冷凍カニの解凍方法まとめ!必要な時間やコツを押さえて美味しく食べよう!

2020年1月13日 (2020年1月14日最終更新)

冬の味覚カニは、大勢集まった時のカニ鍋やカニの天ぷら等、様々な食べ方で楽しむことができます。沢山取り寄せた冷凍カニを美味しく頂くには、冷凍カニの解凍が重要です。解凍の仕方1つで、パサパサのカニにも絶品のカニにもなります。

目次

  1. 冷凍カニの解凍方法をご紹介!
  2. 生の冷凍カニかボイルした冷凍カニかも重要
  3. 冷凍カニのおすすめ解凍方法
  4. 冷凍カニの解凍でやってはいけないこと
  5. 冷凍カニの賞味期限
  6. 冷凍カニを上手に解凍して美味しくいただこう!

冷凍カニの解凍方法をご紹介!

秋から冬にかけてはカニの解禁日がニュースで取り上げられます。冬の訪れを感じる味覚のカニの時期です。そんなカニは獲りたてを食べられるのが一番おいしいですが、なかなかそうもいきません。

そんな時は冷凍カニを取り寄せて、冬の味覚を楽しんでみましょう。冷凍カニを美味しく食べるコツはずばり解凍方法です。そのコツさえ確認しておけば、冷凍のカニも美味しく解凍していただくことができます。では冷凍カニの解凍のコツを見て行きましょう。

必要な時間や美味しく解凍するコツもチェック!

冷凍カニを美味しく頂くコツはほぼ解凍の仕方によると言っても過言ではありません。美味しいカニをすぐさま冷凍することにより、本来のカニの美味しさを閉じ込めて、長期間保存でき、賞味期限を少し伸ばすことができます。

遠方に居ても美味しいカニを頂くことができる冷凍カニは、その解凍の時間や仕方によって、絶品のカニでも、美味しくないカニにもなりえます。解凍のコツや時間がとっても重要です。

生の冷凍カニかボイルした冷凍カニかも重要

そして海で獲られたカニを、生のまま冷凍したものなのか、一度ボイルして冷凍したものであるかも重要です。

多くのカニが一度ボイルして冷凍されていますが、生のカニを冷凍したものは、短時間で解凍した方が美味しいと言われます。短時間での解凍では流水解凍がおすすめです。直接冷凍カニに当たらない様に袋に入れて、上から流水を流して解凍しましょう。

ボイルされた冷凍カニは、時間をかけて解凍するのが最適と言われます。しかし時間が無い場合などは、また違った解凍方法があるのでそちらも見てみましょう。

冷凍カニのおすすめ解凍方法

ではおすすめの冷凍カニの解凍方法を見てみましょう。冷蔵庫に入れて解凍するコツや、流水や氷水など解凍する方法はたくさんあります。

時間や美味しさを失わない様に解凍するコツを、しっかりと押さえておきましょう。ご自身の調理にかける時間も考えながら解凍方法を選びましょう。急ぎの時もおすすめの解凍方法があります。

冷凍カニの1番美味しい解凍方法:冷蔵庫で自然解凍

冷蔵庫で凍った食品を解凍するのがおすすめと色んな食品でも言われます。お肉などは肉汁を無駄に出さずに解凍できると、じっくりと低温で解凍できる冷蔵庫がおすすめです。

冷凍されたカニも一緒です。カニの水分量は全体の80パーセントと言われます。その水分にはカニの旨味も含まれています。この水分を無駄に流さず解凍できるのが、冷蔵庫でのじっくり解凍です。

急ぎで解凍するとドリップと共にカニの旨味が逃げてしまいます。身がぱさぱさして美味しくないのはその為です。

冷蔵庫で自然解凍するのにかかる時間

冷蔵庫で冷凍カニを解凍する場合の時間は、少しかかるとみておきましょう。冷凍カニの周りには氷の膜があります。それはカニを冷凍にする際に、乾燥から守るために行うグレース処理といいます。この処理によって丸く氷で包まれた冷凍カニになります。

この氷によって解凍には12時間から24時間かかります。この時間の差は、カットした足では12時間、毛ガニ、タラバガニのカットされていないままのカニや、カットしたタラバガニの足の場合が24時間です。すぐに食べたい時には向かない冷凍カニの解凍方法です。

冷凍カニの急ぎの場合の解凍方法①:流水で解凍

生のカニを冷凍したものは早く解凍するために、流水解凍がおすすめです。しかしボイルしたカニには向きませんが、急ぎの時はコツを知ってから流水解凍をしてみましょう。

流水解凍をする際はカニの身に直接水を当ててはいけません。カニの旨味が全部抜け出てしましまします。その為、カニの身をしっかりと密閉できる袋に入れて、流水に浸けながらの解凍がおすすめです。

冷蔵庫で12時間から24時間もかかっていた解凍時間が、カニの身の大きさにもよりますが、流水では30分から40分でできます。そして解凍したカニは賞味期限に関係なく、早めに食べるようにしましょう。

冷凍カニの急ぎの場合の解凍方法②:氷水で解凍

もうひとつの冷凍カニの解凍方法は、氷水での解凍です。そして流水より時間に余裕のある方は、氷水解凍がよりおすすめです。

まずはカニの身に付いているグレースを流水で落としましょう。この際、流しすぎも注意です。そして氷が取れたら、密閉可能な袋に入れて氷水に浸して解凍します。

その際解凍にかかる時間は60分から100分かかると言われています。流水解凍より少し時間がかかりますが、よりゆっくりと解凍することにより、カニの旨味を逃がしにくいと言われます。

8割程度の半解凍状態が一番美味しい!

