自宅で庭キャンプを楽しもう!必要な道具や楽しみ方もご紹介!

2020年7月21日 (2020年7月22日最終更新)

キャンプ場へ行かずとも自宅でアウトドア気分を楽しめる「庭キャンプ」。庭キャンプはキャンプ初心者から子供まで家族みんなで楽しむことができ、キャンプの予行練習にもなります。庭キャンプにあると便利な道具も多く、気軽に挑戦することができます。

目次

  1. 自宅で庭キャンプが大人気!
  2. 庭キャンプの魅力&メリット
  3. 庭キャンプは子供のキャンプデビューにもおすすめ
  4. 庭キャンプのおすすめの楽しみ方
  5. 庭キャンプに必要な道具
  6. 庭キャンプで気を付ける注意点
  7. 庭以外でも楽しめる自宅のおすすめキャンプ
  8. 庭キャンプで手軽に自宅アウトドアを満喫しよう!

自宅で庭キャンプが大人気!

自宅でアウトドア気分を楽しめると最近ブームになっているのが「庭キャンプ」。自宅の庭で自由にキャンプを楽しむことができ、子供から大人まで楽しい時間を過ごすことができます。

今回はそんな庭キャンプの魅力をはじめ、庭キャンプに必要ある道具など気になる情報をまとめてご紹介します。初めて庭キャンプに挑戦する方は、ぜひ1度目を通してみてください。

初心者や子供にもおすすめの楽しみ方や必要な道具もチェック!

庭キャンプは年齢関係なく楽しむことができ、さまざまなメリットがあることでも人気があります。あると便利なキャンプ道具もいくつもあり、キャンプ初心者の方は自宅でキャンプの練習をすることができます。

小さい子供も一緒に楽しめる庭キャンプは、あるともっと楽しめる道具もたくさんあります。自分の家の庭がキャンプ場になるので、いつでも気軽に挑戦できます。

庭キャンプの魅力&メリット

自宅で庭キャンプを行うにあたって、さまざまな魅力やメリットを感じることができます。庭キャンプにはキャンプ場に行くのとは違うメリットがたくさんあり、庭キャンプならではの魅力があります。

今回はそんな庭キャンプで体感できる魅力やメリットについて詳しくご紹介します。庭キャンプに初めて挑戦する方はもちろん、自宅だからこそ感じられるメリットもあります。

荷造りや移動の面倒がない

庭キャンプはその名の通り自宅の庭でキャンプを楽しめるアクティビティです。庭キャンプ最大の魅力は荷造り、そして移動の面倒さがありません。荷造りしなくても自宅から道具を持っていくだけで、すぐにキャンプが完成します。

基本的にキャンプ場へ向かうまでの時間がかかりますが、庭キャンプの場合は移動時間がかかりません。そのため、時間をめいいっぱいキャンプに使うことができ、やりたいと思ったときに挑戦することができます。

格安な費用で楽しめる

庭キャンプで感じられる最大のメリットは「費用がかからない」ことです。通常のキャンプ場とは違ってサイトの利用料金がかからず、移動の交通費、ゴミ捨て料も必要ないので格安で楽しむことができます。

自宅の庭で楽しめるキャンプなので、テントさえあれば雰囲気が出ます。自宅にある遊び道具を庭に出すだけでも庭キャンプは成立するので、道具を揃える前からでも庭キャンプを挑戦することができます。

キャンプ初心者の練習に最適

庭キャンプは手軽にできるので、キャンプ初心者の方はキャンプを行う前に練習することができます。自宅で予行練習ができるので安心感があり、キャンプ初心者が苦戦するテントやタープも設営、撤収も事前に練習することができます。

庭キャンプでテントを設営した後、キャンプ初心者は実際に寝て寝心地も確認することができます。庭キャンプで予め予行練習をしておくことによって、キャンプ当日は安心して過ごすことができます。

小さな子供も安心

庭キャンプは小さい子供連れの方がキャンプに挑戦したい方にもおすすめです。子供連れの方はキャンプ場での夜泣きに悩む方が多いですが、自宅での庭キャンプの場合は夜泣きでの心配も必要なくなります。

