淡輪ときめきビーチはバーベキューも楽しめる人気海水浴場!アクセス・駐車場は?

2020年3月27日 (2020年3月31日最終更新)

大阪にある淡輪ときめきビーチは、水がキレイな人気海水浴場として有名です。潮干狩りやバーベキューなど様々な楽しみ方があるので、連休には大勢の人がときめきビーチを訪れています。今回はときめきビーチのアクセス方法や駐車場についても紹介します。

目次

  1. 淡輪ときめきビーチは大阪で人気の海水浴場!
  2. 淡輪ときめきビーチとは
  3. 淡輪ときめきビーチの楽しみ方①:海水浴
  4. 淡輪ときめきビーチの楽しみ方②:潮干狩り
  5. 淡輪ときめきビーチの楽しみ方③:バーベキュー
  6. 淡輪ときめきビーチへのアクセス・駐車場
  7. 淡輪ときめきビーチと合わせて行きたいおすすめスポット
  8. 淡輪ときめきビーチで海水浴やバーベキューを満喫しよう!

淡輪ときめきビーチは大阪で人気の海水浴場!

大阪にある淡輪ときめきビーチは、キレイな水と白く輝く砂浜で人気の海水浴場です。海水浴場以外にもバーベキューや潮干狩りなど、浜辺でのイベントも人気があります。

大阪・難波から電車で1時間かかるときめきビーチは、大阪の最南端に近い観光スポットとして親しまれています。ときめきビーチにお越しの際は、様々なイベントで楽しみましょう。

人気ビーチの楽しみ方やアクセス・駐車場情報もチェック!

ときめきビーチは夕陽が見られる場所として、2人の雰囲気を大切にしたいカップルデートにもおすすめされています。それだけ楽しみ方が豊富な観光スポットです。

時期に合わせた楽しみ方ができるので、連休や夏休みに足を運んでみてはいかがでしょうか?今回はときめきビーチの楽しみ方、アクセスや駐車場に関する便利な情報も紹介します。大阪にお越しの際は是非参考にして下さい。

淡輪ときめきビーチとは

ときめきビーチこと淡輪海水浴場は、大阪の最南端に程近い三崎町の海岸の1つです。古くは紀貫之の「土佐日記」や「万葉集」にも名前が載っていました。

広々としているのでゆったりした海水浴場として楽しめるなど、大勢の人が様々な目的で利用できる観光スポットでもあります。

ここではときめきビーチの特徴や見所について紹介します。事前に知っておけばより訪れるのが楽しみになるかもしれません。

大阪の最南端に近い淡輪海水浴場(通称:ときめきビーチ)

ときめきビーチでは夏に入ると海水浴場が開かれ、多くの海水浴客で賑わうようになります。広々としており、誰もがゆったり楽しめる海水浴場としておすすめです。

大阪の最南端に近い海水浴場とされるときめきビーチは、近隣の長松海岸やせんなん里海と並んで、海のキレイな場所として古くから親しまれてきました。

白い砂浜とエメラルドグリーンのきれいな海の人気ビーチ

ときめきビーチの特徴として、非常に美しい光景である事が挙げられます。エメラルドグリーンの海水と白い砂浜のコントラストは、まるで海外にいるような美しさです。

白い砂浜とキレイな海を見ているだけでも癒されるので、ときめきビーチは癒しスポットとしても人気があります。

砂浜にはペットも連れて行けますが、入水はできないのでご注意下さい。リードを短くして周囲に迷惑を掛けないなど、気を配る事も重要です。

きれいな夕日が眺められるおすすめデートスポット

ときめきビーチで眺める夕陽も美しく、デートスポットとしておすすめです。美しい海や白い砂浜と相まって非常にロマンティックな光景なので、是非誘って見に行きましょう。

ひとしきり遊んだ後に眺める夕陽は、1日を締めくくるのに相応しい絶景です。ときめきビーチでの思い出もより美しい形で残るかもしれません。

Original大阪から日帰り旅行!海もグルメも楽しめる人気のおすすめスポット! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
大阪から日帰り旅行に出掛けてみませんか?京都や兵庫、三重など大阪から日帰りで行けちゃう旅行ス...

