河口湖周辺の無料駐車場はどこ?おすすめスポットをまとめてご紹介!

2020年7月6日 (2020年7月18日最終更新)

河口湖は美しい富士山や花々が見る人を癒してくれる、魅力的な観光スポットで、それだけに駐車場も多くあります。そこで河口湖周辺にある駐車場について、その場所や駐車台数、そしてどんな観光におすすめなのかも含めて紹介していきましょう。

目次

  1. 河口湖周辺のおすすめ無料駐車場をご紹介!
  2. 河口湖周辺できれいな富士山が眺められる無料駐車場
  3. 河口湖周辺で観光に便利な無料駐車場
  4. 河口湖駅周辺のおすすめ駐車場
  5. 河口湖周辺の駐車場利用の際の注意点
  6. 河口湖の駐車場をチェックして観光に出かけよう!

河口湖周辺のおすすめ無料駐車場をご紹介!

河口湖は富士五湖の一つに数えられる美しい観光スポットで、毎年多くの方が訪れる場所です。一応電車で行くことも可能ですが、周辺の観光を組み合わせる場合、やはり車でアクセスするという方が多いでしょう。そんな方におすすめの、無料もしくは比較的料金が安い河口湖周辺の駐車場について紹介します。

富士山がきれいなスポットや観光に便利な駐車場も!

車で観光する方が多いこともあり、河口湖周辺にはそれなりに駐車場はあります。しかしどうせならより河口湖周辺の観光地に近い、もしくはせっかくだからきれいに富士山が見える駐車場を利用したいという方が多いのではないでしょうか。

そこで河口湖周辺で富士山が美しく見える、またはほかの観光スポットに近い、人気の駐車場を中心に紹介していきます。合わせて無料ではないけれど、便利がよい駐車場について、駐車時間と料金についても紹介していきましょう。

河口湖周辺できれいな富士山が眺められる無料駐車場

河口湖は、富士山-信仰の対象と芸術の源泉という世界文化遺産の構成要素の一つに登録されているほど、富士山とのコラボレーションが美しい観光スポットです。そのため、河口湖はもちろんですが、駐車場からも美しい富士山が眺められるところが人気です。そんな駐車場について紹介します。

河口湖大石公園駐車場

「河口湖大石公園」は河口湖畔にあり、河口湖と富士山が一望できるうえ、湖畔の遊歩道に四季折々の花が咲き誇るため、カメラを片手に観光する方が多く訪れる公園です。さらに広い無料の駐車場があるため、車はもちろん、バイクのツーリングを楽しむ方なども多く利用します。

特にラベンダーの時期には「河口湖ハーブフェスティバル」が行われるほか、春の芝桜、秋のベゴニア、コキアと四季を通じて花が美しく、散策するだけでも癒されると人気です。

駐車台数は約50台ですが、一台当たりのスペースはあまり広くなく、駐車場前の通りの交通量が多いので、そこは注意が必要です。営業時間は9時から18時までとなっています。特に花の盛りの時期は混雑が見込まれるので早めのアクセスがおすすめです。

産屋ヶ崎の駐車場

河口湖の富士山といえば忘れてはならないのが「逆さ富士」です。この逆さ富士がきれいに見える場所として知られているのが「産屋ヶ崎」で、河口湖大橋の近くなのでわかりやすいでしょう。河口湖湖上祭の花火大会の時も多くの観光客が集まります。

駐車場は24時間利用でき、約20台が停められます。ただ、逆さ富士という絶好のビュースポットなのでいつも混んでいることが多いうえ、カーブになっていて見通しがあまりよくありません。利用するときには事故に注意しましょう。

86ae6ddb1f432f78846095fc6ec19ce9 m河口湖で富士山のおすすめ撮影スポット情報!絶景をカメラに収めよう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
富士山のお膝元にある河口湖。周辺のあちこちで富士山を間近に眺めることができます。その中でもこ...

