バルセロナ空港から市内へのアクセス方法を徹底検証!バスや電車での移動は?

2020年2月24日 (2020年2月25日最終更新)

バルセロナ空港=バルセロナ・エルプラット国際空港は、スペインの観光地バルセロナ市内最寄りの国際空港です。市内からわずか14kmですが、アクセスには交通機関を使うことになります。ここでは、そんなバルセロナ空港から市内へのアクセス方法を紹介します。

目次

  1. バルセロナ空港はバルセロナ市内からわずか14km
  2. バルセロナ空港の到着ターミナルを確認
  3. 注意!「バルセロナ」と付く空港がもうひとつ
  4. バルセロナ空港からバルセロナ市内へのアクセスは6通り
  5. バルセロナ空港からバルセロナ市内へ1「電車」
  6. バルセロナ空港からバルセロナ市内へ2「地下鉄」
  7. バルセロナ空港からバルセロナ市内へ3「バス」
  8. バルセロナ空港からバルセロナ市内へ4「タクシー」
  9. バルセロナ空港からバルセロナ市内へ5「空港送迎」
  10. バルセロナ空港からバルセロナ市内へ6「レンタカー」
  11. バルセロナ市内からバルセロナ空港への行き方
  12. バルセロナ空港最寄りの観光スポット
  13. バルセロナ空港おすすめのお土産は?
  14. バルセロナ空港からバルセロナ市内は安全なルートで

バルセロナ空港はバルセロナ市内からわずか14km

日本人に人気がある旅行先はヨーロッパですが、中でもスペインは特におすすめです。さらに、そのスペインでも注目されるのが、バルセロナです。独特の建築物があったり、芸術、文化、さらには世界的に知名度の高いスペインのサッカーチーム「FCバルセロナ」などがあり、日本人の好奇心をくすぐるものが多いです。

そんなバルセロナへの旅行は日本からですと多くが飛行機になります。バルセロナの玄関は「バルセロナ・エルプラット国際空港」です。バルセロナ空港とも呼ばれ、スペインでは2番目に大きな空港となっています。

バルセロナ空港は市内からおよそ14kmという距離。近いといえば近いですが、歩いて行ける距離でもありません。そこで、そんなバルセロナ空港から市内へのアクセス方法を紹介します。初めてのバルセロナ旅行でも確実に市街地に辿り着ける行き方を紹介します。

バルセロナ空港の到着ターミナルを確認

バルセロナ空港、すなわちバルセロナ・エルプラット国際空港へは、日本から直接アクセスできません。経由便になりますので、到着ターミナルに注意する必要があります。

その際、マドリードやシェンゲン協定国からバルセロナ空港に入る場合、入国審査は不要です。飛行機を降りたら「Exit」や「Baggage claim」の看板に従って荷物を受け取り、空港を出ることができます。一方、その他の国から来る場合は「Passports control」に向かい、入国審査を受けましょう。

自分がどこを経由するのか、バルセロナ空港で入国審査が必要かどうかは事前に調べておくべきです。その上で、到着するターミナルも把握しておきましょう。

バルセロナ空港ターミナル1

バルセロナ空港(バルセロナ・エルプラット国際空港)には2つのターミナルがあります。ターミナル1とターミナル2です。

ターミナル1は2009年に完成したばかりで、きれいで近代的な建物です。日本やほかの国から来る90%以上の旅行者がターミナル1に到着するとされています。それくらい利用者の多いターミナルです。

バルセロナ空港ターミナル2

ターミナル2はバルセロナ・エルプラット国際空港のターミナルにおいて、古い方などと呼ばれるターミナルで、現在は主に格安航空会社(LCC)が発着するターミナルになっています。そのため、日本からの旅行ですと、あまり使わないターミナルです。

ただし、まったく使わないターミナルというわけでもありません。なぜなら、後述する市内へのアクセスのうち鉄道はこちらに発着するからです。場合によってはこちらのターミナルも利用することになるでしょう。

