飛行機に持ち込みできるモバイルバッテリーの種類・容量は?注意点もチェック!

2020年9月1日 (2020年9月2日最終更新)

国内・国外へ訪れる際に便利な交通手段「飛行機」。外出時、スマホやタブレットを簡単に充電できるモバイルバッテリーは、旅行に欠かせないアイテムです。コンセントのない飛行機の機内でもモバイルバッテリーを持ち込みすれば、簡単に充電可能です。

目次

  1. 飛行機に持ち込みできるモバイルバッテリーを徹底リサーチ!
  2. モバイルバッテリーは飛行機に持ち込みできる?
  3. 飛行機に持ち込みできるモバイルバッテリーの種類&容量と注意点
  4. モバイルバッテリーのWh(ワット時定格量)の計算方法
  5. モバイルバッテリーの条件を間違えた場合はどうなる?
  6. 飛行機の機内持ち込みに適したモバイルバッテリーは?
  7. モバイルバッテリー以外の預けられない電子機器
  8. 飛行機に持ち込めるモバイルバッテリーを用意して空の旅へ出かけよう!

飛行機に持ち込みできるモバイルバッテリーを徹底リサーチ!

コンセントのない飛行機や電車、外出時にもダブレットやスマホを簡単に充電できるアイテム「モバイルバッテリー」。モバイルバッテリーは持ち込み方や種類によって、飛行機機内でも使用することができます。

今回は飛行機機内に持ち込みできるモバイルバッテリーの種類はもちろん、モバイルバッテリーの持ち込みできる容量や使用できる条件をまとめてご紹介します。飛行機内で使用する際はいくつか注意点もあるので、事前にチェックしておきましょう。

種類や容量・機内に持ち込む時の注意点もチェック!

飛行機機内に持ち込み出来るモバイルバッテリーの種類は、容量によって決まっています。モバイルバッテリーを預け入れ荷物に入れている場合も注意点がいくつかあるので、初めて飛行機にモバイルバッテリーを持ち込みする方は調べておくのがおすすめです。

また、モバイルバッテリーの容量は種類によって変わるので、購入する前に必ずチェックするようにしましょう。1台持っているだけでどんなタイミングでも充電することができ、旅行や飛行機をよく使用する方の大切なアイテムとなっています。

モバイルバッテリーは飛行機に持ち込みできる?

旅行やお出かけに便利なアイテム「モバイルバッテリー」。そもそもモバイルバッテリーは飛行機内に持ち込めるのか、不安になっている方も多くいます。基本的に飛行機内では電子機器の使用は禁止されています。

今回はそんな飛行機内にモバイルバッテリーを持ち込めるのか、詳しくご紹介します。飛行機内への持ち込み、預け入れはシステムがまったく変わり、持ち運びできない荷物内容も変わるので注意しましょう。

持ち込みは可!預け入れは不可!

基本的にモバイルバッテリーは、飛行機内への持ち込みは可能となっています。飛行機内で充電がなくなってしまっても、モバイルバッテリーを使用することでコンセントのない環境でもスマホやタブレットを使用することができます。

しかし、モバイルバッテリーは預け入れの荷物の中の入れることができません。キャリーバッグなどにモバイルバッテリーを保管しておくと、X線検査で破棄されてしまう可能性が高いので注意しましょう。

モバイルバッテリーが預け入れNGの理由

モバイルバッテリーが預け入れ荷物にいれられない理由は、発火や爆発の危険性があるためです。国際民間航空機関によって定められているルールになり、世界中すべての航空会社でモバイルバッテリーは預け入れ荷物不可となっています。

2010年、貨物室にあったモバイルバッテリーが火元となった火災による墜落事故が発生しています。墜落事故がきっかけで預け入れ荷物は不可となっており、乗客の命を守るために検査も徹底しています。

モバイルバッテリーがなぜ、預け入れ荷物がだめで持ち込みが大丈夫かというと、火災に気づくタイミングです。預け入れ荷物の場合、万が一発火しても気づくのに時間がかかり、大惨事へと発展してしまいます。

モバイルバッテリーは機内で使用できる?

長時間のフライトの場合、スマホやタブレットを充電するためにモバイルバッテリーを使用する方が増えています。飛行機によってUSB電源が設置されている場合もありますが、LCCでは電源のない飛行機が多いです。

飛行機機内へモバイルバッテリーを持ち込みした場合、機内で使用して良いのか迷う方が多くいます。基本的に国内線ではモバイルバッテリーを使用することができ、長時間のフライトでも問題なく電子機器を充電できます。

ですが、注意すべきなのは「国際線」です。国際線では飛行機によって機内でのモバイルバッテリーを禁止しています。乗車する前にモバイルバッテリーに関してのアナウンスが流れるので、聞き逃さないようにしましょう。

Original【初めての方必見】飛行機の乗り方を調査!チケット購入や乗るまでの手順を解説 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
初めての飛行機は、飛行機の乗り方の手順や、飛行機のチケットはどのように手に入れるのか、迷って...

