ロゴスの焚き火台おすすめ11選!人気タイプの使い方や口コミもチェック!

2020年1月15日 (2020年1月17日最終更新)

ロゴスには様々な焚き火台があり、用途やシーンによって使い分けることができます。焚き火台としての使い方以外に、バーベキューやダッチオーブンなど調理ができる焚き火台もあるので注目となります。ロゴスの焚き火台おすすめ11選をご紹介します。

目次

  1. ロゴスの焚き火台おすすめ11選をご紹介!
  2. 焚き火台もおすすめなロゴスとは?
  3. おしゃれに使えるロゴスの焚き火台<2選>
  4. 万能な使い方ができる焚き火台<2選>
  5. 料理もできる実用的な焚き火台<2選>
  6. 持ち運びやすい焚き火台<2選>
  7. 火が付きやすい便利な焚き火台<1選>
  8. ソロキャンプにおすすめの焚き火台<1選>
  9. 長期間使用できる頑丈な焚き火台<1選>
  10. ロゴスの焚き火台は使いやすくておすすめ!

ロゴスの焚き火台おすすめ11選をご紹介!

ロゴスは、様々なアウトドア用品を取り扱っていますが、焚き火台の種類も豊富です。ロゴスは用途やシーンに合わせて、使い分けることができるので人気があります。

ロゴスの焚き火台は、使い方が簡単で初心者の方にもおすすめです。ロゴスの焚き火台おすすめ11選をご紹介します。

Originalカーサイドタープおすすめ11選!ロゴスやコールマンなど人気商品厳選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
キャンプ場で車の側面や後部にタープを張ってオートキャンプを楽しむ光景を見かける事も多いです。...

焚き火台もおすすめなロゴスとは?

ロゴスは、日本大阪で創業したブランドです。創立は1928年と歴史があり、現在でも人気があるブランドとなります。

元々船舶用品問屋として商売をしていましたが、1983年頃からキャンプ業界に参入し、テントやタープ、焚き火台なども含めたキャンプ用品の販売をしています。

おしゃれに使えるロゴスの焚き火台<2選>

ロゴスの焚き火台は、おしゃれに使用することができる焚き火台があります。自由にカスタムできる焚き火台もあります。

ロゴスは初心者でも扱いやすいキャンプ道具を豊富に取り扱っているので、価格も他のブランドと比べると低く設定されています。ロゴスの焚き火台をチェックしましょう。

ロゴスの焚き火台おすすめ1:LOGOS the ピラミッドTAKIBI

ロゴスのLOGOS the ピラミッドTAKIBIの主要パーツは、6パーツなので使い方や組み立て方が簡単です。収納サイズは、横53センチ、縦35センチ、奥行き8センチとなります。口コミでも評判が良い焚き火台で、持ち運びにも便利です。収納バッグが付属しています。

こちらのロゴスの焚き火台は、ダッチオーブンを直置きすることができます。灰受け構造となっているので、灰が落下しにくいのが特徴です。掃除も簡単にできるので、後片付けが面倒な方にも人気があります。口コミでも評判の焚き火台となります。

焚き火台のおすすめポイント

ロゴスのおすすめ焚き火台は、LOGOS the ピラミッドTAKIBIです。こちらのロゴスの焚き火台は、オプションパーツを購入すると自在にカスタムすることができます。ゴトクを標準装備しているので、本格的な料理もできます。また串焼きプレート付きで、丸串と平串の両タイプに対応しています。魚の串焼きなどもできる、万能の焚き火台となります。

ロゴスの焚き火台おすすめ2:ROSY メッシュファイヤーピット

こちらのロゴスの焚き火台は、コンパクトな筒型に収納することができるので、収納する際にも幅をとることなく簡単に収納できます。またステンレスメッシュが傷めば、取り換えることができます。口コミでも扱いやすいと、評判があります。

こちらのロゴスの焚き火台は、3000円前後で購入することができます。他の焚き火台と比較すると、安い価格で手に入れることが可能です。メッシュなので、火が付きやすいです。灰も落ちにくいですが、心配な方は焚き火シートを敷いておくことがポイントです。

