しない為にゴム製のハンマーを使う等工夫をしておきましょう。

ネイルペグ

次にテント用のネイルペグの種類についてチェックしてみましょう。ネイルペグの特徴はフック部分はプラスチックで先はスチール製の釘になっているのがポイントです。

お値段も安く、プラペグと違い硬い場所でも打ち付ける事ができるのでおすすめのアイテムとなります。

フック部分がプラスチックになっているので、設営の際やハンマーでの打ち付けの際には壊れる場合もありますので注意しておきましょう。

ピンペグ

次にテント用のピンペグについてご紹介します。購入をしたテントに付属で付いてくるのはプラペグの他にピンペグが付いてくる場合もあります。

ピンペグはアルミ製やスチール等の素材を主に作られたペグとなります。フック部分にテントの日もを引掛けれるようになっています。打ち込みの際には真っ直ぐハンマーを打たないと、ピンペグが曲がってしまう場合もあります。

スティックペグ

続いてテント用のおすすめステックペグをチェックしてみましょう。ステックペグはネーミング通りにスティック型が特徴的となります。

とてもシンプルな形状ですが、とても頑丈で硬い場所でもテントの設営ができます。ステックペグはフック部分が浅い場合も多いので、選び方はしっかりと紐を固定できるステックペグを探してみましょう。

鍛造ペグ

続いてテント用の鍛造ペグ(スチールペグ)をご紹介します。こちらは鍛造ペグの他にもスチールペグで販売している場合があります。

鍛造ペグの特徴はとても頑丈で強度の高いペグとなりますので、滅多に曲がる事はないので長く愛用する事ができます。

鍛造ペグは銅材を高熱処理をして作られているので、強度が高く頑丈なメリットの反面に重たいのがデメリットとなります。ハンマーでも石でも打ち付ける事ができるので使い勝手がいい選び方でチョイスしてみましょう。

U・V・Y・Xペグ

最後にテント用のU・V・Y・Xペグをご紹介します。それぞれU字型やV字型やY字型やX字型が特徴のペグとなります。

ペグを上から見た時にU字やY字になっています。U・V・Y・Xペグは曲がりづらいのでおすすめのペグとなります。

色んな場所で利用もできるので万能ペグになります。その他にもT字ペグ等も登場しているので気になる方はチェックしてみましょう。

テント用ペグ人気ランキング:21位~20位【プラペグ】

テント用のおすすめめペグを人気ランキングでご紹介します。まず初めにおすすめのプラペグの種類からチェックしてみましょう。

軽量で使い勝手のいいプラペグですが、テントを購入した際の付属ペグとしても付いてきます。普段からプラペグを使い慣れている方はおすすめのペグに注目してみましょう。

ランキング21位:キャプテンスタッグ プラペグ

始めにテント用のおすすめのプラペグはキャプテンスタッグから販売しているプラペグです。人気のアウトドアブランドのキャプテンスタッグからはたくさんのテントやその他のグッズが登場しています。

キャプテンスタッグのプラペグはABC樹脂素材となります。1本あたりが95グラムの重さでとても軽量です。持ち運びにも便利なので軽量なペグをお探しの方はチェックしてみましょう。

ランキング20位:Ogawaプラペグ5本セット

次にテント用のおすすめプラペグはOgawaから販売しているプラペグ5本セットをご紹介します。

品質重視のOgawaから頑丈で使いやすいおすすめのプラペグが販売されています。長さは22センチで5本セットで購入ができます。

すぐにダメになりやすいプラペグですが、Ogawaのプラペグはとても丈夫で評判も高い人気のアイテムです。軽量重視のペグ選びの際には参考にしてみましょう。

テント用ペグ人気ランキング:19位~18位【ネイルペグ】

続いてテント用のおすすめネイルペグをご紹介します。しっかりとしたスチール製の釘があるネイルペグはお値段も比較的にリーズナブルで、硬い地面でもテントの設営ができます。

初めてテントを購入する際にプラペグだけでは不安な場面もありますので、ネイルペグを別で購入しておくのもおすすめです。

ランキング19位:ロゴスQセットメイト・ネイルペグ

まず初めにテントの設営に便利なロゴスから販売しているQセットメイト・ネイルペグをご紹介します。

ロゴスのQセットメイト・ネイルペグは長さ25センチで極太の8ミリのスチール製の釘です。硬い砂利道でも気兼ねなく利用する事ができます。

Qセットメイト・ネイルペグは4本セットで990円とリーズナブルなお値段で購入する事ができます。しっかりとテント設営も簡単にできる人気のアイテムです。

ランキング18位:コールマン スチールネイルペグ

続いてテント用のおすすめネイルペグは人気のコールマンから登場しているスチールネイルペグをご紹介します。

コールマンのスチールネイルペグはこちらも4本セットで販売されています。お値段は1200円程で、とても低価格で購入ができます。

石混じりの地面にも最適で、場所によってペグの選び方ができるようにサブアイテムとして購入しておきましょう。打ち込みはとても簡単ですが、取り外しの際には少し工夫が必要となります。

