11月といえば何がある?観光におすすめのイベントや花・食べ物もチェック!

2020年9月2日 (2020年9月3日最終更新)

11月といえば何を連想しますか?実りの秋ですので食欲の秋でしょうか。11月といえば気候がいいのでいろんなところに出かけるのにも最適な季節。美味しいものを食べて、綺麗な景色を堪能しにいろんなところに行くことができます。秋にまつわるものを見てみましょう。

目次

  1. 11月といえば何?
  2. 11月といえば?【風物詩・イベント】
  3. 11月といえば?【食べ物・飲み物】
  4. 11月といえば?【記念日】
  5. 11月といえば?【誕生花・誕生石】
  6. 11月といえば?【異名・季語・時候の挨拶】
  7. 11月といえば?【味覚狩り】
  8. 11月といえばコレという旬のものを楽しもう!

11月といえば何?

暑い夏が終わり気候のいい秋がやってきます。秋になれば何をしようと考えている方も大勢いるのではないでしょうか?

11月といえば、実りの季節!実りの秋には美味しい食べ物が沢山あります。涼しく過ごしやすい気候では食欲も進むことでしょう。

観光におすすめのイベントや花・食べ物・記念日もチェック!

そして天候のいい秋にはお出かけにも最適な時期で、観光に各種イベントも多くあります。季節のいい秋に咲く花々を見に行ったり美味しい食べ物を求めて観光に出かけるのにもおすすめの季節です。

11月といえば人生の節目にあるイベントも多くあります。そんな11月の「11月といえば何?」に焦点を絞って、楽しみの多い秋、11月のご紹介をしていきます。

11月といえば?【風物詩・イベント】

11月といえば?と連想されるイベントにはどのようなものがあるでしょうか。小さなお子さんの成長を祈願して行われる七五三参りは、7歳までのお子さんを持つ方にとっては重大な節目のイベントであり、ご家族の記念日ではないでしょうか。

他にも秋の訪れを感じる毎日であったり、学生は11月といえば「文化祭」であったりと、1年のうちで最も力を入れてしているイベントもあるかもしれません。

各世代で人生の思い出になる節目のイベントが沢山開催されるのが11月でもあります。11月といえば、このイベント!と連想されるものと、その意味も詳しく見ていきましょう。

七五三

その年に7歳、5歳、3歳を迎えるお子さんがいるご家族にとって、11月といえば七五三の時期だと考えるのではないでしょうか。

赤ちゃんの頃にはたくさんのイベントが続きました、そして少し期間が過ぎて行われる行事に七五三があります。3歳のお子さんは何が行われているのかわからないまま、スーツや袴、着物を着せられて神社に行くことでしょう。大切な記念日のとってもかわいいわが子の着物姿をカメラに収めようと、親御さんの記念写真の手が止まりません。

七五三はもともと平安時代の行事を引き継いでいます。3歳の「髪置き」と呼ばれる儀式がルーツで、その当時は生まれて7日目で頭の産毛をそり、3歳までは丸坊主で過ごしていました。そして3歳の春から髪の毛を伸ばし始める儀式が行われました。

5歳の「袴着」は5歳から7歳で初めて袴を着るとされていました。男児の儀式で今でも宮中では「着袴の儀」が行われています。

そして最後の7歳の「帯解き」の儀式は、鎌倉時代、着物に紐をつけてきていたものを帯に変える気儀式になります。男女とも11歳で行われていましたが、男児が5歳女児が7歳の11月15日となっていたものがルーツになります。ご家族にとって大切な記念日になります。

酉の市

酉の市とは、鷲神社・大鳥神社・酉の寺などで行われる、11月の酉の日の行事になります。周辺の方は11月といえば「酉の市」と言うほど一般的なイベントとも言えます。

酉の市では、熊手や招き猫などの縁起物を購入して、その年1年の無事の報告と次の年の福を願う場所になっています。豪華な熊手が販売される縁日が周辺地域に広がります。

特に有名な神社は、東京下谷の鷲神社の祭で浅草周辺までにぎやかな縁日が広がる一大イベントになっています。

紅葉

日本人誰しもが11月といえばと言って想像するのが、紅葉ではないでしょうか。季節の草花の変化を一番感じる秋には紅葉がきれいな観光スポットが沢山あります。

気候がいいので、ちょっと足を延ばして紅葉の綺麗な観光スポットに出かけてみるのがおすすめです。きれいな紅葉が見られる観光スポットはたくさんありますので、紅葉の時期に見てみましょう。

まず9月に早く紅葉が見られる観光スポットとしては、栃木県那須の那須岳や、群馬の日光白根山ロープウェイや尾瀬ヶ原があります。もっと北では北海道の大雪山国立公園や東北の八甲田山も早くに紅葉を楽しめます。

