「カニ面」は金沢おでんの人気具材!冬の美味しい味覚を味わえる人気店を紹介!

2020年7月5日 (2020年7月5日最終更新)

金沢おでんに入っているカニ面は、香箱蟹の身や外子を贅沢に使った豪華な具材です。金沢おでん名物のカニ面は、そのまま食べても美味しいですし、食べ終わった後に残った甲羅の中に熱燗を注いで、甲羅酒にして飲むのも大きな楽しみ方の1つとなっています。

目次

  1. 金沢で絶品「カニ面」が食べられるお店をリサーチ
  2. カニ面は金沢名物の高級おでん
  3. カニ面の発祥は?
  4. 食べられるのは冬だけ? カニ面の特徴
  5. カニ面だけじゃない金沢おでん
  6. 金沢市内でカニ面が食べられる名店
  7. 金沢市内でランチタイムでもカニ面が食べられるお店
  8. 冬の金沢で美味しいカニ面を味わおう!

金沢で絶品「カニ面」が食べられるお店をリサーチ

ご飯のおかずとして、またお酒のあてとして大人気なのがおでんです。最近ではコンビニなどでもおいしいおでんが買えるため、日本人にとって本当になじみの深いグルメの1つでしょう。そんなおでんの具材の王様とも言えるのが金沢のカニ面で、今回はこのカニ面を食べられるお店をいくつか厳選してご紹介します。

カニ面は金沢名物の高級おでん

カニ面は金沢のおでんには欠かせない名物の1つですが、かなり高級なワンランク上のタネと言っても過言ではありません。

地元金沢の人たちも美味しいのは知っていてもなかなか手が出ない高級おでんで、ハレの日等によく食べられています。

石川県民はおでん好き?

おでんは日本全国で愛されている庶民的なグルメの1つですが、その中でも石川県民はおでんが大好きだと言われています。

とある統計調査によると石川県は人口に対するおでん屋さんの数が日本一と言われており、多くの人たちがおでんを楽しんでいます。

また石川県の人たちはおでんをお店だけでなく家庭で食べることも多く、まさにおでんは石川の人たちのソウルフードと言うわけです。

カニ面は「金沢おでんの王様」

おでんの具にはいろいろな種が数多く登場しますが、その中でも「金沢おでんの王様」と呼ばれているのがカニ面です。

日頃から家庭でおでんをよく食べる石川の人たちでもカニ面はめったにお目に描かれるものではなく、本当に贅沢なおでんの具材です。

東京のおでん屋さんではなかなかカニ面を見かけることも少ないですが、金沢周辺のおでん屋さんへ行くとそのほとんどでカニ面を味わえます。

香箱蟹を贅沢に使用

金沢おでんの名物となっているカニ面はどんなカニを使ってもいいわけではなく、基本的には石川県近郊でとれた香箱蟹が使用されます。

香箱蟹とはいわゆるズワイガニのメスのことで、その美味しい味から香箱蟹は「金沢の冬の海の味覚の王様」とも呼ばれています。

注文は1人1個が暗黙のルール

金沢おでんのカニ面は美味しい一方でお値段も少し高く、中にはみんなで1個のカニ面をシェアしたいと考える方もいるでしょう。

しかし金沢おでんのカニ面には暗黙のルールがあり、それはカニ面を注文するときは基本的には1人1個は頼まないといけない点です。

あくまで暗黙のルールなので金沢のおでん屋さん全てで守らないといけないわけではありませんが、覚えておくと良いでしょう。

Original金沢でカニ料理なら?おすすめの時期や食べ放題情報もまとめて紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
石川県にある金沢は、さまざまなジャンルの美味しいグルメが勢ぞろいしている街です。今回はそんな...

カニ面の発祥は?

