浅草で揚げまんじゅうならココがおすすめ!食べ歩きにもピッタリ!

2020年3月8日 (2020年3月12日最終更新)

東京の観光名所である浅草。浅草には様々なグルメが揃っていますが、その中でも食べ歩きにぴったりのグルメが揚げまんじゅうです。外はさくっとしており中のあんことのバランスも絶妙な揚げまんじゅう。浅草にある揚げまんじゅうの人気店についてご紹介しましょう。

目次

  1. 浅草でおすすめの揚げまんじゅうをご紹介!
  2. 日本が誇る観光地の浅草は美食の街
  3. 浅草観光中に食べ歩きできるグルメも!
  4. 浅草のおすすめ揚げまんじゅう①「金龍山浅草餅本舗」
  5. 浅草のおすすめ揚げまんじゅう②九重
  6. 浅草のおすすめ揚げまんじゅう③中富
  7. 浅草のおすすめ揚げまんじゅう④菊水堂
  8. お土産の揚げまんじゅうの温め方
  9. 浅草で人気の揚げまんじゅうを食べ比べしよう!

浅草でおすすめの揚げまんじゅうをご紹介!

東京を代表する観光地である浅草。日本各地からだけではなく、外国の方も浅草を目当てに日本を訪れるということもあるほどです。そんな浅草では浅草寺を代表として観光名所が多数ありますが、それ以外にも美味しいグルメが豊富に揃っています。今回はそんな浅草で食べられる「揚げまんじゅう」についてご紹介します。

日本が誇る観光地の浅草は美食の街

世界中から観光客が訪れる人気の浅草では、観光名所を回るだけではなく美味しいグルメが揃っているということで知られています。美食の街とも言われている浅草では、老舗のお店から近年新しくオープンしたお店まで様々な飲食店が軒を連ねており、美味しいものを食べるために浅草を訪れるという方も多いです。

歴史ある伝統的な名店が多数

浅草には誰もが名前を一度は聞いたことがあるという歴史的な名店が多数あります。代表的なお店では、江戸前天丼が食べられる「まさる」や、牛鍋の「今半」、江戸時代から庶民に愛されてきた「駒形どぜう」など、昔と変わらず現代でも多くの方から支持を得ている有名店が揃っています。

行ったことはなくても、テレビなどのメディアで一度は耳にしたことがあるお店が多いでしょう。昔ながらの味を守りながらも現在でも多くの方に受け入れられている名店が浅草には多いです。

浅草は多彩なグルメが味わえる

浅草では老舗の名店の他に、近年新しく話題になったお店も多数あります。うなぎやどじょう・天丼・そばといった和食の名店の他に、カツレツなどの洋食店、パンケーキなどのスイーツ店など多種多彩なグルメを味わうことができるのが浅草の魅力です。そのため、浅草を訪れる方は老若男女問わず様々です。

浅草観光中に食べ歩きできるグルメも!

浅草では、一つのお店でじっくりと腰を据えて食べるという方法も良いですが、少しずつ色々なものを食べ歩くということもおすすめです。実際に、浅草の仲見世通りを歩くと、せんべいやお団子、ソフトクリームにたい焼きなど様々な食べ歩きできるグルメが並んでいます。その中でも人気が高い「揚げまんじゅう」に今回は焦点を当てていきましょう。

食べ歩きにおすすめの浅草名物揚げまんじゅうとは?

まずは、「揚げまんじゅう」について簡単にご紹介していきましょう。揚げまんじゅうとは、浅草の食べ歩きにぴったりのグルメで、その人気はここ数年上昇しています。あまりメジャーな存在ではなかった揚げまんじゅうですが、現在は浅草を歩いていると揚げまんじゅうを片手に散策している方も多くみかけるようになっています。

揚げまんじゅうはどんな味?

揚げまんじゅうとは、名前のとおりまんじゅうを揚げてあるものです。そのため、普通のまんじゅうであれば外側の皮はふんわりとしていますが揚げまんじゅうの外側はカリッとしており生地自体はサクサクとした歯ごたえです。

中に入っている具材は、やはりまんじゅうということであんこが定番です。程よい甘さのあんこがアツアツになっており、サクサクの皮と相性抜群です。

中の具材はあんこが一般的ですが、あんこ以外にも様々な味のものが販売されています。揚げたてを提供してくれるお店も多く、揚げたてアツアツの揚げまんじゅうは他の何にも代えがたいほどの美味しさです。

浅草で揚げまんじゅうが食べられるエリアは?