注意!「バルセロナ」と付く空港がもうひとつ

バルセロナは日本から直行便が現状ないので、どこかの国、あるいはスペイン国内の空港を経由することになります。そして、どの旅行者においても、バルセロナ空港に向かう際に重要な事柄を憶えておかなければなりません。それは「バルセロナ」とつく空港がバルセロナ近辺に2ヶ所あるからです。

バルセロナには「バルセロナ・エルプラット国際空港」と、「ジローナ空港」があります。この事実を忘れてしまうと、場合によっては間違った空港に到着してしまい、この記事が役に立たなくなることもあるでしょう。

一般的に「バルセロナ空港」と呼ぶ場合、それはこの「バルセロナ・エルプラット国際空港」を指します。ジローナ空港はバルセロナ市内から遠く、タクシーでも1時間はかかる距離です。市内から近く、かつ一般的に旅行者からバルセロナ空港と呼ばれるのは「バルセロナ・エルプラット国際空港」ですので、間違いのないようにしてください。

この記事では以降、特に注釈がない限り、バルセロナ空港というときには「バルセロナ・エルプラット国際空港」を指します。電車やバスのアクセスも、あくまでも「バルセロナ・エルプラット国際空港」からの行き方になります。

バルセロナ空港からバルセロナ市内へのアクセスは6通り

初めてのバルセロナ旅行では、やはり空港から市内へのアクセスがどうなっているのか気になるところでしょう。ここではそんなバルセロナ空港からバルセロナ市内へのアクセスにはどんなものはあるのかを見ていきます。結論から言えば、空港から市内へのアクセスは6つの方法が存在しています。

電車

まずは電車、すなわち鉄道です。スペインの国鉄レンフェの近郊線がバルセロナ空港から市内へアクセスしています。これがバルセロナ空港から市内に行く方法で一番安い行き方になっています。

レンフェの空港から市内への料金は片道4.10ユーロです。R2号線がターミナル2~マカネット・マサネスという区間を走っています。途中でサンツ駅やパセッチ・ダ・グラシア駅といった旅行に適した駅にも停車しますから、特にこれらの駅の周辺に泊まる旅行者には便利です。

地下鉄

バルセロナ空港から市内へのアクセスには地下鉄もあります。これは2016年に開通したばかりで、地下鉄(メトロ)で簡単に市内へとアクセスできます。

地下鉄の料金は空港バスよりも0.75ユーロ安いので、リーズナブルに市内へとアクセスできる一方、中心部までは乗り継ぎ時間も含めて50分ほどかかります。そのため、時間に余裕がある人に向いたアクセス方法と言えるでしょう。

バス(空港バス)

近年、バルセロナを訪れる旅行者に一番人気で、便利だと言われているのが空港バス「アエロバス(Aerobus)」です。バルセロナ空港から市内中心部であるカタルーニャ広場を結んでいます。

運行時間も早朝から深夜までで、365日同じスケジュールなの週末や祝祭日に注意する必要がありません。しかも、車内には無料のWi-FiとUSB充電器がありますので、市内への移動中に情報収集も可能です。大きなスーツケースラックもありますので、まさに旅行者向けです。

タクシー

どの国もそうですが、空港から市内へのアクセス方法にタクシーもあります。もちろんバルセロナ空港も同じです。空港から直接ホテルまでアクセスできるので、人数や荷物が多い場合にはかなり便利で、割安感もあるでしょう。

バルセロナ空港から市内へのアクセスはメーター制です。料金目安はバルセロナ市内中心のホテルまで35~40ユーロ程度です。状況にもよりますが、中心部まで所要30分前後と見ます。チップは不要で、支払時に端数を切り上げれば問題ありません。ただ、高額紙幣はおつりがないときもあるので、注意が必要です。