カニ面の正確な発祥時期はわかっていませんが、少なくとも昭和29年頃にはすでに金沢市内のおでん屋さんにメニューとしてあったそうです。

ちなみにカニ面の名前の由来は甲羅の上にカニの身を敷き詰め、その上にお腹の部分で蓋をした姿が剣道の面に見えたからだそうです。

食べられるのは冬だけ? カニ面の特徴

金沢おでんの顔とも言えるカニ面は残念なことに春夏秋冬どの時期にも気軽に食べられると言うわけではありません。

基本的にカニ面がおでん屋さんに並び始めるのは冬になった頃で、逆にそれ以外の直にカニ面を見かける事は滅多にありません。

食べられる時期が限定されるのはカニ面に使用されている香箱蟹が魚市場に並ぶ時期と大きな関係があります。

カニ猟の解禁は毎年11月6日

基本的に石川でカニ面を味わえるのは冬だけです。何故かと言うとカニ漁が解禁されるのか冬のみとなっているからです。

ちなみに具体的なカニ漁の解禁日は毎年11月6日となっていて、この時期を過ぎると金沢のおでん屋さんにカニ面が並び始めます。

もちろん現在カニ自体は1年を通して食べられるのってカニ面をほかの時期に味わうことも理論上は不可能ではありません。

ただし本当に美味しい香箱蟹を使った金沢おでんのカニ面を味わえるのは漁が解禁になった後の冬だけとなっています。

調理法は店によってさまざま

金沢おでんの名物とも言えるカニ面は実は提供しているお店によって調理方法が大きく異なっているのも特徴です。

そのためおでん屋さんごとにカニ面の味付けも異なっており、石川県の人たちはそれぞれにお気に入りのおでん屋さんがあります。

もちろんどこのおでん屋さんでカニ面を食べても美味しいのは間違いありませんが、自分好みのお店を食べ歩いて探してみるのも楽しいです。

価格は他のおでんより高め

一見するとカニ面は非の打ちどころのないおでんの具材のように思えますが、カニ面にも1つだけ大きなウィークポイントがあります。

高級な香箱蟹を使っているのでどうしてもカニ面は他のおでんの具材と比べると価格設定が高めになりがちです。

おでん屋さんの中にはかに面の価格を時間としているところもあるほどで、食べに行く際はその点だけは気をつける必要があり

「甲羅酒」も楽しめる

金沢おでんの名物であるカニ面はそのまま食べてももちろん美味しいのですが、実は食べ終わった後にもう1つ楽しみがあります。

それは食べ終わって残った香箱蟹の甲羅に熱燗を豪快に注いで甲羅酒にすることです。カニの旨味と日本酒の旨味は相性が抜群です。

この甲羅酒をメインにカニ面を注文する人もいるほどで、お酒が好きな人なら絶対に味わっておきたいところです。

カニ面だけじゃない金沢おでん

金沢おでんの名物と言うとどうしてもカニ面が表にバンと出てきてしまいがちですが、実はほかにもおいしい具材が目白押しです。

ここでは金沢おでんを味わう時にカニ面と一緒にぜひとも味わってもらいたい美味しい具材をいくつかご紹介します。

出汁が特徴の金沢おでん

金沢おでんとほかの地域で食べられているおでんを区別する時、最も大きな違いとしてわかりやすいのかダシでしょう。

金沢おでんに使われているダシは薄口がメインの非常に上品なもので、これが具材の旨味を最大限に引き立ててくれるのです。

金沢おでんのダシの色はキラキラと輝く黄金色で、1口飲むと思わず「美味しい」と言ってしまうこと間違いなしでしょう。

他では見られないような食材も!

