ウラル山脈はお宝が眠っているロシアの山!標高や周辺の観光スポットも!

2020年2月18日 (2020年2月20日最終更新)

ロシアで天然資源の宝庫と呼ばれる山脈「ウラル山脈」。標高の高い山が連なるウラル山脈には、見どころが数多く点在しています。ウラル山脈は世界中から多くの観光客が訪れる人気のスポットになり、時期に合わせてロシアの大自然を一望できます。

目次

  1. ロシアで人気の「ウラル山脈」についてご紹介
  2. ウラル山脈とは?
  3. ウラル山脈の失われた文明
  4. ウラル山脈はロシアの工業を支えている
  5. ウラル山脈周辺はクラシックバレエとオペラが人気
  6. ウラル山脈おすすめ観光スポット
  7. ウラル山脈に登ろう
  8. ウラル山脈で最高の写真を撮影しよう
  9. ウラル山脈おすすめグルメ
  10. ウラル山脈の市場で「はちみつ」を購入しよう
  11. ウラル山脈で人気の観光ツアーに参加しよう
  12. ウラル山脈周辺のおすすめ観光スポット
  13. ウラル山脈のロシアの七不思議「マンププニョル台地」
  14. ロシアのお宝を探しに「ウラル山脈」へ行こう

ロシアで人気の「ウラル山脈」についてご紹介

ロシアの観光名所「ウラル山脈」。標高の高い山も多く点在しているウラル山脈は、登山客が多く訪れる人気の観光スポットです。見どころが多く点在しており、ロシアのシンボルとしても知られています。今回はそんなロシアにあるウラル山脈のおすすめ観光スポットをはじめ、見どころや宝の謎についてご紹介していきます。

ウラル山脈とは?

ロシアとアジアにまたがる雄大な山脈「ウラル山脈」。ウラル山脈は数々の宝石を産出してきた「宝の山」としても知られており、世界中から多くの観光客が訪れています。ウラル山脈は地球に現存する最古の山脈の一つとしても人気があります。

今回はそんなロシアのウラル山脈とはどういった場所なのかご紹介していきます。標高の高い山も連なっており、ヨーロッパとアジアの独特の文化が入り混じっているので、新しい景色が楽しめる場所として人気があります。

ウラル山脈の標高は?

ロシアのウラル山脈は、世界中にある山脈の中でも標高は高い方ではありません。ウラル山脈の1番標高の高い山が標高1895mのナロードナヤ山です。平均標高は900mから1200mとなっており、険しい山脈ではありません。

世界最古の山脈と言われるウラル山脈は、2億5000万年から3億年前から始まっています。徐々に標高を高くしていき、大自然の力だけで作り出した山脈です。自分の力量に合わせて標高の高い山を挑戦していくのがおすすめです。

ウラル山脈は「宝の山」

ウラル山脈はロシアでも「宝の山」と呼ばれており、標高1895mのナロードナヤ山からは金や銀、プラチナ、ダイアモンド、トパーズなど種類豊富な宝石が発見されています。登山家の中には宝探し感覚でウラル山脈に訪れる方もいます。

標高の高いナロードナヤ山は、山頂からの景色が抜群です。まだ見つかっていない宝を探せる可能性もあり、傾斜が緩やかなのでハイキングがてら足を運ぶことができます。宝の山と呼ばれるウラル山脈のおかげでロシアは恵みの地となりました。

ナロードナヤ山はたくさんの宝石を産出

先ほども紹介した通り、ウラル山脈のナロードナヤ山はたくさんの宝石を産出しています。そのため、貴金属や宝石など産出したい場合はナロードナヤ山を目指しましょう。ウラル山脈でも登山客が多いので、賑わっている観光スポットです。

ウラル山脈は宝の山として有名ですが、登山のメッカではありません。ですが、宝石を探すことができるナロードナヤ山は登山向けの山となっています。ウラル山脈の絶景を見渡すことができるので、ぜひ1度足を運んでみてください。

ウラル山脈の失われた文明

ウラル山では、宝探しを楽しむのはもちろん、失われた文明を見つけることができます。ウラル山脈周辺では古代文明の残した多くの物や構造物が発見されており、世界中の研究家たちからも注目を集めています。

最近ではウラル山脈のスヴェドロフスク地方にて、約350もの古代遺跡が見つかったことでも有名です。歴史の古いウラル山脈だからこそ感じられる古代ロマンは人々の心を魅了し、今でも失われた文明を探している方が多くいます。

悪魔の町

ウラル山脈のペルミ地方には「悪魔の町」と呼ばれる不思議な光景が広がっています。ペルミ地方には巨石が立ち並ぶ地域があり、まるで本物の町のように見えることからこの名がつきました。いくつか景色を一望できる小高い丘もあります。