空港送迎

空港タクシーはあまり危険ではないのですが、初めてのバルセロナ旅行では心配な人もいることでしょう。その場合は、空港送迎サービスを利用しましょう。

旅行代理店などが販売するオプショナルツアーにある空港送迎サービスを利用したり、宿泊するホテルに事前に送迎を依頼すれば利用できます。基本的には貸し切りのチャーターですし、直接ホテルまで送迎してもらえるので、旅行者には安心して市内にアクセスできる点は大きなメリットです。

レンタカー

旅行の上級者、あるいはバルセロナに慣れている人であれば、空港でレンタカーを借り、市内までアクセスすることも可能です。滞在中の数日間をレンタルすれば、空港から市内だけでなく、バルセロナ近郊など好きなところに行けるので、旅行プランの幅が広がります。ただし、事前に国際免許などを用意しなければなりません。

バルセロナ空港からバルセロナ市内へ1「電車」

ここからはバルセロナ空港から市内へのアクセス方法をもっと具体的に見ていきます。まずは鉄道でのアクセスについて見ていきましょう。

国鉄レンフェの空港駅は残念ながら古いターミナルであるターミナル2にしかありません。そのため、ターミナル1に飛行機が発着する場合、ターミナルの移動に時間がかかります。

ターミナル1の到着ロビーの看板に電車マークがありますので、それに従って進んでいけば無料シャトルバス乗り場に着きます。このバスでターミナル2に向かい、連絡通路を渡ればレンフェの空港駅です。

所要時間

レンフェの利用は誰にでも便利とは限りません。空港から出るR2号線はサンツ駅に向かいます。この駅はバルセロナのターミナル駅で、レンフェのほかの路線、地下鉄、スペインの新幹線のAVE、国際列車なども発着しています。

そのため、バルセロナだけでなくスペインやヨーロッパの周遊旅行に向いた拠点であるので、サンツ駅周辺に泊まる旅行者なら、レンフェを使って空港から市内に行くのは便利です。

また、このR2号線はカタルーニャ広場近くのパセッチ・ダ・グラシア駅、サグラダファミリアからたった2駅のクロット駅にもアクセスできます。空港からサンツ駅までの所要時間は20分ほど。パセッチ・ダ・グラシア駅へは27分くらい、クロット駅までは約31分といった所要時間となっています。

運行は早朝以外は30分間隔ですので、多少時間に余裕があって、安くバルセロナを周遊したい人には空港からのアクセスだけでなく、市内旅行に便利です。

I005 022バルセロナのホテルおすすめ11選!高級ホテルや観光に便利なホテルを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
スペイン第二の都市バルセロナは地中海沿岸に位置する港湾都市です。この街はサグラダファミリヤを...

バルセロナ空港からバルセロナ市内へ2「地下鉄」

2016年に開通した地下鉄(メトロ)も市内へのアクセスに便利です。先述の通り、料金は空港バスよりも0.75ユーロ安いのですが、デメリットは50分はかかること、スリが多くて荷物をたくさん持っている旅行者は狙われやすいという点です。初めてのバルセロナ旅行であれば空港バスをおすすめします。

ルート

バルセロナ空港と市内を結ぶ地下鉄路線は「L9S線(L9南線)」に乗ります。駅には路線図がありわかりやすいので、その中でオレンジ色のラインをみつけましょう。それがL9S線になっています。

ルートはバルセロナ空港ターミナル1~ソーナ・ユニベルシタリアの区間です。沿線に泊まる場合は空港から地下鉄でもいいでしょう。また、この地下鉄はバルセロナ空港のターミナル1とターミナル2の両方に発着しますので、どちらのターミナルでも利用しやすいです。

運行時間と料金

地下鉄の運行時間は曜日などで異なるので注意しましょう。まず、月曜~木曜および日曜日と祝日は5:00~24:00、金曜と祝前日 は5:00~翌2:00まで、そして土曜はなんと24時間運行です。所要時間はバルセロナ空港から終点のソーナ・ユニベルシタリア駅までで約32分ほどです。運行は7分間隔になっています。

