いろは横丁で昭和レトロな夜!仙台のお酒とグルメをおしゃれに満喫!

2020年6月21日 (2020年6月23日最終更新)

仙台にあるいろは横丁は、仙台駅からも歩いて行ける距離にあり、さまざまな店が並ぶ場所として知られます。そこでいろは横丁のグルメに焦点をあてて、美味しいお酒やグルメをたのしむことができる店について、おすすめメニューを含め紹介します。

目次

  1. いろは横丁は仙台で人気のディープグルメスポット!
  2. 仙台にはたくさんの横丁がある
  3. いろは横丁ってどんなところ?
  4. いろは横丁の人気店
  5. いろは横丁で女性におすすめのおしゃれなお店
  6. 昭和レトロないろは横丁でディープな夜を楽しもう!

いろは横丁は仙台で人気のディープグルメスポット!

日本各地にある居酒屋街の中には、古くからその地で愛され、昭和レトロな雰囲気を今に伝える場所がたくさんあります。特に仙台にある「いろは横丁」は昭和レトロな雰囲気の中にも新しいおしゃれな居酒屋などがオープンし、女性にも人気の居酒屋街となっています。そんないろは横丁を紹介します。

レトロな居酒屋や美味しいディナー店を厳選紹介!

いろは横丁には、いかにも居酒屋という雰囲気の店が並ぶのですが、近年ディナーにも使えるようなおしゃれなお店も増え、女性も多く訪れるようになりました。気軽に立ち寄ってお酒を楽しむことができる雰囲気は変わらず、新しいお客さんを迎えてくれています。

そんな昭和レトロな雰囲気のお店やディナーに使えるおしゃれなお店など、いくつかの人気のお店も紹介していきましょう。

仙台にはたくさんの横丁がある

仙台は言うまでもなく、東北を代表する大都市であり、中心地でもあります。その仙台の中心部には、国分町などの歓楽街とともに、戦後の雰囲気を残す飲み屋街があります。これらの飲み屋街の店の中にはそれこそ第二次世界大戦後からあるという店も多く、仙台や仙台を訪れる人たちを楽しませてきました。

いろは横丁、文化横丁のほか、東一市場や仙台銀座など、多くの横丁や小路があり、近年ではそこに若者が店を出す例も増えてきました。昭和レトロな店と今のおしゃれな店が並び建ち、さまざまなお客さんを引きつけているのです。

いろは横丁ってどんなところ?

ところで、「いろは横丁」というのはどんな所なのでしょうか。仙台に観光などで訪れたことがある方の中には、名前そのものは見たことがあるけれど、どんな所だろうか、また初めての方でも立ち寄りやすい所なのだろうかと考える方もいるでしょう。まずはいろは横丁がどのような所かから紹介します。

昭和レトロでディープなお店が集まる飲み屋街

1945年7月、仙台は第二次世界大戦の空襲に見舞われ、一面焦土と化しました。第二次世界大戦が終わると、この地の道端にござなどを敷く形で露店が並ぶようになります。そこで1946年、これらの露天商たちに働きかけ、市場を作ろうという流れが生まれます。

この市場は「中央公設市場」といい、これがいろは横丁の前身となります。この市場は仙台の中心部にできたことから、戦後に人口が増えるのにしたがって繁盛し、日常の買い物や娯楽を楽しめる場所となっていきました。

これがベースになり、周辺の横丁の店舗が少しずつ混じり合っていくことで、さまざまな業種が集まった現在のいろは横丁が形作られていったのです。

おしゃれなお店も増えてきて女性にも人気!

このように述べて行くと、いろは横丁にはいわゆる昭和レトロな店ばかりが立ち並ぶ、歴史を感じる横丁のように考えがちです。たしかにいろは横丁には第二次世界大戦のころからの店が多く並び、仙台の人々を古くから楽しませてきました。

しかし近年、このいろは横丁には居酒屋などの他にも雑貨屋などが並ぶようになり、若い方が運営しているおしゃれなお店も増えてきました。これらの店には女性なども気軽に立ち寄るようになり、ディナーなどを楽しむ方も目立つようになってきています。

文化横丁と並ぶ仙台の二大横丁

このいろは横丁と並んで知られる仙台の横丁が「文化横丁」です。文化横丁といろは横丁はいずれも仙台の中心商店街「サンモール一番町」から横に延びた通りにあり、文化横丁といろは横丁は隣あっています。