河口湖周辺で観光に便利な無料駐車場

河口湖は湖そのものが観光スポットであり、河口湖周辺にもたくさんの観光スポットがあります。河口湖に観光に来る方の多くはこれらの観光スポットにもまた立ち寄ります。そこでそれらの観光スポットに近く、無料で利用できる駐車場について、おすすめのところを紹介します。

河口湖遊覧船乗り場の駐車場

河口湖観光で外せないものの一つが遊覧船ではないでしょうか。その遊覧船に乗る方におすすめなのが「河口湖遊覧船乗り場」にある駐車場です。発着時間に合わせて混雑する傾向にあるので、早めに行くことで停められる確率が上がります。

もちろん無料で駐車できますし、周辺にも駐車場がいくつかあるので、ここがいっぱいでも停められる確率はあります。

県営船津浜駐車場

「県営船津浜駐車場」は、その遊覧船乗り場からもすぐ目の前にある駐車場です。周辺には旅館やお土産品を売る店、レストランなども多く、河口湖観光の中心地にある駐車場と言っていいでしょう。

駐車場は24時間無料で利用でき、台数も100台以上停めることができる広い駐車場です。それでも河口湖観光に来る方の多くが利用するため、満車になることが多いです。また駐車場沿いの道は交通量が多いので注意しましょう。

河口湖 無料駐車場

「河口湖 無料駐車場」は船津浜駐車場から林作公園をはさんだ隣にある駐車場です。河口湖遊覧船もすぐ近くにあるため、観光に来る方も多く利用しています。船津浜駐車場が満車のときはこちらを利用する方も多いです。

無料で24時間利用でき、駐車できる台数も普通車で150台ほど、大型車でも30台ほど停められるため、合わせてかなりの台数を停めることができます。

河口湖スイーツガーデンの駐車場

「河口湖スイーツガーデン」は湖畔のガーデンテラスで河口湖の景色を楽しみながらチーズケーキやプリンなどのスイーツを楽しむことができるお店です。さらに周辺にはワイン館や美術館などもあるため、河口湖観光では外せないスポットといえるでしょう。

駐車場は100台以上収容できるほど広く、24時間無料で利用できるためとても便利です。それでも休みの時などはあっという間に満車になってしまうほど人気です。

河口湖オルゴールの森美術館駐車場(来館者無料)

「河口湖オルゴールの森美術館」は現在現在「河口湖音楽と森の美術館」という名前になっており、さまざまなオルゴールや日本有数といわれるローズガーデンなどの見どころが多い施設になっています。

こちらの駐車場は営業時間内での利用となり、基本的には9時30分から18時までですが、季節により違いがあります。係員が常駐しているので、美術館と組み合わせて利用しましょう。収容台数は普通車300台、大型バス30台です。

料金ですが、基本は無料です。ただし紅葉シーズンには駐車場が有料になることもあるようなので、そのあたりに行く方は前もって確認しておきましょう。

町営大池駐車場

「町営大池駐車場」は次に述べる大池公園の近くにある駐車場で、近くに日帰り温泉や山梨宝石博物館、河口湖ハーブ館などの観光スポットがあります。さらに商店街も近く、ショッピングを楽しみたい方にはおすすめの駐車場です。

駐車場は24時間無料で利用でき、収容台数は80台ほどとそれなりの広さがあります。次に述べる大池公園駐車場とともに、観光の際に利用しやすい駐車場の一つと言えるでしょう。

大池公園駐車場

「大池公園」は河口湖大橋の近くにあるポプラが目を引く公園です。冬には「湖上の舞」という花火大会の会場にもなり、湖畔に降りることもできます。さらに紅葉や夕日、富士山など景色も楽しめる公園で、観光客も多く訪れます。

駐車場は24時間無料で利用でき、台数も普通車が300台、バスが10台停められるなど、とても広いです。それでも周辺が観光スポットになっているので、休みの日は早い時間に満車になることも多いです。

八木崎公園駐車場

「八木崎公園」は富士河口湖町内でもラベンダーの株数が最大とされる花が美しい公園です。そのほかにもハープや花が多く、河口湖観光と組み合わせて訪れる方が多いです。

駐車場は24時間無料で利用することができるのですが、台数は普通車15台、バス4台とさほど多くありません。加えて6月から7月に行われるハーブフェスティバルの際は利用ができないので、この時期に訪れる場合は注意が必要です。

奥河口湖さくらの里公園駐車場

「奥河口湖さくらの里公園」は河口湖の北岸にあり、ハイキングコースや展望台などもあります。河口湖の観光スポットとしては少し離れますが、それだけに比較的静かで、のんびりと河口湖畔散策を楽しみたい方にもおすすめです。