また、庭でのテント設営や遊び道具を持参すれば子供も飽きずに庭キャンプを楽しむことができます。子供の急な体調不良、そしてケガをした場合も自宅ですぐに応急処置することができます。

忘れものの心配がない

自宅のすぐ側である庭キャンプは、忘れ物の心配がありません。とくにキャンプ初心者はキャンプ場に着いたときに、道具を忘れてしまって焦る方が多くいます。キャンプ場の近くは基本的にお店がないので、忘れ物の心配があります。

庭キャンプの場合は庭に持っていくだけで、何か忘れ物をしてもすぐに自宅に取りに行くことができます。とくに小さい子供連れの方は荷物が多くなってしまうので、庭キャンプであれば忘れ物の心配なくキャンプに集中することができます。

庭キャンプは子供のキャンプデビューにもおすすめ

家族みんなでアウトドアを楽しみたい方は、庭キャンプを行って子供のキャンプデビューに挑戦してみましょう。キャンプ場によっては周りとサイトが近く、子供のキャンプデビューに不向きな場所もあります。

その点、自宅の庭キャンプであれば安心してキャンプデビューできます。テントが張ってあるだけで子供の好奇心を得ることができ、テントに慣れておくことで本格的なキャンプにも挑戦できます。

庭キャンプのおすすめの楽しみ方

自宅で庭キャンプを行うにあたって、さまざまな楽しみ方があります。持っている道具によって楽しみ方も変わるので、庭キャンプを行う際には自分なりの楽しみ方を見つけておくのがおすすめです。

今回はそんな庭キャンプでおすすめの楽しみ方をご紹介します。キャンプ初心者の方でも楽しめる工夫が施されているので、初めて庭キャンプを行う方は事前にチェックしておくのがおすすめです。

飾り付けをしておしゃれにキャンプを楽しむ

庭キャンプはキャンプ場でできない、さまざまなDIYを楽しむことができます。自分の自宅の庭を使用しているので、自由に飾り付けができることでも人気があります。家族連れの方は、子供に自由な飾り付けをさせてDIYを楽しむ方も多いです。

キャンプ場には持っていけない道具も使用できるので、自宅の庭に個性あふれるキャンプ場を作り出すことができます。机、椅子、焚き火台、タープ、テントなど道具1つ1つに飾り付けするのもおすすめです。

簡易プールで水遊びを楽しむ

暑い夏の日に庭キャンプを行う場合は、庭の空いたスペースを利用して簡易的なプールを作っておくのがおすすめです。子供の遊び場としてはもちろん、大人はプールに足だけ入れてクールダウンすることができます。

簡易プールを作ることによって、まるで川の近くにテントを張っているような感覚で楽しむことができます。いつでも気軽に水遊びを楽しめ、子供から大人まで楽しい時間を過ごすことができます。

自宅のWi-Fiを利用して庭シアターを楽しむ

自宅近くの庭キャンプだからこそ、自宅に設置されているWi-Fiを利用して遊ぶことができます。庭キャンプの多くは、テントの中にミニシアターを作ることです。ミニシアターはキャンプ場ではなかなかできないので、庭キャンプならではの遊び方です。

ノートブックPCやタブレット、スマホを用意しましょう。大きめのディスプレイを持っている場合は、それにつなげて映像を流すのもおすすめです。スピーカーがある場合はテント内に設置しておき、いつもよりボリュームのある映画館のような空間を作り出せます。

夜は花火を楽しむ

自宅の庭キャンプは、手持ち花火を楽しめることでも人気があります。キャンプ場によっては花火が禁止されている場所も多いので、夜の遊びとして楽しむことができます。庭での花火なので、打ち上げや吹上花火は避けましょう。

自宅の庭なので自由に手持ち花火を行うことができます。花火は火の始末に気を付け、近所住民の家が近い場合は花火を行って良いのか確認しておくのがおすすめです。

焚き火の代わりにキャンドルを使うのもおすすめ!