空港線は、ほかの地下鉄路線で使える1回券(2.40ユーロ)が利用不可です。そのため、空港線用のチケットを買わなくてはなりません。空港使用料込みになったエアポートチケットがありますので、それを片道なら5.15ユーロで購入します。

注意点は乗り換え

宿泊地や目的地がL9S線上であれば問題ないですが、そのほかのエリアに空港から向かう場合、あるいはバルセロナ市内中心へ向かうには、最低でも1回は乗り換えなければなりません。

ただ、L9S線は全15駅のうち6駅が乗り継ぎ駅です。地下鉄各路線、カタルーニャ鉄道FGC、国鉄レンフェの近郊線に乗り換えができるので、決して不便ではありません。

バルセロナ空港からバルセロナ市内へ3「バス」


バルセロナ空港から市内へのアクセスで最もおすすめなのが、このバスです。空港バス、すなわちアエロバスが最も安全で、リーズナブルに市内へアクセス可能です。

乗り場は到着ロビーにある案内看板「Bus」に従い進むだけです。ターミナルからエスカレーターで下の階へ下りればすぐにみつかることでしょう。ターミナル1、ターミナル2の両方で利用できます。

ルートと所要時間

アエロバスの運行ルートは、利用者が多いターミナル1で説明しますと、バルセロナ空港ターミナル1~スペイン広場~グランビア・ウルヘル~プラサ・ウニベルシダ~カタルーニャ広場になっています。所要時間は空港から終点まででおよそ35分です。地下鉄よりもずっと早く市内にアクセスできます。

アエロバスの運行間隔は注意が必要です。時間帯によって間隔が違うからです。5:35~7:20ですと10分毎、7:30~22:20の間は5分毎、そして22:25~1:05は10分毎になります。

料金

アエロバスの料金は片道5.90ユーロです。往復は少し安いので10.20ユーロ。もし帰りもアエロバスを利用するのであれば往復チケットを買った方がお得です。ただ、注意が必要なのは、往復チケットは購入から15日間が有効期限である点です。

チケットはバス停の係員、もしくはバスの運転手から購入できます。またクレジットカードしか使えませんが自動券売機もありますし、アエロバス公式サイトかチケット販売サイトからオンライン予約でも手に入れることができます。

バス利用の注意点

現地にて係員や運転手からチケットを購入する際、高額紙幣は使えません。使えるのは20ユーロ以下の現金のみです。両替時に小額紙幣を混ぜてもらうといいでしょう。あるいは、先のように公式サイトや予約サイトを経由してオンラインで購入すれば問題は解決できます。

バルセロナ空港からバルセロナ市内へ4「タクシー」

空港からバルセロナ市内へタクシーで行く方法を紹介ます。まず乗り場ですが、到着ロビーから見える「TAXI」の看板に従って進みます。空港バスと同じで下のフロアに行くと、そこにタクシー乗り場があります。認可されたタクシーは黒と黄色の車体です。

タクシー乗り場に係員がいるので、指示に従います。このタクシーの料金は初乗りが2.10~2.30ユーロ、1kmにつき1.10~1.40ユーロが加算されます。注意したいのは、空港使用料が3.10ユーロほど別途かかります。また、夜間や休日には3割増の料金、トランクの荷物料金として1個につき1ユーロ(最大4個まで)も請求されます。

バルセロナ空港からバルセロナ市内へ5「空港送迎」

バルセロナ空港から市内への送迎サービスを利用した場合です。料金はサービスによって違いますが、ツアー会社では安いところで42ユーロ水準です。バスや鉄道と比較するとかなり高額ですが、タクシーと比べてるとそれほど高く感じません。

ホテルなどに依頼すると、名前を掲げた人が待っていてくれることがあります。詐欺師などがそれを盗み見て先回りして立っていることもありますので、事前にどんな人が迎えに来るか、ホテルに確認しておくといいでしょう。