テント用ペグ人気ランキング:17位【スティックペグ】

次にキャンプテントにおすすめのステックペグをご紹介します。ステックの様な独特な形状のペグとなります。

柔らかい芝生の上でも硬い砂利道でもどんなシーンでも大活躍してくれるペグです。また比較的に軽い素材を使用しているので、持ち運びにも便利です。

ランキング17位:アライテント

おすすめのステックペグはおすすめのアライテントから販売しているステックペグ0500700をご紹介します。

ステックペグ0500700は1本売りから販売していて、1本単価は200円程で購入する事ができます。とてもお値段もお手頃でテントに必要なペグを揃えておきましょう。

テント用ペグ人気ランキング:16位~15位【V字ペグ】

次にキャンプのテント設営で大活躍してくれるVペグをご紹介します。Vペグは上部から見た時にVの形になっているのが特徴となります。

たくさんのアウトドアメーカーからもVペグが登場しているので、テントのメーカーで合わせてみるのもおすすめです。

素材は基本スチール製が多いですが、中にはアルミニウム製のVペグも登場しています。キャンプでテントを利用する際には参考にしてみましょう。

ランキング16位:コールマン スチールVペグ

まず初めにキャンプテントでおすすめのコールマンのスチールVペグからご紹介します。コールマンのVペグはとてもシンプルな形状でスチール素材となります。

長さは30センチで、どんなキャンプシーンでも大活躍してくれます。こちらのVペグは4本セットからの販売となります。

4本でお値段1500円で購入する事ができます。テントの付属ペグでは心配な方はコールマンのスチールVペグを購入しておきましょう。

ランキング15位:ロゴス Vペグ

続いてテント用のおすすめペグはロゴスから販売しているVペグがおすすめです。こちらのVペグは抜けにくい形状に考慮をしています。

砂地や固い土のキャンプシーンでも最適なテントペグとなります。ロゴスのVペグも同じく4本1セットで販売しています。

4本セットでお値段1000円程で購入する事ができるので、とてもリーズナブルでお得です。キャンプに持って行きたいおすすめのアイテムです。

テント用ペグ人気ランキング:14位~12位【U字ペグ】

続いてテント用おすすめの種類U字ペグをご紹介します。U字ペグはテント用のペグの中でも少し独特な形状をしています。

こちらのペグも上部から見た時にUの字に見える事からネーミングされています。軽量で万能なU字ペグもキャンプで人気のアイテムです。U字ペグは柔らかい雪や砂地等の場所で大活躍してくれます。

ペグの選び方は場所によっても大きく異なります。おすすめのテントペグをまとめてご紹介しますので、気になるU字ペグがあれば参考にしてみましょう。

ランキング14位:MSR テントアクセサリー・ブリザード ステイク

まず初めにおすすめのU字ペグは大人気のMSRから販売しているブリザード ステイクをご紹介します。

大きさは24センチで重量は21グラムでとても軽量です。こちらは1本単位で購入する事ができます。1本お値段は880円なので、必要な本数をチェックして購入しておきましょう。

雪山等の視界も悪い場所でもMSRの赤いU字ペグはとても見やすくて、とても好評なアイテムとなっています。

たくさんのブランドからもU字ペグが販売さえていますので選び方は口コミ情報を参考にしてみましょう。

ランキング13位:HAMILO U字ペグ杭

次にHAMILOから販売しているU字ペグ杭をご紹介します。雪山や砂地等、比較的に柔らかい場所にテントを設営する際に役立つアイテムとなります。

他のペグとは違った形状ですが、選び方はキャンプよりも登山やビーチ向けの特殊な場所で利用する際にU字ペグ杭が大活躍してくれます。

HAMILO U字ペグ杭は長さ31センチで20本1セットでは販売されています。お値段は3900円で購入する事ができます。

ランキング12位:Azarxisテントペグアルミ製 31cm

最後におすすめのU字ペグはAzarxisテントペグアルミ製をご紹介します。ペグの長さは31センチで大きなサイズです。

高強度のアルミニウム素材を使用していて、雨や熱にも強く1年中利用する事尾ができます。重さはわずか52グラムと、とても軽量なので雪山の登山でも荷物を少なく持ち運ぶ事ができます。