飛行機に持ち込みできるモバイルバッテリーの種類&容量と注意点

飛行機機内に持ち運びできるモバイルバッテリーは、種類や容量が決まっています。容量が超えてしまうと空港でモバイルバッテリーを破棄する可能性も高く、持ち込みもできないので事前に持っていくモバイルバッテリーを確認しておきましょう。

今回はそんな飛行機内に持ち込みできるモバイルバッテリーの種類や容量について詳しくご紹介します。容量は購入する際にパッケージを確認すればわかるので、必ずチェックするようにしてください。

国内線の飛行機の場合

基本的に飛行機内にモバイルバッテリーを持ち運びできる国内線は、容量が「100Wh以下」になります。容量が100Wh以下であれば種類に関係なく持ち込みすることができ、大容量でない限り機内でも安心して使用することができます。

モバイルバッテリーの容量が160Wh以下の場合、持ち込める個数が決まっています。国内線を発着しているすべての飛行機内に1人2個まで持ち込むことができます。2個以上は持ち込みできないので、注意しましょう。

国内線の場合、容量が160Wh以上の場合は機内に持ち込みすることができません。もちろん預け入れも不可となっているので、160Wh以上のモバイルバッテリーは持参しないようにしましょう。

国際線の飛行機の場合

国際線でモバイルバッテリーを使用する場合、注意点がいくつかあります。国によっては日本よりもモバイルバッテリーの規定が厳しい場合が多く、そもそも飛行機内でモバイルバッテリーを使用できないケースもあります。

例えば日本から近い中国の場合、容量が100Wh以上のモバイルバッテリーを持ち込むことができません。国際線で160Wh以内のモバイルバッテリーを持ち込みしたい場合は、書類を申請する場合もあるのでチェックしておきましょう。

日本人が利用することの多い国際線の容量をお伝えしていきます。まず、アメリカン航空のモバイルバッテリー容量は100Whから160Whまでとなり、1人2個まで持ち込みできます。160Wh以上の場合は特別支援サポートに問い合わせましょう。

ジェットスター航空の場合は容量が100Wh以下までの持ち込みとなります。中国でも中国国際空港の場合は50Wh以下から160Whまで飛行機内に持ち込むことができます。100Wh以上の場合は1人2個までと個数が決まっています。

海外へ出張や旅行に行く場合は航空会社の条件を確認しておく!

モバイルバッテリーの持ち込み条件は国内線も国際線も規約にあまり変わりはありませんが、海外へ出張や旅行に行く場合は航空会社の条件を確認しておくのがおすすめです。航空会社によって定められている容量も変わり、個数も変更されています。

また、航空会社によっては事前に問い合わせや申請をすることで、規定以上のモバイルバッテリーを持ち込むことができます。どんな場合でも預け入れではモバイルバッテリーを持参できないので、注意しましょう。

モバイルバッテリーのWh(ワット時定格量)の計算方法

モバイルバッテリーを購入する際、パッケージのほとんどに「mAh」の表記で容量が記載されています。ですが、航空会社では容量の表示を「Wh」で表しているので、購入する場合はWh時定格量の計算をする場合もあります。

今回はそんなモバイルバッテリーの「Wh時定格量の計算」について詳しくご紹介します。計算方法は簡単なので、購入するときにすぐ計算することができます。適当に買ってしまうと持ち込みできない場合もあるので、必ずWhの数値を確認しましょう。

Wh(ワット時定格量) = V(電圧) × Ah(バッテリー容量)

モバイルバッテリーで表記のある「mAh」から「Wh」にする際の計算式があります。その計算式は「Wh= V×Ah」となっており、この計算式を覚えておくだけでモバイルバッテリーのWhをすぐ出すことができます。

モバイルバッテリーの表記には「V」である電圧の記載がありませんが、リチウムイオン電池の電圧は一律されているので安心です。リチウムイオン電池の電圧は「3.7V」で固定されるので、あとは記載のある「mAh」を掛け算するだけです。

バッテリー容量である「Ah」は、「mAh」を1000で割った値なので、mAhで記載のある場合はまずAhの値に直しておくようにしましょう。この計算式を覚えておくことで、機内に持ち込めるモバイルバッテリーか判断可能です。

この計算式を用いると、100Whは「約27,027mAh」、160Whは「約43,243mAh」で記載があることが分かります。そのため、モバイルバッテリーが「43,243mAh」以上の数値で記載されている場合は、飛行機内に持ち込めない可能性が高いです。

例えば10,000mAhをWhに変換する場合は「3.7 × 10000 ÷ 1000 = 37Wh」という計算式にります。電卓を使用してもすぐに計算できるので、モバイルバッテリーを購入する際は計算式を覚えておきましょう。

25000mAhまでのタイプが海外出張&旅行にはおすすめ!