そして12月上旬から中旬まで紅葉が楽しめるのは、東海や関西ではないでしょうか。静岡の伊豆の修善寺虹の郷の紅葉や、京都の各寺院ではまだまだ紅葉を楽しむことができます。

大阪や兵庫でも府営箕面公園や御堂筋のイチョウ並木も有名な観光スポットです。9月から12月中旬まで楽しめる紅葉をお目当てに、北から南まで観光を楽しんでみましょう。11月といえば草花が色づき、気候のいい屋外でゆっくりと過ごせる時期になります。

立冬

立冬とはカレンダーや天気予報で聞くことがですが、何を表している時期なのでしょうか。11月といえば立冬が近づいてくる時期ですが、意味を詳しく押さえておきましょう。

立冬とはまず何なのかです。立冬は冬の始まりを意味します。秋分の日と冬至の間の日に設定され、春夏秋冬の冬の始めを表す季節を表す節気になります。

2020年の立冬は11月7日で、毎年7日か8日と決まっています。11月の始めでは、場所によってはまだ紅葉もしていない時期です。

立冬は、中国北部の内陸部で生まれたため日本では季節感にズレが生じています。天気予報で今日は立冬ですと言われたら季節の移り変わりを感じてみましょう。

文化祭

11月といえば学生にとっては文化祭の時期ではないでしょうか。11月の文化祭に合わせて何か月も前から準備をして当日を迎えます。

学生が主体となって外部の方も招き入れて行われる文化祭もあり、学生生活の一大イベントとなっています。

学校行事の一環ですが、文化祭では飲食の模擬店や各種イベントや作品発表の場でもあります。日頃の文化活動の成果をここで発表して、今後の活動に生かしていくのではないでしょうか。

また行きたい中学校や高校がある方は、この文化祭で学校の雰囲気を知ることができる機会でもあります。

お火焚き祭

11月といえばと聞くと、京都の方はお火焚き祭を思い浮かべます。お火焚き祭は今年一年の収穫に感謝するお祭りです。

実りの秋の11月に行われる日本の収穫祭は、お火焚き祭とも言われます。伏見稲荷大社のお火焚き祭りは全国でも大規模に行われるお祭りで、スケールが違うと言われています。

大相撲十一月場所(福岡)

相撲ファンにとって11月とは何と聞かれると大相撲十一月場所ではないでしょうか。11月の中旬から開催される大相撲は、11月は九州場所とも呼ばれます。1年の奇数月に行われる6回の大相撲の11月は福岡で行われる九州場所です。

まだまだある!11月の風物詩・イベント

まだまだある11月。11月といえば何を思い浮かべますか?まだまだある11月。11月といえば何を思い浮かべますか?11月は暑い夏とは違い、家にいても外に出かけても過ごしやすい季節です。

アウトドアを思いっきり楽しむにも、観光であちこちと出かけるのにも苦にならない気温やお天気です。そんな時は日本全国のイベントをチェックして次の週末にでかける場所を探しておきましょう。

11月の風物詩やイベントはまだまだあります。次に紹介する美味しい11月といえば?で連想されるものや、行事も見てきましょう。

Original全国の日本庭園ランキングTOP35!紅葉など四季を感じる美しい名所一覧! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本全国にはさまざまな日本庭園がたくさんあり、人々のオアシスとして人気となっています。美しい...

11月といえば?【食べ物・飲み物】

11月といえば食欲の秋です。実りの秋で、様々な美味しい食材が収穫される11月です。11月といえば梨や葡萄のフルーツや栗、さんまや11月の野菜も沢山収穫されます。

考えるだけで11月の食べ物はいくらでもできています。そんな11月といえば、におすすめの食べ物をご紹介いたします。

新そば

秋といえばこちらの食べ物、新そばが出てくる時期になります。10月下旬から出だして11月上旬ごろまで続きます。その年に収穫された玄そばを製粉して、蕎麦にしていきます。新そばが収穫されてから1~2か月の間に提供されるおそばをしんそばといいます。

11月の新そばは、色や香り色味が一番よく、そばを食べるのに一番いい季節と言われています。新そばが美味しいとされるのは、朝昼の寒暖差が10度以上で、25度以上に気温が上がらない時期の為です。

その季節が11月で、新そばが美味しい季節となっています。また日本全国でその時期が違うため、北海道では8月の終わりから九州や沖縄では1月まで新そばを楽しむことができます。秋の代表する食べ物です。

ボジョレーヌーボー

11月といえばと連想される食べ物に、ワイン好きな方にはボジョレーヌーボーではないでしょうか。ボジョレーヌーボーの解禁日は11月の第3木曜日です。

ボジョレーヌーボーは9月頃に収穫をして短期間で作られたワインのことです。これほど注目されるのにはどのような理由があるのでしょうか。

ボジョレーヌーボーはフランスのボジョレー地方で作られた新種のことを指します。短期間で作られたワインですので、葡萄のフレッシュな果実風味が特徴です。

ボジョレーヌーボーが注目されるのは、同じ年に収穫された葡萄の指標となるからです。このワインで他の仕込んであるワインの味わいを確認します。渋みが抑えられた美味しいワインで飲みやすい味わいも人気の秘密ではないでしょうか。