金沢のおでん屋さんにはカニ面と同じく、東京などのお店ではなかなか見かけないような珍しい具材が数多く並びます。

大根や卵といった定番のおでんの具材ももちろん美味しいですが、せっかく金沢おでんを食べるのであればそういった珍味を味わうのもオススメです。

ここでは金沢おでんを食べるときにぜひカニ面とセットで注文してもらいたい珍しくて美味しい具材をご紹介します。

おすすめは「梅貝」

金沢のおでん屋さんでメニューを見た時にまず目を引くのが梅貝です。梅貝はとても大きな巻貝で、ビジュアル的にもインパクトがあります。

一般的な貝と比べると梅貝は独特な旨味があり、これが金沢おでんのダシと一緒になると非常においしい具材へと変化します。

ちなみに梅貝の春の時期は7月上旬から10月下旬と言われており、確実にありつきたいのならこの時期を狙うと良いでしょう。

おでんの定番「源助大根」

石川県にはご当地野菜の1つである加賀野菜が名物としてありますが、その中の源助大根はおでんの具材としても大人気です。

源助大根は一般的な大根と比べると肉質が柔らかく、それでいて繊維がしっかりとしているので長時間煮込んでも煮崩れしません。

さらに源助大根はダシを吸収する力も強いと言われており、まさに金沢おでんのために生まれてきた大根と言っても過言ではないでしょう。

珍しい「車麩」

金沢おでんを楽しむ上で欠かすことのできない具材の1つが車麩です。関東ではなかなか見かけない具材ですが、金沢ではとてもポピュラーな具材です。

特に初めて金沢おでんを食べる人には最初に車麩を注文してもらいたいところです。何故かと言うと車麩はダシをよく吸うからです。

先ほど金沢おでんの大きな特徴の1つが黄金色のダシだとご紹介しましたが、そのダシを余すところなく楽しめるのか車麩なのです。

ボリューム満点「肉いなり」

金沢おでんは大人だけではなく子供にももちろん大人気なグルメですが、特に子供に人気の高い具材が肉いなりです。

肉いなりは油揚げの中にお肉をたっぷりと詰めたボリューム満点の具材で、ひと口噛むと中からダシと肉汁がたくさん飛び出してきます。

金沢のおでん屋さんでは非常にポピュラーな具材のひとつで、もし見かけたらぜひカニ面と一緒に注文してみてください。

Original金沢おでんのおすすめ人気店BEST5!高級老舗から穴場もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
金沢でおすすめのおでん屋さんをご紹介!独自のおでん文化が根付いた石川県金沢市には美味しいと評...

