【大分】佐伯市観光におすすめ!人気体験から穴場スポット・グルメまでご紹介!

2020年7月6日 (2020年7月27日最終更新)

大分県の宮崎県と県境に位置する「佐伯市」。佐伯市は海と空の境目がない青い絶景が広がり、四季折々の景色を楽しむことができます。今回はそんな自然豊かな佐伯市のおすすめ観光スポットをはじめ、穴場スポットや美味しいグルメをご紹介します。

目次

  1. 佐伯市とはどんな町?
  2. 佐伯市のおすすめ観光・名所スポット
  3. 佐伯市のグルメ・特産品
  4. 佐伯市の人気体験
  5. 佐伯市は自然が魅力な町!

佐伯市とはどんな町?

大分県の佐伯市は九州最東端に位置し、大分県内では最南端にあります。佐伯市は9つの市町村が合併し、九州一広い面積を有する市で、海・山・川と豊かな自然にも恵まれています。

また、観光で訪れる方々からも極めて評価の高い寿司や海鮮丼、ごまだしうどんなど数々の郷土料理が自慢です。海の青さ、緑豊かな大自然と何度も訪れたくなる絶景が広がります。

佐伯市のおすすめ観光・名所スポット

大自然の広がる大分県の佐伯市には、おすすめの観光名所が数多く点在しています。地元の方から人気のある観光スポットも多く、佐伯市の魅力を体感することができます。

蒲戸崎展望台

佐伯市の絶景スポットであり観光名所の「蒲戸崎展望台」。蒲戸崎展望台は佐伯市上浦の最東端、日豊海岸国定公園の一角の「蒲戸崎自然公園」にあります。天気が良ければ遠く四国の山並みまで間近に見え、360度の大パノラマを楽しめます。駐車場から展望台まで、散策道をおよそ600m歩きます。

豊後二見ヶ浦

初日の出スポットとして人気の名所「豊後二見ヶ浦」。夫婦岩を結ぶ大しめ縄は、長さ約65m、重さ約2トン、最大直径約75cmで、1994年にギネスブックに掲載されました。大しめ縄は毎年12月第2日曜日に、地元の有志の手で張り替えられます。

豊後二見ヶ浦で人気のあるライトアップは、12月24日から翌年1月4日まで開催されています。初日の出以外にも3月の春分の日、または10月の秋分の日に2つの岩の真ん中から昇る日の出も印象的です。

九州最東端 鶴御崎自然公園 -鶴御埼灯台-

佐伯市の海抜200mの絶壁にある観光名所「鶴御埼灯台」。鶴御埼灯台は昭和56年(1981年)に完成しました。戦時中には要塞としての役目を果たすため砲台や壕が作られ、今でもその面影が残っています。

鶴御埼灯台は九州で最初の初日の出を楽しめ、元旦には多くの人々で賑わいます。公園内には灯台を眺めるための展望ブリッジもあります。

大島

佐伯市の豊後水道に突き出した鶴見半島の沖合に浮かぶ島「大島」。島の東側は太平洋の荒波が打ち寄せる断崖絶壁で、豊後水道自然公園に指定されています。大島には大分県の天然記念物に指定されている「アコウ」があり、樹齢400年を超える大樹です。

釣りの聖地で日本全国の釣人に人気がある島でもあります。大島への定期便はJR佐伯駅近くの港より運行しています。

佐伯市のグルメ・特産品

自然豊かな佐伯市には、美味しいグルメが充実しています。季節によって味覚が変わり、新鮮な魚介類や海の幸を思う存分楽しむことができます。

水車茶屋なのはな 本匠名物そば料理

佐伯市本匠産の蕎麦には夏蕎麦、秋蕎麦があります。水車茶屋なのはなではこの蕎麦粉を九割、宇目産の小麦粉一割で手打ちした蕎麦と、香りの良い肉厚の本匠産椎茸をぜいたくに使ったそばつゆで提供しています。

