モロッコと日本の時差・飛行時間は?サマータイム変更による違いも紹介!

2020年1月24日 (2020年1月25日最終更新)

日本からの旅行客も増えているモロッコですが、日本との時差はどのくらいなのでしょうか。そこでモロッコに行く方のために、時差やアクセス方法、飛行時間などについて紹介します。うまくモロッコの情報を利用して楽しい旅行をしてください。

目次

  1. モロッコと日本の時差や飛行時間は?
  2. モロッコとはどんな国?
  3. モロッコの時差情報
  4. モロッコへの飛行時間
  5. モロッコ旅行の時差ボケ防止対策
  6. 時差や飛行時間をチェックしてモロッコ旅行を楽しもう!

モロッコと日本の時差や飛行時間は?

北アフリカにあるモロッコは、近年のSNS隆盛の中、いわゆる「映える」景色が多いということで特に人気が高まっている旅行先の一つです。とはいうものの、いざ旅行に行くとなると日本との時差の問題や飛行機での飛行時間など、気になることは多いのではないでしょうか。そんなモロッコと日本の時差、飛行時間などについて紹介します。

サマータイムによる違いもチェック!

日本との時差という点で考慮しなければならないことの一つに、サマータイムがあります。日本にはサマータイムがありません。そのため、日本人にはあまり馴染みがないのですが、当然サマータイムのない日本との時差も変わってくるわけですから、その時期と違いをしっかりとチェックしておくことが必要です。

モロッコとはどんな国?

まずはモロッコはどのような国かということから紹介しましょう。モロッコは正式にはモロッコ王国という名前の国で、北アフリカ北西部のマグリブにあります。北は地中海に面しており、地中海世界とアラブ世界、両方の国ということも言えるでしょう。

モロッコ最大の経済都市カサブランカ、観光で有名なフェズやマラケシュの旧市街、サハラ砂漠などの自然、カラフルな建物が並ぶシャウエンと観光スポットも多く、日本からも旅行で訪れる方が多くなっています。

D157 winchik20tobira thumb autox1600 15082モロッコの観光で世界遺産を巡る!名所スポットやベストシーズンも紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
モロッコは、アフリカ大陸の北西部に位置し、古来よりヨーロッパ、イスラム、アフリカの影響を受け...

モロッコの時差情報

それではまず、日本とモロッコの時差から紹介しましょう。モロッコと日本で時差があるというのは今さら述べるまでもないことではあるのですが、旅行に行く時でもなければ時差がどのくらいかなど、改めて考えることはないかもしれません。そもそもどのくらいの時差があるのでしょうか。

モロッコと日本の時差

それではまず、日本とモロッコの時差がどのくらいあるのかという点からです。日本とモロッコの中心都市であるマラケシュとの間の時差は8時間となっています。モロッコの方が日本よりも8時間遅くなっています。

この時差ですが、以前は日本との時差か9時間でした。しかし2018年、モロッコはタイムゾーンが中央ヨーロッパ時間となり、それに伴い時差が1時間少なくなりました。

ちなみにこの中央ヨーロッパ時間はイタリア、オーストリア、スペインなど、日本からも多くの旅行者が訪れる国々でも使われており、これらの国とモロッコとの間には時差はないということになります。

モロッコ国内に時差はある?

では次に、モロッコの国内に時差はあるのでしょうか。アメリカやロシアなど国土面積が広い国には国内でも時差があるということが知られています。国が東西に長ければ、それだけ時差が発生する可能性が高くなりますが、モロッコも東西に1300キロの距離があるので、気になります。

結論から言うと、モロッコ国内での時差はありません。ですからモロッコ旅行の際は時差については心配することはないということになります。

モロッコのサマータイムと時差

次に先ほど述べた、サマータイムの問題です。サマータイムというのは直訳すると夏時間ということになり、夏の時期に標準時を早めることで、太陽が出ている時間を有効に活用しようというものです。現在世界の約70ヶ国で導入されているそうです。

ではモロッコはどうなのかというと、モロッコは2018年にタイムゾーンが中央ヨーロッパ時間になった際に通年サマータイムとなりました。したがって、「原則として」夏に時間が早まるという意味でのサマータイムはないということになります。

