岩手「慰霊の森」は驚愕の心霊スポット!恐怖体験談や事故の詳細は?

2020年7月27日 (2020年7月28日最終更新)

日本最恐の心霊スポットとして有名な「慰霊の森」。慰霊の森は恐怖体験が数多く寄せられており、岩手県内でも有名なスポットです。かつて慰霊の森には飛行機の衝突事故が起こり、かなりの犠牲者が出た歴史があります。事前にその悲しい歴史についても学んでおきましょう。

目次

  1. 慰霊の森は岩手の驚愕の心霊スポット!
  2. 慰霊の森とは
  3. 慰霊の森で起きた全日空機雫石衝突事故の詳細
  4. 慰霊の森での恐怖の心霊体験談
  5. 慰霊の森でおすすめのアイテム
  6. 慰霊の森へのアクセス
  7. 慰霊の森は訪れてはならない驚愕の心霊スポットだった!

慰霊の森は岩手の驚愕の心霊スポット!

岩手県だけでなく、日本屈指の心霊スポットとして有名な「慰霊の森」。慰霊の森は数多くの恐怖体験談が寄せられており、日本で最も恐ろしいスポットして知られています。

今回はそんな心霊スポット「慰霊の森」について詳しくご紹介します。慰霊の森で起きた飛行機事故の詳細についてもお伝えしていくので、初めて訪れる方は事前にチェックしておくのがおすすめです。

恐怖の体験談や事故の詳細・アクセスもチェック!

慰霊の森は日本全国に点在している数ある心霊スポットの中でも、恐怖体験が多く寄せられている場所でもあります。慰霊の森は実際に起きた事故が原因で心霊スポットとなっており、岩手県民からも恐れられています。

慰霊の森で起きた飛行機事故についてはもちろん、慰霊の森までのアクセス方法や恐怖体験談をまとめてお伝えします。慰霊の森は悲しい事故の起こった場所でもあるので、面白半分で訪れないようにしましょう。

慰霊の森とは

岩手県岩手郡雫石町に位置している心霊スポット「慰霊の森」。昭和46年に起こった飛行機事故が原因となっており、人々の悲しい気持ちが入り乱れている恐怖の場所でもあります。霊感の強い方は立ち入れないほど、さまざまな力が影響しています。

今回はそんな慰霊の森とはどういった心霊スポットなのか、詳しくご紹介していきます。初めて慰霊の森に訪れる方は、最初に目を通しておくのがおすすめです。

全日空機雫石衝突事故を追悼する場所

岩手県にある心霊スポット「慰霊の森」とは、全日空機雫石衝突事故の跡地に整備された慰霊の場所になります。この飛行機事故は昭和46年に起こった衝突事故になり、その事故が原因で慰霊の森周辺に墜落しています。

慰霊の森には慰霊碑を建設して犠牲者を弔っていますが、慰霊の森ではさまざまな恐怖体験が寄せられています。そのため、慰霊の森の敷地内に立ち入ると不思議な体験をした方が多く、岩手県内では恐怖スポットとして有名です。

犠牲者の出身地・静岡県の方向に面して建てられた慰霊堂

慰霊の森で起こった飛行機事故は、全部で162名もの犠牲者が出ています。慰霊の森の犠牲者のほとんどが「静岡県富士市」出身の方が多かった関係で、慰霊堂は静岡方面に向けて建てられています。敷地内の慰霊堂は2019年に1度、改修工事を行っています。

新しく修復された慰霊堂はLEDのライトを設置しており、夜でも足元を照らしてくれます。事故後、今でもお祈りに訪れる方が多く、階段などが安全になったので岩手県内の人々も足を運んでいます。

富士山頂を向くよう改修された航空安全祈念の塔

慰霊の森の敷地内に位置する「航空安全祈念の塔」。航空安全祈念の塔は2019年11月に建設された慰霊の森の新しいシンボルになり、航空安全のために作られました。石柱3本で作られており、幻想的な世界観を作り出しています。

慰霊の森にある航空安全祈念の塔は、犠牲者のために富士山頂の方向を向くように設置されています。慰霊の森のすべての建物はしっかりと計算されて建設されているので、富士山の力を感じるという方も多いです。

全国的にも有名な恐怖の心霊スポット

岩手県の慰霊の森は、何度も紹介している通り全国でも有名な心霊スポットです。飛行機事故から50年以降経過している今でも、慰霊の森の敷地内ではさまざまな恐怖体験が言い伝えられています。

慰霊の森は地元の方にも恐怖の心霊スポットとして知られており、昼間は慰霊碑の設置されている公園になります。ですが、慰霊の森に面白半分で訪れる方が少なく、昼間でも静けさのある広場になります。

Original心霊スポットランキング!関東や関西など日本全国の本当に怖い場所を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
行ってはいけない場所、そう言われるとつい行きたくなってしまうのが心霊スポットです。今回はそん...

