イギリスの大学おすすめランキングTOP39!学費や学校の特徴は?

2020年9月2日 (2020年9月6日最終更新)

イギリスには世界大学ランキング上位の大学がたくさんあり、各国から多くの学生が集まっています。歴史のある有名な大学が軒を連ねており、それぞれの特徴や学費、偏差値などは様々です。今回はそんなイギリスの大学おすすめランキングを厳選してご紹介します。

目次

  1. イギリスの大学おすすめランキングをご紹介!
  2. イギリスの大学留学の特徴は?
  3. イギリスの大学おすすめランキング:39位~31位
  4. イギリスの大学おすすめランキング:30位~21位
  5. イギリスの大学おすすめランキング:20位~11位
  6. イギリスの大学おすすめランキング:10位~6位
  7. イギリスの大学おすすめランキング:5位~1位
  8. イギリスの大学ランキングを参考に留学の準備をしよう!

イギリスの大学おすすめランキングをご紹介!

イギリスの大学といえば、世界大学ランキングに軒を連ねる名門大学がいくつもありますが、実際にどういった特徴を持つ大学なのか詳しくご存知でしょうか。

各学校の特徴や学費といった気になるポイントや、偏差値がどのくらいあるのかといった疑問など、これからイギリスの大学おすすめランキングTOP39をまとめてご紹介します。

学校ごとの特徴や学費もリサーチ!

海外の大学へ留学するとなると偏差値といったランキング指標はもちろんですが、やはり一番気になるのはその学校の特徴や学費がいくらかかるかということでしょう。

イギリスの大学への留学に関しては、平均として1年間で約300~800万円ほどの費用がかかるとされています。もちろん、大学留学に必要な費用には学費以外に、生活費や居住費、交通費などもかかってきます。

専攻する課程やどの地域の大学に通うかによっても大きく違ってきますので、行きたい学校がどういう特徴があって学費がどのくらい必要なのかを前もってチェックしておくことが大事です。

イギリスの大学には偏差値がない!

日本では、大学の難しさやランキングを決める基準として偏差値が用いられていますが、実をいうとイギリスの大学には偏差値というものがありません。偏差値がないかわりによく利用されている指標が大学ランキングです。

世界の大学ランキングではイギリスにある大学は約10の大学がランクインしており、オックスフォード大学とケンブリッジ大学に関しては常にトップクラスのランキング位置にあります。日本の東京大学が例年40位台なので、そのレベルの高さがよく分かります。

イギリスの大学には入試というものがなく、高校の成績と英語力で合格が決まります。日本のような偏差値という概念がないため、たとえ日本にある偏差値ランキングの高い高校を卒業したとしてもイギリスの大学に合格できるとは限りません。

つまり、イギリスの大学に受かろうとするなら偏差値が高いor偏差値が低いというよりも、高校でいかに優秀な成績をおさめてきたかが重要となります。イギリスの大学へ進学する場合、高校の成績は5段階評価で評定平均値3.5以上が必要です。

イギリスの大学留学の特徴は?

イギリスはオックスフォード大学やケンブリッジ大学など世界で最も古い大学があり、非常に質の高い教育を受けられることでも有名です。イギリスの大学には偏差値がないということは先ほどご紹介しましたが、教育スタイルについても日本とは大きく異なっています。

イギリスの大学はいわゆる少人数スタイルが特徴で、日本の大学で行われている一般教養課程といったものがなく、自分の学びたい専門分野を集中的に習得することができます。カリキュラムによっては実践的な職業訓練が含まれるコースなどもあります。

イギリスの大学では、大半の専門課程が3年間と決まっています。入学してすぐに自分が専攻する分野の勉強を始めていくので、これも偏差値ランキングというものにとらわれないイギリスの大学の特徴的な部分といえるでしょう。