文化横丁の歴史はさらに古く、1924年の「東百軒店街」がルーツとなっています。文化横丁もまた昭和レトロな雰囲気が漂う街並みで、ディナータイムはもちろんですが、ランチタイムにぶらりと散策することもできます。

いろは横丁と文化横丁はいずれも仙台に古くからある居酒屋街として、多くの人に愛されている横丁なのです。

いろは横丁の人気店

それでは、いろは横丁で人気の居酒屋について紹介していきましょう。いろは横丁にはさまざまなジャンルの食事を楽しむことができるスポットがあるのですが、その中でも仙台の美味しい味覚が楽しめたり、気軽に飲めたりできるところが人気となっています。そのようなお店をいくつか紹介しましょう。

人気のちょい飲みスポット【居酒屋 二代目】

仙台といえば新鮮で美味しい海の幸や、たくさんの農産物が魅力的な土地柄ですが、「居酒屋 二代目」はその仙台の美味しい食材をお酒と共に堪能できる店として知られています。他の土地では食べられないようなブランド食材を使った料理が手軽に楽しめるということで人気です。

おすすめメニュー・店舗情報

こちらの店では金華サバや仙台せりなど、仙台およびその周辺で獲れるブランド食材が楽しめます。もちろん宮城といえばすぐに思い浮かぶカキも人気です。またクジラの刺身は今ではめったに手に入らない一品で、一番人気の一品だそうです。

「居酒屋 二代目」はサンモール一番町からいろは横丁の南の通りに入り、向かって右側の3軒目にあります。美味しい宮城のお酒とともに美味しい仙台の食材を楽しんでください。

住所 宮城県仙台市青葉区一番町2-3-28 壱弐参横丁
電話番号 022-722-2627

昭和30年代を再現【なつかし屋】

お店の壁にはたくさんの昭和レトロな雰囲気の看板やポスターが貼られていて、タイムスリップしたような感じを受けるお店が「なつかし屋」です。昭和30年代の懐かしく感じるものを集めたお店とのことで、実際のお店は創業して約30年になるそうです。

何となくシニアの方ばかりが集まりそうに感じますが、若い方にとっても珍しいと人気だそうで、古き良き日本を体験しに行くのもおすすめです。

おすすめメニュー・店舗情報

「なつかし屋」は毎日市場で仕入れる新鮮な刺身と、仙台の地酒をたっぷり楽しむことができるお店です。とにかく仙台周辺の地酒が充実しており、刺身やスモークなどと共にさまざまな味を楽しむことができると評判が高いです。

店はサンモール一番街から南の通りをずっと奥に入っていったところにあります。お茶屋さんがななめ向かいにあるので、それを目標に行くと行きやすいでしょう。

住所 宮城県仙台市青葉区一番町2-3-28 壱弐参横丁
電話番号 022-224-2226

創作和食と日本酒のお店【たべ処のみ処 すけぞう】

「たべ処のみ処 すけぞう」はおひとり様でも気軽に楽しむことができるお店としておすすめです。創作和風料理と地酒が楽しめる店として知られ、値段も比較的リーズナブルという点も人気の秘密と言えるでしょう。

店が少し奥まった位置にあるためわかりにくいかもしれませんが、お店で出している地酒のラベルなどが飾られているので、それでお目当てのお酒を見つけるのもよいでしょう。

おすすめメニュー・店舗情報

「たべ処のみ処 すけぞう」は新鮮な食材をたっぷりと使った和食メニューが人気です。ほやなどの他の土地ではあまり食べられないようなものも美味しく調理されており、試してみるのもおすすめです。また地酒も種類が多く、品揃えもよいです。

お店はサンモール一番町からいろは横丁の南側の通りを入り、ずっと奥に進みます。そうすると5本目の十字路に出るのでそこを右に入るとさらに店が並びます。その店の中で向かって左側の一番奥になります。

住所 宮城県仙台市青葉区一番町2-3-28 壱弐参横丁
電話番号 022-227-5177

人気の餃子屋さん【一番五郎】

餃子というと宇都宮や静岡などが思い浮かびますが、仙台にも「仙台あおば餃子」という名物餃子があります。皮に仙台雪菜が練りこまれていて、緑色をしているのが特徴なのですが、その餃子の名店として知られるのが「一番五郎」です。野菜をたっぷり食べたい方にお勧めの店でもあるのです。