全国的にも珍しい夏蕎麦を使用しているので、1年中新鮮な蕎麦を楽しめます。また、そば打ち体験もでき、自分で作り上げる蕎麦を味わうことができます。

岩がき

佐伯市の春から初夏にかけて旬を迎える「岩ガキ」。佐伯市の岩ガキは大粒で濃厚な味わいが人気を集め、炭火焼き、フライでジューシーなカキエキスとともに食べることができます。

かまえインターパーク 海べの市

佐伯市で人気のある観光スポット「かまえインターパーク 海べの市」。施設は海を臨んでおり、佐伯の特産品を販売する「海べ(アマベ)の市」と、海を眺めながら食事ができる「海のレストラン 笑魚(ワライヨ)」が併設しています。

海を眺めながら美味しい魚介類を楽しんだり、新鮮な魚介の購入もできるため地元の方からも人気があるグルメスポットです。

弥生ぴかいち

佐伯市で人気のある「道の駅やよい」の農産物直売所「弥生ぴかいち」。日豊海岸の海の幸や地域の出荷者が作った安全で新鮮な野菜、そして清流番匠川で取れた川の恵みなど、 自然の恵み豊かな食材が並びます。

また、温泉施設「やよいの湯」、九州屈指の清流、番匠川をテーマにした淡水魚水族館「番匠おさかな館」など、楽しい施設も楽しめます。

Original佐伯の寿司店!人気のランチ店や持ち帰りもできるおすすめ店紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
豊後水道の恵まれた漁場がある佐伯市。市内には、世界一佐伯寿司のフレーズを掲げた寿司店が数多く...

佐伯市の人気体験

佐伯市には子供から大人まで楽しめるスポットが充実しています。佐伯市の自然を活かした体験も可能で、佐伯市でしか過ごせない貴重な時間を満喫できます。

藤河内渓谷トレッキングツアー

ユネスコエコパークに登録された祖母・傾・大崩山系の大自然のふところにある「藤河内渓谷」。藤河内渓谷は観音滝を起点に約8km続き、巨大な花崗岩の一枚岩がおりなす奇観は驚くばかりです。

佐伯市ではトレッキングツアーも提供しており、自然豊かな渓谷内をゆっくりとトレッキングします。今この瞬間の藤河内渓谷と調和する体験は貴重な思い出となり、大人から子供まで自然と遊ぶ楽しさを体感できます。

うめの里 陶芸工房

佐伯市で陶芸を体験したい方におすすめなのが「うめの里陶芸工房」です。親子連れから10名までの団体での体験も可能です。焼き上がり後は直接家まで届けてくれるので、自分へのお土産としても人気があります。

壇の窓 -大島の海蝕洞-

佐伯市の自然美を楽しめるのが大島の東側、壇の鼻に波浪による浸食で海岸の崖などにできた洞窟である大きな海蝕洞「壇の窓」です。

残念ながら陸路はありませんが、磯釣りスポットとしても有名で、週末になると瀬渡し船で大勢の釣り人が大物を狙って上陸しています。

豊後くろしおライン

佐伯市で有名な「豊後くろしおライン」は、米水津と蒲江を結ぶ道路で、高い所では標高およそ250mの豊後水道を眼下に望むことができます。沿線には「空の公園」、「空の展望所」、「空の地蔵尊」などの施設がある、見晴らしの良いドライブルートです。豊後水道を展望するポイントが随所にあります。

佐伯市は自然が魅力な町!

大分県の自然豊かな「佐伯市」。佐伯市は四季折々の絶景を楽しめる観光スポットが数多く点在しており、のんびりとした時間を過ごすことができます。

また、佐伯市は海、山、川に囲まれており、自然豊かで新鮮な食材を使った美味しいグルメを味わうことができます。ぜひ、大分県へ観光の際は「佐伯市」へ足を運んでみてください。

佐伯市観光大百科 | Saiki City Encyclopedia of Tourism

関連記事

関連するキーワード

2278.thumb
この記事のライター
TravelNote編集部
「ふらっと旅に出かけませんか?」 TravelNote編集部が実際に行ってみて良かったスポットや施設、 また独自レポートをまとめて紹介しています♪ 次の休日に足を運びたくなるスポットを随時掲載していくのでチェックしてみて下さい✨

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する