金沢市内でカニ面が食べられる名店

調べてみると金沢市内でカニ面を食べられるお店は意外と多く、どこも評判が良いので初めてだとどうしても迷いがちです。

そこで特にカニ面がおいしいと評判のお店を、そのお店のカニ面の特徴にも触れながらいくつか厳選してご紹介します。

老舗のおでん屋「菊一」

金沢市内にはおいしいカニ面を食べられるお店がいくつかありますが、その中でも有名で圧倒的な人気を誇るのが『菊一』です。

この『菊一』は老舗のおでん屋さんで、カニ面以外にも美味しいおでんを味わえると会って行列ができることも珍しくありません。

また『菊一』は金沢の観光名所である兼六園から歩いてすぐの場所にあり、観光の際にふらっとよれるおでん屋さんとしても有名です。

蟹足が整列&外子のせタイプのカニ面

ここ『菊一』は香箱蟹の甲羅の上にカニの足のみをきれいに整列させ、その上に外子をたっぷり乗っけるタイプのカニ面です。

金沢おでんの名店『菊一』では食べ終わった後に残るカニ面の香箱蟹の甲羅に熱燗を注いで楽しむこともできます。

店舗詳細

石川名物の金沢おでんが味わえる『菊一』は最寄り駅が野町駅となっており、距離にすると約1200メートルなので徒歩だと24分ほどです。

また『菊一』の営業時間は午後5時30分から午後10時30分までとなっていて、定休日は毎週の火曜日と水曜日です。

営業時間がディナー帯だけとなっており、ランチタイムには空いていないので来訪する際は気をつけましょう。

ここ『菊一』は残念ながら事前に予約をすることが不可能です。またクレジットカードや電子マネーといったキャッシュレス決済も未対応です。

住所 石川県金沢市片町2-1-23
電話番号 076-221-4676

行列のできる人気店「おでん居酒屋 三幸」

数ある金沢のおでん屋さんの中で多くの人が「最も美味しい」と太鼓判を押す名店が『おでん居酒屋 三幸』です。

ここ『おでん居酒屋 三幸』はカニ面を始めとしたおでんがおいしいのはもちろん、お店の雰囲気も良いですし接客も非常に丁寧で気持ちがいいです。

金沢にはおでんの美味しいお店がいくつもあるためどこへ行こうかで迷いがちですが、そんなときにはぜひ『おでん居酒屋 三幸』をオススメします。

蟹足が整列されたタイプのカニ面

ここ『おでん居酒屋 三幸』は香箱蟹の甲羅の上にカニの足の身を縦方向にきれいに整列させるタイプのカニ面です。

金沢おでんの名店『おでん居酒屋 三幸』のカニ面は非常にシンプルな作りで、だからこそ多くの人に自信を持ってオススメできます。

店舗詳細

石川名物の金沢おでんが味わえる『おでん居酒屋 三幸』は最寄り駅が野町駅となっており、距離にすると約950メートルなので徒歩だと19分ほどです。

また『おでん居酒屋 三幸』の営業時間は午後5時から深夜0時までとなっていて、定休日は毎週日曜日と祝日です。

ちなみに『おでん居酒屋 三幸』には個室も用意されていて、大小様々な宴会等を行いたい時にも重宝する使い勝手の良いお店です。

ここ『おでん居酒屋 三幸』は事前に予約をすることが可能です。ただしお客様専用の駐車場は無いので注意してください。

住所 石川県金沢市片町1-10-3
電話番号 076-222-6117

カレーおでんでも有名「おでん 高砂」

オーソドックスな金沢おでんも美味しいですが、中には『おでん高砂』のように少しアレンジを加えたお店もあります。

ここ『おでん高砂』の名物として有名なのがカレーおでんで、カレーのルーの中にお馴染みのおでんの具材たちが大量に入っています。

カレーおでんに使われているカレーはダシの効いたここ『おでん高砂』の特製のもので、大人はもちろん小さいお子さんからも人気があります。

蟹足が整列されたタイプのカニ面

ここ『おでん高砂』は香箱蟹の甲羅の上にカニの足の部分をきれいに縦に並べ、その上から蓋をするタイプのカニ面です。

金沢おでんの名店『おでん高砂』ではカニ面を非常にジューシーに仕上げており、最後には熱燗を注いで甲羅酒にも行ってきます。

店舗詳細

石川名物の金沢おでんが味わえる『』は最寄り駅が野町駅となっており、距離にすると約1250メートルなので徒歩だと23分ほどです。

また『おでん高砂』の営業時間は午後4時から午後10時30分までとなっていて、定休日は毎週の日曜日です。

ただし月曜日が祝日の場合は日曜日が営業日となり、そのかわり翌日の月曜日が定休日となるので注意してください。

ここ『おでん高砂』は事前に予約をすることができないです。ちなみにカウンター席もあるのでお一人でも大丈夫です。

住所 石川県金沢市片町1-3-29
電話番号 076-231-1018

知るひとぞ知る「赤玉 金劇パシオン店」

全国的に有名なわけではありませんが、地元の人たちが足しげく通う隠れた名店と言えるのか『赤玉 金劇パシオン店』です。

ここ『赤玉 金劇パシオン店』は金沢のビルとビルの間の裏路地にある隠れ家的なお店で、一見すると普通の居酒屋ですがおでんの味は群を抜いています。

ごちゃ混ぜタイプのカニ面

ここ『赤玉 金劇パシオン店』は香箱蟹の甲羅の上に身と外子をごちゃまぜにして乗せた珍しいタイプのカニ面です。

金沢おでんの名店『赤玉 金劇パシオン店』はダシへのこだわりが非常に強く、それでいて価格もリーズナブルなのでかなりの穴場です。

店舗詳細

石川名物の金沢おでんが味わえる『赤玉 金劇パシオン店』は最寄り駅が野町駅となっており、距離にすると約900メートルなので徒歩だと18分ほどです。