焚き火台のおすすめポイント

ロゴスのROSY メッシュファイヤーピットは、広げて差し込むだけで、簡単に焚き火することができます。網側四隅にボトルが付いていて、脚パイプの穴へボトルを突き刺す形で固定します。使い方が簡単なので、初心者の方にもおすすめです。総重量は700gで、サイズは縦横43センチ、高さ25.5センチとなります。他の焚き火台と比較すると、軽量です。

万能な使い方ができる焚き火台<2選>

ロゴスのアイテムは気軽に手に取りやすく、コストパフォーマンスが高いのが特徴です。初心者の方にも人気があります。

ロゴスの焚き火台は、万能な使い方ができるので興味のある方は注目です。多様に使えるロゴスの焚き火台をチェックしましょう。

ロゴスの焚き火台おすすめ3:ピラミッドグリル・コンパクト

こちらのロゴスの焚き火台は、折り畳み式の使い方なので、初心者でも簡単に組み立てることができます。またピラミッドグリル・コンパクトは、焚き火台としてではなく、バーベキューなどの調理にも利用することができます。ベランダで炭火焼をするのにも最適です。

こちらのロゴスの焚き火台は、総重量約1キロなので、持ち運びやすいのが特徴です。場所と取らないので、少人数のバーベキューにも最適です。網も付属品として付いているので、追加で購入する必要はありません。またその他に、灰受け皿や火皿も付属しています。

焚き火台のおすすめポイント

ロゴスのピラミッドグリル・コンパクトは、ロゴスの焚き火台の中でも収納性に長けてることが人気のポイントです。収納サイズは、横24センチ、高さ18.5センチ、奥行き3.5センチとポーチサイズとなります。バイクや自転車移動の方に、おすすめの焚き火台です。収納ポーチが付いているので、バッグの中にも汚れずに仕舞うことができます。

ロゴスの焚き火台おすすめ4:KAGARIBI

ハイポジションのサイズは76センチ、ローポジションのサイズは28センチです。こちらは、コンパクトに収納することができるので持ち運びにも便利です。焼き網は薄型で、2折することができます。アウトドア初心者の方にも、使い方が簡単なのでおすすめです。

ロゴスのKAGARIBIは、他のアイテムと組み合わせるとより使い方が広がります。囲炉裏テーブルやクワトロポッドなどと組み合わせると、焚き火をしながらダッチオーブン料理ができます。多様な使い方ができる、口コミでも人気がある焚き火台です。

焚き火台のおすすめポイント

ロゴスのおすすめ焚き火台は、KAGARIBIです。こちらの焚き火台は、焚き火台としては勿論、バーベキューとダッチオーブン料理に使うことができます。椅子に座ってじっくり楽しみたいときはローポジション、スタンディングスタイルの場合はハイポジションに調節することが可能です。人数や用途に合わせて、使い分けることができる焚き火台です。

料理もできる実用的な焚き火台<2選>

ロゴスの焚き火台の中には、焚き火と合わせて料理もできる、万能な焚き火台があります。人気があり、ファミリーキャンプにもおすすめです。

鍋料理やオーブン料理など、数種類の料理ができる焚き火台もあるので注目です。万能な焚き火台をチェックしましょう。

ロゴスの焚き火台おすすめ5:LOGOS the ピラミッドTAKIBI コンプリート

ロゴスの焚き火台おすすめ5は、LOGOS the ピラミッドTAKIBI コンプリートです。通常オプションパーツとなるパーツを、フル装備している焚き火台となります。焚き火台としての利用だけではなく、鍋料理やバーベキューも合わせて愉しむことができます。

またこちらのロゴスの焚き火台は、焚き火とバーベキューが同時にできるデバイダーが付いています。火床を仕切ることができるので、愉しみ方のバリエーションが増えます。使い方は、主要なパーツが6パーツのみなので、簡単に組み立てが可能です。

焚き火台のおすすめポイント

こちらのロゴスの焚き火台は、SPネット、ファイヤーラック、チャコールデバイダーがセットになったコンプリート仕様となっています。ハーフサイズの網焼きが2枚付属しているので、バーベキュー台としても使用できます。灰受け皿が付いているので、直火禁止のキャンプ場でも使用することができる焚き火台です。