キャンプの醍醐味と言えば「焚き火」。ですが、庭の規模によっては焚き火を行うのが難しい可能性も高いです。そんな時、キャンプの雰囲気を出してくれる道具が「キャンドル」です。

キャンドルならばテント内にも設置することができ、焚き火と違って後始末もとても楽です。キャンドルは日本全国の100均でも販売しており、種類によって香りや色合いも変わります。風に揺れるキャンドルの火は焚き火と似た効果を得ることができます。

Originalキャンプが盛り上がる遊び19選!子供も大人も楽しめる道具やゲームは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
キャンプでの遊びには、自然を楽しむものが多く、ふだんの生活ではできないようなものがたくさんあ...

庭キャンプに必要な道具

庭キャンプを行うにあたって、必要な道具がいくつもあります。庭キャンプにあると便利な道具もあり、揃えておくだけですぐに庭キャンプに挑戦できます。キャンプ初心者の方でも揃えやすいので、初めての方は事前に目を通しておくのがおすすめです。

今回はそんな庭キャンプにおすすめの道具について詳しくご紹介します。庭キャンプに利用できるキャンプ道具はすべて、本場のキャンプ場でも利用できるので1つ持っているだけで快適にアウトドアを楽しむことができます。

庭キャンプに必要な道具①:テント

庭キャンプをはじめ、通常のキャンプでも欠かせないアウトドア道具が「テント」です。庭の規模や時期にもよりますが、テントは必ず必要です。庭キャンプの場合は格安のテントでも楽しむことができ、人数に応じたテントを用意しておくのがおすすめです。

キャンプ初心者の方は実際にキャンプで設営するテントを購入し、練習するのがおすすめです。テントを張っておくだけで突然の雨や強い紫外線、寒さを凌ぐことができます。また、テント内にちょっとした休憩スペースを設けるだけでのんびりと過ごすことができます。

庭キャンプに必要な道具②:タープ

庭キャンプにはテントと同じく、タープも必要な道具となっています。タープがあるだけで本物のキャンプ場のような雰囲気を楽しむことができ、夏には日除けとしても利用できます。庭キャンプではワンタッチタープが簡単に設営できるのでおすすめです。

実際にキャンプ場でも利用したい場合は「ヘキサタープ」、「レクタタープ」もおすすめです。キャンプ初心者の方は設営の練習にもなり、テントが不要なスタイルでもタープは役に立ちます。タープがあるだけで、庭での昼寝にも利用することができます。

庭キャンプに必要な道具③:ランタン

庭キャンプではもちろん、通常のキャンプ場でも大活躍するのが「ランタン」です。ガスや燃料を使うランタンはキャンプ初心者の方の練習にもなり、家の照明ではなくランタンを使うことでよりキャンプ場の雰囲気を楽しむことができます。

ランタンを持っていない方は、ガーデンライトでもおすすめです。ガーデンライトは暖かみのある光になり、おしゃれな形状が多いので女性にも人気があります。夜は足元を照らすためのライトは必需品なので、用意しておきましょう。

庭キャンプに必要な道具④:BBQグリル(コンロ)

庭キャンプでご飯を楽しむのに欠かせないのが「BBQグリル」です。BBQグリルの中には無煙調理が可能なBBQコンロもあるので、住宅街にある庭キャンプでも安心して利用することができます。BBQは子供から大人まで人気があるので、キャンプには欠かせません。

庭キャンプではBBQグリルだけでなく、DIY次第ではピザ窯を作ることもできます。ピザ窯は1度作ると丈夫に長持ちするので、キャンプ初心者の方にもおすすめです。また、料理のレパートリーも増えるので、事前にチェックしておきましょう。

庭キャンプに必要な道具⑤:椅子&テーブル

庭キャンプで欠かせない道具が椅子、テーブルの2種類です。椅子は自宅の物を使用する方もいますが、庭の形状によって脚部が汚れてしまうのでアウトドア用の椅子やテーブルを揃えておきましょう。庭キャンプでの休憩や食事の際に役立ちます。

