ソコトラ島の観光におすすめ!絶景スポットなど見どころをご紹介!

2019年12月20日 (2019年12月21日最終更新)

中東イエメンにあるソコトラ島は特異な生態系や不思議な光景が魅力の世界遺産の島です。ここでしか見られない植物も多く、貴重な体験ができます。今回はそんなソコトラ島観光の見どころをご紹介!是非イエメン旅行計画の参考にしてください。

目次

  1. イエメンの世界遺産「ソコトラ島」の人気観光スポットをご紹介!
  2. イエメンのソコトラ島ってどんなところ?
  3. ソコトラ島のおすすめ観光スポット<不思議な絶景>
  4. ソコトラ島のおすすめ観光スポット<コバルトブルーの美しい海>
  5. ソコトラ島のおすすめアクティビティ
  6. 見どころいっぱいのソコトラ島で観光を満喫しよう!

イエメンの世界遺産「ソコトラ島」の人気観光スポットをご紹介!

インド洋に浮かぶ世界遺産の島「ソコトラ島(Socotra Island)」は、不思議な形をした植物や珍しい生き物などが無数に生息している秘境です。独自の進化を遂げた生態系が作り出されており、「インド洋のガラパゴス島」とも呼ばれています。

ここでは、そんなユニークで美しいソコトラ島の人気観光スポットや島内で楽しめるおすすめのアクティビティをまとめてご紹介します。限られた滞在時間のなかで世界遺産の島の魅力を大満喫できるよう事前にしっかり観光計画を立てて行きましょう。

ここでしか見られない絶景スポットが満載!

ソコトラ島は、今から2000万年前から500万年前にアフリカ大陸から分離したと考えられています。過酷な気象条件の元で生き残るために動植物は独自の進化を遂げ、イエメン本土とは全く異なる生態系が作り出されました。

現在ソコトラ島には約900種の植物が存在しており、そのうちの約40%が固有種と言われています。それらの珍しい植物たちが群生する光景はソコトラ島でしか見られない貴重なものです。他の観光地にはない絶景を見て、感動の体験をお楽しみください。

イエメンのソコトラ島ってどんなところ?

ソコトラ島は4つの島で形成される群島の主要な島で、東西に約100km、南北に約40kmの大きさです。独自の生態系や珍しい風景が評価され、2008年にソコトラ群島全体が世界遺産(自然遺産)に登録されています。アラビア半島にあるイエメンという国に属しており、観光資源は独自の生態系が作り出す絶景や美しい海、砂丘など。

島で一番大きな町「ハディボ」は空港があり、島内で唯一観光客向けのホテルがある町なので、海外からの観光客はほとんどこの町に滞在します。新鮮な魚が並ぶマーケットや島の名産品であるはちみつのお店などを見ながら町歩きも楽しみましょう。

日本からソコトラ島にアクセスする場合はまずイエメンの首都サナアまで行き、そこからまた飛行機で島に入るのが一般的です。観光のベストシーズンは8月から4月までで、年間を通して温暖なので長期間に渡ってシュノーケリングや海水浴なども楽しめます。

ただし山の上は寒いのでハイキングや登山を予定している方はしっかりと防寒具を持っていくようにしてください。必要な準備をして世界遺産の島の自然を大満喫してきてください。

ソコトラ島のおすすめ観光スポット<不思議な絶景>

ソコトラ島観光の一番の見どころといえば、ユニークな見た目の植物がつくり出す不思議な光景です。旅行雑誌やTVなどで見たことがあることがある方も多いかもしれませんが、実際に現地で見るとその大きさや独特の形に驚かされます。

カメラを持って珍しい植物や生き物を探しに出かけましょう!ここではソコトラ島で必ず見ておきたい不思議な樹木3種とそれらが見られるおすすめスポットをご紹介します。

ソコトラ島の不思議な樹木①:竜血樹

ソコトラ島に数ある固有種のなかでも知名度も人気も高いのが「竜血樹(ドラゴンツリー)」です。きのこや傘のようにも見える不思議な見た目で、樹液が真っ赤という特徴もあります。この樹液は古代ローマ時代から貴重なものとして取引されてきました。