千歳飴

11月といえば七五三でお参りをして家族みんなの記念の日になりますが、小さなお子さんにとっては七五三の後に頂ける、千歳飴の印象が強いのではないでしょうか。

七五三を終えたお子さんが手にしている千歳飴は、紅白の2つの色の飴が長いまま入っている食べ物です。そこには長寿やお祝いを祝うという意味や食べて長生きするという意味合いが込められた食べ物になっています。

可愛い袋に入った、絵柄のある千歳飴もありお子さんのこれからの健康とすくすくと大きくなることを願い作られたものになります。

11月が旬の野菜

11月が旬の食べ物には、サツマイモやジャガイモ、さといもにカボチャ、大根などなどたくさんの野菜があります。

実りの秋の11月では農家の方が収穫が忙しくなる時期です。店頭にも種類豊富に野菜が並び、美味しいメニューで食卓を彩ります。

11月に美味しい食べ物として、根菜類やキノコ類、葉物野菜と豊富に揃います。寒くなってきたらお鍋にたくさんの野菜を入れて楽しむことができます。食べ物が豊富に揃う11月です。

11月が旬の果物

11月といえば果物も美味しい季節になります。11月には柑橘系からリンゴの様々な品種のもの、栗やザクロに葡萄も美味しい季節になります。

お店には色とりどりの食べ物が並び、収穫の秋を実感する果物も豊富に揃います。早生種の温州みかんで小ぶりのミカンを楽しみ、早くもイチゴが店頭に並ぶこともあります。何を買おうか悩むほどたくさんの果物が揃う11月です。

11月が旬の魚

11月といえば何の魚を想像しますか?夏の終わりごろからテレビで放送されだすのは、サンマではないでしょうか。そして11月になるとズワイガニ漁が解禁されて、魚屋さんには豪華なカニが並びだします。

他にも駿河湾のサクラエビやアワビやメヒカリも俊の時期になります。魚はやっぱり旬の時期に食べるのが一番おいしく、大きく油ののった魚を頂くことができます。

11月といえば?【記念日】

では次は記念日です。11月といえば何の記念日を思い浮かべますか?先ほど出てきた七五三もお子さんの大切な記念日です。

他にもまだある11月の記念日を見ておきましょう。テレビや新聞で今日は何の日ですと言ってから、そういえばと気が付く人も沢山ですので、前もってチェックしておきましょう。

11月3日 文化の日

11月3日は文化の日となっています。この記念日は実は明治天皇の誕生日でした。明治初期に祝日として制定されています。

文化の日には日本全国の博物館や美術館で入場無料のイベントが行われるところもあり、文化の秋を堪能するのにいい記念日になります。

11月15日 七五三

七五三は毎年11月15日が正式な日にちとなっています。しかし日にちが決まっていますので年のよって曜日がばらばらです。

11月15日前後で皆さんは予定を合わせて七五三に行かれます。また神社でも10月に入ると七五三参りの案内を始めて、12月になっても受け付けているので、ご家庭の予定に合わせていくようにしましょう。

11月22日 いい夫婦の日

11月22日はいい夫婦の日と、数字の語呂合わせて言われる記念日になります。この記念日は財団法人余暇開発センターによって制定された記念日で、夫婦絆を確かめ合い、また結婚式を行う日や入籍をする日としても人気の記念日になっています。

また2000年より「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー」が芸能人や著名人から選出され、報道されているのでも周知されています。

11月23日 勤労感謝の日

11月といえばこちら勤労感謝の日もあります。国民の祝日の1つですが、一体何の日でしょうか。詳しく見てみましょう。

勤労感謝の日はもともと、五穀豊穣のお祝いがルーツとされていますが、戦後天皇行事と国事が切り離されて考えられるときに、勤労感謝の日としてカレンダーに残った記念日です。

もともとは穀物に感謝する日ですが、日々の活動の中でいろんな人の支えられて生きていられると意識する日でもあります。

まだまだある!11月の記念日

11月とはで思い出される記念日はまだまだあります。祝日になっていないものも含むと、11月の語呂を取って「いい何かの記念日」と制定されているものがたくさんあります。