庭にウッドデッキがある場合は、ウッドデッキをテーブルにするのもおすすめです。子供のいる家庭、大人数で庭キャンプを行う際はいくつか余分にテーブルを用意しておきましょう。DIYが得意な方は、庭キャンプ用のテーブルや椅子を作る方も多いです。

庭キャンプに必要な道具⑥:焚き火台(キャンドル)

庭キャンプであると便利な道具が「焚き火台」。コンパクトな焚き火台を使用すれば庭でも焚き火を楽しむことができ、庭キャンプで夜を過ごす方におすすめです。薪ではなく小枝を使用するスタイルになり、子供に火の取り扱いを教える絶好のチャンスになります。

小さめの焚き火台はキャンプ初心者の方の練習にもなるのでおすすめです。種類によってはテント内で焚き火を楽しめるものもあるので、いろいろ試してみましょう。庭で焚き火を行う際は、火の扱いには充分注意が必要です。

庭キャンプに必要な道具⑦:マット&寝袋

庭キャンプでは、マットや寝袋も欠かせない道具となっています。テントの中で寝るときに使用するのはもちろん、季節によってはタオルケット変わりに身体を温めることができます。庭キャンプでお昼寝をする場合でも、寝袋やマットは役に立ちます。

庭キャンプでテントを張る場合は、マットを敷いておきましょう。寝転んだり座るだけでも足腰を痛める場合があるので、マットを敷いておくと安心です。また、小さい子供連れの方も安心して利用することができます。

庭キャンプに必要な道具⑧:遊ぶアイテム

庭キャンプには遊ぶ道具も持参することができます。庭にすべり台やブランコなど遊び道具を設置するのはもちろん、自宅ならではの電源を使用した遊び道具も可能です。庭キャンプは子供を飽きさせない遊びがたくさんあるので、家族連れの方におすすめです。

テント内ではトランプや木工体験が可能です。また、自宅の電源をうまく使用してテント内でゲームをしたり、映画上映も楽しむことができます。寒い時期の場合はホットカーペットも利用することができるのでおすすめです。

庭キャンプで気を付ける注意点

庭キャンプはキャンプ場とは違って、住宅街にある自宅を利用して行うキャンプです。すべての家で庭キャンプを行っているわけではなく、庭キャンプを行っている最中も周りでは普通に生活をしている家庭が多くあります。

今回は庭キャンプを行うにあたって、気を付けるべき注意点をご紹介します。庭キャンプは庭のある家庭で基本的にできますが、最低限のルールを守らない場合は近所から苦情がくる可能性もあるので注意しましょう。

近所迷惑になるような音は出さない

庭キャンプでとくに注意すべき点は「音」です。住宅街で音楽をかけたり、大きな音を立てたりするのは近所迷惑になるので注意しましょう。とくに夜の時間帯はなるべく音のする行為は避け、お酒を飲みすぎて騒ぐのもやめましょう。

また、庭キャンプを行う自宅が近隣と近い場合、昼間でも大声で話したり騒ぐことは迷惑行為に繋がります。近隣との家が遠い場合は、多少の音は聞こえないので大丈夫です。自分の家がどの位置にあるのかで、音の出し方を変えましょう。

煙や火の粉に気を付ける

庭キャンプでバーベキューを行ったり、焚き火を行う際は煙や火の粉にも注意が必要です。バーベキューを行う際はその日の風向きをしっかりと確認し、近隣に煙がいかないように配慮する必要があります。

庭キャンプの昼間に行う場合は、近隣で洗濯物を干している可能性もあるので苦情がくる可能性もあります。また、焚き火は火の粉が飛んでしまう可能性も高いので、庭に充分な広さがある場合のみ利用するのがおすすめです。

虫対策をしっかりする

夏場に庭キャンプを行う場合は、虫の対策もしっかりと行うのがおすすめです。庭に蚊取り線香を置いたり、虫よけスプレーをしたりと蚊への対策をしっかりと取っておきましょう。また、庭でも長いパンツを履いてキャンプを行いましょう。

