池袋スポーツセンターのジムやプールで健康体に!料金や混雑具合は?

2020年6月2日 (2020年6月4日最終更新)

池袋スポーツセンターは豊島区営の施設で、11階にあるプールは区民プールにも拘わらず、一般のジムにあるような綺麗なプールやジャグジーが楽しめます。また、池袋スポーツセンター内では、ランニングマシーンや筋トレマシーンなどのトレーニングで体を鍛えることもできます。

目次

  1. 池袋スポーツセンターで健康な体を作ろう!
  2. 池袋スポーツセンターが大人気!
  3. 池袋スポーツセンターとは
  4. 池袋スポーツセンターの施設情報
  5. 池袋スポーツセンターの利用方法
  6. 池袋スポーツセンターの基本情報
  7. 人気の池袋スポーツセンターで汗を流そう!

池袋スポーツセンターで健康な体を作ろう!

豊島区の池袋スポーツセンターは区の委託により、「ピーウォッシュ・アズビル株式会社共同事業体」という民間の業者が運営している施設で、豊島区に在住していなくても、誰でもが利用できます。

ここではそんな、池袋スポーツセンターについて、人気のプールやシャワー、ジムの混雑状況、アクセスなどの情報を交えながら紹介します。

池袋スポーツセンターが大人気!

池袋スポーツセンターは豊島区営のスポーツ施設で、区営とは思えないほど美しいプールやジャグジーが人気です。また、ランニングマシーンや筋トレマシーンなど、豊富なスポーツ器具を揃えたジムも好評価を受けています。

その他にも畳の敷かれた武道場があり、様々なスポーツの練習や試合に対応しています。そして、スポーツを楽しんだ後はシャワールームでスッキリ汗を流してから帰路につくことができます。

ジムやプールなど人気施設や混雑具合やアクセスもチェック!

池袋スポーツセンターは、コロナウイルスの影響でしばらく休業していましたが、2020年6月1日より武道館、そして6月8日よりプールやスポーツジムの営業が再開される予定となっています。

池袋スポーツセンターでは、ジムやプールなど人気のある施設は、通常時の週末などは特に混み合います。ここでは、この施設の混雑具合やアクセスなどについても詳しく紹介していきます。

Original池袋の岩盤浴・スパまとめ!きれいで安い&女性やカップルも行きやすい施設も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
リラックス効果も美容効果も期待できる岩盤浴やスパは、今や若い女性だけでなく幅広い層に人気です...

池袋スポーツセンターとは

池袋スポーツセンターは、池袋駅からも程近い場所にある豊島区営のスポーツ施設で、受付はビルの9階にあります。この施設は管理や運営を民間の業者に委託していることもあり、区営とは思えないほど綺麗なプールやジャグジーを備えており、充実したジムや武道場なども備えています。

池袋スポーツセンターは豊島区民のみでなく、誰でもがリーズナブルな価格で利用することができ、9階の受付始め、10階のトレーニングジムや11階のプールからも池袋の美しい夜景を望むこともできます。

通称イケスポ!豊島区営のスポーツ施設

池袋スポーツセンターは、通称「イケスポ」という愛称で区民から親しまれており、お洒落で魅力的な施設が整っている上に、リーズナブルな価格、アクセスの良さなども相まって人気の高いスポーツ施設となっています。

池袋スポーツセンターのシャワールームの奥にはサウナルームがある他、11階のガラス張りのプールからも池袋の美しい夜景を堪能することができます。

池袋スポーツセンターの場所

池袋スポーツセンターは池袋駅の北側に位置し、池袋駅北口または東口から線路に沿って北方向に歩いてゆけば10分ほどでアクセスすることができます。特に女性の場合、夜は暗い北口よりも東口からの方が安全です。

「豊島区立健康プラザとしま」と書かれたビルに入って、お洒落で見晴らしの良いエレベーターに乗り、9階で降りると受付があります。受付を済ませた後は同じ9階にある更衣室で着替えを済ませます。

そこから10階に行けばジムが、11階に進めばプールやジャグジーがあります。9階には自販機を備えた休憩スペースもあるため、ゆっくり休んだり、待ち合わせ場所として利用することもできます。

夜景がきれいなジャグジー付きのプールはデートにもおすすめ!