またテントだけでなくタープ用としても利用できます。場所によって大活躍してくれるU字ペグを準備しておきましょう。

テント用ペグ人気ランキング:11位~10位【Y字ペグ】

続いてキャンプテントで大活躍してくれるおすすめのアイテムのY字ペグをご紹介します。Y字ペグは一見シャープペンシルの様な形状です。

Y字型の断面でより摩擦抵抗が高く、とても優秀なアイテムとなります。キャンプシーンでは地面が柔らかい場合、固い場合でも大活躍してくれます。

ランキング11位:コールマン ジュラルミンYペグ

まず初めにテント用のおすすめY字ペグはコールマンから販売しているジュラルミンYペグ 6本セットをご紹介します。

アルミ合金でレッドカラーが特徴的なY字ペグとなります。見た目もおしゃれでテントの設営やキャンプの片づけの際に役立ちます。

とても軽量なので持ち運びも便利で、お値段も6本セットで1000円程で購入する事ができます。総合的に利用できるジュラルミンYペグは賢い選び方ができます。

ランキング10位:MSRダートステイク6

続いてテントの設営におすすめのY字ペグはMSRから販売しているダートステイク6をご紹介します。

こちらはY字ペグですが、ABS樹脂製なのでプラペグにもなります。しかし先端はアルミ製なので頑丈で品質の良いY字ペグです。

MSRアイテムなのでとても頑丈で使い勝手が良いです。1本ばら売りとなりますのでお値段は165円で販売しています。

テント用ペグ人気ランキング:9位【X字ペグ】

次にテントペグの中でも少し珍しい形状のX字ペグをご紹介します。こちらも上部から見た時にXの形が特徴的なペグとなります。

Xペグはヒルバークから販売している純正ペグとなります。あまり他では見かける事がないので、気になる方はチェックしておきましょう。

ランキング9位:ヒルバーグ Xペグ

テント用のX字ペグはヒルバークから販売している純正のX字ペグとなります。場所は柔らかい地面でも固い砂利道でも利用できるとても頑丈なアイテムです。

長さも30センチ程あり、確実にテントやタープの設営が可能となっています。そんな収集なヒルバークのX字ペグはお値段が少し割高となります。

10本セットでお値段は16500円で販売しています。純正ペグなので、とても頑丈で長く愛用できるペグなので少し高い買い物でもおすすめです。

テント用ペグ人気ランキング:8位~5位【ピンペグ】

続いてテント用おすすめのペグの種類ピンペグをご紹介します。たくさんのメーカーから販売されているピンペグは比較的に購入がしたすいペグとなります。

ピンペグはプラペグと同様にテントを購入した際の付属ペグとしても利用されている事が多いです。ピンペグの選び方は素材を比較してみましょう。

ピンペグの種類はたくさんありますが、お値段も比較的にリーズナブルなので購入もしやすいアイテムとなります。

ランキング8位:アルミ合金ペグ

まず初めにテント用のおすすめピンペグのアルミ合金ペグをご紹介します。携帯にとても便利で20本1セットで販売しています。

アルミ合金ペグのお値段は1セットで1400円と破格のお値段で購入する事ができます。4カラーでシルバーとゴールとブラックとレッドは5本づつです。軽量で持ち運びにも便利なのでおすすめです。

ランキング7位:スノーピーク ジュラルミンペグ

次にスノーピークから販売しているジュラルミンペグをご紹介します。シンプルな形状で耐久性の高いジュラルミン製を採用しています。

サイズは21センチで重さは19.5グラムとなります。軽量で丈夫なペグをお探しの方はスノーピークのジュラルミンペグがおすすめです。

ランキング6位:オガワテント・ピンペグ

続いてオガワテントから販売しているおすすめのピンペグをご紹介します。オガワテントのピンペグは金属でとても丈夫なのがおすすめポイントです、

軽量で持ち運びにも便利です。またテントやタープ用のペグとなりますが、大きなレジャーシートを固定する事もできます。様々なシーンで利用できる選び方でピンペグが大活躍します。

ランキング5位:コールマン アルミ ピンペグ

続いておすすめのピンペグはコールマンから販売しているアルミピンペグをご紹介します。コールマンのピンペグは上部が丸くなっているのが特徴です。

軽量で砂地等の場所でも利用する事ができます。6本1セットでお値段900円で購入する事ができます。

テント用ペグ人気ランキング:4位~1位【鍛造(スチール)ペグ】

テント用おすすめのペグで人気ランキング1位の鍛造(スチール)ペグをご紹介します。とにかく折れやすいタイプのペグではなく、頑丈で長く愛用できるペグをお探しの方は鍛造ペグがおすすめです。