悪魔の町を調べた科学者の中には。何百年前の河口であると発表した方もいますが、今でもその多くは謎に包まれています。ウラル山脈でも最も有名な巨石群になるので、観光に訪れた方はぜひ1度足を運んでみてください。

ウラル山脈はロシアの工業を支えている

ウラル山脈最大の魅力である膨大な量の貴金属や宝石などの鉱物。標高があまり高い山ではないですが、宝の山として世界中の登山客から注目されている山脈です。ウラル山脈で標高1000m以上の山で豊富な鉱物が発見されています。

貴金属や宝石類を産出しているウラル山脈は、ロシアの工業を支えている大切な資源です。ロシアではウラル山脈をシンボルにするほどウラル山脈の大切さを主張しており、現在でも大切に山脈を保護しています。

ウラル山脈はロシア有数の重工業地帯

ウラル山脈はロシア有数の重工業地帯として知られており、鉱物を豊富に産出できるウラル山脈は恵みの山としても人気があります。ウラル山脈の山地や山麓に重工業地帯を作り、ロシアの産業を潤してくれています。

主に金、銀、銅、プラチナ、磁鉄鉱、チタン鉄鉱、灰チタン石、金紅石、クロム鉄鉱、金緑石、石英、ジルコン、灰クロムざくろ石、フェナス石、緑柱石、トパーズ、ダイアモンド、エメラルド、アメジストが産出されます。

ウラル山脈周辺はクラシックバレエとオペラが人気

ロシアの観光名所である「ウラル山脈」。ウラル山脈周辺では、クラシックバレエやオペラが人気を集めており、多くの劇場が点在しています。中でもペルミ国立オペラバレエ劇場には、世界中でも有名な指揮者「テオドール・クルレンツィス」が就任しています。

ウラル山脈でバレエの良さを広めていき、現在では地元の方を虜にしているクラシックバレエ劇場へと変貌させています。世界中からも多くのファンが訪れており、この劇場はウラル山脈の観光名所としてもおすすめです。

ペルミ国立オペラバレエ劇場の公演内容は事前に公式HPなどでチェックしておきましょう。かなり人気のある公演でもあるので、早めにチケットを入手しておくのがおすすめです。

ウラル山脈おすすめ観光スポット

ロシアで人気のウラル山脈周辺には、数多くの観光スポットが点在しています。ウラル山脈周辺でしか見られない光景が広がっているので、世界中から多くの人々が訪れています。日本では見られない不思議なパワースポットも多くあります。

今回はそんなウラル山脈のおすすめ観光スポットをご紹介していきます。どこもロシアで有名な名所となっているので、初めて訪れる方は参考にしてみてください。

世界のへそ

ウラル山脈の中部西麓に位置する観光名所「世界のへそ」。世界のへそとは小さな商業都市クングールの道路元標になり、世界のへそと記念碑もたっています。スィルヴァ川岸の、七つの道が交差する場所に位置しており、ウラル山脈のパワースポットです。

世界のへそで次の行き先を決めると、宇宙から良い方向へ導かれているとも言われています。ウラル山脈へどこの方向へ向かうか迷っている方は、この世界のへそで行き先を決めるのもおすすめです。

ロシアの冬が積雪が厳しいので、冬の時期は世界のへそが雪の下に埋まっている可能性もあります。そのため、積雪している場合は雪を掘って世界のへそを探してみてください。

クングール洞窟

ウラル山脈で人気のある観光スポットになり、終わることのない冬の景色を楽しむことができます。真夏でも氷の鍾乳洞を体験でき、太古の氷でできた鍾乳洞は幻想的で、歴史ロマンを感じると世界中から注目されています。

ロシアで最も古い地下にある観光スポットでもあり、18世紀に発見された鍾乳洞です。氷の形成物の中には、300年前から作り上げられたものもあり、鍾乳洞内を歩いて行けばさまざまな景色を見渡すことができます。

巨大な氷の鍾乳洞、頭上に下がる氷柱、足元の万年氷河の塊と360度氷の世界。ライトアップも施され、遠くの景色まで一望できます。

ヨーロッパ村

ロシアのウラル山脈周辺には、かつてコサックたちによって占領された村が30ヵ所点在しています。ヨーロッパ村と呼ばれており、ロシア人には馴染みのないベルリンの壁やエッフェル塔などヨーロッパの地名がついています。

19世紀半ばに占領されてからずっと村を守り続けており、30ヵ所点在しているヨーロッパ村を巡ることができます。地図上でもわかるようにかなり遠い場所に位置しているので、現地のガイドツアーに参加するのがおすすめです。

宇宙の電話ボックス

ウラル山脈のペルミ地方から少し離れた場所に位置する村「モリョプカ村」。モリョプカ村はUFO研究家たちを魅了する奇妙な出来事が続いており、地元の方の中にはここにUFOの秘密基地があると信じている方も多いです。