ロゴスの焚き火台おすすめ6:LOGOS the KAMADO

LOGOS the KAMADOは、ロゴスのおすすめ焚き火台です。こちらのロゴスのアイテムは、鍋料理とオーブン料理が、一度にできる万能調理グリルとして販売されています。別売りの焼き網をセットするとバーベキューや焚き火台として使用することができます。

ロゴスのLOGOS the KAMADOは、灰が落ちにくい灰受け皿標準装備しています。直火が禁止なキャンプ場でも、気軽に使用することができます。パーツを開いて、重ねるだけで焚き火台が完成するので、使い方も簡単です。口コミでも評判の焚き火台です。

焚き火台のおすすめポイント

LOGOS the KAMADOの上部には、10インチのダッチオーブンをセットすることができるので、竈のように鍋を周囲から加熱することができます。

また熱を効率よく対流させるために、独自の構造を施しています。美味しくピザを焼くことができるので、本格的なアウトドア料理を愉しむことができます。また天蓋には温度計が付いているので、窯内の温度も分かりやすいです。

持ち運びやすい焚き火台<2選>

ロゴスブランドのアイテムは、「水辺5メートルから標高800メートルまで」使用できることをブランドのポリシーとしています。

どこにでも持ち運びやすい焚き火台も、人気があります。ロゴスの持ち運びバッグ付きの焚き火台をチェックしましょう。

ロゴスの焚き火台おすすめ7:LOGOS the KAMADO コンプリート

こちらのロゴスの焚き火台は、キャリーバッグが付いているので、持ち運びやすいです。コンパクトに収納することができ、使い方も簡単です。口コミでも人気がある焚き火台で、複雑な組み立てはありません。収納サイズは横48.5センチ、縦39センチ、奥行き12.5センチです。

ロゴスのLOGOS the KAMADO コンプリートは焚き火台以外にオーブン、鍋料理、ダッチオーブン料理、バーベキュー調理として利用することができます。鍋料理とオーブン料理を同時に調理することも可能となります。使い勝手が良い、おすすめで人気の焚き火台です。

焚き火台のおすすめポイント

LOGOS the KAMADO コンプリートは、LOGOS the KAMADOがパワーアップしたハイポジションモデルとなります。高さが二段階に調節することができ、ローポジションで35センチ、ハイポジションで68センチに調節することができます。ハイポジションの場合、立ったまま作業することができるので、腰への負担が軽減されます。

ロゴスの焚き火台おすすめ8:ROSY たき火台

ROSY たき火台は、主要パーツが4パーツのみとなります。使い方が簡単なので、アウトドアが初心者の方にもおすすめです。口コミでも人気がある焚き火台で、撤収も簡単にできます。フラットに収納することができ、持ち運びに便利な収納バッグも付属しています。

こちらの人気があるおすすめ焚き火台の収納サイズは、横37センチ、縦25センチ、奥行き4センチとなります。ステンレス製を採用しているので、サビにくいのが特徴です。長きに渡って使用することができる焚き火台となります。

焚き火台のおすすめポイント

ロゴスのおすすめ焚き火台は、ROSY たき火台です。こちらのロゴスの焚き火台は、安定感のあるピラミッド型なので、風が強い日にもおすすめです。重たい薪も崩れにくいのが特徴です。さらに灰受取皿は、スライド引き出し式となっています。スムーズに灰を処理することができるので、片付けが面倒な方にもおすすめです。

火が付きやすい便利な焚き火台<1選>

ロゴスには、無風な状態や小雨が降っている状況でも、簡単に火を付けることができる便利な焚き火台があります。

火を付けることに慣れていない方におすすめの焚き火台となります。火が付きやすい焚き火台をチェックしましょう。

ロゴスの焚き火台おすすめ9:ターボファイヤー

自動送風式なので、電池が必要となります。電池は単三アルカリ乾電池が2個必要で、電池は別売りで購入する形です。販売価格は9680円で、比較的に安い価格で手に入れることができます。落ち葉や松ぼっくりなどが燃料になり、簡単に火を付けることが可能です。