また『赤玉 金劇パシオン店』の営業時間は午後5時から深夜0時までとなっていて、定休日は毎週の水曜日です。

住所 石川県金沢市片町1丁目7-23
電話番号 076-221-6655

店名通りちくわが絶品「ちくわ」

おでんにはちくわやはんぺんなどの練り物が数多く入っていますか、この練り物に大きなこだわりを持っているのが『ちくわ』です。

ここ『ちくわ』の練り物は全て自家製で、普段何気なく食べているちくわがいかに美味しい具材だったかを再発見させられること間違いなしです。

外子で覆われたごちゃ混ぜタイプのカニ面

ここ『ちくわ』は香箱蟹の甲羅の上にほぐしたカニの身をごちゃまぜにしてのせ、仕上げに外子を乗せるタイプのカニ面です。

金沢おでんの名店『ちくわ』は店内の作りも非常におしゃれで、デートスポットとして利用する若い人も少なくありません。

店舗詳細

石川名物の金沢おでんが味わえる『ちくわ』は最寄り駅が野町駅で、兼六園のそばなのでそこを目印に行くと良いでしょう。

また『ちくわ』の営業時間は午後5時30分から深夜0時までとなっていて、定休日は毎週の日曜日となっています。

ちくわ

P033854946 168
ジャンル:
金沢 / 居酒屋
住所:
石川県金沢市片町2-10-42 RENNビル1F
営業時間:
月~日、祝日、祝前日: 17:30~翌0:00 (料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:00)
平均予算:
3,001〜4,000円
提供: Hotpepper s
Original金沢でおでんならココ!ランチにもおすすめの美味しい店を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
金沢おでんは、塩ベースの出汁が特徴です。他の地域ではあまり見かけることのないおでん種がいっぱ...

金沢市内でランチタイムでもカニ面が食べられるお店

ここまで紹介してきたカニ面が食べられるお店は基本的には夜のみの影響で、日帰り観光の人には少々厳しい面もあります。

しかしおでん屋さんがたくさんある金沢市内にはランチタイムでもカニ面が味わえるお店が少なくありません。

金沢おでんの老舗「赤玉本店」

金沢市の老舗おでん屋さんである『赤玉本店』ではランチタイムから豪華絢爛なカニ面を食べることが可能です。

金沢でも有名なおでん屋さんのひとつで、最近では地元の人だけではなく外国人観光客のお客さんもちらほら見かけます。

その他のメニューも絶品

またここ『赤玉本店』はカニ面以外のおでんの具が充実しているのも大きな魅力で、少しずついろいろな種類を食べられるのも嬉しいです。

ここ『赤玉本店』は一品料理だけでなくコース料理も充実していて、気軽に食べたい時からがっつり食べたい時まで幅広い用途でオススメです。

店舗詳細

石川名物の金沢おでんが味わえる『赤玉本店』は最寄り駅が野町駅となっており、国道157号線を沿って進むと見つかります。

また『赤玉本店』の営業時間は正午12時から午後11時までとなっていて、定休日は基本的には毎週の月曜日です。

赤玉 金沢 本店

P033104470 168
ジャンル:
金沢 / 居酒屋
住所:
石川県金沢市片町2-21-2
営業時間:
火~土、祝前日: 12:00~23:00 (料理L.O. 22:30 ドリンクL.O. 22:30)日、祝日: 12:00~22:30 (料理L.O. 22:00 ドリンクL.O. 22:00)
平均予算:
2,001〜3,000円
提供: Hotpepper s

おでんの立ち食い「金沢おでん いっぷくや」

『金沢おでん いっぷくや』は立ち食いスタイルでおでんを楽しむことのできる少し変わったお店となっています。

いい感じのサイズのおでんが数多く用意されていて、お手頃価格でいろいろな具材を楽しめるのでコスパも悪くありません。

カニ面をアレンジしたえび面も!

またここ『金沢おでん いっぷくや』はカニ面以外にもエビの身を使ったエビ面やのどぐろの身を使ったのどぐろ面など珍しい具材もあります。

低価格でありながらバリエーション豊かなおでんの具材が揃っているため、毎日通っても『金沢おでん いっぷくや』は飽きが来ません。

店舗詳細

石川名物の金沢おでんが味わえる『金沢おでん いっぷくや』は近江町市場内にあり、赤い大きな看板が目印です。

また『金沢おでん いっぷくや』の営業時間は午前8時30分から午後8時までとなっていて、定休日は毎週水曜日です。

住所 石川県金沢市上近江町50
電話番号 076-223-3789

冬の金沢で美味しいカニ面を味わおう!

香箱蟹の身を贅沢に使ったカニ面は金沢おでんの中でも特に人気の高い具材です。最近ではカニ面も有名になり、東京等のお店でも味わえることが増えましたが、やはり本場は違います。

香箱蟹が取れる冬限定のおでんの具材なので、なかなか簡単にはお目にかかれませんが、わざわざ足を運んででも食べる価値のある具材である事は、間違いありません。

関連記事

1537.thumb
この記事のライター
おもち
自然豊かな田舎町の出身です。美味しいものを食べるのが大好きで、ご当地グルメや流行りのスイーツは基本全部食べたい派です。さまざまなテーマの記事を通していろいろなみなさんと繋がれたらと思っています。よろしくお願いします。

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

金沢の新着のまとめ