モロッコのサマータイムの開始日時と終了日時

「原則として」と述べたのには理由があります。実はモロッコには日本との時差が変わる時期があります。それが「ラマダン」の時期です。この時期に関しては通常のタイムゾーンより1時間遅くなり、日本との時差が9時間に変わるのです。

ラマダンというのはなにかというと、イスラム暦での第9月のことで、この月の日の出から日没までは飲食を断つ「断食」(サウム)を行うことがムスリム(イスラム教徒)の義務とされています。この時期は日の出から日没まで一切飲食をしないため、タイムゾーンが変わることで日中の時間が短くなるとも言われます。

イスラム暦はふだん日本人が使っている太陽暦ではなく、太陰暦であり、閏月もありません。そのため太陽暦とは11日程度のずれが出ます。そのことからこのラマダン月は日本の暦では毎年少しずつずれていくことになります。ちなみに2020年は4月下旬から5月下旬になります。

ですから、モロッコに旅行に行くことを計画している方はラマダン月には注意が必要です。ラマダンの時期は時差が変わるだけではなく、街中の飲食店なども昼間はほとんど開いていないためです。

Originalモロッコの時差は日本と何時間?旅行ではサマータイムやラマダンに注意! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本からもかなりの距離があるモロッコ。とても魅力的な国だけに一度は行きたいけれど、気になるの...

モロッコへの飛行時間

では次に、日本からモロッコへのアクセスについて確認していきましょう。SNS映えする景色や観光スポットも多いモロッコは、日本からの旅行者も増えてきている国ではありますが、いざ行くとなると、どうやって行くのだろうかと考えてしまう方も多いのではないでしょうか。

日本からモロッコへの直行便はある?

まず、日本からモロッコまでの直行便の有無からです。直行便があれば乗り継ぎ時間もかからないですし、それだけ早くアクセスすることもできそうですし、その分マラケシュやカサブランカなどの観光地を見る時間も増えそうなのですが、残念ながら日本からモロッコへの直行便はありません。

日本からモロッコに行く場合、すべて乗り継ぎ便を利用してのアクセスとなります。いろいろな国を経由してのアクセス便がありますが、距離が遠いこともあり飛行時間はかなり長めです。

マラケシュへの飛行時間と経由地の時差

それでは実際に、モロッコの観光都市であるマラケシュやカサブランカなどに日本からアクセスする場合の経由ルートについていくつか紹介していきます。基本的に日本などからモロッコに行く場合、多く使われるのはムハンマド5世空港(カサブランカ空港)となります。

マラケシュはこのカサブランカからONCFという電車を利用し、4時間から6時間程度かかります。もしくは乗り継ぎ空港からマラケシュのメナラ空港まで直接アクセスする方法もあります。こちらはLCCも多いので、旅行代金を抑えることもできますし、カサブランカから移動するより確実に早いという利点もあります。

フランクフルト経由の飛行時間と時差

日本からモロッコへアクセスする方法の1つめはフランクフルト空港を経由する方法です。こちらはフランクフルトからマラケシュに直接入れるため、全体的に飛行時間が短くなるメリットがあります。フランクフルトまで13時間、マラケシュまで3時間30分程度が目安です。

デメリットとしては料金が高いこと、フランクフルト便は日本から毎日出ていないため、旅行の日にちが制限されるという点です。またその結果としてトランジットの時間が長くかかることがあり、その場合旅行時間が長くなる場合もあります。

ロンドン経由の飛行時間と時差

ロンドンを経由してモロッコにアクセスするルートですが、こちらもマラケシュに直接アクセスする方法があります。マラケシュに行く場合は日本からロンドンのヒースロー空港に飛び、そこからガトウィック空港に移動してマラケシュまで行く方法となります。こちらも飛行時間は短く、ロンドンまで12時間40分、マラケシュまで3時間30分程度です。

デメリットはやはり料金の高さです。大手航空会社利用になるためです。さらにロンドンで空港を移動する必要があるため、その分の時間を飛行時間に追加する必要があります。

パリ経由の飛行時間と時差

パリのシャルル・ド・ゴール空港を経由して行く便は、何といっても飛行時間が短いのがメリットです。東京からパリまで13時間、パリからマラケシュまで3時間30分と、待ち合わせ時間を合わせても18時間30分程度でアクセスできますし、パリの雰囲気も体験できます。またパリとモロッコの時差も少ないのがいいところです。

