秋葉原の電気街口への行き方を徹底調査!複雑なダンジョンを迷わずにくりぬけよう

2020年2月22日 (2020年2月24日最終更新)

秋葉原駅は複雑化しており、秋葉原ダンジョンとも呼ばれるようになってきました。メインの出口である電気街口への行き方がわからず、電気街に行きにくいという声も聞かれます。そこで今回は秋葉原駅から電気街口への行き方を徹底調査しました。

目次

  1. 秋葉原の電気街口に行くのは案外難しい?
  2. 秋葉原の電気街口が複雑化しているその理由
  3. 秋葉原駅出口は電気街口など3つ
  4. 実は秋葉原駅は3ヶ所
  5. 「JR総武線」などから電気街口へ行く方法
  6. ちょっと遠い「日比谷線秋葉原駅」から電気街口へ
  7. 「つくばエクスプレス秋葉原駅」から電気街口は簡単
  8. 「銀座線末広町駅」からも秋葉原や電気街口に
  9. 「都営新宿線岩本町駅」から秋葉原の電気街口へ
  10. 「上野駅」から秋葉原の電気街口に歩いて行く
  11. なぜ人々は秋葉原の電気街口を目指すのか
  12. 秋葉原と電気街口は世界共通語?
  13. 秋葉原駅と電気街口の夜の様子
  14. 秋葉原の電気街口への行き方は知ってしまえば簡単

秋葉原の電気街口に行くのは案外難しい?

東京だけでなく、日本を代表する電気街「秋葉原」は、毎日たくさんの日本人や外国人で溢れかえる活気のある街です。電気街と呼ばれるくらいですから、当然家電や携帯電話、そのほか電機部品などが売られている街でもあり、AKB48の発祥の地でもあり、またコスプレやアニメなどの聖地でもある、いわゆるヤングカルチャーやサブカルの街でもあります。

そんな秋葉原の電気街に近いのは、秋葉原駅の電気街口です。しかし、街が発展するにつれ駅も大きく変貌し、今や「秋葉原ダンジョン」と皮肉られるほど複雑化しています。

そこで、ここではそんな秋葉原駅から電気街口へのおすすめの行き方を調査し紹介していきます。このコラムで電気街口へと迷わずに秋葉原ダンジョンを抜け出せるようになること請け合いです。

秋葉原の電気街口が複雑化しているその理由

東京で家電やサブカルチャーを楽しむ場所なら、まず一番に秋葉原が挙げられます。昔からこの地は電気街として有名で、日本だけでなく、世界的にも有名なエリアでもあります。

そんな秋葉原は実は2000年以前はもっと雑多で古びた雰囲気のある地域でした。しかし、ヤングカルチャーが台頭し始め、秋葉原は徐々に活気が取り戻され、ついには行政によっても土地再開発が行われました。そして、今の姿になっています。

その再開発の際に秋葉原駅が大きく変貌しました。元々あった電車の駅と、再開発された道などが絡み合い、いつしか「秋葉原駅から電気街口へ行くだけでも複雑難解」と、まるでダンジョンのような呼ばれ方をし始めています。

この発展と再開発、利用者の拡大が秋葉原駅を複雑化させ、電気街口に向かうのすら困難にさせています。しかし、一度憶えてしまえば難しくありませんので、この記事を参考に電気街口への迷わずに行ける、おすすめの行き方を憶えてください。

Original秋葉原は電気屋激戦区!大きい店舗や安いお店・アウトレットをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
秋葉原は日本でも有数の電気屋激戦区で、大型家電量産店から専門店、アウトレットなど様々なタイプ...