モリョプカ村で最も有名なのが「宇宙の電話ボックス」です。モリョプカ村で唯一携帯電話の電波を拾える場所になり、1980年代からUFOに関する噂が言い伝えられています。村に一歩足を踏み入れると、異次元の世界は広がっています。

ウラル山脈に登ろう

ヨーロッパ地域とアジア地域に隔てて広がっている有名な山脈「ウラル山脈」。標高はあまり高くありませんが、自然の絶景を楽しみながら登山を体験できると人気を集めています。有名なロシアの岩石群は、約3200kmも続いています。

地球の年齢が46億年に対して、ウラル山脈のカランダーシュ山は42憶年前からあると言われています。地球の歴史とともに歩んできたウラル山脈は手付かずの自然が広がり、大地の力強さを体感することができます。

ウラル山脈にはハイキングルートがたくさんあります。ウラル山脈へ山登りを体験する方は、地元のガイドを手配しておくのがおすすめです。

ウラル山脈で最高の写真を撮影しよう

ロシアのウラル山脈には、数多くの絶景スポットが点在しています。訪れた者にしかわからない景色も広がっており、季節や時間帯によって表情も変えていきます。そのため、世界中からプロのカメラマンも訪れるほど撮影スポットとして有名です。

ウラル山脈へ訪れる際は、事前に絶景ポイントを探しておくのもおすすめです。足を運んでみないとわからない撮影スポットも多いので、カメラ片手に訪れるようにしましょう。ウラル山脈で最高の写真を撮影しましょう。

ウラル山脈おすすめグルメ

豊かな自然に囲まれている観光スポット「ウラル山脈」。ウラル山脈周辺には美味しい食材をふんだんに使用したグルメを味わうことができ、日本では体験できないロシアの食文化ならではのメニューが並びます。

今回はそんなウラル山脈でおすすめのグルメについてご紹介していきます。ウラル山脈で古くから続いている伝統料理も多く提供されているので、初めてロシアに訪れる方は1度は食べてみてください。

ポーズィ

ウラル山脈のバイカル湖周辺の伝統料理「ポーズィ」。ポーズィは肉汁たっぷりの肉まんになり、アジア寄りのグルメです。見た目は水餃子のような形になっており、蒸しているので生地にしっかりと肉や野菜の旨味が広がっています。

ハーブやニンニク、玉ねぎをふんだんに使用しており、お肉は羊肉か牛肉を使用しています。ミートボール状に作ったタネを生地に包んでいき、しっかりと蒸しあげていきます。中の肉汁がたっぷりと入っているので、こぼれないように気を付けましょう。

フィチヌィ

ウラル山脈で子供から大人まで人気のあるグルメです。大きな円形のパイになり、食べ応えがあるので男性にもおすすめです。パイの中身は肉とハーブ、もしくはジャガイモとチーズで作り上げたタネを使用しています。

お店によってタネに使用する具材や味わいが変わっていくので、ウラル山脈で食べ比べするのがおすすめです。見た目はホットケーキくらいの大きさになりますが、タネがたっぷりと入っているので1つでもお腹いっぱい味わうことができます。

ウラルの餃子

ウラル山脈で最も有名なグルメ「餃子」。ウラル山脈では「ペリメニ」の名前で親しまれており、さまざまな具材を使用しています。日本の餃子とはひと味違う味わいを体験することができ、ボリュームもたっぷりです。

お肉とキャベツを混ぜ合わせたタネはもちろん、川魚を使用したタネも多く販売されています。お店や家庭によって味わいも変わります。基本的に牛肉、羊肉、豚肉と3種類のお肉を混ぜ合わせた具材が人気を集めています。

ウラル山脈の市場で「はちみつ」を購入しよう

ウラル山脈の周辺で地元の方からも人気のある食材「ブルジャンのはちみつ」。ブルジャンのはちみつは健康促進の効果があることで知られており、ロシア各地で開催されている市場でも購入することができます。

ウラル山脈の地元の方は、食卓に必ず常備しているほど欠かせない食材となっています。野生の蜂が作り出したはちみつになり、バルコルトスタンで地産のはちみつになるので、立ち寄った際はぜひ味わってみてください。

Originalロシア通貨・ルーブルをお得に両替するには?物価も徹底調査! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ロシア旅行をご計画中ですか?旅行の前に、ロシアの通貨ルーブルの種類や両替事情、様々な物価を前...