とくに子供は蚊に刺されやすいので、大人がしっかりと対策してあげるようにしましょう。テント内に蚊が入ってこないようにテント近くにも蚊取り線香を設置するのもおすすめです。

道路から丸見えにならないようにする

自宅の庭が道路に面している場合は、外から庭が丸見えになってしまいます。人通りの多い道の場合はキャンプを行っている様子が丸見えになってしまうので、道路側から見えないように葦簾を掛けるなど対策しておくのがおすすめです。

庭キャンプで1番のプライベートエリアでもあるテントは、なるべく道路から1番見えない場所に設置するのがおすすめです。また、中が見えないように入り口は反対側に設置しておき、出入りするのも見えないようにしましょう。

庭以外でも楽しめる自宅のおすすめキャンプ

庭キャンプに挑戦したいが、自宅に庭がない方も別の場所を利用してキャンプを体験することができます。工夫次第で至る所でキャンプを楽しめるので、自宅でアウトドア気分を満喫したい方は1度確認しておくのがおすすめです。

今回はそんな庭以外でも自宅で楽しめるおすすめのキャンプをご紹介します。ベランダや室内、ガレージ、そして食事だけでもキャンプの気分を楽しめるので、ぜひ参考にしてみてください。

ベランピング(ベランダ+グランピング)

庭のないマンションでもキャンプを楽しめるのが「ベランピング」です。ベランピングは自宅のベランダやバルコニーを利用してグランピングを体験することができ、グランピングのようなおしゃれな空間を作りだします。

マンションのベランダでもうまくスペースを利用することによって、キャンプ場のようなアウトドアの空間を作り出し、その上庭キャンプとは違ってソファなど家にあるアイテムでも気軽に挑戦することができます。

ガレージキャンプ

最近、男性の中でブームとなっているのが「ガレージキャンプ」です。広めのガレージが設置してある場合、中の空いたスペースを利用してキャンプ場を作り出すことができます。屋内なので天候の心配なく、多少音を出しても近所迷惑になりません。

ガレージの広さによりますが、中にソファやテーブルを置いて、入り口の風通しの良い場所にBBQコンロを置くこともできます。ガレージ内が広い空間になっている場合は、ハンモックなどアウトドアアイテムを利用することができます。

部屋キャンプ

キャンプ場は屋外のイメージが強いですが、室内にもキャンプ場を作り出すことができます。普段、キャンプで使っている椅子やテーブルを部屋の中に設置して、キャンプの雰囲気してみましょう。

部屋で行うキャンプは、庭をはじめベランダが狭い方でもアウトドア気分を満喫できます。時折部屋の中でキャンプ用品を広げて使うだけで、キャンプ道具が壊れる心配も無用です。

おうちキャンプ飯

キャンプに欠かせないのが美味しい「キャンプ飯」です。普段食べている食事をキャンプ風にアレンジするだけで、家の中でもアウトドア気分を楽しむことができます。

例えばホットサンドメーカーで朝食を作ったり、メスティンでご飯を炊くだけで雰囲気が出ます。キャンプ飯はレシピがたくさん紹介されているので、事前に調べておきましょう。

Originalベランピングにおすすめのグッズ11選!家でアウトドアを楽しむためのコツは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
アウトドア好きな家族に人気のある「ベランピング」。ベランダで気軽にグランピング気分を楽しめる...

庭キャンプで手軽に自宅アウトドアを満喫しよう!

自宅で気軽にアウトドア気分を楽しめる「庭キャンプ」。庭キャンプは道具や行う場所によってキャンプの雰囲気を出すことができ、小さい子供連れの方、キャンプ初心者の方も挑戦することができます。

庭キャンプは自宅の庭を最大限利用することができるので、空いたスペースもしっかりと活用することができます。ぜひ、気軽にキャンプを楽しみたい方は庭キャンプに挑戦してみてください。

関連記事

612.thumb
この記事のライター
mdn
一眼レフ片手に散歩や旅行、カフェ巡りをするのが好きです。みなさんにおすすめの観光地やカフェ情報をお伝えしていきたいです。よろしくお願いします。

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