秋葉原駅出口は電気街口など3つ

秋葉原駅が電気街口に出ることすら難しい理由に、秋葉原駅には3つの出口があるという事情もあります。それは「電気街口」、「中央改札口」、「昭和通り口」です。その中で電気街口が最も秋葉原を象徴し、観光スポットでもある出口なので、待ち合わせにもおすすめの場所になります。

とにかく、この「秋葉原駅には3つの出口がある」という事実はしっかりと憶えておかなければなりません。待ち合わせをするにもこのことを忘れていてはなかなか会うこともできません。秋葉原駅は今かなり複雑ですので、迷わずに電気街口に行くことだって困難です。

出口が電気街口以外にもあるという複雑さは、初めての秋葉原駅ならともかく、久しぶりの人でさえ迷わずに進める行き方を思い出せなくなるほどです。もちろん、道案内の看板を見れば電気街口への行き方は一目瞭然ですが、秋葉原駅はアップダウンも激しく、確実に混乱するでしょう。

この電気街口以外にも出口があるということを忘れず、特に待ち合わせをする場合は注意が必要です。とりあえず今回は電気街口のおすすめの行き方を紹介するので、待ち合わせも電気街口にすることをおすすめします。

実は秋葉原駅は3ヶ所

秋葉原の電気街口へ迷わずに向かう行き方が複雑と言われる要因は、前述の電気街口を含めて出口が3つあるという事実だけではありません。実は、「秋葉原駅」と呼ばれる駅が3つもあることです。前項の「出口が3つ」は、中心になる「JR秋葉原駅」の出口についての紹介なので、そのほかにもたくさんのホームや出口が存在します。

秋葉原駅にはJRのほかに2つの路線があり、これが秋葉原の電気街口へと迷わずに行ける方法を複雑にし、おすすめの待ち合わせ場所やおすすめの行き方を難解にしています。

ここではそんな秋葉原の3つの駅を見ていきましょう。これを知ることでおすすめの行き方や、どこで待ち合わせをするかが明確になってきて、秋葉原駅が怖くなくなります。

電気街口があるJR秋葉原駅

まず秋葉原駅の代表格がJR秋葉原駅です。電気街口はこのJR駅の出口のひとつを指します。JRは日本全国から乗り入れが可能なわけですから、乗降客数もまた日本でも上位に入る多さです。そのため、待ち合わせなどは電気街口を始めとしたJR駅の出口にすることをおすすめします。

また、JR駅と言っても、この秋葉原駅に乗り入れる路線は4路線もあります。都内をぐるりと周る山手線。それから、横浜と埼玉県を結ぶ京浜東北線があります。

さらに、総武線おおよび中央線も秋葉原駅に乗り入れています。この路線は快速電車を利用すれば高尾方面からもアクセスでき、同時に船橋や千葉方面からも来ることが可能です。

昭和通りの東京メトロ日比谷線秋葉原駅

電気街口からやや離れますが、東京メトロ日比谷線の秋葉原駅もあります。日比谷線は中目黒から北千住を結んでいる路線で、東京メトロや都営地下鉄など乗り換え駅もたくさんあるので、便利でおすすめです。駅自体はそれほど大きくないので、待ち合わせには便利でしょう。

ただ、地下から上がって、電気街口まではちょっと歩きますので、迷わずに行く自信がない人は慣れるまで少し時間を要する可能性はあるでしょう。しかし、迷わずに行けるルートを憶えてしまえば、行き方は簡単です。

電気街口に近いつくばエクスプレス線秋葉原駅

上記2路線と比較すると最も新しい路線がこのつくばエクスプレスになります。この路線は茨城県のつくば駅とこの秋葉原駅を結んでいる路線で、現在東京都内で開通した鉄道で見ても最も新しい路線となっています。茨城県と秋葉原を結んだので、茨城在住者の東京へのアクセスが格段によくなった、おすすめの人気路線です。

地下鉄駅ではありますが、電気街口に近いので、迷わずに電気街に行ける駅としては最もおすすめの行き方でもあります。

Original秋葉原のコインロッカー!荷物は置いて身軽に街歩き!便利な情報まとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
電気街秋葉原は、家電量販店やアニメショップが立ち並ぶ世界的な観光地です。来るとついつい荷物が...