慰霊の森で起きた全日空機雫石衝突事故の詳細

慰霊の森がなぜ心霊スポットと呼ばれるようになったのか。それは50年以上前に起こった「全日空機雫石衝突事故」が原因と言われています。全日空機雫石衝突事故は多くの犠牲者を出し、日本の歴史に残る壮大な事故として今でも語り継がれています。

今回はそんな悲しい事故である「全日空機雫石衝突事故」について詳しくご紹介します。全日空機雫石衝突事故の詳細をあまり知らない方はもちろん、慰霊の森に訪れる前に知っておくと犠牲者に対する気持ちも変わります。

全日空機と航空自衛隊の戦闘機が空中衝突

全日空機雫石衝突事故とは1971年7月30日、日本の岩手県で発生した飛行機の衝突事故です。この日、千歳発羽田行きの全日空機は45分の遅れが出ましたが、自衛隊戦闘機は訓練のために、航空自衛隊松島基地から通常通り離陸しました。

全日空機は自動操縦で飛行、戦闘機は左右に旋回する訓練を行っており、教官機が全日空の存在を知った時にはすでに衝突を免れなかった状況でした。雫石町の上空8500mのところで衝突、落下するときの音はかなりの爆音だったと言われています。

全日空機の機体は上空で空中分解し162名が犠牲に

全日空機雫石衝突事故での犠牲者は、全部で162名と言われています。戦闘機を運転していた乗員は無事に脱出しましたが、全日空にいたすべての人が犠牲となりました。北海道へ団体旅行をしていた122名、一般の方30名、添乗員3名です。

衝突後は人間、そして飛行機の部品が慰霊の森周辺に散らばり、悲惨な状態だったと言われています。見るも無残な姿になった死体も多くあったと言われており、自衛隊の幹部によるずさんな訓練管理が原因と言われています。

日航機墜落事故以前の日本国内最大の航空事故

全日空機雫石衝突事故はのちに起こる1985年の「日航機墜落事故」までは、日本で最大の犠牲者を出した飛行機事故としても知られています。国内で最大規模の犠牲者を出したこの全日空機雫石衝突事故は、現在でも語り継がれている悲しい事故です。

全日空機雫石衝突事故は全日空が誤って空域に侵入しなかったら、自衛隊の幹部がしっかりと訓練管理をし、空域を把握していたならば防げた事故です。全日空機雫石衝突事故をきっかけに全日空では多くの改善策が出されたとも言われています。

慰霊の森での恐怖の心霊体験談

慰霊の森は日本屈指の心霊スポットとして有名になり、今までも数多くの恐怖体験談が寄せられています。慰霊の森に入った人は霊を目撃したり、事故50年経った今でも不思議な怖い雰囲気が漂っています。

今回はそんな慰霊の森で実際に起こった恐怖体験について詳しくご紹介します。毎回心霊現象が起こるわけではないので個人差があります。慰霊の森は犠牲者を供養する場所でもあるので、面白半分で訪れるのは避けましょう。

慰霊の森での心霊体験談①:車をたたく音&ガラスについた手形

慰霊の森へ訪れるほとんどの方が、岩手県をドライブがてら車で足を運んでいます。そんな車での恐怖体験談が最も多く寄せられており、帰り際に心霊体験が起こります。車で起こる現象なので、運転には充分注意するようにしてください。

慰霊の森の敷地内で何も異変が起きず、安心して帰ろうとした瞬間車の中で大きな叩く音を聞きます。しばらく車のガラス音を叩く音が続き、ふと音をした方を見ると「手形」がついていたという体験談もあります。

慰霊の森での心霊体験談②:エンジン停止&男性の叫び声

かつて慰霊の森に、若い女性と友人が肝試しに訪れました。慰霊の森にだんだん近づいてくるとともに重たい空気が流れはじめ、ついには車のエンジンが停まってしまいました。何度エンジンをかけようとしても、全然エンジンがかからない状況に陥ります。

そんな中、急にカーステレオから男性の声で「帰れ!来るな!」という叫び声が聞こえます。エンジンのかかっていない状態でなぜ、カーステレオから聞こえてきたかは不明のままです。そのまま急いで帰ろうとするとエンジンがかかり、無事に帰路できたという体験談があります。

慰霊の森での心霊体験談③:タクシーや車を呼び止める霊

慰霊の森の周辺にはタクシー、そして車を停めようとする霊が何度も目撃されています。その霊は慰霊の森の付近で車を運転しているドライバーからも目撃談が多く、車を停めようとしてもそのまま突き進んで振り返らないようにしましょう。

慰霊の森周辺で目撃されるタクシー、車を停めようとする霊は、事故で亡くなった静岡県民の霊だと考えられています。岩手県で亡くなってしまった霊は、周辺を通っているタクシーや車を使って故郷へ帰りたいという願いからきています。

youtubeでも公開されている慰霊の森の動画

岩手県の慰霊の森へは、YouTubeで活躍している人々も多く訪れています。そのため、YouTubeでは数多くの慰霊の森に関連する動画がアップされており、慰霊の森まで行かずともどういった心霊スポットなのかチェックすることができます。