9階更衣室にはシャワールームもあり男性用のシャワールームからもガラス越しに美しい夜景を望むことができます。とは言え、外側からは見えないように硝子の下側はすりガラスになっています。シャワールームを通り抜け、エレベーターで11階に上ったところがプールです。

綺麗なプールやお洒落なジャグジーのある場所からもガラス窓越しに池袋の夜景が満喫できます。この場所はデートコースとしても人気のスポットです。

豊島区に在住・勤務していなくても利用が可能

池袋スポーツセンターは豊島区の住民のみでなく、誰でもが利用できる大変便利で人気の施設です。

とても区営とは思えないお洒落なジャグジーやプールが低価格で利用できる上に、大きな窓ガラス越しに素晴らしい夜景も満喫できるとあって、このスポーツセンターは近隣の住民は勿論のこと、東京都民や埼玉県民などからも広く愛されています。

池袋スポーツセンターの施設情報

それでは次に池袋スポーツセンターの施設情報について紹介しましょう。このスポーツセンターにはトレーニングルームやプール、スタジオなどがあり、それぞれ多彩なプログラムが組まれています。また、この施設には立派な武道場もあり、豊島区の武道の拠点として親しまれています。

池袋スポーツセンターの施設①:ジム・トレーニングルーム

池袋スポーツセンターのトレーニングルームでトレーニングを行う場合、シューズ、ウエア、汗を拭くタオルを用意する必要があります。シューズは、足腰への負担が少ない室内トレーニング用のものを用意することをおすすめします。ウエアは動きやすい服装であればどんなものでも構いません。

9階の更衣室で着替えた後、入口の受付辺りまで戻り、階段で10階のトレーニングルームに行きます。そこには、筋力トレーニング用のマシンが20台、ランニング用マシンやエアロバイクなどのマシンが33台も備わっています。

筋力トレーニング用のマシンは人気があり、順番を待っている光景がしばしば見られます。また、有酸素運動系のマシンは窓側に設置されているため、池袋の景色を眺めながらトレーニングを楽しむことができます。

ただ、ランニングマシンなどは、普段慣れてない人にとっては15分程度でも相当ハードなため、最初は無理をしないように気を付けながら利用することをおすすめします。

池袋スポーツセンターの施設②:プール

池袋スポーツセンターのプールに入るには、水着と水泳帽、タオルが必要となります。ゴーグルがあればベターです。9階の更衣室で水着に着替えたら、入ってきた方と別の方向に進むとプールのエレベーターがあります。

エレベーターで11階に昇った先にプールがあります。まず、棚にタオルを置き、その先のシャワーで体を洗ってからプールに入ります。プールの水温は30度前後に設定されているため、夏でも冬でも快適に泳げます。

プールには4レーンのコースがあり、初心者用、25m専用、50m専用、歩行者用に分かれています。入口の壁に詳しいルールの書かれた説明文が貼られているため、参考にすると良いでしょう。泳ぎ慣れていない人は水に馴染む意味で、歩行者レーンから始めることをおすすめします。

時々アナウンスが流れ、5分程度の休憩タイムがあります。監視員は常時2名いるため、セキュリティーは万全です。また、浮き輪やビート板などを借りることもできます。プール以外には採暖室、子供用プール、ジャグジーがあります。

池袋スポーツセンターのおすすめプールプログラム

池袋スポーツセンターのおすすめプールプログラムは3つあります。1つ目は「水中歩行」クラスで、ひざや腰への負担が無く、正しい歩き方を身に付けながら全身運動を行えるクラスです。このクラスは30分のコースとなっており、18名の定員の範囲で誰でも加入できます。

2つ目は「かんたんアクアビクス」というプログラムで、音楽に合わせながら水中で行うエアロビクス運動です。

水中で行うため膝や腰への負担が小さく、ジムでの運動が苦手な人でも安心して参加することができます。初心者から受け付けており、24名定員で45分のコースとなっています。