樹液を採取するために大きく抉られ、枯れてしまった竜血樹も多く見られますが、近年は苗木の栽培も行われるようになり世界遺産の景色を守る取り組みもされています。遠くから見る木の全形も木の下から見上げる幹の様子もじっくり見学したいところです。

ソコトラ島の不思議な樹木②:ボトル・ツリー(デザートローズ)

ソコトラ島の固有種「ボトル・ツリー」は、ぼってりとした太い円錐や三角錐の幹から枝が伸びている不思議な樹木です。枝の先端には葉やピンク色の花を咲かせており、その姿がなんだか可愛らしいと訪れる観光客から人気を集めています。

ピンク色の花を咲かせることや岩場などの土や水があまりないようなところでも力強く成長していくことから「デザートローズ(砂漠のバラ)」という別名も。同じ種類でも幹の形がそれぞれ大きく異なるので見比べて自分好みのボトルツリーを見つけましょう。

ソコトラ島の不思議な樹木③:乳香の木

「乳香の木」は古代からヨーロッパ各地で宗教儀式に利用されていた貴重な香木です。燃やすと甘い香りがする樹脂を持っており、香水や漢方薬に使うために高値で取引されイエメンの大きな収入源となっていました。

現在ソコトラ島では8種類の乳香の木が生息しており、乳香の木の森も残っています。イエメン本土や周辺地域では乳香の木はわずかしか残っていないため、ソコトラ島の乳香の木の森は希少性が高いです。

ソコトラ島の不思議な樹木が見られる絶景スポット

ソコトラ島には島内の至る所で珍しい植物や生き物を見かけることがありますが、観光客には不思議な樹木が一気に見られる絶景スポットが人気です。ツアーに組み込まれていることも多いですが、自分で手配する場合は行きたいスポットを決めておき、ドライバーにしっかり伝えられるようにしておきましょう。

ディクサム高地

ソコトラ島の中心部にある「ディクサム高地」は、多くの観光客が訪れる人気絶景スポットです。標高は600~800mで周辺には竜血樹がたくさん生息しています。展望台からは渓谷の対岸に見えるのは竜血樹が並ぶ圧巻の光景。

ディクサム高地は竜血樹だけでなく、絶滅危惧種のエジプト・ハゲワシが観察できることでも知られています。不思議な風景や貴重な動植物の観察を楽しみましょう。車で登ることができるので体力がない方でも安心です。

ホムヒル自然保護区

島の北東部に位置している「ホムヒル」は、ソコトラ島の固有種などが多く生息しているエリアで自然保護区に指定されています。急な坂を登っていくと竜血樹、ボトル・ツリー、乳香の木といったソコトラ島を代表する樹木を一気に見られる貴重な場所に。

一面に竜血樹が林立している光景も圧巻です。車から降りて近くまで行って見学や写真撮影をするのがおすすめなのでハイキングができる格好で行くといいでしょう。

ソコトラ島のおすすめ観光スポット<コバルトブルーの美しい海>

ソコトラ島の見どころは山や高地に生息する不思議な樹木の絶景だけではありません。透明度の高いコバルトブルーの海も観光客に大人気です。潮の満ち干によってつくり出されるラグーンや砂丘の先に広がる美しい海など感動の絶景が待っています。暖かい日にはビーチで海遊びを楽しむのもおすすめです。

ソコトラ島の美しい海①:デトワ・ラグーン自然保護区

「デトワ・ラグーン」はカランシアという村のすぐ北に広がるビーチとラグーンです。この場所にも独特な生態系が残されており、一帯は自然保護区に指定されています。

白い砂浜とコバルトブルーの海のコントラストが非常に美しく、訪れる人々を魅了。時間によって姿を変えるラグーンはいつまでも見ていられそうな癒しの絶景です。キャンプ場はありますが設備はあまり充実していないので注意が必要です。

