スペインのガリシア地方は人気の観光スポット!見どころ・おすすめの場所は?

2020年6月7日 (2020年6月8日最終更新)

イベリア半島の北西部に位置するスペインの観光名所「ガリシア」。ガリシアはスペインの自治州の1つになり、豊かな大自然の広がる見どころが数多く点在しています。スペインでも世界中から多くの観光客が訪れており、賑やかな雰囲気を楽しめます。

目次

  1. スペインのガリシア地方の魅力をご紹介!
  2. スペインのガリシア地方の基本情報
  3. ガリシア地方の観光スポット:ア・コルーニャ県
  4. ガリシア地方の観光スポット:ルゴ県
  5. ガリシア地方の観光スポット:ポンテベドラ県
  6. ガリシア地方の観光スポット:オウレンセ県
  7. ガリシア地方のおすすめグルメ
  8. ガリシア地方へのアクセス方法
  9. 見どころ満載のガリシア地方で観光もグルメも満喫!

スペインのガリシア地方の魅力をご紹介!

スペインの観光名所である街「ガリシア」。ガリシアにはスペインの魅力を感じられる観光スポットが点在しており、充実した時間を過ごすことができます。

今回はそんなスペインでおすすめの観光スポット「ガリシア」について詳しくご紹介します。ガリシアならではの見どころはもちろん、日本では体感できない絶景を楽しむことができます。

スペインのガリシア地方の基本情報

スペインの観光名所であるガリシア州は、古代より漁業が重要な地域として知られています。スペインでも豊かな自然を楽しむことができ、時期や時間帯によって見られる表情が変わります。

今回はそんなスペインでおすすめの観光スポット「ガリシア」の基本情報について詳しくご紹介します。初めてガリシアに訪れる方は、事前にチェックしておくのがおすすめです。

スペイン北部に位置

ガリシアはスペインでも北部に位置する州になり、緑豊かな自然はもちろん、美しい海に囲まれています。スペインでも比較的温暖な気候となり、年間を通して降雨量が多い地域としても知られています。

ガリシアはスペインの国内でも観光スポットとして人気が高く、1年を通して多くの観光客で賑わっています。未だに残される幻想的な歴史スポットをはじめ、北部ならではの絶景も満喫できます。

ガリシア地方の言語

ガリシアは、スペインの中も最もシャイで無口な性格の人が多いです。日本人と馴染みやすい人種でもあり、ガリシア人は基本的に2種類の言語を話します。1つは主流となる「ガリシア語」、そしてもう1つは「カスティージャ語」です。

町中の標識も基本的には2か国語で提示されています。ガリシアに住むほとんどの人がガリシア語を話すので、現地ではガリシア語を中心に簡単な単語を覚えておくのがおすすめです。

州都はサンティアゴ・デ・コンポステーラ

スペインのガリシアの州都は「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」です。サンティアゴ・デ・コンポステーラはガリシア州政府の州議会がある場所なので、スペインにとっても大切な観光スポットでもあります。

また、サンティアゴ・デ・コンポステーラでは中世の時代から聖ヤコブ信仰に基づいて「サンティアゴ巡礼」の聖地としても有名です。1度は足を運んでほしい州都になります。

ガリシア地方の4つの県について

スペインのガリシア地方には、全部で4つの県が点在しています。県によって観光スポットの特徴が変わるので、自分の見たい景色や知りたい歴史によって県を変えるのがおすすめです。

今回はそんなガリシア地方に点在している4つの県について詳しくご紹介します。ガリシアでどこに行こうか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

観光客に人気の「ア・コルーニャ県」

ガリシアの4県の中でも、最も海に面しているのがア・コルーニャ県です。県庁所在地でもあるア・コルーニャ市は大小の港が複数点在しています。スペインの海風を感じることができ、比較的交通の便が良いです。

ガリシアでも1年を通して最も多くの観光客が集まる県でもあり、産業は複数あります。海沿いでは美味しいシーフードグルメを食べられるので、身も心も満たせる観光スポットです。