浅草では食べ歩きができるお店が多数ありますが、実際に揚げまんじゅうを食べることができるエリアはどこなのでしょう。浅草では揚げまんじゅうを提供しているお店自体は多数あります。浅草の中でも様々なエリアで揚げまんじゅうのお店がありますが、やはり一番店舗が多いのが仲見世の周辺です。

揚げまんじゅうだけでも多数の店舗があり、揚げまんじゅうを食べ比べてみるのもおすすめです。また、揚げまんじゅうはお土産としての購入も可能です。お土産としてお求めの際も、仲見世商店街に行かれると確実にお店が見つかるでしょう。

浅草のおすすめ揚げまんじゅう①「金龍山浅草餅本舗」

それでは、浅草に多数ある揚げまんじゅうを提供しているお店の中でも、特におすすめのお店を4軒ご紹介していきましょう。まずは「金龍山浅草餅本舗」です。こちらは1675(延宝3年)に創業したという浅草一の老舗のお店で、浅草寺伝法院の前にあり通称「金龍山」と呼ばれています。

創業以来340年以上続いている老舗中の老舗のお店で、浅草の揚げまんじゅうといえば多くの方が名前を挙げることが多い人気店です。揚げまんじゅう自体は昭和33年から販売し始めたとのこと。揚げまんじゅうは食べ歩きではなくお土産として購入される方も多いです。

歴史ある老舗の揚げまんじゅうはお土産にも最適!

金龍山浅草餅本舗での揚げまんじゅうは1個単位ではなく5個からの販売となっています。5個入で750円・6個入で890円・10個入で1480円です。箱に入れて提供されるため、そのままお土産として持ち帰るという方も多いです。

揚げまんじゅうを1個ずつ販売しているというお店が多い中、ばら売りはしないという金龍山浅草餅本舗ですが、それは揚げまんじゅうを食べると手が油でどうしても汚れてしまいます。その汚れてしまった手で他の商品を汚してしまわないようにという配慮があります。

それ以外にも、もともと境内は飲食禁止であるため、食べ歩きをしないようにという配慮のために箱に入れて販売しているのです。

そういった細かい配慮があるために現在でもバラ売りはせずに昔ながらの箱売りを続けているのです。ぜひ金龍山浅草餅本舗の揚げまんじゅうを購入する際にはその場で食べずにお土産として持ち帰るのをおすすめします。

持ち帰った揚げまんじゅうは、そのまま食べても美味しいですが、トースターで少し温めなおして食べると揚げたての美味しさがよみがえります。

サクッとした食感が特徴の揚げまんじゅう

金龍山浅草餅本舗の揚げまんじゅうの特徴は、衣が薄付きだということです。そのため、外はサクッとした食感が特徴となっています。油で揚げてあるにも関わらず上品な味わいで、中のこしあんとの相性も抜群です。

1つでは手が止まらずに何個も食べてしまいたくなる美味しさで、5個入をお土産用に買ったのに全部自分で食べてしまったという口コミも見られるほどです。

名物の浅草餅でも有名

金龍山浅草餅本舗では、揚げまんじゅうの他に「浅草餅」が有名です。ただし、現在では浅草餅はなかなか購入できません。浅草餅自体は製造するのが非常に大変だということで、お正月すぎの日にちを限定して販売しているとのことです。
 

また、浅草餅は少量販売ということもあり販売すると午前中には売り切れてしまいます。そのため、めったに目にかからない浅草の名物グルメとなっています。ぜひ揚げまんじゅうの他に浅草餅を見かけたら購入することをおすすめします。

店舗情報

金龍山浅草餅本舗は、各線浅草駅から徒歩5分ほど、浅草にある仲見世でも少々奥まった場所に店舗があります。具体的には伝法院の目の前にあり、伝法院に行くとすぐにわかるでしょう。営業時間は8時半から17時半まで、定休日は毎週水曜日です。揚げまんじゅうや浅草餅の他に切山椒も販売しています。

住所 東京都台東区浅草2-3-1
電話番号 03-3841-9190

浅草のおすすめ揚げまんじゅう②九重

浅草の揚げまんじゅうのお店、続いてご紹介するのが「九重」です。浅草寺から3軒目のという非常にわかりやすい場所にあり、揚げまんじゅうを実演販売しています。

その場で揚げているため、揚げたての揚げまんじゅうを購入することができると大人気のお店です。種類も豊富で、食べ歩き用に一つからでもお土産用に大量でも、どちらでも購入できる便利なお店です。

揚げたてをその場で食べよう!