イギリスの大学おすすめランキング:39位~31位

イギリスの大学には偏差値ランキングという概念はありませんが、上位40位以内にランクインしている大学はいずれも世界で上位に位置するハイレベルな大学ばかりです。

今からランキングでご紹介していく大学は、イングランドやスコットランドなど各地域において教育に定評が高い学校ばかりが集まっています。

39位:ノッティンガムトレント大学

イギリスのロンドンから電車で約2時間の場所にある「ノッティンガムトレント大学」は、1962年に創立された比較的新興の大学です。アート&デザイン学、建築学といった分野が有名となっています。

イギリスの大学の評価ランキングで最上位という学生満足度の高さで知られ、ファッションやクリエイティブアートといった分野では顕著な成果をあげているのが特徴です。学費など費用は約13400ポンドとなります。

38位:エセックス大学

イギリスのイングランド東部にある「エセックス大学」は、1964年創立の地域に根差した大学です。政治学、国際関係学、言語学が専攻分野として有名となっています。

こちらには160以上の国々から学生が集まる多様性の高さがあげられます。学生人気ランキングでも常に上位をキープしているのも特徴です。学費は約12300ポンド〜16100ポンドほどとなっています。

37位:レディング大学

「レディング大学」は、イギリスのイングランド南部にあるレディングに本拠を構え、1892年に創立された伝統ある大学です。MBA、経営学、経済学といったビジネス分野で定評があります。

質の高いビジネスファウンデーションと英語レッスンがあることで知られ、国際的なビジネスマンを養成するカリキュラムが充実しています。大学ランキングでも常に上位クラスに位置します。学費などは約16500ポンド〜19800ポンドです。

36位:ストラスクライド大学

「ストラスクライド大学」は、イギリスのスコットランド最大の都市グラスゴーにある1796年創立の名門大学です。経営学、法学、観光学が主に有名な分野となっています。

特徴としては、主要認定機関に選ばれた世界でも指折りのビジネススクールがあることです。1つのキャンパスに施設が揃っている点も魅力的といえます。13500ポンド〜20900ポンドと学費など費用に関しては学部により幅があります。

35位:クイーンズ大学ベルファスト

「クイーンズ大学ベルファスト」は、イギリスのベルファストにある1962年に創立した大学です。医学、経営学、英語学が有名な専攻分野となっています。

課外活動や職業体験といった将来へのキャリアアップに大変力を入れている大学です。ランキング常連校の研究型大学で構成されるラッセルグループの一員でもあります。学費など費用はおおよそ16100ポンド〜20100ポンドとなります。

34位:サセックス大学

イギリスのイングランド南東部にある「サセックス大学」は、1961年に創立されたロンドン近郊の大学です。開発学、メディア&映画学、美術学など芸術の分野でよく知られています。

イギリス国内でも上位を誇る高い就業率と評価ランキングの高さで知られ、近年では90%近い学生満足度をあげています。学費は芸術系でありながら約16800ポンド〜19200ポンドと、費用は比較的抑え目です。

33位:ヘリオット・ワット大学

イギリスのスコットランドを代表する都市のエディンバラにある「ヘリオット・ワット大学」は、1821年創立の歴史が長い大学です。経営学とアート&デザイン学が有名で、国際色豊かな学風となっています。

大きな特徴としては、学生の3分の1以上を占める圧倒的な留学生の多さです。近年では最先端技術の分野でも大変優秀な成果をあげています。学費などについては、13500ポンド〜17400ポンドと一般的です。

32位:カーディフ大学

「カーディフ大学」は、イギリスのウェールズ地方の首都カーディフにある1883年創立の老舗大学です。MBA、法律学、心理学といった専攻分野で多くの評価を得ています。

大きな特徴としては、刺激的で斬新な教育アプローチと最新鋭の設備を生かしたユニークな講義が有名です。ウェールズの中でも常にランキング上位校をキープしています。学費は約15100ポンド〜18900ポンドの間となります。

31位:スウォンジー大学

イギリスのウェールズの南部にある「スウォンジー大学」は、1920年に創立されたウェールズ第3の規模を持つ大学です。工学、地理学、歴史学が有名で、キャンパスは大きく2つに分かれています。

97%以上という卒業生の雇用率の高さで知られ、大企業就職率ランキングでも指折りとされます。特に、人文学の分野において国際的に高い評価を得ているのが特徴です。学費など費用は約12000ポンド〜18500ポンドと標準的です。