世界遺産のある「ルーゴ県」

ガリシアの世界遺産である「ローマ時代の城壁」があるのがルーゴ県です。ルーゴ県では毎年、ローマ祭りが開催されており、ガリシアの4県の中でも最も歴史スポットが多いです。

ガリシアのルーゴ県はスペインの歴史について学ぶことができ、現在でも保存状態の良い遺跡が残されています。観光名所としても名高いので、ぜひ1度立ち寄ってみてください。

有名なワインの産地がある「ポンテベドラ県」

ガリシアのポンテベドラ県は、ヨーロッパでもっとも重要な漁港である「ビーゴ港」があります。漁業と機械産業が盛んな県でもあり、ローマ時代から栄える町でもあります。

ポンテベドラ県の中心地には中世の旧市街が広がっています。南部はポルトガルに接しており、温暖な気候の土地が広がっているので豊かな自然が広がっています。

古代の温泉跡が残る「オウレンセ県」

ガリシアの中でも古代の温泉遺跡が楽しめるのが「オウレンセ県」です。オウレンセ県にはローマ時代の遺跡が今でも残されており、各地に宗教施設が点在しています。

ガリシアのオウレンセ県は、温泉の景色を楽しめるので日本のような懐かしい景色を楽しめることでも人気があります。人も温かく、のんびりと過ごすことができます。

豊かな自然とグルメも魅力

スペインでも豊かな自然に囲まれているガリシアは、美味しいグルメが充実しています。ガリシアはカンタブリア海と大西洋に面しているので、とくに魚介類が豊富にあります。

ガリシアに数ある魚介類の中でもムール貝が産地となっています。ムール貝を使用した料理が多く、ガリシアには伝統料理もいくつもあります。食べるお店によって味わいも変わります。

Photo 1468793195345 d9d67818016d?1500251205スペイン観光の見どころ!旅行のおすすめは世界遺産!気になる治安は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
歴史的建造物や、デザインがユニークでおしゃれな建築物など、日本にはない独特な街並みが並ぶスペ...
Photo 1464730282481 19bd52679224?1500360361スペインの世界遺産を巡ろう!有名な教会や宮殿も!自然遺産もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ヨーロッパに属するスペインは、日本だけでなく世界各国から観光客が訪れる人気の国です。スペイン...

ガリシア地方の観光スポット:ア・コルーニャ県

ガリシアでも海の絶景を楽しめる観光スポット「ア・コルーニャ県」。ア・コルーニャ県は豊かな自然の絶景はもちろん、歴史を感じる建物がいくつも点在しています。

ア・コルーニャ県はガリシアでも観光客が多く、観光施設が充実しています。宿泊ホテルも点在しているので、観光の拠点として選ぶ方も多くいます。

歴史ある「サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂」

ア・コルーニャ県の観光名所になり、歴史ある「サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂」。キリスト教の三大巡礼地の1つとして有名で、ヨーロッパ各地からキリスト教信者がこの地を目指して巡礼しています。

サンチャゴ・デ・コンポステーラ大聖堂はロマネスク様式で建てられており、その景色を見るだけでも充分楽しめます。何か月もかけて巡礼地を巡る方や、短い時間で散策したり自転車で移動したりと人それぞれです。

基本情報

ガリシアのサンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂は、聖ヤコブの亡骸が安置されているのでキリスト教徒にとって神聖なるスポットです。スペイン語での60分ツアーが開催され、人気の観光スポットなので当日券を入手できない可能性があります。

多くの観光客で賑わっているので、周りに注意しながら大聖堂の景色を楽しみましょう。1日あれば観光できるので、ガリシアへ訪れた際はぜひ足を運んでみてください。

世界遺産の「ヘラクレスの塔」

ガリシアのアルタブロ湾の西端に設置された世界遺産「ヘラクレスの塔」。ヘラクレスの塔は巨大な石像とローマ建築の灯台があり、スペインの世界遺産として登録されています。

ヘラクレスの塔はスペイン国内で2番目に高い灯台になり、神話の神であるヘラクレスが建てたと言い伝えられています。世界一古い灯台ですが、今でも現役で動き続けています。