飛行機内にモバイルバッテリーを持ち込む際は、なるべく「25000mAh」以下の数値で記載されている種類を選ぶのがおすすめです。25000mAh以下であれば海外の航空会社でも利用できる可能性が高く、出張や旅行で安心して使用できます。

ですが、中国の航空会社の場合はモバイルバッテリーの記載に「Wh」で数値が表されていないと許可されない場合もあります。購入する際の注意点として、モバイルバッテリーに記載のある数値をしっかりと確認しておく必要があります。

モバイルバッテリーの条件を間違えた場合はどうなる?

飛行機内にモバイルバッテリーを持ち運ぶ際、どんなに気を付けていてもうっかり預け入れ荷物に入れてしまったり、個数を多く持って来たりしてしまう場合もあります。また、モバイルバッテリーの規定を知らずに規定外のモバイルバッテリーを持参する方もいます。

今回はそんなモバイルバッテリーの条件を間違えた場合、空港ではどんな対処になるのか詳しくご紹介します。すべての航空会社で同じ対処が行われているわけではありませんが、参考にはなるので事前に目を通しておくのがおすすめです。

預け入れ荷物にしてしまった場合

モバイルバッテリー関連でよくある間違いが、預け入れ荷物にそのままモバイルバッテリーを入れっぱなしにしてしまうことです。出張や旅行の荷物をまとめている際、使わないからとキャリーバッグにモバイルバッテリーを入れてしまう方が多いです。

万が一預け入れ荷物にモバイルバッテリーを入れてしまった場合、間違いが発覚するパターンが2通りあります。ほとんどが破棄されてしまうので、預け入れ荷物の中にモバイルバッテリーが入っていないか預ける前に確認するようにしましょう。

チェックインカウンターで気付けば機内持ち込みに変更できる

飛行機のチェックインで荷物を預ける際、荷物をチェックしている保安係員がモバイルバッテリーの存在に気付く可能性があります。別場所に荷物を持っていき、モバイルバッテリーが入っていないかチェックすることで破棄されるのを防ぐことができます。

モバイルバッテリーを保安係員が見つけた場合は、そのまま持ち込み荷物に入れ替えて飛行機内に持ち込むことが可能です。その場合は再度チェックインカウンターまで荷物を持っていき、もう1度保安係員にチェックしてもらう必要があります。

荷物を預けてしまったらセキュリティー検査で破棄される

預け入れ荷物に入れてしまった場合は、預け場所の奥にあるセキュリティー検査で荷物を開けられてしまいます。また、そのままモバイルバッテリーを破棄されてしまうので預け入れ荷物には入れないようにしましょう。

国内ではありませんが、海外の航空会社によっては預け入れしたスーツケースの中に、モバイルバッテリーを破棄したことを知らせる書類が入っています。破棄されたモバイルバッテリーは戻ってこないので注意しましょう。

機内持ち込みで容量&個数をオーバーした場合

飛行機内へモバイルバッテリーを持ち込みした場合でも、注意点があります。持ち込みできるモバイルバッテリーの容量を超えてしまったり、個数を多く持参した場合はその場でモバイルバッテリーを破棄することになります。

保安上仕方ない案件なので、抵抗せず速やかに破棄するようにしてください。万が一空の上で発火してしまった場合、飛行機事故にも繋がるので注意しましょう。

飛行機の機内持ち込みに適したモバイルバッテリーは?

日本で販売されているモバイルバッテリーの中には、飛行機内に問題なく持ち込めるモバイルバッテリーが販売されています。持ち込みに適したモバイルバッテリーを1つ持っているだけで、出張や旅行に便利に使用できます。

今回はそんな飛行機内の持ち込みに適したモバイルバッテリーをご紹介します。インターネットで購入できるモバイルバッテリーも多いので、いつでも気軽に手に入れることができます。

PSEマークの付いたバイルバッテリー

日本で販売されているモバイルバッテリーの中には、国内の安全基準を満たした製品に表記が許される「PSEマーク」が付いています。2019年以降、PSEマークが付いていないモバイルバッテリーは販売・購入・製造が禁止されています。

日本でPSEマークの付いていないモバイルバッテリーを販売している場合は違法となるので、購入しないように注意してください。PSEマークは相次ぐモバイルバッテリーの発火事件を学んで作られた基準でもあります。

PSEマークの注意点としては、個人で海外からモバイルバッテリーを輸入した場合です。その場合はPSEマークがついていなくても使用できますが、飛行機内に持ち込むにはリスクが高いので避けるのがおすすめです。

