おうち焼肉をいつもより楽しく美味しく食べるコツ&煙対策を伝授!

2020年7月27日 (2020年7月29日最終更新)

自宅でおいしいお肉を楽しめるおうち焼肉は少しコツを意識するだけで普通に焼くよりも味わいが簡単にグレードアップします。おうち焼肉は漬け込みダレを自分好みにカスタマイズできるのも魅力で、さらに煙や臭いもきちんと準備をすれば十分に対策が可能です。

目次

  1. おうち焼肉を楽しむコツをご紹介!
  2. おうち焼肉をお店のように美味しくする方法&コツ
  3. おうち焼肉の美味しいおすすめメニュー
  4. おうち焼肉で煙や匂いを抑える対策
  5. おうち焼肉で家具に匂いをつかないようにする方法
  6. 美味しいおうち焼肉を満喫しよう!

おうち焼肉を楽しむコツをご紹介!

年齢や性別を問わずに大人気のグルメと言えば焼肉です。焼肉と言えばお店で食べるのが一般的ですが、もちろん自宅で自分で焼いて食べることもできます。いわゆるおうち焼肉です。今回はそんなおうち焼肉の魅力を、具体的な楽しみ方のコツもあれこれ触れながらご紹介します。

煙&匂い対策やおすすめのメニュー・材料もチェック!

おうち焼肉といっても単にフライパンやホットプレートで市販のお肉を焼くだけでは少し物足らない印象です。正直もったいないです。

そこで今回はおうち焼肉をワンランクアップさせるコツを簡単にですか解説します。さらに匂いや煙の対策方法も知っておくと良いでしょう。

Original家の庭でおうちバーベキューをしよう!道具や楽しみ方・おしゃれメニューも紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
家の庭でできるおうちバーベキューは、いつでも手軽に楽しむことができるため人気が高まっているア...

おうち焼肉をお店のように美味しくする方法&コツ

お肉は意外と知られていませんが何も考えずに焼くのと、きちんと考えて焼くのでは食べたときの味わいがガラッと変わります。

そこでここではおうち焼肉の味をワンランクアップさせるためにおすすめのコツをいくつかピックアップしてご紹介します。

ホットプレートではなく直火がおすすめ!

おうち焼肉をする時はホットプレートではなく、七輪などを使って可能な限り直火で材料を焼くのがおすすめです。

ホットプレートだとどうしても温度が低くなってしまいがちですし、余分な水分を直に吸ってしまうので味も変わってしまいます。

お肉はスーパーではなく専門店で買う!

おうち焼肉をするときに1番のポイントとなるのが良いお肉を用意することです。どんなにコツを用いてもこれが1番大きいです。

そのためスーパーではなくお肉の専門店で買うのがおすすめで、上質なお肉を使えば難しいコツを用いなくとも自然と美味しく仕上がります。

お肉は焼く前に常温に戻す!

お肉を焼くときは冷蔵庫から出した後に少し時間をおいて常温に戻すのが大事です。こうすることで焼いた時の仕上がりが変わります。

常温の状態でお肉を焼くと肉汁が流れにくくなり、その結果食べたときに肉汁いっぱいのジューシーな焼肉になってくれるのです。

お肉はタレをもみこんで下味をつける!

お肉をそのまま焼いて本来の味を楽しむのも悪くありませんが、ワンランク上の味付けにするためにはタレに揉み込むのがおすすめです。

最近では市販のタレのレベルも上がっていますが、可能なのであれば焼肉屋さんなどの専門店のものを使うとさらにグッドです。

脂の多いお肉から順番に焼く!

お肉屋さんでお肉を焼くときはタン塩などの脂の少ないものから焼くことが多いですか、おうち焼肉の場合は逆に脂の多いお肉からがおすすめです。

フライパンやホットプレートに脂がいい具合に馴染むことでお肉が美味しく焼けるようになり、肉汁もこぼれにくくなります。

肉汁をこぼさないように焼くときは出来るだけお肉に触れない!

焼肉をする時に頻繁にお肉をお箸で触ってひっくり返す人がいますが、これをしてしまうと肉汁がこぼれてしまうのでもったいないです。

おうち焼肉でお肉を楽しむときにはできるだけ肉汁を無駄にしないためにも、お箸で焼いている最中にお肉をいじるのはやめましょう。

厚いお肉は3割焼けた時がひっくり返すタイミング!

