ワークマンのおすすめバッグまとめ!防水や無縫製など人気の商品をご紹介!

2020年8月24日 (2020年8月25日最終更新)

大人気チェーンのワークマンでは、種類豊富なバッグが注目を集めています。防水機能を備えたものや無縫製のシンプルなものが多く、コストパフォーマンスの高い商品が揃い踏みです。今回はワークマンのおすすめバッグについて防水や無縫製など人気の商品をまとめてご紹介します。

目次

  1. ワークマンのおすすめバッグをご紹介!
  2. ワークマンのバッグの魅力とは?
  3. ワークマンのおすすめバッグ<デイバッグ>
  4. ワークマンのおすすめバッグ<トートバッグ>
  5. ワークマンのおすすめバッグ<大容量バッグ>
  6. ワークマンの防水バッグ&無縫製バッグでアウトドアを満喫しよう!

ワークマンのおすすめバッグをご紹介!

今、ワークマンで評判の商品といえば「バッグ」です。ワークマンには、デイリーユースのできる機能性が高いバッグがたくさんあります。防水や無縫製など人気のバッグがお安く買えるのも魅力です。

ここでは、そんなワークマンでおすすめしたいバッグの商品について、売れ筋のものやバリエーションなどの情報を交えてたっぷりとご紹介します。

防水や無縫製など人気バッグの素材・容量もリサーチ!

ワークマンで販売しているバッグは、日常使いにおいて不可欠な使いやすさを追求した機能性の高い商品ばかりがラインナップされています。どれも素材がよく、大容量のものまであったりします。

雨の日などに便利な防水機能を備えたデイバッグから、女性に好まれる無縫製のシンプルなデザインのトートバッグまで様々なニーズに合った商品が目白押しです。

ワークマンのバッグの魅力とは?

ワークマンは群馬県に本社を置く企業で、低価格ながら機能性が高い衣料品や安全靴といった商品を販売している業界最大手のチェーン店です。

ワークマンでは機能性を武器とする商品を作ってきたノウハウを生かして、リーズナブルでより品質の高いバッグを次々と生み出しています。丈夫なだけでなく洗練されたデザインの商品もあり、女性を中心に多くのリピートを呼んでいます。

Originalワークマンのおすすめ商品を徹底調査!高機能&コスパ抜群の人気アイテムも紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ワークマンは、作業服を専門で取り扱う専門性の高いおすすめの作業服のお店でした。それが今の人気...

ワークマンのおすすめバッグ<デイバッグ>

ワークマンのおすすめバッグについてまず初めに、ここではアウトドアに人気のデイバッグについて2つの商品をご紹介しましょう。

アウトドアにピッタリな防水デイバッグや、ちょっとしたレジャーにも最適なものなど、たくさんの荷物を入るバッグが欲しい人は必見です。

イージス防水デイバッグ

ワークマンの「イージス防水デイバッグ」は、2019年の秋冬シーズンに登場したオールウェザーの商品です。

黒を基調とした落ちついたデザインのため、釣りやキャンプといったアウトドア全般から普段使いにもピッタリです。価格は2900円となります。

おすすめポイント・素材・容量

ワークマンの「イージス防水デイバッグ」のおすすめポイントは、特殊な加工を施した丈夫なポリエステル素材です。ファスナーにはYKKの防水ファスナーが使われ、本格的なアウトドアにも対応できます。

素材については表地にポリエステルが使用されており、サイズは高さ45.0cm、横幅33.0cm、厚さ17.0cmで、重量は約840gとなっています。

フィールドコア撥水デイバッグ

ワークマンの「フィールドコア撥水デイバッグ」は、使いやすく機能的なのにリーズナブルなお手頃価格が評判の商品です。

20L以上の大容量となっていて、1泊2日の旅行などにも対応できます。荷物の出し入れがしやすく、背負ったときの疲れにくさもポイントです。価格は1900円となります。

おすすめポイント・素材・容量

ワークマンの「フィールドコア撥水デイバッグ」のおすすめポイントは、内部に小分けされたポケットがたくさん備わっていることです。スマートフォンや鍵、財布などの貴重品も分かりやすく収納できます。

素材については表地にポリエステルが使用されており、サイズは高さ48.0cm、横幅33.0cm、厚さ15.0cmで、重量は約375gとなっています。

Originalワークマンのアウトドア用品が素晴らしい!キャンプにおすすめのウェアも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
現場作業や工場作業向けの専門店として有名な「ワークマン」。ワークマンのアウトドア用品は質が良...