イギリスの大学おすすめランキング:30位~21位

ここからご紹介していくのは、ロンドンやリバプールなど有名な都市にキャンパスを構える受験生に人気の高い大学ばかりです。

イギリス国内に限らず、世界各国から多くの留学生を集める知名度の高い有力大学がランクインしており、偏差値という概念では見られない個性派の大学揃いです。

30位:リバプール大学

「リバプール大学」は、イギリスのイングランド主要都市であるリバプールに本拠を構えています。1881年に創立され、コンピューターサイエンス、建築学、工学、化学など理系分野でおすすめの大学です。

学生1人1人のために徹底した教育を施すことが特徴として知られ、ランキング最上位であるラッセルグループの一員です。学費など費用は約14300ポンド〜32400ポンドと学部間により大きく差があります。

29位:アバディーン大学

イギリスのスコットランド北東部にある「アバディーン大学」は、1495年に創立されたイギリス国内でも非常に歴史の長い大学です。工学、教育学といった分野で多大な実績を残しています。

イギリスで5番目に古い大学ということで、卒業生や現役の教授陣には多くのノーベル賞受賞者がいます。イギリス国内の大学ランキングでも常にトップクラスの位置にあります。学費など費用は約14300ポンド〜18000ポンドです。

28位:サリー大学

「サリー大学」は、イギリスのロンドン近郊のギルフォードにある1966年創立の比較的新興の大学です。社会学、工学、心理学が有名で、立地の良さから留学生に人気となっています。

並外れた就職率の高さと、多くの留学生を受け入れる国際的な学風はイギリス国内でもよく知られるところです。大都市圏に近いため、学費など費用は約15800ポンド〜20500ポンドとやや高めとなります。

27位:ニューカッスル大学

「ニューカッスル大学」は、イギリスのイングランド北東部にある1834年創立の名門大学です。医学、建築学、アート&デザイン学が有名で、研究に強い名門大学24校によるラッセルグループの一員でもあります。

長きにわたって高い評価を得ている医学を中心とした専門的な教育が特徴で、20,000人近くの学生が在籍する学生数ランキング10位内の大規模大学です。学費については約18000ポンド〜24000ポンドとなります。

26位:シェフィールド大学

イギリスのイングランド中部にある「シェフィールド大学」は、1828年に創立した世界大学ランキングでも常に上位にランクインする大学です。MBA、建築学、経営学などの分野で高い評価を得ています。

システム工学やバイオテクノロジーの分野で高い名声を得ており、ボーイングやロールスロイスといった一流企業からも多額の投資を受けているのが特徴です。学費など費用は約16000ポンド〜18000ポンドと標準的な値となります。

25位:ダンディー大学

イギリスのスコットランドの東海岸に位置する「ダンディー大学」は、1881年創立の公立研究大学です。薬学、歯学、アート&デザイン学が有名で、イギリスにおけるデジタルエンターテイメント産業を牽引しています。

有力紙のランキング調査における上位5位内に選ばれた留学生満足度の高さで知られ、キャリアプランニングやインターンシップにも大変力を入れています。学費など費用は約14900ポンド〜18000ポンドです。

24位:ヨーク大学

イギリスのイングランドにある「ヨーク大学」は、1963年に創立された研究型大規模大学で構成するラッセル・グループ加盟校の1つです。経営学、経済学、生物学、心理学が有名な専攻分野となっています。

とりわけ卓越した学問研究でイギリス国内でもリーダー的な存在とされる教育の質の高さで知られています。学費は約17900ポンド〜24600ポンドと学部により少し幅があります。

23位:ロンドン大学ロイヤル・ホロウェイ校

「ロンドン大学ロイヤル・ホロウェイ校」は、イギリスのロンドン近郊エガムにある1849年創立の名門です。ロンドン大学に所属するカレッジの1つで、芸術学、経営学、法律学などで高い評価を得ています。