バルセロナ空港からバルセロナ市内へ6「レンタカー」

旅行に慣れた人はレンタカー利用もあるでしょう。特にヨーロッパはレンタカーは安い移動手段という認識です。小型車や中型車なら3日間で10~20ユーロ(保証金別途)で借りることもできます。

ただ、先述の通り、借りるためには免許証を忘れずに持っていかなければなりません。それも国際免許証と一緒に、日本で使っている日本の免許も持参する必要があります。現地の警察官がどこまで把握しているかは不明ですが、本来は免許証と国際免許証の両方が揃っていないといけません。

バルセロナ市内からバルセロナ空港への行き方

旅行が終わり、日本に帰るにはまたバルセロナ空港に向かう必要があります。その際の帰り方も知っておいて損はないでしょう。特に帰りは旅行で身体も疲れていますし、お土産など荷物が増えていることもあるからです。

ここでは、市内から空港への行き方を紹介します。簡単に言えば、空港から市内へアクセスしたルートを逆に辿ればいいだけではありますが、しっかりと解説します。

電車と地下鉄

鉄道でバルセロナ空港へ向かう場合、バルセロナのターミナル駅であるサンツ駅からR2号線に乗ります。これはプラットホーム9番と10番に発着するのでわかりやすいです。あるいは看板に「AIRPORT」と大きく書かれているので、そこを目指して進んでいきます。

ただし、国鉄レンフェはバルセロナ空港のターミナル2のみの発着です。そのため、ターミナル1を利用する場合は連絡橋を渡り、無料シャトルバスに乗る必要があります。

バス

アエロバスの、市内から空港ターミナル1への運行ルートはカタルーニャ広場~セプルベダ・ウルヘル~スペイン広場~バルセロナ空港ターミナル1です。

運行間隔は時間帯によって違いますが、最も利用する人の多い時間帯である6:50~21:45で5分毎です。それ以外の時間帯でも10分毎なので、焦る必要はありません。所要時間は状況によりますが概ね35分ほどです。

市内のバス停にはターミナル1と2の両方のバスが発着します。見た目は同じなので、番号を注視しましょう。ターミナル1行きは「A1」、ターミナル2行きは「A2」になっています。

タクシーと空港送迎

タクシーと空港送迎でも空港に向かうことができます。ただ、今から行くというときになかなかつかまらないのも事実です。特に空港送迎サービスは事前予約が必要です。もしこの方法で空港に向かいたい場合は、ホテルなどに事前に申し込んでおきましょう。それが最善の対策です。

バルセロナ空港最寄りの観光スポット

バルセロナ空港に最寄りの観光スポットを紹介します。とはいえ、空港自体がバルセロナ市内に近いですから、「空港のそば=市内」と言っても過言ではありません。バルセロナが有名とはいえ地方の一都市であるので、空港から近いというメリットのおかげです。

そんなバルセロナで注目したいのは独特の建築文化です。世界的に有名なガウディが設計し、今もまだ建設中の「サグラダ・ファミリア教会」に代表される、バルセロナならではの建築様式です。市街地全体が曲線で構成され、日本人には不思議な感覚に陥ります。

また、バルセロナはスペイン有数の食文化も持ち合わせています。日本でも人気のあるパエリアなど、バルセロナはシーフードがおいしい場所としても知られています。

Ell96 enba su tp vバルセロナ観光の見どころ!モデルコースあり!地図を片手に名所を巡る! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
バルセロナは、スペインで人気の観光都市です。バルセロナには、世界遺産に登録されているガウディ...

バルセロナ空港おすすめのお土産は?