ワークマンのおすすめバッグ<トートバッグ>

ワークマンのおすすめバッグについて続いて、ここでは女性に人気のトートバッグについて3つの商品をご紹介しましょう。

ざっくりと使えるシンプルな無縫製のバッグや、撥水加工を施した丈夫な作りのものなど、あらゆるシーンに最適なトートバッグばかりです。

イージス防水 トートバッグ

ワークマンの「イージス防水トートバッグ」は、シンプルでデザイン性の高い無縫製構造の売れ筋商品です。

使いやすさや機能性に特化したシンプルな作りとなっているので、アウトドアや海水浴などにもおすすめです。価格は1500円となります。

おすすめポイント・素材・容量

ワークマンの「イージス防水トートバッグ」のおすすめポイントは、トートバッグの裏にキャリーバッグに付けられるベルトが備わっていることです。ショッピングや旅行、出張でキャリーケースに取り付けられて重宝します。

素材については本体部分にポリ塩化ビニル、テープ部分にポリエステルが使用されており、サイズは高さ32.0cm、横幅42.0cm、厚さ13.0cmとなっています。

フィールドコア撥水2WAYポケッタブルライトトート

ワークマンの「フィールドコア撥水2WAYポケッタブルライトトート」は、高級ブランドにも引けを取らない優れた機能性が自慢の商品です。

名前にあるように撥水加工がされているので、多少の雨やマリンスポーツでもしっかりと水を弾いてくれます。価格は1900円となります。

おすすめポイント・素材・容量

ワークマンの「フィールドコア撥水2WAYポケッタブルライトトート」のおすすめポイントは、リュックとトートバッグの2way使用ができる利便性です。状況によって使い分けができるので、色々なシーンで重宝します。

素材についてはナイロンとポリエステルが使用されており、容量は20Lで、重量は約375gとなっています。

ZAT ドライバッグ トートタイプ

ワークマンの「ZATドライバッグトートタイプ」は、アウトドアでの使用にもショッピングのエコバッグにも使える便利な商品です。

無縫製構造のシンプルなデザインと水に強い防水素材を備えた機能性の高いバッグで、価格は2200円となります。

おすすめポイント・素材・容量

ワークマンの「ZATドライバッグトートタイプ」のおすすめポイントは、水や汚れをまったく気にせずに使える頑丈な作りです。バッグをそのまま丸洗いできるので、ハードなスポーツやアウトドアで活躍します。

素材については本体部分にPVCターポリン、テープ部分にポリプロピレンが使用されており、サイズは高さ33.0cm、上部幅43.0cm、下部幅33.5cm、厚さ18.0cmで、重量は約500gとなっています。

ワークマンのおすすめバッグ<大容量バッグ>

ワークマンのおすすめバッグについて最後に、ここでは普段使いに人気の大容量バッグについて2つの商品をご紹介しましょう。

防水機能が嬉しいメッセンジャーバッグから水でざっと洗いが可能なバックパックまで、大容量がウリの商品ラインナップが充実しています。

イージス防水メッセンジャーバッグ

ワークマンの「イージス防水メッセンジャーバッグ」は、持ち物がとにかくたくさん入るとSNSでも評判の人気商品です。

重い荷物を入れる場合にピッタリなチェストベルトが備わっており、アウトドアで使いやすい機能が盛りだくさんです。価格は2900円となります。

おすすめポイント・素材・容量

ワークマンの「イージス防水メッセンジャーバッグ」のおすすめポイントは、外側に縫い目がまったくない無縫製構造となっている点です。水や泥の汚れにも強く、登山などのアウトドアにも最適です。

素材については本体部分にポリ塩化ビニル、バッグ上部にナイロン、インナー袋とテープ部分にポリエステルが使用されており、サイズは高さ57.0cm、横幅33.0cm、厚さ17.0cmで、重量は約1000gとなっています。

ZAT ドライバッグ バックパックタイプ

ワークマンの「ZATドライバッグバックパックタイプ」は、シンプルなデザインで洗練されたフォルムが人気の商品です。

ウェルディング加工を施した縫い目がない無縫製構造で、汚れたらそのまま水でざっと洗うこともできます。価格は3300円となります。

おすすめポイント・素材・容量

ワークマンの「ZATドライバッグバックパックタイプ」のおすすめポイントは、スポーツやアウトドアなどでも気にせずガンガンと使える丈夫さです。防水素材がしっかりと使われている点も嬉しいところといえます。

素材については本体部分にPVCターポリン、テープ部分にポリプロピレン、バックル部分にポリアセタールが使用されており、サイズは高さ46.0cm、横幅31.0cm、厚さ21.0cmで、重量は約850gとなっています。

ワークマンの防水バッグ&無縫製バッグでアウトドアを満喫しよう!

ワークマンのおすすめバッグを厳選してご紹介しました。ワークマンでは防水機能のあるバッグやおしゃれな無縫製バッグ、便利で使い勝手がよい大容量バッグなどたくさんの種類の人気バッグが揃っています。

皆さんもこれを参考にして、ぜひワークマンのバッグを持ってアウトドアや旅行などを満喫されてみてはいかがでしょうか。

関連記事

1345.thumb
この記事のライター
MT企画
大阪生まれの大阪育ちです。大学時代は東京で過ごしていました。月に1度は旅行に出かけ、これまで全国40都道府県以上を旅行してきた無類の旅行好きです。旅行とグルメはセットで楽しむのが基本。その想いをカタチにすること、それが私の仕事だと考えています。

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