ロンドン郊外の便利な立地にあって広大な美しい庭園をもつキャンパスが特徴的です。人文科学の分野に特に定評があり、英文学はランキング最上位クラスとされます。学費など費用は約14000ポンド〜19000ポンドの間です。

22位:イーストアングリア大学

イギリスのイングランド東部にある「イーストアングリア大学」は、1964年創立の国立大学です。東京ドーム約28個分という広大なキャンパスを持ち、有名な分野としてはMBA、環境学、文学などがあげられます。

また、世界的にも認められているクリエイティブライティングの修士コースが有名で、多くの著名な作家や映画監督を輩出しています。約16100ポンド〜19400ポンドが学費などの費用とされます。

21位:ノッティンガム大学

「ノッティンガム大学」は、イギリスのイングランド中部にキャンパスを置く大規模研究型の大学です。創立は1881年と比較的古く、歴史学や心理学が強いとされています。

イギリスでも国際色豊かな学風として知られ、中国国内にもキャンパスを構えています。大学人気ランキングにおいても常に高位置をキープしています。学費など費用は約14000ポンド〜20100ポンドとやや高めです。

イギリスの大学おすすめランキング:20位~11位

イギリスには英語圏を中心に多くの留学生がやってくる大学がたくさんありますが、ここからご紹介するのはその中でも非常に入学難易度の高い大学ばかりとなっています。

イギリス国内においてトップ20を構成する一流大学揃いで、質の高い教育を受けたいと考える優秀な学生にとっておすすめの大学ばかりです。

20位:サウサンプトン大学

イギリスのイングランド南部の海沿いにある「サウサンプトン大学」は、1862年に創立された国立の大学です。イギリス国内トップ級の研究主導大学と知られ、経営学、工学、生物学が有名な分野となっています。

特に工学分野を中心に際立った研究力を持ち、教育の評価ランキングでも特筆すべき評価があります。卒業後のキャリアアドバイスなど学生とのコミュニケーションにもかなりの重点を置いているのが特徴です。学費は約18500ポンド〜22800ポンドとなります。

19位:リーズ大学

イギリスのイングランド北西部にある「リーズ大学」は、赤レンガ大学群で知られるキャンパスの美しさが自慢の大学です。創立は1904年で、経営学、工学が有名な専攻分野となっています。

3万人以上の学生を抱える国内最大級の規模を誇り、世界的にも高い評価を受けている一流大学として有名です。国立大学ということで学費などは約15000ポンド〜19250ポンドと比較的低めとなります。

18位:バーミンガム大学

イングランド第2の都市バーミンガムにある「バーミンガム大学」は、1900年創立の国際色豊かな名門大学です。教育学、経済学、政治学が有名で、ランキング最上位の研究型大学で構成されるラッセル・グループの一員でもあります。

1世紀以上にわたる伝統と革新をもったハイクラスの研究力で知られ、英語教授法など世界を引っ張るリーダーシップの養成にも大変力を入れています。学費などは15700ポンドで、他大学と比べて費用面ではおすすめです。

17位:エクセター大学

「エクセター大学」は、イギリスのイングランド南西部にある1955年創立したの国公立大学です。ラッセル・グループの加盟校であり、会計学、コンピューターサイエンス、経済学で高い定評があります。

幅広い分野において世界的に高い評価を受けているエリート研究型の教育で知られ、入学競争率は8倍にも及ぶとされています。学費など費用は約16400ポンド〜21000ポンドの間です。

16位:バース大学

イギリスを代表する世界遺産都市のバースにある「バース大学」は、1966年に創立した比較的新しい公立大学です。MBA、土木建築学、工学が有名で、特に土木工学はトップクラスにランキングされています。学生数は11000人以上となっています。

充実したインターンシップ制度による大企業就職率の高さが特徴で、教育の質を審査する指標で毎年最高ランクを受賞しています。学費は約15200ポンド〜19000ポンドの間です。

15位:グラスゴー大学

「グラスゴー大学」は、イギリスのスコットランドを代表する都市グラスゴーにある1451年創立の名門大学です。MBA、経済学が特に有名で、イギリス北部では最も歴史が長い伝統校として知られています。