淡輪ときめきビーチの楽しみ方①:海水浴

まず紹介する楽しみ方は海水浴であり、ときめきビーチには海水浴を楽しむための施設が整っています。大人数で訪れても安心して楽しめる海水浴場です。

初夏の頃には潮干狩りができ、また年間を通してバーベキューやビーチバレーもできるなど、様々な楽しみ方があります。

ときめきビーチでは営業時間や遊泳時間が決まっており、いつでも利用できる訳ではありません。実際に訪れる前に確認しておきましょう。

淡輪ときめきビーチの営業時間・遊泳時間

ときめきビーチの営業時間は8時から17時までとなっています。例年7月から8月まで海水浴場として利用可能ですが、開催期間は変動するので事前に確認しておきましょう。

海水浴場は海や砂浜が非常にキレイな事で有名であり、子供連れでも安心して遊べます。波も穏やかなのでさらわれる心配もなく、たっぷりと海水浴を楽しめるでしょう。

遊泳時間は9時からとなっており、それ以前に泳ぐ事はできません。周囲には緑も多く、自然豊かな場所としても有名です。

淡輪ときめきビーチの施設

ときめきビーチにはロッカーや脱衣所といった施設も設置されています。シャワーもあるので、遊んだ後にはサッパリした気分で帰れるでしょう。

更衣室やシャワーの料金は大人が400円、子供が200円となっています。更衣室+シャワーの料金は600円とやや高めです。

またやや狭いものの無料シャワー施設もあり、休憩時間でのちょっとした洗い場として利用可能です。また更衣室にはロッカーもあり、衣装や荷物の収納に是非ご利用下さい。

淡輪ときめきビーチの海の家・ビーチハウス

ときめきビーチに4ヶ所ある休憩所「あずまや」やビーチハウスは、常にキレイに整っており無料で利用できます。また海の家やビーチハウスといった売店の存在も欠かせません。

売店には食事メニューの他に、浮き輪やパラソルなど海で遊ぶためのグッズも取り揃えています。水着も販売されているので、手ぶらで来た場合でも安心です。

休憩時間にもおすすめなので、海水浴を楽しむためにもご利用下さい。子供連れの場合は日焼けや熱中症対策と共に、しっかりと確認しながら遊ばせる必要があります。

海の家・ビーチハウスのおすすめメニュー

ときめきビーチの売店には焼きそばやラーメンなど、海の家らしいメニューが揃っています。他にもフライドポテトや焼きトウモロコシなど、小腹を満たしたい時におすすめなメニューも豊富です。

油かすうどんのようにここでしか食べられないものもあり、値段は500~600円程度と良心的です。ビールなどお酒も取り扱っており、海の家で飲むと一味違った美味しさを感じられるでしょう。

食事メニューは麺類や丼飯などがあり、ボリュームの割に値段がリーズナブルなのでお得に感じられます。バーベキューと併せて楽しむ事もできるので、ときめきビーチにお越しの際は注文してみて下さい。

淡輪ときめきビーチはビーチバレーも楽しめる!

ときめきビーチには日本唯一の常設ビーチバレー競技場「潮騒ビバレー」があり、そこでビーチバレーを楽しめます。

コートは900~1,000円程度と、リーズナブルな値段な事から借りる場合に便利です。収容人数は最大3,000人と多く、四方を囲っている形状なので試合も見応えがあります。

また売店ではビーチボールのレンタルも行っています。料金はビーチボール1個につき1,000円ですが、そのうち半分は返却時に返金されるので、実質500円とお得な値段です。

淡輪ときめきビーチの楽しみ方②:潮干狩り

ときめきビーチ2つ目の楽しみ方は潮干狩りです。アサリなどの泥に埋まった貝を掘り起こすイベントの潮干狩りは、ときめきビーチでも楽しめます。

ときめきビーチの潮干狩り場では、アサリの潮干狩りが体験できます。キレイに整備された人工海水浴場で潮の満ち引きに関係なくできるので、いつでも潮干狩りを楽しめる場所として人気です。

開催期間は他の場所と変わらないものの、料金やレンタルできる道具には多少差があります。潮干狩りに行く前にこれらの情報に目を通しておいて下さい。

淡輪ときめきビーチの潮干狩りの期間

ときめきビーチの潮干狩りでの潮干狩り期間は、例年4月下旬から6月上旬となります。ただし気候や貝の状況によって変動するので、事前にチェックしてから行く方が望ましいです。

潮干狩り場では貝は取り放題であり、獲った貝は量にかかわらず返却し、塩抜きされた新鮮な状態で持ち帰る事が可能です。また売店ではお土産として貝類の他に、タコなどの新鮮な海産物も販売しています。

ときめきビーチの潮干狩り場は水がキレイであり、子供連れで行っても安心して行動させられると評判です。お子さんの行動範囲を最小限にする事で、見守りにかかる負担を最小限に減らせるでしょう。