ペグの選び方は多機能でどんな場所でも大活躍してくれます。少し重量がありますので、登山等の軽量重視の方にはおすすめできませんが、長く使えるおすすめのペグです。

ランキング4位:エリッゼステーク28cm

万図初めに鍛造ペグおすすめはエリッゼステーク28cmをご紹介します。固い地面でもがっちりと固定ができるとても頑丈なペグとおなります。

ロープの引っ張り方向は材料を集めに設計しているので、エリッゼステークが壊れる心配はまずありません。使いやすい28センチサイズなのも人気となっています。

ランキング3位:スノーピーク ソリッドステーク

続いてテント用のおすすめはスノーピーク ソリッドステークをご紹介します。素材にはS55Cスチールを使用していて、とても頑丈で壊れにくいです。

スノーピーク ソリッドステークは6本セットでお値段2600円で購入する事ができます。見た目もスタイリッシュなブラックの鍛造ペグです。

ランキング2位:YOGOTOペグ20cm

続いておすすめの鍛造ペグはYOGOTOペグに注目してみましょう。比較的にお値段もお手頃価格で購入できるYOGOTOペグは10本セットで1280円、1680円で販売しています。

ハンマーでたたいても折れ曲がる心配はありません。更に専用の収納ケース袋もセットで付いてくるので総合的な選び方で決めれます。

ランキング1位:ogawaTANZOPEG28

最後に人気ランキング第1位の鍛造ペグはオガワテントから販売しているogawaTANZOPEG28をご紹介します。

素材にはクロームモリブテン鋼を使用していて、とても頑丈で岩場にも打ち込む事ができます。長さは28センチで重さは約215グラムとなります。

口コミ評価も高く、長く愛用できるアイテムの1つとしてogawaTANZOPEG28はとてもおすすめです。

テント用ペグの変わり種アイテムにも注目【番外編】

続いてテントペグはその他にも変わり種アイテムが登場しています。おすすめランキングでご鍾愛したペグ以外にも、他の人と被らないペグを購入したい方はチェックしてみましょう。

気になるその他のテント用ペグは色々と面白い形状で、考慮されています。一風変わったペグを参考にしてみましょう。

MSRサイクロン ステイク

まず初めにMSRから販売しているサイクロン ステイクをご紹介します。こちらはスクリュー状のひねりがあるタイプのペグです。

固い地面にそのまま打ち付けるのではなく、回しながら地面に固定をするタイプです。素材はアルミ製で、MSRのレッドカラーがおしゃれです。

CAMP MANIA PRODUCTSオリジナルWOODPEG20

次にCAMP MANIA PRODUCTSのオリジナルWOODPEG20をご紹介します。こちらはタモ材の木で出来たウッドペグとおなります。

おしゃれなデザインで少しこだわりがある方におすすめです。ウッドペグなので強度は落ちますが、柔らかい地面であれば問題なく利用する事ができます。

MSRタフステイクS4本セット

最後に見た目がとても特徴的なMSRのタフステイクS4本セットをご紹介します。まるでスプーンの様な形状で独創的な形のペグです。

固定しにくい雪上や砂地におすすめで、設置面積が多いので安定して固定してくれます。素材はアルミとステンレスを採用しています。

テント用のペグの打ち込み方

最後にテント用のペグの正しい打ち込み方をご紹介します。テントの設営で最も重要なのがペグの打ち込みとなります。

テントはガイラインの張り網を付けて地面に固定しますが、その時にテントが直線になる様に引っ張り最良の場所にペグを打ち込みます。

ペグの打ち込み角度が重要で、60度から90度になる様に打ち込みましょう。またペグは完全に地面に打ち込まない様に調整してみましょう。

Originalテントのたたみ方を覚えて時間短縮!初心者でも簡単にできるやり方とは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
アウトドアで活躍するテント。ピクニックや海のレジャーでも活躍するテントは簡単な設営と撤収が可...

テント用のペグは場所や環境によって使い分けよう!

テント用のペグは場所や環境によって選び方や使い分けをしなければいけません。テントを購入した時に付いてくる付属のペグの他にも、丈夫で便利なペグがたくさん登場しています。

テントの設営はペグの打ち付け作業で決まるアイテムとなります。多くのキャンパーはたくさんの種類のペグを使い分けしています。

これからテントを購入する予定の方や付属のペグしか持っていない方も、種類によって使い分けられるおすすめのペグを参考に購入をしてみましょう。

関連記事

858.thumb
この記事のライター
LOOK
関西在住のLOOKです!長期休みが取れれば旅行がするのが趣味で、気軽に行ける国内旅行をメインに夢の海外旅行まで計画しています。関西のおすすめの場所素敵な旅行スポット情報を発信していけたらと思います。

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