慰霊の森はテレビでも紹介されたことのある心霊スポットでもあり、その恐ろしい様子が鮮明にわかります。YouTubeは基本的に動画で見ることができるので、見るだけで慰霊の森に訪れているようなスリルを味わうことができます。ぜひ1度チェックしてみてください。

慰霊の森でおすすめのアイテム

心霊スポットとして有名な慰霊の森は、持っていくと便利なアイテムが種類豊富にあります。必須アイテムとして知られるのが懐中電灯になり、慰霊の森へ夜訪れる方は予備で2個ほど持っておくのがおすすめです。

また、慰霊の森へは塩や酒も持参するのがおすすめです。お酒はお神酒をお供えするため、塩は自分の身体を清めるためです。慰霊の森は多くの体験談があるので、心配な方は塩だけでも持参しておきましょう。

慰霊の森へのアクセス

岩手県の心霊スポットである慰霊の森へは、さまざまな手段を使ってアクセスすることができます。飛行機をはじめ、車や電車などの公共交通手段を使用して誰でも気軽にアクセス可能です。慰霊の森は現在「森のしずく公園」とも呼ばれています。

今回はそんな慰霊の森へのアクセス方法について詳しくご紹介します。飛行機でのアクセス、電車、車でのアクセス方法はもちろん、時期によって立ち入ることができないので事前に目を通しておくのがおすすめです。

飛行機でのアクセス

慰霊の森は飛行機でもアクセスすることができ、岩手県の「花巻空港」を利用するのがおすすめです。花巻空港からはバスが運行しているので、バスを使って「盛岡駅」までアクセスしましょう。花巻空港から盛岡駅は交通状況にもよりますが約45分ほどかかります。

盛岡駅からは「田沢湖線」に乗り換え、雫石行に乗車しましょう。「雫石駅」までは約20分ほどでアクセスすることができ、観光客の多く利用しているルートでもあります。岩手県の花巻空港までは、自宅から1番近い空港を利用してアクセスしましょう。

電車でのアクセス

慰霊の森へ電車でアクセスする場合は、最寄り駅が「雫石駅」となっています。東京都など首都圏内から雫石駅までアクセスする場合は、まず秋田新幹線を利用して「盛岡駅」を目指しましょう。東京駅から約2時間30分ほどでアクセスすることができます。

盛岡駅からは田沢湖線に乗り換えて「雫石駅」を目指します。雫石駅から慰霊の森までは少し距離があるので、バスを利用するのがおすすめです。バス停「雫石小学校前」で乗車し、「つなぎ多目的運動場前」で下車しましょう。そこからは徒歩20分ほどでアクセスできます。

車でのアクセス・駐車場

慰霊の森は車でもアクセスすることができます。慰霊の森は盛岡インターチェンジから約30分ほどになり、慰霊の森へ続く階段まで直接行くことができます。慰霊の森は駐車場も設置されており、地元の方は岩手県をドライブがてら足を運ぶことができます。

慰霊の森への階段登り口の脇に駐車場が設置されています。駐車場は無料となっているので、いつでも気軽に駐車することが可能です。基本的に満車になっていることは少ないので、車の方は直接駐車場まで行くことをおすすめします。

冬季は立ち入り不可

岩手県の慰霊の森周辺は、冬になると積雪があります。よって、12月から4月の期間は路面の凍結や、雪によって滑落する危険があるので、基本的には立ち入り禁止となっています。敷地内は危険な場所がたくさんあるので、足元には充分注意しましょう。

5月から11月は基本的に観光を楽しむことができますが、慰霊の森に訪れる前に念のため問い合わせしておくのがおすすめです。とくに11月は日によって雪が降り、路面が凍結してしまう可能性も高いので慰霊の森が開いているかどうか確認しておきましょう。

住所 岩手県岩手郡雫石町西安庭第47
電話番号 019-692-2111

慰霊の森は訪れてはならない驚愕の心霊スポットだった!

日本最大の恐怖の心霊スポット「慰霊の森」。慰霊の森はさまざまな体験談が寄せられており、霊感の強い人は近づけないほど不思議な力を出している場所でもあります。

慰霊の森はかつての飛行機事故が原因となっているので、悲しい歴史の残っている心霊スポットでもあります。遊び半分で訪れるのではなく、犠牲者を供養する気持ちで訪れるようにしてください。

関連記事

612.thumb
この記事のライター
mdn
一眼レフ片手に散歩や旅行、カフェ巡りをするのが好きです。みなさんにおすすめの観光地やカフェ情報をお伝えしていきたいです。よろしくお願いします。

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

盛岡・八幡平の新着のまとめ