基本情報

ヘラクレスの塔はア・コルーニャの旧市街地から2kmの場所に位置しています。マリア・ピタ広場近くの港からは路面電車が運行しており、スムーズにアクセスできます。

市街地から徒歩でもアクセスできますが、大人の足で40分かかるので時間に注意しましょう。ヘラクレスの塔周辺にはロッカーがないので、大きい荷物はアコルーニャで預けるのがおすすめです。

夕日が美しい「フィステーラ岬」

ガリシアでも夕日の絶景を楽しめるのが「フィステーラ岬」です。フィステーラ岬は観光名所としても知られており、日本では見られない広大な絶景を見渡すことができます。

フィステーラ岬は海沿いを散策しながらアクセスすることができ、夕日の時間帯には多くの人々で賑わっています。地元の方からも親しまれており、ガリシアでのんびりと過ごしたい方にもおすすめです。

基本情報

ガリシアのフィステーラ岬は、フィステーラの街の中心地から約3kmの場所に位置しています。その日によって夕日の時間帯は変わってしまうので、事前にチェックしておくのがおすすめです。

夕日は30分前になると座れなくなる可能性があるので、初めに場所を取っておくようにしましょう。夕日はお酒を飲んだり、カメラで撮影したりと自由な時間を過ごすことができます。

有名な作家の家「ロサリーア・デ・カストロの家博物館」

スペインのガリシアで有名な作家と言えば「ロサリーア・デ・カストロ」です。ガリシアにはロサリーア・デ・カストロの家が設置されており、現在は博物館として観光名所となっています。

ロサリーア・デ・カストロは48歳という若さで亡くなりますが、現在でも有名人としてその歴史が受け継がれています。博物館では細かい歴史まで記載され、ロサリーア・デ・カストロについて詳しく知ることができます。

基本情報

ガリシアでおすすめのロサリーア・デ・カストロの家博物館は、基本的自由に見学することが可能です。穴場の観光スポットでもあるので、比較的静かでのんびりとした時間を過ごせます。

地元の方が大切に保管している博物館でもあるので、ルールをしっかりと守りましょう。内部には貴重な歴史物がたくさん展示されているので、行く価値があります。

Bob leferink 97766スペイン巡礼の旅攻略法!ルートやツアーの予約の仕方・装備など! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
キリスト教の聖地があるスペイン。聖地を目指すスペイン巡礼の旅は、世界的に有名です。気になる巡...

ガリシア地方の観光スポット:ルゴ県

スペインでも有名な世界遺産の残る観光名所「ルゴ県」。ルゴ県はスペインの歴史を辿れる観光スポットが多く、日本では見られない街並みを自由に散策することができます。

今回はそんなガリシアのルゴ県でおすすめの観光スポットをご紹介していきます。初めてルゴ県に訪れる方はもちろん、歴史好きな方は必見です。

古代ローマ時代の姿がそのまま残る「ローマの城壁群」

ガリシアで最大の見どころでもある世界遺産「ローマの城壁群」。古代ローマ時代の姿をそのまま見学することができ、街を外敵から守るため全長2117mの城壁が設置されました。

花崗岩や粘板岩を積み重ねて作られており、当時の建築技術に驚かされます。その後、相次ぐ攻撃に耐えてきたローマの城壁群は、損傷が少なくきれいに残されています。城壁の上は遊歩道になっています。

基本情報

ローマの城壁群はスペインで2000年に世界遺産に登録されました。その後、世界中から多くの観光客が訪れており、ローマの城壁群周辺には観光客向けの施設が整っています。

入場料は無料となっており、24時間自由に見学することが可能です。だいたい2時間程度で散策することができ、ガリシアの世界遺産として知名度も高いです。

美しい「ルーゴ サンタマリア教会」

ガリシアで人気の見どころスポットになり、ルーゴ サンタマリア教会はひと際目立つ建物としても有名です。教会の脇には坂道が設置されており、夜には美しくライトアップが施されています。