旅行の楽しみのひとつはお土産です。誰かに買うこと、自分に買うこと。どんなものであれ、旅先のお土産というのはウキウキします。バルセロナは特におすすめのお土産がたくさんあります。市街地でも購入できますが、空港でもお土産はたくさんあります。

ここでは、そんなバルセロナ空港で買えるお土産を紹介します。買い忘れの場合、あるいは荷物が増えることを嫌な人は旅行の最後のショッピングを空港で楽しむことにしましょう。

オリーブオイル

バルセロナ空港で購入できるお土産でおすすめなのは、スペイン産のオリーブオイルです。特に「AZADA]というスペインのメーカーが人気です。なぜなら、フレーバーオリーブオイルだからです。これはタイムやオレガノなどをオリーブオイルに漬けておくことで、香りがよくなっているものになります。

このAZADAであれば、フレーバーに唐辛子やガーリックといった定番から、ビーナッツやアーモンドのナッツ、レモンやオレンジの柑橘類といった香りが揃っています。ボトルもおしゃれで、バルセロナ空港で購入できる人気のお土産です。

ソベラノ

バルセロナ空港で買えるおすすめのお土産に「ソベラノ」があります。これはシェリー酒で、ポートワインやマデラワインに並ぶ酒精強化ワインです。スペインではよく飲まれているもので、ソベラノはシェリー酒醸造会社の中で最も有名で、1835年に創業したブランドでもあります。

食前酒として最適で、バルセロナ空港で人気のお土産です。ただ、気をつけたいのはお土産だからと大量に購入すると、日本を始め、次の入国地において関税がかかってしまうことがあります。次の到着地の法令を事前に確認しておいた方がいいでしょう。

雑貨店「ナチュラ」

スペインのおすすめのお土産に「ナチュラ」があります。これは1992年にバルセロナでオープンした雑貨店で、スペインやポルトガル、メキシコでヒットしている人気店です。このショップのグッズがバルセロナ空港でもお土産として購入できるのです。

ナチュラは本来はライフスタイルショップで、アパレルから小物まで揃っています。今人気なのが、子ども向けのスクールバックパックです。8種類の色合いが鮮やかで、子どもが通学に使うのに適したサイズです。

このお土産店はターミナル1の1階、ショッピング広場のスカイセンターにできました。市内で買い忘れた場合にここでショッピングできるチャンスが残っています。

「FCバルセロナ」のグッズ

スペインには熱狂的なサッカーファンがいます。特にバルセロナは世界的に有名なプレイヤーもいるクラブチームがあり、そのユニフォームなどもまたお土産として人気があります。このサッカーチーム「FCバルセロナ」のグッズがバルセロナ空港でも購入できます。空港内に数店舗はあるので、手軽に手に入れられるお土産のひとつです。

Photo 1477040648049 a289a91626c1?1500341833バルセロナのお土産を厳選!おすすめのばらまき用から自分用まで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
スペインの人気の都市バルセロナ。お土産選びも旅行の醍醐味の1つではないでしょうか。今回は、バ...

バルセロナ空港からバルセロナ市内は安全なルートで

バルセロナ・エルプラット国際空港から市内にアクセスする方法で重視したいのは安全性です。料金が安いに越したことはありませんが、自身のトラブルの対処能力を考えて選択しましょう。特に夜間に到着する場合、バルセロナは慣れていない人には危険です。

バルセロナは外国人が身体的な危険にさらされることは少ないですが、スリなどは多いです。そのため、そういった目に遭わないようなアクセス方法を選びましょう。それだけでバルセロナ旅行がいいものになるか、嫌な思い出になるか、明暗が分かれてしまいます。

関連記事

関連するキーワード

330.thumb
この記事のライター
三尾根忠方
東京都出身の旅好きウェブライター。国内外の旅行へ、年に何度も出かける。旅の目的は主に食事。現地の食べものに、たとえ海外の屋台であっても果敢に挑戦することを心がけている。費用をかけるスタイルも好きだが、ローカルのバスを乗り継いで時間をかけた旅をしたい派。より深く現地を知りたいので、同じ場所に何度も行くことも好き。

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する