九重では1個から購入することができ、揚げたての状態で提供されるためアツアツを食べることができます。揚げ油は3種類の高級な油をブレンドしたものを使用しており、まんじゅうの中のあんこは国産の小豆を使用しています。

食べ歩きができるように、それぞれの個数の分包み紙が入っているのも嬉しい配慮です。揚げてあるものなので、どうしても手が油でべたべたになってしまいますが、包み紙で揚げまんじゅうを持ちながら食べると手が汚れることを防げます。

14時から15時頃のちょうどおやつの時間帯には非常にお客さんが多く、購入するまで列に並ぶこともあります。それほどまで人気が高く、それでも揚げたての揚げまんじゅうを一口食べると並んでいた甲斐があると思えるほどの美味しさです。

九重の揚げまんじゅうは、外はカリッとしており中のあんはサラッとしたこしあんが入っています。甘さが控えめなので、普段甘いものを食べないという方でも美味しくいただくことができます。

11種類の揚げまんじゅうが楽しめる

九重の揚げまんじゅうの特徴と言えばなんといってもその種類の多さです。スタンダードなものから、ゴマ・抹茶・かぼちゃ・さつまいも・カスタード・さくら・もんじゃ・カレー・チョコレート・栗の11種類を楽しむことができます。

これだけ揚げまんじゅうの種類が多いお店は浅草では他にはないでしょう。揚げまんじゅうといえば甘い和スイーツといったイメージですが、もんじゃやカレーなど甘くない揚げまんじゅうもあり、男性からの人気も高いです。

揚げまんじゅうの味として特に珍しいのは「もんじゃ」ではないでしょうか。まんじゅうともんじゃの組み合わせはなかなか想像がつかないでしょう。もんじゃの揚げまんじゅうは、衣に紅ショウガと青のりが混ぜ込まれており、手に持った瞬間からもんじゃ焼きのような風味が漂います。

具材には麺とキャベツなどの具材も入っており、スタンダードな揚げまんじゅうとは全く違った味です。甘くはありませんが、不思議と揚げまんじゅうとしてしっかりと成り立っている味で、一度食べるとハマってしまうという方も多いです。

地方への発送も受け付けてくれる

九重では、食べ歩き用の揚げたての揚げまんじゅうの他にお土産用も販売しています。希望に応じていくつでも購入することができますので、自宅でも美味しい揚げ饅頭を食べることができます。お土産用の揚げまんじゅうの賞味期限は2週間と長いため、浅草に旅行に来ているという観光客も多く購入しています。

また、お土産として購入するだけではなく地方発送も可能です。お土産として持ち帰りたいけれど荷物になる、という方や、遠方にいる方に送ってあげたいという方にも非常に便利です。

店舗情報

九重は、東京メトロ銀座線「浅草駅」から徒歩4分ほど、都営浅草線「浅草駅」から徒歩5分ほど、東武伊勢崎線「浅草駅」から徒歩2分ほど、浅草仲見世通りに店舗があります。具体的には、浅草寺から三軒目の場所です。営業時間は9時半から19時頃までです。定休日はなく、年中無休で営業しています。

住所 東京都台東区浅草2-3-1
電話番号 03-3841-9386

浅草のおすすめ揚げまんじゅう③中富

浅草でおすすめの揚げまんじゅう、続いては仲見世通りの中間地点あたりに店舗がある「中富」です。こちらのお店は、もともと1924年創業の和菓子屋でしたが、その後30年ほど前に店主がそば屋に転職しました。

しかし、揚げまんじゅうの味が忘れられないということもあり、蕎麦屋で身に着けた天ぷらの技術を生かして現在は仲見世で揚げまんじゅうのお店を開いたという経緯があります。そのため、揚げまんじゅうの外はサクッとしており揚げる技術が重要だということを感じさせてくれます。

1個単位で購入できて食べ歩きにおすすめ!

中富の揚げまんじゅうは色とりどりで非常に美しいのが特徴です。カラフルな揚げまんじゅうはどれにしようか迷ってしまうほど。販売している揚げまんじゅうは4種類、プレーン・ゴマ・抹茶・梅となっています。

1個単位で購入することができ、まさに浅草の食べ歩きにぴったりです。実演販売を行っているので、揚げたてを食べることができるのも魅力の一つ。揚げたての揚げまんじゅうは何にも代えがたい美味しさです。

リーズナブルな価格も人気の理由

中富の揚げまんじゅうは、一つ120円というリーズナブルな価格で購入できるというのもポイントです。浅草仲見世通りでは、揚げまんじゅうだけではなく様々なグルメを食べ歩きしたいと思っている方も多いでしょう。そういった場合には、少しでもリーズナブルなものであればその分他のグルメも楽しめるので非常にありがたいです。

また、中富ではタイムセールを行っていることもあります。タイムセールでは揚げまんじゅうが2個で100円で販売していることもあり、普段よりもさらにお得に購入することができます。