ルーゴ サンタマリア教会は外観はもちろん、内部も見どころが多いです。日本では見られない景色が広がっており、ロマネスク時代に建築が始まったともいわれています。スペインの歴史を知るにはおすすめの観光スポットです。

基本情報

ガリシアで美しい教会「ルーゴ サンタマリア教会」。ルーゴ サンタマリア教会は内部を無料で観光することができ、いつでも自由に教会を見ることができます。

ルーゴ サンタマリア教会は8時から20時30分までの営業時間となっているので、注意してください。また、地元の方からは教会として利用しているので、邪魔にならないように観光しましょう。

16世紀建造の石橋「ポンテ・ベージャ」

ガリシアには16世紀に建築された石橋「ポンテ・ベージャ」が設置されています。ポンテ・ベージャは第7代レモス女伯爵「カタリーナ・デ・ラ・セルダ・イ・サンドバル」の命令によて架けられました。

実際に橋を渡ることができ、当時の建築技術に驚かされるはずです。街を散策しながらのんびりと橋からの景色を楽しむことができます。

基本情報

ガリシアのポンテ・ベージャは24時間いつでも見学することが可能です。ガリシアでもポンテ・ベージャの周辺には見どころが多く点在しているので、交通手段として利用するのもおすすめです。

ポンテ・ベージャは町にしっかりと溶け込んでいますが、間近で見ると歴史を感じる作りになっています。昼間と夜で違う表情を楽しめるので、ぜひ1度試してみてください。

宿泊できる「サン・ビセンテ・ド・ピノ修道院」

ガリシアで人気の宿泊施設が「サン・ビセンテ・ド・ピノ修道院」です。サン・ビセンテ・ド・ピノ修道院は歴史的建造物群サン・ビセンテ・ド・ピノの一画に位置しており、歴史好きな方に人気があります。

サン・ビセンテ・ド・ピノ修道院はかつて、レモス伯爵家の居城として利用されていました。歴史がとても古く、現在では建物を再利用して「国営ホテルパラドール」として運営しています。

基本情報

ホテルの周辺はガリシアの見どころがたくさん点在しているので、荷物を預けて観光を楽しむのがおすすめです。観光シーズンは予約が取りにくいので、早めに連絡を入れるのがおすすめです。

ホテル内はかつてレモス伯爵がどんな暮らしをしていたのか、垣間見ることができます。スペインならではの文化を体感できるので、海外からの観光客に人気が高いです。

ガリシア地方の観光スポット:ポンテベドラ県

ガリシアで緑豊かな自然の絶景を楽しめるおすすめの観光スポット「ポンテベドラ県」。ポンテベドラ県はガリシアの州都と比べて観光施設が少ないですが、ありのままの暮らしを体験できる人気のスポットです。

今回はそんなポンテベドラ県でおすすめの観光スポットをご紹介します。のんびりと暮らす動植物たちにも出会うことができます。

重要文化財の「コンバーロ旧市街」

ガリシアでも見どころが点在し、重要文化財にも登録されている「コンバーロ旧市街」。コンバーロ旧市街はガリシアにある旧市街の中でも保存状態が良く、通りがとても広いので散策しやすいです。

コンバーロ旧市街にはガリシアの観光名所が点在しており、日本とは違う街並みにワクワクしながら散策することができます。夜にはバルやレストラン、カフェがオープンするので身も心も満たせます。

基本情報

コンバーロ旧市街は駅やバスの降り口から徒歩20分ほどでアクセスすることが可能です。決まった標識がないですが、途中でスペイン巡礼の矢印や標識が出てくるのでそれに従って進みましょう。

コンバーロ旧市街は24時間自由に散策することが可能です。歴史的に重要な観光スポットでもあるので、傷つけないように気を付けましょう。

巡礼者教会「ペレグリナ教会」

ポンテベドラ県の見どころとして人気を集めているのが「ペレグリナ教会」です。ペレグリナ教会はガリシアでも18世紀後半に建てられた教会になり、巡礼者教会としても有名です。