「JR総武線」などから電気街口へ行く方法

全国からも行き方があり、待ち合わせにもおすすめのJR秋葉原駅から電気街口へ行く方法を紹介しましょう。前述の通り、JR秋葉原駅には山手線と京浜東北線ホーム、総武線ホームの2つからの行き方があります。山手線と京浜東北線の方は迷わずに行きやすいのですが、総武線ホームから電気街口への行き方は少し複雑で、迷わずに行くには最初は難しいです。

各路線のホームの階数が違うことも複雑な理由です。おすすめの行き方は次項から詳しく解説します。迷わずに行けるよう、わかりやすく説明していきます。

山手線と京浜東北線

山手線と京浜東北線ホームは向かい合っていますのでわかりやすいでしょう。JR秋葉原駅の2階にあり、1番線が京浜東北線の上野・大宮方面、2番線が山手線内回りで同じホーム、3番線が山手線外回り、4番線が京浜東北線の東京・横浜方面で同じホーム上にあります。

山手線と京浜東北線のホームから迷わずに行くおすすめの行き方は、ただ1階の電気街口改札を目指すだけです。ホームから見える電気街口の行き方を説明する看板に従って進むだけで、すぐに1階の電気街口改札に辿り着くことでしょう。

非常に簡単なので、最も迷わずに行けるおすすめの行き方は山手線を利用して秋葉原に行くことですただ、このホームは電車の間隔が短く、乗降者数も多いので、待ち合わせをする場合は少し空いている場所を考えるべきでしょう。

中央線と接続する総武線

総武線は5番線が各駅停車の船橋・千葉方面、6番線が各駅停車の御茶ノ水・新宿方面です。ホームは山手線と京浜東北線の上の階に当たる3階になります。多くの人が秋葉原の電気街口への行き方が複雑と言うのは、案外このホームからの話になると見られます。

というのは、総武線のホームからダイレクトに電気街口へと向かう場合、案内看板の通りに進むと、途中で山手線と京浜東北線のホームを通ることになるからです。迷わずに進んでいても、いきなり他路線のホームに出てしまうと混乱することでしょう。

ただ、逆に言えば、山手線のホームに出てしまえば、あとは先のルートと同じで、看板通りに電気街口へと向かえば迷わずに簡単に行けるので、複雑ではありません。

もし迷わずに行く自信がない人には、総武線ホームから別の行き方をおすすめします。それは、電気街口ではなく、昭和通り口に向かう行き方です。やや遠回りですが、人も少ないので、迷わずに行けること請け合いです。この行き方なら山手線や京浜東北線のホームを通らないので、混乱しません。

総武線ホームから昭和通り口に向かって下の下のフロア、すなわち1階まで行くと中央改札口へのエスカレーターと階段に出ます。そこからなら簡単に電気街口改札に行けるでしょう。

電気街口に到着したら、あとは中央通りを目指せば秋葉原の電気街です。北口と南口がありますが、どちらでもかまいません。ここまで迷わずに辿り着けるようになれば、もう秋葉原の電気街口の行き方は完ぺきです。

ちょっと遠い「日比谷線秋葉原駅」から電気街口へ

次は東京メトロ日比谷線の秋葉原駅から電気街口へのおすすめの行き方です。JRほど利用者は多くないので、待ち合わせにも使えることでしょう。ただ、秋葉原駅3駅の中では最も電気街口から遠いです。といっても、徒歩で向かった場合、その差は2分3分といった違いでしかありません。

出口3を目指して行く

まず、東京メトロ日比谷線の秋葉原駅に着いたら「出口3」を目指します。もし待ち合わせをこの駅にするなら、出口3辺りをおすすめします。日比谷線の駅から出口3へはエスカレーターで上がっていきます。そこには「ヨドバシAkiba」の前に出ますので、わかりやすいでしょう。

ここまで来たら「ヨドバシAkiba」の店内を進んでもいいですが、もっと早く電気街口に向かうなら「ヨドバシAkiba」の店舗入口左側にある通路に入りましょう。そうすれば、その先にJR秋葉原駅の中央改札口が見え、すぐに電気街口となります。これが日比谷線の駅からの最もおすすめで、迷わずに行ける方法です。

そこから電気街へはJR中央改札口改札前を横切り、右側にある東西自由通路に入ります。ここを通れば電気街のある中央通りに出ることができます。

「つくばエクスプレス秋葉原駅」から電気街口は簡単

つくばエクスプレス線の秋葉原駅から電気街口への行き方です。この駅はJR中央改札口と繋がっていますから、東京メトロ日比谷線の秋葉原駅どころか、どのホームからよりも簡単に電気街口に行けると言えます。待ち合わせにも便利で、行き方や駅の構造自体が複雑ではないので、おすすめしたい行き方のひとつです。