ソコトラ島の美しい海②:ディハムリ海洋保護区

「ディハムリ海洋保護区」は、海岸からすぐのところにサンゴ礁が広がっているシュノーケリングにおすすめのスポットです。岬に立つ2つの岩が特徴で、すぐ近くにはキャンプ場もあります。

歩いていける距離のところにボトル・ツリーが群生しているところもあるので、海と固有種の樹木というソコトラ島の見どころを一気に楽しめる場所です。キャンプをして夜には思う存分満天の星空を眺めてはいかがでしょうか。

ソコトラ島の美しい海③:ディレシアビーチ

「ディレシアビーチ」は無数のスナガニの巣が観察できることで知られているビーチです。砂浜に小さなピラミッドのような巣が並んでいる様子は不思議な光景で、訪れる観光客は興味深そうに観察しています。

ビーチの横にはモンスーンの強風によって吹き上げられた砂で砂丘ができていることも。スナガニの巣が点在する光景、コバルトブルーの美しい海、真っ白な砂丘を全て一気に楽しめます。

ソコトラ島のおすすめアクティビティ

自然いっぱいの世界遺産の島、ソコトラ島の見どころを最大限に楽しむには様々なアクティビティに参加するのがおすすめです。体力がある方は積極的に体を動かし、自然のパワーを身近で感じられるようにしましょう。体力に自信がない方も車でアクセスできるスポットも多いので無理はせずに自分に合ったプランを選んでください。

ドライブ

ソコトラ島では交通網は発達しておらず、舗装されている道路があるのは中心街のハディボ内の一部だけです。竜血樹やボトル・ツリーが見られる絶景スポットや美しいビーチまでは舗装されていない道を車で数時間ドライブする必要があります。

レンタカーを借りることも可能ですが、距離も長く悪路が続くので運転手とガイドがついたツアーを利用するのがおすすめです。移動中に車窓から見える集落や山、植物などを楽しみつつ移動しましょう。

ハイキング

ソコトラ島には山もたくさんあり、絶景を求めてハイキングをする観光客も多いです。頑張ってハイキングをした後に見える竜血樹やボトル・ツリーの群生している光景は特別な感動があります。

年間を通して日焼け対策は必要で、冬の高地は寒くなるので防寒具も必要です。ハイキングを予定している方はしっかりと事前準備をして行ってください。現地では街を出るとお店がほとんどなくなるので調達する場所がありません。

シュノーケリング&ダイビング

ソコトラ島には手つかずのビーチがたくさんあり、海水浴客も少ないのでプライベートビーチ気分で海遊びを楽しむことができます。シュノーケリングやダイビングをして海の中の生き物たちを近くで観察するのもいいでしょう。

「ディハムリ海洋保護区」は、150種の魚や80種のサンゴが生息する人気のシュノーケリングスポットです。「エリッセル」には約50年前の沈没船が見られるところなど7つのダイビングスポットがあります。

キャンプ

ソコトラ島には中心街の「ハディボ」にしかホテルがないため、ツアーには大自然の中でのキャンプが組み込まれていることも多いです。ツアーの場合はキャンプに必要な道具が全て用意されているのでキャンプを体験したい方はツアーを利用することをおすすめします。

動植物の観察に出かけたり、真っ暗な中で星空を眺めたりして非日常を満喫してはいかがでしょうか。

見どころいっぱいのソコトラ島で観光を満喫しよう!

ソコトラ島の見どころをご紹介してきましたが、いかがでしたか?世界遺産の島、そしてまだ日本人観光客は少ない穴場には不思議な風景や感動の絶景が目白押しです。ボトル・ツリーや竜血樹などの珍しい植物に驚き、ビーチやラグーンなどの美しい景色に魅了され、自然の魅力を思う存分満喫してきてください。

関連記事

関連するキーワード

1419.thumb
この記事のライター
YS
国内外問わず旅行が大好きです!休みを見つけてはどこに行こうか考え、現地のグルメも満喫したいのでよく下調べをして出かけています。みなさんが出かけたくなるような魅力的な情報を発信していきたいと思います!

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する