ペレグリナ教会は平面図がホタテ貝の形をしており、巡礼のシンボルとしても知られています。教会には聖母ペレグリーナが祀られ、中世時代の巡礼者の格好をしています。

基本情報

ペレグリナ教会は観光の際、寄付金として1ユーロかかります。寄付金は教会の運営にすべて使用されているので、気持ち次第で値段は変わります。

また、聖母ペレグリーナはおしゃれな聖母とも呼ばれています。なぜなら信者から奉納された15の服を2週間もしくは、20日ごとに服を変えながら1年の間に全て身につけるためです。

有名なワインの産地「リアス・バイシャス」

ガリシアでも大西洋を臨むリアス式海岸が続く美しい観光スポットです。ここ一帯は有名なワインの生産地として知られており、リアス・バイシャスはガリシアでも有名なスポットです。

リアス・バイシャスではスペインで最も高貴とされ「ガリシアの女王」の異名を持つ白ワイン用品種「アルバリーニョ」が栽培されています。栽培面積の90%をこのアルバリーニョが占めています。

基本情報

ガリシアのリアス・バイシャスは、大自然の広がるのんびりとした景色を楽しめます。ガリシアグルメにも合うワインが作られているので、ワイン好きにはたまらない観光スポットです。

これといった見どころはありませんが、広大な敷地に広がるワインの産地として日本では見られない景色が楽しめます。リアス・バイシャスのワインはスペインのお土産としても人気があります。

ガリシア地方の観光スポット:オウレンセ県

ガリシアでも少し変わった観光スポットとして人気あるのが「オウレンセ県」です。オウレンセ県にはローマ人が最も利用したと言われる温泉が点在しており、今でも大切に残されています。

ガリシアのオウレンセ県は温泉好きな日本人にも馴染みやすい観光スポットです。歴史を感じる見どころも数多く点在しており、街全体で温泉を体感することができます。

街中に温泉!「アス・ブルガス温泉プール」

オウレンセ県には見どころのある旧市街があり、町中に温泉が点在しています。その中でもアス・ブルガス温泉プールは泉から湧く温泉を使用しており、夕方になると地元の方が入浴しています。

アス・ブルガス温泉プールの温泉のお湯は37度に設定されており、毎日入浴している常連の方も多いです。ぬるめのお湯なのでガリシアの絶景を楽しみながらゆっくりと温泉を満喫できます。

基本情報

ガリシアのアス・ブルガス温泉プールは24時間、いつでも入浴することが可能です。地元の方は夕方から入浴する方が多く、観光で疲れた身体を癒すことができます。

町中に突如現れる温泉は圧巻の景色を生み出しており、温泉が主役の町ならではの景色です。夜にはライトアップも施されるので、ロマンチックな時間を過ごしたい方におすすめです。

温泉水の泉「アス・ブルガス」

ガリシアの温泉の町として人気のある「アス・ブルガス」。アス・ブルガスは温泉水の泉を意味しており、至る所に泉が設置されているので、見どころ満載です。

アス・ブルガスは今から2000年以上前から温泉が湧いており、スペインの文化遺産に登録されています。源泉は60度から70度ほどになり、地元の方はペットボトルを持参して温泉を飲んでいます。アルカリ性の泉質で、皮膚疾患全般に効果があります。

基本情報

ガリシアの名所であるアス・ブルガスは、雨水が大地にしみ、天然のフィルターを通って地底約2kmほどまで降りた水を、地底熱で温められてその後地上に湧き出す仕組みになっています。

24時間いつでも温泉を楽しむことができ、建物自体も歴史を感じる作りになっています。日本にはない泉、そして景色が広がっているので、ぜひ1度足を運んでほしい観光スポットでもあります。

美しい装飾が圧倒的「オウレンセ大聖堂」

町の中心部に位置する「オウレンセ大聖堂」。オウレンセ大聖堂の内部は見どころがたくさん点在しており、見事な装飾で人気を集めています。

装飾された時代は定まっておらず、古い歴史のある大聖堂として言い伝えられています。オウレンセ大聖堂には栄光の門の影響を強く受けたと言われる「天国の門」が最大の見どころです。