ウラル山脈で人気の観光ツアーに参加しよう

ウラル山脈はロシアでも有名な観光スポットとなっており、日本の旅行会社がさまざまなツアーを開催しています。観光ツアーに参加すれば飛行機からホテルの手配までまとめて行えるので、初めて訪れる方におすすめです。

ウラル山脈はずっと山道が続いているので、個人で訪れると迷ってしまう可能性が高いです。ウラル山脈で登山を体験したい方は、事前にツアーに予約して現地のガイドを手配しておきましょう。

時期や旅行会社によってツアーの内容が変わっていくので、事前に調べておくのがおすすめです。自分の旅のスタイルに合うツアーを探しておき、自由時間を設けているツアーが人気を集めています。

Originalロシアのビザの申請取得方法まとめ!代行もOK!料金や必要書類は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
海外旅行をする際、パスポートと航空券だけで渡航可能な国もあれば、ビザの申請が必要な場合もあり...

ウラル山脈周辺のおすすめ観光スポット

ウラル山脈の周辺には、ウラル山脈と合わせて観光を楽しめるスポットが多く点在しています。ウラル山脈の都市にはホテルやレストランと合わせて、ロシアの歴史を感じられる観光スポットが集まっています。

今回はそんなウラル山脈周辺に点在しているおすすめの観光スポットをご紹介していきます。ウラル山脈と合わせて観光を楽しめるので、時間に余裕のある方はぜひ足を運んでみてください。

イゼットリバー

ロシア中央部の大都市「エカテリンブルグ」の市内に流れる大きな川です。地元の方にとってとても重要な川としても知られており、きれいに整備されています。ロシアでも美しい夕日を楽しめるスポットとして有名です。

川の周辺にはベンチがいくつも設置されており、休憩がてら川の景色を一望できます。周辺のカフェでコーヒーを買って、本を読んだりと癒しの時間を過ごせます。地元の方の憩いの場として静かな時間が流れています。

血の教会

かつてロシア皇帝「ニコラス2世」とその家族が処刑された歴史スポットです。ロシア革命に欠かせないスポットでもあり、ニコラス2世は革命家によって暗殺されたと言われています。その後ニコラス2世の死を悼み、教会が建てられました。

現在地元の方からは「血の教会」とも呼ばれ、毎日お祈りを捧げている方も多いです。優美な姿は見るものを魅了しており、中世のロシア建築の影響が色濃く表現されています。外観だけでも充分楽しめる教会です。

セヴェスチアノフの家

ロシアでもカラフルで美しいゴシック様式の建物「セヴェスチアノフの家」です。エカテリンブルグで最も美しい家として人気を集めており、現在見られる姿は2008年に再建されたものになります。

もともと古典的なスタイルの家でしたが、のちに家を購入した「ニコライ・セヴェスチアノフ」がゴシック様式を加えていったと言われています。白と緑の色合いはとても美しく、現在は国家の重要文化財に認定されています。

ヴィソツキー博物館

ロシアで伝説化したシンガーソングライター「ウラジーミル・ヴィソツキー」。ウラジーミル・ヴィソツキーに関する博物館は地元の方から人気を集めており、ロシアでも努力家として知られる人物です。

もともとは使用人の家に産まれ、学校で音楽について学んでいきます。学校を卒業してからはシンガーソングライターとしてロシア中を巡り、何年かして有名になっていきます。彼の一生を目の当たりにできる博物館です。

エカテリンブルグ国立オペラ劇場

先ほども紹介したウラル山脈で人気の劇場「エカテリンブルグ国立オペラ劇場」です。1870年代にロシアで初めてできた劇場でもあり、1874年には歴史に残るオペラの公演が行われたことでも知られています。

ロシアでも唯一の娯楽施設として人気があり、公演が決まると多くの人々が訪れています。当時はファーストクラスのみの案内となっていましたが、現在は地元の方も気軽に足を運ぶことができます。ぜひ公演状況を確認してみてください。

ウラル山脈のロシアの七不思議「マンププニョル台地」

ウラル山脈の近くに位置し、ロシアの七不思議の1つ「マンププニョル台地」。マンププニョル台地には30mから42mの高さの岩が6つ並んでおり、7つ目は離れた場所に設置されています。

この地に伝わる伝説によると、1つだけ離れている7つ目の岩は、かつて巨大な男だったと言われています。シャーマンによって石に変えられたと言い伝えられています。

ロシアのお宝を探しに「ウラル山脈」へ行こう

ロシアの宝の山「ウラル山脈」。ウラル山脈周辺には多くの見どころが点在しており、世界中から多くの登山客が訪れています。宝石など宝の山としてはもちろん、歴史の古いウラル山脈だからこそ見られる幻想的な景色を見渡すことができます。ぜひ、ウラル山脈へ観光に訪れる際はこの記事を参考にしてみてください。

関連記事

関連するキーワード

612.thumb
この記事のライター
mdn
一眼レフ片手に散歩や旅行、カフェ巡りをするのが好きです。みなさんにおすすめの観光地やカフェ情報をお伝えしていきたいです。よろしくお願いします。

ロシア全都市の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

ロシア全都市の新着のまとめ