24時間無料の駐車場は5台程度ですが、大型バスも利用でき、トイレもあります。ただし12月中旬から3月末までは使えないので注意が必要です。

本町通り駐車センター

「本町通り駐車センター」は本町通り商店街でショッピングをする方のための駐車場です。そのため河口湖駅からは徒歩6分ほどですが、基本的には商店街でお買い物をする方のためなので、ぜひお土産などの購入をしましょう。

24時間利用でき、もちろん無料で停めることができます。台数は18台とあまり多くはありませんが、近隣焦点を利用する方のためということで比較的利用はしやすい駐車場です。

Photo herb festival 1 1河口湖のハーブフェスティバルは日程や会場は?開花情報や見ごろを調査! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
山梨県の富士河口湖町で開催されるハーブフェスティバルの日程や会場、アクセスその他河口湖町のお...

河口湖駅周辺のおすすめ駐車場

ここまで述べてきた駐車場は条件があるところはあるものの、無料で駐車することができるため、時間を気にせずに駐車できます。しかし観光シーズンなどでこれらが満車だった場合、次の選択肢として出てくる、河口湖に近い駐車場を紹介します。駐車料金や時間を確認し、上手に利用しましょう。

河口湖駅駐車場「フジヤマパーキング」

「フジヤマパーキング」は河口湖駅の目の前にある駐車場で、河口湖駅を利用する方にはうれしいサービスなども充実しています。河口湖観光だけでなく高速バスや富士急行のイベント列車などを利用して観光をする方にはおすすめです。

河口湖を含めた富士五湖観光をしようという方の場合、移動先で一つ一つ駐車場を探すよりも、「富士五胡定期観光バス」を利用したほうがスムーズに観光できることも多いので、特におすすめします。

収容台数・営業時間・料金

「フジヤマパーキング」の営業時間は24時間で、約120台駐車することができます。料金は30分200円ですが最初の30分は無料となります。富士山と河口湖を見るだけならばさほど料金は高くないでしょう。

ただし、富士急のイベント列車や「富士急特急フリーきっぷ」などを利用する方は駐車料金が無料に、また先ほどの「富士五湖定期観光バス」を利用する方は1日500円となります。そのほかにもさまざまな割引プランがありますので、利用する方は確認しておきましょう。

タイムズ河口湖駅前

もう一つの有料駐車場が「タイムズ河口湖駅前」です。文字通り河口湖駅の駅前にあるため、観光シーズンなどで混雑してほかの無料駐車場は満車が多いという場合、こちらに停めてバスなどを利用して観光するという方法もあります。

特別な割引制度などはないのですが、料金も比較的抑えめになっており、しかも最大料金の設定もあります。富士急行を使わないのであれば、こちらの駐車場のほうが料金を抑えられるかもしれません。

収容台数・営業時間・料金

「タイムズ河口湖駅前」は24時間営業で約20台停めることができます。料金ですが基本的には60分220円となります。ただし最大料金の設定があり、平日は1日最大440円、土日祝日は最大660円となります。区切りは24時となります。

そのため富士急行を利用しての観光をつけないのであれば、こちらの駐車場のほうが値段が安くなる場合が多く、特に長時間利用する場合にはそのメリットが大きくなります。観光の予定時間を考えて上手に利用するとよいでしょう。

河口湖周辺の駐車場利用の際の注意点

河口湖は車で観光に訪れる方も多いため、駐車場はかなり多いです。また無料の駐車場も多いため、駐車料金もさほど高くはありません。しかしそれでもなお、観光シーズンには多くの駐車場が満車になるほど多くの方が観光に訪れる場所でもあります。

特に観光シーズンに利用する場合、早めにアクセスすることは必須です。またうまく駐車できたら、あとはバスなどの公共交通機関を利用して観光地を回ることもおすすめです。上手に混雑を避け、効率よく河口湖観光を楽しみましょう。

河口湖の駐車場をチェックして観光に出かけよう!

河口湖は東京からもさほど時間がかからずに美しい自然が楽しめ、魅力的な観光スポットも多いです。四季を通じて楽しめる場所も多いところです。無料の駐車場も多く、料金がかかる場合も比較的安く抑えることが可能なので、上手に利用して河口湖観光を楽しんでください。

関連記事

2237.thumb
この記事のライター
よしぷー
青森出身、京都在住の歴女です。歴史が感じられる場所を旅するのが好きで、寺社巡りや博物館巡りを楽しんでいます。

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

富士五湖周辺の新着のまとめ