基本情報

オウレンセ大聖堂は建物に囲まれており、少し窮屈な印象があります。ですが、内部は広々としており、いつでも気軽に見学することが可能です。

天国の門に設置されている長老の1人はフルートを演奏しているので、訪れた際は探してみてください。カラフルな色合いが人気を集め、地元の方にも親しまれています。

ガリシア地方のおすすめグルメ

ガリシア地方には美味しいグルメが充実しており、日本にはないさまざまな郷土料理があります。レストランやカフェで少しずつ味わいが変わります。

今回はそんなガリシアでおすすめのグルメをご紹介します。魚介類を使った料理が多いので、新鮮な海の恵みを堪能できます。

伝統的なエイの「カルデイラダ」

ガリシア地方では、昔からエイを食べることで知られています。エイを使った料理は種類豊富にありますが、ガリシアではこのカルデイラダが有名です。

カルデイラダとは1つの鍋に季節の野菜、じゃがいも、エイをオイル、ガーリックの味付けで煮込む美味しいグルメです。季節ごとに少しずつ味わいが変わります。

タコの煮込み「プルポ・ア・ラ・ムガルデッサ」

ガリシアでは、エイと同じく昔から食べ続けられている食材として「タコ」があります。中でも有名なグルメが、タコの煮込み料理である「プルポ・ア・ラ・ムガルデッサ」です。

プルポ・ア・ラ・ムガルデッサは季節の野菜とタコを、粗塩、パプリカパウダー、オリーブオイルで味付けして食べるグルメです。

家庭的な味わい「エンパナーダ」

ガリシアでサクサクとした食感を楽しめるグルメが「エンパナーダ」です。エンパナーダはスペインでも家庭料理として親しまれており、たっぷりの具材を包んでいます。

エンパナーダは生地またはパン生地を折りたたんで作られており、ボリューム満点です。優しい味付けになっており、お店やホテルによって使われる具材が変わります。

新鮮なマテ貝「ナバハ」

豊かな海の広がるガリシアでは、美味しいマテ貝が採れることでも有名です。新鮮なマテ貝なので身がプリプリとしており、食感を楽しむことができます。

新鮮なマテ貝を使ったガリシアの伝統料理として「ナバハ」があります。ナバハはマテ貝を炭火焼きしたシンプルなグルメになり、マテ貝本来の旨味を楽しめます。

ガリシア地方へのアクセス方法

ガリシアの州都である「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」へは、成田空港から乗り換え1回でアクセスすることができます。その際、預け荷物はサンティアゴ・デ・コンポステーラでピックアップしましょう。

サンティアゴ・デ・コンポステーラへは、成田空港からイベリア航空使用する便、そしてルフトハンザ航空を使用する便があります。自分の行きたい時間帯で運行している便を選びましょう。

Originalスペインとの時差とサマータイムをチェック!冬時間になるのはいつから? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ヨーロッパの中でも人気の高いスペインは特に有名なのがサグラダファミリアです。素晴らしい建造物...
Originalスペイン旅行は直行便がおすすめ!フライト時間や乗り継ぎ便との違いは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
中世ヨーロッパの芸術的な遺構が数多く残るスペインは、その温暖な南欧独特の気候と相まって多くの...

見どころ満載のガリシア地方で観光もグルメも満喫!

スペインの観光名所である「ガリシア地方」。ガリシア地方には紹介した以外にもさまざまな観光スポットが点在しており、スペインならではの文化や歴史を体感することができます。

漁業が盛んなガリシア地方では美味しいグルメも充実しており、身も心も満たすことができます。ぜひ、スペインへ観光の際は「ガリシア地方」へ足を運んでみてください。

関連記事

関連するキーワード

612.thumb
この記事のライター
mdn
一眼レフ片手に散歩や旅行、カフェ巡りをするのが好きです。みなさんにおすすめの観光地やカフェ情報をお伝えしていきたいです。よろしくお願いします。

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

スペイン全都市の新着のまとめ