例えば、11月5日は「いいりんごの日」、8日は「いい歯の日」などがあります。お菓子メーカーからは、11月11日のポッキープリッツの日も有名です。

他にもたくさんある11月の記念日をその日その日で楽しんでみましょう。11月は毎日何かの記念日があると言っても過言ではありません。

11月といえば?【誕生花・誕生石】

各季節には誕生日花と誕生石があります。11月にも花と石が設定されています。ご自身の誕生日が11月の方は誕生石は知っていても誕生花は知らないのではないでしょうか。

またお誕生日にプレゼントを考えている方は、お花や誕生石を誕生日のものに入れてみるのも素敵です。

11月の誕生花

11月の誕生花は1日から30日まですべての日に設定されています。30個の誕生花がありますので、お誕生日に合わせて購入してみましょう。

有名な花別でみると、3日はカモミール、7日はユーカリ、12日はレモン、21日はイチョウに22日はマーガレットなどもあります。花言葉と一緒に調べてみるのもおすすめです。

11月の誕生石

11月の誕生石にはきれいな2つの石があります。虹のような色味のトパーズと魅惑的な黄色やオレンジの色味のシトリンです。

トパーズは明るく透き通るような宝石で華やかなコーディナートによく映える宝石です。そしてシトリはと黄色みが買った見た目から、黄水晶と呼ばれています。ネックレスやブレスレットにしてネガティブなものから持ち主を守るとして身に着ける方も多くおられます。

11月といえば?【異名・季語・時候の挨拶】

では11月といえば時になるものをいくつかご紹介いたしましたが、今度は11月そのものの言葉に関する紹介をしてみましょう。

11月の異名や11月の季語、時候の挨拶で使われる言葉にはどのようなものがあるのでしょうか。11月についてもっと詳しく見てみましょう。

11月の別名・異称

11月といえば異名は、旧暦では霜月(しもつき)と呼んでいました。学生時代に勉強した呼び名ではないでしょうか。秋と冬の境目に霜が降りるという意味で霜降り月(しもおりづき)を略したものになります。

また霜月以外にも11月の異名や異称はあります。雲半(うんはん)・神楽月(かぐらづき)・霜見月(しもみづき)など季節感のある異名がたくさんです。

11月の季語

11月といえば季語はどの様なものがあるのでしょうか。11月の季語は季節感のある俳句の季語になります。

「お火焚(おひたき)」と呼び、神事のお火焚き祭のことになります。「落葉」は秋の季節にぴったりの季語です。秋の季節に時折暖かくなった日に季節とは異なって花が咲く「返り花」等、日本の季節に合わせた季語がたくさんあり餡巣。

11月の時候の挨拶

そして11月に手紙をしたためる際には季節の挨拶が必要です。代表的なものをいくつか見てみましょう。時候の挨拶には、秋が深まり寒くなってくる様子を表したものがあります。

「秋も深まり朝夕はめっきり冷え込む様になりました。」や「冬が駆け足で近づいてまいりました。」は使いやすい表現ではないでしょうか。

またかしこまったものでは、「肌寒さが身にしみる冬隣。公私ともに年末に向けて慌ただしい時期に入りましたが、」などでもいいでしょう。場面ごとに秋の寒さが近づいてきている様子なども入れて書いてみましょう。

11月といえば?【味覚狩り】

11月といえば味覚狩りをしに観光に出かける方も多いのではないでしょうか。観光地でもぶどう狩り、栗拾い、梨狩りなど様々なのぼりを目にします。

天候のいい秋には外で果物を収穫してその場で頂ける味覚狩りがおすすめです。各地域によって収穫できる果物が様々ですので、観光に訪れた先でおすすめの果物を収穫体験して、お腹いっぱいたべてみるのもおすすめです。

人気の味覚狩りの中にブドウ狩りがあります。特に人気のシャインマスカットはいかがでしょうか。山梨県と長野県で多く栽培されています。

また珍しいところで、とろける食感のラフランスもラフランス狩りがあります。秋田や山梨に長野で多く栽培されています。岐阜、京都、兵庫では、秋の味覚まつたけ、青森のりんごや、関東九州では柿狩りもおすすめです。お好きな食べ物を目当てに、日本全国観光に出かけてみましょう。

Original松茸狩りを関東や関西で楽しめるおすすめスポットは?服装・持ち物も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
香り高い松茸は秋の味覚の中でも特別です。まだあまり知られていないものの関東と関西には松茸狩り...

11月といえばコレという旬のものを楽しもう!

いかがでしたでしょうか。秋には食に観光に行事にとたくさんの魅力があります。天候のいい秋にはなぜかお腹の空くという方は、旬の食材を目指して日本全国観光をしてみましょう。

きれいな景色を見たい方は、紅葉の綺麗なスポットへ!今年の秋は七五三の重大イベントが待っているという方は、今から準備をして万全の態勢で臨んでみましょう。

関連記事

関連するキーワード

305.thumb
この記事のライター
tomo
兵庫在住、旅行すること、食べること、遊ぶことが大好きなtomoです。次の週末はどこに行こうか日々計画中!

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