英語圏で4番目に古いとされ、世界でもその名が知られるトップクラスの大学でもあります。過去に6人のノーベル賞受賞者を輩出し、各界に多大な功績を残しています。学費など費用は約16000ポンド〜19500ポンドの間です。

14位:ウォーリック大学

イギリスのイングランド西部にある「ウォーリック大学」は、1965年創立の総合大学です。ランキング最上位とされるラッセル・グループの一員で、MBA、経営学、国際関係学、法学、教育学など多彩な分野で有名となっています。

120以上の国々から2万人を超える学生を抱え、イギリス国内でも国際色豊かな学風として知られています。卒業生の大半が大手の有力企業に進むなど特筆すべき就職率の高さです。学費など費用は約17500ポンド〜22300ポンドと比較的高めとなります。

13位:ラフバラー大学

イギリスのイングランド中部にある「ラフバラー大学」は、国内最大級の約400エーカーのキャンパスを持つ国公立大学です。1909年に創立し、スポーツ学、工学、経営学の分野で高い評価を得ています。

アットホームな教育環境で質の高い学問研究が行われており、産業界とのパイプも非常に強いとされています。学費などは約16000ポンド〜19900ポンドの間です。

12位:ランカスター大学

「ランカスター大学」は、イギリスのイングランド北部にあるランキング最上位のカレッジ制大学です。創立は浅いですが、アート&デザイン学、演劇学、マネジメント学で確かな定評があります。

イギリス国内の大学ランキングにおいても常に上位にランクされ、学位コースの選択において柔軟性が非常に高いことでも知られています。学費など費用は約15100ポンド〜19300ポンドの間です。

11位:ダラム大学

「ダラム大学」は、1832年に創立したカレッジ制を特徴とするイギリス屈指の名門大学です。心理学、英語学が有名で、学生はそれぞれのカレッジに所属して寮やイベントなど共同生活を体験することができます。

150を超える国々から優秀な留学生がたくさん集まっており、その研究や教育の質の高さから世界的な評価を得ています。学生寮を設けているため、学費は約17400ポンド〜22000ポンドとやや費用がかかります。

イギリスの大学おすすめランキング:10位~6位

いよいよイギリスを代表する大学の上位10校をご紹介していきますが、いずれも世界ではその名が知られた有名どころばかりが集結しています。

イギリスの大学トップ10を構成する世界一流の学術機関がランクインしており、世界中に多くの著名な卒業生を輩出している名門揃いです。

10位:ブリストル大学

イギリスのイングランド南東部にある「ブリストル大学」は、1909年に創立したラッセル・グループの一角をなす国立総合大学です。工学、医療科学、芸術学といった分野でとりわけ高い評価を得ています。

進歩的な研究でトップクラスの教育の質を誇っており、学生の構成も国際的で全学生の約35%を留学生が占めています。学費など費用は約18100ポンド~〜6100ポンドと学部間でかなりの開きがあります。

9位:キングス・カレッジ・ロンドン

「キングス・カレッジ・ロンドン」は、ロンドン大学群を構成する大学の1つで、1829年創立の名門校です。世界的な評価がある法学、経済学、政治学、人文学の分野がおすすめとなっています。

多くの著名な卒業生を輩出した世界的にも指折りの一流大学です。ロンドンを中心部に5つのキャンパスを抱え、都会的なキャンパスライフが送れます。学費は約18800ポンド〜24600ポンドの間です。

8位:エジンバラ大学

イギリスのスコットランドにある「エジンバラ大学」は、1583年に創立した英語圏で6番目に長い歴史をもつ大学です。MBA、言語学、工学が有名で、自然科学の分野ではスコットランド最大規模となっています。

また、英文学はイギリス国内で最も歴史が長いとされており、文学を探究したい留学生はおすすめです。学費など費用は約18800ポンド〜24600ポンドとなります。

7位:マンチェスター大学

「マンチェスター大学」は、1824年に創立したイギリスのイングランドで最初の都市大学の1つです。イギリスの産業革命を牽引したマンチェスターを拠点にMBA、経営学などを中心とした分野で著名となっています。