3つ目の「アクアビクス」は、様々な動きを楽しみながら脂肪燃焼や心肺機能向上を目指すという、少しハイレベルなクラスとなります。対象者は初級者からとなっており、定員は24名、45分のコースとなります。

池袋スポーツセンターの施設③:スタジオ

池袋スポーツセンターのスタジオは、広くて開放感のあることが特徴の1つです。勿論このスタジオの横に広がる窓からも池袋の美しい夜景を望むことができます。

このスタジオでは、エアロビクスやダンス、ヨガ、ピラタス、ステップ、気功、太極拳、リラックス(ストレッチ)など、様々なプログラムが組まれています。

池袋スポーツセンターのおすすめスタジオプログラム

池袋スポーツセンターのスタジオプログラムは多岐に渡っていますが、その中でも特におすすめのプログラムをいくつか紹介しましょう。その1つはヨガ・ピラタティスで、「リラックスヨガ」「かんたんヨガ」「ヨガ」「イシュタヨガ」「はじめてピラティス」「ピラティス」など、いくつものクラスがあります。料金は通常200円です。

最も一般的な「ヨガ」クラスは、体を動かすすべてのヨガの基本となるクラスで、呼吸法とポーズにより心身を整えます。「ヨガ」クラスには定員の50名まで誰でもが参加でき、時間は60分から75分となります。

初心者には「イシュタヨガ」がおすすめです。このコースはポーズや瞑想、呼吸により、筋力や柔軟性を鍛えながらリラックス感も得られるコースで、主に初心者が対象となります。定員は50名で75分のコースとなります。

もう1つのおすすめプログラムはリラックスです。リラックスには、「かんたんストレッチ」「歪み解消ストレッチ」「ポールストレッチ」「ボディケア」「無料ストレッチ」などがあります。通常の料金は200円ですが中には100円や無料のクラスもあります。

「歪み解消ストレッチ」は、ストレッチポールを組み合わせることにより姿勢改善を目指すクラスで、誰でも参加できます。定員が35名で時間は60分となります。また、「無料ストレッチ」は、簡単なストレッチのクラスで、参加費や整理券が要りません。50名まで誰でも参加でき、15分のコースとなります。

池袋スポーツセンターの施設④:武道場

池袋スポーツセンターには武道場があります。こ武道場には、畳敷きのスペースとサンドバッグを2機備えた板の間があります。

この武道場は、併せると370平米もある広い施設で、豊島区内の武道の拠点として活用されている人気の施設となっています。

1755b9a1e530a7c9bbe4596846a2353c s池袋のおすすめデートスポットまとめ!夜まで楽しめる人気の施設など | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京の中でも他とは少し違ったデートスポットのある池袋は、雨の日でも夜まで1日中楽しむことがで...

池袋スポーツセンターの利用方法

ではここで、池袋スポーツセンターの利用方法について説明してみましょう。この施設では、会員登録をしなくても受付ができるという便利な方法が採られています。

受付の仕方、更衣室での着替え、シャワールームやサウナの使い方、レンタル品や販売品の種類などについても詳しく説明していきます。

会員登録不要!池袋スポーツセンターの受付方法

池袋スポーツセンターの9階に上がったところに、受付カウンターと券売機があります。初めての人には係の女性から丁寧な説明があります。券売機で大人1名分を購入すると、プリペイドカード風のカードが出てきますので、そのカードに時刻を打刻して受付完了となります。

プールが初めての人は「はじめてカード」をもらい、監視員の人に渡すと、詳しい説明が受けられます。

更衣室の利用方法

池袋スポーツセンター9階で受付を済ませた後、同じ階にある更衣室に行き、トレーニングウエアや水着に着替えます。

受付でもらったカードをロッカーの扉の裏に差し込めば鍵をかけることができるようになります。鍵は腕に巻いておきます。更衣室はかなり狭い上に混み合うため、閉館時間より早めの時間に退館することをおすすめします。