淡輪ときめきビーチの潮干狩りの料金

ときめきビーチの潮干狩りにかかる料金は大人が1,300円、小学生以下の子供が700円です。また25名以上の団体で行くと、団体料金が適用されます。

この場合は大人が1,200円、小学生以下の子供が600円となります。家族やグループなど複数での旅行は、団体料金を上手く活用しましょう。

淡輪ときめきビーチの潮干狩りのレンタル用品

ときめきビーチの潮干狩り場では、ザルや熊手といった様々な道具をレンタルする事ができます。これなら潮干狩り初心者や、急に予定を決めて手ぶらで来た人でも安心です。

道具は潮干狩りセットを始め、レジャーシートやビーチサンダル、パラソルなどがあります。値段は100~300円(パラソルのみ2,000円)とリーズナブルなので、お得に借りられるでしょう。

淡輪ときめきビーチの楽しみ方③:バーベキュー

ときめきビーチ3つ目の楽しみ方はバーベキューです。持参した食材を焼いて食べるのはもちろん、潮干狩りで獲ったアサリなど、他の食材を使うのもおすすめです。

売店で選んだ人気のメニューと合わせて食べるなど、豊富な食べ方もバーベキューエリアでの醍醐味と言えます。ここでは人気のバーベキューエリアの種類や、シーズンごとの特徴について紹介します。

無料バーベキューエリアと有料バーベキューエリアがある!

ときめきビーチで使えるバーベキューエリアには、無料と有料の2種類があります。どちらも大勢の人が利用しており、昼食時にはいつも賑わっています。

有料の方は水道を完備しており、食材や道具を持参した上でバーベキューを楽しむのがルールです。また潮干狩りシーズンには貝すき丼やアサリの味噌汁など、売店で売られている人気メニューと併せて食べる事もできます。

バーベキューエリアは有料・無料を問わず、大勢の人が利用しているので譲り合いの精神が求められます。そのため利用後に掃除してから帰るのも重要です。

淡輪ときめきビーチの海水浴シーズンのバーベキュー

海水浴場が解禁されている期間は、ときめきビーチで利用可能なバーベキューエリアは有料が1ヶ所、無料が3ヶ所の合計4ヶ所に限られます。

有料バーベキューエリアはテント付きで日差しを気にせず過ごせる場所です。一部の場所には海が美しく見える特等席もあるので、カップルで楽しむ場合などにおすすめです。

値段は網と鉄板付きの釜に炭一箱とテントが付き、5,000円となっています。営業時間は10時から12時45分まで、13時から15時45分までの二部構成です。平日は元より土日祝日でも営業しているので、自分に都合のいい日に予約しましょう。

淡輪ときめきビーチの潮干狩りシーズンのバーベキュー

潮干狩りが開催されている期間は、ときめきビーチで利用可能なバーベキューエリアは有料が2ヶ所、無料が3ヶ所の合計5ヶ所に限られます。

潮干狩り場外の階段付近に集中しており、食材は持参するか売店で購入するかの二通りがあります。値段は6,000円程度であり、事前予約を忘れずにしておいて下さい。

テントの貸し出しも行っていますが最大10人までとなっており、11人目からは1人300円の清掃協力金が必要です。人数に応じたバーベキューエリアを選ぶようにしましょう。

淡輪ときめきビーチへのアクセス・駐車場

続いてはときめきビーチのアクセス方法や駐車場に関する情報を紹介します。ときめきビーチへ行くには、車か電車でのアクセスがおすすめです。

またときめきビーチには専用駐車場がありますが、人気スポットの駐車場なので祝日には混雑は予想されます。そのため駐車場には早めに来る事をおすすめします。

大阪方面から電車でのアクセス

大阪方面から電車で行く場合は、南海本線の「なんば駅」から乗車するのがおすすめのアクセス方法です。そこから約50~60分後、淡輪駅で下車すればときめきビーチに到着します。

ただし、淡輪駅は特急電車が停車する駅の1つ前なので注意が必要です。停車駅であるみさき公園駅で下車してしまわないように気を付けて下さい。

淡輪駅からときめきビーチまでは歩いて約12分です。歩くのが面倒な場合は駅からタクシーや、海水浴場の解禁期間のみ運行しているシャトルバスを利用してもいいでしょう。

和歌山方面から電車でのアクセス

和歌山方面から電車で行く場合は、南海本線の「和歌山市駅」から乗車するのがおすすめです。約15分で淡輪駅に到着し、そこから行けばときめきビーチにアクセスできます。

また特急でみさき公園駅まで行き、そこから各駅停車の電車に乗り換えて淡輪駅に行くのもいいでしょう。その後は大阪方面から来る場合と同じ手順です。

大阪方面から車でのアクセス

大阪方面から車で行く場合は、阪和高速道路の「阪南インターチェンジ」を利用するルートがおすすめです。阪南インターチェンジから第二阪和国道「箱の浦ランプ」で降車、そのまま行くとアクセスする事ができます。