自動送風式のファンは、強弱で送風調節が可能です。火力のコントロールも自由自在なので、使い勝手が良いです。ロゴスのゴトクを合わせれば、鍋料理も可能です。多様な場面で使用することができるので、口コミでも人気が高いです。

焚き火台のおすすめポイント

ロゴスのおすすめ焚き火台は、ロゴスターボファイヤーです。こちらのロゴスの焚き火台は、総重量約630gで軽量の焚き火台となります。自動送風式の焚き火台なので、火が付きにくい天候の時にもおすすめです。サイズは横23センチ、縦12センチ、奥行き12センチとなります。収納サイズは横12センチ、縦13センチ、奥行き7センチに収納できます。

ソロキャンプにおすすめの焚き火台<1選>

ロゴスの焚き火台の中には、ミニ焚き火台があります。通常の焚き火台より、一回り小さいのが特徴となります。

ソロキャンプやツーリングの方におすすめで、持ち運びしやすいです。卓上でもできるミニ焚き火台をチェックしましょう。

ロゴスの焚き火台おすすめ10:ROSY 卓上ミニたき火グリル

ROSY 卓上ミニたき火グリルは、ソロキャンプやツーリング、サイクリングで移動される方におすすめの焚き火台です。収納サイズは横19センチ、縦18.5センチ、奥行き3センチなので、ポーチサイズで収納可能となります。網焼きのサイズは、縦横ともに16センチです。

こちらのロゴスの焚き火台は、スライド式の灰受け皿を採用しています。残った灰をスムーズに処理することができるので、片付けも簡単です。また風が強い日に、灰が飛ばされる心配もありません。使い方が簡単なので、口コミでも人気が高い焚き火台となります。

焚き火台のおすすめポイント

ロゴスのROSY 卓上ミニたき火グリルは、主要のパーツが5パーツのみとなります。簡単に組み立てができるので、初心者の方にもおすすめです。また火床は、ステンレス製を採用しています。サビに強く、耐久性があります。火床は台形にデザインされています。台形にデザインすることで、効率的に火を起こすことができ、さらに省エネにも繋がります。

長期間使用できる頑丈な焚き火台<1選>

ロゴスの焚き火台の中には、サビにくいステンレス製を採用している焚き火台があります。頑丈で、長く愛用できます。

何度も買い替えるより、お得な場合があります。長期間使用できる頑丈な焚き火台をチェックしましょう。

ロゴスの焚き火台おすすめ11:LOGOS the ピラミッドマスター

ロゴスの焚き火台おすすめ11は、LOGOS the ピラミッドマスターです。こちらのロゴスの焚き火台は、耐久性がポイントとなります。従来の焚き火台より、約3倍厚いステンレスを採用しています。TAKIBIシリーズのハイグレードモデルとして、販売されています。

LOGOS the ピラミッドマスターは、パーツが差し込み型となります。そのため3面の内1面だけを外すことが可能です。新しい薪などをくべやすいので、人気があるポイントです。また薪を置く網は、空気の通り道を確保しているので、燃焼効率が高いです。

焚き火台のおすすめポイント

こちらのロゴスの焚き火台は、サビにくいステンレス銅板を使用しているので、長期間使用することができる焚き火台です。またステンレス銅板にも、ロゴスデザインがあるのでおしゃれです。口コミでも評価が高く、使い方も簡単と人気が高いです。おすすめのこちらの焚き火台のサイズは幅51センチ、奥行き51センチ、高さ31センチとなります。

ロゴスの焚き火台は使いやすくておすすめ!

ロゴスの焚き火台は初心者でも簡単に組み立て、使用することができる焚き火台が多いです。また焚き火台としての用途以外に、調理に万能に使用できるので、口コミでも人気が高いです。

アウトドアに挑戦してみる方や、新しい焚き火台の購入を考えている方は、こちらのロゴスのおすすめ焚き火台11選を参考にしてみて下さい。

関連記事

関連するキーワード

327.thumb
この記事のライター
村上貴洋
旅行が好きです。日本各地、アジア、アメリカへの旅行経験があります。どこへ出かける時も、事前の情報収集は旅の成果を大きく左右します。数ある旅のスタイルの参考として、読者さんが大切な時間を、より有意義に過ごすお力添えができれば幸いです。

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