お土産用にも販売しており、自宅でトースターもしくは電子レンジで温めなおすと揚げたてと同じような味を楽しめます。

冬季限定の揚げ人形焼き

中富では、揚げまんじゅうの他に冬季限定で「揚げ人形焼き」も販売しています。浅草のグルメとして人気が高い人形焼を串にさして揚げており、見た目も可愛らしくて味ももちろん美味しいと評判が高いです。揚げ人形焼きの値段は1本150円、裏メニューとしてシナモン味もあり、そちらも人気です。

店舗情報

中富は各線浅草駅から徒歩5分ほどの場所にあります。浅草仲見世踊りの真ん中付近、雷門の方から歩いていくと左手側にあります。営業時間は9時から19時までです。定休日は特に決まっておらず不定休となっています。観光客が多い週末や連休などに休んでいるということはほぼありませんのでご安心ください。

住所 東京都台東区浅草1-37-1
電話番号 03-5806-0100

浅草のおすすめ揚げまんじゅう④菊水堂

浅草の揚げまんじゅうで最後にご紹介するのが「菊水堂」です。仲見世商店街の真ん中あたりに店舗があり、揚げまんじゅうはもとより、タピオカドリンクや電球ソーダ、人形焼、イチゴ大福など様々な商品を販売しています。浅草ならではのものから近年流行っているものまで取り入れており若い女性から人気が高いお店です。

雷門から一番近い揚げまんじゅうのお店

菊水堂は、雷門から少々歩いた仲見世通りに店舗があります。近くにある自社工場で作ったまんじゅうを店舗で揚げて提供しており、揚げたてを食べ歩きするのにもぴったりです。その他に、お土産用にも揚げまんじゅうや雷おこし・人形焼販売していますので浅草土産を買うのにもおすすめです。

鮮やかなピンクの揚げまんじゅうが絶品

菊水堂の揚げまんじゅうは1個100円と非常にリーズナブルです。味は4種類あり、プレーン・梅・抹茶・ゴマが楽しめます。その中でもSNS映えすると女性から人気が高いのが梅です。ピンクの見た目も可愛らしく、梅の酸味も感じられつつさっぱりとしていて中のあんことのバランスも絶妙な美味しさです。

揚げまんじゅうと一緒にタピオカドリンクも楽しめる

菊水堂では、揚げまんじゅうだけではなくタピオカドリンクも一緒に楽しむことができます。タピオカドリンクは350円とリーズナブルで、味も定番のミルクティーだけではなく、トロピカルティーや杏仁ミルクティー・ほうじ茶ラテ・カルピスなど11種類も揃っています。揚げまんじゅうとご一緒にいかがでしょう。

店舗情報

菊水堂は各線浅草駅から徒歩3分ほどの場所にあります。浅草仲見世踊りの真ん中付近、雷門の方から歩いていくと右手側にあります。営業時間は9時から18時半までです。定休日は特に決まっておらず不定休となっています。食べ歩き用にカウンターテーブルがありますのでゆっくりと楽しむことができます。

住所 東京都台東区浅草1-30-1
電話番号 03-3841-7375

Original浅草で食べ歩きするならここがおすすめ!人気店から老舗までまとめてご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
全国で有数の観光地である浅草には、食べ歩きできるおすすめのグルメが多くあります。古き良き日本...

お土産の揚げまんじゅうの温め方

揚げまんじゅうは食べ歩きもいいですが、お土産として購入される方も多いです。お土産の揚げまんじゅうはどうしても冷たくなってしまいますが、その冷たいまま食べるのも美味しいですが、せっかくなので温めなおして食べることをおすすめします。

あげまんじゅうの温め方には電子レンジとトースターの2通りの方法があります。電子レンジを使う方法は、600Wで10~20秒ほど温めて中のあんこが温かくなると完成です。時間は様子を見て調整してみてください。

トースターを使う方法ですが、こちらは1000Wで1~2分ほど温めましょう。電子レンジと比較すると、トースターの方が外の皮がパリッとして揚げたての状態がよみがえりますので、余裕がある方はトースターの使用をおすすめします。

浅草で人気の揚げまんじゅうを食べ比べしよう!

浅草で食べ歩きに人気の揚げまんじゅうについてご紹介しました。それぞれのお店によって特徴があり、食べ比べてみるのも楽しいです。お土産用にも販売しており、揚げたてを食べ歩きしてお土産に持ち帰るという方も多いです。ぜひ浅草に行かれる際には揚げまんじゅうを食べてみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

180.thumb
この記事のライター
reiko
九州出身、北海道在住6年目のreikoです。 美味しいものを食べることと、旅行に行くことが大好きです。 転勤族なので、次はどこに行って何ができるのかを想像してワクワクしています。

上野・浅草・日暮里の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

上野・浅草・日暮里の新着のまとめ