シャワールーム・サウナの利用方法

更衣室に付随するシャワー室の奥にはサウナがあります。サウナは入館時に支払う料金に含まれているため、無料で利用できます。

サウナは男女別に温度が設定されており、男性は90度、女性は80度程度となっているようです。

レンタル用品・販売品

池袋スポーツセンターのレンタル品は、トレーニングジム用のシューズとTシャツ、ハーフパンツのみで、レンタル料はそれぞれ300円ですが、2点だと500円で、3点だと700円で借りられます。

その他には、水着が男性用3000円、女性用4000円、ゴーグルが子供用1290円、大人用1700円、水泳帽子が500円と1080円、タオルが1290円と2160円で販売されています。また販売品の中には、耳栓や曇り止め、靴下、ウエアなどもあります。

池袋スポーツセンターの基本情報

それでは最後に池袋スポーツセンターの基本情報について説明しましょう。ここでは、利用料金や営業時間、休館日、混雑状況などの情報に加えアクセス方法なども詳しく説明していきます。

料金や混雑具合などをチェックすれば、池袋スポーツセンターがいかに人気のある施設であるかを窺い知ることができます。

料金

池袋スポーツセンターの利用料金は、大人が2時間で400円とリーズナブルです。しかも、この料金でプールやトレーニングジム、スタジオ、サウナなどが利用できるため、大変お得な値段と言えます。2時間を超えると、1時間につき200円の延長料金が発生しますが、それでも十分格安な価格となっています。

また、小中学生の利用料金は2時間につき200円、区内在住の65歳以上の高齢者も200円となっています。更に、プリペイドカードを利用すれば、4000円券が3600円で、2000円券が1800円で購入でき、お得です。

営業時間・休館日

池袋スポーツセンターの営業時間は、月曜日から土曜日が8時30分から22時までで、最終受付が21時30分、日曜日が8時30分から21時までで、最終受付が20時30分となっています。また、トレーニングルームやプールの利用時間は終了の15分前までとなります。

休館日は毎月第2月曜日ですが、祝日の場合は営業します。その他にも年末年始及び特別休館日があります。

混雑具合

池袋スポーツセンターは、料金がリーズナブルで係員の対応が良く、アクセスも良いなど、利用価値が高いこともあって、かなり混雑します。特に夜間は平日、週末ともに混雑しています。時間の余裕があって混雑を避けたい人には、混み合うことの比較的少ない平日の日中に利用することをおすすめします。

特にシャワールームや更衣室は相当混雑するため、閉館時間の少し前に帰り支度を済ませると良いでしょう。

アクセス

池袋スポーツセンターへは池袋駅北口または東口から北進してアクセスします。北口からは、北口正面の歩道を直進し、階段を上り、右カーブを道なりに行きます。10分ほどで目的地にアクセスできます。

JRまたは西武池袋線の東口からは、出口を出てそれぞれ左に直進し、角のアップルパイ店を左折します。パルコを右折し、二又を左に進み、セブンイレブンを左折、クランクを道なりに進めば約10分で目的地にアクセスできます。

住所 東京都豊島区上池袋2-5-1 健康プラザとしま9F
電話番号 03-5974-7262

人気の池袋スポーツセンターで汗を流そう!

池袋スポーツセンターは豊島区営のスポーツセンターで、綺麗なプールやお洒落なジャグジーがある他、トレーニングジムやスタジオ、武道場を併設している魅力的な施設です。

ここではそんな池袋スポーツセンターについて、人気のプールやジム、シャワー、混雑状況、アクセスなどの情報を取り入れながら説明してみました。池袋方面に出かける折には是非、池袋スポーツセンターを利用してみて下さい。

関連記事

1198.thumb
この記事のライター
南真州
長野県出身の南真州と申します。仕事の関係で国内、海外の販売や商品企画の業務に携わってきました。その間、大阪、福岡、ドバイ、香港等への転勤を含め、種々の地域や国を廻ってきました。読者の皆さんには、今までの経験を生かしつつ、各地の新鮮な情報をお届けしたいと思います。

池袋・大塚・板橋・目白の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

池袋・大塚・板橋・目白の新着のまとめ