薄型・小型のモバイルバッテリー

飛行機内に持ち込むのにおすすめのモバイルバッテリーは「薄型・小型のモバイルバッテリー」です。薄型・小型であればハンドバックにも収納することができ、降機後でもすぐに取り出して使用できるので便利です。

小型のモバイルバッテリーであれば旅行中、衣類のポケットにも入れやすいのでいつでも充電することができます。小型・薄型モバイルバッテリーの注意点としては、収納する場所をある程度決めておかないと無くしてしまう場合があります。

制限を超えない範囲の大容量モバイルバッテリー

どの航空会社も100Wh以内のモバイルバッテリーであれば、持ち込みすることができます。制限を超えない範囲の大容量モバイルバッテリーを持ち込むことで個数も少なくすみ、長い時間充電することができます。

大容量といっても規定があるので、規定は超えないように注意しましょう。使用する航空会社のモバイルバッテリー個数も確認しておくのがおすすめです。

複数の出力ポートがあるモバイルバッテリー

飛行機内に持ち込めるモバイルバッテリーの個数は決まっているので、複数の出力ポートがあるモバイルバッテリーが人気を集めています。旅行の場合は荷物を減らすメリットもあるので、1つ持っているだけでとても便利です。

複数端末で汎用的に利用できるので、とても便利です。出張で飛行機を利用している方にも人気が高く、複数端子対応タイプも飛行機内に持ち込める規定の容量で販売されています。

ケーブル内蔵タイプのモバイルバッテリー

旅行や出張で充電ケーブルを忘れてしまった場合でも、安心して充電できるのが「ケーブル内蔵タイプ」のモバイルバッテリーです。モバイルバッテリー本体にケーブルが内蔵されているので、荷物がかさばる心配もありません。

ケーブル内蔵の注意点としては、モバイルバッテリーの本体にしっかりと収納しないとケーブルが傷ついてしまいます。劣化が早くなってしまうので、使用後はしっかりと収納するようにしてください。

Original犬は飛行機に機内持ち込みできる?同乗可能な会社も!準備や注意点のまとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
犬を飼っている人は、飛行機に乗らなくてはならないような長距離の旅行のときは、預けていくという...

モバイルバッテリー以外の預けられない電子機器

飛行機にはモバイルバッテリー以外にも、持ち込み条件のある電子機器があります。モバイルバッテリー同様に規定外の電子機器を持ち込むと破棄される可能性もあるので、事前に確認しておきましょう。

今回はモバイルバッテリー以外の電子機器についても詳しくご紹介します。今、手元に持っている電子機器が対応しているのか気になる方は目を通してみるのがおすすめです。

電子タバコ

モバイルバッテリー以外に預け入れで禁止されている電子機器が「電子タバコ」です。電子タバコの注意点はモバイルバッテリーの注意点と同じになり、リチウムバッテリーが内蔵されているため発火の可能性があります。

国内では電子タバコの預け入れが禁止され、手荷物での持ち込みは可能となっています。ですが、注意点は国際線です。国によっては電子タバコの携行自体が禁止・制限されている場合もあるので、持ち込みには注意しましょう。

スマホは預けられる?

モバイルバッテリーと同様にリチウムイオンバッテリーが内蔵されている電子機器といえば「スマホ」「タブレット」です。今では欠かせない電子機器となっていますが、モバイルバッテリーの「予備電池」とは扱いが変わります。

スマホの条件を満たせば、国内線で預け入れ手荷物に入れて輸送することも可能です。預け入れする際の注意点は「電源OFF」です。電源を入れたままで預け入れすることができないので、必ず電源を切りましょう。

飛行機でスマホを大量に持ち運びたい方は、預け入れで電源を切れば受け入れてもらえます。個人でスマホ、タブレットを持ち運ぶ際は預け入れの場合傷ついてしまうので、手荷物で持参するようにしましょう。

飛行機に持ち込めるモバイルバッテリーを用意して空の旅へ出かけよう!

飛行機内でも楽に電子機器を充電できる便利なアイテム「モバイルバッテリー」。飛行機内に持ち込めるモバイルバッテリーは規定があるので、定められた規定を守っているモバイルバッテリーを持参するようにしましょう。

モバイルバッテリーは旅行先や出張先、外でも気軽に充電できるので、スマホやタブレットを安心して使用することができます。初めて飛行機内にモバイルバッテリーを持参する場合は、この記事を参考に注意点を確認しておきましょう。

関連記事

関連するキーワード

612.thumb
この記事のライター
mdn
一眼レフ片手に散歩や旅行、カフェ巡りをするのが好きです。みなさんにおすすめの観光地やカフェ情報をお伝えしていきたいです。よろしくお願いします。

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