デメリットはやはり値段が高いことです。エールフランス航空での乗り継ぎとなるため、どうしても料金が高くなるのは否めません。

イスタンブール経由の飛行時間と時差

イスタンブールを経由する方法は、イスタンブール新空港(2019年4月よりアタチュルク国際空港から名称変更)を経由することになります。値段が安く、乗り継ぎ時間に余裕があることも多いので、慣れてない方にも楽なのがメリットです。

半面、イスタンブールまで12時間40分、マラケシュまで5時間30分と、飛行時間が長く、また乗り継ぎも時間があるため、それだけ時間がかかります。

ドーハ経由の飛行時間と時差

カタールのドーハ空港で乗り継ぎをする場合、カタール航空を利用してのアクセスとなります。ドーハのハマッド国際空港を経由して行く方法です。カタール航空利用ですが、アメニティなどがよく、乗り継ぎ時間が短めなのがメリットなので、旅慣れた方向きかもしれません。料金も安めです。

一方、飛行時間そのものは時間がかかります。ドーハまで12時間30分、マラケシュまで8時間15分かかるため、トータルで20時間を超えます。料金が安い分、ビジネスクラスにするなどすれば、楽に利用できるかもしれません。

モロッコ旅行の時差ボケ防止対策

日本からモロッコに行く場合、特に気になるのが時差ボケの問題です。長時間かけてモロッコに着いて、いろいろ観光したいのに、時差ボケで予定通り動けなかったりするとやはり残念に感じるでしょうから、なるべくならあまり影響がない程度におさえておきたいところではないでしょうか。

飛行機に乗ったらスマホや時計を現地時間に合わせる

時差ボケは時差が5時間以上ある国に旅行すると発生しやすいと言われるそうです。モロッコは時差が8時間ですから、その可能性が高くなる国と言えるでしょう。

可能であれば、出発前から寝る時間などを調整しておくと、それだけ時差のずれが少なくなるので時差ボケを少なくできると言われます。また飛行機に乗ったらスマホや時計を現地時間に合わせ、その時計に合わせて食事や睡眠をとるとよいでしょう。

機内で睡眠時間を調節する

寝不足は疲れにつながります。とはいうものの、飛行機に乗っている間は眠れないという方も多いでしょう。到着地の時間に合わせ、しっかり睡眠を取ることは時差ボケ対策だけに限らず大切なことです。

まず、アルコールは脱水症状を引き起こしますし、カフェインは眠りを妨げる効果があります。これらの摂取は控えめにしましょう。また眠れないと映画など見続けるとますます脳が活性化し、眠りにくくなります。

アイマスク、耳栓などを上手に活用し、情報を遮断すると、脳が眠りに入りやすくなります。うまく眠れる体制を作り、しっかり睡眠をとりましょう。

食事のコントロールで体内時計を調整する

ヨーロッパなどの長距離便の場合、離陸から1時間から2時間後と、着陸の2時間前、そして夜中に軽食が配られることが多いと言われます。着陸の2時間前は朝食というイメージのようです。

この機内食は「食事」なので、その時間に食べることで、人間の体内リズムを作る働きがあります。なるべく出された時に食事をしておきましょう。食事と睡眠をうまく現地時間で行うことで、長時間のフライトをうまく使って時差調整をすることができるわけです。

時差や飛行時間をチェックしてモロッコ旅行を楽しもう!

モロッコは日本から遠い国でもあり、飛行時間も長時間にわたります。それでもその時間を掛けても行くだけの魅力がある国とも言えるでしょう。ラマダン月の時差など、日本では体験しないことも多いですが、うまく情報を仕入れて、モロッコの旅行を堪能してきてください。

関連記事

関連するキーワード

2237.thumb
この記事のライター
よしぷー
青森出身、京都在住の歴女です。歴史が感じられる場所を旅するのが好きで、寺社巡りや博物館巡りを楽しんでいます。

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する