卓越した教育と研究で世界中から多くの優秀な留学生が集まっており、これまでもたくさんのノーベル賞受賞者を輩出しています。各種ランキングでもトップ常連の名門校という評価がされています。学費など費用は約17000ポンド〜21000ポンドの間です。

6位:ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス

「ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス」は、ロンドン中心部にある1895年創立の名門校です。経済学、法学、社会学など社会科学の分野では右に出る者はいないほど極めて高い評価となっています。

1万人の学生の約半数が留学生というイギリス屈指の国際派大学としても知られ、卒業生の大半は各界でトップの企業や団体に進みます。学費はロンドンの中心にありながら約18400ポンドと比較的低めで、高い教育を求めるならおすすめです。

イギリスの大学おすすめランキング:5位~1位

それでは、気になるイギリスの大学トップ5をご紹介いたしましょう。いずれも創立100年以上で、ありとあらゆる分野で際立った成果を残す屈指の大学が揃っています。

古い歴史をもった非常に質の高い教育が実施されている超一流大学ばかりで、いずれも常に世界トップクラスの評価がある学術機関がランクインです。

5位:セント・アンドルーズ大学

「セント・アンドルーズ大学」は、イギリスのスコットランドにある1413年創立の有力大学です。国際関係学、コンピューターサイエンス、物理学に定評があり、イギリス王室関係者の卒業校でもあります。

スコットランドにおいて最も歴史が古く、とりわけ神学と哲学に高い定評があります。教育の質に関しては世界トップレベルです。学費など費用はおおよそ23900ポンド〜32000ポンドとなります。

4位:ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン

「ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン」は、イギリスのロンドンにある1826年に創立した大学です。医学、科学、法律学が有名な専攻分野となっています。

ロンドン大学に所属するカレッジで最大かつ最古のカレッジです。卒業生や教授など29人ものノーベル賞受賞者を輩出しています。おおよそ16300ポンド〜24100ポンドが学費などの費用とされます。

3位:インペリアル・カレッジ・ロンドン

「インペリアル・カレッジ・ロンドン」は、イギリスのロンドンにある1907年に創立した大学です。科学、工学、医学が有名な専攻分野となっています。

世界大学ランキングで常に上位にランクインするエリート大学です。中でもビジネススクールは極めて高い評価を得ています。学費など費用は約25000ポンド〜28000ポンドとなります。

2位:ケンブリッジ大学

「ケンブリッジ大学」は、イギリスのケンブリッジにある1209年に創立した大学です。経済学、法律学、科学が有名な専攻分野となっています。

英語圏で2番目に古い世界屈指の名門大学で、89人ものノーベル賞受賞者を輩出しています。大学はそれぞれ独立した31のカレッジで構成されているのが特徴です。約19200ポンド〜29200ポンドが学費などの費用になります。

1位:オックスフォード大学

「オックスフォード大学」は、イギリスのオックスフォードにある1096年に創立した大学です。MBA、法律学、人文学が有名な専攻分野となっています。

英語圏で最も歴史が長い世界一流の名門大学です。40以上の独立したカレッジがあり、専攻分野において極めてコアな教育が施されています。学費など費用はおおよそ23100ポンド〜30600ポンドとなります。

イギリスの大学ランキングを参考に留学の準備をしよう!

イギリスのおすすめ大学ランキングTOP39をご紹介しました。世界各国の中でも伝統豊かな名門大学が集まるイギリスには、偏差値では計れない様々な特徴をもった個性派の大学が揃い踏みです。

各学校の特徴や学費などをしっかりとチェックした上で、自分が行きたい大学を見つけていきましょう。この大学ランキングを参考に皆さんが有意義な留学生活が送れることを願います。

関連記事

関連するキーワード

1345.thumb
この記事のライター
MT企画
大阪生まれの大阪育ちです。大学時代は東京で過ごしていました。月に1度は旅行に出かけ、これまで全国40都道府県以上を旅行してきた無類の旅行好きです。旅行とグルメはセットで楽しむのが基本。その想いをカタチにすること、それが私の仕事だと考えています。

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する