薄くスライスされたお肉を焼くのはそれほど難しくありませんが、逆に分厚くカットされたお肉は上手に焼くのに少しコツが要ります。

分厚いお肉を焼く時は横から見て下の3割位に火が通ったらひっくり返すタイミングです。目で見てから判断できるので失敗も少ないです。

おうち焼肉の美味しいおすすめメニュー

おいしい焼肉は基本的にはお肉を始めとして好きなものを自由に焼けば良く、それも魅力のひとつとなっています。

ただ使用する材料やメニューにこだわればおうち焼肉の味がぐんと良くなるのも事実で、その一端をここではご紹介します。

おうち焼肉におすすめの漬け込みダレ

前述したようにおうち焼肉の味わいをグレードアップさせたいのであればお肉を焼く前につけダレに揉み込んでおくのがおすすめです。

ちなみに単につけダレといっても焼肉に適したものはいくつか種類があり、それを上手に使い分けるといろいろな味を楽しむことができます。

韓国風焼肉の漬け込みダレ

本場韓国風の焼肉の味に近づけたいのであれば、材料に醤油と砂糖と酒とごま油を使った漬け込みダレを作るのがおすすめです。

さらに好みに応じてこのメニューに白ゴマやみじん切りにしたネギやニンニクなど材料としてプラスするのもおいしいです。

黒ゴマ油&ニンニクの漬け込みダレ

白いご飯と一緒に焼肉を食べるのが好きな方には材料に黒ごま油とニンニクをたっぷりと使った漬け込みダレが一押しです。

さらに醤油や唐辛子などをメニューにトッピングするとコクやうまみがアップします。一度食べるとやみつきになること間違いなしです。

自家製プルコギダレ

少し変わった味付けの焼肉を楽しみたいのであれば漬け込みダレをプルコギ風にアレンジしてみるのもおすすめです。

材料はシンプルで醤油と酒とみりんと蜂蜜を混ぜ合わせるだけで、メニューも材料も簡単でありながら味わいは本格的です。

リンゴ入りまろやか漬け込みダレ

おうち焼肉で漬け込みダレを作る時は材料の中にりんごを入れてみるのもオススメです。りんごを入れることでお肉が柔らかくなります。

りんごはどんな材料やメニューの漬け込みダレともよく合いますし、りんごそのものが手に入らない時は材料としてリンゴジュースを使うのもありです。

簡単塩もみダレ

さっぱりとした漬け込みダレがお好みの場合は塩味のものがおすすめです。材料としては塩や酒を混ぜて作るだけです。

メニューも簡単で材料を混ぜ合わせたら電子レンジで軽く加熱するだけです。たったこれだけでさっぱりとした本格的な漬け込みダレが完成です。

おうち焼肉でお肉と一緒に焼きたいおすすめ具材

おうち焼肉の主役と言えば当然言うまでもなくお肉ですが、脇を固める他の食材の存在もやはり忘れてはいけません。

一緒に食べる食材の組み合わせやメニューを変えることで主役のお肉の味わいも変わり、ここを工夫することでおうち焼肉の個性が決まります。

おうち焼肉におすすめのサイドメニュー

基本的には自分の好きなものをお肉と一緒に焼けば良いのですが、特におすすめなのがトマトです。スライスしたトマトをお肉と一緒に焼きます。

トマトに含まれるうまみ成分がお肉をより美味しくしてくれますし、トマトの酸味がいい具合に食欲を刺激してくれる効果も期待できます。

おうち焼肉で煙や匂いを抑える対策

おうち焼肉は気軽においしいお肉を楽しめるとても楽しいイベントですが、唯一と言っていいデメリットが煙や匂いです。

逆に言うとこの煙や匂いさえ抑えることができればおうち焼肉は非常に快適なものとなります。ここでは煙と匂いの対策をご紹介します。

煙の出にくい焼肉専用のプレートを使う

最近では煙や匂いの発生を抑えるおうち焼肉専用のホットプレートも売られており、少しお金はかかりますがこれが1番確実な対策法です。

また焼肉専用のホットプレートは匂いや煙を抑えられるだけでなく、美味しく仕上がるように設計されているので頻繁にやる人は持っていて損はありません。

ホットプレートの場合はくしゃくしゃにしたアルミ箔を敷く

おうち焼肉をした時に出る匂いはお肉そのものから出ているわけではなく、流出した肉汁が焦げることによって発生しています。

そこでおすすめなのがホットプレートの上にアルミ箔を敷き、その上でお肉を焼くスタイルです。こうすることで肉汁のコゲを防げます。

空気清浄機を近くで作動させる

ご自宅に空気清浄機があるのであればそれを利用するのも方法のひとつです。焼肉屋さんにあるロースターのようなイメージです。

ただし煙は上へ上と登っていく性質があるため、空気清浄機によってきれいにできる部分は限定的なのでそこは注意しましょう。

おうち焼肉で家具に匂いをつかないようにする方法

気軽においしいお肉を楽しめるおうち焼肉ですが、どうしても食べ終わった後に部屋に匂いがついてしまうのが嫌な人も多いでしょう。

特にソファーなど大型の家具は動かすことも難しいため、どうしても焼肉の匂いがついてしまいがちです。そんな時は新聞紙が大活躍します。

ソファーの上に新聞紙を置いておくだけで煙と接触するのを防いでくれて、結果として匂いがかなりつきにくくなります。

美味しいおうち焼肉を満喫しよう!

今までおうち焼肉をする時に単にフライパンでお肉を焼くだけだった人が今回ご紹介したコツを使ってみるとその味の変化にびっくりするはずです。ちょっとした工夫でおうち焼肉の味わいは劇的にグレードアップしますし、今回ご紹介した方法以外にも様々なアプローチの仕方がありますのでそれをご自身で探してみるのも面白いのではないでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

1537.thumb
この記事のライター
おもち
自然豊かな田舎町の出身です。美味しいものを食べるのが大好きで、ご当地グルメや流行りのスイーツは基本全部食べたい派です。さまざまなテーマの記事を通していろいろなみなさんと繋がれたらと思っています。よろしくお願いします。

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