箱の浦東交差点を左折し、国道26号線を経て淡輪口の交差点を右折すると、ときめきビーチのアーチが見えてきます。そのまま行けばときめきビーチに到着です。

阪神高速湾岸線を利用するルートもあり、その場合は泉佐野インターチェンジで降りるとアクセスできます。第二阪和国道・阪神高速湾岸線の両方から約20分で到着するので便利です。

和歌山方面から車でのアクセス

和歌山方面から車で行く場合は、第二阪和国道を利用するルートがおすすめです。第二阪和国道から淡輪ランプで降車、そこから国道26号線を経て淡輪口交差点を左折して下さい。

するとときめきビーチのアーチが見えてきます。そのまま直進し、せんなん里海公園駐車場の入口に入れば到着です。そこで車を停め、ときめきビーチへと向かいましょう。

時間がある場合は高速道路ではなく孝子峠を経て、国道26号線に続く道でアクセスするルートもおすすめです。走っている間に変化する風景を見られるので、楽しいドライブとなります。

淡輪ときめきビーチの駐車場

ときめきビーチには、800台分の駐車スペースを保有する専用駐車場があります。余裕がある分ゆったりと駐車する事ができ、県外からの利用者も多い駐車場です。

ただし、海水浴場が解禁されている週末やお盆などの時期には駐車場の混雑が多いです。時間と気持ちに余裕を持てるように、しっかりと事前にスケジュールを立てておきましょう。

専用駐車場の営業時間は平日が8時から17時まで、土日祝日が7時30分から17時までとなります。料金は普通自動車が1,240円、20人乗り以上のバスが2,470円、二輪車は210円となっています。

淡輪ときめきビーチと合わせて行きたいおすすめスポット

続いてはときめきビーチと合わせて行きたいおすすめスポットを2つ紹介します。ときめきビーチの近くには公園が2つあり、遊び場や見所が多い場所として有名です。

公園なので無料で利用できるというメリットもあります。ときめきビーチにお越しの際は、これらのスポットにも足を運んでみると、より楽しめるかもしれません。

せんなん里海公園

海と人が触れ合えるせんなん里海公園は、多くの人が普段の喧騒から離れて癒されに来る事が多い場所です。児童遊技場には広い芝生広場があり、子供達にとっては滑り台やターザンロープを使って遊べる憩いの場とされています。

公園は無料でいつでも利用できますが、ルールやマナーをしっかり守る事が重要になります。無料バーベキューエリアもあり、散策から食事まで幅広く楽しめる公園です。ときめきビーチと併せて楽しむ事もできます。

住所 大阪府泉南郡岬町淡輪999
電話番号 072-494-2626

みさき公園

みさき公園はせんなん里海公園と同様に、ときめきビーチから程近い公園です。動物園やプール、イルカショーなどの見所・遊び所が多く、子供達には根強い人気があります。

それぞれの興味や年齢に合った楽しみ方があり、家族でもゆっくり過ごせる公園です。ベビーカーの貸し出しや授乳室などもあるので、赤ちゃんを連れている場合でも安心して1日過ごせます。

住所 大阪府泉南郡岬町淡輪3990
電話番号 072-492-1005

淡輪ときめきビーチで海水浴やバーベキューを満喫しよう!

淡輪ときめきビーチの特徴や楽しみ方、アクセス方法や駐車場情報について紹介してきました。ときめきビーチには海水浴やバーベキューなど、様々な楽しみ方があります。

夕陽も美しいので、デートスポットとしても人気が高い場所です。連休や夏休みには淡輪ときめきビーチに足を運び、素敵な思い出を作りましょう。

関連記事

関連するキーワード

578.thumb
この記事のライター
木戸楠龍
福島生まれ福島育ちの木戸楠龍です。美味しいモノと旅行が好きで、休日には人気の飲食店に足を運ぶのがやめられません。ネットを通じて土地の魅力や名物を伝える事で、休日が今よりもっと楽しみになるようになれればと思います。ランチやティータイムにオススメな飲食店も紹介しますので、参考にしていただければ幸いです!

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

堺・泉佐野・阪南の新着のまとめ