A1出口から電気街口に向かう

つくばエクスプレスのホームからまずはA1出口に向います。注意点は道順の案内看板には「電気街口」とはなく、「JRへののりかえ口方面」と記載されています。つくばエクスプレスの秋葉原駅は出口が3つしかなく、A3出口は遠いですから、普通に迷わずにA1出口に向かうことができることでしょう。

A1出口を出たら、目の前にJR中央改札口ですから、日比谷線のときと同じように、東西自由道路を通ることで電気街に抜けることができます。このように電気街口へは最も迷わずに行けるほど複雑さはないので、一番のおすすめルートです。

「銀座線末広町駅」からも秋葉原や電気街口に

待ち合わせに適していませんが、秋葉原駅以外からも秋葉原や秋葉原の電気街口に向かうことができます。その中で最寄りになるのが、東京メトロ銀座線末広町駅です。総武線なら新宿から来やすいですが、銀座線ですと渋谷からも秋葉原に行けるとということになります。

銀座線の末広町駅は中央通りに位置しています。つまり、電気街の中心になる大通りですので、駅を出たらそのまま中央通りに沿って南下していけば、そのまま電気街に辿り着けます。徒歩で5分程度です。

「都営新宿線岩本町駅」から秋葉原の電気街口へ

銀座線末広町駅とは反対に、秋葉原の南側にある神田川を越えると靖国通りがあります。そこを東西に走っている都営新宿線岩本町駅からも電気街に向かうことができます。末広町駅よりもやや遠いですが、それでも徒歩10分くらいです。

この駅はどちらかというと昭和通りに寄っているので、日比谷線の秋葉原駅に向かうことになります。あるいは、中央通り側の出口から目指せば、神田川にかかる万世橋を越えればすぐに電気街口があります。待ち合わせには向いていませんが、急ぎの際に使うルートとしては便利です。

「上野駅」から秋葉原の電気街口に歩いて行く

秋葉原に行くための待ち合わせにはまったく不向きですが、ショッピングや観光の中で秋葉原を目指す際、山手線などが通る上野駅や御徒町駅からも秋葉原を目指すことは可能です。徒歩ですと概ね30分くらいは見るべきですが、その間見どころもありますので、意外にすぐに着くという印象です。

上野や御徒町から秋葉原を目指す、おすすめの行き方は中央通りを進むことです。上野ですとアメ横など、御徒町でしたらデパートを見て、中央通りを南下していけばすぐに秋葉原の電気街口に着きます。節約したい人、ちょっと運動をしたい人におすすめの行き方です。

なぜ人々は秋葉原の電気街口を目指すのか

秋葉原は昔から賑やかな場所でした。2000年代初頭に再開発され、だいぶ姿が変わりましたが、むしろそれ以降になって人が増えたようです。人々はいつも秋葉原の電気街口を目指すのです。

​では、そんな秋葉原の電気街口にはどんな魅力があるのでしょうか。ここではそんな秋葉原の電気街口にまつわる歴史などを紐解いて見ていきましょう。

秋葉原と電気街口の歴史

秋葉原の歴史は長く、第2次世界大戦後、戦争に負けた混乱の日本の中で闇市として発展した場所でもあります。現在は千代田区にありますが、上野などの台東区に隣接し、東京の下町だったので、闇市も自然できあがっていったのです。

その後、高度経済成長期に入ると電子機器や部品、ソフトウェアを取り扱う店が建ち並ぶようになりました。そうして、世界有数の電気街として発展していった結果が、秋葉原という街を今の姿にしたわけです。闇市から発展したジャンク品商店がさらに進化し、電子部品を扱い、そして家電量販店へと移り変わりました。