そしてどの解凍でも言えることが、完全に解凍しきってしまわないと言う事です。解凍のし過ぎは品質が劣化する原因になります。旨味が逃げてしまいます。

カニが8割解凍されているかなかなか分かりづらいの、解凍時間を目安に調理するようにしましょう。時間をしっかりと見て解凍をストップするようにしましょう。

冷凍カニの解凍でやってはいけないこと

そして時間が無いからといっても、してはいけない解凍の方法があります。普段の冷凍食品でしがちな方法ですので、いつものように解凍しないようにしましょう。

せっかく美味しいカニがぱさぱさのぼそぼそのカニになってしまいます。美味しく冷凍保存されているカニは、旨味そのままでおいしい状態で頂くようにしましょう。

電子レンジでの解凍はNG!

冷凍のカニを急ぎで調理したいために、電子レンジの解凍機能を使って解凍したくなります。しかしレンジで解凍すると急速に溶けると、カニの旨味も流れ出てしまいます。

常温で解凍するにも冷凍カニの解凍温度として高すぎますので、レンジでの高温解凍はもってのほかです。高温で急速に解凍すると、氷と共に旨味が流れ出てしまいます。

しかしゆっくりと低温で解凍すると、溶けて出た旨味はまた身の中に戻って行きます。これが無いのが、レンジで解凍するデメリットです。

冷凍のまま調理はNG!

冷凍カニの解凍をすっかりと忘れていたからと言って、急ぎで食べるために、冷凍のまま鍋に入れて調理するのは間違いです。これもレンジで解凍するのと同じ様に、高温で急速に解凍されていきます。

その為カニの旨味がすべて鍋の中に流れ出て、カニの身には旨味が無くスカスカのカニになってしまいます。高温急速解凍がおすすめできません。

解凍したカニの再冷凍はNG!

そして手順を踏んで解凍した冷凍カニでも、また冷凍するのは問題があります。獲れたカニを冷凍する業者は、業務用の急速冷凍機で冷凍しています。

その為旨味や水分を逃がさず美味しさを閉じ込めることができます。それを家庭の冷凍庫で再現することができません。一度解凍した冷凍カニは再冷凍はおすすめでません。

冷凍カニの賞味期限

冷凍されて買ったカニにも美味しく食べられる賞味期限があります。冷凍食品は何年も賞味期限があると思いがちです。

しかし美味しく食べられる賞味期限があります。食品は冷凍されていると1年程賞味期限があると言われます。しかし冷凍されている食品や保存容器によって半年のものや180日のものもあります。

冷凍状態のカニの賞味期限

冷凍カニの賞味期限は冷凍の状態で1か月となっています。意外と短い賞味期限です。そのシーズンに食べようと取り寄せたものは、シーズン中に食べ切るようにしましょう。

冷凍カニを業務用の冷凍庫で保存できれば、もう少し長い期間保存できます。しかし家庭用の冷凍庫は-18度ほどです。これでは冷凍の温度が低いと言われます。

解凍後のカニの賞味期限

そして食べようと解凍したカニが余ってしまった時は、どれぐらいの期間食べられるか気になります。解凍後のカニは冷蔵庫に入れて2日以内に食べ切るようにしましょう。

特に生のカニを解凍したものが、表面が黒く変色してきます。味には問題ありませんが早めに食べるのがおすすめです。

Original城崎温泉でカニのベストシーズンは?おすすめの食べ放題・日帰りや宿泊情報も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
城崎温泉はカニが名物です。そんな城崎温泉にはカニ料理が美味しい宿がたくさんあります。宿泊客向...
Original竹崎カニを堪能!日帰りで温泉も食事も楽しめる!おすすめの場所を紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
有明海の絶品グルメの竹崎カニをご存知ですか。有明海の豊富な栄養をいっぱい食べて、大変おいしく...

冷凍カニを上手に解凍して美味しくいただこう!

いかがでしたか?冬の味覚カニはご家庭でも取り寄せて簡単に食べられるようになっています。取り寄せたカニは冷凍で来ることが多いもの。そんな時は美味しい状態を保ちながら解凍する方法をチェックしておきましょう。

また解凍には時間がかかりますので、前日から計画するのが大切です。急ぎで解凍したい時でも半日ぐらいの時間を確保しておきましょう。

関連記事

関連するキーワード

305.thumb
この記事のライター
tomo
兵庫在住、旅行すること、食べること、遊ぶことが大好きなtomoです。次の週末はどこに行こうか日々計画中!

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