おすすめメニュー・店舗情報

「一番五郎」はランチタイムは「味噌ラーメン」、ディナータイムは「仙台あおば餃子」が人気のお店です。味噌ラーメンは地元の老舗味噌メーカーのコクのある味噌をたっぷり使用し、なんと200グラムもの地元野菜が使われています。

また餃子のほうは餃子1個にミニサラダ一杯分もの野菜が使われており、こちらも味噌だれでいただきます。餃子ファンの方にぜひお試ししていただきたい一品です。

店舗はサンモール一番町からいろは横丁の北の入口のところにあります。いろは横丁の入口にあるということで、店の場所もわかりやすく、気軽に立ち寄ることかできるでしょう。

住所 宮城県仙台市青葉区一番町2-3-28 壱弐参横丁
電話番号 022-222-8808

Original仙台のおいしい餃子11選!人気の専門店からおすすめの穴場まで一挙紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
仙台にはおいしい餃子を食べることができるお店がたくさんあります。誰もが知っているお店からあま...

いろは横丁で女性におすすめのおしゃれなお店

先ほども述べたように、いろは横丁には近年、若い方がおしゃれな食事処をオープンさせるようになりました。デートなどでちょっとおしゃれなディナーが食べたいというニーズにも対応するようになっています。そんなおしゃれなディナーが食べられると人気のお店について紹介します。

おしゃれなちょい飲みバル【葡萄酒小屋】

「葡萄酒小屋」は美味しいワインが飲めるお店として知られています。入り口のところに豚のベンチがあり、いろは横丁の撮影スポットの一つにもなっています。

リーズナブルにさまざまなワインが楽しめるということで人気が高く、ワインに合うおつまみのほかパスタなどのフードメニューも充実しています。さらに昼限定でタピオカドリンクも提供されているとのことで、こちらを目的に来る方も多いそうです。

おすすめメニュー・店舗情報

こちらでおすすめしたいのはやはりワインの飲み比べです。グラスワインが450円くらいから楽しむことができるため、好みのワインを見つけたいという方にも手軽にいろいろ試すことができるためです。

またこちらのタピオカドリンクはふつうのタピオカドリンクだけではなく、サングリアなどのちょっと珍しいタイプのものもあります。凍ったフルーツがたっぷり入っているので、SNS映えするということで人気が高いそうです。

お店はサンモール一番町から南側の通りに入り、奥まで進みます。先ほど紹介した「なつかし屋」を過ぎて十字路の角にあります。

住所 宮城県仙台市青葉区一番町2-3-28 壱弐参横丁 110戸間
電話番号 022-224-4022

路地裏のイタリアン【カフェ エウル】

いろは横丁というと、日本酒や和食のおつまみが楽しめるところが多いのですが、「カフェ エウル」はなんとイタリアンのお店です。仙台牛や仙台近郊で育てられた豚肉、野菜などをたっぷり使ったイタリアンが人気で、ランチやディナーで利用する方が多い、路地裏の隠れ家レストランのような雰囲気のお店です。

おすすめメニュー・店舗情報

「カフェ エウル」にはランチ、ディナーがあり、それぞれ単品とコース料理があります。いずれも地元の食材がふんだんに使われていることが特徴です。ワインはすべてイタリア産のものであり、毎月のおすすめワインがあるので、料理と共にぜひ味わってみてください。

お店はサンモール一番町からいろは横丁の北側の通りを入り向かって左側にあります。民族雑貨のお店の斜め向かいになるので、それを目標にするとよいでしょう。

住所 宮城県仙台市青葉区一番町2-3-30 壱弐参横丁
電話番号 022-265-1740

昭和レトロないろは横丁でディープな夜を楽しもう!

いろは横丁には仙台の地酒や魚介類、農産物など、まさに仙台の魅力が詰まっているお店がたくさん並びます。和食好きの方はもちろんですが、洋食の店なども増えてきているので、いろいろなニーズに応えてくれるでしょう。ぜひ仙台に行ったらいろは横丁で美味しい食材を堪能してください。

関連記事

関連するキーワード

2237.thumb
この記事のライター
よしぷー
青森出身、京都在住の歴女です。歴史が感じられる場所を旅するのが好きで、寺社巡りや博物館巡りを楽しんでいます。

仙台の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

仙台の新着のまとめ