さらに時間が経つと、音楽ブームによってレコードやCDを取り扱う専門店が増え、今度はそれがテレビゲームなどの店へと変わり、秋葉原は発展しました。

ヤングカルチャー発祥の地

テレビゲームのブームが本格化し、そこから派生したホビーショップやアニメショップもでき、ついには日本のアイドルを代表するAKB48の劇場もでき、秋葉原は若者のヤングカルチャーやサブカルチャーの聖地にもなりました。ちょうど都市再開発で秋葉原駅を中心に多くの複合ビルが建設され、その姿が大きく変わりました。

コスプレなど、いわゆるオタクカルチャーも秋葉原が中心で、経済的な影響力も強かった時代もありました。しかし、都市開発で秋葉原は観光地やオフィス街へと変貌し、かつてあったアンダーグラウンドな店は徐々に減りつつあります。一方で、カジュアルな店が並ぶようになっているので、一般客や観光客が増えているのも事実です。

秋葉原と電気街口は世界共通語?

秋葉原は今や日本だけでなく、世界的に見ても有数の電気街であり、観光地になっています。特に東京の人にはごく普通の街並みに感じますが、案外、世界的な観光地としての顔も秋葉原は有しています。かつて日本の製造業が世界一であり、日本製品を世界中の人が追い求めた際、秋葉原は世界から注目されました。

そして、今は前述の通り、電気街の顔を持ちつつ、日本のサブカルの発信地でもあるため、秋葉原は世界に通用する名称になっています。秋葉原の略称であるアキバから「AKIBA」といえば秋葉原であると、世界中の人が知っているほどです。

免税店も増えている

秋葉原が外国人にも人気の理由に免税店があります。近年は日本政府の方針で外国人観光客を広く受け入れるため、免税店の幅が広がり、服飾店などでも免税を掲げる店が増えました。

しかし、2000年代以前は免税店というと、空港以外では秋葉原以外では見ないというほどで、街全体が免税対応に慣れているとも言えます。日本に暮らしている場合はその措置を享受できないので関係ありませんが、外国人にとっては消費税が免除になるので、高い買いものをすればするほどお得になります。

こういった対応が秋葉原を日本人だけでなく、世界中の人々からも注目させる要因になっているのです。秋葉原の電気街口はインターナショナルな場所でもあります。

Kenta 932fhatubai tp v秋葉原でおすすめの観光スポットを紹介!カップルでも1人でも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
アニメの聖地と呼ばれている秋葉原。ここはソフマップやアニメイトなど魅力的な観光スポットが立ち...

秋葉原駅と電気街口の夜の様子

秋葉原駅や電気街口の治安も気になるところです。この辺りは電気街としてだけでなく、オフィス街としても機能していますから、飲食店も多く、夜遅くまで人通りがあります。その中では比較的治安はいい方だとされています。

秋葉原の電気街口近辺で心配するべきは、置き引きやスリといった犯罪です。それ以外では強盗や殺人といった重大な凶悪事件は滅多に起こりませんので、そのあたりは心配無用でしょう。秋葉原駅の電気街口近くには警察署もありますので、安心感があります。

秋葉原の電気街口への行き方は知ってしまえば簡単

ダンジョンとまで言われる秋葉原ですが、新宿や渋谷駅に比べると、まだまだかわいいものです。ちょっと難しいのは、総武線のホームから電気街口への行き方、また日比谷線から電気街口がちょっと遠いので道のりを憶える必要があることくらいです。

それでも複雑さはそれほどではありませんから、一度行ってみればすぐに憶えることができるでしょう。ダンジョンとはいえ、電気街口への行き方はそんなに複雑ではありません。ぜひ、この記事を読んだらご自身の足で秋葉原駅と電気街口周辺を散策してみてください。

関連記事

関連するキーワード

330.thumb
この記事のライター
三尾根忠方
東京都出身の旅好きウェブライター。国内外の旅行へ、年に何度も出かける。旅の目的は主に食事。現地の食べものに、たとえ海外の屋台であっても果敢に挑戦することを心がけている。費用をかけるスタイルも好きだが、ローカルのバスを乗り継いで時間をかけた旅をしたい派。より深く現地を知りたいので、同じ場所に何度も行くことも好き。

秋葉原・神田・御茶ノ水の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

秋葉原・神田・御茶ノ水の新着のまとめ